アンビエント エクスペリエンス:デバイスの操作Ambient experiences: Interact with devices

顧客の共感を構築する」では、真のイノベーションの 3 つのテストについて説明しました。それは、お客様のニーズを解決すること、お客様の再利用を維持すること、そして顧客コーホートのベース全体にスケールすることです。In Build with customer empathy, we discussed the three tests of true innovation: solve a customer need, keep the customer coming back, and scale across a base of customer cohorts. 仮説の各テストでは、採用のアプローチでの取り組みと反復が必要になります。Each test of your hypothesis requires effort and iterations on the approach to adoption. この記事では、"アンビエント エクスペリエンス" によってその労力を減らすための高度なアプローチについて説明します。This article offers insights on some advanced approaches to reduce that effort through ambient experiences. アプリケーションではなく、デバイスとやり取りすることによって、顧客はそのソリューションに最初に目を向ける可能性が高まります。By interacting with devices, instead of an application, the customer may be more likely to turn to your solution first.

アンビエント エクスペリエンスAmbient experiences

アンビエント エクスペリエンスとは、身の周りの環境に関連するデジタル エクスペリエンスです。An ambient experience is a digital experience that relates to the immediate surroundings. アンビエント エクスペリエンスを備えたソリューションは、顧客のニーズが発生した時点でそのニーズを満たすことを目指しています。A solution that features ambient experiences strives to meet the customer in their moment of need. 可能であれば、顧客のニーズを発生させたアクティビティの流れから離れずにそのニーズを満たします。When possible, the solution meets the customer need without leaving the flow of activity that triggered it.

デジタル経済での生活は気を散らすものであふれています。Life in the digital economy is full of distractions. 誰もが、ソーシャル、メール、Web、映像、口頭のメッセージを大量に受け取っており、それぞれが気を散らすリスクとなります。We're all bombarded with social, email, web, visual, and verbal messaging, each of which is a risk of distraction. このリスクは、顧客のニーズが発生した時点からソリューションが見つかる瞬間まで刻々と高まっていきます。This risk increases with every second that elapses between the customer's point of need and the moment they encounter a solution. そのわずかなタイム ギャップに数え切れないほどの顧客が失われています。Countless customers are lost in that brief time gap. 繰り返しの採用の増加を促進するには、解決までの時間を短縮して、気を散らすものの数を減らす必要があります。To foster an increase in repeat adoption, you have to reduce the number of distractions by reducing the time to solution.

デバイスの操作Interact with devices

標準的な Web エクスペリエンスは、顧客のニーズを満たすために利用される最も一般的なアプリケーション開発手法です。A standard web experience is the most common application development technique used to meet a customer's needs. このアプローチは、顧客がコンピューターの前にいることを前提としています。This approach assumes that the customer is in front of their computer. 顧客がノート PC を見ているとき、常にニーズが満たされるとしたら、Web アプリケーションを構築してください。If your customer consistently meets their point of need while in front of their laptop, build a web application. そのアプリケーションは、そのシナリオで、その顧客にアンビエント エクスペリエンスを提供できます。That application will provide an ambient experience for that customer in that scenario. ただし、現代において、このシナリオの可能性はますます低くなっていることがわかっています。However, we know that this scenario is less and less likely in our current era.

アンビエント エクスペリエンス

最近では、アンビエント エクスペリエンスには、一般に Web アプリケーション以上のものが必要となっています。Ambient experiences typically require more than a web application these days. 測定を行い、顧客と共に学習することによって、顧客のニーズを発生させる行動を観察、追跡し、それを利用してよりアンビエントなエクスペリエンスを構築できます。Through measurement and learning with the customer, the behavior that triggers the customer's need can be observed, tracked, and used to build a more ambient experience. アンビエント ソリューションを仮説に統合するアプローチを次に示します。それぞれの詳細については、後続の各セクションで説明します。The following list summarizes a few approaches to integration of ambient solutions into your hypotheses, with more details about each in the following paragraphs.

  • モバイル エクスペリエンス: ノート PC と同様に、モバイル アプリは顧客の環境に遍在します。Mobile experience: As with laptops, mobile apps are ubiquitous in customer environments. そのため、状況によっては、ソリューションをアンビエントにする十分なレベルの対話性が提供される可能性があります。In some situations, this might provide a sufficient level of interactivity to make a solution ambient.
  • Mixed Reality: 対話をアンビエントにするために、顧客を取り巻く標準的な環境を変えなければならない場合があります。Mixed reality: Sometimes a customer's typical surroundings must be altered to make an interaction ambient. この要素によって、ちょっとした偽の現実が作られ、その中で顧客がソリューションと対話し、ニーズを満たします。This factor creates something of a false reality in which the customer interacts with the solution and has a need met. この場合、ソリューションは偽の現実内でアンビエントになります。In this case, the solution is ambient within the false reality.
  • Integrated Reality (統合現実): 現実の環境にさらに近づける統合現実ソリューションでは、顧客の現実の中に存在するデバイスを使用して、ソリューションを自然な行動に統合することに重点を置きます。Integrated reality: Moving closer to true ambience, integrated reality solutions focus on the use of a device that exists within the customer's reality to integrate the solution into their natural behaviors. 周囲の環境に現実を統合する例としてうまく当てはまるものには仮想アシスタントがあります。A Virtual Assistant is a great example of integrating reality into the surrounding environment. あまり知られていないオプションは、顧客の周囲に既に存在するデバイスを統合する、モノのインターネット (IoT) テクノロジに関係するものです。A less well-known option concerns Internet of Things (IoT) technologies, which integrate devices that already exist in the customer's surroundings.
  • Adjusted Reality: これらのアンビエント ソリューションでクラウドでの予測分析を使用して、周囲の自然な環境を通じた顧客との対話を定義して提供すると、そのソリューションでは現実が調整されています。Adjusted reality: When any of these ambient solutions use predictive analysis in the cloud to define and provide an interaction with the customer through the natural surroundings, the solution has adjusted reality.

顧客のニーズを理解し、顧客への影響を測定すると、仮説を検証するためにデバイスとのやり取りやアンビエント エクスペリエンスが必要かどうかを判断する上で役立ちます。Understanding the customer need and measuring customer impact both help you determine whether a device interaction or ambient experience are necessary to validate your hypothesis. 以下のセクションは、それらの各データ ポイントで、最適なソリューションを見つけるのに役立ちます。With each of those data points, the following sections will help you find the best solution.

モバイル エクスペリエンスMobile experience

アンビエント エクスペリエンスの最初の段階では、ユーザーがコンピューターから離れます。In the first stage of ambient experience, the user moves away from the computer. 現在の消費者とビジネス プロフェッショナルは、モバイル デバイスと PC デバイスの両方を華麗に使いこなします。Today's consumers and business professionals move fluidly between mobile and PC devices. 顧客が使用する各プラットフォームまたはデバイスから新しいエクスペリエンスが生み出される可能性があります。Each of the platforms or devices used by your customer creates a new potential experience. 主要なソリューションを拡張するモバイル エクスペリエンスを追加することは、顧客の直接的環境への統合力を改善する最も簡単な方法です。Adding a mobile experience that extends the primary solution is the fastest way to improve integration into the customer's immediate surroundings. モバイル デバイスはアンビエントからかけ離れていますが、顧客のニーズのポイントには近づく可能性があります。While a mobile device is far from ambient, it might edge closer to the customer's point of need.

顧客が活動的で場所を頻繁に変える場合は、これが特定のソリューションでのアンビエント エクスペリエンスの最適な形態になる可能性があります。When customers are mobile and change locations frequently, that may represent the most relevant form of ambient experience for a particular solution. この 10 年間、既存のソリューションとモバイル エクスペリエンスの統合がイノベーションのきっかけとなることがよくありました。Over the past decade, innovation has frequently been triggered by the integration of existing solutions with a mobile experience.

Azure App Service はこのアプローチの好例です。Azure App Service is a great example of this approach. 初期の反復の間、Azure App Service の Web アプリ機能を仮説のテストに使用できます。During early iterations, the web app feature of Azure App Service can be used to test the hypothesis. 仮説がさらに複雑になると、Azure App Service のモバイル アプリ機能で Web アプリを拡張し、さまざまなモバイル プラットフォームで実行することができます。As the hypotheses become more complex, the mobile app feature of Azure App Service can extend the web app to run in a variety of mobile platforms.

複合現実Mixed reality

複合現実ソリューションは、アンビエント エクスペリエンスの成熟度の次のレベルを表しています。Mixed reality solutions represent the next level of maturity for ambient experiences. このアプローチでは、顧客を取り巻く環境を補強または複製します。顧客が活動する現実が拡張されます。This approach augments or replicates the customer's surroundings; it creates an extension of reality for the customer to operate within.

重要

VR デバイスが必要であり、顧客の身の周りの環境や自然な行動にまだ含まれていない場合、拡張現実または仮想現実はアンビエント エクスペリエンスというより代替エクスペリエンスです。If a VR device is required and it's not already part of a customer's immediate surroundings or natural behaviors, augmented or virtual reality is more of an alternative experience and less of an ambient experience.

複合現実エクスペリエンスは、リモート ワーカーの間でますます一般的になっています。Mixed reality experiences are increasingly common among remote workforces. その利用は、コラボレーションや、ローカル市場ではすぐに入手できない専門スキルを必要とする業界で特に急増しています。Their use is growing even faster in industries that require collaboration or specialty skills that aren't readily available in the local market. リモート ワーカーのために複雑な製品の導入を 1 か所でサポートする必要がある状況は、拡張現実を利用する絶好の機会となります。Situations that require centralized implementation support of a complex product for a remote labor force are particularly fertile ground for augmented reality. これらのシナリオでは、中央のサポート チームとリモート従業員が拡張現実を使用して作業に取り組み、トラブルシューティングを行い、製品を導入することができます。In these scenarios, the central support team and remote employees might use augmented reality to work on, troubleshoot, and install the product.

たとえば、空間アンカーの場合を考えてみましょう。For example, consider the case of spatial anchors. 空間アンカーを使用すると、複数のデバイス間で各オブジェクトの位置が長期にわたって保持される複合現実エクスペリエンスを作成できます。Spatial anchors allow you to create mixed reality experiences with objects that persist their respective locations across devices over time. 空間アンカーにより、特定の行動をキャプチャし、記録して保持することができるため、次回、その拡張環境内でユーザーが行動したときにアンビエント エクスペリエンスを提供できます。Through spatial anchors, a specific behavior can be captured, recorded, and persisted, thereby providing an ambient experience the next time the user operates within that augmented environment. Azure Spatial Anchors は、このロジックをクラウドに移行することで、デバイス間、さらにはソリューション間でエクスペリエンスを共有できるようにするサービスです。Azure Spatial Anchors is a service that moves this logic to the cloud, allowing experiences to be shared across devices and even across solutions.

Integrated RealityIntegrated reality

モバイル現実、さらには複合現実をも超えるものが統合現実です。Beyond mobile reality or even mixed reality lies integrated reality. 統合現実は、デジタル エクスペリエンスを完全に排除することを目的としています。Integrated reality aims to remove the digital experience entirely. 私たちの身の回りは計算処理能力や接続機能を持ったデバイスであふれています。All around us are devices with compute and connectivity capabilities. そのようなデバイスを利用すれば、顧客がスマートフォン、ノート PC、仮想現実 (VR) デバイスに触れることさえなく、直接的環境からデータを収集できます。These devices can be used to collect data from the immediate surroundings without the customer having to ever touch a phone, laptop, or virtual reality (VR) device.

このエクスペリエンスは、顧客のニーズが発生する環境内に何らかの形態のデバイスが常に存在する場合に最適です。This experience is ideal when some form of device is consistently within the same surroundings in which the customer need occurs. 一般的なシナリオとして、工場の生産現場、エレベーター、乗用車などがあります。Common scenarios include factory floors, elevators, and even your car. このような種類の大型デバイスには計算処理能力が既に組み込まれています。These types of large devices already contain compute power. また、デバイス自体からのデータを使用して顧客の行動を検出し、それらの行動をクラウドに送信することもできます。You can also use data from the device itself to detect customer behaviors and send those behaviors to the cloud. 顧客の行動データをこのように自動的にキャプチャすることで、顧客がデータを入力する必要性が劇的に減ります。This automatic capture of customer behavior data dramatically reduces the need for a customer to input data. さらに、Web、モバイル、または VR エクスペリエンスは、統合現実ソリューションから得た情報を共有するためのフィードバック ループとして機能することもできます。Additionally, the web, mobile, or VR experience can function as a feedback loop to share what's been learned from the integrated reality solution.

Azure の Integrated Reality の例として含まれるもの:Examples of integrated reality in Azure could include:

  • Azure モノのインターネット (IoT) ソリューション:デバイスと、そのデバイスからクラウドに流れ、エンド ユーザーに戻されるデータのフローの管理を支援する一連の Azure サービス。Azure Internet of Things (IoT) solutions: A collection of services in Azure that each aid in managing devices and the flow of data from those devices into the cloud and back out to end users.
  • Azure Sphere:デバイスと Azure IoT ソリューションの間でデータを安全に送信することを既存のデバイスで可能にする本質的に安全な方法を提供するハードウェアとソフトウェアの組み合わせ。Azure Sphere: A combination of hardware and software that provides an intrinsically secure way to enable an existing device to securely transmit data between the device and Azure IoT solutions.
  • Azure Kinect DK: 高度な Computer Vision と音声モデルを備えた AI センサー。Azure Kinect DK, AI sensors with advanced computer vision and speech models. これらのセンサーでは、周囲の環境から映像データや音声データを収集し、それらの入力データをソリューションに提供できます。These sensors can collect visual and audio data from the immediate surroundings and feed those inputs into your solution.

この 3 つのツールをすべて使用することで、顧客のニーズが発生した時点で、周囲の自然な環境からデータを収集できます。You can use all three of these tools to collect data from the natural surroundings and at the point of customer need. ソリューションでは、データ入力に応答し、ニーズを解決できます。そのニーズのトリガーが発生したことに顧客が気付く前にニーズが解決されることもあります。From there, your solution can respond to those data inputs to solve the need, sometimes before the customer is even aware that a trigger for that need has occurred.

調整された現実Adjusted reality

アンビエント エクスペリエンスの最高の形態が調整現実であり、"アンビエント インテリジェンス" と呼ばれることもあります。The highest form of ambient experience is adjusted reality, often referred to as ambient intelligence. 調整現実は、アプリケーションと直接やりとりする必要なく、ソリューションからの情報を使用して顧客の現実を変えるアプローチです。Adjusted reality is an approach to using information from your solution to change the customer's reality without requiring them to interact directly with an application. このアプローチでは、仮説を証明するために最初に構築したアプリケーションに関連性がまったくなくなることがあります。In this approach, the application you initially built to prove your hypothesis might no longer be relevant at all. 代わりに、環境内のデバイスが入力と出力を調整して顧客のニーズを満たします。Instead, devices in the environment help modulate the inputs and outputs to meet customer needs.

調整現実の好例として、仮想アシスタントやスマート スピーカーがあります。Virtual assistants and smart speakers offer great examples of adjusted reality. スマート スピーカーだけなら、単純な Integrated Reality の例です。Alone, a smart speaker is an example of simple integrated reality. しかし、スマート スピーカー ソリューションにスマート照明とモーション センサーを追加することで、部屋に入ると明かりをつける基本的なソリューションを簡単に作成できます。But add a smart light and motion sensor to a smart speaker solution and it's easy to create a basic solution that turns on the lights when you enter a room.

調整現実のその他の例は、世界中の工場の生産現場から提供されます。Factory floors around the world provide additional examples of adjusted reality. 統合現実の初期段階では、デバイスのセンサーが過熱などの状況を検出し、アプリケーションを通じて人に警告していました。During early stages of integrated reality, sensors on devices detected conditions like overheating, and then alerted a human being through an application. 調整現実では、顧客が引き続き関与する場合もありますが、フィードバック ループが厳しくなります。In adjusted reality, the customer might still be involved, but the feedback loop is tighter. 調整現実を取り入れた工場の生産現場で、あるデバイスが組み立てラインのどこかにある重要な機械の過熱を検出したとします。On an adjusted reality factory floor, one device might detect overheating in a vital machine somewhere along the assembly line. 生産現場の別の場所で、別のデバイスが生産速度を少し落としてその機械を冷却できるようにし、状況が解決されたら元のペースに戻します。Somewhere else on the floor, a second device then slows production slightly to allow the machine to cool and then resume full pace when the condition is resolved. この場合、顧客は間接的な参加者です。In this situation, the customer is a second-hand participant. 顧客はアプリケーションを使用してルールを設定し、それらのルールが生産に与えた影響を理解することができますが、フィードバック ループにはルールは不要です。The customer uses your application to set the rules and understand how those rules have affected production, but they're not necessary to the feedback loop.

Azure モノのインターネット (IoT) ソリューションAzure SphereAzure Kinect DK で説明した Azure サービスは、それぞれ調整現実ソリューションの構成要素になる可能性があります。The Azure services described in Azure Internet of Things (IoT) solutions, Azure Sphere, and Azure Kinect DK can all be components of an adjusted reality solution. 元のアプリケーションとビジネス ロジックは、環境の入力と物理環境で行う必要がある変更の間を仲介する役割を果たします。Your original application and business logic would then serve as the intermediary between the environmental input and the change that should be made in the physical environment.

デジタル ツインは調整現実のもう 1 つの例です。A digital twin is another example of adjusted reality. この用語は、コンピューター、モバイル、または複合現実の形式で提示される、物理デバイスのデジタル表現を指します。This term refers to a digital representation of a physical device, presented through computer, mobile, or mixed-reality formats. 洗練された 3D モデルとは異なり、デジタル ツインは、物理的環境で実際のデバイスから収集されたデータを反映します。Unlike less sophisticated 3D models, a digital twin reflects data collected from an actual device in the physical environment. このソリューションにより、ユーザーは現実世界では不可能な方法でデジタル表現を操作できます。This solution allows the user to interact with the digital representation in ways that could never be done in the real world. このアプローチでは、物理デバイスによって複合現実環境が調整されます。In this approach, physical devices adjust a mixed reality environment. ただし、このソリューションは統合現実ソリューションから引き続きデータを収集し、そのデータを使用して顧客の現在の環境の現実を形成します。However, the solution still gathers data from an integrated reality solution and uses that data to shape the reality of the customer's current surroundings.

Azure では、デジタル ツインは Azure Digital Twins という名称のサービスから作成され、アクセスされます。In Azure, digital twins are created and accessed through a service called Azure Digital Twins.

次のステップNext steps

自分のソリューションに適したデバイス操作とアンビエント エクスペリエンスについて理解を深めたら、イノベーションの最後の規範である「予測と影響」に進むことができます。Now that you have a deeper understanding of device interactions and the ambient experience that's right for your solution, you're ready to explore the final discipline of innovation, predict and influence.