クラウドのセンター オブ エクセレンス (CCoE) 機能Cloud center of excellence (CCoE) functions

ビジネスと技術の機敏性は、ほとんどの IT 組織の中核となる目標です。Business and technical agility are core objectives of most IT organizations. クラウドのセンター オブ エクセレンス (CCoE) は、速度と安定性のバランスを取る機能です。A cloud center of excellence (CCoE) is a function that creates a balance between speed and stability.

機能の構造Function structure

CCoE モデルには、以下のそれぞれの間のコラボレーションが必要です。A CCoE model requires collaboration between each of the following:

  • クラウド導入 (具体的には、ソリューション アーキテクト)Cloud adoption (specifically solution architects)
  • クラウド戦略 (具体的には、プログラム マネージャーとプロジェクト マネージャー)Cloud strategy (specifically the program and project managers)
  • クラウド ガバナンスCloud governance
  • クラウド プラットフォームCloud platform
  • クラウド自動化Cloud automation

影響とカルチャの変更Impact and cultural change

この機能が正しく構成およびサポートされている場合、参加者は、変更の全体的なコストを削減し、ビジネスの機敏性を向上させながら、イノベーションと移行の作業を加速できます。When this function is properly structured and supported, the participants can accelerate innovation and migration efforts while reducing the overall cost of change and increasing business agility. 正常に実装されている場合、この機能によって市場投入までの時間を顕著に短縮できます。When successfully implemented, this function can produce noticeable reductions in time-to-market. チームの訓練が成熟するにつれて、信頼性、パフォーマンス効率、セキュリティ、保守容易性、顧客満足度などの品質指標が向上します。As team practices mature, quality indicators will improve, including reliability, performance efficiency, security, maintainability, and customer satisfaction. こうした効率性、機敏性、品質の向上は、企業が大規模なクラウド移行作業の実装を計画する場合、またはクラウドを使用して市場での差別化に関連付けられているイノベーションを推進したい場合に特に重要です。These gains in efficiency, agility, and quality are especially vital if the company plans on implementing large-scale cloud migration efforts or has a desire to use the cloud to drive innovations associated with market differentiation.

成功すると、CCoE モデルによって IT 部門内に大きな文化的変化が生み出されます。When successful, a CCoE model will create a significant cultural shift in IT. CCoE アプローチの基本前提は、IT 部門がビジネスに対するブローカー、パートナー、または担当者の役割を果たすことです。The fundamental premise of a CCoE approach is that IT serves as a broker, partner, or representative to the business. このモデルは、ビジネスと IT 資産の間の操作ユニットまたは抽象化レイヤーとしての従来の IT の見方からのパラダイム シフトです。This model is a paradigm shift away from the traditional view of IT as an operations unit or abstraction layer between the business and IT assets.

次の図に、このカルチャの変更の例を示します。The following image provides an analogy for this cultural change. CCoE アプローチがないと、IT 部門はコントロールと一元的な責任の提供に重点を置き、交差点の信号のように振る舞う傾向があります。Without a CCoE approach, IT tends to focus on providing control and central responsibility, acting like the stoplights at an intersection. CCoE が成功している場合は、自由度と委任された責任に重点が置かれ、これはむしろ環状交差点に似ています。When the CCoE is successful, the focus is on freedom and delegated responsibility, which is more like a roundabout at an intersection.

CCoE パラダイム シフトの例

上の例の図に示されているアプローチはどちらかが正しくどちらかが間違っているわけではなく、責任と管理の別の見方にすぎません。Neither of the approaches illustrated in the analogy image above is right or wrong, they're just alternative views of responsibility and management. 事業単位が一連のガイドラインと確立された反復的なコントロールに従いつつ自身の決定を行えるセルフサービス モデルを確立することが望ましい場合は、CCoE モデルがテクノロジ戦略に適合する可能性があります。If the desire is to establish a self-service model that allows business units to make their own decisions while adhering to a set of guidelines and established, repeatable controls, then a CCoE model could fit within the technology strategy.

主な責務Key responsibilities

CCoE チームの主要な職務は、クラウドネイティブまたはハイブリッド ソリューションを通じてクラウド導入を加速することです。The primary duty of the CCoE team is to accelerate cloud adoption through cloud-native or hybrid solutions.

