Azure Boardsで機能するプロセス フローまたはプロセス テンプレートを選択する

Azure DevOps Services |Azure DevOps Server 2022 |Azure DevOps Server 2020 |Azure DevOps Server 2019 |TFS 2018

プロジェクトを作成するたびに、組織またはコレクションに対して選択されたプロセス モデルに基づいてプロセスまたはプロセス テンプレートを選択する必要があります。 プロジェクトのプロセスを選択するときは、次の用語を理解することが重要です。

  • プロセス モデルとは、組織 (Azure DevOps Services) またはプロジェクト コレクション (Azure DevOps Server) 用に作成されたプロジェクトをサポートするために使用されるモデルを指します。 1 つのプロジェクトで一度にサポートされるプロセス モデルは 1 つだけです。 継承、オンプレミス XML、ホスト型 XML の 3 つのプロセス モデルの比較は、「 作業追跡のカスタマイズ」で提供されています。
  • プロセスは、作業項目追跡システムの構成要素を定義し、Azure Boardsの継承プロセス モデルをサポートします。 このモデルでは、WYSIWYG ユーザー インターフェイスを使用したプロジェクトのカスタマイズがサポートされています。
  • プロセス テンプレートは、作業項目追跡システムの構成要素と、Azure DevOps を介してアクセスする他のサブシステムを定義します。 プロセス テンプレートは、ホストされた XML およびオンプレミスの XML プロセス モデルでのみ使用されます。 プロジェクトをカスタマイズする場合は、プロセス テンプレート XML 定義ファイルを変更してインポートします。

注意

ビジネス ニーズをサポートするためにプロジェクトとチームを構成およびカスタマイズする方法については、Azure Boardsの構成とカスタマイズに関するページを参照してください。

任意のプロセスを使用してプロジェクトを作成する方法の詳細については、「 プロジェクトの作成」を参照してください。 プロセス モデルの詳細については、「 作業追跡エクスペリエンスのカスタマイズ」を参照してください

ヒント

Azure DevOps Serverでは、継承されたプロセス モデルとオンプレミスの XML プロセス モデルのどちらを使用するか選択できます。 詳細については、「 作業追跡エクスペリエンスをカスタマイズする」を参照してください。プロジェクト コレクションのプロセス モデルを選択してください。 既定のプロセス/プロセス テンプレートの最新バージョンにアクセスするには:

ヒント

既定のプロセス テンプレートの最新バージョンにアクセスするには:

既定のプロセスとプロセス テンプレート (Basic、Agile、CMMI、および Scrum) に含まれる作業追跡オブジェクトは、同じであり、以下にまとめられています。 Basic プロセスは、Azure DevOps Server 2019.1 以降のバージョンから入手できます。 わかりやすくするために、"プロセス" と呼ばれます。

ヒント

継承されたプロセス モデルを表示および管理するには、「プロセスの 管理」を参照してください。

基本、アジャイル、スクラム、CMMI のプロセスを選択する

既定のプロセスは、主に作業の計画と追跡のために提供される作業項目の種類 (WIT) で異なります。

Basic は最も軽量で、選択的なプレビュー段階にあります。 スクラムは次に軽量です。 アジャイルは多くのアジャイルメソッド用語をサポートしており、機能成熟度モデル統合の略であるCMMIは、正式なプロセスと変更管理を最もサポートしています。

注意

Basic プロセスは、Azure DevOps Server 2019 Update 1 以降のバージョンで使用できます。

チームに最適なプロセスを選択します。

Basic

問題、タスク、エピックを使用して作業を追跡する最も単純なモデルがチームで必要な場合は、[ 基本 ] を選択します。

タスクは残存作業時間の追跡をサポートします。

基本的な作業項目の種類


アジャイル

チームがスクラムなどのアジャイル計画方法を使用し、開発とテストのアクティビティを個別に追跡する場合は、 アジャイル を選択します。 このプロセスは、かんばんボードでユーザー ストーリーや (必要に応じて) バグを追跡したり、タスクボードでバグやタスクを追跡したりする場合に最適です。

アジャイル手法の詳細については、 アジャイル アライアンスを参照してください。

タスクは、元の見積もり、残存作業時間、および完了した作業の追跡をサポートします。

Agile の作業項目の種類


スクラム

チームが スクラム を練習するときにスクラムを選択します。 このプロセスは、かんばんボードで製品バックログ項目 (PBI) とバグを追跡したり、PBI とバグをタスクボードのタスクに分割したりする場合に最適です。

このプロセスでは、スクラム組織で定義されている スクラム手法がサポートされます。

タスクでは、残存作業時間の追跡のみがサポートされます。

Scrum の作業項目の種類


CMMI

チームがプロセス改善のためのフレームワークと監査可能な意思決定記録を必要とするより正式なプロジェクト方法に従うときは、 CMMI を選択します。 このプロセスでは、要件の追跡、要求の変更、リスク、およびレビューを行うことができます。

このプロセスは、 正式な変更管理アクティビティをサポートします。 タスクは、元の見積もり、残存作業時間、および完了した作業の追跡をサポートします。

CMMI の作業項目の種類


2 つまたは 3 つ以上のバックログ レベルが必要な場合は、使用するプロセス モデルに基づいてさらに追加できます。

既定のプロセスの主な違い

既定のプロセスは、ほとんどのチームのニーズを満たすように設計されています。 チームに異常なニーズがあり、オンプレミス サーバーに接続している場合は、プロセスをカスタマイズしてプロジェクトを作成できます。 または、プロセスからプロジェクトを作成し、プロジェクトをカスタマイズすることもできます。

次の表は、4 つの既定のプロセスで使用される WIT と状態の主な違いをまとめたものです。

追跡領域

Basic

アジャイル

スクラム

CMMI


ワークフロー状態

  • 作業予定
  • 実行中
  • 完了
  • 新規
  • アクティブ
  • 解決済み
  • クローズ
  • 削除済み
  • 新規
  • Approved
  • Committed
  • 完了
  • 削除済み
  • 提案
  • アクティブ
  • 解決済み
  • クローズ

製品計画 (メモ 1 を参照)

  • 問題
  • ユーザー ストーリー
  • バグ (省略可能)
  • プロダクト バックログ項目
  • バグ (省略可能)
  • 要件
  • バグ (省略可能)

ポートフォリオ バックログ (2)

  • エピック
  • エピック
  • 機能
  • エピック
  • 機能
  • エピック
  • 機能

タスクとスプリントの計画 (3)

  • タスク
  • タスク
  • バグ (省略可能)
  • タスク
  • バグ (省略可能)
  • タスク
  • バグ (省略可能)

バグ バックログ管理 (1)

  • 問題
  • Bug
  • Bug
  • Bug

イシューとリスク管理

  • 問題
  • 問題
  • 障害
  • 問題
  • リスク
  • 確認

注意

  1. これらの WIT は 、製品バックログ または かんばんボードから追加できます。 製品バックログには、動的に順序を変更してグループ化できる、現在の作業のバックログの 1 つのビューが表示されます。 製品の所有者は、作業にすばやく優先順位を付け、依存関係と関係を概説できます。
    また、各チームは 、バックログやボードにバグを表示する方法を構成できます。
  2. ポートフォリオ バックログを使用すると、複数のバックログから成る階層を定義できます。これにより、複数のチーム間にまたがる作業のスコープを理解し、その作業がどのようにより広い構想につながるかを見定めることができます。 各チームは、使用 するために表示されるポートフォリオ バックログを構成できます。
  3. スプリント バックログとタスクボードからタスクを定義できます。 容量計画を使用すると、チームはスプリントの容量が超過しているか不足しているかを迅速に判断できます。

ワークフローの状態、遷移、および理由

ワークフロー状態は、新規状態から終了状態または完了状態に至る、作業の状態の追跡をサポートします。 各ワークフローは、一連の状態、状態から状態へ有効な遷移、および選択された状態に作業項目が遷移する理由から構成されます。

重要

Azure DevOps Servicesおよび Azure DevOps Server 2019 では、既定のワークフロー遷移では、任意の状態から任意の状態への移行がサポートされます。 これらのワークフローをカスタマイズして、一部の遷移を制限できます。 チームのプロセスをサポートするための作業追跡オブジェクトのカスタマイズに関するページを参照してください。

また、 State Model Visualization Markeplace 拡張機能をインストールすることで、作業項目の種類ごとにサポートされているワークフロー遷移を表示することもできます。 この拡張機能は、 状態ビジュアライザーというラベルが付いた Boards の下に新しいハブを追加します。 そのページでは、作業項目の種類を選択し、ワークフロー状態モデルを表示できます。

次の図は、3 つの既定のプロセスの作業とコードの欠陥を追跡するために使用される WIT の一般的な前方進行を示しています。 また、以前の状態への回帰や、削除状態への遷移も示しています。 各イメージは、遷移に関連付けられている既定の理由のみを示しています。

ユーザー ストーリー

ユーザー ストーリー ワークフローの状態、アジャイル プロセス

機能

機能ワークフローの状態、アジャイル プロセス

エピック

エピック ワークフローの状態、アジャイル プロセス

Bug

バグ ワークフローの状態、アジャイル プロセス

タスク

タスク ワークフローの状態、アジャイル プロセス

アジャイル ツールで使用されるほとんどの WIT (バックログやボードに表示される WIT) は、任意の遷移をサポートします。 かんばんボードまたはタスクボードを使用して作業項目の状態を更新するには、対応する状態列にドラッグします。

ワークフローを変更して、他の状態、遷移、および理由をサポートできます。 詳細については、「 作業追跡エクスペリエンスをカスタマイズする」を参照してください

削除状態、終了状態、および完了状態

作業項目の状態を「削除」、「終了」、または「完了」に変更すると、システムは次のように応答します。

  • 終了 または 完了: この状態の作業項目は、ポートフォリオのバックログ ページとバックログ ページには表示されません。 ただし、スプリント バックログ ページ、かんばんボード、タスクボードに表示されます。 また、バックログアイテムを表示するようにポートフォリオバックログビューを変更すると、たとえば、製品バックログアイテムに対して機能を表示すると、閉じて完了した状態の作業項目が表示されます。
  • 削除済み: この状態の作業項目は、バックログやボードには表示されません。

作業項目は、プロジェクトがアクティブである限り、プロジェクトに保持されます。 それを終了、完了、または削除に設定した場合でも、レコードがデータ ストアに保持されます。 レコードを使用してクエリまたはレポートを作成することができます。

注意

変更日が 183 日 (約半年) を超えると、完了または終了した作業項目はバックログやボードに表示されません。 これらの項目は、クエリを使用して引き続き一覧表示できます。 バックログまたはボードに表示する場合は、クロックをリセットするマイナーな変更を加えることができます。

注意

変更日が 1 年を超えると、完了または終了した作業項目はバックログやボードに表示されません。 これらの項目は、クエリを使用して引き続き一覧表示できます。 バックログまたはボードに表示する場合は、クロックをリセットするマイナーな変更を加えることができます。

作業項目を完全に削除する必要がある場合は、「作業項目の 削除または削除」を参照してください。

すべてのプロセスに追加された作業項目の種類

Basic プロセスを除くすべてのプロセスに、次の WIT が追加されます。

Test Plans、Microsoft テスト マネージャー、マイ ワーク、フィードバックで使用される作業項目の種類

チームは、対応するツールを使用して、次の種類を作成して操作します。

  • テスト 計画、テスト スイート、テスト ケース共有ステップ、および共有パラメーター: Microsoft Test Manager。
  • フィードバック要求とフィードバック応答: フィードバックの要求。
  • コード レビューの要求とコード レビューの応答: 担当作業 (チーム エクスプローラーから) とコード レビュー要求。

これらの型定義の作業項目は、手動で作成する目的ではなく、[非表示の型] カテゴリに追加されます。 [非表示の種類] カテゴリに追加された作業項目の種類は、新しい作業項目を作成するメニューには表示されません。

テスト エクスペリエンスをサポートする WIT

テスト エクスペリエンスをサポートし、テスト マネージャーと Web ポータルと連携する WIT は、次の図に示すリンクの種類を使用してリンクされます。

作業項目の種類 [テスト管理]

Web ポータルまたは Microsoft Test Manager から、テスト スイートに対して定義されているテスト ケースを表示できます。 また、テスト プランに対して定義されているテスト スイートを表示できます。 ただし、これらのオブジェクトはリンク型を介して相互に接続されません。 他の WIT と同様に、これらの WIT をカスタマイズします。 チームのプロセスをサポートするための作業追跡オブジェクトのカスタマイズに関するページを参照してください。

テスト計画とテスト スイートのワークフローを変更する場合、ここでの説明に従ってプロセス構成の更新が必要になることがあります。 各テスト フィールドの定義については、「 ビルドとテストの統合フィールドに基づくクエリ」を参照してください。

プロセスを使用するプロジェクトを作成する前または後に、プロセスをカスタマイズできます。 使用する方法は、使用するプロセス モデルによって異なります。 詳細については、「 作業追跡エクスペリエンスをカスタマイズする」を参照してください

その他の質問がある場合は、 Azure DevOps のサポート ページを参照してください。