Speech Service を無料で試すTry the Speech service for free

音声サービスは、低コストで簡単に使うことができます。Using the Speech service is easy and affordable. 無料で利用できるオプションは 2 つあります。そのため、サービスを使って実行できることを確認し、自分のニーズに適しているかどうかを判断することができます。There are two options available free of charge so you can discover what the service can do and decide whether it's right for your needs:

  • クレジット カード情報を指定せずに無料試用版を入手する (既存の Azure アカウントを持っている必要があります)Get a free trial without providing any credit card info (you need to have an existing Azure account)
  • 試用期間中に新しい Azure アカウントを無料で作成する (クレジット カード情報が必要)Create a new Azure account at no charge for a trial period (credit card information required)

この記事では、これらのオプションから自分のニーズに最適なものを選択します。In this article, you'll choose one of these options that suits your needs best.

注意

音声サービスには、無料とサブスクリプションの 2 つのサービス レベルがあります。これには、異なる制限事項と特典があります。The Speech service has two service tiers: free and subscription, which have different limitations and benefits. 無料の Azure アカウントにサインアップすると、最大 30 日間有効な、有料の音声サービス サブスクリプションに充当できる 200 ドルのサービス クレジットが付属しています。When you sign up for a free Azure account it comes with $200 in service credit that you can apply toward a paid Speech service subscription, valid for up to 30 days.

無料の小規模の音声サービス レベルを使用する場合は、無料試用版またはサービス クレジットの有効期限が切れた後でも、この無料のサブスクリプションを保持できます。If you use the free, low-volume Speech service tier you can keep this free subscription even after your free trial or service credit expires.

詳細については、「Cognitive Services の価格 - Speech Services」を参照してください。For more information, see Cognitive Services pricing - Speech service.

クレジット カード情報を使用せずに音声サービスを試すTry the Speech service without credit card info

次のセクションの手順に従って音声サービスを試すことをお勧めしますが、次のような場合には、このセクションの指示に従うことをお勧めします。Although we recommend trying the Speech service using the instructions in the next section, you may prefer this section's instructions if the following applies:

  • アクティブな Azure アカウントを既に所有している。You already have an active Azure account.
  • 新しい Azure アカウントを作成せずに音声サービスを評価する必要がある。You want to evaluate the Speech service without creating a new Azure account.
  • クレジット カードが必要なく、評価期間後にデータを保存しないことを選ぶ。You prefer no credit card be required and no data saved after trial period.

注意

試用期間は、次の手順が完了するとすぐに開始されます。Your trial period starts immediately once the following steps are complete.

  1. Cognitive Services を試す」に移動します。Go to Try Cognitive Service.
  2. [Speech API] タブを選択します。Select the Speech APIs tab.
  3. [API キーの取得] を選択します。Choose Get API Key.

課金の選択肢が表示されます。You'll be presented with billing choices. 無料オプションを選択し、使用許諾を読んで承認します。Choose the free option and then read and approve the user agreement. 期間限定で音声サービスを試すために使用できるキーが表示されます。You'll be presented with keys you can use to try the Speech service for a limited time.

新しい Azure アカウントを使用して音声サービスを試すTry the Speech service using a new Azure account

新しい Azure アカウントにサインアップするには、Microsoft アカウントが必要です。To sign up for a new Azure account, you will need a Microsoft account. Microsoft アカウントがない場合は、Microsoft アカウント ポータルで無料のものにサインアップすることができます。If you do not have a Microsoft account, you can sign up for one free of charge at the Microsoft account portal. [Microsoft アカウントでサインイン] を選択し、サインインを求められたら [Microsoft アカウントの作成] を選択します。Select Sign in with Microsoft and then, when asked to sign in, select Create a Microsoft account. 新しい Microsoft アカウントを作成して確認する手順に従います。Follow the steps to create and verify your new Microsoft account.

Azure アカウントを作成したら、Azure サインアップ ページに移動し、 [無料で始める] を選択し、Microsoft アカウントを使用して新しい Azure アカウントを作成します。Once you have a Microsoft account, go to the Azure sign-up page, select Start free, and create a new Azure account using a Microsoft account.

Azure で Speech リソースを作成するCreate a Speech resource in Azure

注意

Standard レベルのサブスクリプションは、1 つまたは複数のリージョンにいくつでも作成できます。You can create an unlimited number of standard-tier subscriptions in one or multiple regions. ただし、Free レベルのサブスクリプションは 1 つしか作成できません。However, you can create only one free-tier subscription. 7 日間使用されなかった無料レベルのモデル デプロイは、自動的に破棄されます。Model deployments on the free tier that remain unused for 7 days will be decommissioned automatically.

Speech Service リソース (無料または有料レベル) を Azure アカウントに追加するには:To add a Speech service resource (free or paid tier) to your Azure account:

  1. お使いの Microsoft アカウントを使用して Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal using your Microsoft account.

