Azure Information Protection の既定のポリシーThe default Azure Information Protection policy

適用対象: Azure Information ProtectionApplies to: Azure Information Protection

手順: Windows 用の Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

注意

Azure Information Protection ポリシーは Azure Information Protection クライアント (クラシック) に適用され、Azure Information Protection の統合されたラベル付けクライアントには適用されません。The Azure Information Protection policy applies to the Azure Information Protection client (classic) and not the Azure Information Protection unified labeling client. これらのクライアントの違いがわからない場合は、Not sure of the difference between these clients? こちらの FAQ を参照してください。See this FAQ.

統一されたラベル付けクライアントの秘密度ラベルとポリシー設定を構成するための情報を探している場合は、Office ドキュメントの「秘密度ラベルの概要」を参照してください。If you are looking for information to configure sensitivity labels and policy settings for the unified labeling client, see Overview of sensitivity labels from the Office documentation.

以下では、Azure Information Protection の既定のポリシーの構成方法を説明します。Use the following information to understand how the default policy for Azure Information Protection is configured.

管理者が Azure portal を使用して最初に Azure Information Protection サービスに接続したときに、そのテナント用に Azure Information Protection の既定のポリシーが作成されます。When an administrator first connects to the Azure Information Protection service by using the Azure portal, the Azure Information Protection default policy for that tenant is created. Microsoft はこの既定のポリシーに変更を加える場合がありますが、既定のポリシーが改訂される前に既にサービスを使用していた場合、以前のバージョンの Azure Information Protection の既定のポリシーは更新されません。これは、ユーザーが既定のポリシーを構成し、運用環境に展開している可能性があるためです。Occasionally, Microsoft might make changes to this default policy but if you were already using the service before the default policy was revised, your earlier version of the Azure Information Protection default policy is not updated because you might have configured it and deployed into production.

次の値を参照して Azure Information Protection のポリシーを既定値に戻したり、Azure Information Protection のポリシーを最新の値に更新したりすることができます。You can reference the following values to return your Azure Information Protection policy to the defaults, or update your Azure Information Protection policy to the latest values.

重要

2019年4月以降、既定のラベルは新規顧客に対して自動的に作成されません。Starting April 2019, the default labels are not automatically created for new customers. これらのテナントには、統一ラベル付けプラットフォームが自動的にプロビジョニングされるため、Azure portal でラベルを構成した後、それらを移行する必要はありません。These tenants are automatically provisioned for the unified labeling platform, so there is no need to migrate labels after you have configured them in the Azure portal.

これらのテナントでは、Office 365 セキュリティ & コンプライアンス センター、Microsoft 365 セキュリティ センター、または Microsoft 365 コンプライアンス センターで既に作成されている秘密度ラベルが存在しない場合は、Azure Information Protection の現在の既定のポリシーから既定のラベルを作成できます。For these tenants, if there aren't any sensitivity labels already created in the Office 365 Security & Compliance Center, the Microsoft 365 Security center, or the Microsoft 365 compliance center, you can create the default labels from the current default policy for Azure Information Protection. これを行うには、 [ラベル] ウィンドウで [既定のラベルを生成] する を選択し、グローバルポリシーにラベルを追加します。To do this, select Generate default labels from the Labels pane, and add the labels to the global policy. 詳しい手順については、「クイック スタート - Azure portal で Azure Information Protection の使用を開始する」を参照してください。For detailed instructions, see the Get started with Azure Information Protection in the Azure portal quickstart.

最新の既定のポリシーCurrent default policy

このバージョンの Azure Information Protection の既定のポリシーは、2017 年 7 月 31 日以降のものです。This version of the Azure Information Protection default policy is from July 31, 2017.

この Azure Information Protection の既定のポリシーは、Azure Rights Management サービスをアクティブ化するとき (2018 年 2 月以降の新しいテナントの場合) に作成されます。This Azure Information Protection default policy is created when the Azure Rights Management service is activated, which is the case for new tenants starting February 2018. 詳細については、ブログ投稿のお知らせ「Improvements to the protection stack in Azure Information Protection (Azure Information Protection の保護スタックの向上)」を参照してください。For more information, see the blog post announcement Improvements to the protection stack in Azure Information Protection.

この Azure Information Protection の既定のポリシーは、Azure Information Protection のポリシーの作成前に手動でサービスをアクティブ化した場合にも作成されます。This Azure Information Protection default policy is also created if you have manually activated the service before the Azure Information Protection policy was created.

サービスをアクティブ化しなかった場合、Azure Information Protection の既定のポリシーでは次のサブラベルの保護が構成されません。If the service was not activated, the Azure Information Protection default policy does not configure protection for the following sublabels:

  • 社外秘 \ すべての従業員Confidential \ All Employees

  • 社外秘 \ 受信者のみConfidential \ Recipients Only

  • 非常に機密性の高い社外秘 \ すべての従業員Highly Confidential \ All Employees

  • 非常に機密性の高い社外秘 \ 受信者のみHighly Confidential \ Recipients Only

保護に対してこれらのサブラベルが自動的に構成されないとき、Azure Information Protection の既定のポリシーは前の既定のポリシーと同じになります。When these sublabels are not automatically configured for protection, the Azure Information Protection default policy remains the same as the previous default policy.

保護が [すべての従業員] サブラベルに適用されるとき、Azure Portal で自動的にラベルに変換される既定のテンプレートを利用し、保護が構成されます。When protection is applied to the All Employees sublabels, the protection is configured by using the default templates that are automatically converted to labels in the Azure portal. これらのテンプレートの詳細については、「Azure Information Protection のテンプレートを構成して管理する」を参照してください。For more information about these templates, see Configuring and managing templates for Azure Information Protection.

2017 年 8 月 30 日以降、このバージョンの Azure Information Protection の既定ポリシーには、多言語版のラベルの名前と説明が含まれるようになりました。Starting August 30, 2017, this version of the Azure Information Protection default policy includes multi-language versions of the label names and descriptions.

[受信者のみ] サブラベルに関する詳細More information about the Recipients Only sublabel

ユーザーには Outlook のみでこのラベルが表示されます。Users see this label in Outlook only. このラベルは Word、Excel、PowerPoint には表示されず、エクスプローラーからも表示されません。They do not see this label in Word, Excel, PowerPoint, or from File Explorer.

ユーザーがこのラベルを選択すると、Outlook の [転送不可] オプションがメールに自動的に適用されます。When users select this label, the Outlook Do Not Forward option is automatically applied to the email. ユーザーが指定した受信者はメールを転送したり、コンテンツをコピーまたは印刷したり、添付ファイルを保存したりできません。The recipients that the users specify cannot forward the email and cannot copy or print the contents, or save any attachments.

ラベルLabels

LabelLabel ツールヒントTooltip [設定]Settings
個人用仮想デスクトップPersonal ビジネス以外のデータ、個人用としてのみ使用します。Non-business data, for personal use only. 有効: オンEnabled: On

: 明るい緑Color: Light green

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
パブリックPublic パブリックで使用するために、特別に準備され、承認されたビジネス データ。Business data that is specifically prepared and approved for public consumption. 有効: オンEnabled: On

: 緑Color: Green

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
全般General パブリックでの使用を目的としないビジネス データ。Business data that is not intended for public consumption. ただし、これは必要に応じて、外部のパートナーと共有できます。However, this can be shared with external partners, as required. たとえば、会社の内部電話帳、組織図、社内基準、内部通信の大部分が含まれます。Examples include a company internal telephone directory, organizational charts, internal standards, and most internal communication. 有効: オンEnabled: On

: 青Color: Blue

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
社外秘Confidential 承認されていない人と共有した場合、ビジネスに損害を与える可能性のある機密性の高いビジネス データ。Sensitive business data that could cause damage to the business if shared with unauthorized people. 例としては、契約書、セキュリティ レポート、予測の概要、および販売取引データなどがあります。Examples include contracts, security reports, forecast summaries, and sales account data. 有効: オンEnabled: On

: オレンジColor: Orange

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
非常に機密性の高い社外秘Highly Confidential 承認されていない人と共有した場合、ビジネスに損害を与える可能性のある非常に機密性の高いビジネス データ。Very sensitive business data that would cause damage to the business if it was shared with unauthorized people. 例としては、従業員と顧客の情報、パスワード、ソース コード、および発表前の財務レポートなどがあります。Examples include employee and customer information, passwords, source code, and pre-announced financial reports. 有効: オンEnabled: On

: 赤Color: Red

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None

サブラベルSublabels

LabelLabel ツールヒントTooltip [設定]Settings
社外秘 \ すべての従業員Confidential \ All Employees 保護を必要とする機密データ。すべての従業員に完全なアクセス許可を付与します。Confidential data that requires protection, which allows all employees full permissions. データ所有者は、コンテンツの追跡や取り消しを実行できます。Data owners can track and revoke content. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール)Visual markings: Footer (document and email)

社外秘として分類Classified as Confidential

条件: なしConditions: None

保護: Azure (クラウド キー) [1]Protection: Azure (cloud key) [1]
社外秘 \ (保護されていない) すべてのユーザーConfidential \ Anyone (not protected) 保護を必要としないデータ。Data that does not require protection. このオプションは、適切な業務の理由がある場合に、注意して使用します。Use this option with care and with appropriate business justification. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール)Visual markings: Footer (document and email)

社外秘として分類Classified as Confidential

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
社外秘 \ 受信者のみConfidential \ Recipients Only 保護を必要とし、受信者だけが閲覧できる機密データ。Confidential data that requires protection and that can be viewed by the recipients only. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: フッター (電子メール)Visual markings: Footer (email)

社外秘として分類Classified as Confidential

条件: なしConditions: None

保護: ユーザー定義のアクセス許可を設定します (プレビュー)。Outlook では転送不可を適用しますProtection: Set user defined permissions (Preview), In Outlook apply Do Not Forward
非常に機密性の高い社外秘 \ すべての従業員Highly Confidential \ All Employees すべての従業員に対して、このコンテンツの表示、編集、返信のアクセス許可を付与する非常に機密性の高い社外秘データ。Highly confidential data that allows all employees view, edit, and reply permissions to this content. データ所有者は、コンテンツの追跡や取り消しを実行できます。Data owners can track and revoke content. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール)Visual markings: Footer (document and email)

非常に機密性の高い社外秘として分類Classified as Highly Confidential

条件: なしConditions: None

保護: Azure (クラウド キー) [2]Protection: Azure (cloud key) [2]
非常に機密性の高い社外秘 \ (保護されていない) すべてのユーザーHighly Confidential \ Anyone (not protected) 保護を必要としないデータ。Data that does not require protection. このオプションは、適切な業務の理由がある場合に、注意して使用します。Use this option with care and with appropriate business justification. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール)Visual markings: Footer (document and email)

非常に機密性の高い社外秘として分類Classified as Highly Confidential

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
非常に機密性の高い社外秘 \ 受信者のみHighly Confidential \ Recipients Only 保護を必要とし、受信者だけが閲覧できる非常に機密性の高いデータ。Highly confidential data that requires protection and that can be viewed by the recipients only. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: フッター (電子メール)Visual markings: Footer (email)

非常に機密性の高い社外秘として分類Classified as Highly Confidential

条件: なしConditions: None

保護: ユーザー定義のアクセス許可を設定します (プレビュー)。Outlook では転送不可を適用しますProtection: Set user defined permissions (Preview), In Outlook apply Do Not Forward
脚注 1:Footnote 1

保護のアクセス許可は、既定のテンプレートである社外秘 \ すべての従業員でこれらと一致します。The protection permissions match those in the default template, Confidential \ All Employees.

脚注 2Footnote 2

保護のアクセス許可は、既定のテンプレートである非常に機密性の高い社外秘 \ すべての従業員でこれらと一致します。The protection permissions match those in the default template, Highly Confidential \ All Employees.

Information Protection バーInformation Protection bar

設定Setting Value
TitleTitle 秘密度Sensitivity
ツールヒントTooltip このコンテンツの現在のラベル。The current label for this content. このコンテンツが組織内外の承認されていないユーザーと共有されている場合、この設定はビジネスのリスクを識別します。This setting identifies the risk to the business if this content is shared with unauthorized people inside or outside the organization.

[設定]Settings

設定の一部は、2017 年 7 月 31 日以降に追加されています。Some of the settings were added after July 31, 2017.

設定Setting Value
Select the default label (既定のラベルを選択する)Select the default label NoneNone
[Send audit data to Azure Information Protection analytics](監査データを Azure Information Protection 分析に送信する)Send audit data to Azure Information Protection analytics OffOff
All documents and emails must have a label (applied automatically or by users) (すべてのドキュメントと電子メールにラベルを設定する必要があります (自動設定またはユーザーが設定))All documents and emails must have a label (applied automatically or by users) OffOff
Users must provide justification to set a lower classification label, remove a label, or remove protection (ユーザーは分類ラベルの秘密度を下げる、ラベルを削除する、または保護を解除するときにその理由を示す必要があります)Users must provide justification to set a lower classification label, remove a label, or remove protection OffOff
添付ファイル付きの電子メール メッセージの場合、添付ファイルの最上位の分類に一致するラベルを適用しますFor email messages with attachments, apply a label that matches the highest classification of those attachments OffOff
Display the Information Protection bar in Office apps(Office アプリの Information Protection バーを表示する)Display the Information Protection bar in Office apps OffOff
[Add the Do Not Forward button to the Outlook ribbon](Outlook のリボンに [転送不可] ボタンを追加する)Add the Do Not Forward button to the Outlook ribbon OffOff
[Make the custom permissions option available to users](ユーザーがカスタム アクセス許可オプションを使用できるようにする)Make the custom permissions option available for users OffOff
Azure Information Protection クライアントの "詳細" Web ページのカスタム URL を指定しますProvide a custom URL for the Azure Information Protection client "Tell me more" web page 新規Blank

2017 年 7 月 31 日より前の既定のポリシーDefault policy before July 31, 2017

このポリシーの説明では、保護を必要とするデータおよびデータの追跡や取り消しについて言及しています。Note that descriptions in this policy refer to data that requires protection, and also to data tracking and revoking. ポリシーでは、これらのラベルについてこの保護を構成するわけではないため、この説明を満たすためには追加の手順を実行する必要があります。The policy does not configure this protection for these labels, so you must take additional steps to fulfill this description. たとえば、保護を適用したり、データ損失防止 (DLP) ソリューションを使用したりするようにラベルを構成します。For example, configure the label to apply protection or use a data loss prevention (DLP) solution. ドキュメント追跡サイトを使用してドキュメントの追跡や取り消しを行うには、Azure Rights Management サービスでドキュメントを保護し、ドキュメントを保護したユーザーがドキュメントを追跡記録する必要があります。Before you can track and revoke a document by using the document tracking site, the document must be protected by the Azure Rights Management service and tracked by the person who protected the document.

ラベルLabels

LabelLabel ツールヒントTooltip [設定]Settings
個人用仮想デスクトップPersonal ビジネス以外のデータ、個人用としてのみ使用します。Non-business data, for personal use only. 有効: オンEnabled: On

: 明るい緑Color: Light green

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
パブリックPublic パブリックで使用するために、特別に準備され、承認されたビジネス データ。Business data that is specifically prepared and approved for public consumption. 有効: オンEnabled: On

: 緑Color: Green

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
全般General パブリックでの使用を目的としないビジネス データ。Business data that is not intended for public consumption. ただし、これは必要に応じて、外部のパートナーと共有できます。However, this can be shared with external partners, as required. たとえば、会社の内部電話帳、組織図、社内基準、内部通信の大部分が含まれます。Examples include a company internal telephone directory, organizational charts, internal standards, and most internal communication. 有効: オンEnabled: On

: 青Color: Blue

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
社外秘Confidential 承認されていない人と共有した場合、ビジネスに損害を与える可能性のある機密性の高いビジネス データ。Sensitive business data that could cause damage to the business if shared with unauthorized people. 例としては、契約書、セキュリティ レポート、予測の概要、および販売取引データなどがあります。Examples include contracts, security reports, forecast summaries, and sales account data. 有効: オンEnabled: On

: オレンジColor: Orange

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
非常に機密性の高い社外秘Highly Confidential 承認されていない人と共有した場合、ビジネスに損害を与える可能性のある非常に機密性の高いビジネス データ。Very sensitive business data that would cause damage to the business if it was shared with unauthorized people. 例としては、従業員と顧客の情報、パスワード、ソース コード、および発表前の財務レポートなどがあります。Examples include employee and customer information, passwords, source code, and pre-announced financial reports. 有効: オンEnabled: On

: 赤Color: Red

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None

サブラベルSublabels

LabelLabel ツールヒントTooltip [設定]Settings
社外秘 \ すべての従業員Confidential \ All Employees 保護を必要とする機密データ。すべての従業員に完全なアクセス許可を付与します。Confidential data that requires protection, which allows all employees full permissions. データ所有者は、コンテンツの追跡や取り消しを実行できます。Data owners can track and revoke content. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール)Visual markings: Footer (document and email)

社外秘として分類Classified as Confidential

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
社外秘 \ (保護されていない) すべてのユーザーConfidential \ Anyone (not protected) 保護を必要としないデータ。Data that does not require protection. このオプションは、適切な業務の理由がある場合に、注意して使用します。Use this option with care and with appropriate business justification. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール)Visual markings: Footer (document and email)

社外秘として分類Classified as Confidential

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
非常に機密性の高い社外秘 \ すべての従業員Highly Confidential \ All Employees すべての従業員に対して、このコンテンツの表示、編集、返信のアクセス許可を付与する非常に機密性の高い社外秘データ。Highly confidential data that allows all employees view, edit, and reply permissions to this content. データ所有者は、コンテンツの追跡や取り消しを実行できます。Data owners can track and revoke content. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール)Visual markings: Footer (document and email)

非常に機密性の高い社外秘として分類Classified as Highly Confidential

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
非常に機密性の高い社外秘 \ (保護されていない) すべてのユーザーHighly Confidential \ Anyone (not protected) 保護を必要としないデータ。Data that does not require protection. このオプションは、適切な業務の理由がある場合に、注意して使用します。Use this option with care and with appropriate business justification. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール)Visual markings: Footer (document and email)

非常に機密性の高い社外秘として分類Classified as Highly Confidential

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None

Information Protection バーInformation Protection bar

設定Setting Value
TitleTitle 秘密度Sensitivity
ツールヒントTooltip このコンテンツの現在のラベル。The current label for this content. このコンテンツが組織内外の承認されていないユーザーと共有されている場合、この設定はビジネスのリスクを識別します。This setting identifies the risk to the business if this content is shared with unauthorized people inside or outside the organization.

[設定]Settings

設定Setting Value
All documents and emails must have a label (applied automatically or by users) (すべてのドキュメントと電子メールにラベルを設定する必要があります (自動設定またはユーザーが設定))All documents and emails must have a label (applied automatically or by users) OffOff
Select the default label (既定のラベルを選択する)Select the default label NoneNone
Users must provide justification to set a lower classification label, remove a label, or remove protection (ユーザーは分類ラベルの秘密度を下げる、ラベルを削除する、または保護を解除するときにその理由を示す必要があります)Users must provide justification to set a lower classification label, remove a label, or remove protection OffOff
添付ファイル付きの電子メール メッセージの場合、添付ファイルの最上位の分類に一致するラベルを適用しますFor email messages with attachments, apply a label that matches the highest classification of those attachments OffOff
Azure Information Protection クライアントの "詳細" Web ページのカスタム URL を指定しますProvide a custom URL for the Azure Information Protection client "Tell me more" web page 新規Blank

2017 年 3 月 21 日より前の既定のポリシーDefault policy before March 21, 2017

ラベルLabels

LabelLabel ツールヒントTooltip [設定]Settings
個人用仮想デスクトップPersonal 個人用としてのみ使用します。For personal use only. このデータは組織によって監視されることはありません。This data will not be monitored by the organization. 個人用の情報にビジネスに関連するデータを含めないでください。Personal information must not include any business-related data. 有効: オンEnabled: On

: 明るい緑Color: Light green

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
パブリックPublic これは内部情報であり、社内および社外のだれもが使用できます。This information is internal and can be used by everyone inside or outside the business. 有効: オンEnabled: On

: 緑Color: Green

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
内部Internal この情報には、すべての従業員が使用でき、承認された顧客およびビジネス パートナーと共有できる、幅広い内部ビジネス データが含まれます。This information includes a wide spectrum of internal business data that can be used by all employees and can be shared with authorized customers and business partners. 内部情報の例として、会社のポリシーや、ほとんどの内部通信が挙げられます。Examples for internal information are company policies and most internal communications. 有効: オンEnabled: On

: 青Color: Blue

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール):Visual markings: Footer (document and email):

検出感度: 内部Sensitivity: Internal

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
社外秘Confidential このデータには機密性の高いビジネス情報が含まれます。This data includes sensitive business information. 承認されていないユーザーにこのデータを公開すると、組織に損害が生じる可能性があります。Exposing this data to unauthorized users may cause damage to the organization. 機密情報の例には、従業員情報、個々の顧客のプロジェクトまたは契約書、販売取引データなどがあります。Examples for Confidential information are employee information, individual customer projects or contracts, and sales account data. 有効: オンEnabled: On

: オレンジColor: Orange

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール):Visual markings: Footer (document and email):

検出感度: 社外秘Sensitivity: Confidential

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
秘密Secret このデータには、保護する必要がある機密性の高いビジネス情報が含まれます。This data includes highly sensitive information for the business that must be protected. 承認されていないユーザーに秘密データを公開すると、組織に深刻な損害が生じる可能性があります。Exposing Secret data to unauthorized users may cause serious damage to the organization. 秘密情報の例には、個人識別情報、顧客レコード、ソース コード、発表前の財務レポートなどがあります。Examples for Secret information are personal identification information, customer records, source code, and pre-announced financial reports. 有効: オンEnabled: On

: 赤Color: Red

視覚的なマーキング: フッター (ドキュメントや電子メール):Visual markings: Footer (document and email):

検出感度: 秘密Sensitivity: Secret

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None

サブラベルSublabels

LabelLabel ツールヒントTooltip [設定]Settings
秘密 \ 会社全体Secret \ All Company このデータには、すべての会社の従業員に対して許可される機密性のあるビジネス情報が含まれます。This data includes sensitive business information - permitted for all company employees. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None
秘密 \ マイ グループSecret \ My Group このデータには、従業員グループに対してのみ許可される機密性のあるビジネス情報が含まれます。This data includes sensitive business information - permitted for employee groups only. 有効: オンEnabled: On

視覚的なマーキング: オフVisual markings: Off

条件: なしConditions: None

保護: なしProtection: None

Information Protection バーInformation Protection bar

設定Setting Value
TitleTitle 秘密度Sensitivity
ツールヒントTooltip 情報の秘密度は 4 つの異なるレベル (パブリック、内部、機密、秘密) で構成され、これによってユーザーは、社内または社外の承認されていないユーザーに対する情報漏えいのリスクを識別できます。Information Sensitivity consists of four distinct levels (Public, Internal, Confidential, Secret), allowing the user to identify the risk of exposing the information to unauthorized users inside or outside the business.

[設定]Settings

設定Setting Value
All documents and emails must have a label (applied automatically or by users) (すべてのドキュメントと電子メールにラベルを設定する必要があります (自動設定またはユーザーが設定))All documents and emails must have a label (applied automatically or by users) OffOff
Select the default label (既定のラベルを選択する)Select the default label NoneNone
Users must provide justification to set a lower classification label, remove a label, or remove protection (ユーザーは分類ラベルの秘密度を下げる、ラベルを削除する、または保護を解除するときにその理由を示す必要があります)Users must provide justification to set a lower classification label, remove a label, or remove protection OffOff
Azure Information Protection クライアントの "詳細" Web ページのカスタム URL を指定しますProvide a custom URL for the Azure Information Protection client "Tell me more" web page 新規Blank

次のステップNext steps

Azure Information Protection ポリシーの構成の詳細については、「組織のポリシーの構成」セクションのリンクを使用してください。For more information about configuring your Azure Information Protection policy, use the links in the Configuring your organization's policy section.