管理者ガイド: Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントをユーザーにインストールするAdmin Guide: Install the Azure Information Protection unified labeling client for users

適用対象:Azure Information Protection、windows 10、Windows 8.1、windows 8、WINDOWS 7 SP1、windows server 2019、windows server 2016、windows Server 2012 R2、windows server 2012、windows Server 2008 r2Applies to: Azure Information Protection, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7 with SP1, Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2

手順:Windows 用の統一されたラベル付けクライアント Azure Information ProtectionInstructions for: Azure Information Protection unified labeling client for Windows

Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントをエンタープライズネットワークにインストールする前に、Azure Information Protection に必要なオペレーティングシステムのバージョンとアプリケーションがコンピューターにインストールされていることを確認します。「Azure Information Protection の要件」で確認してください。Before you install the Azure Information Protection unified labeling client on your enterprise network, check that computers have the required operating system versions and applications for Azure Information Protection: Requirements for Azure Information Protection.

次に、次のセクションで説明するように、Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントに必要な追加の前提条件を確認します。Then check the additional prerequisites that might be needed for the Azure Information Protection unified labeling client, as documented in the next section. インストール プログラムでは、一部の前提条件が確認されません。Not all the prerequisites are checked by the installation program.

Azure Information Protection の統合ラベル付けクライアントの追加の前提条件Additional prerequisites for the Azure Information Protection unified labeling client

  • Microsoft .NET Framework 4.6.2Microsoft .NET Framework 4.6.2

    既定では Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントの完全インストールには Microsoft .NET Framework 4.6.2 の最小バージョンが必要です。これがない場合は、実行可能ファイルインストーラーのセットアップウィザードによって、このファイルをダウンロードしてインストールしようとします。要件.The full installation of the Azure Information Protection unified labeling client by default, requires a minimum version of Microsoft .NET Framework 4.6.2 and if this is missing, the setup wizard from the executable installer tries to download and install this prerequisite. この必須コンポーネントがクライアントのインストール時にインストールされたら、コンピューターの再起動が必要になります。When this prerequisite is installed as part of the client installation, the computer must be restarted. 推奨はされていませんが、この要件は、セットアップ ウィザードを使用する際に、カスタム インストール パラメーターを使用することで省略できます。Although not recommended, you can bypass this prerequisite when you use the setup wizard by using a custom installation parameter.

    この前提条件は、実行可能インストーラー、Windows Update、または Windows インストーラーを使用してクライアントをサイレント モードでインストールする場合には、自動的にはインストールされていません。This prerequisite is not automatically installed when you install the client silently by using the executable installer, Windows Update, or Windows installer. これらのシナリオでは、必要に応じてこの前提条件をインストールしてください。そうしないと、インストールが失敗します。For these scenarios, you must install this prerequisite separately if it is needed, or the install fails. Microsoft .NET Framework 4.6.2 (オフライン インストーラー) は、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。You can download the Microsoft .NET Framework 4.6.2 (Offline Installer) from the Microsoft Download Center.

  • Microsoft .NET Framework 4.5.2Microsoft .NET Framework 4.5.2

    Azure Information Protection ビューアーを別にインストールする場合は、Microsoft .NET Framework 4.5.2 の最小バージョンが必要です。これがない場合、実行可能インストーラーではダウンロードまたはインストールされません。If the Azure Information Protection Viewer is installed separately, this requires a minimum version of Microsoft .NET Framework 4.5.2 and if this is missing, the executable installer does not download or install it.

  • Windows PowerShell の最小バージョン4.0Windows PowerShell minimum version 4.0

    クライアントの PowerShell モジュールには、Windows PowerShell 用の4.0 の最小バージョンが必要です。これは、以前のオペレーティングシステムにインストールする必要がある場合があります。The PowerShell module for the client requires a minimum version of 4.0 for Windows PowerShell, which might need to be installed on older operating systems. 詳細については、「How to Install Windows PowerShell 4.0」(Windows PowerShell 4.0 のインストール方法) を参照してください。For more information, see How to Install Windows PowerShell 4.0. インストーラーでは、この前提条件のチェックやインストールは行われません。The installer does not check or install this prerequisite for you. 実行中の Windows PowerShell のバージョンを確認するには、PowerShell セッションで「$PSVersionTable」と入力します。To confirm the version of Windows PowerShell that you are running, type $PSVersionTable in a PowerShell session.

  • 800 x 600 より大きい画面の解像度Screen resolution greater than 800x600

    解像度が 800 x 600 以下だと、エクスプローラーでファイルやフォルダーを右クリックしても、 [分類と保護 - Azure Information Protection] ダイアログ ボックスを完全に表示できません。Resolutions 800x600 and lower can't fully display the Classify and protect - Azure Information Protection dialog box when you right-click a file or folder in File Explorer.

  • Microsoft Online Services サインイン アシスタント 7.250.4303.0Microsoft Online Services Sign-in Assistant 7.250.4303.0

    Office 2010 を実行するコンピューターには、Microsoft Online Services サインイン アシスタント バージョン 7.250.4303.0 が必要です。Computers running Office 2010 require Microsoft Online Services Sign-in Assistant version 7.250.4303.0. このバージョンは、クライアントのインストールに含まれています。This version is included with the client installation. 新しいバージョンのサインインアシスタントがある場合は、Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントをインストールする前にアンインストールしてください。If you have a later version of the Sign-in Assistant, uninstall it before you install the Azure Information Protection unified labeling client. たとえば、バージョンを確認し、 [コントロール パネル] > [プログラムと機能] > [プログラムのアンインストールまたは変更] を使用して、サインイン アシスタントをアンインストールします。For example, check the version and uninstall the Sign-in Assistant by using Control Panel > Program and Features > Uninstall or change a program.

  • KB 4482887KB 4482887

    Windows 10 バージョン 1809 の場合のみ、17763.348 より前のオペレーティング システム ビルドでは、Office アプリケーションに正しい Information Protection バーが確実に表示されるように、2019 年 3 月 1 日—KB4482887 (OS ビルド 17763.348) がインストールされます。For Windows 10 version 1809 only, operation system builds older than 17763.348, install March 1, 2019—KB4482887 (OS Build 17763.348) to ensure the Information Protection bar displays correctly in Office applications. Office 365 1902 以降をお持ちの場合、この更新プログラムは必要ありません。This update is not needed if you have Office 365 1902 or later.

  • KB 2533623KB 2533623

    Windows 7 Service Pack 1 を実行しているコンピューターには、KB 2533623 が必要です。Computers running Windows 7 Service Pack 1 require KB 2533623. この更新プログラムの詳細については、「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: 安全でないライブラリ読み込みにより、リモートでコードが実行される」を参照してください。For more information about this update, see Microsoft Security Advisory: Insecure library loading could allow remote code execution. この更新プログラムは直接インストールすることもでき、また、その更新プログラムを包括する別の更新プログラムによって置き換えられることもあります。You might be able to install this update directly, or it might be superseded by another update that installs it for you.

    この必要な更新プログラムがインストールされていない場合、クライアントのインストールにより、インストールが必要だと警告が表示されます。If this update is required and not installed, the client installation warns you that it must be installed. クライアントのインストール後にこの更新プログラムをインストールできますが、一部の操作はブロックされ、メッセージが再び表示されます。This update can be installed after the client is installed but some actions will be blocked and the message is displayed again.

  • Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ (32 ビット バージョン)Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2015 (32-bit version)

    Windows 7 Service Pack 1 を実行しているコンピューターでは、次のダウンロード ページから vc_redist.x86.exe をインストールしてください: Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージFor computers running Windows 7 Service Pack 1, install vc_redist.x86.exe from the following download page: Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2015

    クライアントインストールでは、この前提条件は確認されませんが、Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントが PDF ファイルを分類して保護するために必要です。The client installation does not check for this prerequisite but it is needed for the Azure Information Protection unified labeling client to classify and protect PDF files.

  • グループ ポリシーを構成して Azure Information Protection アドインが無効にならないようにするConfigure group policy to prevent the Azure Information Protection add-in from being disabled

    Office 2013 およびそれ以降のバージョンの場合、グループ ポリシーを構成して、Office アプリケーション用の Microsoft Azure Information Protection アドインが常に有効になるようにします。For Office 2013 and later versions, configure group policy to ensure that the Microsoft Azure Information Protection add-in for Office applications is always enabled. この構成を行わないと、Microsoft Azure Information Protection アドインが無効にされる場合があり、ユーザーが Office アプリケーションで自分のドキュメントや電子メールにラベル付けできなくなります。Without this configuration, the Microsoft Azure Information Protection add-in can get disabled and users will not be able to label their documents and emails in their Office application.

    • Outlook の場合:Office ドキュメントの「システム管理者によるアドインの制御」に記載されているグループ ポリシー設定を使用します。For Outlook: Use the group policy setting documented in System Administrator control over add-ins from the Office documentation.

    • Word、Excel、PowerPoint の場合: サポート記事「No Add-ins loaded due to group policy settings for Office 2013 and Office 2016 programs」 (Office 2013 および Office 2016 プログラムのグループ ポリシー設定によりアドインが読み込まれない) に記載されているグループ ポリシー設定 [管理対象アドインの一覧] を使用します。For Word, Excel, and PowerPoint: Use the group policy setting list of managed add-ins documented in the Support article No Add-ins loaded due to group policy settings for Office 2013 and Office 2016 programs.

      Azure Information Protection に次のプログラム識別子 (ProgID) を指定して、オプションを [1: アドインを常に有効にする] に設定します。Specify the following programmatic identifiers (ProgID) for Azure Information Protection, and set the option to 1: The add-in is always enabled.

      Word の場合: MSIP.WordAddinFor Word: MSIP.WordAddin

      Excel の場合: MSIP.ExcelAddinFor Excel: MSIP.ExcelAddin

      PowerPoint の場合: MSIP.PowerPointAddinFor PowerPoint: MSIP.PowerPointAddin

重要

Azure Information Protection の統合ラベル付けクライアントをインストールするには、ローカルの管理アクセス許可が必要です。Installation of the Azure Information Protection unified labeling client requires local administrative permissions.

Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントをインストールするためのオプションOptions to install the Azure Information Protection unified labeling client for users

ユーザー向けにクライアントをインストールするオプションは次の 2 つです。There are two options for installing the client for users:

実行可能ファイル (.exe) のバージョンのクライアントを実行する: 対話形式またはサイレント モードで実行できるお勧めのインストール方法です。Run the executable (.exe) version of the client: The recommended installation method that you can run interactively, or silently. この方法ではインストーラーが前提条件の多くを確認し、満たされていない前提条件を自動的にインストールできるため、柔軟性に優れたお勧めの方法です。This method has the most flexibility and it is recommended because the installer checks for many of the prerequisites, and can automatically install missing prerequisites. 手順Instructions

Windows インストーラー (.msi) バージョンのクライアントを展開する: グループ ポリシー、構成マネージャー、Microsoft Intune などの一元的な展開メカニズムを使用するサイレント インストールでのみサポートされています。Deploy the Windows installer (.msi) version of the client: Supported for silent installs only that use a central deployment mechanism, such as group policy, Configuration Manager, and Microsoft Intune. Intune とモバイル デバイス管理 (MDM) で管理されている Windows 10 PC では、インストールで実行可能ファイルがサポートされていないため、この方法が必要です。This method is necessary for Windows 10 PCs that are managed by Intune and mobile device management (MDM) because for these computers, executable files are not supported for installation. ただし、このインストール方法を使用する場合は、依存関係にあるソフトウェアの確認と、インストールまたはアンインストールを手動で行う必要があります。実行可能ファイルのインストーラーであれば、各コンピューターでインストーラーによってこの作業が実行されます。However, when you use this installation method, you must manually check and install or uninstall the dependent software that the installer for the executable would perform for each computer. 手順Instructions

Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントがインストールされたら、選択したインストール方法を繰り返してこのクライアントを更新するか、Windows Update を使用してクライアントを自動的にアップグレードします。After the Azure Information Protection unified labeling client is installed, you can update this client by repeating your chosen installation method, or use Windows Update to keep the client automatically upgraded. アップグレードについて詳しくは、「Azure Information Protection クライアントのアップグレードと保守」セクションをご覧ください。For more information about upgrading, see the Upgrading and maintaining the Azure Information Protection client section.

実行可能ファイルのインストーラーを使用して Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントをインストールするにはTo install the Azure Information Protection unified labeling client by using the executable installer

Microsoft Update カタログを使用していない場合、または Intune などの一元的な展開方法を使用して .msi を展開する場合は、次の手順に従ってクライアントをインストールします。Use the following instructions to install the client when you're not using the Microsoft Update catalog, or deploying the .msi by using a central deployment method such as Intune.

  1. Microsoft ダウンロードセンターから、Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアント (ファイル名 AzInfoProtection_UL) の実行可能バージョンをダウンロードします。Download the executable version of the Azure Information Protection unified labeling client (file name of AzInfoProtection_UL) from the Microsoft Download Center.

    プレビュー バージョンが利用可能な場合は、このバージョンはテスト用にのみ使用してください。If there is a preview version available, keep this version for testing only. 運用環境でのエンド ユーザー向けのものではありません。It is not intended for end users in a production environment.

  2. 既定のインストールの場合は、実行可能ファイル ( AzInfoProtection_ULなど) を実行するだけです。For a default installation, simply run the executable, for example, AzInfoProtection_UL.exe. 一方、インストール オプションを表示するには、 /help を付けて実行可能ファイルを実行します。AzInfoProtection_UL.exe /helpHowever, to see the installation options, first run the executable with /help: AzInfoProtection_UL.exe /help

    サイレント モードでクライアントをインストールする例: AzInfoProtection_UL.exe /quietExample to silently install the client: AzInfoProtection_UL.exe /quiet

    PowerShell コマンドレットだけをサイレント インストールする例: AzInfoProtection_UL.exe PowerShellOnly=true /quietExample to silently install only the PowerShell cmdlets: AzInfoProtection_UL.exe PowerShellOnly=true /quiet

    ヘルプ画面に表示されていない追加のパラメーター:Additional parameters that are not listed on the help screen:

    • ServiceLocation: このパラメーターは、Office 2010 を実行しているコンピューターにクライアントをインストールするとき、ユーザーがそのコンピューターのローカル管理者ではない場合またはそのユーザーにプロンプトを表示したくない場合に使用します。ServiceLocation: Use this parameter if you are installing the client on computers that run Office 2010 and your users are not local administrators on their computers or you do not want them to be prompted. 詳細情報More information

    • DowngradeDotNetRequirement: このパラメーターは、Microsoft Framework .NET 4.6.2 のバージョンの要件を省略する場合に使用します。DowngradeDotNetRequirement: Use this parameter to bypass the requirement for Microsoft Framework .NET version 4.6.2. 詳細情報More information

    • AllowTelemetry=0: このパラメーターは、インストール オプション [Microsoft に利用状況の統計を送信して、Azure Information Protection の改善に協力します] を無効にするときに使用します。AllowTelemetry=0: Use this parameter to disable the install option Help improve Azure Information Protection by sending usage statistics to Microsoft.

  3. インストールを完了するには:To complete the installation:

    • お使いのコンピューターが Office 2010 を実行する場合は、コンピューターを再起動します。If your computer runs Office 2010, restart your computer.

      クライアントが ServiceLocation パラメーターを使用してインストールされていない場合、Azure Information Protection 統合クライアント (Word など) を使用するいずれかの Office アプリケーションを初めて開くときに、レジストリを更新するためのプロンプトを確認する必要があります。初回使用時。If the client was not installed with the ServiceLocation parameter, when you first open one of the Office applications that use the Azure Information Protection unified client (for example, Word), you must confirm any prompts to update the registry for this first-time use. サービス検索はレジストリ キーの設定に使用されます。Service discovery is used to populate the registry keys.

    • その他のバージョンの Office では、Office アプリケーションとエクスプローラーのインスタンスをすべて再起動します。For other versions of Office, restart any Office applications and all instances of File Explorer.

  4. 既定で %temp% フォルダーに作成されるインストール ログ ファイルを確認することで、インストールが成功したか確認できます。You can confirm that the installation was successful by checking the install log file, which by default is created in the %temp% folder. インストール パラメーター /log を使用してこの場所を変更できます。You can change this location with the /log installation parameter.

    このファイルの名前は次の形式です: Microsoft_Azure_Information_Protection_<number>_<number>_MSIP.Setup.Main.msi.logThis file has the following naming format: Microsoft_Azure_Information_Protection_<number>_<number>_MSIP.Setup.Main.msi.log

    以下に例を示します。Microsoft_Azure_Information_Protection_20161201093652_000_MSIP.Setup.Main.msi.logFor example: Microsoft_Azure_Information_Protection_20161201093652_000_MSIP.Setup.Main.msi.log

    このログ ファイルで、次の文字列を検索します: Product: Microsoft Azure Information Protection -- Installation completed successfully.In this log file, search for the following string: Product: Microsoft Azure Information Protection -- Installation completed successfully. インストールに失敗した場合、このログ ファイルには、問題の特定と解決に役立つ詳細が含まれます。If the installation failed, this log file contains details to help you identify and resolve any problems.

ServiceLocation インストール パラメーターの詳細についてMore information about the ServiceLocation installation parameter

Office 2010 を使っていてローカル管理者権限を持たないユーザーのためにクライアントをインストールするときは、ServiceLocation パラメーターと Azure Rights Management サービスの URL を指定します。When you install the client for users who have Office 2010 and they do not have local administrative permissions, specify the ServiceLocation parameter and the URL for your Azure Rights Management service. このパラメーターと値により、次のレジストリ キーが作成され、設定されます。This parameter and value creates and sets the following registry keys:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MSDRM\ServiceLocation\ActivationHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MSDRM\ServiceLocation\Activation

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MSDRM\ServiceLocation\EnterprisePublishingHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MSDRM\ServiceLocation\EnterprisePublishing

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDRM\ServiceLocation\EnterprisePublishingHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDRM\ServiceLocation\EnterprisePublishing

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDRM\ServiceLocation\ActivationHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDRM\ServiceLocation\Activation

次の手順で、ServiceLocation パラメーターに指定する値を特定します。Use the following procedure to identify the value to specify for the ServiceLocation parameter.

ServiceLocation パラメーターに指定する値を特定するにはTo identify the value to specify for the ServiceLocation parameter
  1. PowerShell セッションから、まずconnect-AipServiceを実行し、Azure Rights Management サービスに接続するための管理者の資格情報を指定します。From a PowerShell session, first run Connect-AipService and specify your administrator credentials to connect to the Azure Rights Management service. に、AipServiceConfigurationを実行します。Then run Get-AipServiceConfiguration.

    Azure Rights Management サービス用の PowerShell モジュールをまだインストールしていない場合は、「 AIPService powershell モジュールのインストール」を参照してください。If you haven’t already installed the PowerShell module for the Azure Rights Management service, see Installing the AIPService PowerShell module.

  2. 出力から、 LicensingIntranetDistributionPointUrl の値を確認します。From the output, identify the LicensingIntranetDistributionPointUrl value.

    以下に例を示します。LicensingIntranetDistributionPointUrl : https://5c6bb73b-1038-4eec-863d-49bded473437.rms.na.aadrm.com/_wmcs/licensingFor example: LicensingIntranetDistributionPointUrl : https://5c6bb73b-1038-4eec-863d-49bded473437.rms.na.aadrm.com/_wmcs/licensing

  3. この値から、 /_wmcs/licensing 文字列を削除します。From the value, remove /_wmcs/licensing from this string. 例: https://5c6bb73b-1038-4eec-863d-49bded473437.rms.na.aadrm.comFor example: https://5c6bb73b-1038-4eec-863d-49bded473437.rms.na.aadrm.com

    残りの文字列は、ServiceLocation パラメーターに指定する値です。The remaining string is the value to specify for your ServiceLocation parameter.

Office 2010 と Azure RMS のクライアントのサイレント インストールの例: AzInfoProtection_UL.exe /quiet ServiceLocation=https://5c6bb73b-1038-4eec-863d-49bded473437.rms.na.aadrm.comExample to install the client silently for Office 2010 and Azure RMS: AzInfoProtection_UL.exe /quiet ServiceLocation=https://5c6bb73b-1038-4eec-863d-49bded473437.rms.na.aadrm.com

DowngradeDotNetRequirement インストール パラメーターの詳細についてMore information about the DowngradeDotNetRequirement installation parameter

Windows Update を使用した自動アップグレードをサポートし、Office アプリケーションとの信頼できる統合のために、Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントは Microsoft .NET Framework バージョン4.6.2 を使用します。To support automatic upgrades by using Windows Update, and for reliable integration with Office applications, the Azure Information Protection unified labeling client uses Microsoft .NET Framework version 4.6.2. 既定では、実行可能ファイルによる対話型インストールによってこのバージョンが確認され、ない場合はインストールが試行されます。By default, an interactive installation by using the executable checks for this version and tries to install it if it is missing. インストール後はコンピューターの再起動が必要です。The installation then requires the computer to restart.

この Microsoft .NET Framework の新しいバージョンのインストールが現実的ではない場合は、DowngradeDotNetRequirement = True パラメーターと値を使用してクライアントをインストールすることで、Microsoft .NET Framework バージョン 4.5.1 がインストールされていれば要件を省略できます。If installing this later version of the Microsoft .NET Framework is not practical, you can install the client with the DowngradeDotNetRequirement=True parameter and value, which bypasses this requirement if Microsoft .NET Framework version 4.5.1 is installed.

たとえば次のようになります。AzInfoProtection_UL.exe DowngradeDotNetRequirement=TrueFor example: AzInfoProtection_UL.exe DowngradeDotNetRequirement=True

このパラメーターは注意して使用することをお勧めします。また、この古いバージョンの Microsoft .NET で Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントを使用した場合に、Office アプリケーションがハングする問題が報告されていることを知らせてください。フレームワーク.We recommend that you use this parameter with caution, and with the knowledge that there are reported issues with Office applications hanging when the Azure Information Protection unified labeling client is used with this older version of the Microsoft .NET Framework. ハングすることがある場合は、その他のトラブルシューティングを行う前に推奨されているバージョンにアップグレードしてください。If you do experience hanging problems, upgrade to the recommended version before you try other troubleshooting solutions.

また、Windows Update を使用して Azure Information Protection の統一されたラベル付けクライアントを更新する場合、クライアントを新しいバージョンにアップグレードするには、別のソフトウェア展開メカニズムが必要であることに注意してください。Also remember that if you use Windows Update to keep the Azure Information Protection unified labeling client updated, you must have another software deployment mechanism to upgrade the client to later versions.

.Msi インストーラーを使用して Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントをインストールするにはTo install the Azure Information Protection unified labeling client by using the .msi installer

集中展開の場合は、Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントの .msi インストールバージョンに固有の次の情報を使用します。For central deployment, use the following information that is specific to the .msi installation version of the Azure Information Protection unified labeling client.

ソフトウェアの展開方法に Intune を使用する場合は、次の手順を実行するとともに、「Microsoft Intune でアプリを追加する」をご覧ください。If you use Intune for your software deployment method, use these instructions together with Add apps with Microsoft Intune.

  1. Microsoft ダウンロードセンターから、Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアント (AzInfoProtection_UL) の .msi バージョンをダウンロードします。Download the .msi version of the Azure Information Protection unified labeling client (AzInfoProtection_UL) from the Microsoft Download Center.

    プレビュー バージョンが利用可能な場合は、このバージョンはテスト用にのみ使用してください。If there is a preview version available, keep this version for testing only. 運用環境でのエンド ユーザー向けのものではありません。It is not intended for end users in a production environment.

  2. .msi ファイルを実行する各コンピューターで、次のソフトウェアの依存関係が満たされていることを確認する必要があります。For each computer that runs the .msi file, you must make sure that the following software dependencies are in place. たとえば、.msi バージョンのクライアントとこれらをまとめるか、次の依存関係を満たすコンピューターにのみ展開します。For example, package these with the .msi version of the client or only deploy to computers that meet these dependencies:

    Office のバージョンOffice version オペレーティング システムOperating system ソフトウェアSoftware 操作Action
    Office 365 1902 以降を除くすべてのバージョンAll versions except Office 365 1902 or later Windows 10 バージョン 1809 のみ、17763.348 より前のオペレーティング システム ビルドWindows 10 version 1809 only, operation system builds older than 17763.348 KB 4482887KB 4482887 インストールInstall
    Office 2016Office 2016 サポートされているすべてのバージョンAll supported versions 64ビット:KB317866664-bit: KB3178666

    32ビット:KB317866632-bit: KB3178666

    バージョン:1.0Version: 1.0
    インストールInstall
    Office 2013Office 2013 サポートされているすべてのバージョンAll supported versions 64ビット:KB317252364-bit: KB3172523

    32ビット:KB317252332-bit: KB3172523

    バージョン:1.0Version: 1.0
    インストールInstall
    Office 2010Office 2010 サポートされているすべてのバージョンAll supported versions Microsoft Online Services サインイン アシスタントMicrosoft Online Services Sign-in Assistant

    バージョン:2.1Version: 2.1
    インストールInstall
    Office 2010Office 2010 Windows 8.1 と Windows Server 2012 R2Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2 KB2843630KB2843630

    ファイル名に含まれるバージョン番号: v3Version number included in file name: v3
    KB2843630 または KB2919355 がインストールされていない場合はインストールしますInstall if KB2843630 or KB2919355 is not installed
    Office 2010Office 2010 Windows 8 と Windows Server 2012Windows 8 and Windows Server 2012 KB2843630KB2843630

    ファイル名に含まれるバージョン番号: v3Version number included in file name: v3
    インストールInstall
    Office 2010Office 2010 Windows 7 および Windows Server 2008 R2Windows 7 and Windows Server 2008 R2 KB2843630KB2843630

    ファイル名に含まれるバージョン番号: v3Version number included in file name: v3
    KB3125574 がインストールされていない場合はインストールしますInstall if KB3125574 is not installed
    適用なしNot applicable Windows 7Windows 7 vc_redist.x86.exevc_redist.x86.exe インストールInstall
    適用なしNot applicable Windows 7Windows 7 KB2627273KB2627273

    ファイル名に含まれるバージョン番号: v4Version number included in file name: v4
    アンインストールUninstall
  3. 既定のインストールでは、AzInfoProtection_UL.msi /quiet のように、 /quiet を付けて .msi を実行します。For a default installation, run the .msi with /quiet, for example, AzInfoProtection_UL.msi /quiet. ただし、次の1つの例外を除き、実行可能ファイルのインストーラーの指示に記載されている追加のインストールパラメーターを指定することが必要になる場合があります。However, you might need to specify additional installation parameters that are documented in the executable installer instructions with one exception:

    • Allowtelemetry = 0の代わりに、使用状況の統計情報を Microsoft に送信して Azure Information Protection の向上に役立つインストールオプションを無効にするには、 ENABLETELEMETRY = 0を指定します。Instead of AllowTelemetry=0 to disable the install option Help improve Azure Information Protection by sending usage statistics to Microsoft, specify ENABLETELEMETRY=0.

次の手順Next steps

Azure Information Protection 統合されたラベル付けクライアントをインストールしたので、このクライアントのサポートに必要な追加情報については、次を参照してください。Now that you've installed the Azure Information Protection unified labeling client, see the following for additional information that you might need to support this client: