作業の計画と追跡Plan and track work

Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013Azure Boards | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013

作業を追跡するには、作業項目を作成します。You track your work by creating work items. この記事では、基本的なプロセスにかんばんボードを使用するか、アジャイルプロセスにを使用してユーザーストーリーとタスクを作成する手順について説明します。This article walks you through creating issues and tasks using a Kanban board for the Basic process, or creating user stories and tasks using for the Agile process.

プロジェクトに選択されたプロセスに応じて、次の4つのシステムプロセスのいずれかを選択して、 — アジャイル基本スクラム、または 能力成熟度モデル統合 (CMMI) を実行し — ます。Choose one of the following four system processes—Agile, Basic, Scrum, or Capability Maturity Model Integration (CMMI)—for guidance depending on what process was selected for your project. これらの各プロセスの概要については、「 プロセスを選択する」を参照してください。For an overview of each of these processes, see Choose a process.

注意

基本プロセスは、プロジェクトを Azure DevOps Services に追加する場合、または 2019 Update 1 Azure DevOps Serverする場合に使用できます。The Basic process is available when you add a project to Azure DevOps Services or Azure DevOps Server 2019 Update 1. 以前のオンプレミスのデプロイでは、[アジャイル]、[スクラム]、または [CMMI プロセス] を選択します。For earlier on-premises deployments, choose Agile, Scrum, or CMMI process.

アジャイルプロセスでは、作業項目の種類 — (ユーザーストーリー、タスク、バグ、機能、エピックなど) がいくつか提供されて — います。The Agile process provides several work item types—for example, user stories, tasks, bugs, features, and epics among others—to plan and track work. まず、ユーザーストーリーを追加することをお勧めします。We recommend you start by adding user stories. 階層にグループ化する必要がある場合は、機能を定義できます。If you need to group them into a hierarchy, you can define features. 作業の詳細を追跡する場合は、ユーザーストーリーにタスクを追加できます。If you want to track additional details of work, you can add tasks to a user story.

作業項目の種類Work item types バックログ階層Backlog hierarchy
アジャイルプロセスの作業項目の種類、概念図。 アジャイルプロセス階層バックログのスクリーンショット。

各作業項目フォーム内では、実行する作業を記述し、プロジェクトの共同作成者に作業を割り当て、状態を追跡し、ディスカッションセクションを通じて他のユーザーと共同作業を行うことができます。Within each work item form, you can describe the work to be done, assign work to project contributors, track status, and collaborate with others through the Discussion section.

ここでは、web ポータルからユーザーストーリーと子タスクを追加し、それらの作業項目に詳細を追加する方法について説明します。Here we show how to add user stories and child tasks from the web portal and add details to those work items .

前提条件Prerequisites

  • プロジェクトに接続した後、作業項目を追加できます。After you connect to a project, you can add work items. まだプロジェクトがない場合は、 Azure DevOps で作成します。If you don't have a project yet, create one in Azure DevOps.
  • 作業項目をボードに追加し、その他のすべてのボード機能を使用するには、 基本的な アクセス権が付与されていて、共同作成者またはプロジェクト管理者グループのメンバーとして追加されている必要があります。To add work items to a board, and use all other board features, you must be granted Basic access and have been added as a member of the Contributors or Project Administrators group.
  • プライベートプロジェクトに対して 利害関係 者アクセスを許可されていて、共同作成者またはプロジェクト管理者グループのメンバーとして追加されている場合は、ボードの表示、作業項目の開いと変更、およびチェックリストへの子タスクの追加を行うことができます。If you have been granted Stakeholder access for a private project and have been added as a member of the Contributors or Project Administrators group, you can view boards, open and modify work items, and add child tasks to a checklist. ただし、ドラッグアンドドロップを使用してバックログ項目の状態を更新したり、バックログ項目の順序を変更したり、カードのフィールドを更新したりすることはできません。However, you can't update the status of a backlog item or reorder or reparent a backlog item using drag-and-drop, nor update a field on a card.
  • パブリックプロジェクトに対する 利害関係 者アクセスが許可されていて、共同作成者またはプロジェクト管理者グループのメンバーとして追加されている場合は、すべてのボード機能にフルアクセスできます。If you have been granted Stakeholder access for a public project, and have been added as a member of the Contributors or Project Administrators group, you have full access to all Boards features.

