デジタル経済のイノベーション

デジタル経済はほとんどすべての産業で否定できない力となっています。 産業革命では、市場のイノベーションを推し進めた中心的リソースはガソリン、コンベヤー ベルト、人間の独創性でした。 より良い製品をより短期間で顧客に届けるように企業が努力する中、市場を動かしたのは製品の品質、価格、ロジスティックスでした。 今日のデジタル経済は顧客と企業のやりとりを変えるものです。 結果として、以前、資本や市場を差別化していたものはすべて方向性を変えました。 デジタル経済では、ロジスティックスに対する顧客の関心は低く、製品の全体的な使用体験に対する関心が高くなります。 この変化は、毎日の生活におけるテクノロジとの直接的なやりとりと、そのようなやりとりに付随する価値を認識することから発生します。

クラウド導入フレームワークのイノベーション手法では、顧客のニーズを理解することと、顧客と製品のやりとりを形成するイノベーションの短期構築に集中的に取り組みます。 MVP (Minimum Viable Product/実用に足る最小限の製品) の価値を届ける手法についても説明します。 最後に、クラウドでイノベーションを解き放ち、顧客とパートナーシップを構築する方法の理解に役立つよう、イノベーション周期に共通する意思決定について説明します。

イノベーションの方法論

次の画像は、クラウド導入フレームワークにおけるクラウド イノベーションの単純な方法論を図解したものです。 このセクションの後続の記事では、社内でイノベーションを見つけ、推し進めるための中心的イノベーション プロセス、手法、メカニズムを構築する方法について説明します。

クラウド導入フレームワークのイノベーションの方法論を示す図。

この一連の記事では、この手法の次の点を重点的に説明します。

  • 第 1 に、常に Customer Adoption (顧客による製品/サービスの採用) から始め、フィードバックを生成します。これにより、Build-Measure-Learn (構築-計測-学習) フィードバック ループを介してカスタマー パートナーシップが形成されます。
  • 第 2 に、採用に優先順位を付けるデジタル発明を開発するための手法について調べます。

次のセクションでは、イノベーションの概要、イノベーションの公式、およびこの手法で成功するために必要なとコミットメントについて説明します。

イノベーションの公式

イノベーションとは、物事の遂行方法や実現方法を改善するためのアイデアを構築し、応用することです。

成功するイノベーションはビッグバンのような劇的な変化でもなければ、捕えにくい魔法の一角獣でもありません。 イノベーションにおける成功はむしろ、曲芸の綱渡りのようなものであり、イノベーション = 発明 + 採用 という単純な等式で表わされます。

イノベーションは、発明と採用が交わるところで発生します。 真のイノベーションは、新しい手法、新しいプロセス、新しいテクノロジを介して人間の体験がゆっくりと調整されることで生まれます。 この公式では、イノベーションとは、顧客のニーズに応える新しいソリューションの創造を意味します。 反対に、採用とは、新しいソリューションを適用して人間の行動ややり取りを形作ることです。 発明と採用の間で正しいバランスを見つけるには、イテレーション、データに基づく意思決定、絶え間ない学習、成長志向が必要です。 また、今日のデジタル経済においては、数え切れないほどの学習機会に対応できるテクノロジも必要です。

クラウドはしばしば、イノベーションの発明または技術面にとって優れたプラットフォームとなります。 残念ながら、優れたアイデアのほとんどは、思考過程や発明過程ではなく、採用という困難な作業の間に断念されてしまいます。 成功を確実にするには、開発チームは常に、イノベーションのテストとして採用から始める必要があります。 この手法を使用するには、チームが以下の 3 つのコミットメントに同意する必要があります。

全社的コミットメント

イノベーション方法論を導入し、この記事で説明しているメトリクスを効果的に使用するには、会社全体でのコミットメントがいくつか必要になります。 イノベーションを進める手法を変更する前に、導入チームとリーダーシップ チームがこうした約束をできることを確認してください。

テクノロジよりも顧客を優先するというコミットメント

どこの開発チームも、自分たちにとって最もなじみのあるツールやテクノロジを揃えています。 そのような強みを活かすこと、知っていることを使うことは賢いことです。 しかしながら、イノベーションを成功させるには、チームは顧客のニーズとテストする仮説に対する焦点を維持する必要があります。 この焦点が特定のツールの機能やアーキテクチャ上の手法と足並みを揃えないことがあります。 イノベーションで成功するには、開発チームはオープン マインド (先入観を持たない心) を維持する必要があります。 発明プロセスの間は、チームの嗜好より顧客のニーズを優先させることを技術面の決定の中心に据えます。

透明性に対するコミットメント

イノベーション手法における計測を理解するには、まず、透明性に対するコミットメントを理解する必要があります。 イノベーションは、成長志向 に固守する環境でのみ育ちます。 成長志向の根底にあるものは、経験から学習すること至上命令とする企業風土です。 成功するイノベーションと継続的な学習は、計測において透明性を約束することから始まります。 これはクラウド導入チームにとって勇気ある約束です。 しかしながら、リーダーシップ チームやクラウド戦略チームが提唱する透明性コミットメントと一致しないなら、この約束には意味がありません。

透明性が重要になるのは、顧客への影響を測定しても正しいのか間違っているのかという質問には答えてくれないからです。 影響の測定は、導入チームの仕事の質を示すものでもありません。 そうではなく、顧客のニーズを知り、それにより良く対応する機会を表わします。 イノベーション メトリクスの誤用はその企業風土を抑えつけかねません。 やがて、そのような誤用はメトリクスの改ざんにつながり、その結果、発明、サポート スタッフ、最終的にはデータを誤用した管理構造の長期的失敗につながります。 リーダーと貢献者は共に、MVP ソリューションを知り、改善するための機会のため以外には、測定を利用するべきではありません。

イテレーションに対するコミットメント

イノベーション周期全体を通して、1 つだけ正しいと言えることがあります。最初の試みでは成功しないということです。 測定は、望まれる結果を得るために必要な調整を理解する上で役立ちます。 好ましい成果につながる変化は、Build-Measure-Learn (構築-計測-学習) のプロセスを繰り返すことから生まれます。 クラウド導入チームとクラウド戦略チームは、成長志向や Build-Measure-Learn (構築-計測-学習) 手法を取り入れる前に、繰り返し志向を約束する必要があります。

次のステップ

次の偉大なる発明を創造する前に、まず、Build-Measure-Learn (構築-計測-学習) フィードバック ループを理解し、Customer Adoption (顧客による製品/サービスの採用) から始めます。