Bot Framework REST API

ほとんどの Bot Framework ボットは、Bot Framework SDK を使用して構築されています。ボットはボットを整理し、すべての会話を自動的に処理します。 SDK を使用する代わりに、REST API を使用してボットに直接メッセージを送信することもできます。

ボットを作成する

Bot Framework REST API を使用してコーディングすることで、ボットの Azure Bot Service 登録で構成された任意のチャネルでユーザーとメッセージを送受信できます。

ヒント

Bot Framework には、C# または Node.js のいずれかでボットをビルドするのに使用できるクライアント ライブラリが用意されています。 C# を使用してボットをビルドするには、Bot Framework SDK for C# をご利用ください。 Node.js を使用してボッドをビルドするには、Bot Framework SDK for Node.js をご利用ください。

サービスを使用してボットを構築する方法の詳細については、 Azure Bot Service のドキュメントを参照してください。

Direct Line クライアントを構築する

Facebook、Teams、Slack などのほとんどのチャネルはクライアントを提供しますが、Direct Line を使用すると、独自のクライアント アプリケーションでボットと通信できます。 Web チャット は Direct Line クライアントのオープン ソースの例であり、独自のクライアントを作成するときにそのまま使用したり、変更したり、学習したりすることができます。 Direct Line API では、標準のシークレット/トークン パターンを使用する認証メカニズムを実装し、ボットにプロトコル バージョンの変更が生じた場合でも、安定したスキーマを提供します。 Direct Line API を使用したクライアントとボット間の通信の有効化に関する詳細については、「Key concepts」(重要な概念) を参照してください。

Direct Line クライアントは、さまざまな言語と場所 (Web ページではなくデスクトップ アプリなど) で使用できます。 詳細については、「Direct Line の概要」を参照してください。