Azure Spatial Anchors の概要Azure Spatial Anchors overview

Azure Spatial Anchors へようこそ。Welcome to Azure Spatial Anchors. Azure Spatial Anchors は、空間を認識する複合現実アプリケーションのビルドに不可欠な機能を開発者に提供します。Azure Spatial Anchors empowers developers with essential capabilities to build spatially aware mixed reality applications. これらのアプリケーションでは、Microsoft HoloLens、ARKit をサポートする iOS ベースのデバイス、および ARCore をサポートする Android ベースのデバイスをサポートできます。These applications may support Microsoft HoloLens, iOS-based devices supporting ARKit, and Android-based devices supporting ARCore. Azure Spatial Anchors によって、開発者は、複合現実プラットフォームで作業を行って、空間の認識、正確な関心ポイントの指定、およびサポートされているデバイスからのこれらの関心ポイントの再呼び出しを実行できます。Azure Spatial Anchors enables developers to work with mixed reality platforms to perceive spaces, designate precise points of interest, and to recall those points of interest from supported devices. これらの正確な関心ポイントは、空間アンカーと呼ばれます。These precise points of interest are referred to as Spatial Anchors.

クロス プラットフォーム

Examples

空間アンカーによって可能になるユース ケースの例には、以下が含まれます。Some example use cases enabled by Spatial Anchors include:

  • マルチユーザー エクスペリエンスMulti-user experiences. Azure Spatial Anchors によって、同じ場所にいるユーザーがマルチユーザー対応複合現実アプリケーションに簡単にアクセスできます。Azure Spatial Anchors makes it easy for people in the same place to participate in multi-user mixed reality applications. たとえば、仮想チェス ボードをテーブルに置くことで、2 人のユーザーが複合現実チェス ゲームを開始できます。For example, two people can start a game of mixed reality chess by placing a virtual chess board on a table. その後、テーブルで各自のデバイスをポイントすることで、仮想チェス ボードを一緒に見ながら対戦できます。Then, by pointing their device at the table, they can view and interact with the virtual chess board together.

  • 道案内Way-finding. 開発者は、空間アンカーをつなげて、それらの間にリレーションシップを作成することもできます。Developers can also connect Spatial Anchors together creating relationships between them. たとえば、あるタスクを完了するためにユーザーが対話する必要がある 2 つまたは 3 つの関心ポイントがあるエクスペリエンスをアプリに含めることができます。For example, an app may include an experience that has two or more points of interest that a user must interact with to complete a task. これらの関心ポイントをつなげるように作成できます。Those points of interest can be created in a connected fashion. その後、アプリでは、ユーザーがマルチステップ タスクを完了すると、現在のアンカーの近くにあるアンカーが要求され、タスクの次の手順にユーザーを案内することができます。Later, when the user is completing the multi-step task, the app can ask for anchors that are nearby the current one to direct the user towards the next step in the task.

  • 仮想コンテンツの現実世界での永続化Persisting virtual content in the real-world. あるユーザーが仮想カレンダーを会議室の壁に配置し、他のユーザーがフォン アプリまたは HoloLens デバイスを使用してそれを見ることができるようにするアプリが可能です。An app can let a user place a virtual calendar on a conference room wall, that people can see using a phone app or a HoloLens device. 労働環境では、ユーザーは、サポートされているデバイス カメラを機械に向けることで、コンテキスト情報を受け取ることができます。In an industrial setting, a user could receive contextual information about a machine by pointing a supported device camera at it.

Azure Spatial Anchors は、サポート対象のデバイス プラットフォーム用のマネージド サービスとクライアント SDK で構成されています。Azure Spatial Anchors is composed of a managed service and client SDKs for supported device platforms. 以下のセクションで、Azure Spatial Anchors を使用するアプリのビルドの開始に関する情報を提供します。The following sections provide information about getting started with building apps using Azure Spatial Anchors.

次のステップNext steps

Azure Spatial Anchors を使用して初めてのアプリを作成します。Create your first app with Azure Spatial Anchors.