Event Hubs のよく寄せられる質問Event Hubs frequently asked questions

全般General

Event Hubs 名前空間とはどういうものですか。What is an Event Hubs namespace?

名前空間は、Event Hub/Kafka トピックのためのスコーピング コンテナーです。A namespace is a scoping container for Event Hub/Kafka Topics. これにより、一意の FQDN が提供されます。It gives you a unique FQDN. 名前空間は、複数の Event Hub/Kafka トピックを収容できるアプリケーション コンテナーとして機能します。A namespace serves as an application container that can house multiple Event Hub/Kafka Topics.

どのような場合に新しい名前空間を作成し、どのような場合に既存の名前空間を使用すればよいですか。When do I create a new namespace vs. use an existing namespace?

容量の割り当て (スループット ユニット (TU)) は、名前空間レベルで課金されます。Capacity allocations (throughput units (TUs)) are billed at the namespace level. 名前空間は、リージョンにも関連付けられています。A namespace is also associated with a region.

次のシナリオのいずれかに該当する場合は、既存の名前空間を使用するのではなく、新しい名前空間を作成することをお勧めします。You may want to create a new namespace instead of using an existing one in one of the following scenarios:

  • イベント ハブを新しいリージョンに関連付ける必要がある。You need an Event Hub associated with a new region.
  • イベント ハブを別のサブスクリプションに関連付ける必要がある。You need an Event Hub associated with a different subscription.
  • 異なる容量が割り当てられたイベント ハブが必要である (つまり、追加されたイベント ハブを含む名前空間の容量ニーズが 40 TU のしきい値を超え、専用のクラスターも使用したくない)You need an Event Hub with a distinct capacity allocation (that is, the capacity need for the namespace with the added event hub would exceed the 40 TU threshold and you don't want to go for the dedicated cluster)

Event Hubs の Basic レベルと Standard レベルは何が違いますか。What is the difference between Event Hubs Basic and Standard tiers?

Azure Event Hubs の Standard レベルは、Basic レベルでは使用できない機能を提供します。The Standard tier of Azure Event Hubs provides features beyond what is available in the Basic tier. Standard レベルには次の機能が含まれています。The following features are included with Standard:

専用の Event Hubs を含む価格レベルの詳細については、「Event Hubs の価格」を参照してください。For more information about pricing tiers, including Event Hubs Dedicated, see the Event Hubs pricing details.

Azure Event Hubs はどこで利用できますか。Where is Azure Event Hubs available?

Azure Event Hubs は、サポートされているすべての Azure リージョンで利用できます。Azure Event Hubs is available in all supported Azure regions. 一覧については、「Azure リージョン」ページを参照してください。For a list, visit the Azure regions page.

単一の Advanced Message Queuing Protocol (AMQP) 接続を使用して、複数のイベント ハブから送受信を実行できますか。Can I use a single Advanced Message Queuing Protocol (AMQP) connection to send and receive from multiple event hubs?

はい。すべてのイベント ハブが同じ名前空間にある限り可能です。Yes, as long as all the event hubs are in the same namespace.

イベントの最大保有期間は何日ですか。What is the maximum retention period for events?

Event Hubs Standard レベルは現在、最大 7 日間の保有期間をサポートしています。Event Hubs Standard tier currently supports a maximum retention period of seven days. イベント ハブは、永続的なデータ ストアとしては考慮されていません。Event hubs aren't intended as a permanent data store. 24 時間を超える保有期間の目的は、同じシステムでイベント ストリームを再生すると便利なシナリオに対応することです。Retention periods greater than 24 hours are intended for scenarios in which it's convenient to replay an event stream into the same systems. たとえば、既存データで新しい機械学習モデルのトレーニングや検証を行う場合です。For example, to train or verify a new machine learning model on existing data. 7 日間を超えるメッセージの保有期間が必要な場合は、イベント ハブで Event Hubs Capture を有効にすると、イベント ハブのデータが、選択したストレージ アカウントまたは Azure Data Lake サービス アカウントにプルされます。If you need message retention beyond seven days, enabling Event Hubs Capture on your event hub pulls the data from your event hub into the Storage account or Azure Data Lake Service account of your choosing. Capture を有効にすると、購入済みのスループット ユニットに基づく料金が発生します。Enabling Capture incurs a charge based on your purchased throughput units.

ストレージアカウントでキャプチャされたデータの保有期間を構成できます。You can configure the retention period for the captured data on your storage account. Azure Storage の ライフサイクル管理 機能には、汎用 v2 アカウントと BLOB ストレージ アカウントのためのルール ベースのポリシーが豊富に用意されています。The lifecycle management feature of Azure Storage offers a rich, rule-based policy for general purpose v2 and blob storage accounts. このポリシーを使用して、適切なアクセス層にデータを移行します。または、データのライフサイクルの終了時に期限切れにします。Use the policy to transition your data to the appropriate access tiers or expire at the end of the data's lifecycle. 詳細については、「Azure Blob Storage のライフサイクルの管理」を参照してください。For more information, see Manage the Azure Blob storage lifecycle.

Event Hubs を監視するにはどうしたらよいですか。How do I monitor my Event Hubs?

Event Hubs は、リソースの状態を示す網羅的なメトリックを Azure Monitor に出力します。Event Hubs emits exhaustive metrics that provide the state of your resources to Azure Monitor. また、Event Hubs サービスの全体的な正常性を名前空間レベルだけでなく、エンティティ レベルでも評価することができます。They also let you assess the overall health of the Event Hubs service not only at the namespace level but also at the entity level. どのような監視が提供されるかについては、Azure Event Hubs に関するページを参照してください。Learn about what monitoring is offered for Azure Event Hubs.

Azure Event Hubs ではデータはどこに格納されますか。Where does Azure Event Hubs store data?

Azure Event Hubs の Standard および Dedicated レベルでは、選択されたリージョンにメタデータとデータが格納されます。Azure Event Hubs standard and dedicated tiers store metadata and data in regions that you select. Azure Event Hubs 名前空間に対して geo ディザスター リカバリーを設定すると、メタデータは、選択されたセカンダリ リージョンにコピーされます。When geo-disaster recovery is set up for an Azure Event Hubs namespace, metadata is copied over to the secondary region that you select. したがって、このサービスによって、トラスト センターに指定されているものも含めて、リージョンのデータ所在地の要件が自動的に満たされます。Therefore, this service automatically satisfies the region data residency requirements including the ones specified in the Trust Center.

ファイアウォールで開く必要があるのはどのポートですか。What ports do I need to open on the firewall?

Azure Event Hubs でイベントを送受信するために、次のプロトコルを使用できます。You can use the following protocols with Azure Event Hubs to send and receive events:

  • Advanced Message Queuing Protocol 1.0 (AMQP)Advanced Message Queuing Protocol 1.0 (AMQP)
  • TLS を使用したハイパーテキスト転送プロトコル 1.1 (HTTPS)Hypertext Transfer Protocol 1.1 with TLS (HTTPS)
  • Apache KafkaApache Kafka

これらのプロトコルを使用して Azure Event Hubs と通信するために開く必要がある送信ポートについては、次の表を参照してください。See the following table for the outbound ports you need to open to use these protocols to communicate with Azure Event Hubs.

ProtocolProtocol PortPorts 詳細Details
AMQPAMQP 5671 と 56725671 and 5672 AMQP プロトコル ガイドに関するページを参照してくださいSee AMQP protocol guide
HTTPSHTTPS 443443 このポートは、HTTP/REST API と AMQP (WebSocket 経由) で使用されます。This port is used for the HTTP/REST API and for AMQP-over-WebSockets.
KafkaKafka 90939093 Kafka アプリケーションからの Event Hubs の使用に関するページをご覧くださいSee Use Event Hubs from Kafka applications

HTTPS ポートは、ポート 5671 で AMQP が使用されている場合に送信通信にも必要です。これは、クライアント SDK によって実行されるいくつかの管理操作と Azure Active Directory からのトークンの取得 (使用する場合) が HTTPS 経由で実行されるためです。The HTTPS port is required for outbound communication also when AMQP is used over port 5671, because several management operations performed by the client SDKs and the acquisition of tokens from Azure Active Directory (when used) run over HTTPS.

公式の Azure SDK では、通常、Event Hubs に対するイベントの送受信で AMQP プロトコルが使用されます。The official Azure SDKs generally use the AMQP protocol for sending and receiving events from Event Hubs. WebSocket 経由の AMQP プロトコル オプションは、HTTP API と同様に、ポート TCP 443 で実行されますが、それ以外については通常の AMQP と機能的に同じです。The AMQP-over-WebSockets protocol option runs over port TCP 443 just like the HTTP API, but is otherwise functionally identical with plain AMQP. このオプションでは、HTTPS ポートを共有するためのトレードオフとして、追加のハンドシェイクのラウンドトリップが発生し、若干のオーバーヘッドが生じるため、初期接続の待機時間が長くなります。This option has higher initial connection latency because of extra handshake round trips and slightly more overhead as tradeoff for sharing the HTTPS port. このモードが選択されている場合は、通信のためには TCP ポート 443 で十分です。If this mode is selected, TCP port 443 is sufficient for communication. 次のオプションでは、通常の AMQP または AMQP WebSocket モードを選択できます。The following options allow selecting the plain AMQP or AMQP WebSockets mode:

言語Language オプションOption
.NET.NET EventHubConnectionOptions.TransportType プロパティが EventHubsTransportType.AmqpTcp または EventHubsTransportType.AmqpWebSocketsEventHubConnectionOptions.TransportType property with EventHubsTransportType.AmqpTcp or EventHubsTransportType.AmqpWebSockets
JavaJava com.microsoft.azure.eventhubs.EventProcessorClientBuilder.transporttypeAmqpTransportType.AMQP または AmqpTransportType.AMQP_WEB_SOCKETScom.microsoft.azure.eventhubs.EventProcessorClientBuilder.transporttype with AmqpTransportType.AMQP or AmqpTransportType.AMQP_WEB_SOCKETS
ノードNode EventHubConsumerClientOptionswebSocketOptions プロパティがある。EventHubConsumerClientOptions has a webSocketOptions property.
PythonPython EventHubConsumerClient.transport_typeTransportType.Amqp または TransportType.AmqpOverWebSocketEventHubConsumerClient.transport_type with TransportType.Amqp or TransportType.AmqpOverWebSocket

どのような IP アドレスを許可する必要がありますか。What IP addresses do I need to allow?

Azure を使用している場合、使用している、または使用しようとしているすべての Azure サービスにアクセスするために、企業のファイアウォールまたはプロキシで特定の IP アドレス範囲または URL を許可することが必要になる場合があります。When you are working with Azure, sometimes you have to allow specific IP address ranges or URLs in your corporate firewall or proxy to access all Azure services you are using or trying to use. Event Hubs によって使用される IP アドレスでトラフィックが許可されていることを確認します。Verify that the traffic is allowed on IP addresses used by Event Hubs. Azure Event Hubs によって使用される IP アドレスについては、「Azure の IP 範囲とサービス タグ - パブリック クラウド」を参照してください。For IP addresses used by Azure Event Hubs: see Azure IP Ranges and Service Tags - Public Cloud.

また、名前空間の IP アドレスが許可されていることを確認します。Also, verify that the IP address for your namespace is allowed. 接続を許可する適切な IP アドレスを検索するには、次の手順を実行します。To find the right IP addresses to allow for your connections, follow these steps:

  1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。Run the following command from a command prompt:

    nslookup <YourNamespaceName>.servicebus.windows.net
    
  2. Non-authoritative answer で返された IP アドレスをメモします。Note down the IP address returned in Non-authoritative answer.

名前空間に ゾーン冗長性 を使用している場合は、次の追加手順を実行する必要があります。If you use the zone redundancy for your namespace, you need to do a few extra steps:

  1. まず、名前空間に対して nslookup を実行します。First, you run nslookup on the namespace.

    nslookup <yournamespace>.servicebus.windows.net
    
  2. non-authoritative answer セクションの名前をメモします。これは、次のいずれかの形式になります。Note down the name in the non-authoritative answer section, which is in one of the following formats:

    <name>-s1.cloudapp.net
    <name>-s2.cloudapp.net
    <name>-s3.cloudapp.net
    
  3. s1、s2、s3 のサフィックスが付いているそれぞれについて nslookup を実行し、3 つの可用性ゾーンで実行されている 3 つのインスタンスすべての IP アドレスを取得します。Run nslookup for each one with suffixes s1, s2, and s3 to get the IP addresses of all three instances running in three availability zones,

    注意

    nslookup コマンドによって返された IP アドレスは、静的 IP アドレスではありません。The IP address returned by the nslookup command isn't a static IP address. ただし、基になるデプロイが削除されるか別のクラスターに移動されるまでは変わりません。However, it remains constant until the underlying deployment is deleted or moved to a different cluster.

どのクライアント IP によって名前空間からイベントの送信または受信が行われているかWhat client IPs are sending events to or receiving events from my namespace?

まず、名前空間で IP フィルターを有効にします。First, enable IP filtering on the namespace.

次に、「診断ログを有効にする」の手順に従って、Event Hubs 仮想ネットワーク接続イベントの診断ログを有効にします。Then, Enable diagnostic logs for Event Hubs virtual network connection events by following instructions in the Enable diagnostic logs. 接続が拒否された IP アドレスが表示されます。You'll see the IP address for which connection is denied.

{
    "SubscriptionId": "0000000-0000-0000-0000-000000000000",
    "NamespaceName": "namespace-name",
    "IPAddress": "1.2.3.4",
    "Action": "Deny Connection",
    "Reason": "IPAddress doesn't belong to a subnet with Service Endpoint enabled.",
    "Count": "65",
    "ResourceId": "/subscriptions/0000000-0000-0000-0000-000000000000/resourcegroups/testrg/providers/microsoft.eventhub/namespaces/namespace-name",
    "Category": "EventHubVNetConnectionEvent"
}

重要

仮想ネットワーク ログが生成されるのは、名前空間で 特定の IP アドレス (IP フィルター規則) からのアクセスが許可されている場合のみです。Virtual network logs are generated only if the namespace allows access from specific IP addresses (IP filter rules). これらの機能を使用して名前空間へのアクセスを制限せずに、Azure Event Hubs 名前空間に接続しているクライアントの IP アドレスを追跡する仮想ネットワーク ログを取得する場合は、次の回避策を使用できます。IP フィルター処理を有効にし、アドレス指定可能な IPv4 の範囲の合計 (1.0.0.0/1 - 255.0.0.0/1) を追加します。If you don't want to restrict access to your namespace using these features and still want to get virtual network logs to track IP addresses of clients connecting to the Event Hubs namespace, you could use the following workaround: Enable IP filtering, and add the total addressable IPv4 range (1.0.0.0/1 - 255.0.0.0/1). Azure Event Hubs は IPv6 アドレス範囲をサポートしていません。Event Hubs doesn't support IPv6 address ranges.

注意

現時点では、個々のメッセージまたはイベントのソース IP を特定することはできません。Currently, it's not possible to determine the source IP of an individual message or event.

Apache Kafka の統合Apache Kafka integration

既存の Kafka アプリケーションを Event Hubs と統合するにはどうしたらよいですか。How do I integrate my existing Kafka application with Event Hubs?

Event Hubs は、既存の Apache Kafka ベースのアプリケーションが使用できる Kafka エンドポイントを提供します。Event Hubs provides a Kafka endpoint that can be used by your existing Apache Kafka based applications. 構成変更が、PaaS Kafka エクスペリエンスを得るために必要なすべてのことです。A configuration change is all that is required to have the PaaS Kafka experience. これにより、独自の Kafka クラスターを実行するための代替手段が提供されます。It provides an alternative to running your own Kafka cluster. Event Hubs は Apache Kafka 1.0 以降のクライアント バージョンをサポートし、既存の Kafka アプリケーション、ツール、およびフレームワークと連携して動作します。Event Hubs supports Apache Kafka 1.0 and newer client versions and works with your existing Kafka applications, tools, and frameworks. 詳細については、Kafka リポジトリ用の Event Hubs に関するページを参照してください。For more information, see Event Hubs for Kafka repo.

既存のアプリケーションが Event Hubs に接続するにはどのような構成変更を行う必要がありますか。What configuration changes need to be done for my existing application to talk to Event Hubs?

イベント ハブに接続するには、Kafka クライアントの構成を更新する必要があります。To connect to an event hub, you'll need to update the Kafka client configs. これは、Event Hubs 名前空間を作成し、接続文字列を取得することによって実行されます。It's done by creating an Event Hubs namespace and obtaining the connection string. Event Hubs の FQDN を指すように bootstrap.servers を変更し、ポートを 9093 に変更します。Change the bootstrap.servers to point the Event Hubs FQDN and the port to 9093. 以下に示す正しい認証を使用し、sasl.jaas.config を更新して、Kafka クライアントを Event Hubs エンドポイント (取得した接続文字列) に転送します。Update the sasl.jaas.config to direct the Kafka client to your Event Hubs endpoint (which is the connection string you've obtained), with correct authentication as shown below:

bootstrap.servers={YOUR.EVENTHUBS.FQDN}:9093
request.timeout.ms=60000
security.protocol=SASL_SSL
sasl.mechanism=PLAIN
sasl.jaas.config=org.apache.kafka.common.security.plain.PlainLoginModule required username="$ConnectionString" password="{YOUR.EVENTHUBS.CONNECTION.STRING}";

例:Example:

bootstrap.servers=dummynamespace.servicebus.windows.net:9093
request.timeout.ms=60000
security.protocol=SASL_SSL
sasl.mechanism=PLAIN
sasl.jaas.config=org.apache.kafka.common.security.plain.PlainLoginModule required username="$ConnectionString" password="Endpoint=sb://dummynamespace.servicebus.windows.net/;SharedAccessKeyName=DummyAccessKeyName;SharedAccessKey=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX";

注:sasl.jaas.config がフレームワークでサポートされる構成ではない場合、SASL のユーザー名とパスワードを設定に使用される構成を見つけ、代わりにそれらを使用します。Note: If sasl.jaas.config isn't a supported configuration in your framework, find the configurations that are used to set the SASL username and password and use them instead. ユーザー名を $ConnectionString に、パスワードを Event Hubs の接続文字列に設定します。Set the username to $ConnectionString and the password to your Event Hubs connection string.

Event Hubs のメッセージ/イベント サイズはどれくらいですか。What is the message/event size for Event Hubs?

Event Hubs に許可されている最大メッセージ サイズは 1 MB です。The maximum message size allowed for Event Hubs is 1 MB.

スループット ユニットThroughput units

Event Hubs のスループット ユニットとは何ですか。What are Event Hubs throughput units?

Event Hubs でのスループットは、Event Hubs 経由で入出力されるデータ量 (MB 単位) または 1 KB のイベントの個数 (千個単位) を定義します。Throughput in Event Hubs defines the amount of data in mega bytes or the number (in thousands) of 1-KB events that ingress and egress through Event Hubs. このスループットは、スループット ユニット (TU) で測定されます。This throughput is measured in throughput units (TUs). Event Hubs サービスの使用を開始するには、その前に TU を購入します。Purchase TUs before you can start using the Event Hubs service. Event Hubs の TU は、ポータルまたは Event Hubs Resource Manager テンプレートのどちらかを使用して明示的に選択できます。You can explicitly select Event Hubs TUs either by using portal or Event Hubs Resource Manager templates.

スループット ユニットは名前空間内のすべてのイベント ハブに適用されますか。Do throughput units apply to all event hubs in a namespace?

はい。スループット ユニット (TU) は、Event Hubs 名前空間内のすべてのイベント ハブに適用されます。Yes, throughput units (TUs) apply to all event hubs in an Event Hubs namespace. つまり、TU は名前空間レベルで購入され、その名前空間の下のイベント ハブ間で共有されます。It means that you purchase TUs at the namespace level and are shared among the event hubs under that namespace. 各 TU により、名前空間に次の機能が与えられます。Each TU entitles the namespace to the following capabilities:

  • 最大 1 MB/秒のイングレス イベント (イベント ハブに送信されるイベント)。ただし、1 秒あたり 1000 個未満のイングレス イベント、管理操作、または制御 API 呼び出し。Up to 1 MB per second of ingress events (events sent into an event hub), but no more than 1000 ingress events, management operations, or control API calls per second.
  • 最大 2 MB/秒のエグレス イベント (イベント ハブから使用されるイベント)。ただし、4096 個未満のエグレス イベント。Up to 2 MB per second of egress events (events consumed from an event hub), but no more than 4096 egress events.
  • 最大 84 GB のイベント ストレージ (既定の 24 時間の保有期間に十分な量)。Up to 84 GB of event storage (enough for the default 24-hour retention period).

スループット ユニットはどのように課金されますか。How are throughput units billed?

スループット ユニット (TU) は、時間単位で課金されます。Throughput units (TUs) are billed on an hourly basis. 課金は、特定の 1 時間内に選択されたユニットの最大数に基づきます。The billing is based on the maximum number of units that was selected during the given hour.

スループット ユニットでの使用はどのように最適化できますか。How can I optimize the usage on my throughput units?

最初は 1 スループット ユニット (TU) から始め、自動インフレを有効にすることができます。You can start as low as one throughput unit (TU), and turn on auto-inflate. 自動インフレ機能を使用すると、トラフィック/ペイロードの増加に従って TU を増やすことができます。The auto-inflate feature lets you grow your TUs as your traffic/payload increases. また、TU の数に上限を設定することもできます。You can also set an upper limit on the number of TUs.

Event Hubs の自動インフレ機能はどのように働くのですか。How does Auto-inflate feature of Event Hubs work?

自動インフレ機能を使用すると、スループット ユニット (TU) をスケールアップできます。The auto-inflate feature lets you scale up your throughput units (TUs). つまり、最初は少ない TU を購入し、イングレスが増加したら自動インフレで TU をスケールアップすることが可能です。It means that you can start by purchasing low TUs and auto-inflate scales up your TUs as your ingress increases. これにより、コスト効率に優れたオプションと、管理する TU の数の完全な制御が提供されます。It gives you a cost-effective option and complete control of the number of TUs to manage. この機能は スケールアップのみ の機能であり、それを更新することによって TU の数のスケールダウンを完全に制御できます。This feature is a scale-up only feature, and you can completely control the scaling down of the number of TUs by updating it.

少ないスループット ユニット (TU) (2 TU など) で始めることもできます。You may want to start with low throughput units (TUs), for example, 2 TUs. トラフィックが 15 TU に増える可能性が予測される場合は、名前空間で自動インフレ機能を有効にし、上限を 15 TU に設定します。If you predict that your traffic may grow to 15 TUs, turn-on the auto-inflate feature on your namespace, and set the max limit to 15 TUs. これで、トラフィックの増加に従って TU を自動的に増やすことができます。You can now grow your TUs automatically as your traffic grows.

自動インフレ機能を有効にした場合、関連するコストは発生しますか。Is there a cost associated when I turn on the auto-inflate feature?

この機能に関連して生じる コストはありませんThere's no cost associated with this feature.

スループットの制限はどのように適用されるのですか。How are throughput limits enforced?

名前空間内のすべてのイベント ハブの合計 イングレス スループットまたは合計イングレス イベント レートがスループット ユニットの上限の総計を超過した場合は、送信側が調整され、受信クォータを超えたことを示すエラーを受信します。If the total ingress throughput or the total ingress event rate across all event hubs in a namespace exceeds the aggregate throughput unit allowances, senders are throttled and receive errors indicating that the ingress quota has been exceeded.

名前空間内のすべてのイベント ハブの合計 エグレス スループットまたは合計イベント エグレス レートがスループット ユニットの上限の総計を超過した場合は、受信側が調整されますが、調整エラーは生成されません。If the total egress throughput or the total event egress rate across all event hubs in a namespace exceeds the aggregate throughput unit allowances, receivers are throttled but no throttling errors are generated.

送信側でイベントの使用速度が低下しないようにするため、また受信側でイベント ハブにイベントを送信できなくなることを避けるために、イングレス クォータとエグレス クォータは別々に適用されます。Ingress and egress quotas are enforced separately, so that no sender can cause event consumption to slow down, nor can a receiver prevent events from being sent into an event hub.

予約または選択できるスループット ユニットの数に制限はありますか。Is there a limit on the number of throughput units that can be reserved/selected?

Azure portal で Basic または Standard レベルの名前空間を作成する場合、名前空間に対して最大 20 個の TU を選択できます。When creating a basic or a standard tier namespace in the Azure portal, you can select up to 20 TUs for the namespace. これを 正確に 40 TU に上げるには、サポート リクエストを送信します。To raise it to exactly 40 TUs, submit a support request.

  1. [Event Bus Namespace](イベント バス名前空間) ページで、左側のメニューの [新しいサポート リクエスト] を選択します。On the Event Bus Namespace page, select New support request on the left menu.
  2. [新しいサポート リクエスト] ページで、次の手順を行います。On the New support request page, follow these steps:
    1. [概要] には、いくつかの単語で問題を説明してください。For Summary, describe the issue in a few words.

    2. [問題の種類] で、[クォータ] を選択します。For Problem type, select Quota.

    3. [問題のサブタイプ] には、 [スループット ユニットの増減を要求する] を選択します。For Problem subtype, select Request for throughput unit increase or decrease.

      サポート リクエスト ページ

40 TU を超える場合、Event Hubs には、Event Hubs Dedicated クラスターと呼ばれるリソース/容量ベースのモデルが用意されています。Beyond 40 TUs, Event Hubs offers the resource/capacity-based model called the Event Hubs Dedicated clusters. Dedicated クラスターは、容量ユニット (CU) で販売されます。Dedicated clusters are sold in Capacity Units (CUs). 詳細については、「Event Hubs Dedicated の概要」を参照してください。For more information, see Event Hubs Dedicated - overview.

Dedicated クラスターDedicated clusters

Event Hubs Dedicated クラスターとは何ですか。What are Event Hubs Dedicated clusters?

Event Hubs Dedicated クラスターは、最も要求の厳しい要件を持つ顧客にシングルテナント デプロイを提供します。Event Hubs Dedicated clusters offer single-tenant deployments for customers with most demanding requirements. このオファリングは、スループット ユニットで縛られない容量ベースのクラスターを構築します。This offering builds a capacity-based cluster that is not bound by throughput units. つまり、このクラスターを利用すると、クラスターの CPU とメモリの使用量に応じてデータを取り込み、ストリーミングできます。It means that you could use the cluster to ingest and stream your data as dictated by the CPU and memory usage of the cluster. 詳細については、Event Hubs Dedicated クラスターに関するページを参照してください。For more information, see Event Hubs Dedicated clusters.

Event Hubs Dedicated クラスターを作成するにはどうしたらよいですか。How do I create an Event Hubs Dedicated cluster?

詳細な手順と Event Hubs Dedicated クラスターの設定の詳細については、「クイックスタート: Azure portal を使用して専用の Event Hubs クラスターを作成する」を参照してください。For step-by-step instructions and more information on setting up an Event Hubs dedicated cluster, see the Quickstart: Create a dedicated Event Hubs cluster using Azure portal.

クラスターでは何ができますか?What can I achieve with a cluster?

Event Hubs クラスターの場合、どれだけの容量を取り込んでストリーミングできるかは、プロデューサー、コンシューマー、取り込みや処理の速度などのさまざまな要因によって異なります。For an Event Hubs cluster, how much you can ingest and stream depends on various factors such as your producers, consumers, the rate at which you're ingesting and processing, and much more.

次の表は、弊社でのテスト中に実現したベンチマーク結果を示しています。The following table shows the benchmark results that we achieved during our testing:

ペイロードの形態Payload shape 受信者Receivers イングレス帯域幅Ingress bandwidth イングレス メッセージIngress messages エグレス帯域幅Egress bandwidth エグレス メッセージEgress messages 合計 TU 数Total TUs CU あたりの TU 数TUs per CU
100x1KB のバッチBatches of 100x1KB 22 400 MB/秒400 MB/sec 400,000 メッセージ/秒400k messages/sec 800 MB/秒800 MB/sec 800,000 メッセージ/秒800k messages/sec 400 TU400 TUs 100 TU100 TUs
10x10KB のバッチBatches of 10x10KB 22 666 MB/秒666 MB/sec 66,600 メッセージ/秒66.6k messages/sec 1.33 GB/秒1.33 GB/sec 133,000 メッセージ/秒133k messages/sec 666 TU666 TUs 166 TU166 TUs
6x32KB のバッチBatches of 6x32KB 11 1.05 GB/秒1.05 GB/sec 34,000 メッセージ/秒34k messages / sec 1.05 GB/秒1.05 GB/sec 34,000 メッセージ/秒34k messages/sec 1000 TU1000 TUs 250 TU250 TUs

このテストでは、次の条件が使用されました。In the testing, the following criteria was used:

  • 4 容量ユニット (CU) を持つ専用レベルの Event Hubs クラスターが使用されました。A dedicated-tier Event Hubs cluster with four capacity units (CUs) was used.
  • 取り込みに使用されたイベント ハブには 200 パーティションが存在しました。The event hub used for ingestion had 200 partitions.
  • 取り込まれたデータは、すべてのパーティションから受信している 2 つの受信側アプリケーションによって受信されました。The data that was ingested was received by two receiver applications receiving from all partitions.

クラスターをスケールアップ/ダウンできますか?Can I scale up/down my cluster?

作成後、クラスターは 4 時間以上の使用に対して課金されます。After creation, clusters are billed for a minimum of 4 hours of usage. セルフサービス エクスペリエンスのプレビュー リリースでは、 [技術] > [クォータ] > [Request to Scale Up or Scale Down Dedicated Cluster](Dedicated Cluster のスケールアップまたはスケールダウンを要求する) でクラスターをスケールアップまたはスケールダウンする サポート リクエストを Event Hubs チームに送ることができます。In the Preview release of the self-serve experience, you can submit a support request to the Event Hubs team under Technical > Quota > Request to Scale Up or Scale Down Dedicated Cluster to scale your cluster up or down. クラスターのスケールダウンが要求するまで、最大で 7 日かかる場合があります。It may take up to 7 days to complete the request to scale down your cluster.

geo DR はクラスターでどのように機能しますか?How does Geo-DR work with my cluster?

Dedicated レベルのクラスターの名前空間を、Dedicated レベルのクラスターの別の名前空間と、geo ペアリングすることができます。You can geo-pair a namespace under a Dedicated-tier cluster with another namespace under a Dedicated-tier cluster. Dedicated レベルの名前空間と Standard オファリングの名前空間のペアリングは、スループットの制限に互換性がないためエラーが発生するので、お勧めしません。We don't encourage pairing a dedicated-tier namespace with a namespace in our standard offering because the throughput limit will be incompatible and result in errors.

Standard の名前空間を Dedicated レベルのクラスターに属するように移行できますか?Can I migrate my Standard namespaces to belong to a Dedicated-tier cluster?

現在、Standard の名前空間から Dedicated にイベント ハブ データを移行するための自動移行プロセスはサポートされていません。We don't currently support an automated migration process for migrating your event hubs data from a Standard namespace to a Dedicated one.

メジャー グループPartitions

パーティションはいくつ必要ですか。How many partitions do I need?

パーティションの数は作成時に 1 - 32 の間で指定する必要があります。The number of partitions is specified at creation and must be between 1 and 32. パーティション数は専用レベル以外のすべてのレベルで変更できないため、パーティション数を設定する際には、長期的な規模を考慮する必要があります。The partition count isn't changeable in all tiers except the dedicated tier, so you should consider long-term scale when setting partition count. パーティションはデータ編成メカニズムであり、コンシューマー アプリケーションで必要とされるダウンストリーム並列処理に関連します。Partitions are a data organization mechanism that relates to the downstream parallelism required in consuming applications. イベント ハブでのパーティションの数は、予想される同時接続のリーダー数に直接関連します。The number of partitions in an event hub directly relates to the number of concurrent readers you expect to have. パーティションの詳細については、パーティションに関するページをご覧ください。For more information on partitions, see Partitions.

作成時点では、選択可能な最大値 (32) に設定しておくとよいでしょう。You may want to set it to be the highest possible value, which is 32, at the time of creation. 複数のパーティションがある場合、イベントは、その順序を維持せずに、複数のパーティションに送信されることに注意してください (ただし、32 個中 1 つのパーティションにのみ送信し、残りの 31 個を冗長パーティションとするように送信側を構成した場合を除く)。Remember that having more than one partition will result in events sent to multiple partitions without retaining the order, unless you configure senders to only send to a single partition out of the 32 leaving the remaining 31 partitions redundant. 前者の場合、32 個のパーティションすべてにわたってイベントを読み取る必要があります。In the former case, you'll have to read events across all 32 partitions. 後者の場合は、イベント プロセッサ ホストで行う必用のある構成が生じること以外、特別な追加コストは発生しません。In the latter case, there's no obvious additional cost apart from the extra configuration you have to make on Event Processor Host.

Event Hubs は、コンシューマー グループ 1 つにつきパーティション リーダーを 1 つ許可するように設計されています。Event Hubs is designed to allow a single partition reader per consumer group. ほとんどのユース ケースでは、既定の設定の 4 つのパーティションで十分です。In most use cases, the default setting of four partitions is sufficient. イベント処理のスケール設定を予定している場合は、パーティションを追加したほうが良い場合があります。If you're looking to scale your event processing, you may want to consider adding additional partitions. パーティションには、特定のスループット制限はありませんが、名前空間の総スループットは、スループット ユニットの数によって制限されます。There's no specific throughput limit on a partition, however the aggregate throughput in your namespace is limited by the number of throughput units. 名前空間内のスループット ユニットの数を増やすときは、独自の最大スループットを実現するために、同時読み取りを許可するための追加のパーティションが必要になる場合があります。As you increase the number of throughput units in your namespace, you may want additional partitions to allow concurrent readers to achieve their own maximum throughput.

ただし、アプリケーションで特定のパーティションに対してアフィニティが設定されているモデルがある場合は、パーティションの数を増やすことによる利点がない場合があります。However, if you have a model in which your application has an affinity to a particular partition, increasing the number of partitions may not be of any benefit to you. 詳細については、可用性と一貫性に関するページを参照してください。For more information, see availability and consistency.

パーティションを増やすIncrease partitions

サポート リクエストを送信することで、パーティション数を 40 (ちょうど) に増やすように依頼できます。You can request for the partition count to be increased to 40 (exact) by submitting a support request.

  1. [Event Bus Namespace](イベント バス名前空間) ページで、左側のメニューの [新しいサポート リクエスト] を選択します。On the Event Bus Namespace page, select New support request on the left menu.
  2. [新しいサポート リクエスト] ページで、次の手順を行います。On the New support request page, follow these steps:
    1. [概要] には、いくつかの単語で問題を説明してください。For Summary, describe the issue in a few words.

    2. [問題の種類] で、[クォータ] を選択します。For Problem type, select Quota.

    3. [問題のサブタイプ] には、 [Request for partition change](パーティションの変更を要求する) を選択します。For Problem subtype, select Request for partition change.

      パーティション数を増やす

パーティション数は、正確に 40 に増やすことができます。The partition count can be increased to exactly 40. この場合は、TU の数も 40 に増やす必要があります。In this case, number of TUs also have to be increased to 40. 後で TU の制限を 20 以下に下げることにした場合、パーティションの最大数も 32 に減ります。If you decide later to lower the TU limit back to <= 20, the maximum partition limit is also decreased to 32.

パーティションの減少は、既存のイベント ハブには影響しません。これは、パーティションがイベント ハブ レベルで適用されており、ハブの作成後は変更できないためです。The decrease in partitions doesn't affect existing event hubs because partitions are applied at the event hub level and they're immutable after creation of the hub.

価格Pricing

価格についての詳細情報はどこにありますか。Where can I find more pricing information?

Event Hubs 料金の詳細については、「 Event Hubs 料金」を参照してください。For complete information about Event Hubs pricing, see the Event Hubs pricing details.

Event Hubs のイベントを 24 時間以上保有する場合に料金はかかりますか。Is there a charge for retaining Event Hubs events for more than 24 hours?

Event Hubs Standard レベルでは、24 時間より長いメッセージ保有期間 (最大 7 日間) が許可されます。The Event Hubs Standard tier does allow message retention periods longer than 24 hours, for a maximum of seven days. 保存されたイベントの合計数が選択したスループット ユニット数のストレージの上限 (スループット ユニットあたり 84 GB) 上限を超えるサイズには公開された Azure Blob Storage レートの料金が発生します。If the size of the total number of stored events exceeds the storage allowance for the number of selected throughput units (84 GB per throughput unit), the size that exceeds the allowance is charged at the published Azure Blob storage rate. 各スループット ユニットのストレージの上限は、スループット ユニットが受信の上限まで使用された場合でも、24 時間の保持期間に対するすべてのストレージ コストをカバーします。The storage allowance in each throughput unit covers all storage costs for retention periods of 24 hours (the default) even if the throughput unit is used up to the maximum ingress allowance.

Event Hubs のストレージ サイズはどのように計算され、課金されますか。How is the Event Hubs storage size calculated and charged?

保存されたすべてのイベントの合計サイズは、すべてのイベント ハブのイベント ヘッダーまたはディスク ストレージ構造の内部オーバーヘッドを含めて、1 日中測定されます。The total size of all stored events, including any internal overhead for event headers or on disk storage structures in all event hubs, is measured throughout the day. 1 日の終わりに、ピーク ストレージ サイズが計算されます。At the end of the day, the peak storage size is calculated. 1 日あたりのストレージの上限は、その日に選択されたスループット ユニットの最小数に基づいて計算されます (それぞれのスループット ユニットには 84 GB の上限が与えらえます)。The daily storage allowance is calculated based on the minimum number of throughput units that were selected during the day (each throughput unit provides an allowance of 84 GB). 合計サイズが計算された 1 日あたりのストレージの上限を超過した場合は、超過したストレージが、Azure Blob ストレージ レート ( Locally Redundant Storage (LRS) ) を使用して課金されます。If the total size exceeds the calculated daily storage allowance, the excess storage is billed using Azure Blob storage rates (at the Locally Redundant Storage rate).

Event Hubs のイングレス イベントはどのように計算されますか。How are Event Hubs ingress events calculated?

イベント ハブに送信されたイベントは、それぞれが課金対象メッセージとしてカウントされます。Each event sent to an event hub counts as a billable message. 1 つの イングレス イベント は64 KB 以下の単位のデータと定義されます。An ingress event is defined as a unit of data that is less than or equal to 64 KB. サイズが 64 KB 以下のイベントは、1 つの課金対象イベントとみなされます。Any event that is less than or equal to 64 KB in size is considered to be one billable event. イベントが 64 KB よりも大きい場合、課金対象イベントの数はイベント サイズに従って計算され、64 KB の倍数になります。If the event is greater than 64 KB, the number of billable events is calculated according to the event size, in multiples of 64 KB. たとえば、イベント ハブに送信された 8 KB のイベントは 1 つのイベントとして課金されますが、イベント ハブに送信された 96 KB のメッセージは 2 つのイベントとして課金されます。For example, an 8-KB event sent to the event hub is billed as one event, but a 96-KB message sent to the event hub is billed as two events.

イベント ハブや管理操作、チェックポイントなどの制御呼び出しで使用されるイベントは、課金対象イングレス イベントとしてはカウントされませんが、スループット ユニットの上限まで蓄積されます。Events consumed from an event hub, and management operations and control calls such as checkpoints, aren't counted as billable ingress events, but accrue up to the throughput unit allowance.

仲介型接続料金は Event Hubs に適用されますか。Do brokered connection charges apply to Event Hubs?

接続料金は AMQP プロトコルが使用されている場合にのみ適用されます。Connection charges apply only when the AMQP protocol is used. 送信側システムまたはデバイスの数に関係なく、HTTP を使用したベントの送信には接続料金は発生しません。There are no connection charges for sending events using HTTP, regardless of the number of sending systems or devices. AMQP を使用する場合 (たとえば、イベント ストリーミングの効率を高めたり、IoT のコマンドと制御のシナリオで双方向通信を可能にする場合) は、Event Hubs の価格情報に関するページで各サービスレベルに含まれる接続数に関する詳細を参照してください。If you plan to use AMQP (for example, to achieve more efficient event streaming or to enable bi-directional communication in IoT command and control scenarios), see the Event Hubs pricing information page for details about how many connections are included in each service tier.

Event Hubs Capture はどのように課金されますか。How is Event Hubs Capture billed?

Capture が有効になるのは、名前空間内のいずれかのイベント ハブで Capture オプションが有効になっている場合です。Capture is enabled when any event hub in the namespace has the Capture option enabled. Event Hubs Capture は購入済みのスループット ユニットごとに時間単位で課金されます。Event Hubs Capture is billed hourly per purchased throughput unit. スループット ユニット数が増減すると、Event Hubs Capture の課金についても、全体の時間の増分にスループット ユニット数の変化が反映されます。As the throughput unit count is increased or decreased, Event Hubs Capture billing reflects these changes in whole hour increments. Event Hubs Capture の課金の詳細については、Event Hubs の価格情報に関するページを参照してください。For more information about Event Hubs Capture billing, see Event Hubs pricing information.

Event Hubs Capture 用に選択したストレージ アカウントに対しては課金されますか。Do I get billed for the storage account I select for Event Hubs Capture?

Event Hub で有効にされた場合、Capture はお客様の指定したストレージ アカウントを使用します。Capture uses a storage account you provide when enabled on an event hub. これはお客様のストレージ アカウントであるため、この構成に関する変更はすべてお客様の Azure サブスクリプションに課金されます。As it is your storage account, any changes for this configuration are billed to your Azure subscription.

Quotas (クォータ)Quotas

Event Hubs に関連付けられているクォータはありますか。Are there any quotas associated with Event Hubs?

Event Hubs のすべてのクォータの一覧については、クォータに関するページを参照してください。For a list of all Event Hubs quotas, see quotas.

トラブルシューティングTroubleshooting

別のサブスクリプションから名前空間を削除した後に、その名前空間を作成できないのはなぜですか。Why am I not able to create a namespace after deleting it from another subscription?

サブスクリプションから名前空間を削除した場合、別のサブスクリプションで同じ名前を使用して再作成するには、4 時間ほど時間を空けてから行ってください。When you delete a namespace from a subscription, wait for 4 hours before recreating it with the same name in another subscription. そうしないと、Namespace already exists というエラー メッセージが表示される場合があります。Otherwise, you may receive the following error message: Namespace already exists.

Event Hubs によって生成される例外とその推奨されるアクションをいくつか教えてください。What are some of the exceptions generated by Event Hubs and their suggested actions?

発生する可能性がある Event Hubs 例外の一覧については、例外の概要に関するページを参照してください。For a list of possible Event Hubs exceptions, see Exceptions overview.

診断ログDiagnostic logs

Event Hubs では、Capture エラー ログと運用ログの 2 種類の診断ログがサポートされており、両方とも JSON で表されます。この診断ログは Azure Portal で有効にできます。Event Hubs supports two types of diagnostics logs - Capture error logs and operational logs - both of which are represented in json and can be turned on through the Azure portal.

サポートと SLASupport and SLA

Event Hubs のテクニカル サポートについては、Microsoft Q&A の Azure Service Bus に関する質問ページを参照してください。Technical support for Event Hubs is available through the Microsoft Q&A question page for Azure Service Bus. 課金とサブスクリプション管理のサポートは無料で提供されます。Billing and subscription management support is provided at no cost.

SLA の詳細については、「 サービス レベル アグリーメント 」ページを参照してください。To learn more about our SLA, see the Service Level Agreements page.

Azure Stack HubAzure Stack Hub

Azure Blob Storage をチェックポイント ストアとして使用するときに、特定のバージョンの Azure Storage SDK を対象にするにはどうすればよいですか?How can I target a specific version of Azure Storage SDK when using Azure Blob Storage as a checkpoint store?

このコードを Azure Stack Hub で実行すると、特定の Storage API バージョンを対象としている場合を除き、実行時エラーが発生します。If you run this code on Azure Stack Hub, you'll experience runtime errors unless you target a specific Storage API version. これは、Event Hubs SDK では、Azure で利用できる最新の Azure Storage API が使用されますが、Azure Stack Hub プラットフォームではこれを利用できない可能性があるためです。That's because the Event Hubs SDK uses the latest available Azure Storage API available in Azure that may not be available on your Azure Stack Hub platform. Azure Stack Hub でサポートされる Storage Blob SDK のバージョンは、Azure で一般的に利用できるバージョンと異なる場合があります。Azure Stack Hub may support a different version of Storage Blob SDK than that are typically available on Azure. チェックポイント ストアとして Azure Blob Storage を使用している場合は、Azure Stack Hub ビルドでサポートされている Azure Storage API バージョンを確認し、コード内でそのバージョンを対象にします。If you're using Azure Blog Storage as a checkpoint store, check the supported Azure Storage API version for your Azure Stack Hub build and target that version in your code.

たとえば、Azure Stack Hub バージョン 2005 上で実行している場合、Storage サービスで利用できる最も高いバージョンは 2019-02-02 となります。For example, If you're running on Azure Stack Hub version 2005, the highest available version for the Storage service is version 2019-02-02. 既定では、Event Hubs SDK クライアント ライブラリでは、Azure で利用できる最も高いバージョン (SDK のリリース時点では 2019-07-07) が使用されます。By default, the Event Hubs SDK client library uses the highest available version on Azure (2019-07-07 at the time of the release of the SDK). この場合は、このセクションの手順に従うことに加え、Storage サービス API バージョン 2019-02-02 を対象とするコードを追加する必要もあります。In this case, besides following steps in this section, you'll also need to add code to target the Storage service API version 2019-02-02. 特定の Storage API バージョンを対象にする方法の例については、次の C#、Java、Python、および JavaScript/TypeScript 用のサンプルを参照してください。For an example on how to target a specific Storage API version, see the following samples for C#, Java, Python, and JavaScript/TypeScript.

コードから特定の Storage API バージョンを対象にする方法の例については、次の GitHub 上のサンプルを参照してください。For an example on how to target a specific Storage API version from your code, see the following samples on GitHub:

次のステップNext steps

Event Hubs の詳細については、次のリンク先を参照してください:You can learn more about Event Hubs by visiting the following links: