IoT Hub の ID レジストリを理解するUnderstand the identity registry in your IoT hub

すべての IoT ハブには、その IoT ハブへの接続が許可されたデバイスおよびモジュールに関する情報を保存する ID レジストリがあります。Every IoT hub has an identity registry that stores information about the devices and modules permitted to connect to the IoT hub. デバイスまたはモジュールを IoT ハブに接続できるようにするには、そのデバイスまたはモジュールのエントリが IoT ハブの ID レジストリに存在する必要があります。Before a device or module can connect to an IoT hub, there must be an entry for that device or module in the IoT hub's identity registry. さらに、ID レジストリに保存されている資格情報に基づいて、デバイスまたはモジュールが IoT ハブで認証される必要があります。A device or module must also authenticate with the IoT hub based on credentials stored in the identity registry.

ID レジストリに保存されているデバイスまたはモジュール ID は、大文字と小文字が区別されます。The device or module ID stored in the identity registry is case-sensitive.

大まかに言うと、ID レジストリは、デバイスまたはモジュール ID リソースの REST 対応コレクションです。At a high level, the identity registry is a REST-capable collection of device or module identity resources. この ID レジストリにエントリを追加すると、転送中の Cloud-to-device メッセージが含まれるキューなどの、デバイス単位のリソースが IoT Hub によって作成されます。When you add an entry in the identity registry, IoT Hub creates a set of per-device resources such as the queue that contains in-flight cloud-to-device messages.

ID レジストリは、以下が必要な場合に使用します。Use the identity registry when you need to:

  • IoT ハブに接続するデバイスまたはモジュールをプロビジョニングする。Provision devices or modules that connect to your IoT hub.
  • ハブのデバイスまたはモジュール向けエンドポイントに対するデバイスまたはモジュールごとのアクセスを制御する。Control per-device/per-module access to your hub's device or module-facing endpoints.

注意

  • ID レジストリには、アプリケーション固有のメタデータは含まれません。The identity registry does not contain any application-specific metadata.
  • モジュール ID とモジュール ツインはパブリック プレビュー中です。Module identity and module twin is in public preview. 以下の機能は、一般公開時にモジュール ID でサポートされます。Below feature will be supported on module identity when it's general available.

ID レジストリの操作Identity registry operations

IoT Hub の ID レジストリでは、次の操作が公開されています。The IoT Hub identity registry exposes the following operations:

  • デバイスまたはモジュール ID の作成Create device or module identity
  • デバイスまたはモジュール ID の更新Update device or module identity
  • ID ごとのデバイスまたはモジュール ID の取得Retrieve device or module identity by ID
  • デバイスまたはモジュール ID の削除Delete device or module identity
  • 最大 1000 個の ID の一覧表示List up to 1000 identities
  • Azure Blob Storage へのデバイス ID のエクスポートExport device identities to Azure blob storage
  • Azure Blob Storage からのデバイス ID のインポートImport device identities from Azure blob storage

これらすべての操作で、RFC7232 に指定されているオプティミスティック同時実行制御を使用できます。All these operations can use optimistic concurrency, as specified in RFC7232.

重要

IoT Hub の ID レジストリにあるすべての ID を取得する唯一の方法は、エクスポート機能を使用することです。The only way to retrieve all identities in an IoT hub's identity registry is to use the Export functionality.

IoT Hub の ID レジストリの特徴は次のとおりです。An IoT Hub identity registry:

  • アプリケーションのメタデータは含まれていません。Does not contain any application metadata.
  • deviceId または moduleId をキーとして使用することで、ディクショナリと同様にアクセスできます。Can be accessed like a dictionary, by using the deviceId or moduleId as the key.
  • 詳細なクエリはサポートされていません。Does not support expressive queries.

通常、IoT ソリューションにはソリューション固有のストアがあり、各ストアにはアプリケーション固有のメタデータが含まれています。An IoT solution typically has a separate solution-specific store that contains application-specific metadata. たとえば、スマート ビルディング ソリューションのソリューション固有のストアでは、気温センサーをデプロイする部屋を記録します。For example, the solution-specific store in a smart building solution would record the room in which a temperature sensor is deployed.

重要

ID レジストリは、デバイスの管理およびプロビジョニング操作でのみ使用します。Only use the identity registry for device management and provisioning operations. 実行時の高スループット操作が、ID レジストリに対する操作の影響を受けないようにする必要があります。High throughput operations at run time should not depend on performing operations in the identity registry. たとえば、コマンドを送信する前に、デバイスの接続状態を確認するやり方は、サポートされていないパターンです。For example, checking the connection state of a device before sending a command is not a supported pattern. ID レジストリのスロットル率デバイス ハートビート パターンを必ず確認してください。Make sure to check the throttling rates for the identity registry, and the device heartbeat pattern.

デバイスの無効化Disable devices

ID レジストリで ID の status プロパティを更新することにより、デバイスを無効にすることができます。You can disable devices by updating the status property of an identity in the identity registry. 通常、このプロパティは次の 2 つのシナリオで使用します。Typically, you use this property in two scenarios:

  • オーケストレーション プロセスのプロビジョニング中。During a provisioning orchestration process. 詳細については、デバイスのプロビジョニングに関するページを参照してください。For more information, see Device Provisioning.

  • 何らかの理由で、デバイスが侵害されているか、未承認の状態になっていると考えられる場合。If, for any reason, you think a device is compromised or has become unauthorized.

この機能は、モジュールでは使用できません。This feature is not available for modules.

デバイス ID のインポートとエクスポートImport and export device identities

IoT ハブの ID レジストリからデバイス ID を一括エクスポートするには、IoT Hub リソース プロバイダー エンドポイントに対する非同期操作を使用します。Use asynchronous operations on the IoT Hub resource provider endpoint to export device identities in bulk from an IoT hub's identity registry. エクスポートは、顧客が指定した BLOB コンテナーを使用して、デバイス ID レジストリから読み取ったデバイス ID データを保存する、長時間実行されるジョブです。Exports are long-running jobs that use a customer-supplied blob container to save device identity data read from the identity registry.

IoT ハブの ID レジストリにデバイス ID を一括インポートするには、IoT Hub リソース プロバイダー エンドポイントに対する非同期操作を使用します。Use asynchronous operations on the IoT Hub resource provider endpoint to import device identities in bulk to an IoT hub's identity registry. インポートは、顧客が指定した BLOB コンテナー内のデータを使用してデバイス ID データを ID レジストリに書き込む、長時間実行ジョブです。Imports are long-running jobs that use data in a customer-supplied blob container to write device identity data into the identity registry.

インポート API とエクスポート API の詳細については、IoT Hub のリソースプロバイダー REST API に関する記事を参照してください。For more information about the import and export APIs, see IoT Hub resource provider REST APIs. インポートおよびエクスポート ジョブの実行方法の詳細については、IoT Hub デバイス ID の一括管理に関するページを参照してください。To learn more about running import and export jobs, see Bulk management of IoT Hub device identities.

デバイス プロビジョニングDevice provisioning

特定の IoT ソリューションに格納されるデバイス データは、そのソリューションの具体的な要件によって異なりますが、The device data that a given IoT solution stores depends on the specific requirements of that solution. ソリューションには少なくともデバイスの ID と認証キーを格納する必要があります。But, as a minimum, a solution must store device identities and authentication keys. Azure IoT Hub には、各デバイスの ID、認証キー、状態コードなどの値を保存できる ID レジストリがあります。Azure IoT Hub includes an identity registry that can store values for each device such as IDs, authentication keys, and status codes. ソリューションでは、Table Storage、Blob Storage、Cosmos DB などの他の Azure サービスを使用して、さらにデバイス データを保存できます。A solution can use other Azure services such as table storage, blob storage, or Cosmos DB to store any additional device data.

デバイス プロビジョニング とは、最初のデバイス データをソリューション内のストアに追加するプロセスです。Device provisioning is the process of adding the initial device data to the stores in your solution. 新しいデバイスをハブに接続できるようにするには、デバイスの ID とキーを IoT Hub ID レジストリに追加する必要があります。To enable a new device to connect to your hub, you must add a device ID and keys to the IoT Hub identity registry. プロビジョニング プロセスの一環として、他のソリューション ストアにあるデバイス固有データの初期化が必要になる場合があります。As part of the provisioning process, you might need to initialize device-specific data in other solution stores. また、Azure IoT Hub Device Provisioning サービスを使用して、1 つまたは複数の IoT ハブに対してノータッチの Just-In-Time プロビジョニングを実現できるため、人の手を介する必要がなくなります。You can also use the Azure IoT Hub Device Provisioning Service to enable zero-touch, just-in-time provisioning to one or more IoT hubs without requiring human intervention. 詳しくは、Provisioning Service のドキュメントをご覧ください。To learn more, see the provisioning service documentation.

デバイスのハートビートDevice heartbeat

IoT Hub ID レジストリには、connectionState というフィールドが含まれています。The IoT Hub identity registry contains a field called connectionState. connectionStateフィールドは、開発とデバッグ中にのみ使用します。Only use the connectionState field during development and debugging. IoT ソリューションでは、実行時にフィールドに対してクエリを実行できません。IoT solutions should not query the field at run time. たとえば、Cloud-to-device メッセージや SMS を送信する前に、デバイスが接続されているかどうかを確認するために connectionState フィールドに対してクエリを実行することはできません。For example, do not query the connectionState field to check if a device is connected before you send a cloud-to-device message or an SMS. Event Grid でデバイス切断イベントをサブスクライブして、アラートを取得し、デバイスの接続状態を監視することをお勧めします。We recommend subscribing to the device disconnected event on Event Grid to get alerts and monitor the device connection state. IoT ソリューション内の IoT Hub からのデバイス接続イベントとデバイス切断イベントを統合する方法については、こちらのチュートリアルをご覧ください。Use this tutorial to learn how to integrate Device Connected and Device Disconnected events from IoT Hub in your IoT solution.

IoT ソリューションでデバイスが接続されているかどうかを知る必要がある場合は、ハートビート パターンを実装できます。If your IoT solution needs to know if a device is connected, you can implement the heartbeat pattern. ハートビート パターンでは、デバイスは一定の時間ごとに 1 回以上、D2C メッセージを送信します。(たとえば、1 時間ごとに 1 回以上)。In the heartbeat pattern, the device sends device-to-cloud messages at least once every fixed amount of time (for example, at least once every hour). したがって、デバイスは送信するデータを保持していなくても、空の D2C メッセージを送信します (通常は、それをハートビートとして識別するプロパティが伴います)。Therefore, even if a device does not have any data to send, it still sends an empty device-to-cloud message (usually with a property that identifies it as a heartbeat). サービス側では、ソリューションは、各デバイスから受信した最後のハートビートのマップを保持します。On the service side, the solution maintains a map with the last heartbeat received for each device. 想定された時間内にデバイスからのハートビート メッセージを受け取らなかった場合、ソリューションはデバイスに問題があるとみなします。If the solution does not receive a heartbeat message within the expected time from the device, it assumes that there is a problem with the device.

より複雑な実装になると、Azure MonitorAzure Resource Health からの情報を取り込むことで、接続または通信を試みているが失敗しているデバイスを識別することが可能です。「診断を使用した監視」のガイドを参照してください。A more complex implementation could include the information from Azure Monitor and Azure Resource Health to identify devices that are trying to connect or communicate but failing, check Monitor with diagnostics guide. ハートビート パターンを実装する場合は、IoT Hub のクォータとスロットルを必ず確認してください。When you implement the heartbeat pattern, make sure to check IoT Hub Quotas and Throttles.

注意

IoT ソリューションで Cloud-to-device メッセージを送信するかどうかを判断するためだけに接続状態が使用され、メッセージが多数のデバイスにブロードキャストされない場合は、より単純で有効期限の短いパターンの使用を検討してください。If an IoT solution uses the connection state solely to determine whether to send cloud-to-device messages, and messages are not broadcast to large sets of devices, consider using the simpler short expiry time pattern. この方法を使用すると、ハートビート パターンを使用してデバイス接続状態レジストリを維持するのと同じ結果を得られますが、効率が向上します。This pattern achieves the same result as maintaining a device connection state registry using the heartbeat pattern, while being more efficient. メッセージの受信確認を要求すると、メッセージを受信できるデバイスとできないデバイスについての通知を IoT Hub から受け取ることができます。If you request message acknowledgements, IoT Hub can notify you about which devices are able to receive messages and which are not.

デバイスまたはモジュールのライフサイクルの通知Device and module lifecycle notifications

IoT Hub は、ライフサイクルの通知を送信することで、ID がいつ作成されたか、またはいつ削除されたかを IoT ソリューションに通知できます。IoT Hub can notify your IoT solution when an identity is created or deleted by sending lifecycle notifications. そのためには、IoT ソリューションでルートを作成し、データ ソースの値を DeviceLifecycleEvents または ModuleLifecycleEvents に設定する必要があります。To do so, your IoT solution needs to create a route and to set the Data Source equal to DeviceLifecycleEvents or ModuleLifecycleEvents. 既定では、ライフサイクルの通知は送信されません。つまり、このようなルートは事前に存在しません。By default, no lifecycle notifications are sent, that is, no such routes pre-exist. 通知メッセージには、プロパティおよび本文が含まれます。The notification message includes properties, and body.

プロパティ:メッセージのシステム プロパティには、$ シンボルが付きます。Properties: Message system properties are prefixed with the $ symbol.

デバイスの通知メッセージ:Notification message for device:

NameName Value
$content-type$content-type application/jsonapplication/json
$iothub-enqueuedtime$iothub-enqueuedtime 通知が送信された時刻Time when the notification was sent
$iothub-message-source$iothub-message-source deviceLifecycleEventsdeviceLifecycleEvents
$content-encoding$content-encoding utf-8utf-8
opTypeopType createDeviceIdentity または deleteDeviceIdentitycreateDeviceIdentity or deleteDeviceIdentity
hubNamehubName IoT Hub の名前Name of IoT Hub
deviceIddeviceId デバイスの IDID of the device
operationTimestampoperationTimestamp 操作の ISO8601 タイムスタンプISO8601 timestamp of operation
iothub-message-schemaiothub-message-schema deviceLifecycleNotificationdeviceLifecycleNotification

本文は次のようになります。このセクションは JSON 形式であり、作成されたデバイス ID のツインを表します。Body: This section is in JSON format and represents the twin of the created device identity. たとえば、次のように入力します。For example,

{
    "deviceId":"11576-ailn-test-0-67333793211",
    "etag":"AAAAAAAAAAE=",
    "properties": {
        "desired": {
            "$metadata": {
                "$lastUpdated": "2016-02-30T16:24:48.789Z"
            },
            "$version": 1
        },
        "reported": {
            "$metadata": {
                "$lastUpdated": "2016-02-30T16:24:48.789Z"
            },
            "$version": 1
        }
    }
}

モジュールの通知メッセージ:Notification message for module:

NameName Value
$content-type$content-type application/jsonapplication/json
$iothub-enqueuedtime$iothub-enqueuedtime 通知が送信された時刻Time when the notification was sent
$iothub-message-source$iothub-message-source moduleLifecycleEventsmoduleLifecycleEvents
$content-encoding$content-encoding utf-8utf-8
opTypeopType createModuleIdentity または deleteModuleIdentitycreateModuleIdentity or deleteModuleIdentity
hubNamehubName IoT Hub の名前Name of IoT Hub
moduleIdmoduleId モジュールの IDID of the module
operationTimestampoperationTimestamp 操作の ISO8601 タイムスタンプISO8601 timestamp of operation
iothub-message-schemaiothub-message-schema moduleLifecycleNotificationmoduleLifecycleNotification

本文は次のようになります。このセクションは JSON 形式であり、作成されたモジュール ID のツインを表します。Body: This section is in JSON format and represents the twin of the created module identity. たとえば、次のように入力します。For example,

{
    "deviceId":"11576-ailn-test-0-67333793211",
    "moduleId":"tempSensor",
    "etag":"AAAAAAAAAAE=",
    "properties": {
        "desired": {
            "$metadata": {
                "$lastUpdated": "2016-02-30T16:24:48.789Z"
            },
            "$version": 1
        },
        "reported": {
            "$metadata": {
                "$lastUpdated": "2016-02-30T16:24:48.789Z"
            },
            "$version": 1
        }
    }
}

デバイス ID のプロパティDevice identity properties

デバイス ID は、次のプロパティを持つ JSON ドキュメントとして表されます。Device identities are represented as JSON documents with the following properties:

プロパティProperty オプションOptions 説明Description
deviceIddeviceId 必須、読み取り専用 (更新時)required, read-only on updates ASCII 7 ビット英数字の大文字と小文字が区別される文字列 (最大 128 文字) と、特定の特殊文字 (- . + % _ # * ? ! ( ) , = @ $ ')。A case-sensitive string (up to 128 characters long) of ASCII 7-bit alphanumeric characters plus certain special characters: - . + % _ # * ? ! ( ) , = @ $ '.
generationIdgenerationId 必須、読み取り専用required, read-only IoT Hub によって生成された、大文字と小文字が区別される文字列 (最大 128 文字)。An IoT hub-generated, case-sensitive string up to 128 characters long. この値は、デバイスが削除されて再作成された場合に、同じ deviceId を持つデバイスを区別するために使用します。This value is used to distinguish devices with the same deviceId, when they have been deleted and re-created.
etagetag 必須、読み取り専用required, read-only RFC7232 に準拠した、デバイス ID の弱い ETag を表す文字列。A string representing a weak ETag for the device identity, as per RFC7232.
authauth 省略可能optional 認証情報とセキュリティのマテリアルを含む複合オブジェクト。A composite object containing authentication information and security materials.
auth.symkeyauth.symkey 省略可能optional base64 形式でプライマリ キーとセカンダリ キーを格納する複合オブジェクト。A composite object containing a primary and a secondary key, stored in base64 format.
statusstatus 必須required アクセス インジケーター。An access indicator. [有効] または [無効] のいずれか。Can be Enabled or Disabled. [有効] の場合、デバイスからの接続が許可されます。If Enabled, the device is allowed to connect. [無効] の場合、このデバイスからデバイス向けのエンドポイントにアクセスできません。If Disabled, this device cannot access any device-facing endpoint.
statusReasonstatusReason 省略可能optional デバイス ID の状態の理由を格納する、長さが 128 文字の文字列。A 128 character-long string that stores the reason for the device identity status. すべての UTF-8 文字を使用できます。All UTF-8 characters are allowed.
statusUpdateTimestatusUpdateTime 読み取り専用read-only 状態が最後に更新された日時を示す時間のインジケーター。A temporal indicator, showing the date and time of the last status update.
connectionStateconnectionState 読み取り専用read-only 接続状態を示すフィールド。Connected または Disconnected のいずれか。A field indicating connection status: either Connected or Disconnected. このフィールドは、デバイスの接続状態に関する IoT Hub ビューを表します。This field represents the IoT Hub view of the device connection status. 重要:このフィールドは、開発およびデバッグ専用として使用してください。Important: This field should be used only for development/debugging purposes. 接続状態は、MQTT または AMQP を使用するデバイスについてのみ更新されます。The connection state is updated only for devices using MQTT or AMQP. また、この更新はプロトコル レベルの ping (MQTT ping または AMQP ping) に基づいており、遅延は最大でもわずか 5 分です。Also, it is based on protocol-level pings (MQTT pings, or AMQP pings), and it can have a maximum delay of only 5 minutes. このため、接続状態にあると報告されているが切断状態にあるデバイスのように、偽陽性を示す可能性があります。For these reasons, there can be false positives, such as devices reported as connected but that are disconnected.
connectionStateUpdatedTimeconnectionStateUpdatedTime 読み取り専用read-only 前回接続状態が更新された日時を示す時間のインジケーター。A temporal indicator, showing the date and last time the connection state was updated.
lastActivityTimelastActivityTime 読み取り専用read-only 前回デバイスが接続された日時またはメッセージを送受信した日時を示す時間のインジケーター。A temporal indicator, showing the date and last time the device connected, received, or sent a message.

注意

接続状態が表すのは、その接続状態を示す IoT Hub ビューのみです。Connection state can only represent the IoT Hub view of the status of the connection. ネットワークの状態と構成によっては、この状態の更新が遅延することがあります。Updates to this state may be delayed, depending on network conditions and configurations.

注意

現在、デバイス SDK では、deviceId での文字 + および # の使用はサポートされていません。Currently the device SDKs do not support using the + and # characters in the deviceId.

モジュール ID のプロパティModule identity properties

モジュール ID は、次のプロパティを持つ JSON ドキュメントとして表されます。Module identities are represented as JSON documents with the following properties:

プロパティProperty オプションOptions 説明Description
deviceIddeviceId 必須、読み取り専用 (更新時)required, read-only on updates ASCII 7 ビット英数字の大文字と小文字が区別される文字列 (最大 128 文字) と、特定の特殊文字 (- . + % _ # * ? ! ( ) , = @ $ ')。A case-sensitive string (up to 128 characters long) of ASCII 7-bit alphanumeric characters plus certain special characters: - . + % _ # * ? ! ( ) , = @ $ '.
moduleIdmoduleId 必須、読み取り専用 (更新時)required, read-only on updates ASCII 7 ビット英数字の大文字と小文字が区別される文字列 (最大 128 文字) と、特定の特殊文字 (- . + % _ # * ? ! ( ) , = @ $ ')。A case-sensitive string (up to 128 characters long) of ASCII 7-bit alphanumeric characters plus certain special characters: - . + % _ # * ? ! ( ) , = @ $ '.
generationIdgenerationId 必須、読み取り専用required, read-only IoT Hub によって生成された、大文字と小文字が区別される文字列 (最大 128 文字)。An IoT hub-generated, case-sensitive string up to 128 characters long. この値は、デバイスが削除されて再作成された場合に、同じ deviceId を持つデバイスを区別するために使用します。This value is used to distinguish devices with the same deviceId, when they have been deleted and re-created.
etagetag 必須、読み取り専用required, read-only RFC7232 に準拠した、デバイス ID の弱い ETag を表す文字列。A string representing a weak ETag for the device identity, as per RFC7232.
authauth 省略可能optional 認証情報とセキュリティのマテリアルを含む複合オブジェクト。A composite object containing authentication information and security materials.
auth.symkeyauth.symkey 省略可能optional base64 形式でプライマリ キーとセカンダリ キーを格納する複合オブジェクト。A composite object containing a primary and a secondary key, stored in base64 format.
statusstatus 必須required アクセス インジケーター。An access indicator. [有効] または [無効] のいずれか。Can be Enabled or Disabled. [有効] の場合、デバイスからの接続が許可されます。If Enabled, the device is allowed to connect. [無効] の場合、このデバイスからデバイス向けのエンドポイントにアクセスできません。If Disabled, this device cannot access any device-facing endpoint.
statusReasonstatusReason 省略可能optional デバイス ID の状態の理由を格納する、長さが 128 文字の文字列。A 128 character-long string that stores the reason for the device identity status. すべての UTF-8 文字を使用できます。All UTF-8 characters are allowed.
statusUpdateTimestatusUpdateTime 読み取り専用read-only 状態が最後に更新された日時を示す時間のインジケーター。A temporal indicator, showing the date and time of the last status update.
connectionStateconnectionState 読み取り専用read-only 接続状態を示すフィールド。Connected または Disconnected のいずれか。A field indicating connection status: either Connected or Disconnected. このフィールドは、デバイスの接続状態に関する IoT Hub ビューを表します。This field represents the IoT Hub view of the device connection status. 重要:このフィールドは、開発およびデバッグ専用として使用してください。Important: This field should be used only for development/debugging purposes. 接続状態は、MQTT または AMQP を使用するデバイスについてのみ更新されます。The connection state is updated only for devices using MQTT or AMQP. また、この更新はプロトコル レベルの ping (MQTT ping または AMQP ping) に基づいており、遅延は最大でもわずか 5 分です。Also, it is based on protocol-level pings (MQTT pings, or AMQP pings), and it can have a maximum delay of only 5 minutes. このため、接続状態にあると報告されているが切断状態にあるデバイスのように、偽陽性を示す可能性があります。For these reasons, there can be false positives, such as devices reported as connected but that are disconnected.
connectionStateUpdatedTimeconnectionStateUpdatedTime 読み取り専用read-only 前回接続状態が更新された日時を示す時間のインジケーター。A temporal indicator, showing the date and last time the connection state was updated.
lastActivityTimelastActivityTime 読み取り専用read-only 前回デバイスが接続された日時またはメッセージを送受信した日時を示す時間のインジケーター。A temporal indicator, showing the date and last time the device connected, received, or sent a message.

注意

現在、デバイス SDK では、deviceId および moduleId での文字 + および # の使用はサポートされていません。Currently the device SDKs do not support using the + and # characters in the deviceId and moduleId.

参考資料Additional reference material

IoT Hub 開発者ガイド内の他の参照トピックは次のとおりです。Other reference topics in the IoT Hub developer guide include:

  • IoT Hub エンドポイント: 各 IoT Hub でランタイムと管理の操作のために公開される、さまざまなエンドポイントについて説明します。IoT Hub endpoints describes the various endpoints that each IoT hub exposes for run-time and management operations.

  • スロットルとクォータ: IoT Hub サービスに適用されるクォータとスロットルの動作について説明します。Throttling and quotas describes the quotas and throttling behaviors that apply to the IoT Hub service.

  • Azure IoT device SDK とサービス SDK: IoT Hub とやりとりするデバイスとサービス アプリの両方を開発する際に使用できるさまざまな言語の SDK を紹介します。Azure IoT device and service SDKs lists the various language SDKs you can use when you develop both device and service apps that interact with IoT Hub.

  • IoT Hub のクエリ言語: IoT Hub からデバイス ツインとジョブに関する情報を取得する際に使用できるクエリ言語について説明します。IoT Hub query language describes the query language you can use to retrieve information from IoT Hub about your device twins and jobs.

  • IoT Hub の MQTT サポート: IoT Hub での MQTT プロトコルのサポートについて詳しく説明します。IoT Hub MQTT support provides more information about IoT Hub support for the MQTT protocol.

次の手順Next steps

IoT ハブの ID レジストリの使用方法を理解できたら、次の IoT Hub 開発者ガイドのトピックも参考にしてください。Now that you have learned how to use the IoT Hub identity registry, you may be interested in the following IoT Hub developer guide topics:

この記事で説明した概念を試すには、次の IoT Hub のチュートリアルをご覧ください。To try out some of the concepts described in this article, see the following IoT Hub tutorial:

IoT Hub Device Provisioning サービスを使用してノータッチの Just-In-Time プロビジョニングを実現する方法については、次を参照してください。To explore using the IoT Hub Device Provisioning Service to enable zero-touch, just-in-time provisioning, see: