チュートリアル:Azure Information Protection (AIP) を使用した Outlook での過剰共有の防止Tutorial: Preventing oversharing in Outlook using Azure Information Protection (AIP)

*適用対象:Azure Information Protection**Applies to: Azure Information Protection*

*関連する内容:Windows 用の Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアント**Relevant for: Azure Information Protection unified labeling client for Windows*

システム管理者は、組織のコンテンツがセキュリティで保護され、信頼されたユーザーとのみ共有されるように保証する必要があります。As a system admin, you need to ensure that your organization's content remains secure, and is shared only with trusted users. ユーザーがコンテンツを不適切に共有する最も一般的な方法の 1 つが、電子メールです。One of the most common ways that users share content inappropriately is by email. 特定のユーザーのみにアクセスを制限する、信頼された外部ユーザーとのみコンテンツを共有するなど、Outlook を使用した過剰共有を防ぐようにポリシーを構成します。Configure your policy to prevent oversharing via Outlook, such as limiting access to specific users only, or allowing users to share content only with trusted external users.

必要な時間: このチュートリアルは 30 分で完了できます。Time required: You can complete this tutorial in 30 minutes.

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • 特定のラベル付け条件に対して、警告、正当な理由、ブロック動作を構成するConfigure warning, justification, and blocking behaviors for specific labeling conditions
  • 設定の動作を確認するSee your settings in action
  • イベント ログに記録されたユーザー メッセージとアクションを確認するReview the logged user messages and actions in the Event Log

チュートリアルの前提条件Tutorial prerequisites

このチュートリアルを開始する前に、次のシステム要件を満たしていることを確認してください。Make sure you have the following system requirements before starting this tutorial.

前提条件Prerequisites 説明Description
コンピューターの要件Machine requirements 次のことを確認してください。Make sure that you:

- Windows コンピューターに Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントがインストールされている。- Have a Windows computer, with the Azure Information Protection unified labeling client installed. 詳細については、「クイック スタート: Azure Information Protection (AIP) 統合ラベル付けクライアントのデプロイ」を参照してください。For more information, see Quickstart: Deploying the Azure Information Protection (AIP) unified labeling client.

- PowerShell がインストールされており、PowerShell を管理者として実行できる。- Have PowerShell installed, and that you can run PowerShell as an administrator.

- Outlook にサインインできる。- Can sign into Outlook. このチュートリアル中に Outlook を複数回再起動する準備をしておいてください。Be prepared to restart Outlook multiple times during this tutorial.
Azure Information Protection のサブスクリプションAzure Information Protection subscription Azure Information Protection を含む Azure サブスクリプションが必要です。You'll need an Azure subscription that includes Azure Information Protection.

これらのサブスクリプションのいずれかがない場合は、組織用の無料アカウントを作成してください。If you don't have one of these subscriptions, create a free account for your organization.
秘密度ラベルとテスト ポリシーSensitivity labels and a testing policy ポリシーで構成されている 全般 秘密度ラベル。A General sensitivity label configured in your policy.

ラベル付け管理センター (Microsoft 365 コンプライアンス センター、Microsoft 365 セキュリティ センター、または Microsoft 365 セキュリティ/コンプライアンス センター) で秘密度ラベルを構成します。Configure sensitivity labels in your labeling admin center, including the Microsoft 365 compliance center, the Microsoft 365 security center, or the Microsoft 365 Security & Compliance Center. 詳細については、Microsoft 365 のドキュメントを参照してください。For more information, see the Microsoft 365 documentation.

このチュートリアルでは、ライブ ポリシーに影響を与えないように、テスト ポリシーを使用することをお勧めします。We recommend using a testing policy for this tutorial so that you don't affect your live policy.
お使いのポリシーの名前と 全般 ラベルの GUID が手元にあることを確認します。Make sure that you have the name of your policy handy, as well as the GUID for your General label.

始めましょう。Let's get started.

"全般" ラベルの付いた電子メールに対する警告メッセージを実装するImplement a warning message for emails labeled as General

この手順では、Outlook ユーザーが、全般 ラベルが付いた電子メールを送信する前に警告メッセージが表示されるようにポリシーを構成する方法について説明します。This procedure describes how to configure your policy to warn Outlook users before they send an email labeled General.

ユーザーは警告に従い、ラベルかコンテンツのどちらかを変更するか、またはそのまま電子メールを送信するかを選択することができます。The users can choose to heed the warning, and either change the label or the content, or they can choose to send the email anyway.

  1. クライアント コンピューターで、PowerShell を管理者として実行します。On the client machine, run PowerShell as an administrator.

  2. 次のコマンドを実行して、全般 ラベルに対する警告メッセージを定義します。Run the following command, to define a warning message for the General label. このコマンドをコピーしたら、Global をポリシーの名前、長い文字列を独自のラベル ID に置き換えます。When you copy this command, replace Global with the name of your policy, and the long string of characters with your own label ID.

    Set-LabelPolicy -Identity Global -AdvancedSettings @{OutlookWarnUntrustedCollaborationLabel="8faca7b8-8d20-48a3-8ea2-0f96310a848e"}
    

    この例では、ポリシーの名前は Global で、全般 ラベルの GUID は 8faca7b8-8d20-48a3-8ea2-0f96310a848e です。In this example, the policy is named Global, and the GUID for the General label is 8faca7b8-8d20-48a3-8ea2-0f96310a848e.

    ヒント

    この設定を複数のラベルに適用する場合は、値の中に GUID をコンマで区切って列挙します。If you wanted to apply this setting to multiple labels, list their GUIDs in the value, separated by commas.

  3. Outlook で設定をテストします。Test your setting in Outlook:

    1. クライアント コンピューターで、Outlook を開くか再起動して、更新された設定を取得します。On your client computer, open or restart Outlook to pull the updated settings.

    2. 新しいメール メッセージを作成して、[全般] ラベルを適用します。Create a new email message, and apply the General label. メッセージ ツールバーで、 [秘密度] ボタンを選択してから、 [全般] を選択します。

    3. [送信先] フィールドをご自分のメール アドレスを使用して定義し、 [件名] フィールドに Testing a warning message for the General label を指定して、電子メールを送信します。Define the To field with your own email address, the Subject field as: Testing a warning message for the General label, and then send the email.

      次の警告が表示され、電子メールを送信する前に確認するように求められます。You should see the following warning, asking you to confirm before sending the email. 次に例を示します。For example:

      "全般" ラベルに対する警告メッセージのテスト

    4. 全般 ラベルが付けられた電子メールを誤って送信しようとしたユーザーのつもりで操作します。Pretend that you're a user who has mistakenly tried to email something that was labeled General. ここでは、警告に従うので、 [キャンセル] を選択します。In this case, you want to heed the warning, so select Cancel.

      電子メールは送信されませんが、開いたままになっているので、コンテンツまたはラベルを変更できます。Your email is not sent, but remains open so that you can either change the content or the label.

    5. 変更を加える必要はなく、コンテンツを送信するのが適切であると判断することができます。There's no need to make any changes, and you can decide that the content is appropriate to send. [送信] を再度選択します。Select Send again. 今回は、警告が表示されたら、 [確認して送信] を選択します。This time, when the warning appears, select Confirm and Send.

      電子メールが送信されます。The email is sent.

次に、"全般" 電子メールが外部に送信される場合にのみ、警告メッセージを表示しますContinue with Show a warning message for General emails only when they're sent externally.

"全般" 電子メールが外部に送信される場合にのみ、警告メッセージを表示するShow a warning message for General emails only when they're sent externally

この手順では、ここまで構成した警告メッセージに例外を追加して、外部受信者にのみ警告メッセージが表示されるようにする方法について説明します。This procedure describes how to add an exception to the warning message you configured earlier, so that the warning message is only displayed for external recipients.

全般 電子メールを内部に送信する場合、警告メッセージは表示されません。When sending a General email internally, the warning message is not displayed.

  1. クライアント コンピューターで、PowerShell を管理者として実行します。On the client machine, run PowerShell as an administrator.

  2. 次のコマンドを実行して、ドメインを警告メッセージ用の信頼される側のドメインとして定義します。Run the following command to define your domain as a trusted domain for warning messages. このコマンドをコピーしたら、Global をポリシーの名前、contoso.com を独自のドメインに置き換えます。When you copy this command, replace Global with the name of your policy, and contoso.com with your own domain.

    Set-LabelPolicy -Identity Global -AdvancedSettings @{OutlookWarnTrustedDomains="contoso.com"}    
    

    ヒント

    信頼されるパートナーを追加する場合など、この設定を複数のドメインに適用する場合は、値の中にドメインをコンマで区切って列挙します。If you wanted to apply this setting to multiple domains, such as if you wanted to add trusted partners, list their domains in the value, separated by commas.

  3. Outlook で設定をテストします。Test your setting in Outlook:

    1. クライアント コンピューターで、Outlook を開くか再起動して、更新された設定を取得します。On your client computer, open or restart Outlook to pull the updated settings.

    2. 新しいメール メッセージを作成して、[全般] ラベルを適用します。Create a new email message, and apply the General label. メッセージ ツールバーで、 [秘密度] ボタンを選択してから、 [全般] を選択します。

    3. [送信先] フィールドをご自分のメール アドレスを使用して定義し、 [件名] フィールドに Testing a warning message for the General label を指定して、電子メールを送信します。Define the To field with your own email address, the Subject field as: Testing a warning message for the General label, and then send the email.

      電子メールが送信され、警告は表示されません。The email is sent, and no warning is displayed.

ラベル付けされていないコンテンツの送信の正当な理由を示すようにユーザーに要求するRequest users to justify sending unlabeled content

この手順では、ラベル付けされていないコンテンツを送信する正当な理由をユーザーが示さなければならないように詳細設定を構成する方法について説明します。This procedure describes how to configure advanced settings so that users must justify their reasoning for sending unlabeled content.

  1. クライアント コンピューターで、PowerShell を管理者として実行します。On the client machine, run PowerShell as an administrator.

  2. ユーザーが、ラベル付けされていない電子メールを送信しようとした場合に Outlook に理由メッセージが表示されるようにするには、Global をポリシーの名前に置き換え、以下を実行します。To have Outlook display a justification message for your users if they try to send an unlabeled email, replace Global with the name of your policy, and run:

    Set-LabelPolicy -Identity Global -AdvancedSettings @{OutlookUnlabeledCollaborationAction="Justify"}
    
  3. Outlook で設定をテストします。Test your setting in Outlook:

    1. クライアント コンピューターで、Outlook を開くか再起動して、更新された設定を取得します。On your client computer, open or restart Outlook to pull the updated settings.

    2. 新しい電子メール メッセージを作成し、適用されているラベルがないことを確認します。Create a new email message, and make sure that there is no label applied.

      たとえば、ポリシーにより既定のラベルが適用されている場合は、 ボタンを使用して削除します。

    3. [送信先] フィールドをご自分のメール アドレスを使用して定義し、 [件名] フィールドに Testing the justification message for unlabeled content を指定して、電子メールを送信します。Define the To field with your own email address, the Subject field as: Testing the justification message for unlabeled content, and then send the email.

      次の例のようなポップアップが表示されます。A popup is displayed similar to the following example:

      ラベル付けされていないコンテンツに対する理由メッセージのサンプル

    4. いずれかのオプションを選択します。Select one of the options. 3 番目のオプション [Other, as explained] (その他、理由は以下のとおり) を選択した場合は、テキスト ボックスにサンプル テキストを入力します。If you select the third option Other, as explained, enter some sample text in the text box.

    5. [確認して送信] を選択します。Select Confirm and Send.

      電子メールが送信されます。The email is sent.

次に、自由記載の理由プロンプトをカスタマイズしますContinue with Customize the free text justification prompt.

自由記載の理由プロンプトをカスタマイズするCustomize the free text justification prompt

この手順では、既定の理由メッセージの 3 番目のオプションをカスタマイズする方法について説明します。This procedure describes how to customize the third option in the default justification message.

たとえば、具体的詳細を追加するようにユーザーに求めるテキストを追加したり、ユーザーに機密データを入力しないように注意を促したりすることができます。For example, you may want to add text there to prompt the user to add specific details, or remind users not to enter any sensitive data.

  1. クライアント コンピューターで、PowerShell を管理者として実行します。On the client machine, run PowerShell as an administrator.

  2. 表示される理由メッセージの自由記載プロンプトをカスタマイズするには、Global をポリシー名に置き換え、以下を実行します。To customize the free text prompt in the justification message displayed, replace Global with your policy name, and run:

    Set-LabelPolicy -Identity Global -AdvancedSettings @{JustificationTextForUserText="Other (please explain) - Do not enter sensitive info"}
    

    ヒント

    引用符で囲んだ値は、代わりに追加したい他のテキストに自由に置き換えることができます。Feel free to replace the value in quotes with any other text you want to add there instead.

  3. Outlook で設定をテストします。Test your setting in Outlook:

    1. クライアント コンピューターで、Outlook を開くか再起動して、更新された設定を取得します。On your client computer, open or restart Outlook to pull the updated settings.

    2. 新しい電子メール メッセージを作成し、適用されているラベルがないようにします。Create a new email message, and make sure there is no label applied.

      たとえば、ポリシーにより既定のラベルが適用されている場合は、 ボタンを使用して削除します。

    3. [送信先] フィールドをご自分のメール アドレスを使用して定義し、 [件名] フィールドに Testing a customized free text justification prompt を指定して、電子メールを送信します。Define the To field with your own email address, the Subject field as: Testing a customized free text justification prompt, and then send the email.

      理由のポップアップが表示され、今度はカスタマイズしたテキストが表示されます。The justification popup is displayed, this time with your customized text. 次に例を示します。For example:

      理由プロンプトに、カスタマイズされた自由記載プロンプトが使用されているサンプル

ユーザーがラベル付けされていない PowerPoint メッセージを送信できないようにするBlock users from sending unlabeled PowerPoint messages

この手順では、ユーザーが Outlook からラベル付けされていない PowerPoint ファイルを送信できないようにする方法について説明します。This procedure describes how to block your users from sending unlabeled PowerPoint files from Outlook.

  1. クライアント コンピューターで、PowerShell を管理者として実行します。On the client machine, run PowerShell as an administrator.

  2. ラベル付けされていないコンテンツが Outlook から送信されないようにするには、Global をポリシーの名前に置き換え、以下を実行します。To block unlabeled content from being sent from Outlook, replace Global with your policy name, and run:

    Set-LabelPolicy -Identity Global -AdvancedSettings @{OutlookUnlabeledCollaborationAction="Block"}
    
  3. このブロック動作を PowerPoint ファイルの特定の種類のみに制限するには、Global をポリシーの名前に置き換え、以下を実行します。To limit the blocking behavior to specific PowerPoint file types only, replace Global with your policy name, and run:

    Set-LabelPolicy -Identity Global -AdvancedSettings @{OutlookOverrideUnlabeledCollaborationExtensions=".PPTX,.PPTM,.POTX,.POTM,.POT,.PPTX"}
    
  4. Outlook で設定をテストします。Test your setting in Outlook:

    1. クライアント コンピューターで、PowerPoint を開き、新しい .pptx ファイルを作成します。ファイルはラベル付けされていないままにします。On your client computer, open PowerPoint and create a new .pptx file, making sure to leave the file unlabeled.

    2. Outlook を開くか再起動して、更新された設定を取得します。Open or restart Outlook to pull the updated settings.

    3. ラベル付けされていない PowerPoint ファイルを新しい Outlook メッセージに添付します。Attach your unlabeled PowerPoint file to a new Outlook message.

    4. [送信先] フィールドをご自分のメール アドレスを使用して定義し、 [件名] フィールドに Testing sending unlabeled PowerPoint files を指定して、電子メールを送信します。Define the To field with your own email address, the Subject field as: Testing sending unlabeled PowerPoint files, and then send the email.

      Outlook によって電子メールの送信がブロックされ、次のメッセージが表示されます。Outlook blocks the email from being sent, and displays the following message:

      ラベル付けされていない PowerPoint 添付ファイルに対するメッセージをブロックするサンプル

次に、ラベル付けされていない PowerPoint メッセージのブロック メッセージをカスタマイズしますContinue with Customize the block message for unlabeled PowerPoint messages.

ラベル付けされていない PowerPoint メッセージのブロック メッセージをカスタマイズするCustomize the block message for unlabeled PowerPoint messages

この手順では、ユーザーがラベル付けされていない PowerPoint ファイルを外部ユーザーに送信しようとしたときに表示されるメッセージをカスタマイズする方法について説明します。This procedure describes how to customize the message that appears when a user tries to send an unlabeled PowerPoint file to external users.

重要

この手順では、定義済みのすべての設定を OutlookUnlabeledCollaborationAction 詳細プロパティを使用してオーバーライドします。これを表示するのはチュートリアルの目的のためだけです。This procedure will override any settings you've already defined using the OutlookUnlabeledCollaborationAction advanced property, and is shown for tutorial purposes only.

実稼働環境では、OutlookUnlabeledCollaborationAction 詳細プロパティを使用してルールを定義する、"または" 下記のように定義した json ファイルを使用して複雑なルールを定義する、の "いずれか" により、複雑化させないようにすることをお勧めします。In production, we recommend that you avoid complications by either using the OutlookUnlabeledCollaborationAction advanced property to define your rules, or defining complex rules with a json file as defined below, but not both.

json ファイルを使用してルールを定義するには、次のようにします。To define your rule using a json file:

  1. 次のコードを使用して、OutlookCollaborationRule_1.json という名前の .json ファイルを作成します。Create a .json file, named OutlookCollaborationRule_1.json, with the following code:

    {   
    "type" : "And",     
    "nodes" : [         
        {           
            "type" : "Except" ,             
            "node" :{               
                "type" : "SentTo",                  
                "Domains" : [                   
                    "contoso.com",                  
                ]               
            }       
        },
        {           
            "type" : "Or",          
            "nodes" : [                 
                {           
                    "type" : "AttachmentLabel",
                     "LabelId" : null,
                    "Extensions": [
                                    ".PPTX",
                                    ".PPTM",
                                    ".POTX",
                                    ".POTM",
                                    ".POT",
                                    ".PPTX"
                                 ]
    
                },
                {                   
                    "type" : "EmailLabel",
                     "LabelId" : null
                }
            ]
        },      
        {           
            "type" : "Email Block",             
            "LocalizationData": {               
                "en-us": {                
                    "Title": "Email Blocked",                 
                    "Body": "Sending PowerPoint files to external recipients requires that you label your files so that we can classify and protect Contoso content.<br><br>List of attachments that are not labeled:<br><br>${MatchedAttachmentName}<br><br><br>This message will not be sent.<br>You are responsible for ensuring compliance to classification requirement as per Contoso’s policies.<br><br>Label your document and send it again."              
                },          
            },          
            "DefaultLanguage": "en-us"      
        }   
      ] 
    }
    
  2. クライアント コンピューターからアクセスできる場所に、OutlookCollaborationRule_1.json ファイルを保存します。Save your OutlookCollaborationRule_1.json file in a location that's accessible by your client machine.

  3. クライアント コンピューターで、PowerShell を管理者として実行します。On the client machine, run PowerShell as an administrator.

  4. ブロック メッセージをカスタマイズするには、次のコードをコピーし、C:\OutlookCollaborationRule_1.json を .json ファイルへのパス、General をポリシーの名前に置き換えます。To customize your blocking message, copy the following code, replacing C:\OutlookCollaborationRule_1.json with the path to your .json file, and General with the name of your policy.

    $filedata = Get-Content "C:\OutlookCollaborationRule_1.json”
    Set-LabelPolicy -Identity General -AdvancedSettings @{OutlookCollaborationRule_1 ="$filedata"}    
    

    コードを実行して、.json ファイルで定義した設定を実装します。Run the code to implement the settings defined in your .json file.

  5. Outlook で設定をテストします。Test your setting in Outlook:

    1. クライアント コンピューターで、PowerPoint を開き、新しい .pptx ファイルを作成します。ファイルはラベル付けされていないままにします。On your client computer, open PowerPoint and create a new .pptx file, making sure to leave the file unlabeled.

    2. Outlook を開くか再起動して、更新された設定を取得します。Open or restart Outlook to pull the updated settings.

    3. ラベル付けされていない PowerPoint ファイルを新しい Outlook メッセージに添付します。Attach your unlabeled PowerPoint file to a new Outlook message.

    4. [送信先] フィールドをご自分のメール アドレスを使用して定義し、 [件名] フィールドに Testing customized blocking message for unlabeled PowerPoint files を指定して、電子メールを送信します。Define the To field with your own email address, the Subject field as: Testing customized blocking message for unlabeled PowerPoint files, and then send the email.

      Outlook によって電子メールの送信がブロックされ、次のメッセージが表示されます。Outlook blocks the email from being sent, and displays the following message:

      ラベルのない PowerPoint ファイルのカスタム ブロック メッセージ

次に、イベント ログを使用して "全般" ラベルに対するメッセージとユーザー アクションを識別しますContinue with Use Event Log to identify the messages and user actions for the General label.

イベント ログを使用して [全般] ラベルに対するメッセージとユーザー アクションを識別するUse Event Log to identify the messages and user actions for the General label

このチュートリアルでは、警告、理由、ブロック メッセージを含む、いくつかの種類の過剰共有を防ぐために、Outlook で AIP の動作をカスタマイズする方法について学習しました。In this tutorial, you learned how to customize AIP's behavior in Outlook to prevent a few types of oversharing, including warning, justification, and block messages. また、ローカル クライアント コンピューターで Outlook の動作を確認しました。You've also checked the behavior from Outlook on your local client computer.

ここで、Windows イベント ビューアーを開始して、発生したアクションのログを確認できます。Now you can start the Windows Event Viewer to check the logs for the actions that occurred.

AIP ログ イベントのイベント ビューアーを確認するには、次のようにします。To check the Event Viewer for AIP logging events:

クライアント コンピューターで、Windows イベント ビューアー アプリケーションを開き、 [アプリケーションとサービス ログ] > [Azure Information Protection] に移動します。On your client machine, open the Windows Event Viewer application, and navigate to Applications and Services Logs > Azure Information Protection.

実行したテストごとにログに記録された情報イベントが表示されます。メッセージとユーザー応答の両方の詳細が含まれます。You'll see an information event logged for each test you performed, including details about both the message and user response:

  • 警告メッセージ:情報 ID 301Warn messages: Information ID 301
  • 理由メッセージ:情報 ID 302Justify messages: Information ID 302
  • ブロック メッセージ:情報 ID 303Block messages: Information ID 303

次に例を示します。For example:

警告メッセージ テストのイベント ログを確認するCheck the Event log for your warning message tests

最初のテストでは、ユーザーに警告が表示され、 [キャンセル] を選択しました。The first test was to warn the user, and you selected Cancel. この場合、最初のイベント 301 の User Response (ユーザーの応答)Dismissed (却下済み) が表示されます。In this case, the User Response displays Dismissed in the first Event 301:

Client Version: 2.8.85.0
Client Policy ID: e5287fe6-f82c-447e-bf44-6fa8ff146ef4
Item Full Path: Testing a warning message for the General label.msg
Item Name: Testing a warning message for the General label
Process Name: OUTLOOK
Action: Warn
Label After Action: General
Label ID After Action: 0e421e6d-ea17-4fdb-8f01-93a3e71333b8
Action Source: 
User Response: Dismissed

しかし、次のイベント 301 に反映される [確認して送信] を選択すると、[ユーザーの応答] には [確認済み] と表示されます。However, you then selected Confirm and Send, which is reflected in the next Event 301, where the User Response displays Confirmed:

Client Version: 2.8.85.0
Client Policy ID: e5287fe6-f82c-447e-bf44-6fa8ff146ef4
Item Full Path: Testing a warning message for the General label.msg
Item Name: Testing a warning message for the General label
Process Name: OUTLOOK
Action: Warn
Label After Action: General
Label ID After Action: 0e421e6d-ea17-4fdb-8f01-93a3e71333b8
Action Source: 
User Response: Confirmed

理由メッセージ テストのイベント ログを確認するCheck the Event log for your justify message tests

理由メッセージでは、同じパターンが繰り返されます。これにはイベント 302 が含まれます。The same pattern is repeated for the justify message, which has an Event 302. 最初のイベントには [破棄済み][ユーザーの応答] があり、2 つ目には選択された理由が表示されます。The first event has a User Response of Dismissed, and the second shows the justification that was selected. 次に例を示します。For example:

Client Version: 2.8.85.0
Client Policy ID: e5287fe6-f82c-447e-bf44-6fa8ff146ef4
Item Full Path: Testing the justification message for unlabeled content.msg
Item Name: Testing the justification message for unlabeled content
Process Name: OUTLOOK
Action: Justify
Label After Action: General
Label ID After Action: 0e421e6d-ea17-4fdb-8f01-93a3e71333b8
User Justification: I confirm the recipients are approved for sharing this content
Action Source: 
User Response: Confirmed

ブロック メッセージ テストのイベント ログを確認するCheck the Event log for your block message tests

イベント ログの上部に、イベント 303 を含む、記録されたブロック メッセージが表示されます。At the top of the event log, you see the block message logged, which has an Event 303. 次に例を示します。For example:

Client Version: 2.8.85.0
Client Policy ID: e5287fe6-f82c-447e-bf44-6fa8ff146ef4
Item Full Path: Testing sending unlabeled PowerPoint files.msg
Item Name: Testing sending unlabeled PowerPoint files
Process Name: OUTLOOK
Action: Block
Label After Action: General
Label ID After Action: 0e421e6d-ea17-4fdb-8f01-93a3e71333b8
Action Source: 

リソースをクリーンアップするClean up resources

このチュートリアルを終了したら、テスト ポリシーを後で参照できるように保持することも、削除してリソースをクリーン アップすることもできます。Once you're finished with this tutorial, you can keep the testing policy for further reference, or delete it to clean up your resources.

ポリシーを削除する場合は、それを作成した管理センター (Microsoft 365 コンプライアンスセンター、Microsoft 365 セキュリティセンター、または Microsoft 365 セキュリティ/コンプライアンス センター) で行います。If you want to delete your policy, do so in the admin center where it was created, either the Microsoft 365 compliance center, the Microsoft 365 security center, or the Microsoft 365 Security & Compliance Center.

詳細については、Microsoft 365 のドキュメントを参照してくださいFor more information, see the Microsoft 365 documentation

削除したら、このチュートリアルで定義した設定で構成されることがなくなるように、クライアント コンピューターの Outlook を再起動します。Once deleted, restart Outlook on the client machine so that it's no longer configured with the settings defined in this tutorial.

次のステップNext steps

テストを速く済ませるために、このチュートリアルでは、添付ファイルのない、1 人の受信者への電子メール メッセージを使用しました。For quicker testing, this tutorial used an email message to a single recipient, and without attachments.

同じ方法を複数の受信者とラベル、または添付ファイルに適用すると、ラベル付けの状態がユーザーにわかりにくくなることがあります。Apply the same methods with multiple recipients and labels, or to attachments, where labeling status is sometimes less obvious to users.

たとえば、公開 ラベルの付いた電子メール メッセージにポップアップ メッセージを表示するが、全般 ラベルの付いた PowerPoint プレゼンテーションは添付したい場合があります。For example, you may want to have a popup message appear on email messages labeled Public, but have a PowerPoint presentation attached that's labeled General.

詳細プロパティと Outlook カスタマイズの詳細については、「管理者ガイド:Azure Information Protection 統合ラベル付けクライアントのカスタム構成」を参照してください。For more information about advanced properties and Outlook customizations, see Admin Guide: Custom configurations for the Azure Information Protection unified labeling client.