ExpressRoute Direct についてAbout ExpressRoute Direct

ExpressRoute Direct を使用すると、世界中に戦略的に分散されたピアリングの場所で Microsoft のグローバル ネットワークに直接接続できます。ExpressRoute Direct gives you the ability to connect directly into Microsoft’s global network at peering locations strategically distributed across the world. ExpressRoute Direct では、大規模なアクティブ/アクティブ接続をサポートするデュアル 100 Gbps または 10 Gbps 接続が提供されます。ExpressRoute Direct provides dual 100 Gbps or 10 Gbps connectivity, which supports Active/Active connectivity at scale.

以下に、ExpressRoute Direct で提供される主な機能の一部を示します。Key features that ExpressRoute Direct provides include, but aren't limited to:

  • Storage や Cosmos DB などのサービスへの大規模なデータ インジェストMassive Data Ingestion into services like Storage and Cosmos DB
  • 規制対象となっていて、専用の分離された接続が必要な、銀行、政府機関、小売などの業種に向けた物理的な分離性Physical isolation for industries that are regulated and require dedicated and isolated connectivity like: Banking, Government, and Retail
  • 事業単位に基づいた回線配分の詳細な制御Granular control of circuit distribution based on business unit

ExpressRoute Direct へのオンボードOnboard to ExpressRoute Direct

ExpressRoute Direct を利用する前に、まず、サブスクリプションを登録する必要があります。Before using ExpressRoute Direct, you must first enroll your subscription. 登録するには、以下の詳細を含め、サブスクリプション ID を記載して、ExpressRouteDirect@microsoft.com にメールを送信します。To enroll, send an Email to ExpressRouteDirect@microsoft.com with your subscription ID, including the following details:

  • ExpressRoute Direct で実行しようとしているシナリオScenarios you're looking to accomplish with ExpressRoute Direct
  • 場所設定。すべての場所の完全なリストについては、パートナーとピアリングの場所に関するページを参照してください。Location preferences - see Partners and peering locations for a complete list of all locations
  • 実装のタイムラインTimeline for implementation
  • その他の質問についてAny other questions

サービス プロバイダーを使用する ExpressRoute と ExpressRoute DirectExpressRoute using a service provider and ExpressRoute Direct

サービス プロバイダーを使用する ExpressRouteExpressRoute using a service provider ExpressRoute DirectExpressRoute Direct
サービス プロバイダーを利用して、既存のインフラストラクチャへの高速オンボードと接続を有効にしますUtilizes service providers to enable fast onboarding and connectivity into existing infrastructure 100 Gbps/10 Gbps インフラストラクチャとすべてのレイヤーの完全な管理が必要ですRequires 100 Gbps/10 Gbps infrastructure and full management of all layers
イーサネットや MPLS を含む、何百ものプロバイダーと統合されますIntegrates with hundreds of providers including Ethernet and MPLS 規制対象の業種と大量のデータ インジェストのための直接/専用容量Direct/Dedicated capacity for regulated industries and massive data ingestion
50 Mbps ~ 10 Gbps 回線 SKUCircuits SKUs from 50 Mbps to 10 Gbps 顧客は 100 Gbps ExpressRoute Direct で以下の回線 SKU の組み合わせを選択できます。Customer may select a combination of the following circuit SKUs on 100 Gbps ExpressRoute Direct:
  • 5 Gbps5 Gbps
  • 10 Gbps10 Gbps
  • 40 Gbps40 Gbps
  • 100 Gbps100 Gbps
顧客は 10 Gbps ExpressRoute Direct で以下の回線 SKU の組み合わせを選択できます。Customer may select a combination of the following circuit SKUs on 10 Gbps ExpressRoute Direct:
  • 1 Gbps1 Gbps
  • 2 Gbps2 Gbps
  • 5 Gbps5 Gbps
  • 10 Gbps10 Gbps
シングル テナント用に最適化Optimized for single tenant 複数の事業単位と複数の作業環境を持つシングル テナント用に最適化Optimized for single tenant with multiple business units and multiple work environments

ExpressRoute Direct の回線ExpressRoute Direct circuits

Microsoft Azure ExpressRoute を利用すれば、接続プロバイダーが提供するプライベート接続で、オンプレミスのネットワークを Microsoft Cloud に拡張できます。Microsoft Azure ExpressRoute lets you extend your on-premises networks into the Microsoft cloud over a private connection facilitated by a connectivity provider. ExpressRoute では、Microsoft Azure、Office 365、Dynamics 365 などの Microsoft クラウド サービスへの接続を確立できます。With ExpressRoute, you can establish connections to Microsoft cloud services, such as Microsoft Azure, Office 365, and Dynamics 365.

各ピアリングの場所からは Microsoft のグローバル ネットワークにアクセスできます。また、既定で地理的ゾーン内のすべてのリージョンにアクセス可能であり、Premium 回線を使用してすべてのグローバル リージョンにアクセスすることができます。Each peering location has access to Microsoft’s global network and can access any region in a geopolitical zone by default and can access all global regions with a premium circuit.

ほとんどのシナリオの機能は、ExpressRoute サービス プロバイダーを利用して操作する回線と同じです。The functionality in most scenarios is equivalent to circuits that utilize an ExpressRoute service provider to operate. ExpressRoute Direct を使用して提供される新しい機能をサポートするため、また細分性を高めるために、ExpressRoute Direct 回線に存在する特定の主な機能があります。To support further granularity and new capabilities offered using ExpressRoute Direct, there are certain key capabilities that exist on ExpressRoute Direct Circuits.

回線 SKUCircuit SKUs

ExpressRoute Direct では、Azure Storage やその他のビッグ データ サービスへの大量のデータ インジェスト シナリオがサポートされます。ExpressRoute Direct supports massive data ingestion scenarios into Azure storage and other big data services. また、100 ExpressRoute Direct の ExpressRoute 回線でも、40 Gbps および 100 Gbps の回線 SKU がサポートされるようになりました。ExpressRoute circuits on 100 Gbps ExpressRoute Direct now also support 40 Gbps and 100 Gbps circuit SKUs. 物理ポート ペアは、100 Gbps または 10 Gbps のみであり、複数の仮想回線を備えることができます。The physical port pairs are 100 or 10 Gbps only and can have multiple virtual circuits. 回線のサイズ:Circuit sizes:

100 Gbps ExpressRoute Direct100 Gbps ExpressRoute Direct 10 Gbps ExpressRoute Direct10 Gbps ExpressRoute Direct
サブスクライブされた帯域幅: 200 GbpsSubscribed Bandwidth: 200 Gbps サブスクライブされた帯域幅: 20 GbpsSubscribed Bandwidth: 20 Gbps
  • 5 Gbps5 Gbps
  • 10 Gbps10 Gbps
  • 40 Gbps40 Gbps
  • 100 Gbps100 Gbps
  • 1 Gbps1 Gbps
  • 2 Gbps2 Gbps
  • 5 Gbps5 Gbps
  • 10 Gbps10 Gbps

技術的な要件Technical Requirements

  • Microsoft Enterprise Edge Router (MSEE) インターフェイス:Microsoft Enterprise Edge Router (MSEE) Interfaces:

    • 10 ギガビットまたは 100 ギガビットのデュアル イーサネット ポート (ルーター ペア間のみ)Dual 10 or 100 Gigabit Ethernet ports only across router pair
    • シングル モード LR ファイバー接続Single Mode LR Fiber connectivity
    • IPv4 および IPv6IPv4 and IPv6
    • IP MTU 1500 バイトIP MTU 1500 bytes
  • スイッチまたはルーターのレイヤー 2 およびレイヤー 3 接続:Switch/Router Layer 2/Layer 3 Connectivity:

    • 1 つの 802.1 Q (Dot1Q) タグまたは 2 つの Tag 802.1 Q (QinQ) タグのカプセル化をサポートする必要がありますMust support 1 802.1Q (Dot1Q) tag or two Tag 802.1Q (QinQ) tag encapsulation
    • Ethertype = 0x8100Ethertype = 0x8100
    • Microsoft によって指定された VLAN ID に基づいて外部 VLAN タグ (STAG) を追加する必要があります - QinQ のみに該当Must add the outer VLAN tag (STAG) based on the VLAN ID specified by Microsoft - applicable only on QinQ
    • ポートおよびデバイスごとに複数の BGP セッション (VLAN) をサポートする必要がありますMust support multiple BGP sessions (VLANs) per port and device
    • IPv4 と IPv6 の接続。IPv4 and IPv6 connectivity. IPv6 の場合、追加のサブインターフェイスは作成されません。IPv6 アドレスが既存のサブインターフェイスに追加されますFor IPv6 no additional sub-interface will be created. IPv6 address will be added to existing sub-interface.
    • 省略可能:ExpressRoute 回線のすべてのプライベート ピアリングで既定で構成される BFD (Bidirectional Forwarding Detection) のサポートOptional: Bidirectional Forwarding Detection (BFD) support, which is configured by default on all Private Peerings on ExpressRoute circuits

VLAN タグ付けVLAN Tagging

ExpressRoute Direct では、QinQ と Dot1Q の両方の VLAN タグ付けがサポートされます。ExpressRoute Direct supports both QinQ and Dot1Q VLAN tagging.

  • QinQ VLAN タグ付けでは、ExpressRoute 回線ごとにルーティング ドメインを分離することができます。QinQ VLAN Tagging allows for isolated routing domains on a per ExpressRoute circuit basis. Azure では回線の作成時に S-Tag が動的に割り当てられ、変更することはできません。Azure dynamically allocates an S-Tag at circuit creation and cannot be changed. 回線 (プライベートおよび Microsoft) の各ピアリングでは、VLAN として一意の C-Tag が利用されます。Each peering on the circuit (Private and Microsoft) will utilize a unique C-Tag as the VLAN. C-Tag を、ExpressRoute Direct ポートの回線全体で一意にする必要はありません。The C-Tag is not required to be unique across circuits on the ExpressRoute Direct ports.

  • Dot1Q VLAN タグ付けでは、ExpressRoute Direct ポート ペアごとに 1 つの VLAN タグ付けが可能です。Dot1Q VLAN Tagging allows for a single tagged VLAN on a per ExpressRoute Direct port pair basis. ピアリングで使用される C-Tag は、ExpressRoute Direct ポート ペアのすべての回線とピアリング全体で一意である必要があります。A C-Tag used on a peering must be unique across all circuits and peerings on the ExpressRoute Direct port pair.

ワークフローWorkflow

ワークフローworkflow

SLASLA

ExpressRoute Direct では、Microsoft グローバル ネットワークへのアクティブ/アクティブ冗長接続でも同じエンタープライズ レベルの SLA が提供されます。ExpressRoute Direct provides the same enterprise-grade SLA with Active/Active redundant connections into the Microsoft Global Network. ExpressRoute インフラストラクチャは冗長です。Microsoft グローバル ネットワークへの接続は冗長かつ多様であり、顧客要件に応じてスケーリングされます。ExpressRoute infrastructure is redundant and connectivity into the Microsoft Global Network is redundant and diverse and scales accordingly with customer requirements.

次の手順Next steps

ExpressRoute Direct を構成するConfigure ExpressRoute Direct