Azure Storage の概要Introduction to Azure Storage

Azure Storage は、最新のデータ ストレージ シナリオ用の Microsoft のクラウド ストレージ ソリューションです。Azure Storage is Microsoft's cloud storage solution for modern data storage scenarios. Azure Storage は、データ オブジェクトのための高度にスケーラブルなオブジェクト ストア、クラウドのためのファイル システム サービス、信頼性の高いメッセージングのためのメッセージング ストア、および NoSQL ストアを提供します。Azure Storage offers a massively scalable object store for data objects, a file system service for the cloud, a messaging store for reliable messaging, and a NoSQL store. Azure Storage の特徴を次に示します。Azure Storage is:

  • 持続性と高可用性。Durable and highly available. 冗長性により、一時的なハードウェア障害が発生した場合でも、データが安全に保たれます。Redundancy ensures that your data is safe in the event of transient hardware failures. 地域的な災害または自然災害から保護するために、データセンターまたは地理的リージョンにまたがってデータをレプリケートすることもできます。You can also opt to replicate data across datacenters or geographical regions for additional protection from local catastrophe or natural disaster. この方法でレプリケートされたデータは、予期しない停止が発生した場合でも高可用性を維持します。Data replicated in this way remains highly available in the event of an unexpected outage.
  • セキュリティ保護。Secure. Azure Storage に書き込まれたすべてのデータは、サービスによって暗号化されます。All data written to Azure Storage is encrypted by the service. Azure Storage では、データにアクセスできるユーザーをきめ細かく制御できます。Azure Storage provides you with fine-grained control over who has access to your data.
  • スケーラブル。Scalable. Azure Storage には、今日のアプリケーションのデータ ストレージとパフォーマンスに関するニーズを満たすために、高度にスケーラブルな設計が採用されています。Azure Storage is designed to be massively scalable to meet the data storage and performance needs of today's applications.
  • マネージド。Managed. Microsoft Azure では、ユーザーに代わって、ハードウェアのメンテナンス、更新、および重大な問題が処理されます。Microsoft Azure handles hardware maintenance, updates, and critical issues for you.
  • アクセス可能。Accessible. Azure Storage 内のデータには、世界中のどこからでも HTTP または HTTPS 経由でアクセスできます。Data in Azure Storage is accessible from anywhere in the world over HTTP or HTTPS. Microsoft では、.NET、Java、Node.js、Python、PHP、Ruby、Go などのさまざまな言語の Azure Storage 用の SDK と、成熟した REST API を提供しています。Microsoft provides SDKs for Azure Storage in a variety of languages -- .NET, Java, Node.js, Python, PHP, Ruby, Go, and others -- as well as a mature REST API. Azure Storage では、Azure PowerShell または Azure CLI によるスクリプトの実行がサポートされます。Azure Storage supports scripting in Azure PowerShell or Azure CLI. また、Azure Portal と Azure Storage Explorer により、データを操作するための使いやすい視覚的ソリューションが提供されます。And the Azure portal and Azure Storage Explorer offer easy visual solutions for working with your data.

Azure Storage サービスAzure Storage services

Azure Storage には、次のデータ サービスが含まれます。Azure Storage includes these data services:

  • Azure BLOB:テキストおよびバイナリ データのための高度にスケーラブルなオブジェクト ストア。Azure Blobs: A massively scalable object store for text and binary data.
  • Azure ファイル:クラウドまたはオンプレミスのデプロイ用のマネージド ファイル共有。Azure Files: Managed file shares for cloud or on-premises deployments.
  • Azure キュー:アプリケーション コンポーネント間の信頼性の高いメッセージングのためのメッセージング ストア。Azure Queues: A messaging store for reliable messaging between application components.
  • Azure テーブル:構造化データのスキーマレス ストレージのための NoSQL ストア。Azure Tables: A NoSQL store for schemaless storage of structured data.

それぞれのサービスには、ストレージ アカウントを通じてアクセスします。Each service is accessed through a storage account. 作業を開始するには、「ストレージ アカウントの作成」を参照してください。To get started, see Create a storage account.

BLOB ストレージBlob storage

Azure Blob Storage は、Microsoft のクラウド用オブジェクト ストレージ ソリューションです。Azure Blob storage is Microsoft's object storage solution for the cloud. BLOB ストレージは、テキスト データやバイナリ データなどの大量の非構造化データを格納するために最適化されています。Blob storage is optimized for storing massive amounts of unstructured data, such as text or binary data.

BLOB ストレージは、次の目的に最適です。Blob storage is ideal for:

  • 画像またはドキュメントをブラウザーに直接配信する。Serving images or documents directly to a browser.
  • 分散アクセス用にファイルを格納する。Storing files for distributed access.
  • ビデオおよびオーディオをストリーミング配信する。Streaming video and audio.
  • バックアップと復元、ディザスター リカバリー、アーカイブのためのデータを格納する。Storing data for backup and restore, disaster recovery, and archiving.
  • オンプレミス サービスまたは Azure ホステッド サービスで分析するデータを格納する。Storing data for analysis by an on-premises or Azure-hosted service.

BLOB ストレージ内のオブジェクトには、世界中のどこからでも HTTP または HTTPS 経由でアクセスできます。Objects in Blob storage can be accessed from anywhere in the world via HTTP or HTTPS. ユーザーまたはクライアント アプリケーションは、URL、Azure Storage REST APIAzure PowerShellAzure CLI、または Azure Storage クライアント ライブラリを介して BLOB にアクセスできます。Users or client applications can access blobs via URLs, the Azure Storage REST API, Azure PowerShell, Azure CLI, or an Azure Storage client library. ストレージ クライアント ライブラリは、.NETJavaNode.jsPythonPHPRuby など、さまざまな言語で利用できます。The storage client libraries are available for multiple languages, including .NET, Java, Node.js, Python, PHP, and Ruby.

Blob Storage の詳細については、「Blob Storage の概要」をご覧ください。For more information about Blob storage, see Introduction to Blob storage.

Azure FilesAzure Files

Azure Files では、標準的なサーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルを使用してアクセスできる可用性の高いネットワーク ファイル共有を設定することができます。Azure Files enables you to set up highly available network file shares that can be accessed by using the standard Server Message Block (SMB) protocol. つまり、複数の VM が、読み取りアクセス権と書き込みアクセス権の両方を使用して同じファイルを共有できます。That means that multiple VMs can share the same files with both read and write access. また、REST インターフェイスまたはストレージ クライアント ライブラリを使用してファイルを読み取ることもできます。You can also read the files using the REST interface or the storage client libraries.

Azure Files と企業のファイル共有上のファイルとの違いの 1 つは、世界中のどこからでも、ファイルを指し、共有アクセス署名 (SAS) トークンを含む URL を使用して、ファイルにアクセスできることです。One thing that distinguishes Azure Files from files on a corporate file share is that you can access the files from anywhere in the world using a URL that points to the file and includes a shared access signature (SAS) token. SAS トークンは生成することができます。SAS トークンを使用することで、特定の期間にわたってプライベートな資産への特定のアクセスを許可できます。You can generate SAS tokens; they allow specific access to a private asset for a specific amount of time.

ファイル共有は、多くの一般的なシナリオで使用できます。File shares can be used for many common scenarios:

  • 多くのオンプレミスのアプリケーションでファイル共有が使用されます。Many on-premises applications use file shares. この機能により、データを共有するそれらのアプリケーションを Azure に簡単に移行できます。This feature makes it easier to migrate those applications that share data to Azure. オンプレミスのアプリケーションで使用されているのと同じドライブ文字にファイル共有をマウントすることにより、ファイル共有にアクセスするアプリケーションの部分は、(変更があっても) 最小限の変更で動作します。If you mount the file share to the same drive letter that the on-premises application uses, the part of your application that accesses the file share should work with minimal, if any, changes.

  • 構成ファイルをファイル共有に格納して、複数の VM からアクセスできます。Configuration files can be stored on a file share and accessed from multiple VMs. グループ内の複数の開発者によって使用されるツールやユーティリティをファイル共有に格納できるため、だれでもそれらを見つけ、同じバージョンを使用することができます。Tools and utilities used by multiple developers in a group can be stored on a file share, ensuring that everybody can find them, and that they use the same version.

  • ファイル共有に書き込んだ後で処理または分析できるデータの例として、診断ログ、メトリック、およびクラッシュ ダンプの 3 つが挙げられます。Diagnostic logs, metrics, and crash dumps are just three examples of data that can be written to a file share and processed or analyzed later.

Active Directory ベースの認証およびアクセス制御リスト (ACL) は現時点でサポートされていませんが、将来的にサポートされる予定です。At this time, Active Directory-based authentication and access control lists (ACLs) are not supported, but they will be at some time in the future. ファイル共有へのアクセスの認証を提供するために、ストレージ アカウントの資格情報が使用されます。The storage account credentials are used to provide authentication for access to the file share. これは、共有をマウントしている全員に、共有に対する完全な読み取り/書き込みアクセス権が与えられることを意味します。This means anybody with the share mounted will have full read/write access to the share.

Azure Files の詳細については、「Azure Files の概要」を参照してください。For more information about Azure Files, see Introduction to Azure Files.

ストレージQueue storage

Azure Queue サービスは、メッセージの保管と取得に使用します。The Azure Queue service is used to store and retrieve messages. キューに許容されるメッセージ サイズは最大 64 KB で、1 つのキューに数百万件のメッセージを格納することができます。Queue messages can be up to 64 KB in size, and a queue can contain millions of messages. 一般に、非同期的に処理するメッセージのリストを格納するのがキューの用途となります。Queues are generally used to store lists of messages to be processed asynchronously.

たとえば、画像をアップロードしてそれぞれにサムネイルを作成する機能をユーザーに提供するとしましょう。For example, say you want your customers to be able to upload pictures, and you want to create thumbnails for each picture. もちろん画像のアップロードの際、サムネイルを作成するまでユーザーに待ってもらうことはできます。You could have your customer wait for you to create the thumbnails while uploading the pictures. しかし、その代わりの方法として、キューを使うこともできます。An alternative would be to use a queue. ユーザーからのアップロードが完了したら、メッセージをキューに書き込みます。When the customer finishes his upload, write a message to the queue. その後、Azure Functions でキューからメッセージを取得して、サムネイルを作成するのです。Then have an Azure Function retrieve the message from the queue and create the thumbnails. この処理では、各段階を個別にスケーリングすることができるので、用途に応じたチューニングの自由度が高まります。Each of the parts of this processing can be scaled separately, giving you more control when tuning it for your usage.

Azure キューの詳細については、「キューの概要」を参照してください。For more information about Azure Queues, see Introduction to Queues.

テーブル ストレージTable storage

Azure Cosmos DB に、新たに Azure Table Storage が加わりました。Azure Table storage is now part of Azure Cosmos DB. Azure Table Storage のドキュメントについては、「Azure Table Storage の概要」を参照してください。To see Azure Table storage documentation, see the Azure Table Storage Overview. 既存の Azure Table Storage サービスに加えて、スループットに最適化されたテーブル、グローバルな分散、自動セカンダリ インデックスを利用できる新しい Azure Cosmos DB Table API プランが追加されています。In addition to the existing Azure Table storage service, there is a new Azure Cosmos DB Table API offering that provides throughput-optimized tables, global distribution, and automatic secondary indexes. 詳細を確認し、新しい Premium 版を使ってみるには、Azure Cosmos DB の Table API に関する記事を参照してください。To learn more and try out the new premium experience, please check out Azure Cosmos DB Table API.

テーブル ストレージの詳細については、「Azure Table Storage の概要」を参照してください。For more information about Table storage, see Overview of Azure Table storage.

Disk StorageDisk storage

Azure Storage には、仮想マシンで使用されるマネージド ディスクと非管理対象ディスクの機能も含まれています。Azure Storage also includes managed and unmanaged disk capabilities used by virtual machines. これらの機能の詳細については、コンピューティング サービスのドキュメントを参照してください。For more information about these features, please see the Compute Service documentation.

ストレージ アカウントの種類Types of storage accounts

Azure Storage では、数種類のストレージ アカウントが提供されています。Azure Storage offers several types of storage accounts. 各種類は異なる機能をサポートし、独自の価格モデルがあります。Each type supports different features and has its own pricing model. アプリケーションに最適な種類を判断するために、ストレージ アカウントを作成する前にこれらの違いを検討してください。Consider these differences before you create a storage account to determine the type of account that is best for your applications. ストレージ アカウントには、次の種類があります。The types of storage accounts are:

  • 汎用 v2 アカウント:BLOB、ファイル、キュー、およびテーブル用の基本的なストレージ アカウントの種類。General-purpose v2 accounts: Basic storage account type for blobs, files, queues, and tables. Azure Storage を使用するほとんどのシナリオにお勧めします。Recommended for most scenarios using Azure Storage.
  • 汎用 v1 アカウント:BLOB、ファイル、キュー、およびテーブル用の従来のアカウントの種類。General-purpose v1 accounts: Legacy account type for blobs, files, queues, and tables. 可能な場合は汎用 v2 アカウントを代わりに使用してください。Use general-purpose v2 accounts instead when possible.
  • ブロック BLOB ストレージ アカウント:Premium パフォーマンスの特徴を持つ BLOB 専用ストレージ アカウント。Block blob storage accounts: Blob-only storage accounts with premium performance characteristics. トランザクション レートが高く、比較的小さなオブジェクトが使用される、またはストレージ待ち時間が一貫して短いことが要求されるシナリオに推奨されます。Recommended for scenarios with high transactions rates, using smaller objects, or requiring consistently low storage latency.
  • FileStorage (プレビュー) ストレージ アカウント:Premium パフォーマンスの特徴を持つファイル専用ストレージ アカウント。FileStorage (preview) storage accounts: Files-only storage accounts with premium performance characteristics. エンタープライズまたはハイ パフォーマンス スケール アプリケーションにお勧めします。Recommended for enterprise or high performance scale applications.
  • BLOB ストレージ アカウント:BLOB 専用ストレージ アカウント。Blob storage accounts: Blob-only storage accounts. 可能な場合は汎用 v2 アカウントを代わりに使用してください。Use general-purpose v2 accounts instead when possible.

次の表は、ストレージ アカウントの種類とその機能について説明しています。The following table describes the types of storage accounts and their capabilities:

ストレージ アカウントの種類Storage account type サポートされているサービスSupported services サポートされているパフォーマンス レベルSupported performance tiers サポートされているアクセス層Supported access tiers レプリケーション オプションReplication options デプロイ モデル1Deployment model1 暗号化2Encryption2
汎用 v2General-purpose V2 BLOB、ファイル、キュー、テーブル、およびディスクBlob, File, Queue, Table, and Disk Standard、Premium5Standard, Premium5 ホット、クール、アーカイブ3Hot, Cool, Archive3 LRS、ZRS4、GRS、RA-GRSLRS, ZRS4, GRS, RA-GRS リソース マネージャーResource Manager 暗号化Encrypted
汎用 v1General-purpose V1 BLOB、ファイル、キュー、テーブル、およびディスクBlob, File, Queue, Table, and Disk Standard、Premium5Standard, Premium5 該当なしN/A LRS、GRS、RA-GRSLRS, GRS, RA-GRS Resource Manager、クラシックResource Manager, Classic 暗号化Encrypted
ブロック BLOB ストレージBlock blob storage BLOB (ブロック BLOB と追加 BLOB のみ)Blob (block blobs and append blobs only) PremiumPremium 該当なしN/A LRSLRS リソース マネージャーResource Manager 暗号化Encrypted
FileStorage (プレビュー)FileStorage (preview) ファイル専用Files only PremiumPremium 該当なしN/A LRSLRS リソース マネージャーResource Manager 暗号化Encrypted
BLOB ストレージBlob storage BLOB (ブロック BLOB と追加 BLOB のみ)Blob (block blobs and append blobs only) StandardStandard ホット、クール、アーカイブ3Hot, Cool, Archive3 LRS、GRS、RA-GRSLRS, GRS, RA-GRS リソース マネージャーResource Manager 暗号化Encrypted

1 Azure Resource Manager デプロイ モデルが推奨されます。1Using the Azure Resource Manager deployment model is recommended. 一部の場所では、クラシック デプロイ モデルを使用するストレージ アカウントを引き続き作成でき、既存のクラシック アカウントもサポートされます。Storage accounts using the classic deployment model can still be created in some locations, and existing classic accounts continue to be supported. 詳細については、「Azure Resource Manager とクラシック デプロイ:デプロイ モデルとリソースの状態について」を参照してください。For more information, see Azure Resource Manager vs. classic deployment: Understand deployment models and the state of your resources.

2 すべてのストレージ アカウントは、保存データ用の Storage Service Encryption (SSE) を使用して暗号化されます。2All storage accounts are encrypted using Storage Service Encryption (SSE) for data at rest. 詳細については、「保存データ向け Azure Storage Service Encryption」をご覧ください。For more information, see Azure Storage Service Encryption for Data at Rest.

3 アーカイブ 層は、個々の BLOB のレベルでのみ利用でき、ストレージ アカウント レベルでは利用できません。3The Archive tier is available at level of an individual blob only, not at the storage account level. ブロック BLOB と追加 BLOB のみをアーカイブできます。Only block blobs and append blobs can be archived. 詳細については、「Azure BLOB ストレージ: ホット ストレージ層、クール ストレージ層、アーカイブ ストレージ層」をご覧ください。For more information, see Azure Blob storage: Hot, Cool, and Archive storage tiers.

4 ゾーン冗長ストレージ (ZRS) は、標準的な汎用 v2 ストレージ アカウントでのみ使用できます。4Zone-redundant storage (ZRS) is available only for standard general-purpose v2 storage accounts. ZRS に関する詳細については、「ゾーン冗長ストレージ (ZRS): 高可用 Azure Storage アプリケーション」をご覧ください。For more information about ZRS, see Zone-redundant storage (ZRS): Highly available Azure Storage applications. レプリケーション オプションの詳細については、「Azure Storage のレプリケーション」を参照してください。For more information about other replication options, see Azure Storage replication.

汎用 v2 アカウントおよび v1 アカウント用の 5 Premium パフォーマンスは、ディスクとページ BLOB のみで利用できます。5 Premium performance for general-purpose v2 and general-purpose v1 accounts is available for disk and page blob only.

ストレージ アカウントの種類の詳細については、Azure Storage アカウントの概要に関するページを参照してください。For more information about storage account types, see Azure storage account overview.

ストレージ アカウントへのアクセスのセキュリティを確保するSecuring access to storage accounts

Azure Storage に対するすべての要求が承認される必要があります。Every request to Azure Storage must be authorized. Azure Storage では、次の認証方法がサポートされています。Azure Storage supports the following authorization methods:

  • BLOB とキュー データ用の Azure Active Directory (Azure AD) 統合。Azure Active Directory (Azure AD) integration for blob and queue data. Azure Storage は、ロールベースのアクセス制御 (RBAC) を使用して、BLOB サービスと Queue サービスの Azure AD の資格情報による認証と承認をサポートします。Azure Storage supports authentication and authorization with Azure AD credentials for the Blob and Queue services via role-based access control (RBAC). 優れたセキュリティと使いやすさのため、Azure AD による要求の承認をお勧めします。Authorizing requests with Azure AD is recommended for superior security and ease of use. 詳細については、Azure Active Directory を使用して Azure BLOB およびキューへのアクセスを認証する方法に関するページを参照してください。For more information, see Authenticate access to Azure blobs and queues using Azure Active Directory.
  • SMB を使用した Azure Files の Azure Active Directory 認証 (プレビュー)。Azure AD authorization over SMB for Azure Files (preview). Azure Files は、Azure Active Directory Domain Services を使用した、SMB (Server Message Block) 経由の ID ベースの認証をサポートします。Azure Files supports identity-based authorization over SMB (Server Message Block) through Azure Active Directory Domain Services. ドメインに参加している Windows 仮想マシン (VM) は、Azure AD の資格情報を使用して Azure ファイル共有にアクセスできます。Your domain-joined Windows virtual machines (VMs) can access Azure file shares using Azure AD credentials. 詳細については、「SMB を使用した Azure Files の Azure Active Directory 認証の概要 (プレビュー)」を参照してください。For more information, see Overview of Azure Active Directory authorization over SMB for Azure Files (preview).
  • 共有キーによる承認。Authorization with Shared Key. Azure Storage Blob、Queue、および Table サービスと Azure Files では、共有キーによる承認がサポートされています。共有キー承認を使用するクライアントは、ストレージ アカウントのアクセス キーを使用して署名されたすべての要求でヘッダーを渡します。The Azure Storage Blob, Queue, and Table services and Azure Files support authorization with Shared Key.A client using Shared Key authorization passes a header with every request that is signed using the storage account access key. 詳細については、共有キーによる承認に関するページを参照してください。For more information, see Authorize with Shared Key.
  • Shared Access Signature (SAS) を使用した承認。Authorization using shared access signatures (SAS). Shared Access Signature (SAS) は、ストレージ リソースの URI に追加できるセキュリティ トークンを含む文字列です。A shared access signature (SAS) is a string containing a security token that can be appended to the URI for a storage resource. セキュリティ トークンには、アクセスの許可や間隔などの制約をカプセル化します。The security token encapsulates constraints such as permissions and the interval of access. 詳細については、「Shared Access Signatures (SAS) の使用」を参照してください。For more information, refer to Using Shared Access Signatures (SAS).
  • コンテナーおよび BLOB への匿名アクセス。Anonymous access to containers and blobs. コンテナーとその BLOB は一般公開されることがあります。A container and its blobs may be publicly available. コンテナーまたは BLOB をパブリックとして指定すると、認証が不要になり、すべてのユーザーが匿名でリソースを読み取ることができます。When you specify that a container or blob is public, anyone can read it anonymously; no authentication is required. 詳細については、「コンテナーと BLOB への匿名読み取りアクセスを管理する」を参照してください。For more information, see Manage anonymous read access to containers and blobs

暗号化Encryption

Storage サービスには、2 種類の基本的な暗号化を使用できます。There are two basic kinds of encryption available for the Storage services. セキュリティと暗号化の詳細については、「Azure Storage セキュリティ ガイド」を参照してください。For more information about security and encryption, see the Azure Storage security guide.

保存時の暗号化Encryption at rest

保存時の Azure Storage Service Encryption (SSE) は、データを保護して安全性を確保し、組織のセキュリティとコンプライアンスの要件を満たすお手伝いをします。Azure Storage Service Encryption (SSE) at rest helps you protect and safeguard your data to meet your organizational security and compliance commitments. この機能を使用すると、Azure Storage はストレージに保存する前にデータを自動的に暗号化し、取得する前に復号化します。With this feature, Azure Storage automatically encrypts your data prior to persisting to storage and decrypts prior to retrieval. 暗号化、復号化、キーの管理は、ユーザーにはまったく意識されずに行われます。The encryption, decryption, and key management are totally transparent to users.

SSE は、すべてのパフォーマンス レベル (Standard および Premium)、すべてのデプロイ モデル (Azure Resource Manager とクラシック)、すべての Azure Storage サービス (BLOB、Queue、Table、File) のデータを自動的に暗号化します。SSE automatically encrypts data in all performance tiers (Standard and Premium), all deployment models (Azure Resource Manager and Classic), and all of the Azure Storage services (Blob, Queue, Table, and File). SSE は、Azure Storage のパフォーマンスに影響しません。SSE does not affect Azure Storage performance.

保存時の SSE 暗号化の詳細については、「Azure Storage Service Encryption for Data at Rest」を参照してください。For more information about SSE encryption at rest, see Azure Storage Service Encryption for Data at Rest.

クライアント側暗号化Client-side encryption

ストレージ クライアント ライブラリのメソッドを呼び出すことで、プログラムによってデータを暗号化したうえで、クライアントからネットワーク経由で Azure に送信することができます。The storage client libraries have methods you can call to programmatically encrypt data before sending it across the wire from the client to Azure. データは暗号化された状態で保存されます。つまり、保存状態でも暗号化されます。It is stored encrypted, which means it also is encrypted at rest. データを再度読み取るときは、その情報を受信した後で暗号化を解除することになります。When reading the data back, you decrypt the information after receiving it.

クライアント側の暗号化の詳細については、.NET による Microsoft Azure Storage のクライアント側の暗号化に関するページを参照してください。For more information about client-side encryption, see Client-Side Encryption with .NET for Microsoft Azure Storage.

冗長性Redundancy

Azure Storage は、データの持続性を確保するために、データの複数のコピーをレプリケートします。In order to ensure that your data is durable, Azure Storage replicates multiple copies of your data. 冗長性オプションは、ストレージ アカウントを設定するときに選択します。When you set up your storage account, you select a redundancy option.

ストレージ アカウントのレプリケーション オプションには、次のようなものがあります。Replication options for a storage account include:

ディザスター リカバリーの詳細については、「Azure Storage の停止が発生した場合の対処方法」を参照してください。For more information about disaster recovery, see Disaster recovery and storage account failover (preview) in Azure Storage.

Azure Storage との間のデータ転送Transferring data to and from Azure Storage

Azure Storage へのデータの移動または Azure Storage からのデータの移動には、いくつかのオプションがあります。You have several options for moving data into or out of Azure Storage. どのオプションを選択するかは、データセットとネットワーク帯域幅のサイズによって異なります。Which option you choose depends on the size of your dataset and your network bandwidth. 詳細については、「データ転送用の Azure ソリューションを選択する」を参照してください。For more information, see Choose an Azure solution for data transfer.

価格Pricing

Azure Storage の価格の詳細については、価格のページを参照してください。For detailed information about pricing for Azure Storage, see the Pricing page.

ストレージ API、ライブラリ、ツールStorage APIs, libraries, and tools

Azure Storage のリソースは、HTTP/HTTPS 要求が可能な任意の言語からアクセスできます。Azure Storage resources can be accessed by any language that can make HTTP/HTTPS requests. さらに、主要な複数の言語のプログラミング ライブラリも用意されています。Additionally, Azure Storage offers programming libraries for several popular languages. これらのライブラリを使用すると、同期呼び出しと非同期呼び出し、操作のバッチ処理、例外管理、自動再試行、実行動作などの詳細が処理され、Azure Storage の使用に関するさまざまな側面が簡略化されます。These libraries simplify many aspects of working with Azure Storage by handling details such as synchronous and asynchronous invocation, batching of operations, exception management, automatic retries, operational behavior, and so forth. ライブラリは、次の言語およびプラットフォーム用が現在提供されており、その他についても準備中です。Libraries are currently available for the following languages and platforms, with others in the pipeline:

Azure Storage データ API およびライブラリのリファレンスAzure Storage data API and library references

Azure Storage 管理 API およびライブラリのリファレンスAzure Storage management API and library references

Azure Storage データ移動 API およびライブラリのリファレンスAzure Storage data movement API and library references

ツールとユーティリティTools and utilities

次の手順Next steps

Azure Storage を稼働させるには、ストレージ アカウントの作成に関するページを参照してください。To get up and running with Azure Storage, see Create a storage account.