詳細については、「 Azure Boards の既定のアクセス許可とアクセス」を参照してください。For details, see Default permissions and access for Azure Boards

注意

この記事に示されているイメージは、最新バージョンの Azure Boards に対応しています。The images shown in this article correspond to the latest version of Azure Boards. 以前のオンプレミスバージョンの Azure DevOps で示されているものとは異なる場合がありますが、特に記載のない限り、これらの関数は説明されている機能と似ています。While they may differ from those shown in earlier, on-premises versions of Azure DevOps, they are similar in the functions described unless otherwise noted.

かんばんボードを開くOpen the Kanban board

かんばんボードは、各プロジェクトと各チームの追加によってプロビジョニングされます。A Kanban board is provisioned with the addition of each project and each team. 別のチームを追加することにより、プロジェクトにかんばんボードを作成または追加できます。You can only create or add Kanban boards to a project by adding another team. 詳細については、「 チームおよびアジャイルツールについて」を参照してください。To learn more, see About teams and Agile tools.

ユーザーストーリーかんばんボードは、ユーザーストーリーと子タスクをすばやく追加するための最適なツールです。The User Stories Kanban board is the best tool for quickly adding user stories and child tasks. を開くには、[ ボード>ボード] を選択します。To open, choose Boards>Boards.

かんばんボードを開く、アジャイルプロセスのスクリーンショット。

機能かんばんボードは、これらの機能の子である機能とユーザーストーリーをすばやく追加するための最適なツールです。The Features Kanban board is the best tool for quickly adding features and user stories that are children of those features. ストーリーボードから機能ボードを開くには、ボードセレクターで [ 機能 ] を選択します。To open the Features board from the Stories board, choose Features from the board selector.

[機能]、[アジャイルプロセス] のスクリーンショットを開きます。Screenshot to Open the features board, Agile process.

作業項目をボードに追加するAdd work items to your board

  1. ストーリーボードで、[ 新しい項目 ] を選択し、追跡するストーリーの追加を開始します。From the Stories board, choose New item and start adding those stories you want to track.

    新しい項目、かんばんボード、アジャイルプロセスを追加します。Add new item, Kanban board, Agile process.

  2. 「Return」と入力すると、システムによってユーザーストーリーに作業項目 ID が割り当てられます。Enter return and the system assigns a work item ID to the user story.

    追加された項目、アジャイルプロセス。Added item, Agile process.

  3. 管理する作業を追跡するには、必要な数のユーザーストーリーを追加します。To track the work you want to manage, add as many user stories that you need.

ボード項目への詳細の追加Add details to a board item

懸案事項またはユーザーストーリーのタイトルを選択して開きます。Choose the issue or user story title to open it. 1つまたは複数のフィールド値を変更したり、説明を追加したり、 ディスカッション セクションでメモを作成したりします。Change one or more field values, add a description, or make a note in the Discussion section. また、 ![ 添付ファイルアイコン 添付 ファイル] タブを選択し、ファイルをドラッグアンドドロップして、他のユーザーとファイルを共有することもできます。You can also choose the attachments icon Attachments tab and drag-and-drop a file to share the file with others.

注意

ディスカッション セクションは、TFS 2017.2 以降のバージョンで使用できます。The Discussion section is available with TFS 2017.2 and later versions.

たとえば、ここではストーリーをライザ Pokrovskaya に割り当て、ディスカッションノートを追加します。For example, here we assign the story to Raisa Pokrovskaya and we add a discussion note, at-mentioning Raisa.

ユーザーストーリー作業項目フォームのスクリーンショット。Screenshot of User Story work item form.

完了したら、[ 保存 & 閉じる ] を選択します。Choose Save & Close when done.

フィールドの説明Field descriptions


フィールドField

使用方法Usage


説明を 255 文字以下で入力します。Enter a description of 255 characters or less. タイトルは、いつでも後から変更できます。You can always modify the title later.


作業の実行を担当するチーム メンバーに、作業項目を割り当てます。Assign the work item to the team member responsible for performing the work. 作業中のコンテキストに応じて、ドロップダウンメニューにはチームメンバーまたはプロジェクトの共同作成者のみが表示されます。Depending on the context you are working in, the drop-down menu lists only team members or contributors to the project.

注意

作業は1人のユーザーにのみ割り当てることができます。You can only assign work to a single user. 複数のユーザーに作業を割り当てる必要がある場合は、各ユーザーに作業項目を追加し、タイトルと説明によって実行される作業を区別します。If you need to assign work to more than one user, add a work item for each user and distinguish the work to be done by title and description. 割り当て先ユーザー/グループフィールドは、 プロジェクトまたはチームに追加されたユーザーアカウントのみを受け入れます。The Assigned To field only accepts user accounts that have been added to a project or team.


作業項目が作成されたときの、状態の既定値はワークフローの最初の状態です。When the work item is created, the State defaults to the first state in the workflow. 作業の進行状況に応じて、現在の状態を反映するように更新します。As work progresses, update it to reflect the current status.


まず既定値を使用します。Use the default first. 必要に応じて状態を変更するときに更新します。Update it when you change state as need. 各状態には、既定の理由が関連付けられます。Each State is associated with a default reason.


製品またはチームに関連付けられている区分パスを選択するか、計画会議で割り当てられるまでの空白のままにします。Choose the area path associated with the product or team, or leave blank until assigned during a planning meeting. 区分のドロップダウンリストを変更するには、「 区分パスを定義してチームに割り当てる」を参照してください。To change the dropdown list of areas, see Define area paths and assign to a team.


作業を完了するスプリントまたはイテレーションを選択するか、空白のままにして、計画会議中に後で割り当てます。Choose the sprint or iteration in which the work is to be completed, or leave it blank and assign it later during a planning meeting. イテレーションのドロップダウンリストを変更するには、「 イテレーションパスを定義し、チームイテレーションを構成する」を参照してください。To change the drop-down list of iterations, see Define iteration paths and configure team iterations.


スコープの共有についての理解を深め、予測の取り組みをサポートするために十分な詳細情報を提供します。Provide enough detail to create shared understanding of scope and support estimation efforts. ユーザーにフォーカスを移動し、実行する内容とその理由を説明します。Focus on the user, what they want to accomplish, and why. 製品の開発方法については説明しません。Don't describe how to develop the product. チームが、項目を実装するためのタスクとテスト ケースを作成できるように、十分な詳細情報を提供する必要があります。Do provide sufficient details so that your team can write tasks and test cases to implement the item.


作業項目を閉じる前に満たす必要がある条件を指定します。Provide the criteria to be met before the work item can be closed. バックログ項目またはバグ修正が完全に実装されているかどうかを確認するためにチームで使用する条件を記述して、"完了" の意味を定義します。Define what "Done" means by describing the criteria for the team to use to verify whether the backlog item or bug fix is fully implemented. 作業を開始する前に、 顧客の受け入れ基準 をできるだけ明確に記述してください。Before work begins, describe the criteria for customer acceptance as clearly as possible. チームと顧客の間にメッセージ交換を行い、受け入れ基準を決定します。Have conversations between the team and customers to determine the acceptance criteria. これらの条件は、顧客の期待に応えるために、チーム内で共通の理解を得るのに役立ちます。These criteria help ensure a common understanding within the team to meet customers' expectations. また、この情報は受け入れテストの基礎となります。Also, this information provides the basis for acceptance testing.


ビジネスに関連する懸案事項またはタスクの主観的な評価。A subjective rating of the issue or task it relates to the business. 次の値を指定できます。You can specify the following values:

  • 1: 製品は、作業項目を正常に解決せずに出荷することはできません。また、できるだけ早く対処する必要があります。1: Product cannot ship without the successful resolution of the work item, and it should be addressed as soon as possible.
  • 2: 製品は作業項目を正常に解決せずに出荷できませんが、すぐに対処する必要はありません。2: Product cannot ship without the successful resolution of the work item, but it does not need to be addressed immediately.
  • 3: 作業項目の解決は、リソース、時間、およびリスクに基づいて省略可能です。3: Resolution of the work item is optional based on resources, time, and risk.
  • 4: 作業項目の解決は必要ありません。4: Resolution of the work item is not required.

ビジネスに関連する懸案事項またはタスクの主観的な評価。A subjective rating of the issue or task it relates to the business. 次の値を指定できます。You can specify the following values:

  • アーキテクチャ: ソリューションを提供するビジネス機能を実装するためのテクニカルサービス。Architectural: Technical services to implement business features that deliver solution .
  • ビジネス: お客様または利害関係者のニーズを満たすサービスで、ビジネスをサポートするために顧客価値を直接提供します (既定)。Business: Services that fulfill customers or stakeholder needs that directly deliver customer value to support the business (Default).

懸案事項を完了するために必要な作業量の相対的な推定値を指定します。Provide a relative estimate of the amount of work required to complete an issue. ほとんどのアジャイルメソッドでは、作業の相対的なサイズに基づいて、バックログ項目の見積もりを設定することをお勧めします。Most Agile methods recommend that you set estimates for backlog items based on relative size of work. このような方法には、2の累乗 (1、2、4、8) とフィボナッチシーケンス (1、2、3、5、8など) があります。Such methods include powers of 2 (1, 2, 4, 8) and the Fibonacci sequence (1, 2, 3, 5, 8, etc.). チームが希望する任意の数の測定単位を使用します。Use any numeric unit of measurement your team prefers.
設定した見積もりは、チームの ベロシティ予測のスプリントを計算するために使用されます。The estimates you set are used to calculate team velocity and forecast sprints.


更新状態Update status

[状態] フィールドには、作業項目の状態が記録されます。The State field tracks the status of a work item. かんばんボードを使用すると、バックログ項目の状態を別の列にドラッグアンドドロップすることですばやく更新できます。With the Kanban board, you can quickly update the status of backlog items by dragging and dropping them to a different column. この機能を使用するには、Basic アクセス以上が必要です。This feature requires that you have Basic access or higher.

作業の開始時に、 バックログ 列のユーザーストーリーカードを アクティブな 列にドラッグします。As work starts, drag the user story card from the Backlog column to the Active column. 作業をレビューする準備ができたら、 解決済み の列に移動します。Once work is ready for review, move to the Resolved column. 確認して同意したら、 Closed 列に移動します。After it is reviewed and accepted, move to the Closed column.

かんばんボード、アジャイルプロセスの状態を更新します。Update status on Kanban board, Agile process.

必要に応じて列の追加や名前の変更を行うことができます。「 ボードをカスタマイズする」を参照してください。You can add or rename columns as needed, see Customize your board.

ヒント

必要に応じて列の追加や名前の変更を行うことができます。「 ボードをカスタマイズする」を参照してください。You can add or rename columns as needed, see Customize your board.

タスクの追加Add tasks

タスクチェックリストは、バックログ項目の完了をサポートするために重要な作業の要素をすばやく簡単に追跡できる方法を提供します。Task checklists provide a quick and easy way to track elements of work which are important to support completing a backlog item. さらに、個々のタスクを異なるチームメンバーに割り当てることができます。In addition, you can assign individual tasks to different team members.

ヒント

かんばんボードから作成したタスクは、そのタスクを定義する親作業項目のスプリントまたはイテレーションパスに自動的に割り当てられます。Tasks that you create from the Kanban board are automatically assigned to the sprint/iteration path of the parent work item under which you define them.

かんばんボードから作成したタスクは、スプリント taskboard に表示されます。Tasks that you create from the Kanban board show up on your sprint taskboard. また、 スプリントバックログ または タスクボード から作成したタスクは、かんばんボードのタスクのチェックリストに表示されます。Also, tasks that you create from the sprint backlog or taskboard show up within tasks checklists on the Kanban board.

注意

タスクチェックリストは、TFS 2015.1 以降のバージョンで使用できます。The Task checklists are available from with TFS 2015.1 and later versions.

  1. タスクの追加を開始するには、 ストーリーの [アクション] アイコンを選択し、 ![ プラスアイコン タスクの追加 ] オプションを選択します。

    ユーザーストーリーカードメニューの [アジャイルプロセス] から [タスクの追加] を選択します。Choose Add Task from the User Story card menu, Agile process.

    タスクのタイトルを入力し、「完了したら Enter」と入力します。Enter a title for the task and type Enter when done.

    ![最初のタスク、アジャイルプロセスを追加します。Add first task, Agile process.

  2. 追加するタスクが多数ある場合は、単にタスクのタイトルを入力し、「Enter」と入力します。If you have a number of tasks to add, simply keep typing your task titles and type Enter.

    アジャイルプロセスといういくつかのタスクが追加されました。Several tasks added, Agile process.

  3. タスクを完了済みとしてマークしたり、タスクチェックリストを展開または折りたたむことができます。また、タスクの順序を変更したり、再親を設定したりするYou can mark a task as done, expand or collapse the task checklist, or reorder and reparent tasks.

    タスクを完了としてマークするMark a task as done タスクの並べ替えと再親Reorder and reparent tasks チェックリストを展開または折りたたむExpand or collapse the checklist
    タスクを完了としてマークするには、[タスク] チェックボックスをオンにします。To mark a task as complete, check the task checkbox. タスクの状態が [ 完了] に変わります。The task State changes to Done.
    タスクを完了としてマークMark task as done
    タスクの順序を変更するには、タスクをチェックリスト内でドラッグします。To reorder a task, drag it within the checklist. タスクを親に移動するには、そのタスクをボード上の別の問題にドラッグします。To reparent a the task, drag it to another issue on the board.
    タスクをドラッグしてリスト内で順序を変更する
    タスクのチェックリストを展開または折りたたむには、単にタスクの注釈を選択します。To expand or collapse a task checklist, simply choose the task annotation.
    タスクの折りたたみチェックリスト

タスクに詳細を追加するAdd details to a task

タスクに関する詳細を追加する場合は、タイトルを選択して開きます。If you have details you want to add about a task, choose the title, to open it. 1つまたは複数のフィールド値を変更したり、説明を追加したり、 ディスカッション セクションでメモを作成したりします。Change one or more field values, add a description, or make a note in the Discussion section. 完了したら、[ 保存 & 閉じる ] を選択します。Choose Save & Close when done.

ここでは、タスクを Christie 教会に割り当てます。Here we assign the task to Christie Church.

タスク作業項目フォーム、アジャイルプロセスのスクリーンショット。Screenshot of Task work item form, Agile process.

フィールドの説明Field descriptions

バックログ項目の — ユーザーストーリー、懸案事項、プロダクトバックログ項目、または要件に対して定義できるフィールドに加えて、 — 容量と時間の追跡をサポートするタスクの次のフィールドを指定できます。In addition to the fields you can define for a backlog item—user story, issue, product backlog item, or requirement—you can specify the following fields for a task to support capacity and time tracking.

注意

このフィールドに関連付けられている固有の時間単位はありませんが、タスクボードでは、残存作業との関係で時間に "h" が常に表示されます。There are no inherent time units associated with this field even though the taskboard always shows "h" for hours in relationship to Remaining Work. 作業は、チームで選択した任意の測定単位で指定できます。You can specify work in any unit of measurement your team chooses.

フィールドField

使用方法Usage

タスクを実行するために必要なアクティビティの種類。このフィールドの使用方法の詳細については、「 キャパシティプランニング」を参照してください。The type of activity that is required to perform a task.To learn more about how this field is used, see Capacity planning. 使用できる値は、以下のとおりです。Allowed values are:

  • デプロイDeployment
  • 設計Design
  • 開発Development
  • ドキュメントDocumentation
  • 必要条件Requirements
  • テストTesting

規範 (CMMI プロセス)Discipline (CMMI process)

タスクを実行するために必要なアクティビティの種類。このフィールドの使用方法の詳細については、「 キャパシティプランニング」を参照してください。The type of activity that is required to perform a task.To learn more about how this field is used, see Capacity planning. 使用できる値は、以下のとおりです。Allowed values are:

  • 分析Analysis
  • 開発Development
  • テストTest
  • ユーザー教育User Education
  • ユーザー エクスペリエンスUser Experience

このタスクを完了するために必要な見積もり作業量。The amount of estimated work required to complete a task. 通常、このフィールドは、割り当てられた後は変更されません。Typically, this field doesn't change after it is assigned.

このタスクを完了するための残りの作業量。The amount of work that remains to finish a task. 時間数または日数で作業を指定できます。You can specify work in hours or in days. 作業の進行状況に応じて、このフィールドを更新します。As work progresses, update this field. これは、 容量グラフスプリントバーンダウングラフの計算に使用されます。It's used to calculate capacity charts and the sprint burndown chart.
タスクをサブタスクに分割した場合は、サブタスクについてのみ残存作業を指定します。If you divide a task into subtasks, specify Remaining Work for the subtasks only.

タスクの実装に費やされた作業量。The amount of work spent implementing a task. タスクを完了するときに、このフィールドに値を入力します。Enter a value for this field when you complete the task.

タスクの種類 (CMMI のみ)Task Type (CMMI only)

許可値から実装するタスクの種類を選択します。Select the kind of task to implement from the allowed values:

  • 是正措置Corrective Action
  • 軽減活動Mitigation Action
  • 対応予定Planned

ディスカッションセクションのコメントを取得するCapture comments in the Discussion section

実行中の作業に関するコメントを追加して確認するには、[ ディスカッション ] セクションを使用します。Use the Discussion section to add and review comments made about the work being performed.

作業項目フォーム内のディスカッションセクションDiscussion section within a work item form

書式設定できる各テキストボックス内でカーソルをクリックすると、テキスト入力領域の下にリッチテキストエディターツールバーが表示されます。The rich text editor tool bar displays below the text entry area when you click your cursor within each text box that can be formatted.

ディスカッションセクション、新しいリッチテキストエディターツールバーDiscussion section, New Rich Text Editor toolbar

注意

ディスカッションの作業項目フィールドはありません。There is no Discussion work item field. ディスカッション領域に入力されたコメントを使用して作業項目をクエリするには、 [履歴 ] フィールドをフィルター処理します。To query work items with comments entered in the Discussion area, you filter on the History field. [ディスカッション] テキストボックスに入力したテキストの完全な内容が、[履歴] フィールドに追加されます。The full content of the text entered into the Discussion text box is added to the History field.

だれか、グループ、作業項目、プル要求 (、、 または  プル要求 id アイコン) について説明します

これらのアイコン — 、、またはプル要求 id アイコンのいずれかを選択して、  — 他のユーザーに対して行った最近のエントリのメニューを開いたり、作業項目にリンクしたり、プル要求にリンクしたりします。 または、、 @ # 、またはを入力するだけです。Or, you can simply type @, #, or ! を開くと、同じメニューが表示されます。to open the same menu.

ディスカッションセクション、 @mention ドロップダウンメニューDiscussion section, @mention drop-down menu

注意

リッチテキストエディターの最新バージョンには、2019 Update 1 以降のバージョン Azure DevOps Server が必要です。This latest version of the rich text editor requires Azure DevOps Server 2019 Update 1 or later version.

名前を入力するか、数値を入力すると、メニューリストによってエントリに一致するフィルターが適用されます。Type a name, or enter a number and the menu list will filter to match your entry. 追加するエントリを選択します。Choose the entry you want to add. チームやセキュリティグループなどのグループ名を入力して、グループをディスカッションに入れることができ @ ます。You can bring a group into the discussion by typing @ and the group name, such as a team or security group.

コメントを編集または削除するEdit or delete a comment

ディスカッションコメントを編集または削除する必要がある場合は、[編集] を選択する か、[ アクション] アイコンを選択してから [削除] を選択します。

ディスカッションセクション、編集、削除アクションDiscussion section, Edit, Delete actions

注意

編集/削除機能には、2019更新プログラム1以降のバージョン Azure DevOps Server が必要です。The edit/delete feature requires Azure DevOps Server 2019 Update 1 or later version.

コメントを更新したら、[ 更新] を選択します。After updating the comment, choose Update. コメントを削除するには、削除することを確認する必要があります。To delete the comment, you'll need to confirm that you want to delete it.

編集および削除されたすべてのコメントの完全な監査証跡は、作業項目フォームの [ 履歴 ] タブに保持されます。A full audit trail of all edited and deleted comments is maintained in the History tab on the work item form.

@mention コントロールを使用して、ディスカッションについて別のチームメンバーに通知します。Use the @mention control to notify another team member about the discussion. @ とその名前を入力するだけです。Simply type @ and their name. 作業項目を参照するには、 #ID コントロールを使用します。To reference a work item, use the #ID control. # 」と入力すると、最近参照した作業項目の一覧が表示され、そこから選択できます。Type # and a list of work items that you've recently referenced will appear from which you can select.

作業項目を参照するには、 #ID コントロールを使用します。To reference a work item, use the #ID control. # 」と入力すると、最近参照した作業項目の一覧が表示され、そこから選択できます。Type # and a list of work items that you've recently referenced will appear from which you can select.

入力したコメントは編集または削除できないことに注意してください。Note that you can't edit or delete comments once they've been entered.

重要

オンプレミスの Azure DevOps Server では、チームメンバーが通知を受け取るためには、 SMTP サーバーを構成する必要があり ます。For on-premises Azure DevOps Server, you must configure an SMTP server in order for team members to receive notifications.

コメントへの反応の追加Add a reaction to a comment

コメントには、1つまたは複数の反応を追加できます。You can add one or more reactions to any comment. コメントの右上隅にあるスマイルアイコンを選択するか、既存の反応の横にあるコメントの下部にあるアイコンから選択します。Choose a smiley icon at the upper-right corner of any comment or choose from the icons at the bottom of a comment next to any existing reactions. 反応を削除するには、コメントの下部にある反応をクリックします。To remove your reaction, click the reaction on the bottom of your comment. 次に示すのは、反応を追加する操作の例と、コメントに対する反応の表示です。The following shows an example of the experience of adding a reaction, as well as the display of reactions on a comment.

コメントへの反応の追加Add reactions to a comment

次の操作:Try this next