Azure リソース プロバイダーと種類Azure resource providers and types

リソースをデプロイするときに、リソース プロバイダーと種類に関する情報を取得しなければならないケースは少なくありません。When deploying resources, you frequently need to retrieve information about the resource providers and types. たとえば、キーとシークレットを格納するには、Microsoft.KeyVault リソース プロバイダーを使用します。For example, if you want to store keys and secrets, you work with the Microsoft.KeyVault resource provider. このリソース プロバイダーには、キー コンテナーを作成する vaults というリソースの種類が用意されています。This resource provider offers a resource type called vaults for creating the key vault.

リソースの種類を表す名前は、{resource-provider}/{resource-type} のような形式になります。The name of a resource type is in the format: {resource-provider}/{resource-type}. キー コンテナーのリソースの種類は Microsoft.KeyVault/vaults です。The resource type for a key vault is Microsoft.KeyVault/vaults.

この記事では、次のことについて説明します。In this article, you learn how to:

  • Azure のすべてのリソース プロバイダーを表示するView all resource providers in Azure
  • リソース プロバイダーの登録ステータスを確認するCheck registration status of a resource provider
  • リソース プロバイダーを登録するRegister a resource provider
  • リソース プロバイダーのリソースの種類を表示するView resource types for a resource provider
  • リソースの種類の有効な場所を表示するView valid locations for a resource type
  • リソースの種類の有効な API のバージョンを表示するView valid API versions for a resource type

これらの手順は、Azure Portal、Azure PowerShell、または Azure CLI を介して実行できます。You can do these steps through the Azure portal, Azure PowerShell, or Azure CLI.

リソース プロバイダーを Azure サービスにマップされるリストについては、「Resource providers for Azure services」 (Azure サービスのリソースプロバイダー) を参照してください。For a list that maps resource providers to Azure services, see Resource providers for Azure services.

リソース プロバイダーの登録Register resource provider

リソース プロバイダーを使用する前に、Azure サブスクリプションにリソース プロバイダーを登録する必要があります。Before using a resource provider, your Azure subscription must be registered for the resource provider. 登録により、サブスクリプションがリソース プロバイダーと連携するように構成されます。Registration configures your subscription to work with the resource provider. 一部のリソース プロバイダーが既定で登録されています。Some resource providers are registered by default. その他のリソース プロバイダーは、特定のアクションを実行すると自動的に登録されます。Other resource providers are registered automatically when you take certain actions. たとえば、ポータルを使用してリソースを作成すると、通常、リソース プロバイダーが自動的に登録されます。For example, when you create a resource through the portal, the resource provider is typically registered for you. 他のシナリオでは、場合によっては、リソース プロバイダーを手動で登録する必要があります。For other scenarios, you may need to manually register a resource provider. 既定で登録されているリソース プロバイダーの一覧については、「Azure サービスのリソース プロバイダー」を参照してください。For a list of resource providers registered by default, see Resource providers for Azure services.

この記事では、リソース プロバイダーの登録状態を確認し、必要に応じて登録する方法について説明します。This article shows you how to check the registration status of a resource provider, and register it as needed. リソース プロバイダーの /register/action 操作を実行するためのアクセス許可が必要です。You must have permission to do the /register/action operation for the resource provider. このアクセス許可は、共同作成者ロールと所有者ロールに含まれます。The permission is included in the Contributor and Owner roles.

重要

リソース プロバイダーの登録は、それを使用する準備ができた場合のみ行ってください。Only register a resource provider when you're ready to use it. 登録手順により、サブスクリプション内で最小限の特権を維持できます。The registration step enables you to maintain least privileges within your subscription. 悪意のあるユーザーは、登録されていないリソース プロバイダーを使用することはできません。A malicious user can't use resource providers that aren't registered.

アプリケーション コードによって、登録中 状態にあるリソース プロバイダーのリソースの作成がブロックされるべきではありません。Your application code shouldn't block the creation of resources for a resource provider that is in the registering state. リソース プロバイダーを登録すると、サポートされているリージョンごとに操作が個別に実行されます。When you register the resource provider, the operation is done individually for each supported region. リージョンにリソースを作成する際は、そのリージョンでのみ登録を完了する必要があります。To create resources in a region, the registration only needs to be completed in that region. 登録中の状態にあるリソース プロバイダーがブロックされないようにすることで、すべてのリージョンの完了まで待機するよりもはるかに早くアプリケーションを続行できます。By not blocking resource provider in the registering state, your application can continue much sooner than waiting for all regions to complete.

サブスクリプション内に特定のリソース プロバイダーからのリソースの種類がまだある場合、そのリソース プロバイダーの登録を解除することはできません。You can't unregister a resource provider when you still have resource types from that resource provider in your subscription.

Azure portalAzure portal

リソース プロバイダーの登録Register resource provider

すべてのリソース プロバイダー、およびサブスクリプションの登録状態を表示するには、以下を実行します。To see all resource providers, and the registration status for your subscription:

  1. Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. Azure portal のメニューで サブスクリプション を検索します。On the Azure portal menu, search for Subscriptions. 使用可能なオプションから、それを選択します。Select it from the available options.

    サブスクリプションの検索

  3. 表示するサブスクリプションを選択します。Select the subscription you want to view.

    サブスクリプションの選択

  4. 左側のメニューの [設定] で、 [リソース プロバイダー] を選択します。On the left menu, under Settings, select Resource providers.

    リソース プロバイダーの選択

  5. 登録するリソース プロバイダーを探し、 [登録] を選択します。Find the resource provider you want to register, and select Register. サブスクリプションで最小限の特権を維持するには、使用する準備ができたリソース プロバイダーのみ登録します。To maintain least privileges in your subscription, only register those resource providers that you're ready to use.

    リソース プロバイダーの登録

リソース プロバイダーの表示View resource provider

特定のリソース プロバイダーの情報を表示するには、以下を実行します。To see information for a particular resource provider:

  1. Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. Azure portal のメニューで、[すべてのサービス] を選択します。On the Azure portal menu, select All services.

  3. [すべてのサービス] ボックスで "リソース エクスプ ローラー (resource explorer)" と入力し、[リソース エクスプ ローラー] を選択します。In the All services box, enter resource explorer, and then select Resource Explorer.

    [すべてのサービス] を選択する

  4. 右矢印を選択して [プロバイダー] を展開します。Expand Providers by selecting the right arrow.

    プロバイダーの選択

  5. 表示するリソース プロバイダーとリソースの種類を展開します。Expand a resource provider and resource type that you want to view.

    リソースの種類の選択

  6. リソース マネージャーはすべてのリージョンでサポートされていますが、デプロイするリソースはすべてのリージョンではサポートされていない場合があります。Resource Manager is supported in all regions, but the resources you deploy might not be supported in all regions. また、サブスクリプションでの制限により、リソースをサポートする一部のリージョンを使用できない場合があります。Also, there may be limitations on your subscription that prevent you from using some regions that support the resource. リソース エクスプローラーでは、リソースの種類の有効な場所が表示されます。The resource explorer displays valid locations for the resource type.

    場所の表示

  7. API バージョンは、リリース プロバイダーがリリースする REST API のバージョンに一致します。The API version corresponds to a version of REST API operations that are released by the resource provider. リソース プロバイダーは、新しい機能を有効にすると、REST API の新しいバージョンをリリースします。As a resource provider enables new features, it releases a new version of the REST API. リソース エクスプローラーでは、リソースの種類の有効 API のバージョンが表示されます。The resource explorer displays valid API versions for the resource type.

    API のバージョンの表示

Azure PowerShellAzure PowerShell

Azure ですべてのリソース プロバイダーおよびサブスクリプションの登録状態を表示するには、次のコマンドを使用します。To see all resource providers in Azure, and the registration status for your subscription, use:

Get-AzResourceProvider -ListAvailable | Select-Object ProviderNamespace, RegistrationState

これは次のような結果を返します。Which returns results similar to:

ProviderNamespace                RegistrationState
-------------------------------- ------------------
Microsoft.ClassicCompute         Registered
Microsoft.ClassicNetwork         Registered
Microsoft.ClassicStorage         Registered
Microsoft.CognitiveServices      Registered
...

サブスクリプションに登録されているリソース プロバイダーをすべて確認するには、次のコマンドを使用します。To see all registered resource providers for your subscription, use:

 Get-AzResourceProvider -ListAvailable | Where-Object RegistrationState -eq "Registered" | Select-Object ProviderNamespace, RegistrationState | Sort-Object ProviderNamespace

サブスクリプションで最小限の特権を維持するには、使用する準備ができたリソース プロバイダーのみ登録します。To maintain least privileges in your subscription, only register those resource providers that you're ready to use. リソース プロバイダーを登録するには、次のコマンドを使用します。To register a resource provider, use:

Register-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.Batch

これは次のような結果を返します。Which returns results similar to:

ProviderNamespace : Microsoft.Batch
RegistrationState : Registering
ResourceTypes     : {batchAccounts, operations, locations, locations/quotas}
Locations         : {West Europe, East US, East US 2, West US...}

特定のリソース プロバイダーの情報を表示するには、次のコマンドを使用します。To see information for a particular resource provider, use:

Get-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.Batch

これは次のような結果を返します。Which returns results similar to:

{ProviderNamespace : Microsoft.Batch
RegistrationState : Registered
ResourceTypes     : {batchAccounts}
Locations         : {West Europe, East US, East US 2, West US...}

...

リソース プロバイダーのリソースの種類を表示するには、次のコマンドを使用します。To see the resource types for a resource provider, use:

(Get-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.Batch).ResourceTypes.ResourceTypeName

次のような結果が返されます。Which returns:

batchAccounts
operations
locations
locations/quotas

API バージョンは、リリース プロバイダーがリリースする REST API のバージョンに一致します。The API version corresponds to a version of REST API operations that are released by the resource provider. リソース プロバイダーは、新しい機能を有効にすると、REST API の新しいバージョンをリリースします。As a resource provider enables new features, it releases a new version of the REST API.

リソースの種類の使用可能な API バージョンを取得するには、次のコマンドを使用します。To get the available API versions for a resource type, use:

((Get-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.Batch).ResourceTypes | Where-Object ResourceTypeName -eq batchAccounts).ApiVersions

次のような結果が返されます。Which returns:

2017-05-01
2017-01-01
2015-12-01
2015-09-01
2015-07-01

リソース マネージャーはすべてのリージョンでサポートされていますが、デプロイするリソースはすべてのリージョンではサポートされていない場合があります。Resource Manager is supported in all regions, but the resources you deploy might not be supported in all regions. また、サブスクリプションでの制限により、リソースをサポートする一部のリージョンを使用できない場合があります。Also, there may be limitations on your subscription that prevent you from using some regions that support the resource.

リソースの種類のサポートされている場所を取得するには、次のコマンドを使用します。To get the supported locations for a resource type, use.

((Get-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.Batch).ResourceTypes | Where-Object ResourceTypeName -eq batchAccounts).Locations

次のような結果が返されます。Which returns:

West Europe
East US
East US 2
West US
...

Azure CLIAzure CLI

Azure ですべてのリソース プロバイダーおよびサブスクリプションの登録状態を表示するには、次のコマンドを使用します。To see all resource providers in Azure, and the registration status for your subscription, use:

az provider list --query "[].{Provider:namespace, Status:registrationState}" --out table

これは次のような結果を返します。Which returns results similar to:

Provider                         Status
-------------------------------- ----------------
Microsoft.ClassicCompute         Registered
Microsoft.ClassicNetwork         Registered
Microsoft.ClassicStorage         Registered
Microsoft.CognitiveServices      Registered
...

サブスクリプションに登録されているリソース プロバイダーをすべて確認するには、次のコマンドを使用します。To see all registered resource providers for your subscription, use:

az provider list --query "sort_by([?registrationState=='Registered'].{Provider:namespace, Status:registrationState}, &Provider)" --out table

サブスクリプションで最小限の特権を維持するには、使用する準備ができたリソース プロバイダーのみ登録します。To maintain least privileges in your subscription, only register those resource providers that you're ready to use. リソース プロバイダーを登録するには、次のコマンドを使用します。To register a resource provider, use:

az provider register --namespace Microsoft.Batch

登録が進行中であることを示すメッセージが返されます。Which returns a message that registration is on-going.

特定のリソース プロバイダーの情報を表示するには、次のコマンドを使用します。To see information for a particular resource provider, use:

az provider show --namespace Microsoft.Batch

これは次のような結果を返します。Which returns results similar to:

{
    "id": "/subscriptions/####-####/providers/Microsoft.Batch",
    "namespace": "Microsoft.Batch",
    "registrationsState": "Registering",
    "resourceTypes:" [
        ...
    ]
}

リソース プロバイダーのリソースの種類を表示するには、次のコマンドを使用します。To see the resource types for a resource provider, use:

az provider show --namespace Microsoft.Batch --query "resourceTypes[*].resourceType" --out table

次のような結果が返されます。Which returns:

Result
---------------
batchAccounts
operations
locations
locations/quotas

API バージョンは、リリース プロバイダーがリリースする REST API のバージョンに一致します。The API version corresponds to a version of REST API operations that are released by the resource provider. リソース プロバイダーは、新しい機能を有効にすると、REST API の新しいバージョンをリリースします。As a resource provider enables new features, it releases a new version of the REST API.

リソースの種類の使用可能な API バージョンを取得するには、次のコマンドを使用します。To get the available API versions for a resource type, use:

az provider show --namespace Microsoft.Batch --query "resourceTypes[?resourceType=='batchAccounts'].apiVersions | [0]" --out table

次のような結果が返されます。Which returns:

Result
---------------
2017-05-01
2017-01-01
2015-12-01
2015-09-01
2015-07-01

リソース マネージャーはすべてのリージョンでサポートされていますが、デプロイするリソースはすべてのリージョンではサポートされていない場合があります。Resource Manager is supported in all regions, but the resources you deploy might not be supported in all regions. また、サブスクリプションでの制限により、リソースをサポートする一部のリージョンを使用できない場合があります。Also, there may be limitations on your subscription that prevent you from using some regions that support the resource.

リソースの種類のサポートされている場所を取得するには、次のコマンドを使用します。To get the supported locations for a resource type, use.

az provider show --namespace Microsoft.Batch --query "resourceTypes[?resourceType=='batchAccounts'].locations | [0]" --out table

次のような結果が返されます。Which returns:

Result
---------------
West Europe
East US
East US 2
West US
...

次のステップNext steps