Microsoft Azure Stack のトラブルシューティングMicrosoft Azure Stack troubleshooting

このドキュメントでは、Azure Stack の一般的なトラブルシューティング情報を提供します。This document provides common troubleshooting information for Azure Stack.

注意

Azure Stack Technical Development Kit (ASDK) は評価環境として提供されているため、Microsoft カスタマー サポート サービスによる公式なサポートは提供されません。Because the Azure Stack Technical Development Kit (ASDK) is offered as an evaluation environment, there is no official support from Microsoft Customer Support Services. 問題が発生する場合は、Azure Stack MSDN フォーラムで追加のサポートと情報について確認してください。If you are experiencing an issue, make sure to check the Azure Stack MSDN Forum for further assistance and information.

このセクションで説明されている問題のトラブルシューティングの推奨事項は、複数のソースから取得しており、特定の問題を解決できない場合があります。The recommendations for troubleshooting issues that are described in this section are derived from several sources and may or may not resolve your particular issue. コード例はそのまま提供されており、期待される結果を保証できません。Code examples are provided as is and expected results cannot be guaranteed. このセクションは、製品の機能強化の実装に合わせて、頻繁に編集および更新されます。This section is subject to frequent edits and updates as improvements to the product are implemented.

DeploymentDeployment

デプロイの失敗Deployment failure

インストール時に障害が発生した場合、デプロイ スクリプトの -rerun オプションを使用して、失敗した手順からデプロイを再開できます。If you experience a failure during installation, you can restart the deployment from the failed step by using the -rerun option of the deployment script.

ASDK のデプロイの最後に、PowerShell セッションがまだ開いており、出力が表示されません。At the end of ASDK deployment, the PowerShell session is still open and doesn’t show any output.

この動作は、PowerShell コマンド ウィンドウが選択されている場合の既定の動作の結果に過ぎない可能性があります。This behavior is probably just the result of the default behavior of a PowerShell command window, when it has been selected. 開発キットのデプロイは成功しましたが、ウィンドウを選択したときに、スクリプトが一時停止しました。The development kit deployment has succeeded but the script was paused when selecting the window. 設定が完了したことを確認するには、コマンド ウィンドウのタイトル バーで、"select" という単語を探します。You can verify setup has completed by looking for the word "select" in the titlebar of the command window. ESC キーを押してその選択を解除すると、その後に完了メッセージが表示されるはずです。Press the ESC key to unselect it, and the completion message should be shown after it.

仮想マシンVirtual machines

Azure Stack に VM をデプロイする前に、まず Windows Server イメージとギャラリー アイテムを追加する必要があります。A Windows Server image and gallery item must be added before deploying VMs in Azure Stack.

Azure Stack ホストの再起動後、一部の VM が自動的に起動しないことがあります。After restarting my Azure Stack host, some VMs may not automatically start.

ホストの再起動後、Azure Stack サービスがすぐに使用できないことに気付く場合があります。After rebooting your host, you may notice Azure Stack services are not immediately available. これは、Azure Stack インフラストラクチャ VM およびリソース プロバイダーが一貫性をチェックするために少し時間がかかるためですが、最終的に自動的に起動します。This is because Azure Stack infrastructure VMs and resource providers take some time to check consistency, but will eventually start automatically.

また、Azure Stack Development Kit ホストの再起動後に、そのテナント VM が自動的に起動しないことに気付く場合もあります。You may also notice that tenant VMs don't automatically start after a reboot of the Azure Stack development kit host. これは既知の問題であり、それらをオンラインにするために、いくつかの手動の手順が必要です。This is a known issue, and just requires a few manual steps to bring them online:

  1. Azure Stack Development Kit ホストで、[スタート] メニューからフェールオーバー クラスター マネージャーを起動します。On the Azure Stack development kit host, start Failover Cluster Manager from the Start Menu.
  2. クラスター S-Cluster.azurestack.local を選択します。Select the cluster S-Cluster.azurestack.local.
  3. [役割] を選びます。Select Roles.
  4. テナント VM が保存済み状態で表示されます。Tenant VMs appear in a saved state. すべてのインフラストラクチャ VM が実行されたら、テナント VM を右クリックし、[開始] を選択して、VM を再開します。Once all Infrastructure VMs are running, right-click the tenant VMs and select Start to resume the VM.

一部の仮想マシンを削除しましたが、まだディスクに VHD ファイルが表示されます。I have deleted some virtual machines, but still see the VHD files on disk. これは期待される動作ですか。Is this behavior expected?

はい、これは正しい動作です。Yes, this is expected behavior. これがそのように設計された理由は次のとおりです。It was designed this way because:

  • VM を削除しても VHD は削除されません。When you delete a VM, VHDs are not deleted. ディスクはリソース グループ内の個別のリソースです。Disks are separate resources in the resource group.
  • ストレージ アカウントが削除されると、削除は Azure Resource Manager にただちに表示されますが、それを格納している可能性のあるディスクは、ガベージ コレクションが実行されるまで、記憶域に維持されます。When a storage account gets deleted, the deletion is visible immediately through Azure Resource Manager, but the disks it may contain are still kept in storage until garbage collection runs.

"孤立" VHD が表示された場合、それが削除されたストレージ アカウントのフォルダーの一部であるかどうかを知ることが重要です。If you see "orphan" VHDs, it is important to know if they are part of the folder for a storage account that was deleted. ストレージ アカウントが削除されていない場合は、まだ存在していても正常です。If the storage account was not deleted, it's normal they are still there.

リテンション期間しきい値と、オンデマンドの再利用の設定について詳しくは、ストレージ アカウントの管理に関するページを参照してください。You can read more about configuring the retention threshold and on-demand reclamation in manage storage accounts.

StorageStorage

記憶域の再利用Storage reclamation

ポータルに再利用された容量が表示されるまで、最大で 14 時間かかる場合があります。It may take up to 14 hours for reclaimed capacity to show up in the portal. 領域の再利用は、ブロック BLOB ストア内の内部コンテナー ファイルの使用率をなど、さまざまな要因に依存します。Space reclamation depends on various factors including usage percentage of internal container files in block blob store. そのため、削除されるデータの量によって、ガベージ コレクターの実行時に再利用可能になる領域の量に対する保証はありません。Therefore, depending on how much data is deleted, there is no guarantee on the amount of space that could be reclaimed when garbage collector runs.