移行ツール決定ガイドMigration tools decision guide

アプリケーションを Azure に移行するために使用する戦略およびツールは、お客様のビジネスの動機、テクノロジ戦略、およびタイムラインによって大きく異なり、移行する実際のワークロードと資産 (インフラストラクチャ、アプリ、データ) についての深い理解にも左右されます。The strategy and tools you use to migrate an application to Azure will largely depend on your business motivations, technology strategies, and timelines, as well as a deep understanding of the actual workload and assets (infrastructure, apps, and data) being migrated. 次のデシジョン ツリーは、移行の決定事項に基づいて使用するために最適なツールを選択する際に高レベルのガイダンスとして役立ちます。The following decision tree serves as high-level guidance for selecting the best tools to use based on migration decisions. このデシジョン ツリーを出発点として利用します。Treat this decision tree as a starting point.

サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) またはインフラストラクチャとしてのサービス (IaaS) のテクノロジを使用して移行するための選択肢は、コスト、時間、既存の技術的な負債、および長期的な利益のバランスによって決まります。The choice to migrate using platform as a service (PaaS) or infrastructure as a service (IaaS) technologies is driven by the balance between cost, time, existing technical debt, and long-term returns. 多くの場合、IaaS は最も迅速にクラウドに移行できる方法であり、ワークロードに対する変更が必要最小限で済みます。IaaS is often the fastest path to the cloud with the least amount of required change to the workload. PaaS の場合、データ構造やソース コードの修正が必要になる可能性はありますが、運用コストの削減と技術的な柔軟性の向上という形で、大きなそして長期的な利益を生み出します。PaaS could require modifications to data structures or source code, but produces substantial long-term returns in the form of reduced operating costs and greater technical flexibility. 次の図で、最新化という用語は、移行段階で資産を最新化し、その最新化された資産を PaaS プラットフォームに移行するという決定事項を反映するために使用されています。In the following diagram, the term modernize is used to reflect a decision to modernize an asset during migration and migrate the modernized asset to a PaaS platform.

移行ツールのデシジョン ツリーの例。

主な質問Key questions

次の質問に答えると、前述のツリーに基づいて決定を下すことができます。Answering the following questions will allow you to make decisions based on the above tree.

  • 移行段階のアプリケーション プラットフォームの最新化は、時間、エネルギー、予算の賢明な投資となりますか。Would modernization of the application platform during migration prove to be a wise investment of time, energy, and budget? Azure App Service や Azure Functions などの PaaS テクノロジを利用すると、デプロイの柔軟性を向上し、アプリケーションをホストする仮想マシンの管理の複雑さを軽減できます。PaaS technologies such as Azure App Service or Azure Functions can increase deployment flexibility and reduce the complexity of managing virtual machines to host applications. これらのクラウドネイティブ機能を利用するには、アプリケーションのリファクタリングが必要になる可能性があります。また、移行作業にかなりの時間とコストがかかる可能性があります。Applications may require refactoring before they can take advantage of these cloud-native capabilities, potentially adding significant time and cost to a migration effort. 最小限の変更でアプリケーションを PaaS テクノロジに移行できる場合は、最新化に適した候補である可能性があります。If your application can migrate to PaaS technologies with a minimum of modifications, it is likely a good candidate for modernization. 大規模なリファクタリングが必要な場合は、IaaS ベースの仮想マシンを使用して移行する方が適している可能性があります。If extensive refactoring would be required, a migration using IaaS-based virtual machines may be a better choice.
  • 移行段階のデータ プラットフォームの最新化は、時間、エネルギー、予算の賢明な投資となりますか。Would modernization of the data platform during migration prove to be a wise investment of time, energy, and budget? アプリケーションの移行と同様に、Azure SQL Database、Azure Cosmos DB、Azure Storage などの Azure PaaS マネージド ストレージ オプションにも管理と柔軟性の面で大きなメリットがありますが、これらのサービスへの移行には既存のデータとそのデータを使用するアプリケーションのリファクタリングが必要な可能性があります。As with application migration, Azure PaaS managed storage options, such as Azure SQL Database, Azure Cosmos DB, and Azure Storage, offer significant management and flexibility benefits, but migrating to these services may require refactoring of existing data and the applications that use that data. 通常、データ プラットフォームに必要なリファクタリングは、アプリケーション プラットフォームよりも小規模です。Data platforms typically require less refactoring than the application platform would. そのため、アプリケーション プラットフォームが同じままでも、データ プラットフォームが最新化されることが一般的です。Therefore, it's common for the data platform to be modernized, even though the application platform remains the same. 最小限の変更でデータをマネージド データ サービスに移行できる場合、これは最新化に適した候補です。If your data can be migrated to a managed data service with minimal changes, it is a good candidate for modernization. これらの PaaS サービスを使用するためのリファクタリングに膨大な時間またはコストがかかるデータには、既存のホスティング機能により適合するように、IaaS ベースの仮想マシンを使用して移行する方が適している可能性があります。Data that would require extensive time or cost to be refactored to use these PaaS services may be better migrated using IaaS-based virtual machines to better match existing hosting capabilities.
  • 現在、アプリケーションは専用の仮想マシン上で実行されていますか。それとも他のアプリケーションと共にホスティングが共有されていますか。Is your application currently running on dedicated virtual machines or sharing hosting with other applications? 専用の仮想マシン上で実行されているアプリケーションは、共有サーバー上で実行されているアプリケーションよりも PaaS ホスティング オプションに簡単に移行できます。Application running on dedicated virtual machines may be more easily migrated to PaaS hosting options than applications running on shared servers.
  • データの移行はネットワークの帯域幅を超えますか。Will your data migration exceed your network bandwidth? オンプレミスのデータ ソースと Azure 間のネットワーク容量は、データ移行のボトルネックになる可能性があります。Network capacity between your on-premises data sources and Azure can be a bottleneck on data migration. 転送する必要のあるデータに、効率的またはタイムリーな移行を妨げる帯域幅の制限がある場合は、必要に応じて代替またはオフラインの転送メカニズムを検討します。If the data you need to transfer faces bandwidth limitations that prevent efficient or timely migration, you may need to look into alternative or offline transfer mechanisms. クラウド導入フレームワークの移行レプリケーションに関する記事では、レプリケーションの制限が移行作業に与える影響が説明されています。The Cloud Adoption Framework's article on migration replication discusses how replication limits can affect migration efforts. 移行評価の一環として、ローカルおよび WAN の帯域幅が移行要件に対応できるかどうかを IT チームに相談してください。As part of your migration assessment, consult your IT teams to verify your local and WAN bandwidth is capable of handling your migration requirements. また、移行段階でストレージ要件がネットワーク容量を超えている場合に対応する移行シナリオに関する記事を参照してください。Also see the migration scenario for handling storage requirements that exceed network capacity during a migration.
  • アプリケーションは既存の DevOps パイプラインを利用していますか。Does your application make use of an existing DevOps pipeline? 多くの場合、Azure Pipelines は、クラウドベースのホスティング環境にアプリケーションをデプロイするためのリファクタリングが簡単です。In many cases, Azure Pipelines can be easily refactored to deploy applications to cloud-based hosting environments.
  • データに複雑なデータ ストレージ要件はありますか。Does your data have complex data storage requirements? 通常、運用アプリケーションには可用性の高いデータ ストレージが必要であり、常時オンの機能性と、同様のサービス稼働時間と継続性機能が提供されます。Production applications usually require data storage that is highly available, offers always-on functionality and similar service uptime and continuity features. Azure SQL Database、Azure Database for MySQL、Azure Cosmos DB などの Azure PaaS ベースのマネージド データベース オプションは、いずれも 99.99% の稼働時間のサービス レベル契約を提供します。Azure PaaS-based managed database options, such as Azure SQL Database, Azure Database for MySQL, and Azure Cosmos DB all offer 99.99 percent uptime service-level agreements. 逆に、Azure VM 上の IaaS ベースの SQL Server では、99.95 パーセントというシングルインスタンスのサービス レベル アグリーメントが提供されます。Conversely, IaaS-based SQL Server on Azure VMs offers single-instance service-level agreements of 99.95 percent. PaaS ストレージ オプションを使用するためにデータを最新化できない場合、より長い IaaS 稼働時間を保証するには、SQL Server Always On クラスターを実行し、インスタンス間でデータを継続的に同期するなど、より複雑なデータ ストレージ シナリオが必要になります。If your data cannot be modernized to use PaaS storage options, guaranteeing higher IaaS uptime will involve more complex data storage scenarios such as running SQL Server Always On clusters and continuously syncing data between instances. これには多大なホスティング コストとメンテナンス コストがかかるため、データ移行のオプションを検討する際には、稼働時間の要件、最新化にかかる労力、全体的な予算への影響のバランスを取ることが重要です。This can involve significant hosting and maintenance costs, so balancing uptime requirements, modernization effort, and overall budgetary impact is important when considering your data migration options.

刷新と移行Innovation and migration

クラウド導入フレームワークが段階的な移行の取り組みに重点を置いていることに合わせて、移行戦略とツールに関する最初の決定では、Azure プラットフォームから提供される機会を利用できるように、アプリケーションを更新する今後の刷新の取り組みを排除しません。In line with the Cloud Adoption Framework's emphasis on incremental migration efforts, an initial decision on migration strategy and tooling does not rule out future innovation efforts to update an application to take advantage of opportunities presented by the Azure platform. 最初の移行作業では、主に IaaS アプローチを使用した再ホストに重点が置かれる場合がありますが、最適化の機会を調査するために、クラウドでホストされるアプリケーションのポートフォリオを定期的に見直すことを計画に入れることをお勧めします。While an initial migration effort might focus primarily on rehosting using an IaaS approach, you should plan to revisit your cloud-hosted application portfolio regularly to investigate optimization opportunities.

詳細情報Learn more