Azure Logic Apps でデータの操作を実行するPerform data operations in Azure Logic Apps

この記事では、次のようなタスクのアクションを追加することにより、ロジック アプリのデータを操作する方法を示します。This article shows how you can work with data in your logic apps by adding actions for these tasks and more:

  • 配列からテーブルを作成します。Create tables from arrays.
  • 条件に基づいて他の配列から配列を作成します。Create arrays from other arrays based on a condition.
  • JavaScript Object Notation (JSON) オブジェクトのプロパティからわかりやすいトークンを作成し、ワークフローでこれらのプロパティを簡単に使用できるようにします。Create user-friendly tokens from JavaScript Object Notation (JSON) object properties so you can easily use those properties in your workflow.

必要なアクションがここで見つからない場合は、Azure Logic Apps で提供されている多くのデータ操作関数を参照してみてください。If you don't find the action you want here, try browsing the many various data manipulation functions that Azure Logic Apps provides.

使用できるデータ操作をまとめた次の表は、操作が使用するソース データの種類を基に整理されていますが、各説明はアルファベット順になっています。These tables summarize the data operations you can use and are organized based on the source data types that the operations work on, but each description appears alphabetically.

配列アクションArray actions

これらのアクションは、配列内のデータを操作するのに役立ちます。These actions help you work with data in arrays.

アクションAction 説明Description
CSV テーブルの作成Create CSV table 配列からコンマ区切り値 (CSV) テーブルを作成します。Create a comma-separated value (CSV) table from an array.
HTML テーブルの作成Create HTML table 配列から HTML テーブルを作成します。Create an HTML table from an array.
配列のフィルター処理Filter array 指定したフィルターまたは条件に基づいて、配列から配列のサブセットを作成します。Create an array subset from an array based on the specified filter or condition.
結合Join 配列内のすべての項目から 1 つの文字列を作成し、指定した文字で各項目を区切ります。Create a string from all the items in an array and separate each item with the specified character.
選択Select 異なる配列のすべての項目に対して指定されているプロパティから配列を作成します。Create an array from the specified properties for all the items in a different array.

JSON アクションJSON actions

これらのアクションは、JavaScript Object Notation (JSON) 形式のデータを操作するのに役立ちます。These actions help you work with data in JavaScript Object Notation (JSON) format.

アクションAction 説明Description
作成Compose さまざまなデータ型を含むことができる複数の入力からメッセージまたは文字列を作成します。Create a message, or string, from multiple inputs that can have various data types. その後は、同じ入力を繰り返し入力するのではなく、この文字列を 1 つの入力として使用できます。You can then use this string as a single input, rather than repeatedly entering the same inputs. たとえば、さまざまな入力から 1 つの JSON メッセージを作成できます。For example, you can create a single JSON message from various inputs.
Parse JSONParse JSON ロジック アプリでプロパティを簡単に使用できるように、JSON コンテンツのプロパティに対するわかりやすいデータ トークンを作成します。Create user-friendly data tokens for properties in JSON content so you can more easily use the properties in your logic apps.

さらに複雑な JSON 変換を作成する場合は、「Liquid テンプレートを使用して高度な JSON 変換を実行する」をご覧ください。To create more complex JSON transformations, see Perform advanced JSON transformations with Liquid templates.

前提条件Prerequisites

  • Azure サブスクリプション。An Azure subscription. サブスクリプションをお持ちでない場合には、無料の Azure アカウントにサインアップしてください。If you don't have a subscription, sign up for a free Azure account.

  • データを操作するための操作が必要なロジック アプリ。The logic app where you need the operation for working with data

    ロジック アプリを初めて使用する場合は、「Azure Logic Apps とは」とクイックスタートの初めてのロジック アプリの作成に関するページを参照してください。If you're new to logic apps, review What is Azure Logic Apps? and Quickstart: Create your first logic app.

  • ロジック アプリの最初のステップになるトリガーA trigger as the first step in your logic app

    データ操作はアクションとしてのみ使用できるので、これらのアクションを使用するには、その前に、トリガーでロジック アプリを開始し、目的の出力を作成するために必要な他のアクションを含める必要があります。Data operations are available only as actions, so before you can use these actions, start your logic app with a trigger and include any other actions required for creating the outputs you want.

作成アクションCompose action

複数の入力から JSON オブジェクトなどの 1 つの出力を作成するには、作成アクションを使用できます。To construct a single output such as a JSON object from multiple inputs, you can use the Compose action. 入力では、整数、ブール値、配列、JSON オブジェクト、および Azure Logic Apps がサポートする他の任意のネイティブ型 (たとえば、バイナリや XML) など、さまざまな型を使用できます。Your inputs can have various types such as integers, Booleans, arrays, JSON objects, and any other native type that Azure Logic Apps supports, for example, binary and XML. その後、作成アクションの後に続くアクションで出力を使用できます。You can then use the output in actions that follow after the Compose action. 作成アクションを使用すると、ロジック アプリのワークフローを作成するときに同じ入力を繰り返さなくて済むようにもできます。The Compose action can also save you from repeatedly entering the same inputs while you build your logic app's workflow.

たとえば、ユーザーの名と姓を格納している文字列変数や、ユーザーの年齢を格納している整数変数など、複数の変数から JSON メッセージを作成できます。For example, you can construct a JSON message from multiple variables, such as string variables that store people's first names and last names, and an integer variable that stores people's ages. ここでは、作成アクションは次の入力を受け取ります。Here, the Compose action accepts these inputs:

{ "age": <ageVar>, "fullName": "<lastNameVar>, <firstNameVar>" }

そして、次の出力を作成します。and creates this output:

{"age":35,"fullName":"Owens,Sophie"}

例を試すには、ロジック アプリ デザイナーを使用して以下の手順に従ってください。To try an example, follow these steps by using the Logic App Designer. または、コード ビュー エディターを使用する場合は、この記事の例の作成変数を初期化するのアクション定義を、独自のロジック アプリの基になる次のワークフロー定義にコピーします。データ操作コードの例 - 作成Or, if you prefer working in the code view editor, you can copy the example Compose and Initialize variable action definitions from this article into your own logic app's underlying workflow definition: Data operation code examples - Compose

  1. Azure portal または Visual Studio で、ロジック アプリをロジック アプリ デザイナーで開きます。In the Azure portal or Visual Studio, open your logic app in Logic App Designer.

    この例では、Azure portal と、繰り返しトリガーおよび複数の変数を初期化するアクションを含むロジック アプリを使用します。This example uses the Azure portal and a logic app with a Recurrence trigger and several Initialize variable actions. これらのアクションは、2 つの文字列変数と 1 つの整数変数を作成するように設定されています。These actions are set up for creating two string variables and an integer variable. 後でロジック アプリをテストするときは、トリガーの発生を待つことなく、手動でアプリを実行できます。When you later test your logic app, you can manually run your app without waiting for the trigger to fire.

    "作成" アクション用のサンプル ロジック アプリの開始

  2. 出力を作成するロジック アプリでは、次のいずれかの手順に従います。In your logic app where you want to create the output, follow one of these steps:

    • 最後のステップにアクションを追加するには、 [新しいステップ] を選択します。To add an action under the last step, select New step.

      "作成" アクションの "新しいステップ" を選択する

    • ステップとステップの間にアクションを追加するには、接続矢印の上にマウスを移動してプラス記号 [+] を表示させます。To add an action between steps, move your mouse over the connecting arrow so the plus sign (+) appears. プラス記号を選択し、 [アクションの追加] を選択します。Select the plus sign, and then select Add an action.

  3. [アクションを選択してください] の下の検索ボックス内に、フィルターとして「compose」と入力します。Under Choose an action, in the search box, enter compose as your filter. アクションの一覧で、 [作成] アクションを選択します。From the actions list, select the Compose action.

    "作成" アクションの選択

  4. [入力] ボックスで、出力を作成するための入力を指定します。In the Inputs box, provide the inputs you want for creating the output.

    この例では、 [入力] ボックスの内部をクリックすると、動的コンテンツの一覧が表示されるので、前に作成した変数を選択できます。For this example, when you click inside the Inputs box, the dynamic content list appears so you can select the previously created variables:

    "作成" アクションに使用する入力を選択する

    完成した作成アクションの例を次に示します。Here is the finished example Compose action:

    "作成" アクションの完成例

  5. ロジック アプリを保存します。Save your logic app. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, select Save.

基になるワークフロー定義でのこのアクションについて詳しくは、「作成アクション」をご覧ください。For more information about this action in your underlying workflow definition, see the Compose action.

ロジック アプリをテストするTest your logic app

作成アクションで意図した結果が作成されるかどうかを確認するには、作成アクションからの出力を含む通知を自分自身に送信します。To confirm whether the Compose action creates the expected results, send yourself a notification that includes output from the Compose action.

  1. ロジック アプリで、作成アクションからの結果を送信できるアクションを追加します。In your logic app, add an action that can send you the results from the Compose action.

  2. そのアクションでは、結果を表示する任意の場所をクリックします。In that action, click anywhere you want the results to appear. 動的コンテンツの一覧が開いたら、作成アクションで [出力] を選択します。When the dynamic content list opens, under the Compose action, select Output.

    この例では、メールの送信アクションを使用し、メールの本文と件名に [出力] フィールドが含まれます。This example uses the Send an email action and includes the Output fields in the email's body and subject:

    "作成" アクションの "出力" フィールド

  3. ロジック アプリを手動で実行します。Now, manually run your logic app. デザイナーのツール バーで、 [実行] を選択します。On the designer toolbar, select Run.

    使用したメール コネクタをに基づいて、次のような結果が表示されます。Based on the email connector you used, here are the results you get:

    "作成" アクションの結果を含むメール

CSV テーブルの作成アクションCreate CSV table action

JavaScript Object Notation (JSON) オブジェクトからのプロパティと値を配列に含むコンマ区切り値 (CSV) テーブルを作成するには、CSV テーブルの作成アクションを使用します。To create a comma-separated value (CSV) table that has the properties and values from JavaScript Object Notation (JSON) objects in an array, use the Create CSV table action. その後、CSV テーブルの作成アクションに続くアクションで、結果のテーブルを使用できます。You can then use the resulting table in actions that follow the Create CSV table action.

コード ビュー エディターを使用する場合は、この記事の例の CSV テーブルの作成変数を初期化するのアクション定義を、独自のロジック アプリの基になる次のワークフロー定義にコピーします。データ操作コードの例 - CSV テーブルの作成If you prefer working in the code view editor, you can copy the example Create CSV table and Initialize variable action definitions from this article into your own logic app's underlying workflow definition: Data operation code examples - Create CSV table

  1. Azure portal または Visual Studio で、ロジック アプリをロジック アプリ デザイナーで開きます。In the Azure portal or Visual Studio, open your logic app in Logic App Designer.

    この例では、Azure portal と、繰り返しトリガーおよび変数を初期化するアクションを含むロジック アプリを使用します。This example uses the Azure portal and a logic app with a Recurrence trigger and an Initialize variable action. このアクションは、JSON 形式のプロパティと値を含む配列が初期値である変数を作成するように設定されています。The action is set up for creating a variable whose initial value is an array that has some properties and values in JSON format. 後でロジック アプリをテストするときは、トリガーの発生を待つことなく、手動でアプリを実行できます。When you later test your logic app, you can manually run your app without waiting for the trigger to fire.

    "CSV テーブルの作成" アクション用のサンプル ロジック アプリの開始

  2. CSV テーブルを作成するロジック アプリでは、次のいずれかの手順に従います。In your logic app where you want to create the CSV table, follow one of these steps:

    • 最後のステップにアクションを追加するには、 [新しいステップ] を選択します。To add an action under the last step, select New step.

      "CSV テーブルの作成" アクションの "新しいステップ" を選択する

    • ステップとステップの間にアクションを追加するには、接続矢印の上にマウスを移動してプラス記号 [+] を表示させます。To add an action between steps, move your mouse over the connecting arrow so the plus sign (+) appears. プラス記号を選択し、 [アクションの追加] を選択します。Select the plus sign, and then select Add an action.

  3. [アクションを選択してください] の下の検索ボックス内に、フィルターとして「create csv table」と入力します。Under Choose an action, in the search box, enter create csv table as your filter. アクションの一覧から、CSV テーブルの作成アクションを選択します。From the actions list, select the Create CSV table action.

    "CSV テーブルの作成" アクションを選択する

  4. [From](ソース) ボックスで、テーブルを作成するための配列または式を指定します。In the From box, provide the array or expression you want for creating the table.

    この例では、 [From](ソース) ボックスの内部をクリックすると、動的コンテンツの一覧が表示されるので、前に作成した変数を選択できます。For this example, when you click inside the From box, the dynamic content list appears so you can select the previously created variable:

    CSV テーブルを作成するための配列出力を選択する

    ヒント

    JSON オブジェクトのプロパティにわかりやすいトークンを作成し、プロパティを入力として選択できるようにするには、CSV テーブルの作成アクションを呼び出す前に JSON の解析を使用します。To create user-friendly tokens for the properties in JSON objects so you can select those properties as inputs, use the Parse JSON before calling the Create CSV table action.

    完成した CSV テーブルの作成アクションの例を次に示します。Here is the finished example Create CSV table action:

    "CSV テーブルの作成" アクションの完成例

  5. ロジック アプリを保存します。Save your logic app. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, select Save.

テーブルの形式をカスタマイズするCustomize table format

既定では、 [列] プロパティは、配列の項目に基づいてテーブルの列を自動的に作成するように設定されます。By default, the Columns property is set to automatically create the table columns based on the array items. カスタム ヘッダーと値を指定するには、次の手順のようにします。To specify custom headers and values, follow these steps:

  1. [列] の一覧を開き、 [カスタム] を選択します。Open the Columns list, and select Custom.

  2. [ヘッダー] プロパティで、代わりに使用するカスタム ヘッダー テキストを指定します。In the Header property, specify the custom header text to use instead.

  3. [値] プロパティで、代わりに使用するカスタム値を指定します。In the Value property, specify the custom value to use instead.

配列から値を返すには、CSV テーブルの作成アクションで item() 関数を使用できます。To return values from the array, you can use the item() function with the Create CSV table action. For_each ループでは、items() 関数を使用できます。In a For_each loop, you can use the items() function.

たとえば、プロパティ値のみを含み、配列からのプロパティ名を含まないテーブル列が必要であるとします。For example, suppose you want table columns that have only the property values and not the property names from an array. これらの値のみを返すには、以下に示すデザイナー ビューまたはコード ビューでの操作手順に従ってください。To return only these values, follow these steps for working in designer view or in code view. この例で返される結果を次に示します。Here is the result that this example returns:

Apples,1
Oranges,2

デザイナー ビューでの操作Work in designer view

アクションで、 [ヘッダー] 列を空のままにします。In the action, keep the Header column empty. [値] 列の各行で、目的の各配列プロパティを逆参照します。On each row in the Value column, dereference each array property that you want. [値] の下の各行は、指定された配列プロパティのすべての値を返し、テーブル内の列になります。Each row under Value returns all the values for the specified array property and becomes a column in your table.

  1. [値] の下にある目的の各行で、編集ボックス内をクリックして、動的コンテンツの一覧が表示されるようにします。Under Value, on each row that you want, click inside the edit box so that the dynamic content list appears.

  2. 動的コンテンツ リストの [式] を選択します。In the dynamic content list, select Expression.

  3. 式エディターで、必要な配列プロパティ値を指定する次の式を入力し、 [OK] を選択します。In the expression editor, enter this expression that specifies the array property value that you want, and select OK.

    item()?['<array-property-name>']

    次に例を示します。For example:

    • item()?['Description']
    • item()?['Product_ID']

    "CSV テーブルの作成" の "説明" を逆参照する

  4. 必要な配列プロパティごとに、前の手順を繰り返します。Repeat the previous steps for each array property that you want. 完了すると、アクションは次の例のようになります。When you're done, your action looks like this example:

    "CSV テーブルの作成" の "item()" 関数

  5. 式をより記述的なバージョンに解決するには、コード ビューに切り替え、再びデザイナー ビューに戻って、折りたたまれているアクションを再度開きます。To resolve expressions into more descriptive versions, switch to code view and back to designer view, and then reopen the collapsed action:

    これにより、CSV テーブルの作成アクションは次の例のようになります。The Create CSV table action now appears like this example:

    "CSV テーブルの作成" - 解決された式 (ヘッダーなし)

コード ビューでの操作Work in code view

アクションの JSON 定義で、columns 配列内で header プロパティを空のストリングに設定します。In the action's JSON definition, within the columns array, set the header property to an empty string. value プロパティごとに、目的の各配列プロパティを逆参照します。For each value property, dereference each array property that you want.

  1. デザイナーのツール バーで、 [コード ビュー] を選択します。On the designer toolbar, select Code view.

  2. コード エディターでは、アクションの columns 配列で、必要な配列値の列ごとに、空の header プロパティとこの value 式を追加します。In the code editor, in the action's columns array, add the empty header property and this value expression for each column of array values that you want:

    {
       "header": "",
       "value": "@item()?['<array-property-name>']"
    }
    

    次に例を示します。For example:

    "Create_CSV_table": {
       "inputs": {
          "columns": [
             { 
                "header": "",
                "value": "@item()?['Description']"
             },
             { 
                "header": "",
                "value": "@item()?['Product_ID']"
             }
          ],
          "format": "CSV",
          "from": "@variables('myJSONArray')"
       }
    }
    
  3. デザイナー ビューに戻り、折りたたまれたアクションを再度開きます。Switch back to designer view, and reopen the collapsed action.

    CSV テーブルの作成アクションは次の例のようになり、式は、より記述的なバージョンに解決されました。The Create CSV table action now appears like this example, and the expressions have resolved to more descriptive versions:

    "CSV テーブルの作成" - 解決された式 (ヘッダーなし)

基になるワークフロー定義でのこのアクションについて詳しくは、「テーブル アクション」をご覧ください。For more information about this action in your underlying workflow definition, see the Table action.

ロジック アプリをテストするTest your logic app

CSV テーブルの作成アクションで意図した結果が作成されるかどうかを確認するには、CSV テーブルの作成アクションからの出力を含む通知を自分自身に送信します。To confirm whether the Create CSV table action creates the expected results, send yourself a notification that includes output from the Create CSV table action.

  1. ロジック アプリで、CSV テーブルの作成アクションからの結果を送信できるアクションを追加します。In your logic app, add an action that can send you the results from the Create CSV table action.

  2. そのアクションでは、結果を表示する任意の場所をクリックします。In that action, click anywhere you want the results to appear. 動的コンテンツの一覧が開いたら、CSV テーブルの作成アクションで [出力] を選択します。When the dynamic content list opens, under the Create CSV table action, select Output.

    この例では、Office 365 Outlook のメールの送信アクションを使用し、メールの本文に [出力] フィールドが含まれます。This example uses the Office 365 Outlook Send an email action and includes the Output field in the email's body:

    "CSV テーブルの作成" アクションの "出力" フィールド

  3. ロジック アプリを手動で実行します。Now, manually run your logic app. デザイナーのツール バーで、 [実行] を選択します。On the designer toolbar, select Run.

    使用したメール コネクタをに基づいて、次のような結果が表示されます。Based on the email connector you used, here are the results you get:

    "CSV テーブルの作成" アクションの結果を含むメール

HTML テーブルの作成アクションCreate HTML table action

JavaScript Object Notation (JSON) オブジェクトからのプロパティと値を配列に含む HTML テーブルを作成するには、HTML テーブルの作成アクションを使用します。To create an HTML table that has the properties and values from JavaScript Object Notation (JSON) objects in an array, use the Create HTML table action. その後、HTML テーブルの作成アクションに続くアクションで、結果のテーブルを使用できます。You can then use the resulting table in actions that follow the Create HTML table action.

コード ビュー エディターを使用する場合は、この記事の例の HTML テーブルの作成変数を初期化するのアクション定義を、独自のロジック アプリの基になる次のワークフロー定義にコピーします。データ操作コードの例 - HTML テーブルの作成If you prefer working in the code view editor, you can copy the example Create HTML table and Initialize variable action definitions from this article into your own logic app's underlying workflow definition: Data operation code examples - Create HTML table

  1. Azure portal または Visual Studio で、ロジック アプリをロジック アプリ デザイナーで開きます。In the Azure portal or Visual Studio, open your logic app in Logic App Designer.

    この例では、Azure portal と、繰り返しトリガーおよび変数を初期化するアクションを含むロジック アプリを使用します。This example uses the Azure portal and a logic app with a Recurrence trigger and an Initialize variable action. このアクションは、JSON 形式のプロパティと値を含む配列が初期値である変数を作成するように設定されています。The action is set up for creating a variable whose initial value is an array that has some properties and values in JSON format. 後でロジック アプリをテストするときは、トリガーの発生を待つことなく、手動でアプリを実行できます。When you later test your logic app, you can manually run your app without waiting for the trigger to fire.

    "HTML テーブルの作成" 用のサンプル ロジック アプリの開始

  2. HTML テーブルを作成するロジック アプリでは、次のいずれかの手順に従います。In your logic app where you want to create an HTML table, follow one of these steps:

    • 最後のステップにアクションを追加するには、 [新しいステップ] を選択します。To add an action under the last step, select New step.

      "HTML テーブルの作成" アクションの "新しいステップ" を選択する

    • ステップとステップの間にアクションを追加するには、接続矢印の上にマウスを移動してプラス記号 [+] を表示させます。To add an action between steps, move your mouse over the connecting arrow so the plus sign (+) appears. プラス記号を選択し、 [アクションの追加] を選択します。Select the plus sign, and then select Add an action.

  3. [アクションを選択してください] の下の検索ボックス内に、フィルターとして「create html table」と入力します。Under Choose an action, in the search box, enter create html table as your filter. アクションの一覧から、HTML テーブルの作成アクションを選択します。From the actions list, select the Create HTML table action.

    "HTML テーブルの作成" アクションを選択する

  4. [From](ソース) ボックスで、テーブルを作成するための配列または式を指定します。In the From box, provide the array or expression you want for creating the table.

    この例では、 [From](ソース) ボックスの内部をクリックすると、動的コンテンツの一覧が表示されるので、前に作成した変数を選択できます。For this example, when you click inside the From box, the dynamic content list appears so you can select the previously created variable:

    HTML テーブルを作成するための配列出力を選択する

    ヒント

    JSON オブジェクトのプロパティにわかりやすいトークンを作成し、プロパティを入力として選択できるようにするには、HTML テーブルの作成アクションを呼び出す前に JSON の解析を使用します。To create user-friendly tokens for the properties in JSON objects so you can select those properties as inputs, use the Parse JSON before calling the Create HTML table action.

    完成した HTML テーブルの作成アクションの例を次に示します。Here is the finished example Create HTML table action:

    "HTML テーブルの作成" の完成例

  5. ロジック アプリを保存します。Save your logic app. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, select Save.

テーブルの形式をカスタマイズするCustomize table format

既定では、 [列] プロパティは、配列の項目に基づいてテーブルの列を自動的に作成するように設定されます。By default, the Columns property is set to automatically create the table columns based on the array items. カスタム ヘッダーと値を指定するには、次の手順のようにします。To specify custom headers and values, follow these steps:

  1. [列] の一覧を開き、 [カスタム] を選択します。Open the Columns list, and select Custom.

  2. [ヘッダー] プロパティで、代わりに使用するカスタム ヘッダー テキストを指定します。In the Header property, specify the custom header text to use instead.

  3. [値] プロパティで、代わりに使用するカスタム値を指定します。In the Value property, specify the custom value to use instead.

配列から値を返すには、HTML テーブルの作成アクションで item() 関数を使用できます。To return values from the array, you can use the item() function with the Create HTML table action. For_each ループでは、items() 関数を使用できます。In a For_each loop, you can use the items() function.

たとえば、プロパティ値のみを含み、配列からのプロパティ名を含まないテーブル列が必要であるとします。For example, suppose you want table columns that have only the property values and not the property names from an array. これらの値のみを返すには、以下に示すデザイナー ビューまたはコード ビューでの操作手順に従ってください。To return only these values, follow these steps for working in designer view or in code view. この例で返される結果を次に示します。Here is the result that this example returns:

Apples,1
Oranges,2

デザイナー ビューでの操作Work in designer view

アクションで、 [ヘッダー] 列を空のままにします。In the action, keep the Header column empty. [値] 列の各行で、目的の各配列プロパティを逆参照します。On each row in the Value column, dereference each array property that you want. [値] の下の各行は、指定されたプロパティのすべての値を返し、テーブル内の列になります。Each row under Value returns all the values for the specified property and becomes a column in your table.

  1. [値] の下にある目的の各行で、編集ボックス内をクリックして、動的コンテンツの一覧が表示されるようにします。Under Value, on each row that you want, click inside the edit box so that the dynamic content list appears.

  2. 動的コンテンツ リストの [式] を選択します。In the dynamic content list, select Expression.

  3. 式エディターで、必要な配列プロパティ値を指定する次の式を入力し、 [OK] を選択します。In the expression editor, enter this expression that specifies the array property value that you want, and select OK.

    item()?['<array-property-name>']

    次に例を示します。For example:

    • item()?['Description']
    • item()?['Product_ID']

    "HTML テーブルの作成" アクションの逆参照プロパティ

  4. 必要な配列プロパティごとに、前の手順を繰り返します。Repeat the previous steps for each array property that you want. 完了すると、アクションは次の例のようになります。When you're done, your action looks like this example:

    "HTML テーブルの作成" の "item()" 関数

  5. 式をより記述的なバージョンに解決するには、コード ビューに切り替え、再びデザイナー ビューに戻って、折りたたまれているアクションを再度開きます。To resolve expressions into more descriptive versions, switch to code view and back to designer view, and then reopen the collapsed action:

    これにより、HTML テーブルの作成アクションは次の例のようになります。The Create HTML table action now appears like this example:

    "HTML テーブルの作成" - 解決された式 (ヘッダーなし)

コード ビューでの操作Work in code view

アクションの JSON 定義で、columns 配列内で header プロパティを空のストリングに設定します。In the action's JSON definition, within the columns array, set the header property to an empty string. value プロパティごとに、目的の各配列プロパティを逆参照します。For each value property, dereference each array property that you want.

  1. デザイナーのツール バーで、 [コード ビュー] を選択します。On the designer toolbar, select Code view.

  2. コード エディターでは、アクションの columns 配列で、必要な配列値の列ごとに、空の header プロパティとこの value 式を追加します。In the code editor, in the action's columns array, add the empty header property and this value expression for each column of array values that you want:

    {
       "header": "",
       "value": "@item()?['<array-property-name>']"
    }
    

    次に例を示します。For example:

    "Create_HTML_table": {
       "inputs": {
          "columns": [
             { 
                "header": "",
                "value": "@item()?['Description']"
             },
             { 
                "header": "",
                "value": "@item()?['Product_ID']"
             }
          ],
          "format": "HTML",
          "from": "@variables('myJSONArray')"
       }
    }
    
  3. デザイナー ビューに戻り、折りたたまれたアクションを再度開きます。Switch back to designer view, and reopen the collapsed action.

    HTML テーブルの作成アクションは次の例のようになり、式は、より記述的なバージョンに解決されました。The Create HTML table action now appears like this example, and the expressions have resolved to more descriptive versions:

    "HTML テーブルの作成" - 解決された式 (ヘッダーなし)

基になるワークフロー定義でのこのアクションについて詳しくは、「テーブル アクション」をご覧ください。For more information about this action in your underlying workflow definition, see the Table action.

ロジック アプリをテストするTest your logic app

HTML テーブルの作成アクションで意図した結果が作成されるかどうかを確認するには、HTML テーブルの作成アクションからの出力を含む通知を自分自身に送信します。To confirm whether the Create HTML table action creates the expected results, send yourself a notification that includes output from the Create HTML table action.

  1. ロジック アプリで、HTML テーブルの作成アクションからの結果を送信できるアクションを追加します。In your logic app, add an action that can send you the results from the Create HTML table action.

  2. そのアクションでは、結果を表示する任意の場所をクリックします。In that action, click anywhere you want the results to appear. 動的コンテンツの一覧が開いたら、HTML テーブルの作成アクションで [出力] を選択します。When the dynamic content list opens, under the Create HTML table action, select Output.

    この例では、Office 365 Outlook のメールの送信アクションを使用し、メールの本文に [出力] フィールドが含まれます。This example uses the Office 365 Outlook Send an email action and includes the Output field in the email's body:

    "HTML テーブルの作成" の "出力" フィールド

    注意

    HTML テーブルの出力をメール アクションに含めるときは、メール アクションの詳細オプションで [HTML です] プロパティを [はい] に設定してください。When including the HTML table output in an email action, make sure that you set the Is HTML property to Yes in the email action's advanced options. これにより、メール アクションは HTML テーブルを正しく書式設定します。That way, the email action correctly formats the HTML table.

  3. ロジック アプリを手動で実行します。Now, manually run your logic app. デザイナーのツール バーで、 [実行] を選択します。On the designer toolbar, select Run.

    使用したメール コネクタをに基づいて、次のような結果が表示されます。Based on the email connector you used, here are the results you get:

    "HTML テーブルの作成" の結果を含むメール

配列のフィルター処理アクションFilter array action

既存の配列から特定の条件を満たす項目を含む小さい配列を作成するには、配列のフィルター処理アクションを使用します。To create a smaller array that has items, which meet specific criteria, from an existing array, use the Filter array action. その後、配列のフィルター処理アクションに続くアクションで、フィルター処理された配列を使用できます。You can then use the filtered array in actions that follow after the Filter array action.

注意

条件で使用するフィルター テキストでは、大文字と小文字が区別されます。Any filter text that you use in your condition is case sensitive. また、このアクションでは、配列内の項目の形式またはコンポーネントを変更することはできません。Also, this action can't change the format or components of items in the array.

配列のフィルター処理アクションからの配列出力をアクションで使用する場合、入力として配列を受け入れるアクションを使用するか、または出力配列を別の互換性のある形式に変換する必要があります。For actions to use the array output from the Filter array action, either those actions must accept arrays as input, or you might have to transform the output array into another compatible format.

HTTP エンドポイントを呼び出し、JSON 応答を受け取る場合は、 [JSON の解析] アクションを使用して JSON 応答を処理します。If you call an HTTP endpoint and receive a JSON response, use the Parse JSON action to process the JSON response. そうしない場合、 [配列のフィルター処理] アクションを使うと、JSON ペイロードの構造ではなく、応答本文のみを読み取ることができます。Otherwise, the Filter array action can read only the response body and not the structure of the JSON payload.

コード ビュー エディターを使用する場合は、この記事の例の配列のフィルター処理変数を初期化するのアクション定義を、独自のロジック アプリの基になる次のワークフロー定義にコピーします。データ操作コードの例 - 配列のフィルター処理If you prefer working in the code view editor, you can copy the example Filter array and Initialize variable action definitions from this article into your own logic app's underlying workflow definition: Data operation code examples - Filter array

  1. Azure portal または Visual Studio で、ロジック アプリをロジック アプリ デザイナーで開きます。In the Azure portal or Visual Studio, open your logic app in Logic App Designer.

    この例では、Azure portal と、繰り返しトリガーおよび変数を初期化するアクションを含むロジック アプリを使用します。This example uses the Azure portal and a logic app with a Recurrence trigger and an Initialize variable action. このアクションは、サンプルの整数を含む配列が初期値である変数を作成するように設定されています。The action is set up for creating a variable whose initial value is an array that has some sample integers. 後でロジック アプリをテストするときは、トリガーの発生を待つことなく、手動でアプリを実行できます。When you later test your logic app, you can manually run your app without waiting for the trigger to fire.

    注意

    この例では単純な整数の配列を使用しますが、このアクションはオブジェクトのプロパティと値に基づいてフィルター処理できる JSON オブジェクトの配列の場合に特に便利です。Although this example uses a simple integer array, this action is especially useful for JSON object arrays where you can filter based on the objects' properties and values.

    "配列のフィルター処理" アクション用のサンプル ロジック アプリの開始

  2. フィルター処理された配列を作成するロジック アプリでは、次のいずれかの手順に従います。In your logic app where you want to create the filtered array, follow one of these steps:

    • 最後のステップにアクションを追加するには、 [新しいステップ] を選択します。To add an action under the last step, select New step.

      "配列のフィルター処理" アクションの "新しいステップ" を選択する

    • ステップとステップの間にアクションを追加するには、接続矢印の上にマウスを移動してプラス記号 [+] を表示させます。To add an action between steps, move your mouse over the connecting arrow so the plus sign (+) appears. プラス記号を選択し、 [アクションの追加] を選択します。Select the plus sign, and then select Add an action.

  3. 検索ボックスに、フィルターとして「filter array」と入力します。In the search box, enter filter array as your filter. アクションの一覧から、配列のフィルター処理アクションを選択します。From the actions list, select the Filter array action.

    "配列のフィルター処理" アクションを選択する

  4. [From](ソース) ボックスで、フィルター処理する配列または式を指定します。In the From box, provide the array or expression you want to filter.

    この例では、 [From](ソース) ボックスの内部をクリックすると、動的コンテンツの一覧が表示されるので、前に作成した変数を選択できます。For this example, when you click inside the From box, the dynamic content list appears so you can select the previously created variable:

    フィルター処理された配列を作成するための配列出力を選択する

  5. 条件では、比較する配列項目を指定し、比較演算子を選択し、比較対象値を指定します。For the condition, specify the array items to compare, select the comparison operator, and specify the comparison value.

    この例では、item() 関数を使用して配列の各項目にアクセスし、配列のフィルター処理アクションで値が 1 より大きい配列項目を検索します。This example uses the item() function for accessing each item in the array while the Filter array action searches for array items whose value is greater than one:

    "配列のフィルター処理" アクションの完成例

  6. ロジック アプリを保存します。Save your logic app. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, select Save.

基になるワークフロー定義でのこのアクションについて詳しくは、「クエリ アクション」をご覧ください。For more information about this action in your underlying workflow definition, see Query action.

ロジック アプリをテストするTest your logic app

配列のフィルター処理アクションで意図した結果が作成されるかどうかを確認するには、配列のフィルター処理アクションからの出力を含む通知を自分自身に送信します。To confirm whether Filter array action creates the expected results, send yourself a notification that includes output from the Filter array action.

  1. ロジック アプリで、配列のフィルター処理アクションからの結果を送信できるアクションを追加します。In your logic app, add an action that can send you the results from the Filter array action.

  2. そのアクションでは、結果を表示する任意の場所をクリックします。In that action, click anywhere you want the results to appear. 動的なコンテンツの一覧が表示されたら、 [式] を選択します。When the dynamic content list opens, select Expression. 配列のフィルター処理アクションから配列の出力を取得するには、配列のフィルター処理アクションの名前を含む次の式を入力します。To get the array output from the Filter array action, enter this expression that includes the Filter array action's name:

    @actionBody('Filter_array')

    この例では、Office 365 Outlook のメールの送信アクションを使用し、メールの本文には actionBody('Filter_array') 式の出力が含まれます。This example uses the Office 365 Outlook Send an email action and includes the outputs from the actionBody('Filter_array') expression in the email's body:

    "配列のフィルター処理" アクションからのアクションの出力

  3. ロジック アプリを手動で実行します。Now, manually run your logic app. デザイナーのツール バーで、 [実行] を選択します。On the designer toolbar, select Run.

    使用したメール コネクタをに基づいて、次のような結果が表示されます。Based on the email connector you used, here are the results you get:

    "配列のフィルター処理" アクションの結果を含むメール

結合アクションJoin action

配列のすべての項目を含み、それらの項目が特定の区切り文字で区切られた文字列を作成するには、結合アクションを使用します。To create a string that has all the items from an array and separate those items with a specific delimiter character, use the Join action. その後、結合アクションの後に続くアクションで文字列を使用できます。You can then use the string in actions that follow after the Join action.

コード ビュー エディターを使用する場合は、この記事の例の参加変数を初期化するのアクション定義を、独自のロジック アプリの基になる次のワークフロー定義にコピーします。データ操作コードの例 - 参加If you prefer working in the code view editor, you can copy the example Join and Initialize variable action definitions from this article into your own logic app's underlying workflow definition: Data operation code examples - Join

  1. Azure portal または Visual Studio で、ロジック アプリをロジック アプリ デザイナーで開きます。In the Azure portal or Visual Studio, open your logic app in Logic App Designer.

    この例では、Azure portal と、繰り返しトリガーおよび変数を初期化するアクションを含むロジック アプリを使用します。This example uses the Azure portal and a logic app with a Recurrence trigger and an Initialize variable action. このアクションは、サンプルの整数を含む配列が初期値である変数を作成するように設定されています。This action is set up for creating a variable whose initial value is an array that has some sample integers. 後でロジック アプリをテストするときは、トリガーの発生を待つことなく、手動でアプリを実行できます。When you test your logic app later, you can manually run your app without waiting for the trigger to fire.

    "結合" アクション用のサンプル ロジック アプリの開始

  2. 配列から文字列を作成するロジック アプリでは、次のいずれかの手順に従います。In your logic app where you want to create the string from an array, follow one of these steps:

    • 最後のステップにアクションを追加するには、 [新しいステップ] を選択します。To add an action under the last step, select New step.

      "結合" アクションの "新しいステップ" を選択する

    • ステップとステップの間にアクションを追加するには、接続矢印の上にマウスを移動してプラス記号 [+] を表示させます。To add an action between steps, move your mouse over the connecting arrow so the plus sign (+) appears. プラス記号を選択し、 [アクションの追加] を選択します。Select the plus sign, and then select Add an action.

  3. 検索ボックスに、フィルターとして「join」と入力します。In the search box, enter join as your filter. アクションの一覧から、次のアクションを選択します。JoinFrom the actions list, select this action: Join

    "結合" アクションを選択する

  4. [From](ソース) ボックスで、文字列として結合する項目を含む配列を指定します。In the From box, provide the array that has the items you want to join as a string.

    この例では、 [From](ソース) ボックスの内部をクリックすると、動的コンテンツの一覧が表示されるので、前に作成した変数を選択できます。For this example, when you click inside the From box, the dynamic content list that appears so you can select the previously created variable:

    文字列を作成するための配列出力を選択する

  5. [次を使用して結合] ボックスに、各配列項目を区切るための文字を入力します。In the Join with box, enter the character you want for separating each array item.

    この例では、区切り記号としてコロン (:) を使用します。This example uses a colon (:) as the separator.

    区切り文字を指定する

  6. ロジック アプリを保存します。Save your logic app. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, select Save.

基になるワークフロー定義でのこのアクションについて詳しくは、「結合アクション」をご覧ください。For more information about this action in your underlying workflow definition, see the Join action.

ロジック アプリをテストするTest your logic app

結合アクションで意図した結果が作成されるかどうかを確認するには、結合アクションからの出力を含む通知を自分自身に送信します。To confirm whether the Join action creates the expected results, send yourself a notification that includes output from the Join action.

  1. ロジック アプリで、結合アクションからの結果を送信できるアクションを追加します。In your logic app, add an action that can send you the results from the Join action.

  2. そのアクションでは、結果を表示する任意の場所をクリックします。In that action, click anywhere you want the results to appear. 動的コンテンツの一覧が開いたら、結合アクションで [出力] を選択します。When the dynamic content list opens, under the Join action, select Output.

    この例では、Office 365 Outlook のメールの送信アクションを使用し、メールの本文に [出力] フィールドが含まれます。This example uses the Office 365 Outlook Send an email action and includes the Output field in the email's body:

    "結合" アクションの "出力" フィールド

  3. ロジック アプリを手動で実行します。Now, manually run your logic app. デザイナーのツール バーで、 [実行] を選択します。On the designer toolbar, select Run.

    使用したメール コネクタをに基づいて、次のような結果が表示されます。Based on the email connector you used, here are the results you get:

    "結合" アクションの結果を含むメール

JSON の解析アクションParse JSON action

JavaScript Object Notation (JSON) のコンテンツのプロパティを参照したりプロパティにアクセスしたりするには、JSON の解析アクションを使用して、プロパティのわかりやすいフィールドまたはトークンを作成できます。To reference or access properties in JavaScript Object Notation (JSON) content, you can create user-friendly fields or tokens for those properties by using the Parse JSON action. これにより、ロジック アプリの入力を指定するときに、動的コンテンツの一覧からそのプロパティを選択できます。That way, you can select those properties from the dynamic content list when you specify inputs for your logic app. このアクションでは、JSON スキーマを指定するか、サンプルの JSON コンテンツまたはペイロードから JSON スキーマを生成することができます。For this action, you can either provide a JSON schema or generate a JSON schema from your sample JSON content or payload.

コード ビュー エディターを使用する場合は、この記事の例の JSON の解析変数を初期化するのアクション定義を、独自のロジック アプリの基になる次のワークフロー定義にコピーします。データ操作コードの例 - JSON の解析If you prefer working in the code view editor, you can copy the example Parse JSON and Initialize variable action definitions from this article into your own logic app's underlying workflow definition: Data operation code examples - Parse JSON

  1. Azure portal または Visual Studio で、ロジック アプリをロジック アプリ デザイナーで開きます。In the Azure portal or Visual Studio, open your logic app in Logic App Designer.

    この例では、Azure portal と、繰り返しトリガーおよび変数を初期化するアクションを含むロジック アプリを使用します。This example uses the Azure portal and a logic app with a Recurrence trigger and an Initialize variable action. このアクションは、プロパティと値を含む JSON オブジェクトが初期値である変数を作成するように設定されています。The action is set up for creating a variable whose initial value is a JSON object that has properties and values. 後でロジック アプリをテストするときは、トリガーの発生を待つことなく、手動でアプリを実行できます。When you later test your logic app, you can manually run your app without waiting for the trigger to fire.

    "JSON の解析" アクション用のサンプル ロジック アプリの開始

  2. JSON コンテンツを解析するロジック アプリでは、次のいずれかの手順に従います。In your logic app where you want to parse the JSON content, follow one of these steps:

    • 最後のステップにアクションを追加するには、 [新しいステップ] を選択します。To add an action under the last step, select New step.

      "JSON の解析" アクションの "新しいステップ" を選択する

    • ステップとステップの間にアクションを追加するには、接続矢印の上にマウスを移動してプラス記号 [+] を表示させます。To add an action between steps, move your mouse over the connecting arrow so the plus sign (+) appears. プラス記号を選択し、 [アクションの追加] を選択します。Select the plus sign, and then select Add an action.

  3. 検索ボックスに、フィルターとして「parse json」と入力します。In the search box, enter parse json as your filter. アクションの一覧から、JSON の解析アクションを選択します。From the actions list, select the Parse JSON action.

    "JSON の解析" アクションを選択する

  4. [内容] ボックスで、解析する JSON コンテンツを指定します。In the Content box, provide the JSON content you want to parse.

    この例では、 [内容] ボックスの内部をクリックすると、動的コンテンツの一覧が表示されるので、前に作成した変数を選択できます。For this example, when you click inside the Content box, the dynamic content list appears so you can select the previously created variable:

    JSON の解析アクションの JSON オブジェクトを選択する

  5. 解析している JSON コンテンツを記述する JSON スキーマを入力します。Enter the JSON schema that describes the JSON content you're parsing.

    この例では、次のような JSON スキーマです。For this example, here is the JSON schema:

    解析する JSON オブジェクトの JSON スキーマを指定する

    スキーマがない場合は、解析している JSON コンテンツつまり "ペイロード" からスキーマを生成できます。If you don't have the schema, you can generate that schema from the JSON content, or payload, you're parsing.

    1. [JSON の解析] アクションで、 [サンプルのペイロードを使用してスキーマを生成する] を選択します。In the Parse JSON action, select Use sample payload to generate schema.

    2. [サンプルの JSON ペイロードを入力するか、貼り付けます] で JSON コンテンツを指定し、 [完了] を選択します。Under Enter or paste a sample JSON payload, provide the JSON content, and then select Done.

      スキーマを生成するための JSON コンテンツを入力する

  6. ロジック アプリを保存します。Save your logic app. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, select Save.

基になるワークフロー定義でのこのアクションについて詳しくは、「JSON の解析アクション」をご覧ください。For more information about this action in your underlying workflow definition, see Parse JSON action.

ロジック アプリをテストするTest your logic app

JSON の解析アクションで意図した結果が作成されるかどうかを確認するには、JSON の解析アクションからの出力を含む通知を自分自身に送信します。To confirm whether the Parse JSON action creates the expected results, send yourself a notification that includes output from the Parse JSON action.

  1. ロジック アプリで、JSON の解析アクションからの結果を送信できるアクションを追加します。In your logic app, add an action that can send you the results from the Parse JSON action.

  2. そのアクションでは、結果を表示する任意の場所をクリックします。In that action, click anywhere you want the results to appear. 動的コンテンツの一覧が開くと、 [JSON の解析] アクションで、解析された JSON コンテンツからプロパティを選択できます。When the dynamic content list opens, under the Parse JSON action, you can now select the properties from the parsed JSON content.

    この例では、Office 365 Outlook のメールの送信アクションを使用し、メールの本文に FirstNameLastNameEmail フィールドが含まれます。This example uses the Office 365 Outlook Send an email action and includes the FirstName, LastName, and Email fields in the email's body:

    "メールの送信" アクションでの JSON プロパティ

    完成したメール アクションを次に示します。Here is the finished email action:

    メール アクションの完成例

  3. ロジック アプリを手動で実行します。Now, manually run your logic app. デザイナーのツール バーで、 [実行] を選択します。On the designer toolbar, select Run.

    使用したメール コネクタをに基づいて、次のような結果が表示されます。Based on the email connector you used, here are the results you get:

    "JSON の解析" アクションの結果を含むメール

選択アクションSelect action

既存の配列内の値から構築された JSON オブジェクトを含む配列を作成するには、選択アクションを使用します。To create an array that has JSON objects built from values in an existing array, use the Select action. たとえば、整数配列の値ごとに JSON オブジェクトを作成するには、各 JSON オブジェクトに必要なプロパティと、ソース配列の値をそれらのプロパティにマップする方法を指定します。For example, you can create a JSON object for each value in an integer array by specifying the properties that each JSON object must have and how to map the values in the source array to those properties. また、これらの JSON オブジェクトのコンポーネントを変更することはできますが、出力配列の項目の数は常にソース配列と同じです。And although you can change the components in those JSON objects, the output array always has the same number of items as the source array.

注意

選択アクションからの配列出力をアクションで使用する場合、入力として配列を受け入れるアクションを使用するか、または出力配列を別の互換性のある形式に変換する必要があります。For actions to use the array output from the Select action, either those actions must accept arrays as input, or you might have to transform the output array into another compatible format.

コード ビュー エディターを使用する場合は、この記事の例の 選択変数を初期化するのアクション定義を、独自のロジック アプリの基になる次のワークフロー定義にコピーします。データ操作コードの例 - 選択If you prefer working in the code view editor, you can copy the example Select and Initialize variable action definitions from this article into your own logic app's underlying workflow definition: Data operation code examples - Select

  1. Azure portal または Visual Studio で、ロジック アプリをロジック アプリ デザイナーで開きます。In the Azure portal or Visual Studio, open your logic app in Logic App Designer.

    この例では、Azure portal と、繰り返しトリガーおよび変数を初期化するアクションを含むロジック アプリを使用します。This example uses the Azure portal and a logic app with a Recurrence trigger and an Initialize variable action. このアクションは、サンプルの整数を含む配列が初期値である変数を作成するように設定されています。The action is set up for creating a variable whose initial value is an array that has some sample integers. 後でロジック アプリをテストするときは、トリガーの発生を待つことなく、手動でアプリを実行できます。When you later test your logic app, you can manually run your app without waiting for the trigger to fire.

    "選択" アクション用のサンプル ロジック アプリの開始

  2. 配列を作成するロジック アプリでは、次のいずれかの手順に従います。In your logic app where you want to create the array, follow one of these steps:

    • 最後のステップにアクションを追加するには、 [新しいステップ] を選択します。To add an action under the last step, select New step.

      "選択" アクションの "新しいステップ" を選択する

    • ステップとステップの間にアクションを追加するには、接続矢印の上にマウスを移動してプラス記号 [+] を表示させます。To add an action between steps, move your mouse over the connecting arrow so the plus sign (+) appears. プラス記号を選択し、 [アクションの追加] を選択します。Select the plus sign, and then select Add an action.

  3. [アクションを選択してください][Built-in](組み込み) を選択します。Under Choose an action, select Built-in. 検索ボックスに、フィルターとして「select」と入力します。In the search box, enter select as your filter. アクションの一覧で、 [選択] アクションを選択します。From the actions list, select the Select action.

    "選択" アクションを選択する

  4. [From](ソース) ボックスで、ソース配列を指定します。In the From box, specify the source array you want.

    この例では、 [From](ソース) ボックスの内部をクリックすると、動的コンテンツの一覧が表示されるので、前に作成した変数を選択できます。For this example, when you click inside the From box, the dynamic content list appears so you can select the previously created variable:

    選択アクションのソース配列を選択する

  5. [マップ] ボックスの左側の列では、ソース配列の各値を割り当てるプロパティの名前を指定します。In the Map box's left-hand column, provide the property name you want to assign each value in the source array. 右側の列では、プロパティを割り当てる値を表す式を指定します。In the right-hand column, specify an expression that represents the value you want to assign the property.

    この例では、各配列項目にアクセスする式で item() 関数を使用することにより、整数配列内の各値を割り当てるプロパティ名として "Product_ID" を指定します。This example specifies "Product_ID" as the property name to assign each value in the integer array by using the item() function in an expression that accesses each array item.

    JSON オブジェクトのプロパティと値を指定して配列を作成する

    完成したアクションを次に示します。Here is the finished action:

    "選択" アクションの完成例

  6. ロジック アプリを保存します。Save your logic app. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, select Save.

基になるワークフロー定義でのこのアクションについて詳しくは、「選択アクション」をご覧ください。For more information about this action in your underlying workflow definition, see Select action.

ロジック アプリをテストするTest your logic app

選択アクションで意図した結果が作成されるかどうかを確認するには、選択アクションからの出力を含む通知を自分自身に送信します。To confirm whether the Select action creates the expected results, send yourself a notification that includes output from the Select action.

  1. ロジック アプリで、選択アクションからの結果を送信できるアクションを追加します。In your logic app, add an action that can send you the results from the Select action.

  2. そのアクションでは、結果を表示する任意の場所をクリックします。In that action, click anywhere you want the results to appear. 動的なコンテンツの一覧が表示されたら、 [式] を選択します。When the dynamic content list opens, select Expression. 選択アクションから配列の出力を取得するには、選択アクションの名前を含む次の式を入力します。To get the array output from the Select action, enter this expression that includes the Select action's name:

    @actionBody('Select')

    この例では、Office 365 Outlook のメールの送信アクションを使用し、メールの本文には @actionBody('Select') 式の出力が含まれます。This example uses the Office 365 Outlook Send an email action and includes the outputs from the @actionBody('Select') expression in the email's body:

    "選択" アクションからのアクションの出力

  3. ロジック アプリを手動で実行します。Now, manually run your logic app. デザイナーのツール バーで、 [実行] を選択します。On the designer toolbar, select Run.

    使用したメール コネクタをに基づいて、次のような結果が表示されます。Based on the email connector you used, here are the results you get:

    "選択" アクションの結果を含むメール

次のステップNext steps