ExpressRoute の前提条件とチェック リストExpressRoute prerequisites & checklist

ExpressRoute を使用して Microsoft クラウド サービスに接続する場合は、次のセクションにある前提条件を満たしていることを確認する必要があります。To connect to Microsoft cloud services using ExpressRoute, you need to verify that the following requirements listed in the following sections have been met.

Office 365 は、インターネット経由で安全かつ確実にアクセスできるように作られています。Office 365 was created to be accessed securely and reliably via the Internet. したがって、特定のシナリオに限り、ExpressRoute の使用が推奨されます。Because of this, we recommend ExpressRoute for specific scenarios. ExpressRoute を使用した Office 365 へのアクセスについては、「Office 365 向け Azure ExpressRoute」を参照してください。For information about using ExpressRoute to access Office 365, visit Azure ExpressRoute for Office 365.

Azure アカウントAzure account

  • 有効でアクティブな Microsoft Azure アカウント。A valid and active Microsoft Azure account. このアカウントは ExpressRoute 回線のセットアップに必要です。This account is required to set up the ExpressRoute circuit. ExpressRoute 回線は Azure サブスクリプション内のリソースです。ExpressRoute circuits are resources within Azure subscriptions. Office 365 サービスや Dynamics 365 など、Azure 以外の Microsoft クラウド サービスに接続が限定される場合でも、Azure サブスクリプションが要件となります。An Azure subscription is a requirement even if connectivity is limited to non-Azure Microsoft cloud services, such as Office 365 services and Dynamics 365.
  • アクティブな Office 365 サブスクリプション (Office 365 サービスを利用する場合)。An active Office 365 subscription (if using Office 365 services). 詳細については、この記事の Office 365 固有の要件に関するセクションを参照してください。For more information, see the Office 365 specific requirements section of this article.

接続プロバイダーConnectivity provider

ネットワークの要件Network requirements

  • ピアリングの場所ごとの冗長性: Microsoft から、(クラウド エクスチェンジへの物理接続が 1 つしかない場合でも) 各 ExpressRoute 回線上の Microsoft のルーターとピアリング ルーターの間に冗長 BGP セッションを設定することが求められます。Redundancy at each peering location: Microsoft requires redundant BGP sessions to be set up between Microsoft’s routers and the peering routers on each ExpressRoute circuit (even when you have just one physical connection to a cloud exchange).
  • ディザスター リカバリーの冗長性: Microsoft は、単一障害点を回避するために別々のピアリングの場所に少なくとも 2 つの ExpressRoute 回線を設定することを強くお勧めします。Redundancy for Disaster Recovery: Microsoft strongly recommends you set up at least two ExpressRoute circuits in different peering locations to avoid a single point of failure.
  • ルーティング: Microsoft Cloud への接続方法に応じて、自社またはプロバイダーでルーティング ドメイン用の BGP セッションを設定および管理する必要があります。Routing: depending on how you connect to the Microsoft Cloud, you or your provider needs to set up and manage the BGP sessions for routing domains. 一部のイーサネット接続プロバイダーまたはクラウド エクスチェンジ プロバイダーでは、BGP 管理を付加価値サービスとして提供している場合があります。Some Ethernet connectivity providers or cloud exchange providers may offer BGP management as a value-add service.
  • NAT:Microsoft では、パブリック IP アドレスのみを Microsoft ピアリング経由で受け入れます。NAT: Microsoft only accepts public IP addresses through Microsoft peering. オンプレミス ネットワークでプライベート IP アドレスを使用している場合、自社またはプロバイダーで NAT を使用してプライベート IP アドレスをパブリック IP アドレスに変換する必要があります。If you are using private IP addresses in your on-premises network, you or your provider needs to translate the private IP addresses to the public IP addresses using the NAT.
  • QoS:Skype for Business にはさまざまなサービス (音声、ビデオ、テキストなど) があり、それぞれに特化した QoS 処理を必要とします。QoS: Skype for Business has various services (for example; voice, video, text) that require differentiated QoS treatment. 自社またはプロバイダーで QoS 要件に従うことが必要です。You and your provider should follow the QoS requirements.
  • ネットワーク セキュリティ: ExpressRoute を介して Microsoft Cloud に接続する場合は、ネットワーク セキュリティについて考慮してください。Network Security: consider network security when connecting to the Microsoft Cloud via ExpressRoute.

Office 365Office 365

ExpressRoute で Office 365 を有効にする予定がある場合は、以下のドキュメントで Office 365 の要件の詳細について確認してください。If you plan to enable Office 365 on ExpressRoute, review the following documents for more information about Office 365 requirements.

Dynamics 365Dynamics 365

ExpressRoute で Dynamics 365 を有効にする予定がある場合は、Dynamics 365 の URLIP アドレスの範囲に関するページをご覧ください。If you plan to enable Dynamics 365 on ExpressRoute, review Dynamics 365 URLs and IP address ranges.

次の手順Next steps