レプリケーションが移行プロセスで果たす役割What role does replication play in the migration process?

オンプレミスのデータセンターは、サーバー、アプライアンス、ネットワーク デバイスなどの物理的資産で満たされています。On-premises datacenters are filled with physical assets like servers, appliances, and network devices. しかし、各サーバーは物理的なシェルにすぎません。However, each server is only a physical shell. 実際に価値を生み出すのはサーバー上で実行されるバイナリです。The real value comes from the binary running on the server. アプリケーションとデータはデータセンターの目的です。The applications and data are the purpose for the datacenter. それらは移行する主要なバイナリです。Those are the primary binaries to migrate. これらのアプリケーションやデータ ストアを支えているのは、オペレーティング システム、ネットワーク ルート、ファイル、セキュリティ プロトコルなど、他のデジタル資産やバイナリ ソースです。Powering these applications and data stores are other digital assets and binary sources, like operating systems, network routes, files, and security protocols.

レプリケーションは移行作業の主力です。Replication is the workhorse of migration efforts. さまざまなバイナリの特定時点のバージョンをコピーするプロセスです。It is the process of copying a point-in-time version of various binaries. その後、バイナリのスナップショットが新しいプラットフォームにコピーされ、_シーディング_と呼ばれるプロセスで新しいハードウェアにデプロイされます。The binary snapshots are then copied to a new platform and deployed onto new hardware, in a process referred to as seeding. 正しく実行されれば、シードされたバイナリのコピーは、古いハードウェア上の元のバイナリと同じように動作するはずです。When executed properly, the seeded copy of the binary should behave identically to the original binary on the old hardware. ただし、バイナリのそのスナップショットはすぐに古くなり、元のソースと整合しなくなります。However, that snapshot of the binary is immediately out of date and misaligned with the original source. 新旧バイナリの整合を維持するために、_同期_と呼ばれるプロセスで、新しいプラットフォームに保存されているコピーを継続的に更新します。To keep the new binary and the old binary aligned, a process referred to as synchronization continuously updates the copy stored in the new platform. 選択した昇格モデルに従って資産が昇格させられるまで、同期は継続します。Synchronization continues until the asset is promoted in alignment with the chosen promotion model. その時点で同期は終了します。At that point, the synchronization is severed.

レプリケーションに必要な前提条件Required prerequisites to replication

レプリケーションの前に、新しいプラットフォームとハードウェアで、バイナリのコピーを受け取るための準備をする必要があります。Prior to replication, the new platform and hardware must be prepared to receive the binary copies. 前提条件に関する記事では、バイナリのレプリカを受け取るための安全で、堅牢な、高パフォーマンスのプラットフォームを作成するために役立つ最低限の環境要件について説明しています。The article on prerequisites outlines minimum environment requirements to help create a safe, robust, high-performance platform to receive the binary replicas.

レプリケーションと同期のために_ソース バイナリ_も準備する必要があります。The source binaries must also be prepared for replication and synchronization. 評価、アーキテクチャ、修復に関する記事ではそれぞれ、レプリケーションと同期のためにソース バイナリの準備ができていることを確認するために必要なアクションについて説明しています。The articles on assessment, architecture, and remediation each address the actions necessary to ensure that the source binary is ready for replication and synchronization.

レプリケーションと同期のプロセスを実行し、管理するためには、新しいプラットフォームおよびソース バイナリと整合する_ツールチェーン_を実装する必要があります。A toolchain that aligns with the new platform and source binaries must be implemented to execute and manage the replication and synchronization processes. レプリケーションのオプションに関する記事では、Azure への移行に役立つさまざまなツールについて説明しています。The article on replication options outlines various tools that could contribute to a migration to Azure.

レプリケーションのリスク - レプリケーションの物理的特性Replication risks - physics of replication

新しい場所へのバイナリ ソースのレプリケーションを計画するとき、計画から実行までの間に、いくつかの基本的な法則を慎重に検討する必要があります。When planning for the replication of any binary source to a new destination, there are a few fundamental laws to seriously consider during planning and execution.

  • 光の速さ。Speed of light. 大量のデータを移動する場合、ファイバーは今でも最も高速なオプションです。When moving high volumes of data, fiber is still the fastest option. 残念ながら、これらのケーブルは光の 3 分の 2 の速さでしかデータを移動できません。Unfortunately, those cables can only move data at two-thirds the speed of light. つまり、瞬間的または無制限にデータを複製する方法はありません。This means that there is no method for instantaneous or unlimited replication of data.
  • WAN パイプラインの速度。Speed of WAN pipeline. データ移動の速度よりも重要なのはアップリンク帯域幅です。これは、会社の既存の WAN 経由でターゲットのデータセンターに伝送できる 1 秒あたりのデータ量を定義します。More consequential than the speed of data movement is the uplink bandwidth, which defines the volume of data per second that can be carried over a company's existing WAN to the target datacenter.
  • WAN 拡張のスピード。Speed of WAN expansion. 予算が許せば、会社の WAN ソリューションにさらに帯域幅を追加できます。If budgets allow, additional bandwidth can be added to a company's WAN solution. ただし、追加のファイバー接続を調達し、プロビジョニングし、統合するのに数週間から数か月かかることがあります。However, it can take weeks or months to procure, provision, and integrate additional fiber connections.
  • ディスクの速度。Speed of disks. データの移動を高速化でき、ソース バイナリとターゲットの場所の間で帯域幅の制限がないとしても、物理的特性がやはり制限要因となります。If data could move faster and there was no limit to the bandwidth between the source binary and the target destination, physics would still be a limiter. データはソース ディスクからの読み取りと同じ速さでしか複製できません。Data can be replicated only as quickly as it can be read from source disks. データセンター内のすべてのスピン ディスクからすべての 1 または 0 を読み取るには時間がかかります。Reading every one or zero from every spinning disk in a datacenter takes time.
  • 人間の計算速度。Speed of human calculations. ディスクや光の移動は人間の意思決定プロセスより高速です。Disks and light move faster than human decision processes. 人間のグループが共同作業によって意思決定する必要がある場合、結果が出るまでさらに時間がかかります。When a group of humans is required to collaborate and make decisions together, the results will come even more slowly. レプリケーションは人間の知性に関連した遅延までは克服できません。Replication can never overcome delays related to human intelligence.

これらの物理法則はそれぞれ、移行計画によく影響を与える以下のリスクを引き起こします。Each of these laws of physics drive the following risks that commonly affect migration plans:

  • レプリケーション時間。Replication time. レプリケーションには時間と帯域幅が必要です。Replication requires time and bandwidth. バイナリの複製にかかる時間を反映した現実的なタイムラインを計画に含める必要があります。Plans should include realistic timelines that reflect the amount of time it takes to replicate binaries. _利用可能な移行帯域幅の合計_は、より優先度の高い他のビジネス ニーズによって使用されないアップバウンド帯域幅の量であり、測定単位はメガビット/秒 (Mbps) またはギガビット/秒 (Gbps) です。Total available migration bandwidth is the amount of up-bound bandwidth, measured in megabits per second (Mbps) or gigabits per second (Gbps), that is not consumed by other higher priority business needs. _移行ストレージの合計_は、移行するすべての資産のスナップショットを保存するために必要なディスク容量の合計であり、測定単位はギガバイトまたはテラバイトです。Total migration storage is the total disk space, measured in gigabytes or terabytes, required to store a snapshot of all assets to be migrated. 当初の推定時間は、_移行ストレージの合計_を_利用可能な移行帯域幅の合計_で割ることで計算できます。An initial estimate of time can be calculated by dividing the total migration storage by total available migration bandwidth. ビットからバイトへの変換に注意してください。Note the conversion from bits to bytes. より正確な時間の計算については、次の項目「ディスク ドリフトの累積効果」を参照してください。See the following entry, "cumulative effect of disk drift," for a more accurate calculation of time.
  • ディスク ドリフトの累積的な影響。Cumulative effect of disk drift. レプリケーションの時点から資産を実稼働に昇格するまで、ソース バイナリと複製先バイナリの同期を維持する必要があります。From the point of replication to the promotion of an asset to production, the source and destination binaries must remain synchronized. バイナリへのすべての変更を定期的に複製する必要があるため、バイナリの_ドリフト_は追加の帯域幅を消費します。Drift in binaries consumes additional bandwidth, as all changes to the binary must be replicated on a recurring basis. 同期中は、すべてのバイナリ ドリフトを、移行ストレージの合計の計算に含める必要があります。During synchronization, all binary drift must be included in the calculation for total migration storage. 資産を実稼働に昇格させるまで時間がかかればかかるほど、より多くの累積的ドリフトが発生します。The longer it takes to promote an asset to production, the more cumulative drift will occur. 同期する資産が多ければ多いほど、より多くの帯域幅が消費されます。The more assets being synchronized, the more bandwidth consumed. 各アセットの同期状態が保たれている間は、利用可能な移行帯域幅の合計のうち失われる部分が少し多くなります。With each asset being held in a synchronization state, a bit more of the total available migration bandwidth is lost.
  • ビジネスの変更までの時間。Time to business change. 前述のように、同期時間は移行速度に累積的な悪影響を及ぼします。As mentioned previously, synchronization time has a cumulative negative effect on migration speed. 移行バックログの優先順位付けと、ビジネス変更計画の事前準備は、移行の速度を決定的に左右します。Prioritization of the migration backlog and advanced preparation for the business change plan are crucial to the speed of migration. 移行作業中、ビジネスと技術の整合性にとって最も重要な試金石は、昇格のペースです。The most significant test of business and technical alignment during a migration effort is the pace of promotion. 資産を実稼働に早く昇格できればできるほど、ディスク ドリフトが帯域幅に及ぼす影響が低減し、次のワークロードの複製に割り当てることができる帯域幅/時間が増加します。The faster an asset can be promoted to production, the less impact disk drift will have on bandwidth and the more bandwidth/time that can be allocated to replication of the next workload.

次のステップNext steps

レプリケーションが完了した後は、ステージング アクティビティを開始できます。After replication is complete, staging activities can begin.