Direct Line の概要

適用対象: SDK v4

Bot Framework では、Direct Line ブランドを使用して複数のチャネルを提供しています。 設計する会話型 AI エクスペリエンスに最適なバージョンを選択することが重要です。

  • 直接行。 これはダイレクトラインの標準チャネルオファリングです。 既定では、 Azure portal を介したボット テンプレート、 Bot Builder サンプルのボット、Azure CLI で作成されたボットで動作します。 これは、ほとんどの場合に最適なダイレクト ラインです。 「 ボットを Direct Line に接続する」を参照してください。
  • Direct Line Speech。 チャネル内のテキスト読み上げとテキスト サービスへの音声変換を提供します。 これにより、クライアントはチャネルに直接オーディオをストリーミングでき、その後テキストに変換され、ボットに送信されます。 Direct Line Speech では、ボットからのテキスト メッセージを、さまざまな A.I. を利用した音声で読み上げられた音声メッセージに変換することもできます。 この組み合わせにより、Direct Line Speech は、クライアントとの音声のみの会話を実行できます。 「 ボットを Direct Line Speech に接続する」を参照してください。
  • Direct Line App Service 拡張機能。 ボットと同じサブスクリプション、App Service、Azure ネットワーク内で実行されます。 ネットワーク分離要件がある場合は、このバージョンの Direct Line が理想的な場合があります。 ボットとクライアントでは、トラフィックが分離されたネットワークから離れないように、Direct Line App Service 拡張機能と連携するために特別な変更が必要です。 「Direct Line App Service 拡張機能」を参照してください

最適な Direct Line サービスを選択するには、それぞれの機能とご自身のソリューションのニーズを評価してください。 これらのサービスは今後シンプルになっていく予定です。

機能 Direct Line Direct Line App Service 拡張機能 Direct Line Speech
可用性とライセンス GA GA GA
音声認識およびテキスト読み上げのパフォーマンス Standard Standard 高パフォーマンス
従来の Web ブラウザーのサポート はい はい はい
Bot Framework SDK のサポート すべての v3、v4 v4.63 以降必須 v4.63 以降必須
クライアント SDK のサポート JS、C# JS、C# C++、C#、Unity、JS
Web チャットとの連携 はい はい はい
VNet いいえ はい いいえ

その他のリソース