Azure Information Protection クライアント: バージョン リリース履歴とサポート ポリシーAzure Information Protection client: Version release history and support policy

適用対象: Active Directory Rights Management サービス、 Azure Information Protection、windows 10、Windows 8.1、windows 8、WINDOWS 7 SP1、windows server 2019、windows server 2016、windows Server 2012 R2、windows server 2012、windows Server 2008 r2Applies to: Active Directory Rights Management Services, Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 with SP1, Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2

手順: Windows 用の Azure Information Protection クライアントInstructions for: Azure Information Protection client for Windows

Azure Information Protection チームは、Azure Information Protection クライアントの修正点と新機能を定期的に更新しています。The Azure Information Protection team regularly updates the Azure Information Protection client for fixes and new functionality.

最新の一般公開リリース バージョンと現在のプレビュー バージョン (利用できる場合) を Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。You can download the latest general availability release version and the current preview version (if available) from the Microsoft Download Center.

通常、数週間の遅延が発生すると、最新の一般公開バージョンが Microsoft Update カタログに含まれ、 Microsoft Azure Information Protection > Microsoft Azure 情報の製品名が付けられます。保護クライアントおよび更新プログラムの分類。After a short delay of typically a couple of weeks, the latest general availability version is also included in the Microsoft Update Catalog with a product name of Microsoft Azure Information Protection > Microsoft Azure Information Protection Client, and the classification of Updates. このようにカタログに含まれることで、WSUS や Configuration Manager、または Microsoft Update を使うその他のソフトウェア展開メカニズムを使って、クライアントをアップグレードできるようになります。This inclusion in the catalog means that you can upgrade the client by using WSUS or Configuration Manager, or other software deployment mechanisms that use Microsoft Update.

詳細については、「Azure Information Protection クライアントのアップグレードと保守」をご覧ください。For more information, see Upgrading and maintaining the Azure Information Protection client.

ヒント

ラベルが Office 365 セキュリティ/コンプライアンスセンター、Microsoft 365 Security center、または Microsoft 365 コンプライアンスセンターから公開されているため、Azure Information Protection 統合ラベルクライアントの使用に関心がある場合は、Interested in using the Azure Information Protection unified labeling client because your labels are published from the Office 365 Security & Compliance Center, Microsoft 365 security center, or Microsoft 365 compliance center? Microsoft ダウンロードセンターから、統合されたラベル付けクライアントをダウンロードしてインストールすると、Azure Information Protection クライアントをこの統一されたラベル付けクライアントにアップグレードできます。When you download and then install the unified labeling client from the Microsoft Download Center, you can upgrade your Azure Information Protection client to this unified labeling client.

サービスの情報とタイムラインServicing information and timelines

Azure Information Protection クライアントの各一般公開 (GA) バージョンは、後続の GA バージョンがリリースされた後も最長で 6 か月間はサポートされます。Each general availability (GA) version of the Azure Information Protection client is supported for up to six months after the release of the subsequent GA version. このセクションを除き、ドキュメントにはサポートされていないバージョンのクライアントに関する情報は含まれていません。With the exception of this section, the documentation does not include information about unsupported versions of the client. 修正プログラムや新しい機能は常に最新の GA バージョンに適用され、古い GA バージョンには適用されません。Fixes and new functionality are always applied to the latest GA version and will not be applied to older GA versions.

実稼働ネットワークのエンド ユーザー向けにプレビュー バージョンをデプロイしないでください。Preview versions should not be deployed for end users on production networks. 最新のプレビュー バージョンは、次の GA バージョンに含まれる新しい機能や修正内容の確認と試用にお使いください。Instead, use the latest preview version to see and try new functionality or fixes that are coming in the next GA version. 最新でないプレビュー バージョンはサポートされません。Preview versions that are not current are not supported.

サポートされなくなった一般提供のバージョン:General availability versions that are no longer supported:
クライアントのバージョンClient version リリース日Date released
1.41.51.01.41.51.0 2018 年 11 月 27 日11/27/2018
1.37.19.01.37.19.0 2018 年 9 月 17 日09/17/2018
1.29.5.01.29.5.0 2018 年 6 月 26 日06/26/2018
1.27.48.01.27.48.0 2018 年 5 月 30 日05/30/2018
1.26.6.01.26.6.0 04/17/201804/17/2018
1.10.56.01.10.56.0 09/18/201709/18/2017
1.7.210.01.7.210.0 06/06/201706/06/2017
1.4.21.01.4.21.0 03/15/201703/15/2017
1.3.155.21.3.155.2 02/08/201702/08/2017
1.2.4.0.01.2.4.0.0 10/27/201610/27/2016
1.1.23.01.1.23.0 10/01/201610/01/2016

このページで使用される日付形式は、月/日/年です。The date format used on this page is month/day/year.

6/2/2019 以降、Azure Information Protection のラベル付けサービスには、TLS 1.2 を使用する接続が必要です。Starting 6/2/2019, the labeling service for Azure Information Protection requires connections that use TLS 1.2.

1.4.21.0 リリース03/15/2017 のすべてのクライアントバージョンが TLS 1.2 をサポートしています。All client versions from 1.4.21.0 released 03/15/2017 support TLS 1.2. クライアントバージョン1.3.155.21.2.4.0、および1.1.23.0は TLS 1.2 を使用しないため、Azure Information Protection ポリシーをダウンロードできなくなります。Client versions 1.3.155.2, 1.2.4.0, and 1.1.23.0 do not use TLS 1.2 and therefore can no longer download the Azure Information Protection policy.

リリース履歴Release history

Windows 用 Azure Information Protection クライアントのサポートされるリリースの新機能と変更点については、次の情報を参照してください。Use the following information to see what’s new or changed for a supported release of the Azure Information Protection client for Windows. 最新のリリースは一番上に表示されます。The most current release is listed first.

注意

細かい修正点は記載されていないので、Azure Information Protection クライアントで問題が発生した場合は、最新の GA リリースで問題が修正されているかどうかを確認することをお勧めします。Minor fixes are not listed so if you experience a problem with the Azure Information Protection client, we recommend that you check whether it is fixed with the latest GA release. 問題が引き続き発生する場合は、現在のプレビューバージョン (使用可能な場合) を確認します。If the problem remains, check the current preview version (if available).

テクニカル サポートについては、「サポート オプションとコミュニティ リソース」の情報を参照してください。For technical support, see the Support options and community resources information. Yammer サイトで Azure Information Protection チームと情報交換することもできます。We also invite you to engage with the Azure Information Protection team, on their Yammer site.

バージョン1.54.33.0Version 1.54.33.0

リリース日: 10/23/2019Released: 10/23/2019

このバージョンには、RMS クライアントの MSIPC バージョン1.0.4008.0813 が含まれています。This version includes the MSIPC version 1.0.4008.0813 of the RMS client.

このリリースには、安定性とパフォーマンスに関する一般的な修正が含まれています。This release has general fixes for stability and performance.

バージョン1.53.10.0Version 1.53.10.0

リリース日: 07/15/2019Released: 07/15/2019

04/23/2020 でサポートSupported through 04/23/2020

このバージョンには、RMS クライアントの MSIPC バージョン1.0.3889.0419 が含まれています。This version includes the MSIPC version 1.0.3889.0419 of the RMS client.

新機能:New features:

  • ポリシー設定から Outlook メッセージを除外する新しい高度なクライアント設定すべてのドキュメントと電子メールにラベルを付ける必要があります。New advanced client setting to exempt Outlook messages from the policy setting All documents and emails must have a label. 詳細情報More information

  • 新しい高度なクライアント設定。 Outlook でポップアップメッセージを実装する設定をカスタマイズして、送信される電子メールを警告、ブロック、またはブロックします。New advanced client setting to further customize settings that implement pop-up messages in Outlook that warn, justify, or block emails being sent. この新しい詳細設定では、添付ファイルのない電子メールメッセージに対して別のアクションを設定できます。With this new advanced setting, you can set a different action for email messages without attachments. 詳細情報More information

修正内容:Fixes:

  • エクスプローラーを使用する場合、右クリックすると、保護がラベルとは別に適用されているファイルにラベルを付けることができます。When you use File Explorer, right-click to label a file that has protection applied independently from a label, that protection is preserved. たとえば、ユーザーがファイルにカスタムアクセス許可を適用したとします。For example, a user applied custom permissions to a file.

  • 電子メールスレッドの [転送不可] オプションを、ユーザー定義のアクセス許可用に構成され、転送しないラベルに置き換えると、元の受信者は引き続き電子メールメッセージを開くことができます。When you replace the Do Not Forward option on an email thread with a label that's configured for user-defined permissions and Do Not Forward, original recipients can still open the email message.

  • 次のシナリオでは、ラベルが自動的に設定されたというラベルのツールヒントにユーザーが表示されなくなりました。ユーザーは、ラベルが付けられていないが自動的に保護されたドキュメントを添付して、保護された電子メールを受け取ります。In the following scenario a user no longer sees in the label tooltip that the label was automatically set by them: A user receives a protected email with a document attached that isn't labeled, but automatically protected. 差出人と同じ組織のユーザーがドキュメントを開くと、保護設定の対応するラベルがドキュメントに適用されます。When the user from the same organization as the sender opens the document, the corresponding label for the protection settings is applied to the document.

  • Protect-rmsfileコマンドレットを実行するための最小使用権限は、コピー (EXTRACT) ではなく 、名前を付けて保存、エクスポート(エクスポート) されるようになりました。The minimum usage right to run the Unprotect-RMSFile cmdlet is now Save As, Export (EXPORT) rather than Copy (EXTRACT).

バージョン1.48.204.0Version 1.48.204.0

リリース日: 04/16/2019Released: 04/16/2019

01/15/2020 でサポートSupported through 01/15/2020

このバージョンには、MSIPC バージョン 1.0.3592.627 の RMS クライアントが含まれています。This version includes the MSIPC version 1.0.3592.627 of the RMS client.

新機能:New features:

  • Azure Information Protection スキャナーは、PowerShell を使用するのではなく、Azure portal から構成されるようになりました。The Azure Information Protection scanner is now configured from the Azure portal, rather than by using PowerShell.

    一般公開バージョンのスキャナーからアップグレードする場合は、アップグレード プロセスが以前のバージョンとは異なるため、「Azure Information Protection スキャナーのアップグレード」を必ずお読みください。If you are upgrading from a general availability version of the scanner, the upgrade process is different from previous versions, so be sure to read Upgrading the Azure Information Protection scanner.

  • スキャナーは、プロファイル名を指定するときに、同じ SQL server インスタンス上の複数の構成データベースをサポートするようになりました。The scanner now supports multiple configuration databases on the same SQL server instance when you specify a profile name.

  • ドキュメントおよび電子メール内の資格情報を識別するのに役立つ、次の機密情報の種類のサポート。Support for the following sensitive information types that help to identify credentials in documents and emails:

    • Azure Service Bus の接続文字列Azure Service Bus Connection String
    • Azure IoT の接続文字列Azure IoT Connection String
    • Azure ストレージ アカウントAzure Storage Account
    • Azure IAAS データベースの接続文字列および Azure SQL の接続文字列Azure IAAS Database Connection String and Azure SQL Connection String
    • Azure Redis Cache の接続文字列Azure Redis Cache Connection String
    • Azure SASAzure SAS
    • SQL Server の接続文字列SQL Server Connection String
    • Azure DocumentDB の認証キーAzure DocumentDB Auth Key
    • Azure 発行設定のパスワードAzure Publish Setting Password
    • Azure Storage のアカウント キー (汎用)Azure Storage Account Key (Generic)
  • エンドポイント探索によるAzure Information Protection analyticsのサポート: ユーザーが最初に Office ドキュメントを保存したときに検出された機密情報を報告する (Word、Excel、PowerPoint 用のデスクトップアプリを使用):Endpoint discovery support for Azure Information Protection analytics, to report sensitive information found when users first save an Office document (using desktop apps for Word, Excel, and PowerPoint):

    • この情報を見つけるには、ドキュメントにラベルを付ける必要はありません。To discover this information, the documents do not need to be labeled.
    • 機密情報は、定義済みおよびカスタムの情報の種類によって識別されます。Sensitive information is identified by predefined and custom information types.
    • 機密情報の種類が Azure Information Protection analytics に送信されないようにする場合は、クライアントの詳細設定を使用してエンドポイントの検出を無効にすることができます。If you don't want the sensitive information types found to be sent to Azure Information Protection analytics, you can disable endpoint discovery with an advanced client setting.
  • Outlook で送信される電子メールに対する警告、理由の入力、またはブロックのためのポップアップ メッセージを実装する、新しいクライアント詳細設定。New advanced client settings that implement pop-up messages in Outlook that can warn, justify, or block emails being sent. 詳細情報More information

    プレビューバージョンの OutlookCollaborationTrustedDomains のアドバンストクライアントプロパティを構成した場合、この設定は3つの新しい設定に置き換えられるため、ドメインがアクションごとに除外されるようになりました。 OutlookWarnTrustedDomains、Outlookジャストの信頼ドメインと OutlookBlockTrustedDomains。Note that if you configured the advanced client property of OutlookCollaborationTrustedDomains for the preview version, this setting is now replaced by three new settings, so that domains can be exempt per action: OutlookWarnTrustedDomains, OutlookJustifyTrustedDomains, and OutlookBlockTrustedDomains.

  • Set-AIPFileLabel コマンドレットを使ってファイルにラベルを付けて保護する場合、EnableTracking パラメーターを使ってドキュメント追跡サイトにファイルを登録できます。If you label and protect files by using the Set-AIPFileLabel cmdlet, you can use the EnableTracking parameter to register the file with the document tracking site. 詳細情報More information

  • Azure portal のチェックボックスをオンにして、機密データをより深く分析できるようにするための、 Azure Information Protection analyticsの新しいクライアント設定の1つ。A new advanced client setting for Azure Information Protection analytics, to prevent sending information type matches for a subset of users when you have selected the checkbox in the Azure portal that enables deeper analytics into your sensitive data. この設定は、クライアントとスキャナーに適用されます。This setting is applicable to the client and the scanner. 詳細情報More information

  • カスタムアクセス許可を表示しないようにポリシー設定を構成した場合にのみ適用可能な新しいアドバンストクライアント設定: カスタムアクセス許可で保護されたファイルがある場合は、ユーザーが表示できるように、エクスプローラーで [カスタムアクセス許可] オプションを表示します。(保護設定を変更するアクセス許可がある場合) を変更します。New advanced client setting that's applicable only when you configure the policy setting to not display custom permissions: When there's a file that's protected with custom permissions, display the custom permissions option in File Explorer so that users can see and change them (if they have permissions to change the protection settings). 詳細情報More information

修正内容:Fixes:

  • Azure Information Protection 分析で、送信元オペレーティング システムのロケールが英語の場合に、パスおよびファイル名に含まれる非 ASCII 文字が疑問符 ( ? ) で表示されません。Paths and file names do not display question marks (?) instead of non-ASCII characters in Azure Information Protection analytics when the sending operating system locale is English.

  • ユーザーがWord 文書に新しいセクションを追加した後で再度ラベルを付ける場合、新しい視覚的なマーキングが一貫して適用されます。New visual markings are consistently applied when a user adds new sections to a Word document, and then relabels the document.

  • Azure Information Protection クライアントで、Rights Management 共有アプリケーションによって保護されていた PDF 文書の保護が正しく解除されます。The Azure Information Protection client correctly removes protection from a PDF document that was protected by the Rights Management sharing application.

  • ユーザー定義のアクセス許可に対して親ラベルが構成されている場合、PowerShell およびスキャナーによってサブラベルが正しく適用されます。Sublabels are correctly applied by PowerShell and the scanner when the parent label is configured for user-defined permissions.

  • Azure Information Protection クライアントで、統合ラベル付けをサポートしているクライアントによって適用されているラベルが正しく表示されます。The Azure Information Protection client correctly displays labels that have been applied by clients that support unified labeling.

  • エクスプローラーと右クリック、PowerShell、およびスキャナーによって保護が解除された後に、ドキュメントが Office で回復メッセージなしで正しく開きます。Documents open correctly in Office without a recovery message after protection has been removed by File Explorer and right-click, PowerShell, and the scanner.

  • クライアント詳細設定を使用して Outlook の既定のラベルを設定すると、ユーザーに対してすべてのサブラベルが無効化されている場合でも、これらのサブラベルを含む親ラベルを適用できます。When you use the advanced client setting to set a default label for Outlook, you can apply a parent label that has sublabels when all those sublabels are disabled for the user.

  • ポリシー設定[添付ファイルのあるメール メッセージの場合、それらの添付ファイルの最上位の分類に一致するラベルを適用します] を使用し、ユーザー定義のアクセス許可で最上位の分類のラベルが構成されている場合、以前はそのラベルが電子メールに適用されましたが、保護は適用されませんでした。When you use the policy setting For email messages with attachments, apply a label that matches the highest classification of those attachments and the label with the highest classification is configured for user-defined permissions, the outcome previously was that the label was applied to the email, but the protection was not. 現在の動作は次のとおりです。Now:

    • ラベルのユーザー定義のアクセス許可に Outlook (転送不可) が含まれている場合は、そのラベルを適用し、電子メールに [転送不可] を設定します。When the label's user-defined permissions include Outlook (Do Not Forward): Apply that label and its Do Not Forward protection to the email.
    • ラベルのユーザー定義アクセス許可が Word、Excel、PowerPoint、およびエクスプローラー専用の場合: ラベルを適用せず、電子メールに保護を適用しません。When the label's user-defined permissions are just for Word, Excel, PowerPoint, and File Explorer: Do not apply the label and do not apply any protection to the email.

その他の変更:Additional changes:

  • 次の機密情報の種類は、推奨または自動分類用に構成するラベルではサポートされなくなりました。The following sensitive information types are no longer supported for labels that you configure for recommended or automatic classification:

    • EU の電話番号EU Phone Number
    • EU の GPS 座標EU GPS Coordinates
  • Azure Information Protections スキャナーは Azure portal を使用して構成されるため、次のコマンドレットが非推奨になり、データ リポジトリまたはファイルの種類一覧の構成に使用できなくなりました。Because the Azure Information Protections scanner is configured from the Azure portal, the following cmdlets are now deprecated and can't be used to configure data repositories or the file types list:

    • Add-AIPScannerRepositoryAdd-AIPScannerRepository
    • Add-AIPScannerScannedFileTypesAdd-AIPScannerScannedFileTypes
    • Get-AIPScannerRepositoryGet-AIPScannerRepository
    • Remove-AIPScannerRepositoryRemove-AIPScannerRepository
    • Remove-AIPScannerScannedFileTypesRemove-AIPScannerScannedFileTypes
    • Set-AIPScannerRepositorySet-AIPScannerRepository
    • Set-AIPScannerScannedFileTypesSet-AIPScannerScannedFileTypes
  • Azure Information Protection スキャナーが Azure portal から構成をダウンロードできないシナリオに対処するための新しい PowerShell コマンドレット Import-AIPScannerConfigurationA new PowerShell cmdlet, Import-AIPScannerConfiguration, for scenarios where the Azure Information Protection scanner cannot download its configuration from the Azure portal.

  • Azure Information Protection スキャナーで、.zip ファイルが既定で除外されなくなりました。The Azure Information Protection scanner no longer excludes .zip files by default. .zip ファイルの検査およびラベル付けの方法については、管理ガイドの「.zip ファイルを検査するには」セクションをご覧ください。To inspect and label .zip files, see the To inspect .zip files section of the admin guide.

  • ポリシー設定 [分類ラベルを低くする、ラベルを削除する、保護を削除する場合、ユーザーは理由を提供する必要があります] がスキャナーに適用されなくなりました。The policy setting Users must provide justification to set a lower classification label, remove a label, or remove protection no longer applies to the scanner. スキャナーのプロファイルで [ファイルのラベルを [オン] に設定する] を構成し、[ラベルダウングレードを許可する] チェックボックスをオンにすると、これらの操作が実行されます。The scanner performs these actions when you configure the setting Relabel files to On in the scanner profile, and then select the Allow label downgrade checkbox.

次のステップNext steps

インストールするクライアントが適切かどうかは確認できません。Not sure if this is the right client to install? Windows コンピューターに使用するラベル付けクライアントを選択する」を参照してください。See Choose which labeling client to use for Windows computers.

クライアントのインストールと使用の詳細:For more information about installing and using the client: