Azure IoT エクスプローラーをインストールして使用するInstall and use Azure IoT explorer

Azure IoT エクスプローラーは、IoT ハブに接続されている任意のデバイスと対話するためのグラフィカル ツールです。The Azure IoT explorer is a graphical tool for interacting with and devices connected to your IoT hub. この記事では、このツールを使用して IoT プラグ アンド プレイ デバイスをテストする方法について重点的に説明します。This article focuses on using the tool to test your IoT Plug and Play devices. ローカル マシンにツールをインストールしたら、それを使用してハブに接続できます。After installing the tool on your local machine, you can use it to connect to a hub. このツールを使用して、デバイスから送信されるテレメトリの表示、デバイスのプロパティの操作、コマンドの呼び出しを行うことができます。You can use the tool to view the telemetry the devices are sending, work with device properties, and invoke commands.

この記事で取り上げるテクニック:This article shows you how to:

  • Azure IoT エクスプローラー ツールをインストールして構成する。Install and configure the Azure IoT explorer tool.
  • ツールを使用して IoT プラグ アンド プレイ デバイスと対話し、デバイスをテストする。Use the tool to interact with and test your IoT Plug and Play devices.

ツールの使用方法に関するより一般的な情報については、GitHub の Readme をご覧ください。For more general information about using the tool, see the GitHub readme.

Azure IoT エクスプローラー ツールを使用するには、次のものが必要です。To use the Azure IoT explorer tool, you need:

  • Azure IoT Hub。An Azure IoT hub. お使いの Azure サブスクリプションに IoT ハブを追加する方法にはさまざまなものがあります。一例を挙げると、Azure CLI を使用して IoT ハブを作成するという方法があります。There are many ways to add an IoT hub to your Azure subscription, such as Creating an IoT hub by using the Azure CLI. Azure IoT エクスプローラー ツールを実行するには、IoT ハブの接続文字列が必要です。You need the IoT hub connection string to run the Azure IoT explorer tool. Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.
  • お使いの IoT ハブに登録されているデバイス。A device registered in your IoT hub. IoT Explorer を使用して、お使いの IoT ハブでデバイス登録を作成および管理できます。You can use IoT Explorer to create and manage device registrations in your IoT Hub.

Azure IoT エクスプローラーをインストールするInstall Azure IoT explorer

Azure IoT エクスプローラーのリリース情報に移動し、最新のリリースのアセットの一覧を展開します。Go to Azure IoT explorer releases and expand the list of assets for the most recent release. 最新バージョンのアプリケーションをダウンロードしてインストールします。Download and install the most recent version of the application.

重要

https://github.com/Azure/iot-plugandplay-models に基づく任意のリポジトリのモデルを解決するには、バージョン 0.13.x に更新します。Update to version 0.13.x to resolve models from any repository based on https://github.com/Azure/iot-plugandplay-models

Azure IoT エクスプローラーを使用するUse Azure IoT explorer

デバイスに関しては、自分のデバイスを接続するか、サンプルのシミュレートされたデバイスのいずれかを使用することができます。For a device, you can either connect your own device, or use one of the sample simulated devices. 異なる言語で記述されたシミュレート デバイスの例については、クイックスタート「サンプルの IoT プラグ アンド プレイ デバイス アプリケーションを IoT Hub に接続する (Node.js)」を参照してください。For some example simulated devices written in different languages, see the Connect a sample IoT Plug and Play device application to IoT Hub quickstart.

お使いのハブに接続するConnect to your hub

Azure IoT エクスプローラーを初めて実行するときは、お使いの IoT ハブの接続文字列を入力するように求められます。The first time you run Azure IoT explorer, you're prompted for your IoT hub's connection string. 接続文字列を追加した後、 [接続] を選択します。After you add the connection string, select Connect. ツールの設定を使用して接続文字列を更新することで、別の IoT ハブに切り替えることができます。You can use the tool's settings to switch to another IoT hub by updating the connection string.

IoT プラグ アンド プレイ デバイス用のモデル定義は、パブリック リポジトリ、接続されているデバイス、またはローカル フォルダに格納されます。The model definition for an IoT Plug and Play device is stored in either the public repository, the connected device, or a local folder. 既定では、このツールはパブリック リポジトリとお使いの接続されているデバイス内でモデル定義を検索します。By default, the tool looks for your model definition in the public repository and your connected device. ソースの追加と削除、またはソースの優先順位の構成は [設定] で行うことができます。You can add and remove sources, or configure the priority of the sources in Settings:

ソースを追加するには:To add a source:

  1. ホーム/IoT プラグ アンド プレイの設定 にアクセスします。Go to Home/IoT Plug and Play Settings
  2. [追加] を選択し、リポジトリまたはローカル フォルダーからソースを選択します。Select Add and choose your source, from a repository or local folder.

ソースを削除するには:To remove a source:

  1. ホーム/IoT プラグ アンド プレイの設定 にアクセスします。Go to Home/IoT Plug and Play Settings
  2. 削除するソースを見つけます。Find the source you want to remove.
  3. [X] を選択して削除します。Select X to remove it.

ソースの優先順位を変更するには:Change the source priorities:

モデル定義のソースの 1 つを、一覧内の別の順位にドラッグ アンド ドロップできます。You can drag and drop one of the model definition sources to a different ranking in the list.

デバイスの表示View devices

ツールが IoT ハブに接続されると、IoT ハブに登録されているデバイス ID を一覧表示する [デバイス] 一覧ぺージが表示されます。After the tool connects to your IoT hub, it displays the Devices list page that lists the device identities registered with your IoT hub. 一覧のエントリを選択すると、詳細情報が表示されます。You can select any entry in the list to see more information.

[デバイス] 一覧ページで、次のことを実行できます。On the Devices list page you can:

  • [新規] を選択して、ハブに新しいデバイスを登録します。Select New to register a new device with your hub. 次に、デバイス ID を入力します。Then enter a device ID. 既定の設定を使用して認証キーを自動的に生成し、ハブへの接続を有効にします。Use the default settings to automatically generate authentication keys and enable the connection to your hub.
  • デバイスを選択し、次に [削除] を選択してデバイス ID を削除します。Select a device and then select Delete to delete a device identity. この操作を完了する前に、デバイスの詳細を確認して、削除しようとしているデバイス ID が正しいことを確認してください。Review the device details before you complete this action to be sure you're deleting the right device identity.

デバイスと対話するInteract with a device

[デバイス] 一覧ページで、 [デバイス ID] 列の値を選択して、登録されているデバイスの詳細ページを表示します。On the Devices list page, select a value in the Device ID column to view the detail page for the registered device. デバイスごとに、次の 2 つのセクションがあります。 [デバイス][Digital Twin](デジタル ツイン) です。For each device there are two sections: Device and Digital Twin.

DeviceDevice

このセクションには、 [デバイス ID][デバイス ツイン][テレメトリ][ダイレクト メソッド][cloud-to-device メッセージ] 、および [モジュール ID] のタブが含まれています。This section includes the Device Identity, Device Twin, Telemetry, Direct method, Cloud-to-device message, Module Identity tabs.

  • デバイス ID の情報は、 [デバイス ID] タブで表示および更新できます。You can view and update the device identity information on the Device identity tab.
  • デバイス ツインの情報には、 [デバイス ツイン] タブでアクセスできます。You can access the device twin information on the Device Twin tab.
  • デバイスが接続されており、データをアクティブに送信している場合には、 [テレメトリ] タブで テレメトリを表示できます。If a device is connected and actively sending data, you can view the telemetry on the Telemetry tab.
  • [ダイレクト メソッド] タブで、デバイス上で ダイレクト メソッドを呼び出すことができます。You can call a direct method on the device on the Direct method tab.
  • [cloud-to-device メッセージ] タブで cloud-to-device メッセージを送信できます。You can send a cloud-to-device message on the Cloud-to-device messages tab.
  • モジュール ツイン情報にアクセスできます。You can access the module twin information.

IoT プラグ アンド プレイ コンポーネントIoT Plug and Play components

デバイスが モデル ID を使用してハブに接続されている場合、ツールに [IoT Plug and Play components](IoT プラグ アンド プレイ コンポーネント) タブが表示され、モデル ID を確認できます。If the device is connected to the hub using a Model ID, the tool shows the IoT Plug and Play components tab where you can see the Model ID.

構成されているソース (パブリック リポジトリまたはローカル フォルダー) のいずれかに モデル ID がある場合は、コンポーネントの一覧が表示されます。If the Model ID is available in one of the configured sources - Public Repo or Local Folder, the list of components is displayed. コンポーネントを選択すると、使用可能なプロパティ、コマンド、およびテレメトリが表示されます。Selecting a component shows the properties, commands, and telemetry available.

[コンポーネント] ページでは、読み取り専用のプロパティの表示、書き込み可能なプロパティの更新、コマンドの呼び出し、およびこのコンポーネントによって生成されるテレメトリ メッセージの表示を行うことができます。On the Component page, you can view the read-only properties, update writable properties, invoke commands, and see the telemetry messages produced by this component.

Azure IoT エクスプローラーでのコンポーネントの表示

PropertiesProperties

Azure IoT エクスプローラーでのプロパティの表示

[Properties (read-only)](プロパティ (読み取り専用)) タブでは、インターフェイスで定義されている読み取り専用プロパティを表示できます。 [Properties (writable)](プロパティ (書き込み可能)) タブでは、インターフェイスで定義されている書き込み可能なプロパティを更新できます。You can view the read-only properties defined in an interface on the Properties (read-only) tab. You can update the writable properties defined in an interface on the Properties (writable) tab:

  1. [Properties (writable)](プロパティ (書き込み可能)) タブに移動します。Go to the Properties (writable) tab.
  2. 更新するプロパティをクリックします。Click the property you'd like to update.
  3. プロパティの新しい値を入力します。Enter the new value for the property.
  4. デバイスに送信されるペイロードをプレビューします。Preview the payload to be sent to the device.
  5. 変更を送信します。Submit the change.

変更を送信した後には、更新の状態を追跡できます ( [synching](同期中)[成功] 、または [エラー] )。After you submit a change, you can track the update status: synching, success, or error. 同期が完了すると、 [Reported Property](reported プロパティ) 列にプロパティの新しい値が表示されます。When the synching is complete, you see the new value of your property in the Reported Property column. 同期が完了する前に他のページに移動しても、更新が完了した時点で完了を知らせる通知がツールから届きます。If you navigate to other pages before the synching completes, the tool still notifies you when the update is complete. ツールの通知センターを使用して、通知履歴を確認することもできます。You can also use the tool's notification center to see the notification history.

コマンドCommands

デバイスにコマンドを送信するには、 [コマンド] タブに移動します。To send a command to a device, go to the Commands tab:

  1. コマンドの一覧で、トリガーするコマンドを展開します。In the list of commands, expand the command you want to trigger.
  2. コマンドに必要な値を入力します。Enter any required values for the command.
  3. デバイスに送信されるペイロードをプレビューします。Preview the payload to be sent to the device.
  4. コマンドを送信します。Submit the command.

テレメトリTelemetry

選択したインターフェイスのテレメトリを表示するには、その [テレメトリ] タブにアクセスします。To view the telemetry for the selected interface, go to its Telemetry tab.

既知の問題Known Issues

ツールの最新バージョンでサポートされている IoT 機能の一覧については、機能一覧をご覧ください。For a list of the IoT features supported by the latest version of the tool, see Feature list.

次のステップNext steps

このハウツー記事では、Azure IoT エクスプローラーをインストールして使用し、IoT プラグ アンド プレイ デバイスと対話する方法について学習しました。In this how-to article, you learned how to install and use Azure IoT explorer to interact with your IoT Plug and Play devices. 推奨される次の手順は、DTDL 作成ツールをインストールして使用する方法を学習することです。A suggested next step is to learn how to Install and use the DTDL authoring tools.