ロジック アプリでデータを処理するための初めてのワークフローの自動化Automate your first workflow to process data with a logic app

組織のシステムとサービスをより迅速に統合するために、Azure Logic Apps でワークフローとビジネス プロセスを自動化できます。To integrate systems and services more quickly for your organization, you can automate workflows and business processes with Azure Logic Apps. このクイックスタートでは、ロジック アプリを作成することで、自動化されたワークフローを簡単に構築および実行する方法を紹介します。This quickstart introduces how easily you can build and run an automated workflow by creating a logic app. サンプル アプリでは、Web サイトの RSS フィードで新しい項目がないか確認し、各項目に対して電子メールを送信するワークフローを自動化する方法を示します。The example app shows how to automate a workflow that checks a website RSS feed for new items and sends email for each item.

このサンプル ロジック アプリでは、次の例のような電子メールを送信します。This sample logic app sends an email like this example:

新しい RSS フィード項目について送信された電子メール

構築するロジック アプリ ワークフローの概要は次のとおりです。And here is the high-level logic app workflow that you build:

概要 - ロジック アプリの例

このクイックスタートでは、次の方法について説明します。In this quickstart, you learn how to:

  • 空のロジック アプリを作成します。Create a blank logic app.
  • RSS フィードに新しい項目が表示されたときにワークフローを開始するトリガーを追加します。Add a trigger to start the workflow when a new item appears in the RSS feed.
  • その RSS フィード項目の詳細が記載された電子メールを送信するアクションを追加します。Add an action to send email with details about the RSS feed item.
  • ロジック アプリ ワークフローを実行します。Run your logic app workflow.

Azure サブスクリプションがない場合は、始める前に無料の Azure アカウントにサインアップしてください。If you don't have an Azure subscription, sign up for a free Azure account before you begin.

前提条件Prerequisites

  • 通知を送信するための、Azure Logic Apps でサポートされている任意の電子メール プロバイダーの電子メール アカウント。An email account from any email provider that's supported by Azure Logic Apps for sending notifications. たとえば、Office 365 Outlook、Outlook.com、または Gmail を使用できます。For example, you can use Office 365 Outlook, Outlook.com, or Gmail. サポートされているその他の電子メール コネクタについては、コネクタの一覧を確認してください。For other supported email connectors, review the connectors list. このクイックスタートでは、Office 365 Outlook を使用します。This quickstart uses Office 365 Outlook.

    ヒント

    個人用の Microsoft アカウントを取得している場合は、Outlook.com アカウントがあります。If you have a personal Microsoft account, you have an Outlook.com account. それ以外で Azure の職場または学校アカウントを取得している場合は、Office 365 Outlook アカウントがあります。Otherwise, if you have an Azure work or school account, you have an Office 365 Outlook account.

  • Web サイトの RSS フィードへのリンク。A link to a website's RSS feed. この例では、Reuters Web サイトのトップ記事の RSS フィード (http://feeds.reuters.com/reuters/topNews) を使用します。This example uses the RSS feed for top stories from the Reuters website: http://feeds.reuters.com/reuters/topNews

このクイックスタートではコードを記述する必要はありませんが、Logic Apps ではコードを使用する他のシナリオもサポートされています (たとえば、Azure Functions でロジック アプリから独自のコードを実行するなど)。This quickstart doesn't require writing code, but Logic Apps supports other scenarios that use code, for example, running your own code from a logic app with Azure Functions.

空のロジック アプリを作成するCreate a blank logic app

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. Azure のメイン メニューで、[新規] > [Enterprise Integration](エンタープライズ統合) > [Logic App](ロジック アプリ) の順に選択します。From the main Azure menu, choose New > Enterprise Integration > Logic App.

    Azure Portal、[新規]、[Enterprise Integration]、[Logic App]

  3. 次の図の下にある表の設定を使用して、ロジック アプリを作成します。Create your logic app with the settings in the table under this image:

    ロジック アプリの詳細を指定する

    設定Setting 推奨値Suggested value DescriptionDescription
    名前Name <ロジック アプリ名>your-logic-app-name 一意のロジック アプリ名を指定します。Provide a unique logic app name.
    サブスクリプションSubscription <Azure サブスクリプション名>your-Azure-subscription-name 使用する Azure サブスクリプションを選択します。Select the Azure subscription that you want to use.
    [リソース グループ]Resource group <Azure リソース グループ名>your-Azure-resource-group-name このロジック アプリ用の Azure リソース グループを作成し、このアプリに関連するすべてのリソースを整理します。Create an Azure resource group for this logic app and to organize all resources associated with this app.
    場所Location <Azure データセンターのリージョン>your-Azure-datacenter-region ロジック アプリをデプロイするデータセンターのリージョンを選びます (たとえば米国西部)。Select the datacenter region for deploying your logic app, for example, West US.
    Log AnalyticsLog Analytics オフOff ロジック アプリの診断ログは有効にしますが、このクイックスタートではオフの設定のままにします。Turn on diagnostic logging for your logic app, but for this quickstart, keep the Off setting.
  4. 準備ができたら、[ダッシュボードにピン留めする] を選択します。When you're ready, select Pin to dashboard. そうすることで、ロジック アプリがデプロイ後に Azure ダッシュボードに自動的に表示され、開かれます。That way, your logic app automatically appears on your Azure dashboard and opens after deployment. [作成]を選択します。Choose Create.

    注意

    ロジック アプリをピン留めしない場合、作業を続けるには、デプロイ後にロジック アプリを手動で探して開く必要があります。If you don't want to pin your logic app, you must manually find and open your logic app after deployment so you can continue.

    ロジック アプリのデプロイ後、Logic Apps デザイナーが開かれ、紹介ビデオのあるページが表示されます。After Azure deploys your logic app, the Logic Apps Designer opens and shows a page with an introduction video. ビデオの下に、一般的なロジック アプリのパターンのテンプレートがあります。Under the video, you can find templates for common logic app patterns. このクイックスタートでは、ロジック アプリをゼロから構築します。This quickstart builds your logic app from scratch.

  5. 紹介ビデオおよび一般的なトリガーの下までスクロールします。Scroll past the introduction video and common triggers. [テンプレート][空のロジック アプリ] を選択します。Under Templates, choose Blank Logic App.

    空のロジック アプリ テンプレートを選択する

    Logic Apps デザイナーには、使用可能なコネクタとそのトリガーが表示されています。これらは、ロジック アプリ ワークフローを開始するために使用します。The Logic Apps Designer shows you available connectors and their triggers, which are used to start logic app workflows.

    ロジック アプリのトリガー

新しい項目を検出するトリガーを追加するAdd a trigger to detect new items

すべてのロジック アプリ ワークフローは、トリガーで開始されます。Every logic app workflow starts with a trigger. トリガーは、特定のイベントが発生した場合か、設定した条件を新しいデータが満たしている場合に起動します。The trigger fires when a specific event happens or when new data meets the condition that you set. トリガーが起動するたびに、Logic Apps エンジンによって、ワークフローを開始および実行するロジック アプリ インスタンスが作成されます。Each time the trigger fires, the Logic Apps engine creates a logic app instance that starts and runs your workflow.

  1. 検索ボックスに、フィルターとして「rss」と入力します。In the search box, enter "rss" as your filter. [RSS - フィード項目が発行される場合] トリガーを選択します。Select this trigger: RSS - When a feed item is published

    [RSS - フィード項目が発行される場合] トリガーを選択する

  2. 監視する RSS フィードのリンクを指定します (例: http://feeds.reuters.com/reuters/topNews)。Provide the link for the RSS feed that you want to monitor, for example, http://feeds.reuters.com/reuters/topNews. 繰り返しの間隔と頻度を設定します。Set the interval and frequency for the recurrence. この例では、5 分ごとにフィードを確認します。This example checks the feed every five minutes.

    RSS フィード、頻度、および間隔を指定してトリガーを設定する

    Logic Apps によって RSS フィードへの接続が作成されます。Logic Apps creates a connection to the RSS feed.

    ヒント

    デザイナーでの表示を簡素化するために、図形の詳細を折りたたんで非表示にすることができます。そのためには、図形のタイトル バーをクリックしてください。To simplify your view in the designer, you can collapse and hide a shape's details - just click inside the shape's title bar.

  3. 作業内容を保存します。Save your work. デザイナーのツール バーで、[保存] を選択します。On the designer toolbar, choose Save.

    ロジック アプリを保存する

    ロジック アプリは現在稼働していますが、RSS フィードをチェックすること以外は何もしていません。Your logic app is now live but doesn't do anything other than check the RSS feed. そこで、トリガーが起動したときに応答するアクションを追加してみましょう。So, let's add an action that responds when the trigger fires.

電子メールを送信するアクションを追加するAdd an action to send email

既にトリガーはあるので、RSS フィードに新しい項目が表示されたときに電子メールを送信するアクションを追加します。Now that you have a trigger, add an action that sends email when a new item appears in the RSS feed. ワークフローは、トリガーの起動後にこのアクションを実行します。Your workflow performs this action after the trigger fires.

  1. Logic Apps デザイナーのトリガーで、[+ 新しいステップ] > [アクションの追加] の順に選択します。In the Logic Apps Designer, under the trigger, choose + New step > Add an action.

    アクションを追加する

    トリガーの起動時にロジック アプリで実行できるアクションがデザイナーに表示されます。The designer shows the actions that your logic app can perform when the trigger fires.

    アクションの一覧から選択する

  2. 検索ボックスに、フィルターとして「send email」と入力します。In the search box, enter "send email" as your filter. 使用する電子メール コネクタを見つけて選択します。Find and select the email connector that you want to use. 次に、コネクタに対して "電子メールの送信" アクションを選択します。Then select the "send email" action for that connector. For example:For example:

    • Azure の職場または学校アカウントには、Office 365 Outlook を選択します。For Azure work or school accounts, select Office 365 Outlook.
    • 個人用 Microsoft アカウントには、Outlook.com を選択します。For personal Microsoft accounts, select Outlook.com.
    • Gmail アカウントには、Gmail を選択します。For Gmail accounts, select Gmail.

    このクイックスタートでは、Office 365 Outlook を使用します。This quickstart uses Office 365 Outlook. 別の電子メール プロバイダーを使用する場合、手順は変わりませんが、UI の表示が異なることがあります。If you use a different email provider, the steps stay the same, but your UI might appear different.

    [Office 365 Outlook - 電子メールの送信] アクションを選択する

  3. 資格情報の入力を求められたら、該当する電子メール アカウントのユーザー名とパスワードを使ってサインインします。When you're prompted for credentials, sign in with the username and password for your email account.

    Logic Apps によって電子メール アカウントへの接続が作成されます。Logic Apps creates a connection to your email account.

  4. ここで、電子メールに含めるデータを指定します。Now specify the data that you want to include in the email.

    1. [宛先] ボックスに、受信者の電子メール アドレスを入力します。In the To box, enter the recipient's email address. テスト目的で自分の電子メール アドレスを使用できます。For testing purposes, you can use your own email address.

    2. [件名] ボックスに、電子メールの件名を入力します。In the Subject box, enter the email subject. この例では、次のように、「New RSS item: 」と入力します。For this example, enter "New RSS item: " as shown:

      電子メールの件名を入力する

      編集ボックス内をクリックすると、動的なコンテンツを追加するための一覧が表示され、アクションに追加可能なデータ フィールドを選択できるようになります。When you click inside the edit box, the Add dynamic content list opens so that you can select available data fields to include in your action. 動的コンテンツの一覧が表示されない場合は、各編集ボックスの下で [動的なコンテンツの追加] を選択します。If the dynamic content list doesn't open, under the respective edit box, choose Add dynamic content.

    3. [動的なコンテンツの追加] の一覧で、[フィード タイトル] を選択します。これで、項目のタイトルが電子メールに追加されます。From the Add dynamic content list, select Feed title, which includes the item's title in the email.

      電子メールの件名を入力する

      操作を終了すると、電子メールの件名は、次の例のようになります。When you're done, the email subject looks like this example:

      追加されたフィード タイトル

      注意

      categories-item など、配列が格納されているフィールドを選択すると、そのフィールドを参照するアクションに "For each" ループが自動的に追加されます。If you happen to select a field that contains an array, such as categories-item, the designer automatically adds a "For each" loop around the action that references that field. こうすることで、ロジック アプリは、そのアクションを各配列項目に対して実行できます。That way, your logic app can perform that action on each array item.

      ループを削除するには、ループのタイトル バーで省略記号 (...) を選択し、[削除] を選択します。To remove the loop, choose the ellipses (...) on the loop's title bar, then choose Delete.

    4. [本文] ボックスに、電子メールの本文の内容を入力します。In the Body box, enter the content for the email body. この例では、次のテキストを入力し、次のフィールドを選択します。For this example, enter this text and select these fields:

      電子メールの本文の内容を追加する

      フィールドField 説明Description
      フィード タイトルFeed title 項目のタイトルが表示されます。Show the item's title.
      フィードの公開日付Feed published on 項目の公開日時が表示されます。Show the item's publish date and time.
      プライマリ フィード リンクPrimary feed link 項目の URL が表示されます。Show the URL for the item.

      ヒント

      編集ボックスで空白行を追加するには、Shift + Enter キーを押します。To add blank lines in an edit box, press Shift + Enter.

  5. 作業内容を保存します。Save your work. デザイナーのツール バーで、[保存] を選択します。On the designer toolbar, choose Save.

    完成したロジック アプリ

ロジック アプリ ワークフローを実行するRun your logic app workflow

ロジック アプリを手動で開始するには、デザイナーのツール バーで [実行] を選択します。To manually start your logic app, on the designer toolbar bar, choose Run. または、設定したスケジュールでロジック アプリが実行されるまで待つこともできます。Otherwise, you can wait for your logic app to run on the schedule that you set up.

ロジック アプリを実行する

RSS フィードに新しい項目がある場合、ロジック アプリは新しい項目ごとに電子メールを送信します。If the RSS feed has new items, your logic app sends an email for each new item. たとえば、このロジック アプリは、次のような Outlook 電子メールを送信します。For example, here is a sample Outlook email that this logic app sends:

新しい RSS フィード項目について送信された電子メール

フィードに新しい項目がなかった場合、ロジック アプリは電子メールを送信する手順をスキップし、次の機会を待ってからもう一度項目を確認します。If the feed doesn't have new items, your logic app skips the step that sends email and waits for the next interval before checking again.

ヒント

電子メールが届かない場合は、迷惑メール フォルダーを確認してください。If you don't get any emails, check your junk email folder. また、ロジック アプリが正しく動作しているかどうかわからない場合は、ロジック アプリのトラブルシューティングに関するページを参照してください。Otherwise, if you're unsure that your logic app ran correctly, see Troubleshoot your logic app.

これで、初めてのロジック アプリを作成し、実行することができました。Congratulations, you've now created and run your first logic app. このクイックスタートでは、システムとサービスを統合するための自動化ワークフローを簡単かつ迅速に作成できることを説明しました。This quickstart showed how easily and quickly you can create automated workflows for integrating systems and services.

リソースのクリーンアップClean up resources

ロジック アプリは、アプリを無効にしたり削除したりするまで稼働し続け、Azure サブスクリプションに対する課金が発生する可能性があります。Your logic app continues running and possibly incurring charges on your Azure subscription until you turn off or delete your app. また、ロジック アプリのために接続を作成すると、ロジック アプリを削除した後も、それらの接続はそのまま残ります。Also, when you create connections for your logic app, those connections remain, even after you delete your logic app.

完了後は、料金を発生させたくないリソースや残したくないリソースは、必ず無効にするか削除してください。When you're done, make sure that you disable or delete any resources where you don't want to incur charges or don't want to keep. このクイックスタート用に作成したすべてのリソースを削除するには、このロジック アプリ用に作成した Azure リソース グループを削除します。To delete all resources that you created for this quickstart, delete the Azure resource group that you created for this logic app.

Delete resource groupDelete resource group

ロジック アプリに関連するものを何も残したくない場合は、このクイックスタート用に作成したリソース グループと、関連するすべてのリソースを削除してください。If you don't want to keep anything related to your logic app, delete the resource group that you created for this quickstart and all related resources. 詳細については、Azure リソース グループの管理方法に関するページを参照してください。Learn more about how to manage Azure resource groups.

  1. Azure メニューで [リソース グループ] を選択します。On the Azure menu, choose Resource groups.

  2. 削除するリソース グループを選択します。Choose the resource group that you want to delete. リソース グループのメニューで、[概要] を選択します (まだ選択されていない場合)。On the resource group menu, choose Overview, if not already selected.

  3. 削除するグループ内のすべてのリソースを確認します。Review all the resources in the group that you want to delete. 準備ができたら、リソース グループのツール バーで [リソース グループの削除] を選択します。When you're ready, choose Delete resource group on the resource group toolbar.

ロジック アプリを無効にするTurn off logic app

作業内容を削除することなくロジック アプリの実行を停止するには、アプリを無効にします。To stop running your logic app without deleting your work, disable your app.

ロジック アプリのメニューで、[概要] を選択します。On your logic app menu, choose Overview. ツール バーで、[無効にする] を選択します。On the toolbar, choose Disable.

ロジック アプリをオフにする

ヒント

ロジック アプリのメニューが表示されない場合は、Azure ダッシュボードに戻り、ロジック アプリを開き直してください。If you don't see the logic app menu, try returning to the Azure dashboard, and reopen your logic app.

ロジック アプリを削除するDelete logic app

ロジック アプリだけを削除し、作成した接続のような他のすべての関連リソースは保持することができます。You can delete just your logic app, but keep all other related resources, like the connections that you created.

  1. ロジック アプリのメニューで、[概要] を選択します。On the logic app menu, choose Overview. ツール バーで、[削除] を選択します。On the toolbar, choose Delete.

    ロジック アプリを削除する

    ヒント

    ロジック アプリのメニューが表示されない場合は、Azure ダッシュボードに戻り、ロジック アプリを開き直してください。If you don't see the logic app menu, try returning to the Azure dashboard, and reopen your logic app.

  2. ロジック アプリを削除することに同意し、[削除] を選択します。Confirm that you want to delete your logic app, then choose Delete.

サポートを受けるGet support

次のステップNext steps