  2. ポータルの左上にある [Create a resource](リソースの作成) を選択します。Select Create a resource at the top left of the portal. [リソースの作成] が表示されない場合は、左上の折りたたまれたメニューを選択することで、いつでも見つけることができます。If you do not see Create a resource, you can always find it by selecting the collapsed menu in the upper left:

    折りたたまれたナビゲーション ボタン

  3. 新規ウィンドウで、検索ボックスに「speech」と入力し、Enter キーを押します。In the New window, type "speech" in the search box and press ENTER.

  4. 検索結果で、 [Speech] を選択します。In the search results, select Speech.

    speech の検索結果

  5. [作成] を選択して、次のことを行います。Select Create, then:

    • 新しいリソースに一意の名前を指定します。Give a unique name for your new resource. この名前は、同じサービスの複数のサブスクリプションを区別するのに役立ちます。The name helps you distinguish among multiple subscriptions to the same service.
    • 新しいリソースが関連付けられている Azure サブスクリプションを選択して、料金の課金方法を決定します。Choose the Azure subscription that the new resource is associated with to determine how the fees are billed.
    • リソースが使用されるリージョンを選択します。Choose the region where the resource will be used.
    • 無料 (F0) または有料 (S0) の価格レベルのどちらかを選択します。Choose either a free (F0) or paid (S0) pricing tier. 各レベルの価格と使用量クォータの完全な情報については、 [価格の詳細を表示] を選択します。For complete information about pricing and usage quotas for each tier, select View full pricing details.
    • この Speech サブスクリプションの新しいリソース グループを作成するか、既存のリソース グループにサブスクリプションを割り当てます。Create a new resource group for this Speech subscription or assign the subscription to an existing resource group. リソース グループは、さまざまな Azure サブスクリプションを整理しておくのに役立ちます。Resource groups help you keep your various Azure subscriptions organized.
    • 作成 を選択します。Select Create. これでデプロイの概要に移動し、デプロイの進行状況を示すメッセージが表示されます。This will take you to the deployment overview and display deployment progress messages.

新しい音声リソースを展開するまでに少し時間がかかります。It takes a few moments to deploy your new Speech resource. デプロイが完了したら、 [リソースに移動] を選択し、左側のナビゲーション ウィンドウで [キー] を選択して、音声サービスのサブスクリプション キーを表示します。Once deployment is complete, select Go to resource and in the left navigation pane select Keys to display your Speech service subscription keys. 各サブスクリプションには 2 つのキーがあります。アプリケーションでどちらのキーを使用しても構いません。Each subscription has two keys; you can use either key in your application. キーをコード エディターやその他の場所にすばやくコピーして貼り付けるには、各キーの横にあるコピー ボタンを選択し、ウィンドウを切り替えてクリップボードの内容を目的の場所に貼り付けます。To quickly copy/paste a key to your code editor or other location, select the copy button next to each key, switch windows to paste the clipboard contents to the desired location.

重要

これらのサブスクリプション キーは、Cognitive Service API にアクセスするために使用されます。These subscription keys are used to access your Cognitive Service API. キーを共有しないでください。Do not share your keys. Azure Key Vault を使用するなどして、安全に保管してください。Store them securely– for example, using Azure Key Vault. これらのキーを定期的に再生成することもお勧めします。We also recommend regenerating these keys regularly. API 呼び出しを行うために必要なキーは 1 つだけです。Only one key is necessary to make an API call. 最初のキーを再生成するときに、2 番目のキーを使用してサービスに継続的にアクセスすることができます。When regenerating the first key, you can use the second key for continued access to the service.

新しいサブスクリプションに切り替えるSwitch to a new subscription

無料試用版の期限が切れたときやアプリケーションを発行するときにサブスクリプションを切り替えるには、コード内のリージョンとサブスクリプション キーを新しい Azure リソースのリージョンとサブスクリプション キーに置き換えます。To switch from one subscription to another, for example when your free trial expires or when you publish your application, replace the region and subscription key in your code with the region and subscription key of the new Azure resource.

リージョンについてAbout regions

  • アプリケーションで Speech SDK を使用する場合、Speech の構成を作成するときに westus などのリージョン コードを指定します。If your application uses a Speech SDK, you provide the region code, such as westus, when creating a speech configuration.
  • アプリケーションで Speech Service の REST API のいずれかを使用する場合、要求を行うときに使用するエンドポイント URI にリージョンが含まれます。If your application uses one of the Speech service's REST APIs, the region is part of the endpoint URI you use when making requests.
  • あるリージョン用に作成されたキーはそのリージョンでのみ有効です。Keys created for a region are valid only in that region. 別のリージョンで使用すると認証エラーが発生します。Attempting to use them with other regions will result in authentication errors.

次の手順Next steps

10 分間のクイック スタートのいずれかを完了するか、SDK のサンプルを確認します:Complete one of our 10-minute quickstarts or check out our SDK samples: