コンテナー インスタンスを Azure 仮想ネットワークにデプロイするDeploy container instances into an Azure virtual network

Azure Virtual Network では、Azure リソースやオンプレミス リソースのセキュアなプライベート ネットワーキングが提供されます。Azure Virtual Network provides secure, private networking for your Azure and on-premises resources. Azure 仮想ネットワークにコンテナー グループをデプロイすれば、それらのコンテナーで、仮想ネットワーク内の他のリソースと安全に通信することができます。By deploying container groups into an Azure virtual network, your containers can communicate securely with other resources in the virtual network.

Azure 仮想ネットワークにデプロイされたコンテナー グループでは、次のようなシナリオに対応できます。Container groups deployed into an Azure virtual network enable scenarios like:

  • 同じサブネット内のコンテナー グループ間での直接的な通信Direct communication between container groups in the same subnet
  • コンテナー インスタンスから、仮想ネットワーク内のデータベースにタスクベースのワークロード出力を送信するSend task-based workload output from container instances to a database in the virtual network
  • 仮想ネットワーク内のサービス エンドポイントから、コンテナー インスタンス用のコンテンツを取得するRetrieve content for container instances from a service endpoint in the virtual network
  • 仮想ネットワーク内の仮想マシンとのコンテナー通信Container communication with virtual machines in the virtual network
  • VPN ゲートウェイまたは ExpressRoute を使用した、オンプレミス リソースとのコンテナー通信Container communication with on-premises resources through a VPN gateway or ExpressRoute

重要

この機能は現在プレビュー段階であり、一定の制限事項が適用されますThis feature is currently in preview, and some limitations apply. プレビュー版は、追加使用条件に同意することを条件に使用できます。Previews are made available to you on the condition that you agree to the supplemental terms of use. この機能の一部の側面は、一般公開 (GA) 前に変更される可能性があります。Some aspects of this feature may change prior to general availability (GA).

仮想ネットワークのデプロイに関する制限事項Virtual network deployment limitations

仮想ネットワークにコンテナー グループをデプロイする場合には、いくつかの制限が適用されます。Certain limitations apply when you deploy container groups to a virtual network.

  • コンテナー グループをサブネットにデプロイする場合、サブネットに他の種類のリソースを含めることはできません。To deploy container groups to a subnet, the subnet cannot contain any other resource types. コンテナー グループをデプロイする前に、既存のサブネットから既存のリソースをすべて削除するか、新しいサブネットを作成してください。Remove all existing resources from an existing subnet prior to deploying container groups to it, or create a new subnet.
  • 仮想ネットワークにデプロイされたコンテナー グループ内でマネージド ID を使用することはできません。You cannot use a managed identity in a container group deployed to a virtual network.
  • 仮想ネットワークにコンテナー グループをデプロイすると、追加のネットワーキング リソースが必要になるため、通常は、標準のコンテナー インスタンスをデプロイする場合よりも若干低速になります。Due to the additional networking resources involved, deploying a container group to a virtual network is typically somewhat slower than deploying a standard container instance.

プレビューの制限事項Preview limitations

この機能はプレビュー段階であるため、仮想ネットワークにコンテナー グループをデプロイする場合には、次の制限が適用されます。While this feature is in preview, the following limitations apply when deploying container groups to a virtual network.

リージョンとリソースの可用性Regions and resource availability

LocationLocation OSOS CPUCPU メモリ (GB)Memory (GB)
北ヨーロッパ、東南アジア、米国中部、米国東部、米国東部 2、米国中南部、米国西部 2North Europe, Southeast Asia, Central US, East US, East US 2, South Central US, West US 2 LinuxLinux 44 1616
西ヨーロッパWest Europe LinuxLinux 44 1414
東日本Japan East LinuxLinux 22 88
米国西部West US LinuxLinux 22 3.53.5
オーストラリア東部、米国中西部Australia East, West Central US LinuxLinux 11 1.51.5

コンテナーのリソース制限は、これらのリージョンでのネットワークに接続されていないコンテナー インスタンスに対する制限とは異なる場合があります。Container resource limits may differ from limits for non-networked container instances in these regions. 現在、この機能でサポートされているのは、Linux コンテナーのみです。Currently only Linux containers are supported for this feature. Windows でのサポートは計画されています。Windows support is planned.

サポートされていないネットワーク シナリオUnsupported networking scenarios

  • Azure Load Balancer - ネットワーク接続されたコンテナー グループ内のコンテナー インスタンスの前に Azure Load Balancer を配置することはサポートされていませんAzure Load Balancer - Placing an Azure Load Balancer in front of container instances in a networked container group is not supported
  • 仮想ネットワーク ピアリング - Azure Container Instances に委任されたサブネットを含む仮想ネットワークを別の仮想ネットワークにピアリングすることはできませんVirtual network peering - You can't peer a virtual network containing a subnet delegated to Azure Container Instances to another virtual network
  • ルート テーブル - Azure Container Instances に委任されたサブネットにユーザー定義のルートを設定することはできませんRoute tables - User-defined routes can't be set up in a subnet delegated to Azure Container Instances
  • ネットワーク セキュリティ グループ - Azure Container Instances に委任されたサブネットに適用された NSG における送信セキュリティ規則は、現在適用されていませんNetwork security groups - Outbound security rules in NSGs applied to a subnet delegated to Azure Container Instances aren't currently enforced
  • パブリック IP または DNS ラベル - 仮想ネットワークにデプロイされたコンテナー グループでは現在、パブリック IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名を使用してコンテナーをインターネットに直接公開することはサポートされていませんPublic IP or DNS label - Container groups deployed to a virtual network don't currently support exposing containers directly to the internet with a public IP address or a fully qualified domain name
  • 内部名前解決 - 内部 Azure DNS を介した仮想ネットワーク内の Azure リソースの名前解決はサポートされていませんInternal name resolution - Name resolution for Azure resources in the virtual network via the internal Azure DNS is not supported

ネットワーク リソースを削除するには、仮想ネットワークにコンテナー グループをデプロイした後で、追加の手順を実行する必要があります。Network resource deletion requires additional steps once you've deployed container groups to the virtual network.

必要なネットワーク リソースRequired network resources

仮想ネットワークにコンテナー グループをデプロイするには、3 つの Azure Virtual Network リソースが必要になります。仮想ネットワーク自体と、仮想ネットワーク内で委任されたサブネット、そしてネットワーク プロファイルです。There are three Azure Virtual Network resources required for deploying container groups to a virtual network: the virtual network itself, a delegated subnet within the virtual network, and a network profile.

仮想ネットワークVirtual network

仮想ネットワークでは、1 つ以上のサブネットを作成するためのアドレス空間が定義されます。A virtual network defines the address space in which you create one or more subnets. これにより、仮想ネットワーク内のサブネットに Azure リソース (コンテナー グループなど) をデプロイできるようになります。You then deploy Azure resources (like container groups) into the subnets in your virtual network.

サブネット (委任して使用)Subnet (delegated)

サブネットは、仮想ネットワークを個別のアドレス空間に分割し、サブネット内に配置された Azure リソースから使用できるようにするものです。Subnets segment the virtual network into separate address spaces usable by the Azure resources you place in them. 仮想ネットワーク内には、1 つ以上のサブネットを作成できます。You create one or several subnets within a virtual network.

コンテナー グループ用に使用するサブネットには、コンテナー グループしか含めることができません。The subnet that you use for container groups may contain only container groups. サブネットに最初のコンテナー グループをデプロイすると、Azure によって、そのサブネットが Azure Container Instances に委任されます。When you first deploy a container group to a subnet, Azure delegates that subnet to Azure Container Instances. 委任されると、サブネットはコンテナー グループ用にしか使用できなくなります。Once delegated, the subnet can be used only for container groups. 委任されたサブネットにコンテナー グループ以外のリソースをデプロイしようとすると、操作が失敗します。If you attempt to deploy resources other than container groups to a delegated subnet, the operation fails.

ネットワーク プロファイルNetwork profile

ネットワーク プロファイルは、Azure リソース用のネットワーク構成テンプレートです。A network profile is a network configuration template for Azure resources. このプロファイルでは、リソースのネットワーク プロパティが指定されます (たとえば、リソースのデプロイ先となるサブネットなど)。It specifies certain network properties for the resource, for example, the subnet into which it should be deployed. 最初に az container create コマンドを使用してコンテナー グループをサブネット (および仮想ネットワーク) にデプロイすると、Azure により、ネットワーク プロファイルが自動的に作成されます。When you first use the az container create command to deploy a container group to a subnet (and thus a virtual network), Azure creates a network profile for you. その後は、そのネットワーク プロファイルを使ってサブネットにリソースをデプロイしていくことができます。You can then use that network profile for future deployments to the subnet.

Resource Manager テンプレート、YAML ファイル、またはプログラムのメソッドを使用して、コンテナー グループをサブネットにデプロイするには、ネットワーク プロファイルの完全な Resource Manager リソース ID を指定する必要があります。To use a Resource Manager template, YAML file, or a programmatic method to deploy a container group to a subnet, you need to provide the full Resource Manager resource ID of a network profile. 以前 az container create を使用して作成したプロファイルを使用することも、Resource Manager テンプレート (テンプレートの例リファレンスを参照) を使用してプロファイルを作成することもできます。You can use a profile previously created using az container create, or create a profile using a Resource Manager template (see template example and reference). 以前作成したプロファイルの ID を取得するには、az network profile list コマンドを使用します。To get the ID of a previously created profile, use the az network profile list command.

次の図では、Azure Container Instances へ委任されたサブネットに、複数のコンテナー グループがデプロイされています。In the following diagram, several container groups have been deployed to a subnet delegated to Azure Container Instances. サブネットにコンテナー グループを 1 つデプロイしたら、同じネットワーク プロファイルを指定して追加のコンテナー グループをデプロイしていくことができます。Once you've deployed one container group to a subnet, you can deploy additional container groups to it by specifying the same network profile.

仮想ネットワーク内のコンテナー グループ

デプロイメント シナリオDeployment scenarios

az container create を使用して、コンテナー グループを新しい仮想ネットワークにデプロイし、必要なネットワーク リソースを Azure で自動的に作成したり、既存の仮想ネットワークにデプロイしたりできます。You can use az container create to deploy container groups to a new virtual network and allow Azure to create the required network resources for you, or deploy to an existing virtual network.

新しい仮想ネットワークNew virtual network

新しい仮想ネットワークにデプロイして、ネットワーク リソースを自動的に作成するには、az container create を実行するときに次の項目を指定します。To deploy to a new virtual network and have Azure create the network resources for you automatically, specify the following when you execute az container create:

  • 仮想ネットワーク名Virtual network name
  • 仮想ネットワーク アドレスのプレフィックス (CIDR 形式)Virtual network address prefix in CIDR format
  • サブネット名Subnet name
  • サブネット アドレスのプレフィックス (CIDR 形式)Subnet address prefix in CIDR format

仮想ネットワークとサブネットのアドレス プレフィックスでは、仮想ネットワークとサブネットそれぞれのアドレス空間を指定します。The virtual network and subnet address prefixes specify the address spaces for the virtual network and subnet, respectively. これらの値は、CIDR (Classless Inter-domain Routing) 表記法で表されます (例: 10.0.0.0/16)。These values are represented in Classless Inter-Domain Routing (CIDR) notation, for example 10.0.0.0/16. サブネットの操作について詳しくは、「仮想ネットワーク サブネットの追加、変更、削除」をご覧ください。For more information about working with subnets, see Add, change, or delete a virtual network subnet.

この方法を使用して最初のコンテナー グループをデプロイした後は、仮想ネットワーク名とサブネット名を指定するか、Azure によって自動作成されたネットワーク プロファイルを指定して、同じサブネットへのデプロイを実行できます。Once you've deployed your first container group with this method, you can deploy to the same subnet by specifying the virtual network and subnet names, or the network profile that Azure automatically creates for you. サブネットは Azure によって Azure Container Instances に委任されるので、サブネットにデプロイできるのは、コンテナー グループのみとなります。Because Azure delegates the subnet to Azure Container Instances, you can deploy only container groups to the subnet.

既存の仮想ネットワークExisting virtual network

コンテナー グループを既存の仮想ネットワークにデプロイするには:To deploy a container group to an existing virtual network:

  1. 既存の仮想ネットワーク内にサブネットを作成するか、既存のサブネットから、他のすべてのリソースを削除しますCreate a subnet within your existing virtual network, or empty an existing subnet of all other resources
  2. az container create を使用してコンテナー グループをデプロイし、次のいずれかを指定します。Deploy a container group with az container create and specify one of the following:
    • 仮想ネットワーク名とサブネット名Virtual network name and subnet name
    • 仮想ネットワーク リソース ID、およびサブネット リソース ID (これにより、別のリソース グループから仮想ネットワークを使用できます)Virtual network resource ID and subnet resource ID, which allows using a virtual network from a different resource group
    • ネットワーク プロファイルの名前または ID (これは、az network profile list を使用して取得できます)Network profile name or ID, which you can obtain using az network profile list

既存のサブネットに最初のコンテナー グループをデプロイすると、Azure によって、そのサブネットが Azure Container Instances に委任されます。Once you deploy your first container group to an existing subnet, Azure delegates that subnet to Azure Container Instances. そのサブネットには、コンテナー グループ以外のリソースをデプロイできなくなります。You can no longer deploy resources other than container groups to that subnet.

デプロイの例Deployment examples

次のセクションでは、Azure CLI を使用して仮想ネットワークにコンテナー グループをデプロイする方法について説明します。The following sections describe how to deploy container groups to a virtual network with the Azure CLI. サンプル コマンドは Bash シェル形式で示してあります。The command examples are formatted for the Bash shell. PowerShell やコマンド プロンプトなど、別のシェルを使用する場合は、行継続文字を適切に調整してください。If you prefer another shell such as PowerShell or Command Prompt, adjust the line continuation characters accordingly.

新しい仮想ネットワークへのデプロイDeploy to a new virtual network

最初に、コンテナー グループをデプロイし、新しい仮想ネットワークとサブネットのパラメーターを指定します。First, deploy a container group and specify the parameters for a new virtual network and subnet. これらのパラメーターを指定すると、Azure によって仮想ネットワークとサブネットが作成され、サブネットが Azure Container instances に委任されて、ネットワーク プロファイルも作成されます。When you specify these parameters, Azure creates the virtual network and subnet, delegates the subnet to Azure Container instances, and also creates a network profile. これらのリソースが作成されると、コンテナー グループがサブネットにデプロイされます。Once these resources are created, your container group is deployed to the subnet.

新しい仮想ネットワークとサブネットの設定を指定して、次の az container create コマンドを実行します。Run the following az container create command that specifies settings for a new virtual network and subnet. リソース グループが、仮想ネットワーク内のコンテナー グループをサポートするリージョンで作成されている場合は、そのリソース グループの名前を指定する必要があります。You need to supply the name of a resource group that was created in a region that supports container groups in a virtual network. このコマンドにより、パブリックの Microsoft aci-helloworld コンテナーがデプロイされます。これは、静的 Web ページを提供する小規模な Node.js Web サーバーを実行するコンテナーです。This command deploys the public Microsoft aci-helloworld container that runs a small Node.js webserver serving a static web page. 次のセクションでは、同じサブネットに 2 つ目のコンテナー グループをデプロイし、2 つのコンテナー インスタンス間の通信をテストします。In the next section, you'll deploy a second container group to the same subnet, and test communication between the two container instances.

az container create \
    --name appcontainer \
    --resource-group myResourceGroup \
    --image mcr.microsoft.com/azuredocs/aci-helloworld \
    --vnet aci-vnet \
    --vnet-address-prefix 10.0.0.0/16 \
    --subnet aci-subnet \
    --subnet-address-prefix 10.0.0.0/24

この方法を使って新しい仮想ネットワークへのデプロイを実行する際には、ネットワーク リソースの作成に数分かかることがあります。When you deploy to a new virtual network by using this method, the deployment can take a few minutes while the network resources are created. 最初のデプロイが済んだら、追加のコンテナー グループはより短時間でデプロイできます。After the initial deployment, additional container group deployments complete more quickly.

既存の仮想ネットワークへのデプロイDeploy to existing virtual network

新しい仮想ネットワークにコンテナー グループをデプロイしたら、次は同じサブネットに 2 つ目のコンテナー グループをデプロイし、2 つのコンテナー インスタンス間の通信を確認します。Now that you've deployed a container group to a new virtual network, deploy a second container group to the same subnet, and verify communication between the two container instances.

まず、デプロイした 1 つ目のコンテナー グループ (appcontainer) の IP アドレスを取得します。First, get the IP address of the first container group you deployed, the appcontainer:

az container show --resource-group myResourceGroup --name appcontainer --query ipAddress.ip --output tsv

出力には、プライベート サブネット内にあるコンテナー グループの IP アドレスが表示されます。The output should display the IP address of the container group in the private subnet:

$ az container show --resource-group myResourceGroup --name appcontainer --query ipAddress.ip --output tsv
10.0.0.4

次に、CONTAINER_GROUP_IPaz container show コマンドで取得した IP アドレスに設定し、次の az container create コマンドを実行します。Now, set CONTAINER_GROUP_IP to the IP you retrieved with the az container show command, and execute the following az container create command. この 2 つ目のコンテナー (commchecker) は、Alpine Linux ベースのイメージを実行し、最初のコンテナー グループのプライベート サブネット IP アドレスに対して wget を実行します。This second container, commchecker, runs an Alpine Linux-based image and executes wget against the first container group's private subnet IP address.

CONTAINER_GROUP_IP=<container-group-IP-here>

az container create \
    --resource-group myResourceGroup \
    --name commchecker \
    --image alpine:3.5 \
    --command-line "wget $CONTAINER_GROUP_IP" \
    --restart-policy never \
    --vnet aci-vnet \
    --subnet aci-subnet

この 2 つ目のコンテナーのデプロイが完了したら、実行された wget コマンドの出力を確認するために、ログを取得します。After this second container deployment has completed, pull its logs so you can see the output of the wget command it executed:

az container logs --resource-group myResourceGroup --name commchecker

2 つ目のコンテナーが最初のコンテナーと正常に通信できた場合、出力は次のようになります。If the second container communicated successfully with the first, output should be similar to:

$ az container logs --resource-group myResourceGroup --name commchecker
Connecting to 10.0.0.4 (10.0.0.4:80)
index.html           100% |*******************************|  1663   0:00:00 ETA

ログ出力を見ると、wget が最初のコンテナーに接続し、ローカル サブネット上のプライベート IP アドレスを使用して、最初のコンテナーからインデックス ファイルをダウンロードできたことがわかります。The log output should show that wget was able to connect and download the index file from the first container using its private IP address on the local subnet. 2 つのコンテナー グループ間のネットワーク トラフィックは、仮想ネットワーク内に維持されたことになります。Network traffic between the two container groups remained within the virtual network.

既存の仮想ネットワークへのデプロイ - YAMLDeploy to existing virtual network - YAML

既存の仮想ネットワークにコンテナー グループをデプロイするのには、YAML ファイルを使用することもできます。You can also deploy a container group to an existing virtual network by using a YAML file. 仮想ネットワーク内のサブネットにデプロイするには、YAML にいくつかの追加プロパティを指定します。To deploy to a subnet in a virtual network, you specify several additional properties in the YAML:

  • ipAddress:コンテナー グループの IP アドレス設定。ipAddress: The IP address settings for the container group.
    • ports:開くポート (もしあれば)。ports: The ports to open, if any.
    • protocol:開いたポートのプロトコル (TCP または UDP)。protocol: The protocol (TCP or UDP) for the opened port.
  • networkProfile:ネットワーク設定 (Azure リソース用の仮想ネットワークとサブネットなど)。networkProfile: Specifies network settings like the virtual network and subnet for an Azure resource.
    • id:networkProfile の完全な Resource Manager リソース ID。id: The full Resource Manager resource ID of the networkProfile.

YAML ファイルを使用して仮想ネットワークにコンテナー グループをデプロイするには、まずネットワーク プロファイルの ID を取得する必要があります。To deploy a container group to a virtual network with a YAML file, you first need to get the ID of the network profile. 仮想ネットワークと委任されたサブネットを含んでいるリソース グループの名前を指定して、az network profile list コマンドを実行します。Execute the az network profile list command, specifying the name of the resource group that contains your virtual network and delegated subnet.

az network profile list --resource-group myResourceGroup --query [0].id --output tsv

コマンドの出力には、ネットワーク プロファイルの完全なリソース ID が表示されます。The output of the command displays the full resource ID for the network profile:

$ az network profile list --resource-group myResourceGroup --query [0].id --output tsv
/subscriptions/<Subscription ID>/resourceGroups/myResourceGroup/providers/Microsoft.Network/networkProfiles/aci-network-profile-aci-vnet-aci-subnet

ネットワーク プロファイル ID が取得できたら、vnet-deploy-aci.yaml という名前の新しいファイルに、次の YAML をコピーします。Once you have the network profile ID, copy the following YAML into a new file named vnet-deploy-aci.yaml. networkProfile で、id の値を先ほど取得した ID に置き換え、ファイルを保存します。Under networkProfile, replace the id value with ID you just retrieved, then save the file. この YAML は、appcontaineryaml という名前のコンテナー グループを仮想ネットワーク内に作成します。This YAML creates a container group named appcontaineryaml in your virtual network.

apiVersion: '2018-09-01'
location: westus
name: appcontaineryaml
properties:
  containers:
  - name: appcontaineryaml
    properties:
      image: mcr.microsoft.com/azuredocs/aci-helloworld
      ports:
      - port: 80
        protocol: TCP
      resources:
        requests:
          cpu: 1.0
          memoryInGB: 1.5
  ipAddress:
    type: Private
    ports:
    - protocol: tcp
      port: '80'
  networkProfile:
    id: /subscriptions/<Subscription ID>/resourceGroups/container/providers/Microsoft.Network/networkProfiles/aci-network-profile-aci-vnet-subnet
  osType: Linux
  restartPolicy: Always
tags: null
type: Microsoft.ContainerInstance/containerGroups

az container create コマンドを使って、--file パラメーターに YAML ファイル名を指定して、コンテナー グループをデプロイします。Deploy the container group with the az container create command, specifying the YAML file name for the --file parameter:

az container create --resource-group myResourceGroup --file vnet-deploy-aci.yaml

デプロイが完了したら、az container show コマンドを実行して状態を表示します。Once the deployment has completed, run the az container show command to display its status:

$ az container show --resource-group myResourceGroup --name appcontaineryaml --output table
Name              ResourceGroup    Status    Image                                       IP:ports     Network    CPU/Memory       OsType    Location
----------------  ---------------  --------  ------------------------------------------  -----------  ---------  ---------------  --------  ----------
appcontaineryaml  myResourceGroup  Running   mcr.microsoft.com/azuredocs/aci-helloworld  10.0.0.5:80  Private    1.0 core/1.5 gb  Linux     westus

リソースのクリーンアップClean up resources

コンテナー インスタンスの削除Delete container instances

作成したコンテナー インスタンスの操作が完了したら、次のコマンドを使ってそれらを削除します。When you're done working with the container instances you created, delete them with the following commands:

az container delete --resource-group myResourceGroup --name appcontainer -y
az container delete --resource-group myResourceGroup --name commchecker -y
az container delete --resource-group myResourceGroup --name appcontaineryaml -y

ネットワーク リソースの削除Delete network resources

注意

ネットワーク プロファイルを削除しようとしているときにエラーが発生した場合は、プラットフォームが自動的に問題を軽減し、削除を再試行するまで 2 ~ 3 日待ちます。If you recieve an error while attempting to remove the Network Profile allow 2-3 days for the platform to automatically mitigate the issue and attempt the deletion again. それでもネットワーク プロファイルの削除に問題が発生する場合は、サポート リクエストを作成します。If you still have issues removing the Network Profile open a support reqest.

この機能の初期プレビューでは、先ほど作成したネットワーク リソースを削除するために、いくつかの追加コマンドが必要になります。The initial preview of this feature requires several additional commands to delete the network resources you created earlier. この記事の前のセクションに示したサンプル コマンドを使って仮想ネットワークとサブネットを作成した場合は、次のスクリプトを使ってそれらのネットワーク リソースを削除できます。If you used the example commands in previous sections of this article to create your virtual network and subnet, then you can use the following script to delete those network resources.

スクリプトを実行する前に、RES_GROUP 変数を、削除する仮想ネットワークとサブネットを含んだリソース グループの名前に設定してください。Before executing the script, set the RES_GROUP variable to the name of the resource group containing the virtual network and subnet that should be deleted. 以前に提案された aci-vnet の名前を使用しなかった場合は、仮想ネットワークの名前を更新します。Update the name of the virtual network if you did not use the aci-vnet name suggested earlier. スクリプトは Bash シェル用に書式設定されています。The script is formatted for the Bash shell. 別のシェル (PowerShell やコマンド プロンプトなど) を使用する場合は、変数の割り当てとアクセサーを適宜調整する必要があります。If you prefer another shell such as PowerShell or Command Prompt, you'll need to adjust variable assignment and accessors accordingly.

警告

このスクリプトを実行すると、リソースが削除されます。This script deletes resources! 仮想ネットワークと、それに含まれているすべてのサブネットが削除されます。It deletes the virtual network and all subnets it contains. このスクリプトを実行する前に、仮想ネットワーク (およびそれに含まれるすべてのサブネット) 内のいずれのリソースも、今後必要でないことを確認してください。Be sure that you no longer need any of the resources in the virtual network, including any subnets it contains, prior to running this script. 一度削除すると、それらのリソースを復旧することはできませんOnce deleted, these resources are unrecoverable.

# Replace <my-resource-group> with the name of your resource group
RES_GROUP=<my-resource-group>

# Get network profile ID
NETWORK_PROFILE_ID=$(az network profile list --resource-group $RES_GROUP --query [0].id --output tsv)

# Delete the network profile
az network profile delete --id $NETWORK_PROFILE_ID -y

# Delete virtual network
az network vnet delete --resource-group $RES_GROUP --name aci-vnet

次の手順Next steps

新しい仮想ネットワーク、サブネット、ネットワーク プロファイル、およびコンテナー グループを Resource Manager テンプレートを使用してデプロイするには、「Create an Azure container group with VNet」(VNet 内に Azure コンテナー グループを作成する) を参照してください。To deploy a new virtual network, subnet, network profile, and container group using a Resource Manager template, see Create an Azure container group with VNet.

この記事では、仮想ネットワークのいくつかのリソースと機能について簡潔に説明しました。Several virtual network resources and features were discussed in this article, though briefly. これらのトピックについては、Azure Virtual Network のドキュメントで詳しく説明しています。The Azure Virtual Network documentation covers these topics extensively: