Azure Stack Edge とはWhat is Azure Stack Edge?

重要

Azure Data Box Edge は、Azure Stack Edge にブランドが変更されました。Azure Data Box Edge is rebranded as Azure Stack Edge.

Azure Stack Edge は、ネットワーク データ転送機能を備えた AI 対応のエッジ コンピューティング デバイスです。Azure Stack Edge is an AI-enabled edge computing device with network data transfer capabilities. この記事では、Azure Stack Edge ソリューションの概要、利点、主な機能、このデバイスを配置できるシナリオについて説明します。This article provides you an overview of the Azure Stack Edge solution, benefits, key capabilities, and the scenarios where you can deploy this device.

Azure Stack Edge は、サービスとしてのハードウェア ソリューションです。Azure Stack Edge is a Hardware-as-a-service solution. Microsoft は、高速な AI 推論を実現し、ネットワーク ストレージ ゲートウェイのすべての機能を備える、Field Programmable Gate Array (FPGA) が組み込まれたクラウドマネージド デバイスを提供しています。Microsoft ships you a cloud-managed device with a built-in Field Programmable Gate Array (FPGA) that enables accelerated AI-inferencing and has all the capabilities of a network storage gateway.

ユース ケースUse cases

ここでは、Azure Stack Edge を使用してエッジで高速な機械学習 (ML) 推論を実行し、データを Azure に送信する前に前処理するさまざまなシナリオを示します。Here are the various scenarios where Azure Stack Edge can be used for rapid Machine Learning (ML) inferencing at the edge and preprocessing data before sending it to Azure.

  • Inference Azure Machine Learning - Azure Stack Edge により、ML モデルを実行して、データがクラウドに送信される前に対応できるように、迅速な結果を得ることができます。Inference with Azure Machine Learning - With Azure Stack Edge, you can run ML models to get quick results that can be acted on before the data is sent to the cloud. 必要に応じて、ML モデルを再調整して改善し続けるために、データ セット全体を転送することができます。The full data set can optionally be transferred to continue to retrain and improve your ML models. Azure Stack Edge デバイスで Azure ML ハードウェア アクセラレータ モデルを使用する方法の詳細については、Azure Stack Edge への Azure ML ハードウェア アクセラレーション対応モデルのデプロイに関するページを参照してください。For more information on how to use the Azure ML hardware accelerated models on the Azure Stack Edge device, see Deploy Azure ML hardware accelerated models on Azure Stack Edge.

  • データの前処理 - データを Azure に送信する前に変換して、より実用的なデータセットを作成します。Preprocess data - Transform data before sending it to Azure to create a more actionable dataset. 前処理は以下の目的で使用できます。Preprocessing can be used to:

    • データを集計します。Aggregate data.
    • 個人データを削除するなど、データを変更します。Modify data, for example to remove personal data.
    • ストレージと帯域幅を最適化したり、詳細な分析を行ったりするためのサブセット データ。Subset data to optimize storage and bandwidth, or for further analysis.
    • 分析して、IoT イベントに対応します。Analyze and react to IoT Events.
  • ネットワーク経由でデータを Azure に転送する - 計算や分析をさらに可能にするか、アーカイブ目的のために、Azure Stack Edge を使用して、Azure にデータを簡単かつ迅速に転送します。Transfer data over network to Azure - Use Azure Stack Edge to easily and quickly transfer data to Azure to enable further compute and analytics or for archival purposes.

主な機能Key capabilities

Azure Stack Edge には、次の機能があります。Azure Stack Edge has the following capabilities:

機能Capability [説明]Description
高速 AI 推論Accelerated AI inferencing 組み込みの FPGA によって有効にされます。Enabled by the built-in FPGA.
コンピューティングComputing データの分析、処理、フィルター処理が可能です。Allows analysis, processing, filtering of data.
高パフォーマンスHigh performance ハイ パフォーマンス コンピューティングおよびデータ転送。High performance compute and data transfers.
データ アクセスData access クラウドでデータをさらに処理するために、クラウド API を使用して、Azure Storage Blob と Azure ファイルからデータを直接アクセスします。Direct data access from Azure Storage Blobs and Azure Files using cloud APIs for additional data processing in the cloud. デバイス上のローカル キャッシュは、最近使用されたファイルの高速アクセスに使用されます。Local cache on the device is used for fast access of most recently used files.
クラウドでの管理Cloud-managed デバイスとサービスは Azure portal を介して管理されます。Device and service are managed via the Azure portal.
オフライン アップロードOffline upload 切断モードでは、オフライン アップロードのシナリオに対応します。Disconnected mode supports offline upload scenarios.
サポートされるプロトコルSupported protocols データ インジェストのために、標準の SMB プロトコルと NFS プロトコルをサポートします。Support for standard SMB and NFS protocols for data ingestion.
サポート対象のバージョンについては、「Azure Stack Edge のシステム要件」を参照してください。For more information on supported versions, go to Azure Stack Edge system requirements.
データ更新Data refresh ローカル ファイルをクラウドから最新の情報に更新する機能。Ability to refresh local files with the latest from cloud.
暗号化Encryption ローカルでデータを暗号化し、クラウドへのデータ転送を https 経由で保護する BitLocker のサポート。BitLocker support to locally encrypt data and secure data transfer to cloud over https.
帯域幅調整Bandwidth throttling ピーク時の帯域幅の使用量を制限するように調整します。Throttle to limit bandwidth usage during peak hours.

ComponentsComponents

Azure Stack Edge ソリューションは、Azure Stack Edge リソース、Azure Stack Edge 物理デバイス、およびローカル Web UI で構成されています。The Azure Stack Edge solution comprises of Azure Stack Edge resource, Azure Stack Edge physical device, and a local web UI.

  • Azure Stack Edge 物理デバイス - Azure にデータを送信するように構成可能な Microsoft 製の 1U ラックマウント型サーバー。Azure Stack Edge physical device - A 1U rack-mounted server supplied by Microsoft that can be configured to send data to Azure.

  • Azure Stack Edge リソース - さまざまな地理的な場所からアクセスできる Web インターフェイスから、Azure Stack Edge デバイスを管理できる、Azure portal でのリソース。Azure Stack Edge resource – a resource in the Azure portal that lets you manage an Azure Stack Edge device from a web interface that you can access from different geographical locations. Azure Stack Edge リソースを使用して、リソースの作成と管理、デバイスとアラートの表示と管理、および共有の管理を行います。Use the Azure Stack Edge resource to create and manage resources, view, and manage devices and alerts, and manage shares.

    詳細については、Azure Stack Edge デバイスの注文の作成に関する記事を参照してください。For more information, go to Create an order for your Azure Stack Edge device.

  • Azure Stack Edge ローカル Web UI - ローカル Web UI を使用して、診断の実行、Azure Stack Edge デバイスのシャットダウンと再起動し、コピー ログの表示、Microsoft サポートへの連絡とサービス要求の提出を行います。Azure Stack Edge local web UI - Use the local web UI to run diagnostics, shut down and restart the Azure Stack Edge device, view copy logs, and contact Microsoft Support to file a service request.

    Web ベース UI の使用については、「Web ベース UI を使用した Azure Stack Edge の管理」を参照してください。For information about using the web-based UI, go to Use the web-based UI to administer your Azure Stack Edge.

利用可能なリージョンRegion availability

Azure Stack Edge 物理デバイス、Azure リソース、データ転送先のターゲット ストレージ アカウントは、すべて同じ地域にある必要はありません。Azure Stack Edge physical device, Azure resource, and target storage account to which you transfer data do not all have to be in the same region.

  • リソースの使用可能性 - Azure Stack Edge リソースを使用できるすべてのリージョンの一覧については、「リージョン別の利用可能な製品」を参照してください。Resource availability - For a list of all the regions where the Azure Stack Edge resource is available, go to Azure products available by region. Azure Stack Edge は、Azure Government クラウドにデプロイすることもできます。Azure Stack Edge can also be deployed in the Azure Government Cloud. 詳細については、「What is Azure Government? (Azure Government とは)」を参照してください。For more information, see What is Azure Government?.

  • 転送先ストレージ アカウント - データを格納するストレージ アカウントは、すべての Azure 地域で利用できます。Destination Storage accounts - The storage accounts that store the data are available in all Azure regions. パフォーマンスを最適にするには、ストレージ アカウントによって Azure Stack Edge のデータが格納されるリージョンと、デバイスが配置されている場所を、近くにする必要があります。The regions where the storage accounts store Azure Stack Edge data should be located close to where the device is located for optimum performance. デバイスから離れた場所にあるストレージ アカウントは、待ち時間が長くなり、パフォーマンスが低下します。A storage account located far from the device results in long latencies and slower performance.

次のステップNext steps