CCoE の目的は次のとおりです。The objective of the CCoE is to:

  • アジャイル アプローチを通じてモダンな IT 組織を構築し、ビジネス要件を取り込んで実装することを支援します。Help build a modern IT organization through agile approaches to capture and implement business requirements.
  • セキュリティ、コンプライアンス、サービス管理ポリシーに合致する再利用可能な展開パッケージを使用します。Use reusable deployment packages that align with security, compliance, and service management policies.
  • 操作手順に従って機能的な Azure プラットフォームを維持します。Maintain a functional Azure platform in alignment with operational procedures.
  • クラウドネイティブ ツールの使用をレビューおよび承認します。Review and approve the use of cloud-native tools.
  • 一般的に必要なプラットフォーム コンポーネントとソリューションを徐々に標準化および自動化します。Over time, standardize and automate commonly needed platform components and solutions.

ミーティングの頻度Meeting cadence

CCoE は、需要が高い 4 つのチームによって運営される機能です。The CCoE is a function staffed by four high demand teams. 有機的なコラボレーションに対応し、共通リポジトリ/ソリューション カタログを通じて成長を追跡することが重要です。It is important to allow for organic collaboration and track growth through a common repository/solution catalog. 自然な対話は最大化しますが、会議は最小限に抑えます。Maximize natural interactions, but minimize meetings. この機能が成熟したら、チームは専用の会議を制限するように試みる必要があります。When this function matures, the teams should try to limit dedicated meetings. クラウド導入チームが主催するリリース会議と同様に、定例会議への出席によってデータ入力を提供します。Attendance at recurring meetings, like release meetings hosted by the cloud adoption team, will provide data inputs. 並行して、各リリース計画の共有後の会議から、このチームとの最小限の接点が得られます。In parallel, a meeting after each release plan is shared can provide a minimum touch point for this team.

ソリューションとコントロールSolutions and controls

CCoE の各メンバーは、現在の IT コントロール セットの原因となった必要な制約、リスク、保護を理解する任務を与えられます。Each member of the CCoE is tasked with understanding the necessary constraints, risks, and protections that led to the current set of IT controls. CCoE の集団的努力により、その理解をクラウドネイティブ (またはハイブリッド) のソリューションまたはコントロールに変える必要があります。これにより、目的のセルフサービスのビジネス成果が有効になります。The collective efforts of the CCoE should turn that understanding into cloud-native (or hybrid) solutions or controls, which enable the desired self-service business outcomes. 作成されたソリューションは、さまざまな作業に対するガードレールとして機能するコントロールまたは自動プロセスの形式でさまざまなチームと共有されます。As solutions are created, they're shared with various teams in the form of controls or automated processes that serve as guardrails for various efforts. これらのガードレールは、さまざまな移行またはイノベーションの取り組みへの参加者に責任を委任しながら、さまざまなチームの自由なアクティビティの経路を指定するのに役立ちます。Those guardrails help to route the free-flowing activities of various teams, while delegating responsibilities to the participants in various migration or innovation efforts.

この切り替えの例:Examples of this transition:

シナリオScenario 事前 CCoE ソリューションPre-CCoE solution 事後 CCoE ソリューションPost-CCoE solution
運用 SQL Server のプロビジョニングProvision a production SQL Server ネットワーク、IT、データ プラットフォームの各チームは、数日または数週間にわたってさまざまなコンポーネントをプロビジョニングします。Network, IT, and data platform teams provision various components over the course of days or even weeks. サーバーを必要とするチームは、Azure SQL Database の PaaS インスタンスをデプロイします。The team requiring the server deploys a PaaS instance of Azure SQL Database. または、承認済みのテンプレートを使用して、すべての IaaS 資産をクラウドに数時間でデプロイできます。Alternatively, a preapproved template could be used to deploy all of the IaaS assets to the cloud in hours.
開発環境のプロビジョニングProvision a development environment ネットワーク、IT、開発、DevOps の各チームは、仕様に同意し、環境をデプロイします。Network, IT, development, and DevOps teams agree to specs and deploy an environment. 開発チームは、独自の仕様を定義し、割り当てられた予算に基づいて環境をデプロイします。The development team defines their own specs and deploys an environment based on allocated budget.
データ保護を向上させるためのセキュリティ要件の更新Update security requirements to improve data protection ネットワーク、IT、セキュリティの各チームは、保護を追加するために複数の環境にわたってさまざまなネットワーク デバイスと VM を更新します。Networking, IT, and security teams update various networking devices and VMs across multiple environments to add protections. クラウド ガバナンス ツールを使用して、すべてのクラウド環境内のすべての資産にすぐに適用できるポリシーを更新します。Cloud governance tools are used to update policies that can be applied immediately to all assets in all cloud environments.

ネゴシエーションNegotiations

すべての CCoE 作業の根本は、継続的なネゴシエーション プロセスです。At the root of any CCoE effort is an ongoing negotiation process. CCoE チームは、既存の IT 部門とネゴシエートして一元管理を縮小します。The CCoE team negotiates with existing IT functions to reduce central control. このネゴシエーションにおけるビジネス上のトレードオフは、自由度、機敏性、スピードです。The trade-offs for the business in this negotiation are freedom, agility, and speed. 既存の IT チームにとってのトレードオフの価値は、新しいソリューションとして提供されます。The value of the trade-off for existing IT teams is delivered as new solutions. 新しいソリューションでは、次のメリットの 1 つ以上を既存の IT チームに提供します。The new solutions provide the existing IT team with one or more of the following benefits:

  • 一般的な問題を自動化する機能。Ability to automate common issues.
  • 一貫性の向上 (日常的な不満の低減)。Improvements in consistency (reduction in day-to-day frustrations).
  • 新しい技術的なソリューションを学んでデプロイする機会。Opportunity to learn and deploy new technical solutions.
  • 重大度が高いインシデントの削減 (すばやい修正や深夜のポケットベルへの応答義務の削減)。Reductions in high severity incidents (fewer quick fixes or late-night pager-duty responses).
  • 技術的なスコープを広げて、より広範なトピックに対処する機能。Ability to broaden their technical scope, addressing broader topics.
  • 上位レベルのビジネス ソリューションへの参加によるテクノロジの影響への対処。Participation in higher-level business solutions, addressing the impact of technology.
  • 単調なメンテナンス タスクの削減。Reduction in menial maintenance tasks.
  • テクノロジ戦略と自動化の向上。Increase in technology strategy and automation.

これらのメリットと引き換えに、既存の IT 部門は、現実か認識かにかかわらず、次の価値を取引できます。In exchange for these benefits, the existing IT function may be trading the following values, whether real or perceived:

  • 手動の承認プロセスからのコントロール感。Sense of control from manual approval processes.
  • 変更制御からの安定感。Sense of stability from change control.
  • 必要で反復的なタスクの完了からの職務的安心感。Sense of job security from completion of necessary yet repetitive tasks.
  • 既存の IT ソリューション ベンダーへの忠実性に由来する調和感。Sense of consistency that comes from adherence to existing IT solution vendors.

クラウドを検討している健全な企業では、このネゴシエーション プロセスは、ピアと提携 IT チーム間の動的な会話です。In healthy cloud-forward companies, this negotiation process is a dynamic conversation between peers and partnering IT teams. 技術的な詳細は複雑な場合がありますが、IT 部門が目的を理解し、CCoE の取り組みに協力的であれば、管理可能です。The technical details may be complex, but are manageable when IT understands the objective and is supportive of the CCoE efforts. IT 部門が協力的ではない場合は、CCoE 成功の実現に関する次のセクションが、文化的な阻害要因の克服に役立ちます。When IT is less than supportive, the following section on enabling CCoE success can help overcome cultural blockers.

CCoE の成功を有効にするEnable CCoE success

このモデルを使用して先に進む前に、成長の思考様式に対する会社の許容度と一元的な責任の解放による IT 部門の快適性を検証することが重要です。Before proceeding with this model, it is important to validate the company's tolerance for a growth mindset and IT's comfort with releasing central responsibilities. 前述のとおり、CCoE の目的は、機敏性とスピードのコントロールの交換です。As mentioned above, the purpose of a CCoE is to exchange control for agility and speed.

この種の変更は、時間、実験、ネゴシエーションを要します。This type of change takes time, experimentation, and negotiation. この成熟プロセス中には悪路や後退があります。There will be bumps and set backs during this maturation process. ただし、チームが勤勉であり続け、実験をやめさせるような要因がないのであれば、機敏性、スピード、信頼性を高めることに成功する可能性が高くなります。But if the team stays diligent and isn't discouraged from experimentation, there is a high probability of success in improving agility, speed, and reliability. CCoE の成功または失敗の最大要因の 1 つは、リーダーシップと主要利害関係者からのサポートです。One of the biggest factors in success or failure of a CCoE is support from leadership and key stakeholders.

主要利害関係者Key stakeholders

IT リーダーは、最初の最も明白な利害関係者です。IT leadership is the first and most obvious stakeholder. IT マネージャーは重要な役割を果たします。IT managers will play an important part. ただし、このプロセス中には CIO やその他の経営幹部レベルの IT リーダーのサポートが必要です。But the support of the CIO and other executive-level IT leaders is needed during this process.

それほど明白でないのはビジネス利害関係者のニーズです。Less obvious is the need for business stakeholders. ビジネスの機敏性と市場投入までの時間は、CCoE 構成に対する主要な動機です。Business agility and time-to-market are key motivations for CCoE formation. そのため、主要利害関係者は、これらの領域に強い関心を持っているはずです。As such, the key stakeholders should have a vested interest in these areas. ビジネス利害関係者の例として、基幹業務のリーダー、財務担当幹部、経営幹部、ビジネス製品所有者があります。Examples of business stakeholders include line-of-business leaders, finance executives, operations executives, and business product owners.

ビジネス利害関係者のサポートBusiness stakeholder support

CCoE 作業は、ビジネス利害関係者からサポートによって加速できます。CCoE efforts can be accelerated with support from the business stakeholders. CCoE 作業のフォーカスの大部分は、ビジネスの機敏性とスピードに対する長期的な改善を中心とします。Much of the focus of CCoE efforts is centered around making long-term improvements to business agility and speed. 現在の運用モデルの影響と改善の価値の定義は、CCoE に関するガイドおよびネゴシエーション ツールとして役立ちます。Defining the impact of current operating models and the value of improvements is valuable as a guide and negotiation tool for the CCoE. CCoE サポートに対して次の項目を文書化することをお勧めします。Documenting the following items is suggested for CCoE support:

  • ビジネスの機敏性とスピードの結果として期待される一連のビジネス成果と目標を設定します。Establish a set of business outcomes and goals that are expected as a result of business agility and speed.
  • 現在の IT プロセスによって作成される問題点を明確化します (スピード、機敏性、安定性、コストの課題など)。Clearly define pain points created by current IT processes (such as speed, agility, stability, and cost challenges).
  • これらの問題点のこれまでの影響を明確化します (失ったマーケット シェア、機能における競合他社の利益、質の悪いカスタマー エクスペリエンス、予算の増加など)。Clearly define the historical impact of those pain points (such as lost market share, competitor gains in features and functions, poor customer experiences, and budget increases).
  • 現在の問題点と運用モデルによって阻害されているビジネス改善の機会を定義します。Define business improvement opportunities that are blocked by the current pain points and operating models.
  • それらの機会に関連するタイムラインとメトリックを設定します。Establish timelines and metrics related to those opportunities.

これらのデータ ポイントは IT に対する攻撃ではありません。These data points are not an attack on IT. 代わりに、CCoE が過去から学び、改善について現実的なバックログと計画を設定するのに役立ちます。Instead, they help CCoE learn from the past and establish a realistic backlog and plan for improvement.

継続的なサポートとエンゲージメント: CCoE チームは、一部の領域ではすぐに効果を示すことができます。Ongoing support and engagement: CCoE teams can demonstrate quick returns in some areas. ただし、ビジネスの機敏性や市場投入までの時間など、より高レベルの目標ははるかに長くかかります。But the higher-level goals, like business agility and time-to-market, can take much longer. 成熟期には、他の IT 作業に重点を置くために CCoE が推奨されなかったり、停止されたりするリスクが高くなります。During maturation, there is a high risk of the CCoE becoming discouraged or being pulled off to focus on other IT efforts.

CCoE 作業の最初の 6 から 9 か月は、ビジネス利害関係者が IT リーダーシップと CCoE との会議を行う時間を毎月割り当てることをお勧めします。During the first six to nine months of CCoE efforts, we recommend that business stakeholders allocate time to meet monthly with the IT leadership and the CCoE. このような会議に正式な儀礼はほとんど不要です。There is little need for formal ceremony to these meetings. CCoE メンバーとそのリーダーに、このプログラムの重要性を再認識させるだけで、CCoE の成功を推進することができます。Simply reminding the CCoE members and their leadership of the importance of this program can go along way to driving CCoE success.

さらに、ビジネス利害関係者には進捗状況と CCoE チームが経験した阻害要因を常に通知することをお勧めします。Additionally, we recommend that the business stakeholders stay informed of the progress and blockers experienced by the CCoE team. その作業の多くは、技術的な細かいことのように見えます。Many of their efforts will seem like technical minutiae. しかし、チームが活力を失ったときや他の優先事項に気を取られているときに関与できるように、ビジネス利害関係者が計画の進行状況を理解することが重要なのです。But it is important for business stakeholders to understand the progress of the plan, so they can engage when the team looses steam or becomes distracted by other priorities.

IT 利害関係者のサポートIT stakeholder support

ビジョンのサポート: CCoE の作業を成功させるには、既存の IT チーム メンバーとのネゴシエーションがかなり必要です。Support the vision: A successful CCoE effort requires a great deal of negotiation with existing IT team members. うまくいけば、すべての IT がソリューションに寄与し、変更に満足します。When done well, all of IT contributes to the solution and feels comfortable with the change. うまくいかなければ、既存の IT チームの一部のメンバーは、さまざまな理由で制御メカニズムの保持を希望する可能性があります。When this is not the case, some members of the existing IT team may want to hold on to control mechanisms for various reasons. そのような状況が発生した場合は、IT 利害関係者のサポートが CCoE の成功に不可欠になります。Support of IT stakeholders will be vital to the success of the CCoE when those situations occur. CCoE の全体的な目標の激励と強化は、適切なネゴシエーションの阻害要因を解決するために重要です。Encouragement and reinforcement of the overall goals of the CCoE is important to resolve blockers to proper negotiation. まれに、CCoE の進行を維持するために IT の利害関係者も介入し、膠着状態や賛否同数を打破することが必要な場合もあります。On rare occasions, IT stakeholders may even need to step in and break up a deadlock or tied vote to keep the CCoE progressing.

フォーカスの維持: CCoE は、リソースに制約がある IT チームにとって重要なコミットメントとなる可能性があります。Maintain focus: A CCoE can be a significant commitment for any resource-constrained IT team. 短期的なプロジェクトから強力なアーキテクトを排除し、長期的な利益に集中すると、CCoE に属していないチーム メンバーに困難が生じる可能性があります。Removing strong architects from short-term projects to focus on long-term gains can create difficulty for team members who aren't part of the CCoE. IT リーダーと IT 利害関係者が CCoE の目標に集中し続けることが重要です。It is important that IT leadership and IT stakeholders stay focused on the goal of the CCoE. CCoE の職務を優先して日常業務の途絶の優先度を下げるには IT リーダーと IT 利害関係者のサポートが必要です。The support of IT leaders and IT stakeholders is required to deprioritize the disruptions of day-to-day operations in favor of CCoE duties.

バッファーの作成: CCoE チームは新しいアプローチを使用して実験します。Create a buffer: The CCoE team will experiment with new approaches. これらのアプローチの一部は、既存の運用または技術上の制約とうまく整合しません。Some of those approaches won't align well with existing operations or technical constraints. 実験が失敗した場合に CCoE が他のチームからの圧力や不服を受けるリスクが実際にあります。There is a real risk of the CCoE experiencing pressure or recourse from other teams when experiments fail. "早い失敗" の学習機会の結果からチームを励ますことと仲介が重要です。Encouragement and buffering the team from the consequences of "fast fail" learning opportunities is important. 同様に、チームが成長の思考様式に対する説明責任を果たし、これらの実験から学んでより優れたソリューションを見つけられるようにすることも重要です。It's equally important to hold the team accountable to a growth mindset, ensuring that they're learning from those experiments and finding better solutions.

次のステップNext steps

CCoE モデルには、クラウド プラットフォーム機能とクラウド自動化機能が必要です。A CCoE model requires cloud platform functions and cloud automation functions. 次の手順は、複数のクラウド プラットフォーム機能を連携させることです。The next step is to align cloud platform functions.

各項目の詳細情報Learn more about: