ExpressRoute の概要

Microsoft Azure ExpressRoute を利用すれば、接続プロバイダーが提供するプライベート接続で、オンプレミスのネットワークを Microsoft Cloud に拡張できます。 ExpressRoute では、Microsoft Azure、Office 365、Dynamics 365 などの Microsoft クラウド サービスへの接続を確立できます。

接続には、任意の環境間 (IP VPN) 接続、ポイントツーポイントのイーサネット接続、共有施設での接続プロバイダーによる仮想交差接続があります。 ExpressRoute 接続では、公共のインターネットを利用できません。 それにより、ExpressRoute 接続はインターネット経由の一般的な接続に比べて、安全性と信頼性が高く、待機時間も短く、高速です。 ExpressRoute を使用してネットワークを Microsoft に接続する方法については、「ExpressRoute connectivity models」(ExpressRoute 接続モデル) をご覧ください。

主な利点

  • 接続プロバイダーによるオンプレミス ネットワークと Microsoft Cloud 間のレイヤー 3 接続。 接続には、任意の環境間 (IP VPN) 接続、ポイント ツー ポイントのイーサネット接続、イーサネット交換による仮想交差接続があります。
  • 地政学的領域のすべての地域にわたる Microsoft のクラウド サービスへの接続。
  • ExpressRoute プレミアム アドオンを持つすべての領域にわたる Microsoft サービスへのグローバル接続。
  • 業界標準プロトコル (BGP) でのネットワークと Microsoft 間の動的ルーティング。
  • あらゆるピアリングの場所に冗長性を組み込むという高い信頼性。
  • 接続アップタイム SLA
  • Skype for Business の QoS サポート。

詳しくは、「ExpressRoute のFAQ」をご覧ください。

機能

レイヤー 3 接続

Microsoft は業界標準の動的ルーティング プロトコル (BGP) を利用し、オンプレミス ネットワーク、Azure のインスタンス、および Microsoft パブリック アドレスの間のルートを交換します。 さまざまなトラフィック プロファイルに合わせ、ネットワークとさまざまな BGP セッションを確立します。 詳しくは、 ExpressRoute の回線とルーティング ドメイン に関する記事を参照してください。

冗長性

各 ExpressRoute 回線は、接続プロバイダー/ネットワーク エッジから 2 つの Microsoft Enterprise エッジ ルーター (WSEE) への 2 つの接続で構成されます。 Microsoft は接続プロバイダー/あなたの側から 2 つの BGP 接続を必要とします。MSEE につき 1 つです。 あなたの側で冗長デバイス/イーサネット回線をデプロイしないことを選択できます。 ただし、接続プロバイダーは冗長デバイスを利用することで冗長性が与えられる方法で接続を Microsoft に渡します。 冗長レイヤー 3 接続構成は SLA を有効にするための必須条件です。

Microsoft クラウド サービスへの接続

ExpressRoute は、Microsoft クラウド サービスへのプライベート ネットワーク接続を提供します。 多くの場合、ネットワーク アーキテクチャとパフォーマンスに関する考慮事項に対処すれば、Azure で実行されているインフラストラクチャとプラットフォームのサービスに良い影響があります。 このため、大規模な企業では Azure に ExpressRoute を使用することをお勧めします。

Office 365 や Dynamics 365 など、サービスとしてのソフトウェア製品は、インターネット経由で安全かつ確実にアクセスできるように作られています。 したがって、特定のシナリオでのみ、これらのアプリケーションに ExpressRoute を使用することをお勧めします。

重要

ExpressRoute を使用して Azure にアクセスすることは、すべての大企業に お勧め します。 ExpressRoute を使用した Office 365 へのアクセスのガイダンスについては、 http://aka.ms/ExpressRouteOffice365を参照してください。

ExpressRoute 接続によって、次のようなサービスにアクセスできます。

  • Microsoft Azure サービス
  • Microsoft Office 365 サービス
  • Microsoft Dynamics 365

ExpressRoute FAQ ページには、ExpressRoute でサポートされているサービスの詳しい一覧があります。

地政学的な地域内のすべてのリージョンへの接続

ピアリングの場所 の 1 つで Microsoft に接続し、地政学的な領域内のすべてのリージョンにアクセスできます。

たとえば、ExpressRoute を介してアムステルダムの Microsoft に接続している場合、北ヨーロッパと西ヨーロッパでホストされているすべての Microsoft クラウド サービスにアクセスできます。 地政学的領域、関連付けられている Microsoft クラウド リージョン、対応する ExpressRoute のピアリングの場所の概要については、「ExpressRoute パートナーとピアリングの場所」という記事をご覧ください。

ExpressRoute Premium アドオンによるグローバル接続

ExpressRoute Premium アドオン機能を有効にすると、地政学的境界を越えて接続を拡張できます。 たとえば、ExpressRoute を介してアムステルダムの Microsoft に接続している場合、世界中のあらゆるリージョンでホストされているすべての Microsoft クラウド サービスにアクセスできます (国内クラウドは除外します)。 北ヨーロッパ リージョンと西ヨーロッパ リージョンにアクセスする場合と同じ方法で南アメリカやオーストラリアにデプロイされているサービスにアクセスできます。

大勢の接続パートナーが属するエコシステム

ExpressRoute のエコシステムには継続的に新しい接続パートナーと SI パートナーが加わり、拡大します。 最新の情報については、 ExpressRoute のプロバイダーと場所 に関する記事を参照してください。

国内クラウドへの接続

Microsoft は特殊な地政学的領域と顧客区分のために隔離されたクラウド環境を運営しています。 国内のクラウドとプロバイダーの一覧については、 ExpressRoute のプロバイダーと場所 に関するページを参照してください。

帯域幅のオプション

さまざまな帯域幅に合った ExpressRoute 回線を購入できます。 サポートされる帯域幅は次のとおりです。 サポートされる帯域幅の一覧は接続パートナーに必ず確認してください。

  • 50 Mbps
  • 100 Mbps
  • 200 Mbps
  • 500 Mbps
  • 1 Gbps
  • 2 Gbps
  • 5 Gbps
  • 10 Gbps

帯域幅の動的スケーリング

接続を壊さずに (ベスト エフォート基準で) ExpressRoute 回線の帯域幅を増やすことができます。

柔軟な課金モデル

最適な請求モデルを選択できます。 次に示す請求モデルから選択します。 詳しくは、「ExpressRoute のFAQ」をご覧ください。

  • 無制限のデータ。 ExpressRoute 回線は月額料金に基づいて課金されます。すべての受信または送信データ転送が無料で含まれます。
  • 従量制課金データ。 ExpressRoute 回線は月額料金に基づいて課金されます。 すべての受信データ転送は無料で含まれます。 送信データ転送は 1 GB のデータ転送単位で課金されます。 データ転送料金は地域によって異なります。
  • ExpressRoute Premium アドオン。 ExpressRoute Premiumは ExpressRoute 回線のアドオンです。 ExpressRoute Premium アドオンには次の機能があります。
    • Azure パブリックと Azure プライベートのピアリングのルート上限の増加 (4,000 ルートから 10,000 ルートに)。
    • サービスのグローバル接続。 (国内のクラウドを除く) あらゆるリージョンで作成された ExpressRoute 回線に与えられる世界中の他のリージョンにあるリソースへのアクセス。 たとえば、西ヨーロッパで作成された仮想ネットワークにシリコン バレーでプロビジョニングされた ExpressRoute 回線からアクセスできます。
    • ExpressRoute ごとの VNet リンクの増加 (回線の帯域幅にもよりますが、10 からそれ以上に)。

FAQ

ExpressRoute に関してよく寄せられる質問については、「ExpressRoute の FAQ」を参照してください。

次のステップ