Azure Logic Apps の価格モデルPricing model for Azure Logic Apps

Azure Logic Apps を使用して、スケーリング可能な自動化された統合ワークフローをクラウドに作成して実行できます。Azure Logic Apps helps you create and run automated integration workflows that can scale in the cloud. この記事では、Azure Logic Apps の課金と価格のしくみについて説明します。This article describes how billing and pricing work for Azure Logic Apps. 価格については、「Logic Apps の価格」を参照してください。For pricing rates, see Logic Apps Pricing.

従量課金モデルConsumption pricing model

パブリック ("グローバル") な Azure Logic Apps サービスで実行される新しいロジック アプリの場合は、使用分についてのみ課金されます。For new logic apps that run in the public or "global" Azure Logic Apps service, you pay only for what you use. これらのロジック アプリでは、従量制のプランと価格モデルが使用されます。These logic apps use a consumption-based plan and pricing model. ロジック アプリでは、各ステップがアクションになります。Azure Logic Apps によって、ロジック アプリで実行されるすべてのアクションが測定されます。In your logic app, each step is an action, and Azure Logic Apps meters all the actions that run in your logic app.

たとえば、アクションには以下が含まれます。For example, actions include:

  • トリガー。これは特別なアクションです。Triggers, which are special actions. すべてのロジック アプリには、最初のステップとしてトリガーが必要です。All logic apps require a trigger as the first step.
  • HTTP などの "組み込み" (ネイティブ) アクションや、Azure Functions と API Management の呼び出しなど。"Built-in" or native actions such as HTTP, calls to Azure Functions and API Management, and so on
  • Outlook 365 や Dropbox などのマネージド コネクタの呼び出し。Calls to managed connectors such as Outlook 365, Dropbox, and so on
  • ループや条件付きステートメントなどの制御フローのステップ。Control flow steps, such as loops, conditional statements, and so on

標準コネクタは、標準コネクタの価格で課金されます。Standard connectors are charged at the Standard connector price. 一般公開されているエンタープライズ コネクタエンタープライズ コネクタの価格で課金され、パブリック プレビュー エンタープライズ コネクタは標準コネクタの価格で課金されます。Generally available Enterprise connectors are charged at the Enterprise connector price, while public preview Enterprise connectors are charged at the Standard connector price.

トリガーアクションに対する課金のしくみの詳細を参照してください。Learn more about how billing works for triggers and actions.

固定価格モデルFixed pricing model

"統合サービス環境 (ISE)" には、Azure 仮想ネットワーク内のリソースにアクセスできるロジック アプリを作成して実行するための、プライベートな分離された専用の方法が用意されています。An integration service environment (ISE) provides a private, isolated, and dedicated way for you to create and run logic apps that can access resources in an Azure virtual network. ISE 内で実行される新しいロジック アプリでは、次の機能に対して、固定の月額料金を支払います。For new logic apps that run inside an ISE, you pay a fixed monthly price for these capabilities:

  • 組み込みのトリガーとアクションBuilt-in triggers and actions

  • 標準コネクタStandard connectors

  • 必要な数の接続があるエンタープライズ コネクタEnterprise connectors with as many connections as you want

  • 追加コストなしの統合アカウント。お使いの ISE SKU に基づきます。Integration account usage at no additional cost, based on your ISE SKU:

    各 ISE SKU の統合アカウントは、合計で 5 つに制限されています。Each ISE SKU is limited to 5 total integration accounts. コストを追加することで、ISE SKU に基づいて、さらに多くの統合アカウントを作成できます。For an additional cost, you can have more integration accounts, based on your ISE SKU:

    • Premium SKU:最大 4 つの追加の Standard アカウント。Premium SKU: Up to four more Standard accounts. 無料または Basic アカウントはありません。No Free or Basic accounts.

    • Developer SKU:最大 4 つの追加の Standard アカウント、または合計で最大 5 つの標準 Standard アカウント。Developer SKU: Either up to 4 more Standard accounts, or up to 5 total Standard accounts. Basic アカウントはありません。No Basic accounts.

統合アカウントの制限については、「Logic Apps の制限と構成」をご覧ください。For more information about integration account limits, see Logic Apps limits and configuration. このトピックで後述する統合アカウントのレベルとそれらの価格モデルで詳細を確認できます。You can learn more about integration account tiers and their pricing model later in this topic.

Premium ISE SKU では、基本単位の容量は固定されているため、さらにスループットが必要な場合は、作成中または作成後にスケール ユニットを追加できます。For the Premium ISE SKU, the base unit has fixed capacity, so if you need more throughput, you can add more scale units, either during creation or afterwards. Developer ISE SKU には、スケール ユニットを追加する機能はありません。The Developer ISE SKU doesn't have the capability to add more scale units. ISE で実行するロジック アプリでは、データ保持のコストはかかりません。Logic apps that run in an ISE don't incur data retention costs.

注意

ISE 内で、組み込みのトリガーとアクションは Core というラベルを表示し、ロジック アプリと同じ ISE で実行されます。Within an ISE, built-in triggers and actions display the Core label and run in the same ISE as your logic apps. ISE というラベルが表示される標準およびエンタープライズ コネクタは、ロジック アプリと同じ ISE で実行されます。Standard and Enterprise connectors that display the ISE label run in the same ISE as your logic apps. ISE というラベルが表示されないコネクタは、グローバルな Logic Apps サービスで実行されます。Connectors that don't display the ISE label run in the global Logic Apps service.

価格については、「Logic Apps の価格」を参照してください。For pricing rates, see Logic Apps pricing.

ConnectorsConnectors

Azure Logic Apps のコネクタを使用すると、ご自身のロジック アプリにトリガーアクション、または両方を用意することで、クラウドまたはオンプレミスのアプリ、サービス、およびシステムにアクセスできます。Azure Logic Apps connectors help your logic app access apps, services, and systems in the cloud or on premises by providing triggers, actions, or both. コネクタは、標準またはエンタープライズのいずれかとして分類されます。Connectors are classified as either Standard or Enterprise. これらの接続の概要については、「Azure Logic Apps のコネクタ」を参照してください。For an overview about these connectors, see Connectors for Azure Logic Apps. ロジック アプリで使用する REST API 用の事前構築済みコネクタが利用できない場合、これらの REST API の単なるラッパーであるカスタム コネクタを作成できます。If no prebuilt connectors are available for the REST APIs that you want to use in your logic apps, you can create custom connectors, which are just wrappers around those REST APIs. カスタム コネクタは標準コネクタとして課金されます。Custom connectors are billed as Standard connectors. 以下のセクションで、トリガーとアクションの課金のしくみについて詳しく説明します。The following sections provide more information about how billing for triggers and actions work.

トリガーTriggers

トリガーは、特定のイベントが発生したときに、ロジック アプリ インスタンスを作成する特別なアクションです。Triggers are special actions that create a logic app instance when a specific event happens. トリガーにはさまざまな動作があり、それによってロジック アプリの課金方法が変わります。Triggers act in different ways, which affect how the logic app is metered. Azure Logic Apps 内に存在するさまざまな種類のトリガーを次に示します。Here are the various kinds of triggers that exist in Azure Logic Apps:

  • ポーリング トリガー:このトリガーは、ロジック アプリ インスタンスを作成してワークフローを開始する条件を満たすメッセージの有無について、継続的にエンドポイントをチェックします。Polling trigger: This trigger continually checks an endpoint for messages that satisfy the criteria for creating a logic app instance and starting the workflow. ロジック アプリ インスタンスが作成されていない場合でも、Logic Apps は各ポーリング要求を実行として課金します。Even when no logic app instance gets created, Logic Apps meters each polling request as an execution. ポーリング間隔を指定するには、ロジック アプリ デザイナーを使用してトリガーを設定します。To specify the polling interval, set up the trigger through the Logic App Designer.

    より正確な使用コストを見積もるには、ポーリング間隔にのみ基づいて計算するのではなく、それぞれの日に到着する可能性のあるメッセージまたはイベントの数を考慮します。To estimate more accurate consumption costs, consider the possible number of messages or events that might arrive on any given day, rather than base your calculations on only the polling interval. イベントまたはメッセージがトリガー条件を満たしている場合、多くのトリガーは、条件を満たす任意のすべての他の待機イベントまたはメッセージを直ちに読み取ろうとします。When an event or message meets the trigger criteria, many triggers immediately try to read any and all other waiting events or messages that meet the criteria. この動作は、長いポーリング間隔を選択した場合でも、ワークフロー開始の対象となる待機イベントまたはメッセージの数に基づいてトリガーが起動することを意味します。This behavior means that even when you select a longer polling interval, the trigger fires based on the number of waiting events or messages that qualify for starting workflows. この動作に続くトリガーには、Azure Service Bus、Azure Event Hub などがあります。Triggers that follow this behavior include Azure Service Bus and Azure Event Hub.

    したがって、たとえば、毎日エンドポイントをチェックするトリガーを設定したとします。So, for example, suppose you set up trigger that checks an endpoint every day. トリガーはエンドポイントを確認し、条件を満たす 15 のイベントを検出した場合、トリガーが起動し、対応するワークフローを 15 回実行します。When the trigger checks the endpoint and finds 15 events that meet the criteria, the trigger fires and runs the corresponding workflow 15 times. Logic Apps によって、これらの 15 のワークフローによって実行されるすべてのアクションを、ワークフローを実行するすべてのアクションが測定されます。Logic Apps meters all the actions that those 15 workflows perform, including the trigger requests. 潜在的なコストを計算するには、Azure 料金計算ツールをお試しください。To calculate your potential costs, try the Azure pricing calculator.

  • Webhook トリガー:このトリガーは、クライアントが特定のエンドポイントに要求を送信するまで待機します。Webhook trigger: This trigger waits for a client to send a request to a specific endpoint. Webhook のエンドポイントに送信された個々の要求がアクションの実行としてカウントされます。Each request sent to the webhook endpoint counts as an action execution. たとえば、要求 Webhook トリガーと HTTP Webhook トリガーはどちらも Webhook トリガーです。For example, the Request and HTTP Webhook trigger are both webhook triggers.

  • 繰り返しトリガー:このトリガーは、トリガー内に設定された繰り返し間隔に基づいてロジック アプリ インスタンスを作成します。Recurrence trigger: This trigger creates a logic app instance based on the recurrence interval that you set up in the trigger. たとえば、3 日ごとに実行されるトリガーや、より複雑なスケジュールで実行されるトリガーを設定できます。For example, you can set up a Recurrence trigger that runs every three days or on a more complex schedule.

ActionsActions

Logic Apps では、HTTP などの "組み込み" アクションはネイティブ アクションとして課金されます。Azure Logic Apps meters "built-in" actions, such as HTTP, as native actions. たとえば、組み込みアクションには、HTTP 呼び出し、Azure Functions または API Management からの呼び出し、Condition、Loop、Switch ステートメントなどの制御フローのステップが含まれます。For example, built-in actions include HTTP calls, calls from Azure Functions or API Management, and control flow steps such as conditions, loops, and switch statements. 各アクションには、独自のアクションの種類があります。Each action has their own action type. たとえば、コネクタを呼び出すアクションの種類は "ApiConnection" です。For example, actions that call connectors have the "ApiConnection" type. これらのコネクタは、標準コネクタまたはエンタープライズ コネクタのいずれかに分類され、該当する価格に基づいて課金されます。These connectors are classified as Standard or Enterprise connectors, which are metered based on their respective pricing. "プレビュー" 段階のエンタープライズ コネクタは、標準コネクタとして課金されます。Enterprise connectors in Preview are charged as Standard connectors.

Azure Logic Apps では、すべての成功したアクションと失敗したアクションが実行として課金されます。Azure Logic Apps meters all successful and unsuccessful actions as executions. ただし、Logic Apps では、次のアクションは課金されません。However, Logic Apps doesn't meter these actions:

  • 条件が満たされていないためスキップされたアクションActions that get skipped due to unmet conditions
  • 終了前にロジック アプリが停止したために実行されなかったアクションActions that don't run because the logic app stopped before finishing

ループ内で実行されるアクションについては、Azure Logic Apps では、ループ内のサイクルごとに各アクションがカウントされます。For actions that run inside loops, Azure Logic Apps counts each action for each cycle in the loop. たとえば、リストを処理する "for each" ループがあるものとします。For example, suppose you have a "for each" loop that processes a list. この場合は、リスト項目の数にループ内のアクションの数を乗算したものに、ループを開始するアクションを追加した合計のアクション数に対して課金されます。Logic Apps meters an action in that loop by multiplying the number of list items with the number of actions in the loop, and adds the action that starts the loop. したがって、10 項目のリストの場合の計算は (10 * 1) + 1 になり、結果は 11 個のアクション実行になります。So, the calculation for a 10-item list is (10 * 1) + 1, which results in 11 action executions.

無効なロジック アプリDisabled logic apps

無効なロジック アプリは新しいインスタンスを作成できないため、無効になっている間は課金されません。Disabled logic apps aren't charged because they can't create new instances while they're disabled. ロジック アプリを無効にした場合、現在実行中のインスタンスが完全に停止するまで少し時間がかかることがあります。After you disable a logic app, any currently running instances might take some time before they completely stop.

統合アカウントIntegration accounts

Azure Logic Apps の B2B および EDI 機能XML 処理機能を追加コストなしで調査、開発、およびテストできる統合アカウントには、固定価格モデルが適用されます。A fixed pricing model applies to integration accounts where you can explore, develop, and test the B2B and EDI and XML processing features in Azure Logic Apps at no additional cost. 各 Azure サブスクリプションでは、特定の統合アカウントの制限まで、統合アカウントを持つことができます。Each Azure subscription can have up to a specific limit of integration accounts. 各統合アカウントでは、特定の成果物の制限まで、成果物 (取引先、契約、マップ、スキーマ、アセンブリ、証明書、バッチ構成など) を格納できます。Each integration account can store up to specific limit of artifacts, which include trading partners, agreements, maps, schemas, assemblies, certificates, batch configurations, and so on.

Azure Logic Apps には、Free、Basic、Standard の統合アカウントが用意されています。Azure Logic Apps offers Free, Basic, and Standard integration accounts. Basic および Standard レベルは、Logic Apps サービス レベル アグリーメント (SLA) によってサポートされますが、Free レベルは SLA でサポートされず、スループットと使用に制限があります。The Basic and Standard tiers are supported by the Logic Apps service-level agreement (SLA), while the Free tier is not supported by an SLA and has limits on throughput and usage. Free レベルの統合アカウントを除いて、各 Azure リージョンで複数の統合アカウントを持つことができます。Except for Free tier integration accounts, you can have more than one integration account in each Azure region. 価格については、「Logic Apps の価格」を参照してください。For pricing rates, see Logic Apps pricing.

Premium または Developer のいずれかの "統合サービス環境" (ISE) がある場合は、お使いの ISE で合計 5 つの統合アカウントを持つことができます。If you have an integration service environment (ISE), either Premium or Developer, your ISE can have 5 total integration accounts. ISE での固定価格モデルのしくみについては、このトピックの「固定価格モデル」セクションを参照してください。To learn how the fixed pricing model works for an ISE, see the previous Fixed pricing model section in this topic. 価格については、「Logic Apps の価格」を参照してください。For pricing rates, see Logic Apps pricing.

Free、Basic、または Standard の統合アカウントから選択するには、次のユース ケースの説明を確認してください。To choose between a Free, Basic, or Standard integration account, review these use case descriptions:

  • Free:運用シナリオではなく、調査シナリオを試す場合。Free: For when you want to try exploratory scenarios, not production scenarios

  • Basic:メッセージの処理のみを必要とする場合、または大規模なビジネス エンティティと取引パートナー関係がある小規模なビジネス パートナーとして機能する場合。Basic: For when you want only message handling or to act as a small business partner that has a trading partner relationship with a larger business entity

  • Standard:より複雑な B2B 関係があり、管理する必要があるエンティティの数が増えている場合。Standard: For when you have more complex B2B relationships and increased numbers of entities that you must manage

データの保持Data retention

統合サービス環境 (ISE) で実行されるロジック アプリを除き、ロジック アプリの実行保有期間に基づいて、ご利用のロジック アプリの実行履歴に格納されるすべての入力と出力に課金されます。Except for logic apps that run in an integration service environment (ISE), all the inputs and outputs that are stored in your logic app's run history get billed based on a logic app's run retention period. ISE で実行するロジック アプリでは、データ保持のコストはかかりません。Logic apps that run in an ISE don't incur data retention costs. 価格については、「Logic Apps の価格」を参照してください。For pricing rates, see Logic Apps pricing.

ご自身のロジック アプリのストレージ消費量を監視するために、以下を実行できます。To help you monitor your logic app's storage consumption, you can:

  • ロジック アプリで毎月使用されているストレージ ユニットの数 (GB 単位) を表示します。View the number of storage units in GB that your logic app uses monthly.
  • ロジック アプリの実行履歴内の特定のアクションの入力と出力のサイズを表示します。View the sizes for a specific action's inputs and outputs in your logic app's run history.

ロジック アプリのストレージ消費量を表示するView logic app storage consumption

  1. Azure Portal で、ご利用のロジック アプリを探して選択します。In the Azure portal, find and open your logic app.

  2. ロジック アプリのメニューで、 [監視] から [メトリック] を選択します。From your logic app's menu, under Monitoring, select Metrics.

  3. 右側のウィンドウで、 [グラフのタイトル] の下の [メトリック] の一覧から [ストレージ使用実行の利用状況に応じた課金] を選択します。In the right-hand pane, under Chart Title, from the Metric list, select Billing Usage for Storage Consumption Executions.

    このメトリックでは、請求対象となる 1 か月あたりのストレージ消費ユニットの数 (GB 単位) が示されます。This metric gives you the number of storage consumption units in GB per month that are getting billed.

アクションの入力と出力のサイズを表示するView action input and output sizes

  1. Azure Portal で、ご利用のロジック アプリを探して選択します。In the Azure portal, find and open your logic app.

  2. ロジック アプリのメニューで、 [概要] を選択します。On your logic app's menu, select Overview.

  3. 右側のウィンドウで、 [実行履歴] から、入力と出力を確認する実行を選択します。In the right-hand pane, under Runs history, select the run that has the inputs and outputs you want to check.

  4. [ロジック アプリの実行] から [実行の詳細] を選択します。Under Logic app run, choose Run Details.

  5. [ロジック アプリの実行の詳細] ウィンドウで、各アクションの状態と持続時間を一覧表示しているアクション テーブルから、表示するアクションを選択します。In the Logic app run details pane, in the actions table, which lists each action's status and duration, select the action you want to view.

  6. [ロジック アプリのアクション] ウィンドウで、それぞれ入力リンク出力リンクの下に表示されるアクションの入力と出力のサイズを探します。In the Logic app action pane, find the sizes for that action's inputs and outputs appear respectively under Inputs link and Outputs link.

次の手順Next steps