ExpressRoute の概要ExpressRoute overview

Microsoft Azure ExpressRoute を利用すれば、接続プロバイダーが提供するプライベート接続で、オンプレミスのネットワークを Microsoft Cloud に拡張できます。Microsoft Azure ExpressRoute lets you extend your on-premises networks into the Microsoft cloud over a private connection facilitated by a connectivity provider. ExpressRoute では、Microsoft Azure、Office 365、Dynamics 365 などの Microsoft クラウド サービスへの接続を確立できます。With ExpressRoute, you can establish connections to Microsoft cloud services, such as Microsoft Azure, Office 365, and Dynamics 365.

接続には、任意の環境間 (IP VPN) 接続、ポイントツーポイントのイーサネット接続、共有施設での接続プロバイダーによる仮想交差接続があります。Connectivity can be from an any-to-any (IP VPN) network, a point-to-point Ethernet network, or a virtual cross-connection through a connectivity provider at a co-location facility. ExpressRoute 接続では、公共のインターネットを利用できません。ExpressRoute connections do not go over the public Internet. それにより、ExpressRoute 接続はインターネット経由の一般的な接続に比べて、安全性と信頼性が高く、待機時間も短く、高速です。This allows ExpressRoute connections to offer more reliability, faster speeds, lower latencies, and higher security than typical connections over the Internet. ExpressRoute を使用してネットワークを Microsoft に接続する方法については、「ExpressRoute connectivity models」(ExpressRoute 接続モデル) をご覧ください。For information on how to connect your network to Microsoft using ExpressRoute, see ExpressRoute connectivity models.

主な利点Key benefits

  • 接続プロバイダーによるオンプレミス ネットワークと Microsoft Cloud 間のレイヤー 3 接続。Layer 3 connectivity between your on-premises network and the Microsoft Cloud through a connectivity provider. 接続には、任意の環境間 (IP VPN) 接続、ポイント ツー ポイントのイーサネット接続、イーサネット交換による仮想交差接続があります。Connectivity can be from an any-to-any (IPVPN) network, a point-to-point Ethernet connection, or through a virtual cross-connection via an Ethernet exchange.
  • 地政学的領域のすべての地域にわたる Microsoft のクラウド サービスへの接続。Connectivity to Microsoft cloud services across all regions in the geopolitical region.
  • ExpressRoute プレミアム アドオンを持つすべての領域にわたる Microsoft サービスへのグローバル接続。Global connectivity to Microsoft services across all regions with ExpressRoute premium add-on.
  • 業界標準プロトコル (BGP) でのネットワークと Microsoft 間の動的ルーティング。Dynamic routing between your network and Microsoft over industry standard protocols (BGP).
  • あらゆるピアリングの場所に冗長性を組み込むという高い信頼性。Built-in redundancy in every peering location for higher reliability.
  • 接続アップタイム SLAConnection uptime SLA.
  • Skype for Business の QoS サポート。QoS support for Skype for Business.

詳しくは、「ExpressRoute のFAQ」をご覧ください。For more information, see the ExpressRoute FAQ.

機能Features

レイヤー 3 接続Layer 3 connectivity

Microsoft は業界標準の動的ルーティング プロトコル (BGP) を利用し、オンプレミス ネットワーク、Azure のインスタンス、および Microsoft パブリック アドレスの間のルートを交換します。Microsoft uses industry standard dynamic routing protocol (BGP) to exchange routes between your on-premises network, your instances in Azure, and Microsoft public addresses. さまざまなトラフィック プロファイルに合わせ、ネットワークとさまざまな BGP セッションを確立します。We establish multiple BGP sessions with your network for different traffic profiles. 詳しくは、 ExpressRoute の回線とルーティング ドメイン に関する記事を参照してください。More details can be found in the ExpressRoute circuit and routing domains article.

冗長性Redundancy

各 ExpressRoute 回線は、接続プロバイダー/ネットワーク エッジから 2 つの Microsoft Enterprise エッジ ルーター (WSEE) への 2 つの接続で構成されます。Each ExpressRoute circuit consists of two connections to two Microsoft Enterprise edge routers (MSEEs) from the connectivity provider / your network edge. Microsoft は接続プロバイダー/あなたの側から 2 つの BGP 接続を必要とします。MSEE につき 1 つです。Microsoft requires dual BGP connection from the connectivity provider / your side – one to each MSEE. あなたの側で冗長デバイス/イーサネット回線をデプロイしないことを選択できます。You may choose not to deploy redundant devices / Ethernet circuits at your end. ただし、接続プロバイダーは冗長デバイスを利用することで冗長性が与えられる方法で接続を Microsoft に渡します。However, connectivity providers use redundant devices to ensure that your connections are handed off to Microsoft in a redundant manner. 冗長レイヤー 3 接続構成は SLA を有効にするための必須条件です。A redundant Layer 3 connectivity configuration is a requirement for our SLA to be valid.

Microsoft クラウド サービスへの接続Connectivity to Microsoft cloud services

ExpressRoute は、Microsoft クラウド サービスへのプライベート ネットワーク接続を提供します。ExpressRoute provides private network connectivity to Microsoft cloud services. 多くの場合、ネットワーク アーキテクチャとパフォーマンスに関する考慮事項に対処すれば、Azure で実行されているインフラストラクチャとプラットフォームのサービスに良い影響があります。Infrastructure and platform services running in Azure often benefit by addressing network architecture and performance considerations. このため、大規模な企業では Azure に ExpressRoute を使用することをお勧めします。Therefore, we recommend enterprises use ExpressRoute for Azure.

Office 365 や Dynamics 365 など、サービスとしてのソフトウェア製品は、インターネット経由で安全かつ確実にアクセスできるように作られています。Software as a Service offerings, like Office 365 and Dynamics 365, were created to be accessed securely and reliably via the Internet. したがって、特定のシナリオでのみ、これらのアプリケーションに ExpressRoute を使用することをお勧めします。Therefore, we only recommend ExpressRoute for these applications in specific scenarios.

重要

ExpressRoute を使用して Azure にアクセスすることは、すべての大企業に お勧め します。Using ExpressRoute to access Azure is recommended for all enterprises. ExpressRoute を使用した Office 365 へのアクセスのガイダンスについては、 http://aka.ms/ExpressRouteOffice365を参照してください。For guidance on using ExpressRoute to access Office 365 visit http://aka.ms/ExpressRouteOffice365.

ExpressRoute 接続によって、次のようなサービスにアクセスできます。ExpressRoute connections enable access to the following services:

  • Microsoft Azure サービスMicrosoft Azure services
  • Microsoft Office 365 サービスMicrosoft Office 365 services
  • Microsoft Dynamics 365Microsoft Dynamics 365

ExpressRoute FAQ ページには、ExpressRoute でサポートされているサービスの詳しい一覧があります。You can visit the ExpressRoute FAQ page for a detailed list of services supported over ExpressRoute.

地政学的な地域内のすべてのリージョンへの接続Connectivity to all regions within a geopolitical region

ピアリングの場所 の 1 つで Microsoft に接続し、地政学的な領域内のすべてのリージョンにアクセスできます。You can connect to Microsoft in one of our peering locations and have access to all regions within the geopolitical region.

たとえば、ExpressRoute を介してアムステルダムの Microsoft に接続している場合、北ヨーロッパと西ヨーロッパでホストされているすべての Microsoft クラウド サービスにアクセスできます。For example, if you connected to Microsoft in Amsterdam through ExpressRoute, you have access to all Microsoft cloud services hosted in Northern Europe and Western Europe. 地政学的領域、関連付けられている Microsoft クラウド リージョン、対応する ExpressRoute のピアリングの場所の概要については、「ExpressRoute パートナーとピアリングの場所」という記事をご覧ください。See the ExpressRoute partners and peering locations article for an overview of the geopolitical regions, associated Microsoft cloud regions, and corresponding ExpressRoute peering locations.

ExpressRoute Premium アドオンによるグローバル接続Global connectivity with ExpressRoute premium add-on

ExpressRoute Premium アドオン機能を有効にすると、地政学的境界を越えて接続を拡張できます。You can enable the ExpressRoute premium add-on feature to extend connectivity across geopolitical boundaries. たとえば、ExpressRoute を介してアムステルダムの Microsoft に接続している場合、世界中のあらゆるリージョンでホストされているすべての Microsoft クラウド サービスにアクセスできます (国内クラウドは除外します)。For example, if you are connected to Microsoft in Amsterdam through ExpressRoute, you will have access to all Microsoft cloud services hosted in all regions across the world (national clouds are excluded). 北ヨーロッパ リージョンと西ヨーロッパ リージョンにアクセスする場合と同じ方法で南アメリカやオーストラリアにデプロイされているサービスにアクセスできます。You can access services deployed in South America or Australia the same way you access the North and West Europe regions.

大勢の接続パートナーが属するエコシステムRich connectivity partner ecosystem

ExpressRoute のエコシステムには継続的に新しい接続パートナーと SI パートナーが加わり、拡大します。ExpressRoute has a constantly growing ecosystem of connectivity providers and SI partners. 最新の情報については、 ExpressRoute のプロバイダーと場所 に関する記事を参照してください。You can refer to the ExpressRoute providers and locations article for the latest information.

国内クラウドへの接続Connectivity to national clouds

Microsoft は特殊な地政学的領域と顧客区分のために隔離されたクラウド環境を運営しています。Microsoft operates isolated cloud environments for special geopolitical regions and customer segments. 国内のクラウドとプロバイダーの一覧については、 ExpressRoute のプロバイダーと場所 に関するページを参照してください。Refer to the ExpressRoute providers and locations page for a list of national clouds and providers.

帯域幅のオプションBandwidth options

さまざまな帯域幅に合った ExpressRoute 回線を購入できます。You can purchase ExpressRoute circuits for a wide range of bandwidths. サポートされる帯域幅は次のとおりです。Supported bandwidths are listed below. サポートされる帯域幅の一覧は接続パートナーに必ず確認してください。Be sure to check with your connectivity provider to determine the list of supported bandwidths they provide.

  • 50 Mbps50 Mbps
  • 100 Mbps100 Mbps
  • 200 Mbps200 Mbps
  • 500 Mbps500 Mbps
  • 1 Gbps1 Gbps
  • 2 Gbps2 Gbps
  • 5 Gbps5 Gbps
  • 10 Gbps10 Gbps

帯域幅の動的スケーリングDynamic scaling of bandwidth

接続を壊さずに (ベスト エフォート基準で) ExpressRoute 回線の帯域幅を増やすことができます。You can increase the ExpressRoute circuit bandwidth (on a best effort basis) without having to tear down your connections.

柔軟な課金モデルFlexible billing models

最適な請求モデルを選択できます。You can pick a billing model that works best for you. 次に示す請求モデルから選択します。Choose between the billing models listed below. 詳しくは、「ExpressRoute のFAQ」をご覧ください。For more information, see the ExpressRoute FAQ.

  • 無制限のデータUnlimited data. ExpressRoute 回線は月額料金に基づいて課金されます。すべての受信または送信データ転送が無料で含まれます。The ExpressRoute circuit is charged based on a monthly fee, and all inbound and outbound data transfer is included free of charge.
  • 従量制課金データMetered data. ExpressRoute 回線は月額料金に基づいて課金されます。The ExpressRoute circuit is charged based on a monthly fee. すべての受信データ転送は無料で含まれます。All inbound data transfer is free of charge. 送信データ転送は 1 GB のデータ転送単位で課金されます。Outbound data transfer is charged per GB of data transfer. データ転送料金は地域によって異なります。Data transfer rates vary by region.
  • ExpressRoute Premium アドオンExpressRoute premium add-on. ExpressRoute Premiumは ExpressRoute 回線のアドオンです。The ExpressRoute premium is an add-on over the ExpressRoute circuit. ExpressRoute Premium アドオンには次の機能があります。The ExpressRoute premium add-on provides the following capabilities:
    • Azure パブリックと Azure プライベートのピアリングのルート上限の増加 (4,000 ルートから 10,000 ルートに)。Increased route limits for Azure public and Azure private peering from 4,000 routes to 10,000 routes.
    • サービスのグローバル接続。Global connectivity for services. (国内のクラウドを除く) あらゆるリージョンで作成された ExpressRoute 回線に与えられる世界中の他のリージョンにあるリソースへのアクセス。An ExpressRoute circuit created in any region (excluding national clouds) will have access to resources across any other region in the world. たとえば、西ヨーロッパで作成された仮想ネットワークにシリコン バレーでプロビジョニングされた ExpressRoute 回線からアクセスできます。For example, a virtual network created in West Europe can be accessed through an ExpressRoute circuit provisioned in Silicon Valley.
    • ExpressRoute ごとの VNet リンクの増加 (回線の帯域幅にもよりますが、10 からそれ以上に)。Increased number of VNet links per ExpressRoute circuit from 10 to a larger limit, depending on the bandwidth of the circuit.

FAQFAQ

ExpressRoute に関してよく寄せられる質問については、「ExpressRoute の FAQ」を参照してください。For frequently asked questions about ExpressRoute, see the ExpressRoute FAQ.

次のステップNext steps