Azure Logic Apps と Enterprise Integration Pack を使用した B2B エンタープライズ統合ソリューションB2B enterprise integration solutions with Azure Logic Apps and Enterprise Integration Pack

組織の間に企業間 (B2B) ソリューションとシームレスな通信を実現するために、Azure Logic Apps で Enterprise Integration Pack (EIP) を使用して、自動化されたスケーラブルなエンタープライズ統合ワークフローを構築することができます。For business-to-business (B2B) solutions and seamless communication between organizations, you can build automated scalable enterprise integration workflows by using the Enterprise Integration Pack (EIP) with Azure Logic Apps. 組織どうしは、異なるプロトコルと形式を使用していても、メッセージを電子的に交換することができます。Although organizations use different protocols and formats, they can exchange messages electronically. 異なる形式は、EIP によって、組織のシステムで処理できる、AS2X12EDIFACT などの業界標準プロトコルをサポートする形式に変換されます。The EIP transforms different formats into a format that your organizations' systems can process and supports industry-standard protocols, including AS2, X12, and EDIFACT. 暗号化とデジタル署名を使用して、メッセージをセキュリティで保護することもできます。You can also secure messages with both encryption and digital signatures. EIP では、これらのエンタープライズ統合コネクタと次の業界標準がサポートされています。The EIP supports these enterprise integration connectors and these industry standards:

  • 電子データ交換 (EDI)Electronic Data Interchange (EDI)
  • Enterprise Application Integration (EAI)Enterprise Application Integration (EAI)

Microsoft BizTalk Server または Azure BizTalk Services を使い慣れている場合、EIP は同様の概念に従っており、機能を簡単に使用できます。If you're familiar with Microsoft BizTalk Server or Azure BizTalk Services, the EIP follows similar concepts, making the features easy to use. ただし、1 つの大きな違いとして、EIP はアーキテクチャ上、B2B 通信で使用されるアーティファクトの格納と管理を簡単にするために、"統合アカウント" に基づいています。However, one major difference is that the EIP is architecturally based on "integration accounts" to simplify the storage and management of artifacts used in B2B communications. これらのアカウントは、パートナー、契約、スキーマ、マップ、証明書などのアーティファクトをすべて格納するクラウド ベースのコンテナーです。These accounts are cloud-based containers that store all your artifacts, such as partners, agreements, schemas, maps, and certificates.

Enterprise Integration Pack を使用する理由Why use the Enterprise Integration Pack?

  • EIP を使用すれば、対象のアーティファクトをすべて 1 か所 (統合アカウント) に格納できます。With the EIP, you can store all your artifacts in one place - your integration account.

  • Azure Logic Apps とコネクタを使用することで、B2B ワークフローを構築し、サード パーティの SaaS (サービスとしてのソフトウェア) アプリ、オンプレミスのアプリ、カスタム アプリと統合できます。You can build B2B workflows and integrate with third-party software-as-service (SaaS) apps, on-premises apps, and custom apps by using Azure Logic Apps and connectors.

  • Azure Functions を使用して、ロジック アプリのカスタム コードを作成できます。You can create custom code for your logic apps with Azure functions.

開始するには?How do I get started?

EIP を使用した B2B ロジック アプリ ワークフローの構築を開始する前に、次の項目が必要です。Before you can start building B2B logic app workflows with the EIP, you need these items:

統合アカウントを作成し、アーティファクトを追加したら、Azure portal でロジック アプリを作成することにより、これらのアーティファクトを使用して B2B ワークフローの構築を開始できます。After you create an integration account and add your artifacts, you can start building B2B workflows with these artifacts by creating a logic app in the Azure portal. ロジック アプリを初めて使用する場合は、基本的なロジック アプリを作成してみてください。If you're new to logic apps, try creating a basic logic app. ただし、これらのアーティファクトを使用するには、統合アカウントとロジック アプリの関連付けを行っておく必要があります。To work with these artifacts, make sure that you first link your integration account to your logic app. その後、ロジック アプリから統合アカウントにアクセスできます。After that, your logic app can access your integration account. また、Visual Studio または PowerShell を使用して、ロジック アプリを作成、管理、デプロイすることもできます。You can also create, manage, and deploy logic apps by using Visual Studio or PowerShell.

B2B ロジック アプリの構築を開始する手順の概要を次に示します。Here are the high-level steps to get started building B2B logic apps:

B2B ロジック アプリを作成するための前提条件

今すぐ試すTry now

AS2 メッセージの送受信を行う完全に動作するサンプル ロジック アプリをデプロイするDeploy a fully operational sample logic app that sends and receives AS2 messages

次の手順Next steps