Azure Stack とはWhat is Azure Stack?

Microsoft Azure Stack は、データセンター内の Azure のサービスを提供できるようにする、ハイブリッド クラウド プラットフォームです。Microsoft Azure Stack is a hybrid cloud platform that lets you deliver Azure services in your datacenter. このプラットフォームは、進化し続けるビジネス要件をサポートするために設計されています。This platform is designed to support your evolving business requirements. Azure Stack は、最新アプリケーション向けの新しいシナリオ (エッジ環境や非接続環境など) を実現し、セキュリティとコンプライアンスの要件に対応できるように設計されています。Azure Stack can enable new scenarios for your modern applications, such as edge and disconnected environments, or meet specific security and compliance requirements.

Azure Stack には、お客様のニーズに合わせて 2 つのデプロイ オプションが用意されています。Azure Stack is offered in two deployment options to meet your needs.

Azure Stack 統合システムAzure Stack integrated systems

Azure Stack 統合システムは Microsoft とハードウェア パートナー のパートナーシップによって提供され、クラウドと歩調を合わせた革新と、コンピューティングの管理のしやすさを両立させたソリューションを実現します。Azure Stack integrated systems are offered through a partnership of Microsoft and hardware partners, creating a solution that offers cloud-paced innovation and computing management simplicity. Azure Stack は統合されたハードウェアおよび ソフトウェア システムとして提供されているため、必要な柔軟性やコントロールが得られるほか、クラウドから革新を図ることができます。Because Azure Stack is offered as an integrated hardware and software system, you have the flexibility and control you need, along with the ability to innovate from the cloud. Azure Stack 統合システムには 4 ノードから 16 ノードまでのサイズがあり、ハードウェア パートナーと Microsoft によって共同でサポートされます。Azure Stack integrated systems range in size from 4-16 nodes, and are jointly supported by the hardware partner and Microsoft. Azure Stack 統合システムの使用により、運用ワークロードに向けて、新しいシナリオを作成し、新しいソリューションをデプロイできます。Use Azure Stack integrated systems to create new scenarios and deploy new solutions for your production workloads.

Azure Stack Development KitAzure Stack Development Kit

Microsoft Azure Stack Development Kit (ASDK) は、Azure Stack の評価と学習に使用できる Azure Stack の単一ノード デプロイです。Microsoft Azure Stack Development Kit (ASDK) is a single-node deployment of Azure Stack, that you can use to evaluate and learn about Azure Stack. ASDK を開発環境として使用し、Azure と一貫性のある API やツールを使用してアプリをビルドできます。You can also use ASDK as a developer environment to build apps using the APIs and tooling that's consistent with Azure.

注意

ASDK の運用環境での使用は想定されていません。The ASDK isn't intended to be used as a production environment.

ASDK には次の制限事項があります。The ASDK has the following limitations:

  • ASDK は、単一の Azure Active Directory (Azure AD) または Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) ID プロバイダーに関連付けられます。ASDK is associated with a single Azure Active Directory (Azure AD) or Active Directory Federation Services (AD FS) identity provider. このディレクトリに複数のユーザーを作成し、各ユーザーにサブスクリプションを割り当てることができます。You can create multiple users in this directory and assign subscriptions to each user.
  • Azure Stack のコンポーネントは単一のホスト コンピューターにデプロイされるため、テナントのリソースに対して使用できる物理リソースは限られています。Because Azure Stack components are deployed on one host computer, there are limited physical resources available for tenant resources. この構成は、拡張性やパフォーマンスの評価のためのものではありません。This configuration is not intended to scale or performance evaluation.
  • 単一のホストと NIC のデプロイ要件により、ネットワークのシナリオは限られています。Networking scenarios are limited because of the single host and NIC deployment requirements.

次の手順Next steps

主要機能および概念Key features and concepts

Azure Stack: Azure の拡張機能 (pdf)Azure Stack: An extension of Azure (pdf)