.NET SDK を使用した Azure Data Lake Storage Gen1 に対するアカウント管理操作Account management operations on Azure Data Lake Storage Gen1 using .NET SDK

この記事では、.NET SDK を使用して Azure Data Lake Storage Gen1 に対するアカウント管理操作を実行する方法について説明します。In this article, you learn how to perform account management operations on Azure Data Lake Storage Gen1 using .NET SDK. アカウント管理操作には、Data Lake Storage Gen1 アカウントの作成、Azure サブスクリプション内のアカウントの一覧表示、アカウントの削除などがあります。Account management operations include creating a Data Lake Storage Gen1 account, listing the accounts in an Azure subscription, deleting the accounts, etc.

.NET SDK を使用して Data Lake Storage Gen1 に対するデータ管理操作を実行する方法については、.NET SDK を使用した Data Lake Storage Gen1 に対するファイルシステム操作に関するページを参照してください。For instructions on how to perform data management operations on Data Lake Storage Gen1 using .NET SDK, see Filesystem operations on Data Lake Storage Gen1 using .NET SDK.

前提条件Prerequisites

  • Visual Studio 2013 以降Visual Studio 2013 or above. 以下の手順では、Visual Studio 2019 を使用します。The instructions below use Visual Studio 2019.

  • Azure サブスクリプションAn Azure subscription. Azure 無料試用版の取得に関するページを参照してください。See Get Azure free trial.

.NET アプリケーションの作成Create a .NET application

  1. Visual Studio で、 [ファイル] メニュー、 [新規作成][プロジェクト] の順に選択します。In Visual Studio, select the File menu, New, and then Project.

  2. [コンソール アプリ (.NET Framework)] を選択し、 [次へ] を選択します。Choose Console App (.NET Framework), and then select Next.

  3. [プロジェクト名]CreateADLApplication と入力して、 [作成] を選択します。In Project name, enter CreateADLApplication, and then select Create.

  4. NuGet パッケージをプロジェクトに追加します。Add the NuGet packages to your project.

    1. ソリューション エクスプローラーでプロジェクト名を右クリックし、 [NuGet パッケージの管理] をクリックします。Right-click the project name in the Solution Explorer and click Manage NuGet Packages.

    2. [NuGet パッケージ マネージャー] タブで、 [パッケージ ソース]nuget.org に設定されており、 [プレリリースを含める] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。In the NuGet Package Manager tab, make sure that Package source is set to nuget.org and that Include prerelease check box is selected.

    3. 以下の NuGet パッケージを検索してインストールします。Search for and install the following NuGet packages:

      • Microsoft.Azure.Management.DataLake.Store - このチュートリアルでは、v2.1.3-preview を使用します。Microsoft.Azure.Management.DataLake.Store - This tutorial uses v2.1.3-preview.

      • Microsoft.Rest.ClientRuntime.Azure.Authentication - このチュートリアルでは、v2.2.12 を使用します。Microsoft.Rest.ClientRuntime.Azure.Authentication - This tutorial uses v2.2.12.

        NuGet ソースを追加するAdd a NuGet source

    4. NuGet パッケージ マネージャーを閉じます。Close the NuGet Package Manager.

  5. Program.csを開き、既存のコードを削除し、次のステートメントに置き換えて、名前空間の参照を追加します。Open Program.cs, delete the existing code, and then include the following statements to add references to namespaces.

    using System;
    using System.IO;
    using System.Linq;
    using System.Text;
    using System.Threading;
    using System.Collections.Generic;
    using System.Security.Cryptography.X509Certificates; // Required only if you are using an Azure AD application created with certificates
    
    using Microsoft.Rest;
    using Microsoft.Rest.Azure.Authentication;
    using Microsoft.Azure.Management.DataLake.Store;
    using Microsoft.Azure.Management.DataLake.Store.Models;
    using Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory;
    
  6. 変数を宣言し、プレースホルダーの値を指定します。Declare the variables and provide the values for placeholders. さらに、指定したローカル パスとファイル名がコンピューターに存在していることを確認します。Also, make sure the local path and file name you provide exist on the computer.

    namespace SdkSample
    {
        class Program
        {
            private static DataLakeStoreAccountManagementClient _adlsClient;
    
            private static string _adlsAccountName;
            private static string _resourceGroupName;
            private static string _location;
            private static string _subId;
    
            private static void Main(string[] args)
            {
                _adlsAccountName = "<DATA-LAKE-STORAGE-GEN1-NAME>.azuredatalakestore.net"; 
                _resourceGroupName = "<RESOURCE-GROUP-NAME>"; 
                _location = "East US 2";
                _subId = "<SUBSCRIPTION-ID>";                    
            }
        }
    }
    

記事の以降のセクションでは、認証、ファイルのアップロードなどの操作を実行する .NET メソッドの使用方法について説明します。In the remaining sections of the article, you can see how to use the available .NET methods to perform operations such as authentication, file upload, etc.

認証Authentication

クライアント オブジェクトを作成するCreate client object

次のスニペットを使用して、アカウントの作成やアカウントの削除など、アカウント管理要求をサービスに発行するために使用される Data Lake Storage Gen1 アカウント クライアント オブジェクトを作成します。The following snippet creates the Data Lake Storage Gen1 account client object, which is used to issue account management requests to the service, such as create account, delete account, etc.

// Create client objects and set the subscription ID
_adlsClient = new DataLakeStoreAccountManagementClient(armCreds) { SubscriptionId = _subId };

Data Lake Storage Gen1 アカウントを作成するCreate a Data Lake Storage Gen1 account

次のスニペットを使用して、Data Lake Storage Gen1 アカウント クライアント オブジェクトの作成中に指定した Azure サブスクリプションに Data Lake Storage Gen1 アカウントを作成します。The following snippet creates a Data Lake Storage Gen1 account in the Azure subscription you provided while creating the Data Lake Storage Gen1 account client object.

// Create Data Lake Storage Gen1 account
var adlsParameters = new DataLakeStoreAccount(location: _location);
_adlsClient.Account.Create(_resourceGroupName, _adlsAccountName, adlsParameters);

サブスクリプション内のすべての Data Lake Storage Gen1 アカウントを一覧表示するList all Data Lake Storage Gen1 accounts within a subscription

次のメソッドをクラス定義に追加します。Add the following method to your class definition. 次のスニペットは、特定の Azure サブスクリプション内のすべての Data Lake Storage Gen1 アカウントを一覧表示します。The following snippet lists all Data Lake Storage Gen1 accounts within a given Azure subscription.

// List all Data Lake Storage Gen1 accounts within the subscription
public static List<DataLakeStoreAccountBasic> ListAdlStoreAccounts()
{
    var response = _adlsClient.Account.List(_adlsAccountName);
    var accounts = new List<DataLakeStoreAccountBasic>(response);

    while (response.NextPageLink != null)
    {
        response = _adlsClient.Account.ListNext(response.NextPageLink);
        accounts.AddRange(response);
    }

    return accounts;
}

Data Lake Storage Gen1 アカウントの削除Delete a Data Lake Storage Gen1 account

次のスニペットを使用して、以前に作成した Data Lake Storage Gen1 アカウントを削除します。The following snippet deletes the Data Lake Storage Gen1 account you created earlier.

// Delete Data Lake Storage Gen1 account
_adlsClient.Account.Delete(_resourceGroupName, _adlsAccountName);

関連項目See also

次のステップNext steps