Azure Stack で仮想マシンを操作する際の考慮事項Considerations for using virtual machines in Azure Stack

適用先: Azure Stack 統合システムと Azure Stack 開発キットApplies to: Azure Stack integrated systems and Azure Stack Development Kit

Azure Stack 仮想マシンは、オンデマンドのスケーラブルなコンピューティング リソースを提供します。Azure Stack virtual machines provide on-demand, scalable computing resources. 仮想マシン (Vm) を展開する前に、Azure スタックと Microsoft Azure で使用できる仮想マシンの機能の違いを理解する必要があります。Before you deploy virtual machines (VMs), you must understand the differences between the virtual machine features available in Azure Stack and Microsoft Azure. この記事では、これらの相違点について説明し、仮想マシンの展開を計画するための重要な考慮事項を特定します。This article describes these differences and identifies key considerations for planning virtual machine deployments. Azure Stack と Azure の違いの概要については、「主な考慮事項」をご覧ください。To learn about high-level differences between Azure Stack and Azure, see the Key considerations article.

チート シート: 仮想マシンの相違点Cheat sheet: Virtual machine differences

機能Feature Azure (グローバル)Azure (global) Azure StackAzure Stack
仮想マシン イメージVirtual machine images Azure Marketplace には、仮想マシンの作成に使用できるイメージが含まれています。The Azure Marketplace contains images that you can use to create a virtual machine. Azure Marketplace で入手できるイメージの一覧を参照するには、Azure Marketplace のページを参照してください。See the Azure Marketplace page to view the list of images that are available in the Azure Marketplace. 既定では、Azure Stack Marketplace に使用可能なイメージはありません。By default, there aren’t any images available in the Azure Stack marketplace. Azure Stack のクラウド管理者は、ユーザーがイメージを使用する前に、Azure Stack Marketplace に対してイメージの発行またはダウンロードを行う必要があります。The Azure Stack cloud administrator should publish or download images to the Azure Stack marketplace before users can use them.
仮想マシン サイズVirtual machine sizes Azure では、幅広いサイズの仮想マシンがサポートされます。Azure supports a wide variety of sizes for virtual machines. 提供されているサイズとオプションの詳細については、Windows 仮想マシンのサイズLinux 仮想マシンのサイズに関するトピックを参照してください。To learn about the available sizes and options, refer to the Windows virtual machines sizes and Linux virtual machine sizes topics. Azure Stack は、Azure で使用できる仮想マシンのサイズのサブセットをサポートしています。Azure Stack supports a subset of Virtual Machine sizes that are available in Azure. サポートされているサイズの一覧を参照するには、この記事の仮想マシンのサイズについてのセクションを参照してください。To view the list of supported sizes, refer to the virtual machine sizes section of this article.
仮想マシンのクォータVirtual machine quotas クォータ制限は Microsoft によって設定されますQuota limits are set by Microsoft Azure Stack のクラウド管理者は、仮想マシンをユーザーに提供する前にクォータを割り当てる必要があります。The Azure Stack cloud administrator must assign quotas before they offer virtual machines to their users.
仮想マシン拡張機能Virtual machine extensions Azure では、幅広い仮想マシン拡張機能がサポートされます。Azure supports a wide variety of virtual machine extensions. 使用可能な拡張機能については、「Windows 用の仮想マシン拡張機能とその機能」をご覧ください。To learn about the available extensions, refer to the virtual machine extensions and features article. Azure Stack は、Azure で使用できる拡張機能のサブセットをサポートしており、拡張機能それぞれに特定のバージョンがあります。Azure Stack supports a subset of extensions that are available in Azure and each of the extension have specific versions. Azure Stack のクラウド管理者は、ユーザーにどの拡張機能を提供するかを選択することができます。The Azure Stack cloud administrator can choose which extensions to be made available to for their users. サポートされている拡張機能の一覧を参照するには、この記事の仮想マシンの拡張機能についてのセクションを参照してください。To view the list of supported extensions, refer to the virtual machine extensions section of this article.
仮想マシンのネットワークVirtual machine network テナントの仮想マシンに割り当てられたパブリック IP アドレスは、インターネット経由でアクセスできます。Public IP addresses assigned to tenant virtual machine are accessible over the Internet.


Azure の仮想マシンには固定の DNS 名があるAzure Virtual Machines has a fixed DNS name
テナントの仮想マシンに割り当てられたパブリック IP アドレスにアクセスできるのは、Azure Stack Development Kit 環境内のみです。Public IP addresses assigned to a tenant virtual machine are accessible within the Azure Stack Development Kit environment only. ユーザーは、Azure Stack で作成される仮想マシンに接続するためには、RDP または VPN 経由で Azure Stack Development Kit にアクセスできる必要があります。A user must have access to the Azure Stack Development Kit via RDP or VPN to connect to a virtual machine that is created in Azure Stack.

特定の Azure Stack インスタンス内に作成された仮想マシンには、クラウド管理者が構成した値に基づく DNS 名があります。Virtual machines created within a specific Azure Stack instance have a DNS name based on the value that is configured by the cloud administrator.
仮想マシンのストレージVirtual machine storage マネージド ディスクをサポートしています。Supports managed disks. マネージド ディスクは、バージョン 1808 以降の Azure Stack でサポートされています。Managed disks are supported in Azure Stack with version 1808 and later.
仮想マシン ディスクのパフォーマンスVirtual machine disks performance ディスクの種類とサイズによって異なります。Depends on disk type and size. ディスクが接続されている VM のサイズによって異なります。「Azure Stack でサポートされている仮想マシンのサイズ」を参照してください。Depends on VM size of VM which the disks are attached to, refer to the Virtual machine sizes supported in Azure Stack article.
API のバージョンAPI versions Azure では常に、すべての仮想マシン機能について最新の API のバージョンが用意されます。Azure always has the latest API versions for all the virtual machine features. Azure Stack では特定の Azure サービスがサポートされ、それらのサービスについて特定の API バージョンがサポートされます。Azure Stack supports specific Azure services and specific API versions for these services. サポートされている API バージョンの一覧を参照するには、この記事の API バージョンについてのセクションを参照してください。To view the list of supported API versions, refer to the API versions section of this article.
仮想マシン可用性セットVirtual machine availability sets 複数の障害ドメイン (リージョンあたり 2 または 3)Multiple fault domains (2 or 3 per region)
複数の更新ドメインMultiple update domains
マネージド ディスクのサポートManaged disk support
複数の障害ドメイン (リージョンあたり 2 または 3)Multiple fault domains (2 or 3 per region)
複数の更新ドメイン (最大 20)Multiple update domains (up to 20)
マネージド ディスクのサポートなしNo managed disk support
仮想マシン スケール セットVirtual machine scale sets 自動スケールがサポートされるAuto-scale supported 自動スケールはサポートされない。Auto-scale not supported.
ポータル、Resource Manager テンプレート、または PowerShell を使用してスケール セットにより多くのインスタンスを追加します。Add more instances to a scale set using the portal, Resource Manager templates, or PowerShell.

仮想マシン サイズVirtual machine sizes

Azure Stack は、リソースの過剰消費を防ぐため、(サーバー ローカルおよびサービス レベルで) リソースの制限を適用します。これらの制限は、他のテナントによるリソース消費の影響を軽減してテナントのエクスペリエンスを改善します。Azure Stack imposes resource limits to avoid over consumption of resources (server local and service-level.) These limits improve the tenant experience by reducing the impact of resource consumption by other tenants.

  • VM からのネットワーク送信には、帯域幅の上限が設けられます。For networking egress from the VM, there are bandwidth caps in place. Azure Stack での上限は、Azure での上限と同様です。Caps in Azure Stack are the same as the caps in Azure.
  • ストレージ リソースの場合、テナントによるストレージ アクセスのためのリソースの基本的な過剰消費を防ぐため、Azure Stack によってストレージ IOPS 制限が実装されます。For storage resources, Azure Stack implements storage IOPS limits to avoid basic overconsumption of resources by tenants for storage access.
  • 複数のデータ ディスクが接続された VM では、各データ ディスクの最大スループットは、HDD で 500 IOPS、SSD で 2,300 IOPS です。For VMs with multiple attached data disks, the maximum throughput of each data disk is 500 IOPS for HDDs, and 2300 IOPS for SSDs.

次の表は、Azure Stack でサポートされている VM とその構成の一覧です。The following table lists the VMs that are supported on Azure Stack along with their configuration:

typeType サイズSize サポートされるサイズの範囲Range of supported sizes
汎用General purpose Basic ABasic A A0 - A4A0 - A4
汎用General purpose Standard AStandard A A0 - A7A0 - A7
汎用General purpose D シリーズD-series D1 - D4D1 - D4
汎用General purpose Dv2 シリーズDv2-series D1_v2 - D5_v2D1_v2 - D5_v2
汎用General purpose DS シリーズDS-series DS1 - DS4DS1 - DS4
汎用General purpose DSv2 シリーズDSv2-series DS1_v2 - DS5_v2DS1_v2 - DS5_v2
メモリ最適化Memory optimized D シリーズD-series D11 - D14D11 - D14
メモリ最適化Memory optimized DS シリーズDS-series DS11 - DS14DS11 - DS14
メモリ最適化Memory optimized Dv2 シリーズDv2-series D11_v2 - DS14_v2D11_v2 - DS14_v2
メモリ最適化Memory optimized DSv2 シリーズDSv2-series - DS11_v2 - DS14_v2DS11_v2 - DS14_v2

仮想マシンのサイズと、それに関連付けられるリソースの量は、Azure Stack と Azure の間で一貫しています。Virtual machine sizes and their associated resource quantities are consistent between Azure Stack and Azure. そのようなリソースには、作成できるメモリの量、コアの数、データ ディスクの数やサイズが含まれます。This includes the amount of memory, the number of cores, and the number/size of data disks that can be created. ただし、同じサイズの VM のパフォーマンスは、基になっている特定の Azure Stack 環境の特性によって異なります。However, performance of VMs with the same size depends on the underlying characteristics of a particular Azure Stack environment.

仮想マシン拡張機能Virtual machine extensions

Azure Stack には、拡張機能の小規模なセットが含まれています。Azure Stack includes a small set of extensions. 更新プログラムおよび追加の拡張機能は、Marketplace シンジケーションを通じて入手できます。Updates and additional extensions are available through Marketplace syndication.

実際の Azure Stack 環境で利用できる仮想マシン拡張機能の一覧を取得するには、次の PowerShell スクリプトを使用します。Use the following PowerShell script to get the list of virtual machine extensions that are available in your Azure Stack environment:

Get-AzureRmVmImagePublisher -Location local | `
  Get-AzureRmVMExtensionImageType | `
  Get-AzureRmVMExtensionImage | `
  Select Type, Version | `
  Format-Table -Property * -AutoSize

API のバージョンAPI versions

Azure Stack の仮想マシン機能は、次の API バージョンをサポートしています。Virtual machine features in Azure Stack support the following API versions:

VM リソースの種類

次の PowerShell スクリプトを使用して、実際の Azure Stack 環境で利用できる仮想マシン機能の API バージョンを取得することができます。You can use the following PowerShell script to get the API versions for the virtual machine features that are available in your Azure Stack environment:

Get-AzureRmResourceProvider | `
  Select ProviderNamespace -Expand ResourceTypes | `
  Select * -Expand ApiVersions | `
  Select ProviderNamespace, ResourceTypeName, @{Name="ApiVersion"; Expression={$_}} | `
  where-Object {$_.ProviderNamespace -like “Microsoft.compute”}

サポートされるリソースの種類と API バージョンの一覧は、クラウド オペレーターが Azure Stack 環境を新しいバージョンに更新した場合は異なっている可能性があります。The list of supported resource types and API versions may vary if the cloud operator updates your Azure Stack environment to a newer version.

Windows のライセンス認証Windows Activation

Windows の製品は、製品使用権利およびマイクロソフのライセンス条項に従って使用する必要があります。Windows products must be used in accordance with Product Use Rights and Microsoft license terms. Azure Stack は VM の自動ライセンス認証 (AVMA) を使用して Windows Server 仮想マシン (VM) をアクティブ化します。Azure Stack uses Automatic VM Activation (AVMA) to activate Windows Server virtual machines (VMs).

  • Azure Stack のホストは、Windows Server 2016 の AVMA キーを使用して Windows をアクティブ化します。Azure Stack host activates Windows with AVMA keys for Windows Server 2016. Windows Server 2012 またはそれ以降を実行する VM は、自動的にアクティブ化されます。All VMs that run Windows Server 2012 or later are automatically activated.
  • Windows Server 2008 R2 を実行する VM は、自動的にアクティブ化されないので、MAK ライセンス認証を使用してアクティブ化する必要があります。VMs that run Windows Server 2008 R2 are not automatically activated and must be activated by using MAK activation. MAK ライセンス認証を使用するには、自分のプロダクト キーを指定する必要があります。To use MAK activation, you must provide your own product key.

Microsoft Azure では、KMS ライセンス認証を使用して、Windows VM をアクティブ化します。Microsoft Azure uses KMS activation to activate Windows VMs. Azure Stack から Azure に VM を移行して、アクティブ化の問題があった場合は、Azure Windows 仮想マシンのライセンス認証に関する問題のトラブルシューティングを参照してください。If you move a VM from Azure Stack to Azure and encounter activate problems, see Troubleshoot Azure Windows virtual machine activation problems. 追加の情報は、Azure サポート チームのブログ投稿、Azure VM での Windows のライセンス認証の失敗をトラブルシューティングするを参照してください。Additional information can be found at the Troubleshooting Windows activation failures on Azure VMs Azure Support Team Blog post.

次の手順Next steps

Azure Stack で PowerShell を使用して Windows 仮想マシンを作成するCreate a Windows virtual machine with PowerShell in Azure Stack