作業項目の種類を追加または変更するAdd or modify a work item type

Azure DevOps Server 2020 |Azure DevOps Server 2019 |TFS 2018-TFS 2013Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019 | TFS 2018 - TFS 2013

重要

この記事は、オンプレミスの XML プロセスモデルのプロジェクトカスタマイズに適用されます。This article applies to project customization for On-premises XML process models. プロセスモデルの概要については、「 作業追跡エクスペリエンスのカスタマイズ」を参照してください。For an overview of process models, see Customize your work tracking experience.

プロジェクトには、 — プロジェクトの作成に使用されたプロセスアジャイル、スクラム、またはCMMIに基づいて、さまざまな作業項目の種類 (wit) が含まれてい — ます。Your project contains a number of work item types (WITs), based on the process—Agile, Scrum, or CMMI—used to create the project. WIT は、 さまざまな種類の作業を追跡するために使用するオブジェクトです。A WIT is the object you use to track different types of work.

既存の WIT を変更したり、チームの追跡要件やワークフロープロセスに基づいてカスタム WIT を追加したりできます。You can modify an existing WIT or add a custom WIT based on your team's tracking requirements or workflow processes. WIT を変更する最も一般的な理由は、フィールドまたはフィールド規則セットの追加または変更、ワークフローの変更、または作業項目フォームのカスタマイズを行うことです。The most common reasons to modify a WIT are to add or modify the set of fields or field rules, change the workflow, or customize the work item form.

カスタムフィールドを追加したり、既存のフィールドのフィールド規則や属性を変更したりする場合は、「 フィールドを追加または変更 する」を参照してください。See Add or modify a field if you want to add a custom field or modify the field rules or attributes of an existing field.

Wit のほとんどのカスタマイズは WIT 定義に対して行われますが、その他のカスタマイズはプロセス構成定義または witadmin コマンドラインツールを使用して行われます。Most WIT customizations are made to the WIT definition, however, other customization are made through the Process Configuration definition or via the witadmin command line tool.

注意

利用可能な機能: 一部の機能は、オンプレミスのデプロイからのみ使用でき、そのように記載されています。Feature availability: You can exercise some features only from an on-premises deployment and are noted as such.

WIT 定義WIT definition

ProcessConfiguration の定義ProcessConfiguration definition

コマンドラインの変更Command line change

前提条件Prerequisites

  • 作業項目の種類を一覧表示するには、コレクション内のプロジェクトの [ プロジェクトレベル情報の表示 ] アクセス許可が [ 許可] に設定されている必要があります。To list work item types, you must have your View project-level information permission for the project in the collection set to Allow.
  • TFSWIT を追加またはカスタマイズするには、プロジェクト管理者グループのメンバーであるか、または [ プロジェクトレベル情報を編集 します] のアクセス許可が [ 許可] に設定されている必要があります。(TFS) To add or customize a WIT, you must be a member of the Project Administrators group or have your Edit project-level information permission set to Allow.
  • (Azure DevOps Services、ホストされた XML) プロセステンプレートをカスタマイズして WIT を追加またはカスタマイズするには、プロジェクトコレクション管理者グループのメンバーであるか、または [ プロセスの編集 ] アクセス許可が [ 許可] に設定されている必要があります。(Azure DevOps Services, Hosted XML) To add or customize a WIT by customizing a process template, you must be a member of the Project Collection Administrators group or have your Edit process permission set to Allow.

管理者として追加するには、「 管理者の追加」を参照してください。To get added as an administrator, see Add administrators.

WIT 定義ファイルをインポートおよびエクスポートする (オンプレミス XML)Import and export WIT definition files (On-premises XML)

注意

ホストされた XML プロセスモデルを使用する場合は、プロジェクトで使用されるプロセステンプレートをインポートしてエクスポートする必要があります。If you use the Hosted XML process model, you need to import and export the process template used by your project. 詳細については、「 作業項目トラッキング web フォームをカスタマイズする」を参照してください。For details, see Customize the work item tracking web form.

  1. プロジェクトの管理アクセス許可がない場合は、プロジェクトを 取得します。If you don't have administration permissions for your project, get them.

    1. 「WitAdmin: 作業を追跡するためのオブジェクトのカスタマイズと管理」に記載されている手順に従って、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。Open a Command Prompt window according to the instructions provided in witAdmin: Customize and manage objects for tracking work. 次に例を示します。For example:
    %programfiles(x86)%\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Common7\IDE\CommonExtensions\Microsoft\TeamFoundation\Team Explorer
  2. フィールドを変更または追加する WIT 定義ファイルをエクスポートします。Export the WIT definition file where you want to modify or add a field. WIT の名前とファイルの名前を指定します。Specify the name of the WIT and a name for the file.

    witadmin exportwitd /collection:CollectionURL /p:ProjectName /n:TypeName /f:"DirectoryPath/FileName.xml"

    Collectionurl の例としては、が http://MyServer:8080/tfs/TeamProjectCollectionName あります。An example of a CollectionURL is http://MyServer:8080/tfs/TeamProjectCollectionName.

  3. ファイルを編集します。Edit the file. 詳細については、「 XML 要素定義へのインデックス」を参照してください。For details, see Index to XML element definitions.

  4. WIT 定義ファイルをインポートします。Import the WIT definition file.

    witadmin importwitd /collection:CollectionURL /p:ProjectName /f:"DirectoryPath/FileName.xml"

  5. Web ポータルを開くか、ページを更新して変更内容を表示します。Open the web portal or refresh the page to view the changes.

    Witadmin の使用方法の詳細については、「作業項目の種類のインポート、エクスポート、および管理」を参照してください。For more information about using witadmin, see Import, export, and manage work item types.

WIT を追加または変更するAdd or modify a WIT

カスタム WIT を追加したり、既存の WIT を変更したりするには、WIT の XML 定義ファイルを定義または変更し、 使用するプロセスモデルに基づいてプロジェクトにインポートします。To add a custom WIT or modify an existing WIT, you define or modify the XML definition file for the WIT and then import it to your project based on the process model you use. Wit を変更するには、WIT 定義ファイルの3つの主なセクション ( フィールドワークフロー、および フォーム) 内で定義されている要素を指定します。You modify a WIT by specifying the elements defined within the three main sections of the WIT definition file: FIELDS, WORKFLOW, and FORM.

WIT 要素の概要

新しい WIT を作成する最も簡単な方法は、既存の WIT をコピーし、その定義ファイルを変更することです。The easiest way to add a new WIT is to copy an existing WIT and then modify the definition file.

フィールド、フィールド規則、ラベル、または空のテキストを追加または変更するAdd or modify a field, field rule, label, or empty text

データの追跡に使用するフィールドはすべて WIT 定義ファイルに追加する必要があります。Any field that you want to use to track data must be added to the WIT definition file. これは、すべてのシステムフィールド (参照名が system で始まるフィールド) に対しても当てはまります。This is true for all but system fields (fields whose reference name start with System.). WIT 定義に含めるかどうかにかかわらず、すべての WIT に対してすべてのシステム フィールドが定義されます。All System fields are defined for all WITs, whether or not you include them in WIT definition. 各フィールドの詳細については、「 作業項目フィールドのインデックス」を参照してください。To learn more about each field, see Work item field index.

フィールドセクションに フィールドとフィールドルールを追加します。You add fields and field rules to the FIELDS section. フィールドを作業項目フォームに表示するには、WIT 定義の form セクションにも追加する必要があります。For the field to appear on the work item form, you must also add it to the FORM section of the WIT definition.

たとえば、作業項目 ID をフォームに追加するには、セクション内で次の XML 構文を指定し FORM ます。For example, to add the work item ID to a form, specify the following XML syntax within the FORM section.

<Control FieldName="System.ID" Type="FieldControl" Label="ID" LabelPosition="Left" />

フィールドの定義の詳細については、「 フィールドを追加または変更する」を参照してください。To learn more about defining fields, see Add or modify a field.

ワークフローを変更するModify the workflow

ワークフロー 内の状態および 理由 セクションでは、[状態] フィールドと [理由] フィールドの選択リストの値を 指定しますSTATES and REASONS sections within the WORKFLOW specify the pick list values in the State and Reason fields. ワークフローでは作業項目の状態を追跡します。They track the status of work items. 遷移 セクションでは、次の図に示すように、状態間の有効な遷移を指定します。The TRANSITIONS section specifies the valid transitions between states, as shown in the following illustration. 前方移行および回帰移行の両方を指定します。You specify both forward and regressive transitions.

ワークフローの状態の例図、アジャイルユーザーストーリー

ワークフローは、次の目的のために変更します。You change the workflow to accomplish the following objectives:

  • 状態、理由、または遷移の追加または削除Add or remove a state, reason, or transition
  • 状態、理由、または遷移の変更中に適用されるフィールドの値を指定しますSpecify a value for field to be applied during a change in state, reason, or transition
  • 状態、理由、または遷移の変更に基づいてフィールドの割り当てを自動化するカスタム アクション を指定します。Specify a custom ACTION to automate field assignments based on a change in state, reason, or transition.

ワークフローをカスタマイズする場合は、次の 2 つの手順に従います。When you customize the workflow, follow these two steps:

  1. WIT 定義のワークフローを変更します。Modify the WORKFLOW of the WIT definition.

  2. 新しいワークフロー状態をメタ状態にマップするようにプロセス構成を変更します。Modify the process configuration to map new workflow states to metastates.

    アジャイルツールページに表示される WIT のワークフローを変更する場合は、この2番目の手順が必要です。This second step is required when you change the workflow for a WIT that appears on an Agile tool page. こうした WIT は、要件またはタスクのカテゴリに属します。These WITs belong to either the Requirement or Task categories.

ワークフロー フィールド規則Workflow field rules

状態を変更したとき、理由を指定したとき、またはワークフロー遷移中にのみフィールド規則を適用できます。You can apply field rules when you change state, specify a reason, or during a workflow transition.

たとえば、状態がアクティブに設定されたときに のルールを追加すると、[終了日] フィールドと [終了] フィールドが自動的に無効化され、読み取り専用になります。For example, by adding the EMPTY rule when the state is set to Active, you can automatically nullify the Closed Date and Closed By fields and make them read-only. これは、作業項目を終了状態から再アクティブ化するときに便利です。This is useful when reactivating a work item from a closed state.

<STATE value="Active">
   <FIELDS>
. . .
      <FIELD refname="Microsoft.VSTS.Common.ClosedDate"><EMPTY/></FIELD>
      <FIELD refname="Microsoft.VSTS.Common.ClosedBy"><EMPTY/></FIELD>
   </FIELDS>
</STATE>  

次の操作を実行するためのワークフロー フィールド規則を適用します。Apply workflow field rules to accomplish the following actions:

  • CANNOTLOSEVALUEEMPTY凍結NotsameasREADONLY、および REQUIRED を指定して、フィールドに指定できる値を修飾します。Qualify the value a field can have by specifying CANNOTLOSEVALUE, EMPTY, FROZEN, NOTSAMEAS, READONLY, and REQUIRED
  • CopyDefault、および serverdefault を使用してフィールドに値をコピーするCopy a value into a field by using COPY, DEFAULT, and SERVERDEFAULT
  • フィールドを変更できるユーザーを制限するRestrict who can modify a field
  • MATCH を使用して文字列フィールドにパターンマッチングを適用するEnforce pattern matching on a string field by using MATCH
  • WHENWHENNOTWHENCHANGED、および whennotchanged を使用して、他のフィールドの値に基づいて条件付きで規則を適用するConditionally apply rules based on values in other fields using WHEN, WHENNOT, WHENCHANGED, and WHENNOTCHANGED
  • 規則の適用対象を特定のユーザーまたはグループに制限します。Limit rules to apply to specific users or groups. ほとんどのルールでは、ルールが適用される対象ではなく、適用されないユーザーに 対して、for 属性または not 属性がサポート れます。Most rules support the for or not attributes to focus who the rule does and doesn't apply to.

ワークフローフィールド規則の適用の詳細については、「 field (ワークフロー) 要素リファレンス」を参照してください。For more information about applying workflow field rules, see FIELD (Workflow) element reference.

作業項目フォームのカスタマイズCustomize the work item form

次の図は、作業項目フォーム上の最も一般的な要素を示しています。The following illustrations highlight the most common elements on work item forms. タイトル領域およびフォーム コントロールを除くすべての要素をカスタマイズできます。You can customize all of them except the title area and form controls. フォームのカスタマイズに使用する要素は、 新しいフォームが管理者によって有効にされているかどうかによって異なります。The elements you use to customize the form depend on whether or not the new form has been enabled by your admin.

新しいフォームが有効になっている Web フォーム (VSTS、TFS 2017)Web form with the new form enabled (VSTS, TFS 2017)

Web フォーム内のヘッダー要素

使用中の古い web フォーム (TFS 2015、TFS 2013)Old web form in use (TFS 2015, TFS 2013)

WIT フォームコントロールWIT form controls

フォームをカスタマイズして、次の目的を達成することができます。You can customize the form to accomplish the following objectives:

バックログまたはタスクボードから WIT を追加または削除するAdd or remove a WIT from the backlog or task board

アジャイル計画ツールの — プロダクトバックログ、スプリントバックログ、タスクボードの各ページには、 — プロジェクトの作成に使用したプロセステンプレートに基づいて特定の wit が表示されます。The Agile planning tools—product backlog, sprint backlog, and task board pages—display specific WITs based on the process template used to create your project. これらのページに表示される WIT を追加したり削除したりできます。You can add or remove WITs to appear on these pages. たとえば、プロジェクトでスクラム Wit を使用している場合、プロダクトバックログ項目とバグは両方ともバックログページに表示されます。For example, if your project uses Scrum WITs, both product backlog items and bugs appear on the backlog pages. ただし、プロジェクトがアジャイル、CMMI、またはその他のプロセステンプレートを使用して作成されている場合は、バックログやタスクボードにバグが表示されません。However, if your project was created using the Agile, CMMI, or other process template, bugs don't appear on your backlog or task board.

たとえば、プロダクト バックログ ページからバグを追加できます。For example, you can add bugs from the product backlog page.

注意

Web ポータルに表示される画像は、この記事に記載されている画像とは異なる場合があります。The images you see from your web portal may differ from the images you see in this article. これらの違いは、Azure DevOps Services またはオンプレミスのデプロイに対して行われた更新によって生じます。These differences result from updates made to Azure DevOps Services or your on-premises deployment. ただし、明示的に記載されている場合を除き、お客様が利用できる基本的な機能は変わりません。However, the basic functionality available to you remains the same unless explicitly mentioned.

この画面では、プロダクトバックログページからバグを追加する方法を示します。

バックログまたはタスクボードから Wit を追加または削除する方法については、「 バックログとボードへの作業項目の種類の追加」を参照してください。To learn how to add or remove WITs from the backlog or task board, see Add a work item type to a backlog and board. ポートフォリオバックログをサポートするために新しい WIT を追加する方法については、「 ポートフォリオバックログレベルの追加」を参照してください。To add a new WIT to support a portfolio backlog, see Add a portfolio backlog level.

WIT の色、アイコン、またはワークフローの状態の色を変更するChange the WIT color, icon, or workflow state color

Web ポータルでは、クエリ結果、アジャイルツールのバックログとボードページに作業項目が表示されます。In the web portal, work items appear in query results and on the backlog and board pages of the Agile tools. 既存の WIT に関連付けられている色やアイコンを変更したり、新しい WIT に使用する色を追加したりするには、 プロセス構成を編集します。To change the color or icon associated with an existing WIT or add the color to use for a new WIT, edit the process configuration. ワークフローの状態の色を変更するには、 プロセスの構成も編集します。To change the color for a workflow state, you also edit the process configuration.

注意

利用可能な機能:Feature availability: オンプレミスの XML の場合は、TFS 2015.2 以降のバージョンのワークフローの状態の色をカスタマイズしたり、TFS 2017.2 以降のバージョンの WIT アイコンをカスタマイズしたりできます。For On-premises XML, you can customize the workflow state color for TFS 2015.2 or later versions, and you can customize the WIT icon for TFS 2017.2 and later versions.

Query results showing wit color, icon, and state color

既存の作業項目の種類を変更するChange the type of an existing work item

お使いのプラットフォームに基づいて、使用可能な機能の 作業項目の移動、変更、または削除 を参照してください。See Move, change, or delete work items for the features available to you based on your platform.

TFS に接続する場合、既存の作業項目の作業項目の種類を変更することはできませんが、 作業項目をコピーして新しい種類を指定することができます。When you connect to TFS, you can't change the work item type for an existing work item, but you can copy the work item and specify a new type. たとえば次の図に示すように、既存のプロダクト バックログ項目をコピーし、種類をバグに変更できます。For instance, you can copy an existing product backlog item and change the type to bug, as shown in the following illustration.

WIT を複製する

また、種類が変更された作業項目が複数ある場合は、 Excel を使用してそれらをエクスポートし、新しい種類として再度追加することもできます。Also, if you have several work items with type changes you want to make, you might want to export them using Excel, and then re-add them as a new type.

WIT を非アクティブ化または無効にする (オンプレミス XML)Deactivate or disable a WIT (On-premises XML)

ユーザーが特定の種類の作業項目を作成できないように制限するにはどうすればよいですか。How do you restrict users from creating work items of a certain type?

削除する WIT があるが、その種類に基づいて作成された作業項目を保持している場合は、すべての有効なユーザーが作業項目の種類を保存できないようにする規則を追加できます。If you have a WIT that you want to retire, but maintain the work items that have been created based on that type, you can add a rule that disables all valid users from saving the work item type.

<TRANSITION from=" " to="New">
  <FIELDS>
     <FIELD refname="System.CreatedBy">
        <VALIDUSER not="[Team Project Name]Project Valid Users" />
     </FIELD>
  </FIELDS>
</TRANSITION> 

ユーザーのグループに対して特定の WIT の作成を制限する場合は、アクセスを制限する方法が 2 つあります。If you want to restrict creation of a specific WIT to a group of users, there are two ways to restrict access:

  • [隠しカテゴリ] グループに WIT を追加して、ほとんどの共同作成者が作成できないようにします。Add the WIT to the Hidden Categories group to prevent the majority of contributors from creating them. ユーザーのグループにアクセスを許可する場合は、作業項目フォームを開くテンプレートへのハイパーリンクを作成し、そのリンクを作成するチームメンバーと共有する ことができ ます。If you want to allow a group of users access, you can create a hyperlink to a template that opens the work item form and share that link with those team members who you do want to create them.

  • CreatedBy フィールドの ワークフローにフィールド規則を 追加して、ユーザーのグループが特定の種類の作業項目を作成することを効果的に制限します。Add a field rule to the workflow for the System.CreatedBy field to effectively restrict a group of users from creating a work item of a specific type. 次の例に示すように、作業項目を作成するユーザーは、作業項目を保存するためにに属している必要があり Allowed Group ます。As the following example shows, the user who creates the work item must belong to the Allowed Group in order to save the work item.

    <TRANSITION from=" " to="New">
        <FIELDS>
            <FIELD refname="System.CreatedBy">
            <VALIDUSER for="Allowed Group" not="Disallowed Group" />
            </FIELD>
        </FIELDS>
    </TRANSITION> 
    

WIT (オンプレミス XML) の削除Delete a WIT (On-premises XML)

チームメンバーが特定の WIT を使用して作業項目を作成できないようにするには、プロジェクトから削除します。To prevent team members from using a specific WIT to create a work item, you can remove it from the project. Witadmin destroywitd を使用すると、wit 自体だけでなく、wit を使用して作成されたすべての作業項目を完全に削除できます。When you use witadmin destroywitd, you permanently remove all work items that were created using that WIT as well as the WIT itself. たとえば、チームが "懸案事項" を使用していない場合は、Fabrikam Web サイトプロジェクトから "懸案事項" という名前の WIT を削除できます。For example, if your team doesn't use "Impediment", you can delete the WIT labeled "Impediment" from the Fabrikam Web Site project.

witadmin destroywitd /collection:"http://FabrikamPrime:8080/tfs/DefaultCollection" /p:"Fabrikam Web Site" /n:"Impediment" 

カテゴリに属する WIT を削除する場合は、新しい名前を反映するようにプロジェクトのカテゴリ定義を更新する必要があります。When you delete a WIT that belongs to a category, you must update the categories definition for the project to reflect the new name. 詳細については、「 作業項目の種類のインポート、エクスポート、および管理 」および「 カテゴリのインポートとエクスポート」を参照してください。For more information, see Import, export, and manage work item types and Import and export categories.

このトピックでは、ホストされている XML およびオンプレミスの XML プロセスモデルの Wit とプロセスの構成を追加およびカスタマイズする方法について説明します。This topic addressed how to add and customize WITs and process configuration for Hosted XML and On-premises XML process models. ホストされている XML およびオンプレミスの XML プロセスモデルのフィールドを追加およびカスタマイズする方法については、「 作業項目の種類を追加または変更する」を参照してください。For information on adding and customizing fields for Hosted XML and On-premises XML process models, see Add or modify a work item type. 継承プロセスモデルについては、「 プロセスをカスタマイズする」を参照してください。For the Inheritance process model , see Customize a process.

関連するその他のトピックまたはリソース:Other related topics or resources:

WIT の名前を変更する (オンプレミス XML)Rename a WIT (On-premises XML)

注意

Witadmin renamewitd は、オンプレミスのデプロイからのみ実行できます。You can exercise witadmin renamewitd only from an on-premises deployment.

既存の WIT の名前を変更するには、 witadmin renamewitd を使用します。To rename an existing WIT use witadmin renamewitd. たとえば、"QoS Item" というラベルが付いた WIT の名前を "Service Agreement" に変更できます。For example, you can rename a WIT labeled "QoS Item" to "Service Agreement."

witadmin renamewitd /collection:"http://FabrikamPrime:8080/tfs/DefaultCollection" /p:"Fabrikam Web Site" /n:"QoS Item" /new:"Service Agreement"

カテゴリに属する WIT の名前を変更する場合は、新しい名前を反映するようにプロジェクトのカテゴリ定義を更新する必要があります。When you rename a WIT that belongs to a category, you have to update the categories definition for the project to reflect the new name. 特に、カテゴリの定義を更新するまで、 バックログとボード は機能しません。In particular, the backlogs and boards will not work until you update the categories definition.

詳細については、「 作業項目の種類のインポート、エクスポート、および管理 」および「 カテゴリのインポートとエクスポート」を参照してください。For more information, see Import, export, and manage work item types and Import and export categories.

アップグレード後に機能を有効にする (オンプレミス XML)Enable features after upgrade (On-premises XML)

注意

機能の構成ウィザードは、オンプレミスのデプロイからのみ実行できます。You can exercise the Configure Features Wizard only from an on-premises deployment.

どのようなカスタマイズを行うことができますか。ただし、TFS のアップグレード後に機能の構成ウィザードを使用してプロジェクトを更新することはできますか。What customizations can you make and still use the Configure Features Wizard to update my project after a TFS upgrade?

カスタム Wit を追加したり、フォームレイアウトを変更したりできます。You can add custom WITs and change the form layout. 機能の構成ウィザードによってプロジェクトが更新され、最新の機能にアクセスできるようになります。The Configure Features Wizard will update your projects and you'll get access to the latest features.

ワークフローを変更したり、WIT の名前を変更したりすると、プロジェクトの更新時に手動操作の実行が必要になる場合があります。Changing the workflow or renaming a WIT might require you to perform some manual operations when updating your project. 安全に行うことができ、回避する必要のあるその他のカスタマイズについては、「 作業追跡エクスペリエンスのカスタマイズ: カスタマイズする前に」を参照してください。To learn about other customizations that you can safely make and which you should avoid, see Customize the work tracking experience: Before you customize, understand the maintenance and upgrade implications.

WIT の変更は既存の作業項目に影響しますか。How do WIT modifications affect existing work items?

次の表は、フィールドまたは WIT 定義を変更した場合の既存の作業項目への影響をまとめたものです。The following table summarizes the effect on existing work items when you modify fields or WIT definitions.

アクションAction 既存の作業項目に対する影響Effect on existing work items
WIT からフィールドを削除するRemove fields from a WIT 削除されたフィールドのデータは、データ ストア内で保持されます。Data for the removed fields remains in the data store. ただし、WIT 定義から削除したため、新しいデータを追加することはできません。However, no new data can be added, because you've removed them from the WIT definition.
フィールド名の変更Rename a field 名前を変更したフィールドのデータは、新しい表示名でデータ ストア内に保持されます。Data for the renamed fields remains in the data store under the new friendly name.
フィールドを削除するDelete fields 削除されたフィールドのデータは、データ ストアから削除されます。Data for the deleted fields is removed from the data store.
WIT の名前を変更するRename a WIT すべてのデータは、変更されることなく、新しい名前になります。All data remains intact under the new name.
WIT の削除Delete a WIT 削除された WIT として作成された作業項目のすべてのデータは、回復する機会がなく、完全に削除されます。All data for work items created as the deleted WIT is permanently removed with no chance for recovery.

データストアからフィールドを完全に削除する場合は、 witadmin deletefield コマンドラインツールを使用します。If you want to completely remove the fields from the data store, use witadmin deletefield command line tool.

ワークフローの変更と以前のバージョンの Test Manager クライアントWorkflow changes and earlier versions of the Test Manager client

テスト計画またはテストスイートのワークフローを変更し、 — Visual Studio 2013.2 以前のバージョンで提供されている Test Manager クライアントから作業する場合、 — アプリケーション層サーバーを TFS 2013.3 に更新すると、これらの wit が使用できるようになりました。When you change the workflow for the test plan or test suite—and you work from a Test Manager client provided with Visual Studio 2013.2 or earlier versions—these WITs became available when you updated your application-tier server to TFS 2013.3. 更新したときに利用可能になりました。that appears on an Agile planning tool page.

ワークフローを変更した後にプロジェクトに接続したときに、 アプリケーションで予期しないエラーが検出さ れた場合は、新しいワークフローの状態をメタ状態にマップすることによって解決できます。If you encounter an Application detected an unexpected fault error when you connect to your project after you changed the workflow, you can resolve it by mapping the new workflow states to metastates. このエラーを解決するには、「 プロセス構成のインポートとエクスポート」を参照してください。To resolve this error, see Import and export process configuration.