Azure Cosmos DB の概要:テーブル APIIntroduction to Azure Cosmos DB: Table API

Azure Cosmos DB には、Azure Table Storage 向けに作成されたアプリケーションの中でも、以下に挙げたような特に高度な機能を必要とするアプリケーションのための Table API が用意されています。Azure Cosmos DB provides the Table API for applications that are written for Azure Table storage and that need premium capabilities like:

Azure Table Storage 用に作成されたアプリケーションについては、Table API を使って Azure Cosmos DB に移行することで、コードに変更を加えることなく、高度な機能を活用できるようになります。Applications written for Azure Table storage can migrate to Azure Cosmos DB by using the Table API with no code changes and take advantage of premium capabilities. Table API には、.NET、Java、Python、および Node.js で利用可能なクライアント SDK があります。The Table API has client SDKs available for .NET, Java, Python, and Node.js.

重要

.NET Framework SDK Microsoft.Azure.CosmosDB.Table はメンテナンス モードにあり、間もなく非推奨となる予定です。The .NET Framework SDK Microsoft.Azure.CosmosDB.Table is in maintenance mode and it will be deprecated soon. Table API によってサポートされる最新の機能を引き続き入手するには、新しい .NET Standard ライブラリ Microsoft.Azure.Cosmos.Table にアップグレードしてください。Please upgrade to the new .NET Standard library Microsoft.Azure.Cosmos.Table to continue to get the latest features supported by the Table API.

Table のサービスTable offerings

現在 Azure Table Storage を使用している場合、Azure Cosmos DB Table API に移行することにより次のメリットが得られます。If you currently use Azure Table Storage, you gain the following benefits by moving to the Azure Cosmos DB Table API:

Azure Table StorageAzure Table storage Azure Cosmos DB Table APIAzure Cosmos DB Table API
LatencyLatency 高速だが、待ち時間の上限はなし。Fast, but no upper bounds on latency. 読み取りと書き込みの待ち時間は数ミリ秒であり、世界中のどこでもあらゆるスケールで 99 パーセンタイルの 10 ミリ秒未満の読み取りおよび書き込み待ち時間でサポート。Single-digit millisecond latency for reads and writes, backed with <10 ms latency for reads and writes at the 99th percentile, at any scale, anywhere in the world.
スループットThroughput 可変スループット モデル。Variable throughput model. テーブルには、20,000 操作/秒のスケーラビリティの制限あり。Tables have a scalability limit of 20,000 operations/s. SLA によって保証された、テーブルごとの専用の予約済みスループットを備えた高いスケーラビリティ。Highly scalable with dedicated reserved throughput per table that's backed by SLAs. アカウントにはスループットの上限がなく、テーブルあたり 10,000, 000 操作/秒以上に対応。Accounts have no upper limit on throughput and support >10 million operations/s per table.
グローバル配信Global distribution 高可用性のために 1 つの読み取り可能なセカンダリ読み取りリージョンをオプションで備えた単一リージョン。Single region with one optional readable secondary read region for high availability. フェールオーバーを開始できない。You can't initiate failover. 1 から任意の数のリージョンにわたるターンキー グローバル分散Turnkey global distribution from one to any number of regions. いつでも、世界中どこにでも、自動フェールオーバーと手動フェールオーバーを実行可能。Support for automatic and manual failovers at any time, anywhere in the world. 任意のリージョンで書き込み操作を受け入れることができるマルチマスター機能。Multi-master capability to let any region accept write operations.
インデックス作成Indexing PartitionKey と RowKey のプライマリ インデックスのみ。Only primary index on PartitionKey and RowKey. セカンダリ インデックスなし。No secondary indexes. 既定ではすべてのプロパティに対する自動および完全なインデックス作成。インデックス管理なし。Automatic and complete indexing on all properties by default, with no index management.
QueryQuery クエリの実行では、プライマリ キーにインデックスを使用し、それ以外の場合はスキャンする。Query execution uses index for primary key, and scans otherwise. クエリは、クエリ時間の短縮のためにプロパティの自動インデックス作成を利用できる。Queries can take advantage of automatic indexing on properties for fast query times.
整合性Consistency プライマリ リージョン内では厳密な整合性。Strong within primary region. セカンダリ リージョン内では最終的な整合性。Eventual within secondary region. アプリケーションのニーズに基づいて、可用性、待ち時間、スループット、および整合性のトレードオフを行う明確に定義された 5 つの整合性レベルFive well-defined consistency levels to trade off availability, latency, throughput, and consistency based on your application needs.
価格Pricing ストレージ最適化。Storage-optimized. スループット最適化。Throughput-optimized.
SLASLAs レプリケーション戦略によっては、99.9% から 99.99% の可用性。99.9% to 99.99% availability, depending on the replication strategy. 1 つのリージョンのアカウントでは、読み取り可用性が 99.999%、書き込みの可用性が 99.99% であり、複数リージョンのアカウントでは 99.999% の書き込み可用性。99.999% read availability, 99.99% write availability on a single-region account and 99.999% write availability on multi-region accounts. 可用性、待ち時間、スループット、および一貫性をカバーする包括的な SLAComprehensive SLAs covering availability, latency, throughput and consistency.

作業開始Get started

Azure Portal で Azure Cosmos DB アカウントを作成しましょう。Create an Azure Cosmos DB account in the Azure portal. その後、.NET を使用したテーブル API のクイックスタートをお読みください。Then get started with our Quick Start for Table API by using .NET.

重要

プレビュー中にテーブル API アカウントを作成した場合、一般公開されたテーブル API SDK を使うには新しいテーブル API アカウントを作成してください。If you created a Table API account during the preview, please create a new Table API account to work with the generally available Table API SDKs.

次の手順Next steps

使用し始めるためのいくつかのヒントを次に示します。Here are a few pointers to get you started: