Azure Logic Apps と Enterprise Integration Pack で B2B データを受信するReceive B2B data with Azure Logic Apps and Enterprise Integration Pack

パートナーと契約を含む統合アカウントを作成した後、Enterprise Integration Packを使用してロジック アプリの企業間 (B2B) ワークフローを作成できます。After you create an integration account that has partners and agreements, you are ready to create a business to business (B2B) workflow for your logic app with the Enterprise Integration Pack.

前提条件Prerequisites

AS2 と X12 のアクションを使用するには、エンタープライズ統合アカウントが必要です。To use the AS2 and X12 actions, you must have an Enterprise Integration Account. 統合アカウントの概要」を参照してください。Learn how to create an Enterprise Integration Account.

B2B コネクタを使用するロジック アプリを作成するCreate a logic app with B2B connectors

次の手順に従って、AS2 と X12 のアクションを使用して取引先からデータを受信する B2B ロジック アプリを作成します。Follow these steps to create a B2B logic app that uses the AS2 and X12 actions to receive data from a trading partner:

  1. ロジック アプリを作成した後、アプリを統合アカウントにリンクします。Create a logic app, then link your app to your integration account.

  2. ロジック アプリに [Request - When an HTTP request is received (要求 - HTTP 要求を受信したとき)] トリガーを追加します。Add a Request - When an HTTP request is received trigger to your logic app.

  3. AS2 のデコード アクションを追加するには、 [アクションの追加] を選択します。To add the Decode AS2 action, select Add an action.

  4. すべてのアクションから目的のアクションを抽出するには、検索ボックスに「as2」と入力します。To filter all actions to the one that you want, enter the word as2 in the search box.

  5. [AS2 - Decode AS2 message (AS2 - AS2 メッセージのデコード)] アクションを選択します。Select the AS2 - Decode AS2 message action.

  6. 入力として使用する [本文] を追加します。Add the Body that you want to use as input. この例では、ロジック アプリをトリガーする HTTP 要求の本文を選択します。In this example, select the body of the HTTP request that triggers the logic app. または、ヘッダーを入力する式を [ヘッダー] フィールドに入力します。Or enter an expression that inputs the headers in the HEADERS field:

    @triggerOutputs()['headers']@triggerOutputs()['headers']

  7. AS2 で必要な [ヘッダー] を追加します。これは HTTP 要求ヘッダーで見つけることができます。Add the required Headers for AS2, which you can find in the HTTP request headers. この例では、ロジック アプリをトリガーする HTTP 要求のヘッダーを選択します。In this example, select the headers of the HTTP request that trigger the logic app.

  8. 次に、X12 メッセージのデコード アクションを追加します。Now add the Decode X12 message action. [アクションの追加] を選択します。Select Add an action.

  9. すべてのアクションから目的のアクションを抽出するには、検索ボックスに「x12」と入力します。To filter all actions to the one that you want, enter the word x12 in the search box.

  10. [X12 - Decode X12 message (X12 - X12 メッセージのデコード)] アクションを選択します。Select the X12 - Decode X12 message action.

  11. 次に、この操作に対する入力を指定する必要があります。Now you must specify the input to this action. この入力は、前の AS2 アクションからの出力です。This input is the output from the previous AS2 action.

    実際のメッセージの内容は JSON オブジェクトであり、base64 でエンコードされているため、入力として式を指定する必要があります。The actual message content is in a JSON object and is base64 encoded, so you must specify an expression as the input. 次の式を [X12 FLAT FILE MESSAGE TO DECODE (デコードする X12 フラット ファイル メッセージ)] 入力フィールドに入力します。Enter the following expression in the X12 FLAT FILE MESSAGE TO DECODE input field:

    @base64ToString(body('Decode_AS2_message')?['AS2Message']?['Content'])@base64ToString(body('Decode_AS2_message')?['AS2Message']?['Content'])

    次に、取引先から受信した X12 データをデコードし、項目を JSON オブジェクトに出力する手順を追加します。Now add steps to decode the X12 data received from the trading partner and output items in a JSON object. データを受信したことをパートナーに知らせるために、HTTP 応答アクションで AS2 Message Disposition Notification (MDN) を含む応答を返すことができます。To notify the partner that the data was received, you can send back a response containing the AS2 Message Disposition Notification (MDN) in an HTTP Response Action.

  12. [応答] アクションを追加するには、 [アクションの追加] を選択します。To add the Response action, choose Add an action.

  13. すべてのアクションから目的のアクションを抽出するには、検索ボックスに「応答」と入力します。To filter all actions to the one that you want, enter the word response in the search box.

  14. [応答] アクションを選択します。Select the Response action.

  15. [Decode X12 message (X12 メッセージのデコード)] アクションの出力から MDN にアクセスするには、次の式を使用して、応答の [本文] フィールドを設定します。To access the MDN from the output of the Decode X12 message action, set the response BODY field with this expression:

    @base64ToString(body('Decode_AS2_message')?['OutgoingMdn']?['Content'])@base64ToString(body('Decode_AS2_message')?['OutgoingMdn']?['Content'])

  16. 作業内容を保存します。Save your work.

これで、B2B ロジック アプリの設定が完了しましました。You are now done setting up your B2B logic app. 実際のアプリケーションでは、デコードした X12 データを基幹業務 (LOB) アプリやデータストアに保存できます。In a real world application, you might want to store the decoded X12 data in a line-of-business (LOB) app or data store. 独自の LOB アプリに接続してロジック アプリでこれらの API を使用するために、さらにアクションを追加したり、カスタム API を記述したりできます。To connect your own LOB apps and use these APIs in your logic app, you can add further actions or write custom APIs.

機能とユース ケースFeatures and use cases

  • AS2 と X12 のデコード アクションとエンコード アクションにより、ロジック アプリで業界標準のプロトコルを使用して取引先とデータ交換できます。The AS2 and X12 decode and encode actions let you exchange data between trading partners by using industry standard protocols in logic apps.
  • 取引先とのデータ交換は、互いに AS2 と X12 を使用して行うことも、使用しないで行うこともできますTo exchange data with trading partners, you can use AS2 and X12 with or without each other.
  • B2B アクションにより、統合アカウントにパートナーと契約を簡単に作成して、ロジック アプリでこれらを使用できます。The B2B actions help you create partners and agreements easily in your integration account and consume them in a logic app.
  • 他のアクションでロジック アプリを拡張することにより、SalesForce などの他のアプリや サービス間でデータを送受信できます。When you extend your logic app with other actions, you can send and receive data between other apps and services like SalesForce.

詳細情報Learn more

Enterprise Integration Pack についての詳細情報Learn more about the Enterprise Integration Pack