Azure IoT Hub SDK の概要と使用方法Understand and use Azure IoT Hub SDKs

IoT Hub を使用する場合、以下の 2 つのカテゴリのソフトウェア開発キット (SDK) があります。There are two categories of software development kits (SDKs) for working with IoT Hub:

  • Device SDK では、IoT デバイス上で実行するアプリを構築できます。Device SDKs enable you to build apps that run on your IoT devices. これらのアプリは IoT Hub にテレメトリを送信し、必要に応じて IoT Hub からメッセージ、ジョブ、メソッド、ツインの更新プログラムを受信します。These apps send telemetry to your IoT hub, and optionally receive messages, job, method, or twin updates from your IoT hub.

  • Service SDK を使用すると、IoT Hub を管理できます。また、必要に応じてメッセージを送信し、ジョブのスケジュールを設定し、ダイレクト メソッドを呼び出し、IoT デバイスに必要なプロパティの更新を送信することができます。Service SDKs enable you to manage your IoT hub, and optionally send messages, schedule jobs, invoke direct methods, or send desired property updates to your IoT devices.

Azure IoT SDK を使用した開発の利点については、こちらを参照してください。Learn about the benefits of developing using Azure IoT SDKs here.

注意

この記事で言及されている一部の機能 (cloud-to-device メッセージ、デバイス ツイン、デバイス管理など) は、IoT ハブの Standard レベルだけで使用することができます。Some of the features mentioned in this article, like cloud-to-device messaging, device twins, and device management, are only available in the standard tier of IoT hub. IoT Hub の Basic レベルおよび Standard レベルの詳細については、適切な IoT Hub レベルの選び方に関するページを参照してください。For more information about the basic and standard IoT Hub tiers, see How to choose the right IoT Hub tier.

Azure IoT device SDKAzure IoT device SDKs

Microsoft Azure IoT デバイス SDK には、Azure IoT Hub サービスに接続および管理されるデバイスやアプリケーションの作成を容易にするコードが含まれています。The Microsoft Azure IoT device SDKs contain code that facilitates building devices and applications that connect to and are managed by Azure IoT Hub services.

.NET 用 Azure IoT Hub デバイス SDK:Azure IoT Hub device SDK for .NET:

C 用 Azure IoT Hub デバイス SDK: 移植性と広範なプラットフォーム互換性のために、ANSI C (C99) で作成されています。Azure IoT Hub device SDK for C: written in ANSI C (C99) for portability and broad platform compatibility

Java 用 Azure IoT Hub デバイス SDK:Azure IoT Hub device SDK for Java:

Node.js 用 Azure IoT Hub デバイス SDK:Azure IoT Hub device SDK for Node.js:

Python 用 Azure IoT Hub デバイス SDK:Azure IoT Hub device SDK for Python:

iOS 用 Azure IoT Hub デバイス SDK:Azure IoT Hub device SDK for iOS:

注意

言語およびプラットフォームに固有のパッケージ マネージャーを使用して、バイナリと依存関係を開発用コンピューターにインストールする方法については、GitHub リポジトリの readme ファイルを参照してください。See the readme files in the GitHub repositories for information about using language and platform-specific package managers to install binaries and dependencies on your development machine.

OS プラットフォームとハードウェアの互換性OS platform and hardware compatibility

SDK でサポートされるプラットフォームは、こちらのドキュメントで確認できます。Supported platforms for the SDKs can be found in this document. 特定のハードウェア デバイスとの SDK の互換性の詳細については、Azure Certified for IoT デバイス カタログまたは個々のリポジトリを参照してください。For more information about SDK compatibility with specific hardware devices, see the Azure Certified for IoT device catalog or individual repository.

Azure IoT サービス SDKAzure IoT service SDKs

Azure IoT サービス SDK には、IoT Hub と直接やりとりしてデバイスやセキュリティを管理するアプリケーションの作成を容易にするコードが含まれています。The Azure IoT service SDKs contain code to facilitate building applications that interact directly with IoT Hub to manage devices and security.

.NET 用 Azure IoT Hub サービス SDK:Azure IoT Hub service SDK for .NET:

Java 用 Azure IoT Hub サービス SDK:Azure IoT Hub service SDK for Java:

Node.js 用 Azure IoT Hub サービス SDK:Azure IoT Hub service SDK for Node.js:

Python 用 Azure IoT Hub サービス SDK:Azure IoT Hub service SDK for Python:

C 用 Azure IoT Hub サービス SDK:Azure IoT Hub service SDK for C:

iOS 用 Azure IoT Hub サービス SDK:Azure IoT Hub service SDK for iOS:

注意

言語およびプラットフォームに固有のパッケージ マネージャーを使用して、バイナリと依存関係を開発用コンピューターにインストールする方法については、GitHub リポジトリの readme ファイルを参照してください。See the readme files in the GitHub repositories for information about using language and platform-specific package managers to install binaries and dependencies on your development machine.

次の手順Next steps

Azure IoT SDK では、開発に役立つ一連のツールも提供しています。Azure IoT SDKs also provide a set of tools to help with development:

  • iothub-diagnostics: IoT Hub との接続に関連する問題の診断に役立つ、クロスプラットフォーム コマンド ライン ツール。iothub-diagnostics: a cross-platform command line tool to help diagnose issues related to connection with IoT Hub.
  • device-explorer: IoT Hub に接続するための Windows デスクトップ アプリケーション。device-explorer: a Windows desktop application to connect to your IoT Hub.

この IoT Hub 開発者ガイド内の他の参照トピックは次のとおりです。Other reference topics in this IoT Hub developer guide include: