Azure Container Registry SKUAzure Container Registry SKUs

Azure Container Registry (ACR) は、SKU と呼ばれる複数のサービス階層で使用できます。Azure Container Registry (ACR) is available in multiple service tiers, known as SKUs. これらの SKU は、Azure におけるプライベート Docker レジストリの容量と使用パターンに合ったさまざまなオプションと予測可能な価格を提供します。These SKUs provide predictable pricing and several options for aligning to the capacity and usage patterns of your private Docker registry in Azure.

SKUSKU 管理者常駐型Managed 説明Description
BasicBasic [はい]Yes Azure Container Registry について学習する開発者向けのコスト最適化エントリ ポイント。A cost-optimized entry point for developers learning about Azure Container Registry. Basic レジストリには Standard および Premium と同じプログラム機能があります (Azure Active Directory 認証の統合、イメージ削除、および Web フック)。Basic registries have the same programmatic capabilities as Standard and Premium (Azure Active Directory authentication integration, image deletion, and web hooks). ただし、含まれているストレージとイメージのスループットは、使用率が低いシナリオに最も適しています。However, the included storage and image throughput are most appropriate for lower usage scenarios.
StandardStandard [はい]Yes Standard レジストリは、Basic と同じ機能を提供しますが、含まれているストレージとイメージ スループットが拡大されています。Standard registries offer the same capabilities as Basic, with increased included storage and image throughput. Standard レジストリは、ほとんどの運用シナリオのニーズを満たすはずです。Standard registries should satisfy the needs of most production scenarios.
PremiumPremium [はい]Yes Premium レジストリは、含まれているストレージが最も大きく、同時実行操作数も最大であり、大容量シナリオに対応できます。Premium registries provide the highest amount of included storage and concurrent operations, enabling high-volume scenarios. イメージのスループットの増加に加え、Premium では、複数のリージョン間で 1 つのレジストリが管理するための geo レプリケーションや、イメージ タグに署名するためのコンテンツの信頼 (プレビュー) などの機能が追加されています。In addition to higher image throughput, Premium adds features like geo-replication for managing a single registry across multiple regions, and content trust (preview) for image tag signing.
Classic1Classic1 いいえ No この SKU により、Azure での Azure Container Registry サービスの最初のリリースが可能になりました。This SKU enabled the initial release of the Azure Container Registry service in Azure. クラシック レジストリは、Azure がサブスクリプションに作成するストレージ アカウントによってサポートされ、スループットの向上や geo レプリケーションなどの高いレベルの機能を提供する ACR の機能を制限します。Classic registries are backed by a storage account that Azure creates in your subscription, which limits the ability for ACR to provide higher-level capabilities such as increased throughput and geo-replication.

1 Classic SKU は 2019 年 3 月非推奨になります。1 The Classic SKU will be deprecated in March 2019. すべての新しいコンテナー レジストリでは Basic、Standard、または Premium を使用してください。Use Basic, Standard, or Premium for all new container registries.

選択する SKU レベルが高いほど、パフォーマンスは高く、スケールも大きくなりますが、プログラムの機能はすべての管理対象 SKU で共通です。Choosing a higher-level SKU provides more performance and scale, however, all managed SKUs provide the same programmatic capabilities. 複数のサービス レベルがあることで、最初は Basic を導入し、その後、レジストリの使用量の増加に伴って Standard や Premium に切り替えることができます。With multiple service tiers, you can get started with Basic, then convert to Standard and Premium as your registry usage increases.

管理対象と管理対象外Managed vs. unmanaged

Basic、Standard、Premium の各 SKU はまとめて "管理対象" のレジストリと呼ばれます。一方、クラシック SKU は "管理対象外" のレジストリと呼ばれます。The Basic, Standard, and Premium SKUs are collectively known as managed registries, and Classic registries as unmanaged. 両者の主な違いは、コンテナー イメージの保存方法にあります。The primary difference between the two is how your container images are stored.

管理対象 (Basic、Standard、Premium)Managed (Basic, Standard, Premium)

管理対象レジストリは、Azure によって完全に管理されているイメージ ストレージから恩恵を受けられます。Managed registries benefit from image storage managed entirely by Azure. つまりイメージの格納先となるストレージ アカウントは、ユーザーの Azure サブスクリプションには表示されません。That is, a storage account that stores your images does not appear within your Azure subscription. 管理対象レジストリに該当するいずれかの SKU を使用することで、いくつかの利点が得られます。それらの利点については、「Azure Container Registry へのコンテナー イメージの保存」で詳しく説明します。There are several benefits gained by using one of the managed registry SKUs, discussed in-depth in Container image storage in Azure Container Registry. この記事では、管理対象レジストリの SKU とその機能について詳しく取り上げます。This article focuses on the managed registry SKUs and their capabilities.

管理対象外 (クラシック)Unmanaged (Classic)

重要

Classic SKU は非推奨になっており、2019 年 3 月を過ぎると使用できなくなります。The Classic SKU is being deprecated, and will be unavailable after March 2019. すべての新しいレジストリでは Basic、Standard、または Premium を使用してください。Use Basic, Standard, or Premium for all new registries.

クラシック レジストリが "管理対象外" と呼ばれるのは、その背後にあるストレージ アカウントが "ユーザーの" Azure サブスクリプション内に存在するためです。Classic registries are "unmanaged" in the sense that the storage account that backs a Classic registry resides within your Azure subscription. そのためコンテナー イメージの格納先となるストレージ アカウントは、ユーザーが自ら管理する必要があります。As such, you are responsible for the management of the storage account in which your container images are stored. 管理対象外レジストリでは、実際のニーズに変化が生じても (管理対象レジストリにアップグレードする以外) SKU を切り替えることができず、また、管理対象レジストリのいくつかの機能が利用できません (コンテナー イメージの削除、geo レプリケーションwebhook など)。With unmanaged registries, you can't switch between SKUs as your needs change (other than upgrading to a managed registry), and several features of managed registries are unavailable (for example, container image deletion, geo-replication, and webhooks).

クラシック レジストリをいずれかの管理対象 SKU にアップグレードする方法について詳しくは、クラシック レジストリのアップグレードに関するページをご覧ください。For more information about upgrading a Classic registry to one of the managed SKUs, see Upgrade a Classic registry.

SKU 機能マトリックスSKU feature matrix

次の表に、Basic、Standard、および Premium サービス階層の機能と制限について説明します。The following table details the features and limits of the Basic, Standard, and Premium service tiers.

リソースResource BasicBasic 標準Standard PremiumPremium
ストレージ1Storage1 10 GiB10 GiB 100 GiB100 GiB 500 GiB500 GiB
イメージ レイヤーの最大サイズMax image layer size 20 GiB20 GiB 20 GiB20 GiB 50 GiB50 GiB
1 分あたりの ReadOps2、3ReadOps per minute2, 3 1,0001,000 3,0003,000 10,00010,000
1 分あたりの WriteOps2、4WriteOps per minute2, 4 100100 500500 2,0002,000
ダウンロード帯域幅 MBps2Download bandwidth MBps2 3030 6060 100100
アップロード帯域幅 MBps2Upload bandwidth MBps2 1010 2020 5050
WebhookWebhooks 22 1010 100100
geo レプリケーションGeo-replication 該当なしN/A 該当なしN/A サポートされていますSupported
コンテンツの信頼 (プレビュー)Content trust (preview) 該当なしN/A 該当なしN/A サポートされていますSupported

1 指定された容量の上限は、各レベルに "含まれる" ストレージの容量です。1 The specified storage limits are the amount of included storage for each tier. これらの制限を超えてイメージを保存する場合は、GiB あたりの追加料金が日単位で課金されます。You're charged an additional daily rate per GiB for image storage above these limits. 詳細については、「Container Registry の価格」を参照してください。For rate information, see Container Registry pricing.

2 ReadOpsWriteOps、および "帯域幅" は最小推定値です。2 ReadOps, WriteOps, and Bandwidth are minimum estimates. ACR は、使用状況で必要とするパフォーマンスの向上に努めます。ACR strives to improve performance as usage requires.

3 docker pull は、イメージ内のレイヤー数とマニフェストの取得に基づいて、複数の読み取り操作に変換します。3 docker pull translates to multiple read operations based on the number of layers in the image, plus the manifest retrieval.

4 docker push は、プッシュする必要があるレイヤーの数に基づいて、複数の書き込み操作に変換します。4 docker push translates to multiple write operations, based on the number of layers that must be pushed. docker push には、ReadOps が含まれ、既存のイメージのマニフェストを取得します。A docker push includes ReadOps to retrieve a manifest for an existing image.

SKU の変更Changing SKUs

レジストリの SKU 変更は、Azure CLI または Azure Portal で行うことができます。You can change a registry's SKU with the Azure CLI or in the Azure portal. 変更後の SKU が最大記憶域容量の要件を満たしていれば、管理対象 SKU は自由に移動することができます。You can move freely between managed SKUs as long as the SKU you're switching to has the required maximum storage capacity. いずれかの管理対象 SKU にクラシックから切り替えた場合は、二度とクラシックに戻すことはできません。あくまで一方向の変換となります。If you switch to one of the managed SKUs from Classic, you cannot move back to Classic--it is a one-way conversion.

Azure CLIAzure CLI

Azure CLI で SKU を切り替えるには、az acr update コマンドを使用します。To move between SKUs in the Azure CLI, use the az acr update command. たとえば Premium への切り替えは、次のようにして行います。For example, to switch to Premium:

az acr update --name myregistry --sku Premium

Azure ポータルAzure portal

Azure Portal のコンテナー レジストリの [Overview](概要) で、[Update](更新) を選択し、[SKU] ドロップダウン リストから新しい SKU を選択します。In the container registry Overview in the Azure portal, select Update, then select a new SKU from the SKU drop-down.

Azure Portal でのコンテナー レジストリ SKU の更新

ご利用のレジストリがクラシック レジストリである場合、管理対象 SKU を Azure Portal 内で選択することはできません。If you have a Classic registry, you can't select a managed SKU within the Azure portal. あらかじめ管理対象レジストリにアップグレードしておく必要があります (「クラシックからの変更」を参照)。Instead, you must first upgrade to a managed registry (see Changing from Classic).

クラシックからの変更Changing from Classic

管理対象外のクラシック レジストリを管理対象の SKU (Basic、Standard、Premium のいずれか) に移行する際は、別途注意しなければならない点があります。There are additional considerations to take into account when migrating an unmanaged Classic registry to one of the managed Basic, Standard, or Premium SKUs. クラシック レジストリが大量のイメージを格納していて、何ギガバイトものサイズになると、移行プロセスにしばらく時間がかかる場合があります。If your Classic registry contains a large number of images and is many gigabytes in size, the migration process can take some time. また、移行が完了するまでは、docker push の操作が無効になります。Additionally, docker push operations are disabled until the migration is complete.

クラシック レジストリをいずれかの管理対象 SKU にアップグレードする方法について詳しくは、「Upgrade a Classic container registry (クラシック コンテナー レジストリのアップグレード)」をご覧ください。For details on upgrading your Classic registry to one of the managed SKUs, see Upgrade a Classic container registry.

価格Pricing

各 Azure Container Registry SKU の価格については、「Container Registry の価格」を参照してください。For pricing information on each of the Azure Container Registry SKUs, see Container Registry pricing.

次の手順Next steps

Azure Container Registry ロードマップAzure Container Registry Roadmap

GitHub の ACR ロードマップを参照して、サービスの今後の機能に関する情報を確認してください。Visit the ACR Roadmap on GitHub to find information about upcoming features in the service.

Azure Container Registry UserVoiceAzure Container Registry UserVoice

ACR UserVoice で、新機能に関する提案を送信し、投票してください。Submit and vote on new feature suggestions in ACR UserVoice.