Azure Backup のインスタント リストア機能を使用してバックアップと復元のパフォーマンスを改善するGet improved backup and restore performance with Azure Backup Instant Restore capability

注意

ユーザーからのフィードバックに基づき、Azure Stack 機能との混同を避けるため、名前をVM バックアップ スタック V2 からインスタント リストアに変更しています。Based on feedback from users we are renaming VM backup stack V2 to Instant Restore to reduce confusion with Azure Stack functionality. Azure のすべてのバックアップ ユーザーは、インスタント リストアにアップグレードされました。All the Azure backup users have now been upgraded to Instant Restore.

インスタント リストアの新しいモデルでは、次の機能が強化されています。The new model for Instant Restore provides the following feature enhancements:

  • コンテナーへのデータ転送の終了を待たずに、復旧に利用できるバックアップ ジョブの一環として取得されるスナップショットを使用できます。Ability to use snapshots taken as part of a backup job that is available for recovery without waiting for data transfer to the vault to finish. これにより、復元をトリガーする前にスナップショットをコンテナーにコピーする待機時間が短縮されます。It reduces the wait time for snapshots to copy to the vault before triggering restore.
  • スナップショットを既定で 2 日間ローカルに保持することで、バックアップと復元の時間が短縮されます。Reduces backup and restore times by retaining snapshots locally, for two days by default. この既定のスナップショット リテンション期間の値は、1 から 5 日の間の任意の値に構成できます。This default snapshot retention value is configurable to any value between 1 to 5 days.
  • 最大 32 TB のディスク サイズがサポートされます。Supports disk sizes up to 32 TB. Azure Backup では、ディスクのサイズ変更は推奨されません。Resizing of disks is not recommended by Azure Backup.
  • Standard HDD ディスクおよび Premium SSD ディスクと共に Standard SSD ディスクがサポートされます。Supports Standard SSD disks along with Standard HDD disks and Premium SSD disks.
  • 復元時に、(ディスクごとの) アンマネージド VM の元のストレージ アカウントを使用できます。Ability to use an unmanaged VMs original storage accounts (per disk), when restoring. この機能は、ストレージ アカウント間に分散しているディスクが VM にある場合でも使用できます。This ability exists even when the VM has disks that are distributed across storage accounts. さまざまな VM 構成で復元操作が速くなります。It speeds up restore operations for a wide variety of VM configurations.
  • ストレージ アカウントで管理されていない premium ディスクを使用している VM のバックアップについては、インスタント リストアを使用して、割り当てられた合計ストレージ領域の 50% の空き領域 (最初のバックアップにのみ必要) を割り当てることをお勧めします。For backup of VMs that are using unmanaged premium disks in storage accounts, with Instant Restore, we recommend allocating 50% free space of the total allocated storage space, which is required only for the first backup. 最初のバックアップが完了すると、バックアップに 50% の空き領域は不要になります。The 50% free space is not a requirement for backups after the first backup is complete.

この機能の更新点What's new in this feature

現在、バックアップ ジョブは 2 つのフェーズで構成されます。Currently, the backup job consists of two phases:

  1. VM スナップショットを作成します。Taking a VM snapshot.
  2. Azure Recovery Services コンテナーに VM スナップショットを転送します。Transferring a VM snapshot to the Azure Recovery Services vault.

復旧ポイントは、フェーズ 1 および 2 が完了した後でのみ、作成されたものと見なされます。A recovery point is considered created only after phases 1 and 2 are completed. このアップグレードの一部として、スナップショットが完了するとすぐに復旧ポイントが作成されます。このスナップショットの種類の復旧ポイントを利用し、同じ復元フローを使って復元を実行することができます。As a part of this upgrade, a recovery point is created as soon as the snapshot is finished and this recovery point of snapshot type can be used to perform a restore using the same restore flow. 復旧ポイントの種類として "スナップショット" を使用することで、この復旧ポイントを Azure portal で識別することができます。コンテナーにスナップショットが転送された後、復旧ポイントの種類は "スナップショットとコンテナー" に変わります。You can identify this recovery point in the Azure portal by using “snapshot” as the recovery point type, and after the snapshot is transferred to the vault, the recovery point type changes to “snapshot and vault”.

VM バックアップ スタック Resource Manager デプロイメント モデルのバックアップ ジョブ: ストレージとコンテナー

既定で、スナップショットは 2 日間保持されます。By default, snapshots are retained for two days. この機能では、復元時間を削減して、これらのスナップショットから復元操作を行うことができます。This feature allows restore operation from these snapshots there by cutting down the restore times. それにより、コンテナーからデータを変換して元の場所にコピーするために必要な時間が削減されます。It reduces the time that is required to transform and copy data back from the vault.

機能に関する考慮事項Feature considerations

  • 復旧ポイントの作成を促進し、復元操作の速度を上げるため、スナップショットはディスクと共に格納されます。Snapshots are stored along with the disks to boost recovery point creation and to speed up restore operations. 結果として、ストレージのコストはこの期間に取得されたスナップショットに対応したものになります。As a result, you'll see storage costs that correspond to snapshots taken during this period.
  • 増分スナップショットは、ページ BLOB として格納されます。Incremental snapshots are stored as page blobs. アンマネージド ディスクを使用しているすべてのユーザーは、自分のローカル ストレージ アカウントに格納されているスナップショットに対して課金されます。All the users using unmanaged disks are charged for the snapshots stored in their local storage account. マネージド VM バックアップで使用される復元ポイント コレクションでは、基になるストレージ レベルの BLOB スナップショットが使用されるため、マネージド ディスクの場合は、BLOB スナップショットの価格に対応するコストが表示され、これらは増分となります。Since the restore point collections used by Managed VM backups use blob snapshots at the underlying storage level, for managed disks you will see costs corresponding to blob snapshot pricing and they are incremental.
  • Premium Storage アカウントの場合、インスタント復旧ポイントのために作成されるスナップショットには上限として 10 TB の領域が割り当てられています。For premium storage accounts, the snapshots taken for instant recovery points count towards the 10-TB limit of allocated space.
  • 復元のニーズに基づいて、スナップショットの保持期間を構成できます。You get an ability to configure the snapshot retention based on the restore needs. 以下で説明するように、要件に応じて、バックアップ ポリシー ブレードでスナップショットの保持期間を最短 1 日に設定できます。Depending on the requirement, you can set the snapshot retention to a minimum of one day in the backup policy blade as explained below. 頻繁に復元を実行しない場合は、これによりスナップショットの保持期間のコストを節約できます。This will help you save cost for snapshot retention if you don’t perform restores frequently.
  • 一方向のアップグレードであり、インスタント アップグレードにアップグレードされると、元に戻すことはできません。It is a one directional upgrade, once upgraded to Instant restore, you cannot go back.

注意

このインスタント リストアのアップグレードにより、(新規と既存両方の) すべての顧客のスナップショット保持期間は、既定で 2 日に設定されるようになります。With this instant restore upgrade, the snapshot retention duration of all the customers (new and existing both included) will be set to a default value of two days. ただし、必要に応じて、1 日から 5 日までの任意の値に期間を設定できます。However, you can set the duration according to your requirement to any value between 1 to 5 days.

コストの影響Cost impact

増分スナップショットは VM のストレージ アカウントに格納され、インスタント回復に使用されます。The incremental snapshots are stored in the VM's storage account, which is used for instant recovery. 増分スナップショットは、スナップショットによって占有される領域が、スナップショットの作成後に記述されるページによって占有される領域と等しいことを意味します。Incremental snapshot means the space occupied by a snapshot is equal to the space occupied by pages that are written after the snapshot was created. 課金は、スナップショットによって占有される GB あたりの使用済み領域に対して引き続き行われ、GB あたりの料金は、価格ページに示されているものと同じになります。Billing is still for the per GB used space occupied by the snapshot, and the price per GB is same as mentioned on the pricing page. アンマネージド ディスクを使用する VM の場合、各ディスクの VHD ファイルのメニューにスナップショットが表示されます。For VMs that use unmanaged disks, the snapshots can be seen in the menu for the VHD file of each disk. マネージド ディスクの場合、スナップショットは指定したリソース グループの復元ポイント コレクション リソースに格納され、スナップショット自体は直接表示されません。For managed disks, snapshots are stored in a restore point collection resource in a designated resource group, and the snapshots themselves are not directly visible.

注意

スナップショットのリテンション期間は、週間ポリシーでは 5 日間に固定されています。Snapshot retention is fixed to 5 days for weekly policies.

スナップショットのリテンション期間の構成Configure snapshot retention

Azure Portal の使用Using Azure portal

Azure portal で、VM バックアップ ポリシー ブレード ( [インスタント リストア] セクションの下) にフィールドが追加されているのを確認できます。In the Azure portal, you can see a field added in the VM Backup Policy blade under the Instant Restore section. 特定のバックアップ ポリシーに関連付けられているすべての VM の [VM Backup Policy](VM バックアップ ポリシー) ブレードで、スナップショットの保持期間を変更することができます。You can change the snapshot retention duration from the VM Backup Policy blade for all the VMs associated with the specific backup policy.

インスタント リストア機能

PowerShell の使用Using PowerShell

注意

Az PowerShell バージョン 1.6.0 以降では、PowerShell を使用して、ポリシーのインスタント リストアのスナップショット保持期間を更新できますFrom Az PowerShell version 1.6.0 onwards, you can update the instant restore snapshot retention period in policy using PowerShell

$bkpPol = Get-AzureRmRecoveryServicesBackupProtectionPolicy -WorkloadType "AzureVM"
$bkpPol.SnapshotRetentionInDays=5
Set-AzureRmRecoveryServicesBackupProtectionPolicy -policy $bkpPol

各ポリシーのスナップショットの既定のリテンション期間は、2 日に設定されます。The default snapshot retention for each policy is set to two days. この値は、最小で 1 日、最大で 5 日にユーザーが変更することができます。User can change the value to a minimum of 1 and a maximum of five days. 週間ポリシーでは、スナップショットのリテンション期間は 5 日に固定されています。For weekly policies, the snapshot retention is fixed to five days.

よく寄せられる質問Frequently asked questions

インスタント リストアはコストにどのように影響しますか。What are the cost implications of Instant restore?

復旧ポイントの作成と復元操作の速度を上げるため、スナップショットはディスクと共に格納されます。Snapshots are stored along with the disks to speed up recovery point creation and restore operations. その結果、VM バックアップ ポリシーの一部として選択されるスナップショットの保有期間に対応するストレージ コストが表示されます。As a result, you'll see storage costs that correspond to the snapshot retention selected as a part of VM backup policy.

Premium Storage アカウントでは、インスタント回復ポイントのために作成されたスナップショットで 10 TB のスナップショット上限が占められますか。In Premium Storage accounts, do the snapshots taken for instant recovery point occupy the 10-TB snapshot limit?

はい。Premium ストレージ アカウントでは、インスタント復元ポイント用に作成されたスナップショットは、割り当てられた 10 TB のスナップショット スペースを占有します。Yes, for premium storage accounts the snapshots taken for instant recovery point occupy 10 TB of allocated snapshot space.

5 日間の期間中、スナップショットの保有期間はどのようになりますか。How does the snapshot retention work during the five-day period?

毎日新しいスナップショットが取得されるため、個別の増分スナップショットが 5 個になります。Each day a new snapshot is taken, then there are five individual incremental snapshots. スナップショットのサイズはデータの変化によって異なります (ほとんどの場合、約 2% から 7%)。The size of the snapshot depends on the data churn, which are in most cases around 2%-7%.

インスタント リストア スナップショットは増分スナップショットですか、それとも完全スナップショットですか。Is an instant restore snapshot an incremental snapshot or full snapshot?

インスタント リストア機能の一部として取得されるスナップショットは、増分スナップショットです。Snapshots taken as a part of instant restore capability are incremental snapshots.

インスタント リストア機能による、概算コストの増加はどのように計算すればよいですか。How can I calculate the approximate cost increase due to instant restore feature?

VM の変化によって異なります。It depends on the churn of the VM. 安定状態では、コストの増加は、スナップショットの保持期間 VM あたりの日次変化 GB あたりのストレージ コストになると考えられます。In a steady state, you can assume the increase in cost is = Snapshot retention period daily churn per VM storage cost per GB.

復元ポイントの回復の種類が "スナップショットとコンテナー" であり、復元操作を実行する場合は、どの回復の種類が使用されますか。If the recovery type for a restore point is “Snapshot and vault” and I perform a restore operation, which recovery type will be used?

回復の種類が "スナップショットとコンテナー" の場合は、ローカルのスナップショットから自動的に復元が行われ、コンテナーからの復元に比べ、はるかに高速になります。If the recovery type is “snapshot and vault”, restore will be automatically done from the local snapshot, which will be much faster compared to the restore done from the vault.

スナップショット (階層 1) の保有期間よりも短い、復元ポイント (階層 2) の保有期間を選択するとどうなりますか。What happens if I select retention period of restore point (Tier 2) less than the snapshot (Tier1) retention period?

新しいモデルでは、スナップショット (階層 1) を削除しない限り、復元ポイント (階層 2) を削除することはできません。The new model does not allow deleting the restore point (Tier2) unless the snapshot (Tier1) is deleted. 復元ポイント (階層 2) の保持期間がスナップショットの保持期間より長くなるようスケジュール設定することをお勧めします。We recommend scheduling restore point (Tier2) retention period greater than the snapshot retention period.

バックアップ ポリシーに設定されている保有期間が過ぎても、スナップショットが存在するのはなぜですか。Why is my snapshot existing even after the set retention period in backup policy?

回復ポイントにスナップショットがあり、それが利用可能な最新の RP である場合、次のバックアップが成功するまで保持されます。If the recovery point has snapshot and that is the latest RP available, it is retained until the time there is a next successful backup. これは現在、設計されている "ガベージ コレクション" (GC) ポリシーに従ったものです。このポリシーでは、VM での問題によって、今後のすべてのバックアップが失敗した場合に、1 つ以上の最新の RP が常に存在することが要求されます。This is according to the designed "garbage collection" (GC) policy today that mandates at least one latest RP to be always present in case all backups further on fail due to an issue in the VM. 通常のシナリオでは、有効期限後、最大 24 時間で RP がクリーンアップされます。In normal scenarios, RPs are cleaned up in maximum of 24 hours after their expiry.

インスタント リストア機能は必要ありません。I don’t need Instant Restore functionality. 無効にすることはできますか。Can it be disabled?

インスタント リストア機能はすべてのユーザーに対して有効になっており、無効にすることはできません。Instant restore feature is enabled for everyone and cannot be disabled. スナップショットのリテンション期間は、最小で 1 日に短縮することができます。You can reduce the snapshot retention to a minimum of one day.

注意

Azure Backup では、Azure 仮想マシン バックアップ ソリューションを使用した選択的ディスク バックアップと復元がサポートされるようになりました。Azure Backup now supports selective disk backup and restore using the Azure Virtual Machine backup solution.

現在、Azure Backup では、仮想マシン バックアップ ソリューションを使用して、VM 内のすべてのディスク (オペレーティング システムとデータ) をまとめてバックアップすることがサポートされています。Today, Azure Backup supports backing up all the disks (Operating System and data) in a VM together using the Virtual Machine backup solution. ディスクを除外する機能を使用すると、VM の多数のデータ ディスクから 1 つまたは複数のデータ ディスクのバックアップを作成することができます。With exclude-disk functionality, you get an option to backup one or a few from the many data disks in a VM. これにより、バックアップと復元のニーズに応じた効率的で費用対効果の高いソリューションが提供されます。This provides an efficient and cost-effective solution for your backup and restore needs. 各復旧ポイントには、バックアップ操作に含まれるディスクのデータが含まれています。これにより、復元操作中に特定の復旧ポイントから復元されたディスクのサブセットを使用できるようになります。Each recovery point contains data of the disks included in the backup operation, which further allows you to have a subset of disks restored from the given recovery point during the restore operation. これは、スナップショットからの復元とコンテナーからの復元の両方に適用されます。This applies to restore both from the snapshot and the vault.

プレビュー用にサインアップするには、AskAzureBackupTeam@microsoft.com 宛てにご連絡ください**To sign up for the preview, write to us at AskAzureBackupTeam@microsoft.com**