ソリューションに適した IoT Hub のレベルを選択するChoose the right IoT Hub tier for your solution

すべての IoT ソリューションは異なるので、Azure IoT Hub には価格とスケールに基づいて複数のオプションが用意されています。Every IoT solution is different, so Azure IoT Hub offers several options based on pricing and scale. この記事は、IoT Hub のニーズを評価するときに役立ちます。This article is meant to help you evaluate your IoT Hub needs. IoT Hub のレベルの価格については、「IoT Hub の価格」をご覧ください。For pricing information about IoT Hub tiers refer to IoT Hub pricing.

ソリューションに適した IoT Hub のレベルを決定するには、次の 2 つの質問に答えてください。To decide which IoT Hub tier is right for your solution, ask yourself two questions:

どのような機能を使う予定か?What features do I plan to use? Azure IoT Hub には Basic と Standard の 2 つのレベルがあり、サポートする機能の数が異なります。Azure IoT Hub offers two tiers, basic and standard, that differ in the number of features they support. IoT ソリューションが主に、デバイスからデータを収集して集中的に分析するものである場合は、おそらく Basic レベルが適しています。If your IoT solution is based around collecting data from devices and analyzing it centrally then the basic tier is probably right for you. さらに高度な構成を使って、IoT デバイスをリモート制御したり、ワークロードの一部をデバイス自体に分散させたりしたい場合は、Standard レベルを検討する必要があります。If you want to use more advanced configurations to control IoT devices remotely or distribute some of your workloads onto the devices themselves then you should consider the standard tier. 各レベルに含まれる機能について詳しくは、後の「Basic レベルと Standard レベル」をご覧ください。For a detailed breakdown of which features are included in each tier continue to Basic and standard tiers.

移動するデータの 1 日当たりの量はどれくらいか?How much data do I plan to move daily? 各 IoT Hub レベルは、1 日に処理できるデータ スループットの量に基づいて、3 つのサイズで利用できます。Each IoT Hub tier is available in three sizes, based around how much data throughput they can handle in any given day. これらのサイズは、1、2、3 という数字で示されます。These sizes are numerically identified as 1, 2, and 3. たとえば、レベル 1 の IoT Hub の各ユニットは 1 日に 40 万件のメッセージを処理できるのに対し、レベル 3 のユニットは 3 億件を処理できます。For example, each unit of a level 1 IoT hub can handle 400 thousand messages a day, while a level 3 unit can handle 300 million. データのガイドラインについて詳しくは、後の「メッセージのスループット」をご覧ください。For more details about the data guidelines, continue to Message throughput.

Basic レベルと Standard レベルBasic and standard tiers

IoT Hub の Standard レベルではすべての機能が有効になり、双方向通信機能を利用する IoT ソリューションの場合はこのレベルが必要です。The standard tier of IoT Hub enables all features, and is required for any IoT solutions that want to make use of the bi-directional communication capabilities. Basic レベルでは機能のサブセットが有効になり、デバイスからクラウドへの単方向通信だけが必要な IoT ソリューション用です。The basic tier enables a subset of the features and is intended for IoT solutions that only need uni-directional communication from devices to the cloud. 提供されるセキュリティ機能と認証機能は、どちらのレベルも同じです。Both tiers offer the same security and authentication features.

IoT Hub を作成した後は、既存の操作を中断することなく、Basic レベルから Standard レベルにアップグレードできます。Once you create your IoT hub you can upgrade from the basic tier to the standard tier without interrupting your existing operations. 詳しくは、「IoT Hub のアップグレード方法」をご覧ください。For more information, see How to upgrade your IoT hub. Basic レベルの IoT Hub のパーティションの最大制限は 8 で、Standard レベルの場合は 32 であることにご注意ください。Note that the maximum partition limit for basic tier IoT Hub is 8 and for standard tier is 32. ほとんどの IoT Hub では、4 つのパーティションのみ必要です。Most IoT hubs only need 4 partitions. IoT Hub の作成時にパーティション制限が選択され、device-to-cloud メッセージがこれらのメッセージの同時閲覧者数に関連付けられます。The partition limit is chosen when IoT Hub is created, and relates the device-to-cloud messages to the number of simultaneous readers of these messages. Basic レベルから Standard レベルに移行してもこの値は変わりません。This value remains unchanged when you migrate from basic tier to standard tier. 1 つのレベル内のエディションは IoT Hub あたり 1 種類だけ選択できます。Also note that only one type of edition within a tier can be chosen per IoT Hub. たとえば、S1 と B3 や S1 と S2 などの異なるエディションのユニットの組み合わせではなく、S1 のユニットを複数持つ IoT Hub を作成できます。For example, you can create an IoT Hub with multiple units of S1, but not with a mix of units from different editions, such as S1 and B3, or S1 and S2.

機能Capability Basic レベルBasic tier Standard レベルStandard tier
device-to-cloud テレメトリDevice-to-cloud telemetry [はい]Yes [はい]Yes
デバイスごとの IDPer-device identity [はい]Yes [はい]Yes
メッセージ ルーティングEvent Grid の統合Message routing and Event Grid integration [はい]Yes [はい]Yes
HTTP、AMQP、MQTT プロトコルHTTP, AMQP, and MQTT protocols [はい]Yes [はい]Yes
Device Provisioning ServiceDevice Provisioning Service [はい]Yes [はい]Yes
監視と診断Monitoring and diagnostics [はい]Yes [はい]Yes
cloud-to-device メッセージングCloud-to-device messaging [はい]Yes
デバイス ツインモジュール ツイン、およびデバイス管理Device twins, Module twins and Device management [はい]Yes
Azure IoT EdgeAzure IoT Edge [はい]Yes

IoT Hub では、テストおよび評価のための Free レベルも提供されています。IoT Hub also offers a free tier that is meant for testing and evaluation. Free レベルは、機能的には Standard レベルと同じですが、メッセージングの許容量が限られます。It has all the capabilities of the standard tier, but limited messaging allowances. Free レベルから Basic レベルまたは Standard レベルにアップグレードすることはできません。You cannot upgrade from the free tier to either basic or standard.

IoT Hub の REST APIIoT Hub REST APIs

IoT Hub の Basic レベルと Standard レベルでサポートされる機能が違うことは、一部の API 呼び出しが Basic レベルのハブでは動作しないことを意味します。The difference in supported capabilities between the basic and standard tiers of IoT Hub means that some API calls do not work with basic tier hubs. 次の表では、利用できる API を示します。The following table shows which APIs are available:

APIAPI Basic レベルBasic tier Standard レベルStandard tier
デバイスの削除Delete device [はい]Yes [はい]Yes
デバイスの取得Get device [はい]Yes [はい]Yes
モジュールの削除Delete module [はい]Yes [はい]Yes
モジュールの取得Get module [はい]Yes [はい]Yes
レジストリの統計情報の取得Get registry statistics [はい]Yes [はい]Yes
サービスの統計情報の取得Get services statistics [はい]Yes [はい]Yes
デバイスの作成または更新Create Or Update Device [はい]Yes [はい]Yes
モジュールの設定Put module [はい]Yes [はい]Yes
IoT Hub にクエリを実行するQuery IoT Hub [はい]Yes [はい]Yes
モジュールのクエリQuery modules [はい]Yes [はい]Yes
ファイル アップロード SAS URI の作成Create file upload SAS URI [はい]Yes [はい]Yes
デバイス バインド通知の受け取りReceive device bound notification [はい]Yes [はい]Yes
デバイス イベントの送信Send device event [はい]Yes [はい]Yes
モジュール イベントの送信Send module event [はい]Yes [はい]Yes
ファイル アップロード ステータスの更新Update file upload status [はい]Yes [はい]Yes
デバイスの一括操作Bulk device operation はい (IoT Edge 機能を除く)Yes, except for IoT Edge capabilites [はい]Yes
コマンド キューの消去Purge command queue [はい]Yes
デバイス ツインの取得Get device twin [はい]Yes
モジュール ツインの取得Get module twin [はい]Yes
デバイス メソッドの呼び出しInvoke device method [はい]Yes
デバイス ツインの更新Update device twin [はい]Yes
モジュール ツインの更新Update module twin [はい]Yes
デバイス バインド通知の破棄Abandon device bound notification [はい]Yes
デバイス バインド通知の完了Complete device bound notification [はい]Yes
ジョブの取り消しCancel job [はい]Yes
ジョブの作成Create job [はい]Yes
ジョブの取得Get job [はい]Yes
ジョブのクエリQuery jobs [はい]Yes

メッセージのスループットMessage throughput

IoT Hub ソリューションのサイズを設定する方法として最適なのは、ユニットごとにトラフィックを評価することです。The best way to size an IoT Hub solution is to evaluate the traffic on a per-unit basis. 具体的には、次の操作カテゴリに対して必要なピーク スループットを検討してください。In particular, consider the required peak throughput for the following categories of operations:

  • デバイスからクラウドへのメッセージDevice-to-cloud messages
  • クラウドからデバイスへのメッセージCloud-to-device messages
  • ID レジストリの操作Identity registry operations

トラフィックは、ハブ単位ではなく、ユニット単位で測定されます。Traffic is measured on a per-unit basis, not per hub. レベル 1 または 2 の IoT Hub インスタンスには、最大で 200 個のユニットを関連付けることができます。A level 1 or 2 IoT Hub instance can have as many as 200 units associated with it. レベル 3 の IoT Hub インスタンスは、最大で 10 個のユニットを持つことができます。A level 3 IoT Hub instance can have up to 10 units. IoT Hub を作成した後は、既存の操作を中断することなく、ユニットの数を変更したり、特定のレベル内で 1、2、3 のサイズ間を移動したりできます。Once you create your IoT hub you can change the number of units or move between the 1, 2, and 3 sizes within a specific tier without interrupting your existing operations. 詳しくは、「IoT Hub のアップグレード方法」をご覧ください。For more information, see How to upgrade your IoT Hub.

各レベルのトラフィック機能の例として、device-to-cloud メッセージは以下の持続スループット ガイドラインに従います。As an example of each tier's traffic capabilities, device-to-cloud messages follow these sustained throughput guidelines:

レベルTier 持続スループットSustained throughput 持続送信レートSustained send rate
B1、S1B1, S1 ユニットあたり最大 1111 KB/分Up to 1111 KB/minute per unit
(1.5 GB/日/ユニット)(1.5 GB/day/unit)
ユニットあたり平均 278 メッセージ/分Average of 278 messages/minute per unit
(ユニットあたり 400,000 メッセージ/日)(400,000 messages/day per unit)
B2、S2B2, S2 ユニットあたり最大 16 MB/分Up to 16 MB/minute per unit
(22.8 GB/日/ユニット)(22.8 GB/day/unit)
ユニットあたり平均 4,167 メッセージ/分Average of 4,167 messages/minute per unit
(ユニットあたり 600 万メッセージ/日)(6 million messages/day per unit)
B3、S3B3, S3 ユニットあたり最大 814 MB/分Up to 814 MB/minute per unit
(1144.4 GB/日/ユニット)(1144.4 GB/day/unit)
ユニットあたり平均 208,333 メッセージ/分Average of 208,333 messages/minute per unit
(ユニットあたり 3 億件のメッセージ/日)(300 million messages/day per unit)

このスループット情報に加え、IoT Hub のクォータとスロットルに関するページを参照して、適切にソリューションを設計してください。In addition to this throughput information, see IoT Hub quotas and throttles and design your solution accordingly.

ID レジストリ操作のスループットIdentity registry operation throughput

IoT Hub の ID レジストリの操作は、ほとんどがデバイス プロビジョニングに関連しているため、ランタイム操作にはなりません。IoT Hub identity registry operations are not supposed to be run-time operations, as they are mostly related to device provisioning.

特定のバースト パフォーマンスの数値については、IoT Hub のクォータと調整に関するページを参照してください。For specific burst performance numbers, see IoT Hub quotas and throttles.

自動スケールAuto-scale

お使いの IoT Hub で許可されているメッセージ上限に到達しそうな場合、自動スケーリングの手順を使用して、同じ IoT Hub レベルにある IoT Hub ユニットを増分します。If you are approaching the allowed message limit on your IoT Hub, you can use these steps to automatically scale to increment an IoT Hub unit in the same IoT Hub tier.

シャーディングSharding

1 つの IoT Hub を数百万のデバイスに拡張できますが、使用しているソリューションに、1 つの IoT Hub では保証できない特定のパフォーマンス特性が必要になる場合があります。While a single IoT hub can scale to millions of devices, sometimes your solution requires specific performance characteristics that a single IoT hub cannot guarantee. その場合は、デバイスを複数の IoT Hub に分割できます。In that case you can partition your devices across multiple IoT hubs. 複数の IoT hub は、トラフィックの急増を抑え、必要なスループットまたは必要とされる操作の速度を取得します。Multiple IoT hubs smooth traffic bursts and obtain the required throughput or operation rates that are required.

次の手順Next steps