Azure Logic Apps および Power Automate の式で関数を使用するためのリファレンス ガイドReference guide to using functions in expressions for Azure Logic Apps and Power Automate

Azure Logic Apps および Power Automate でのワークフロー定義の場合、一部のでは、ワークフローの実行開始時にはまだ存在しない可能性がある値が実行時のアクションから取得されます。For workflow definitions in Azure Logic Apps and Power Automate, some expressions get their values from runtime actions that might not yet exist when your workflow starts running. これらの式でこのような値を参照または処理するには、ワークフロー定義言語によって提供される "関数" を使用できます。To reference these values or process the values in these expressions, you can use functions provided by the Workflow Definition Language.

注意

このリファレンス ページは、Azure Logic Apps と Power Automate の両方に適用されますが、Azure Logic Apps のドキュメントに記載されています。This reference page applies to both Azure Logic Apps and Power Automate, but appears in the Azure Logic Apps documentation. このページでは特にロジック アプリについて参照されていますが、これらの関数はフローとロジック アプリの両方で動作します。Although this page refers specifically to logic apps, these functions work for both flows and logic apps. Power Automate での関数と式について詳しくは、条件での式の使用に関する記事をご覧ください。For more information about functions and expressions in Power Automate, see Use expressions in conditions.

たとえば、整数や浮動小数点数の合計が必要なときは、add() 関数などの数学関数を使って値を計算できます。For example, you can calculate values by using math functions, such as the add() function, when you want the sum from integers or floats. 関数を使用して実行できるタスクの他の例を示します。Here are other example tasks that you can perform with functions:

タスクTask 関数の構文Function syntax 結果Result
小文字の形式で文字列を返します。Return a string in lowercase format. toLower('<text>')toLower('<text>')

例: toLower('Hello')For example: toLower('Hello')

"hello""hello"
グローバル一意識別子 (GUID) を返します。Return a globally unique identifier (GUID). guid()guid() "c2ecc88d-88c8-4096-912c-d6f2e2b138ce""c2ecc88d-88c8-4096-912c-d6f2e2b138ce"

一般的な目的に基づいて関数を探すには、以降の表をご覧ください。To find functions based on their general purpose, review the following tables. または、各関数の詳細については、アルファベット順の一覧を参照してください。Or, for detailed information about each function, see the alphabetical list.

注意

パラメーターの定義の構文において、パラメーターの後に疑問符 (?) が付いている場合は、そのパラメーターが省略可能であることを意味します。In the syntax for parameter definitions, a question mark (?) that appears after a parameter means the parameter is optional. たとえば、getFutureTime() をご覧ください。For example, see getFutureTime().

式の関数Functions in expressions

式で関数を使用する方法を示すために、次の例では、customerName パラメーターから値を取得し、式の中で parameters() 関数を使ってその値を accountName プロパティに割り当てる方法を示します。To show how to use a function in an expression, this example shows how you can get the value from the customerName parameter and assign that value to the accountName property by using the parameters() function in an expression:

"accountName": "@parameters('customerName')"

式で関数を使用できる他の一般的な方法を次に示します。Here are some other general ways that you can use functions in expressions:

タスクTask 式の中での関数の構文Function syntax in an expression
項目を関数に渡すことにより、項目に関する作業を実行します。Perform work with an item by passing that item to a function. "@<functionName>(<item>)""@<functionName>(<item>)"
1.入れ子になった parameters() 関数を使って、parameterName の値を取得します。1. Get the parameterName's value by using the nested parameters() function.
2.その値を functionName に渡すことによって、結果に関する作業を実行します。2. Perform work with the result by passing that value to functionName.
"@<functionName>(parameters('<parameterName>'))""@<functionName>(parameters('<parameterName>'))"
1.入れ子になった内側の関数 functionName から結果を取得します。1. Get the result from the nested inner function functionName.
2.結果を外側の関数 functionName2 に渡します。2. Pass the result to the outer function functionName2.
"@<functionName2>(<functionName>(<item>))""@<functionName2>(<functionName>(<item>))"
1.functionName から結果を取得します。1. Get the result from functionName.
2.結果がプロパティ propertyName を含むオブジェクトであるとして、そのプロパティの値を取得します。2. Given that the result is an object with property propertyName, get that property's value.
"@<functionName>(<item>).<propertyName>""@<functionName>(<item>).<propertyName>"

たとえば、concat() 関数はパラメーターとして 2 つ以上の文字列値を受け取ることができます。For example, the concat() function can take two or more string values as parameters. この関数は、これらの文字列を 1 つの文字列に結合します。This function combines those strings into one string. たとえば "Sophia" と "Owen" のような文字列リテラルを渡して、結合された文字列 "SophiaOwen" を取得できます。You can either pass in string literals, for example, "Sophia" and "Owen" so that you get a combined string, "SophiaOwen":

"customerName": "@concat('Sophia', 'Owen')"

または、パラメーターから文字列値を取得することができます。Or, you can get string values from parameters. 次の例では、各 concat() パラメーターおよび firstName パラメーターと lastName パラメーターで、parameters() 関数を使っています。This example uses the parameters() function in each concat() parameter and the firstName and lastName parameters. その後、結果の文字列を concat() 関数に渡して、結合された文字列 ("SophiaOwen" など) を取得します。You then pass the resulting strings to the concat() function so that you get a combined string, for example, "SophiaOwen":

"customerName": "@concat(parameters('firstName'), parameters('lastName'))"

どちらの例でも、customerName プロパティに結果を割り当てています。Either way, both examples assign the result to the customerName property.

一般的な目的別の使用可能な関数の一覧を次に示します。アルファベット順の関数の一覧も示します。Here are the available functions ordered by their general purpose, or you can browse the functions based on alphabetical order.

文字列関数String functions

文字列を処理するには、以下の文字列関数および一部のコレクション関数も使用できます。To work with strings, you can use these string functions and also some collection functions. 文字列関数は文字列でのみ機能します。String functions work only on strings.

文字列関数String function タスクTask
concatconcat 2 つ以上の文字列を結合し、結合された文字列を返します。Combine two or more strings, and return the combined string.
endsWithendsWith 文字列が指定された部分文字列で終わっているかどうかを調べます。Check whether a string ends with the specified substring.
guidguid 文字列としてグローバル一意識別子 (GUID) を生成します。Generate a globally unique identifier (GUID) as a string.
indexOfindexOf 部分文字列の開始位置を返します。Return the starting position for a substring.
lastIndexOflastIndexOf 部分文字列の最後の出現箇所の開始位置を返します。Return the starting position for the last occurrence of a substring.
replacereplace 部分文字列を指定した文字列で置換し、更新された文字列を返します。Replace a substring with the specified string, and return the updated string.
splitsplit 元の文字列で指定された区切り文字に基づいたより大きい文字列から、コンマで区切られた部分文字列を含む配列を返します。Return an array that contains substrings, separated by commas, from a larger string based on a specified delimiter character in the original string.
startsWithstartsWith 文字列が特定の部分文字列で始まっているかどうかを調べます。Check whether a string starts with a specific substring.
substringsubstring 文字列から、指定された位置から始まる文字を返します。Return characters from a string, starting from the specified position.
toLowertoLower 小文字の形式で文字列を返します。Return a string in lowercase format.
toUppertoUpper 大文字の形式で文字列を返します。Return a string in uppercase format.
trimtrim 文字列から先頭と末尾の空白を削除し、更新された文字列を返します。Remove leading and trailing whitespace from a string, and return the updated string.

コレクション関数Collection functions

コレクション (通常は配列や文字列、場合によってはディクショナリ) を操作するには、以下のコレクション関数を使用できます。To work with collections, generally arrays, strings, and sometimes, dictionaries, you can use these collection functions.

コレクション関数Collection function タスクTask
containscontains コレクションに特定の項目があるかどうかを確認します。Check whether a collection has a specific item.
emptyempty コレクションが空かどうかを調べます。Check whether a collection is empty.
firstfirst コレクションから最初の項目を返します。Return the first item from a collection.
intersectionintersection 指定したコレクションすべてに共通する項目 "のみ" を含むコレクションを返します。Return a collection that has only the common items across the specified collections.
itemitem 配列に対する繰り返しアクションの内部で使うと、アクションの現在の繰り返しの間に配列の現在の項目を返します。When inside a repeating action over an array, return the current item in the array during the action's current iteration.
joinjoin 配列の "すべて" の項目を含み、指定された区切り記号で各項目が区切られた、文字列を返します。Return a string that has all the items from an array, separated by the specified character.
lastlast コレクションから最後の項目を返します。Return the last item from a collection.
lengthlength 文字列または配列内の項目の数を返します。Return the number of items in a string or array.
skipskip コレクションの先頭から項目を削除し、"他のすべて" の項目を返します。Remove items from the front of a collection, and return all the other items.
taketake コレクションの先頭から項目を返します。Return items from the front of a collection.
unionunion 指定した複数のコレクションの "すべての" 項目を含む 1 つのコレクションを返します。Return a collection that has all the items from the specified collections.

論理比較関数Logical comparison functions

条件の処理、値と式の結果の比較、さまざまな種類のロジックの評価などを行うには、以下の論理比較関数を使用できます。To work with conditions, compare values and expression results, or evaluate various kinds of logic, you can use these logical comparison functions. 各関数の完全なリファレンスについては、アルファベット順の一覧を参照してください。For the full reference about each function, see the alphabetical list.

論理比較関数Logical comparison function タスクTask
andand すべての式が true かどうかを調べます。Check whether all expressions are true.
equalsequals 両方の値が等しいかどうかを調べます。Check whether both values are equivalent.
greatergreater 1 番目の値が 2 番目の値より大きいかどうかを調べます。Check whether the first value is greater than the second value.
greaterOrEqualsgreaterOrEquals 1 番目の値が 2 番目の値以上かどうかを調べます。Check whether the first value is greater than or equal to the second value.
ifif 式が true か false かを調べます。Check whether an expression is true or false. 結果に基づき、指定された値を返します。Based on the result, return a specified value.
lessless 1 番目の値が 2 番目の値より小さいかどうかを調べます。Check whether the first value is less than the second value.
lessOrEqualslessOrEquals 1 番目の値が 2 番目の値以下かどうかを調べます。Check whether the first value is less than or equal to the second value.
notnot 式が false かどうかを調べます。Check whether an expression is false.
oror 少なくとも 1 つの式が true かどうかを調べます。Check whether at least one expression is true.

変換関数Conversion functions

値の型または形式を変更するには、以下の変換関数を使用できます。To change a value's type or format, you can use these conversion functions. たとえば、値をブール値から整数に変更できます。For example, you can change a value from a Boolean to an integer. Logic Apps が変換時にコンテンツ タイプを処理する方法の詳細については、「コンテンツ タイプを処理する」を参照してください。For more information about how Logic Apps handles content types during conversion, see Handle content types. 各関数の完全なリファレンスについては、アルファベット順の一覧を参照してください。For the full reference about each function, see the alphabetical list.

変換関数Conversion function タスクTask
arrayarray 指定した 1 つの入力から配列を返します。Return an array from a single specified input. 複数の入力の場合は、createArray をご覧ください。For multiple inputs, see createArray.
base64base64 文字列の base64 エンコード バージョンを返します。Return the base64-encoded version for a string.
base64ToBinarybase64ToBinary base64 エンコード文字列のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for a base64-encoded string.
base64ToStringbase64ToString base64 エンコード文字列の文字列バージョンを返します。Return the string version for a base64-encoded string.
binarybinary 入力値のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for an input value.
boolbool 入力値のブール値バージョンを返します。Return the Boolean version for an input value.
createArraycreateArray 複数の入力から配列を作成して返します。Return an array from multiple inputs.
dataUridataUri 入力値のデータ URI を返します。Return the data URI for an input value.
dataUriToBinarydataUriToBinary データ URI のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for a data URI.
dataUriToStringdataUriToString データ URI の文字列バージョンを返します。Return the string version for a data URI.
decodeBase64decodeBase64 base64 エンコード文字列の文字列バージョンを返します。Return the string version for a base64-encoded string.
decodeDataUridecodeDataUri データ URI のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for a data URI.
decodeUriComponentdecodeUriComponent エスケープ文字をデコード バージョンに置き換えた文字列を返します。Return a string that replaces escape characters with decoded versions.
encodeUriComponentencodeUriComponent URL の安全でない文字をエスケープ文字に置き換えた文字列を返します。Return a string that replaces URL-unsafe characters with escape characters.
floatfloat 入力値の浮動小数点数を返します。Return a floating point number for an input value.
intint 文字列の整数バージョンを返します。Return the integer version for a string.
jsonjson 文字列または XML に対する JSON (JavaScript Object Notation) 型の値またはオブジェクトを返します。Return the JavaScript Object Notation (JSON) type value or object for a string or XML.
stringstring 入力値の文字列バージョンを返します。Return the string version for an input value.
uriComponenturiComponent URL の安全でない文字がエスケープ文字に置き換えられた、入力値の URI エンコード バージョンを返します。Return the URI-encoded version for an input value by replacing URL-unsafe characters with escape characters.
uriComponentToBinaryuriComponentToBinary URI エンコード文字列のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for a URI-encoded string.
uriComponentToStringuriComponentToString URI エンコード文字列の文字列バージョンを返します。Return the string version for a URI-encoded string.
xmlxml 文字列の XML バージョンを返します。Return the XML version for a string.

算術関数Math functions

整数と浮動小数点数を操作するには、以下の算術関数を使用できます。To work with integers and floats, you can use these math functions. 各関数の完全なリファレンスについては、アルファベット順の一覧を参照してください。For the full reference about each function, see the alphabetical list.

算術関数Math function タスクTask
addadd 2 つの数値を加算した結果を返します。Return the result from adding two numbers.
divdiv 2 つの数値を除算した結果を返します。Return the result from dividing two numbers.
maxmax 数値のセットまたは配列から最大の値を返します。Return the highest value from a set of numbers or an array.
minmin 数値のセットまたは配列から最小の値を返します。Return the lowest value from a set of numbers or an array.
modmod 2 つの数値を除算した剰余を返します。Return the remainder from dividing two numbers.
mulmul 2 つの数値を乗算した積を返します。Return the product from multiplying two numbers.
randrand 指定された範囲からランダムな整数を返します。Return a random integer from a specified range.
rangerange 指定した整数から始まる整数の配列を返します。Return an integer array that starts from a specified integer.
subsub 1 番目の数値から 2 番目の数値を減算して、結果を返します。Return the result from subtracting the second number from the first number.

日付と時刻関数Date and time functions

日付と時刻を操作するには、以下の日付と時刻の関数を使用できます。To work with dates and times, you can use these date and time functions. 各関数の完全なリファレンスについては、アルファベット順の一覧を参照してください。For the full reference about each function, see the alphabetical list.

日付または時刻の関数Date or time function タスクTask
addDaysaddDays タイムスタンプに日数を加算します。Add a number of days to a timestamp.
addHoursaddHours タイムスタンプに時間数を加算します。Add a number of hours to a timestamp.
addMinutesaddMinutes タイムスタンプに分数を加算します。Add a number of minutes to a timestamp.
addSecondsaddSeconds タイムスタンプに秒数を加算します。Add a number of seconds to a timestamp.
addToTimeaddToTime タイムスタンプに時間単位数を加算します。Add a number of time units to a timestamp. getFutureTime もご覧ください。See also getFutureTime.
convertFromUtcconvertFromUtc タイムスタンプを協定世界時 (UTC) からターゲット タイム ゾーンに変換します。Convert a timestamp from Universal Time Coordinated (UTC) to the target time zone.
convertTimeZoneconvertTimeZone タイムスタンプをソース タイム ゾーンからターゲット タイム ゾーンに変換します。Convert a timestamp from the source time zone to the target time zone.
convertToUtcconvertToUtc タイムスタンプをソース タイム ゾーンから協定世界時 (UTC) に変換します。Convert a timestamp from the source time zone to Universal Time Coordinated (UTC).
dayOfMonthdayOfMonth タイムスタンプから月コンポーネントの日付を返します。Return the day of the month component from a timestamp.
dayOfWeekdayOfWeek タイムスタンプから曜日を返します。Return the day of the week component from a timestamp.
dayOfYeardayOfYear タイムスタンプから年の何日目かを返します。Return the day of the year component from a timestamp.
formatDateTimeformatDateTime タイムスタンプから日付を返します。Return the date from a timestamp.
getFutureTimegetFutureTime 現在のタイムスタンプに指定した時刻単位を加えて返します。Return the current timestamp plus the specified time units. addToTime もご覧ください。See also addToTime.
getPastTimegetPastTime 現在のタイムスタンプから指定した時刻単位を引いて返します。Return the current timestamp minus the specified time units. subtractFromTime もご覧ください。See also subtractFromTime.
startOfDaystartOfDay タイムスタンプの日の開始日時を返します。Return the start of the day for a timestamp.
startOfHourstartOfHour タイムスタンプの時刻の開始を返します。Return the start of the hour for a timestamp.
startOfMonthstartOfMonth タイムスタンプの月の開始を返します。Return the start of the month for a timestamp.
subtractFromTimesubtractFromTime タイムスタンプから時間単位数を減算します。Subtract a number of time units from a timestamp. getPastTime もご覧ください。See also getPastTime.
ticksticks 指定したタイムスタンプの ticks プロパティの値を返します。Return the ticks property value for a specified timestamp.
utcNowutcNow 現在のタイムスタンプを文字列として返します。Return the current timestamp as a string.

ワークフロー関数Workflow functions

以下のワークフロー関数を使うと次のことができます。These workflow functions can help you:

  • 実行時にワークフロー インスタンスの詳細を取得します。Get details about a workflow instance at run time.
  • ロジック アプリまたはフローのインスタンス化に使われた入力を処理します。Work with the inputs used for instantiating logic apps or flows.
  • トリガーやアクションからの出力を参照します。Reference the outputs from triggers and actions.

たとえば、あるアクションからの出力を参照し、後のアクションでそのデータを使用できます。For example, you can reference the outputs from one action and use that data in a later action. 各関数の完全なリファレンスについては、アルファベット順の一覧を参照してください。For the full reference about each function, see the alphabetical list.

ワークフロー関数Workflow function タスクTask
actionaction 実行時に現在のアクションの出力を返すか、または他の JSON の名前と値のペアの値を返します。Return the current action's output at runtime, or values from other JSON name-and-value pairs. actions もご覧ください。See also actions.
actionBodyactionBody 実行時のアクションの body 出力を返します。Return an action's body output at runtime. body もご覧ください。See also body.
actionOutputsactionOutputs 実行時のアクションの出力を返します。Return an action's output at runtime. outputsactions を参照してください。See outputs and actions.
actionsactions 実行時にアクションの出力を返すか、または他の JSON の名前と値のペアの値を返します。Return an action's output at runtime, or values from other JSON name-and-value pairs. action もご覧ください。See also action.
bodybody 実行時のアクションの body 出力を返します。Return an action's body output at runtime. actionBody もご覧ください。See also actionBody.
formDataMultiValuesformDataMultiValues form-data または form-encoded アクション出力内のキー名と一致する値を含む配列を作成します。Create an array with the values that match a key name in form-data or form-encoded action outputs.
formDataValueformDataValue アクションの form-data 出力または form-encoded 出力内のキー名と一致する単一の値を返します。Return a single value that matches a key name in an action's form-data or form-encoded output.
itemitem 配列に対する繰り返しアクションの内部で使うと、アクションの現在の繰り返しの間に配列の現在の項目を返します。When inside a repeating action over an array, return the current item in the array during the action's current iteration.
itemsitems Foreach ループまたは Until ループ内で使用すると、指定したループから現在の項目を返します。When inside a Foreach or Until loop, return the current item from the specified loop.
iterationIndexesiterationIndexes Until ループ内で使用すると、現在の繰り返しのインデックス値を返します。When inside an Until loop, return the index value for the current iteration. この関数は、入れ子になった Until ループ内で使用できます。You can use this function inside nested Until loops.
listCallbackUrllistCallbackUrl トリガーまたはアクションを呼び出す "コールバック URL" を返します。Return the "callback URL" that calls a trigger or action.
multipartBodymultipartBody 複数の部分を持つアクションの出力の特定の部分に対する本文を返します。Return the body for a specific part in an action's output that has multiple parts.
outputsoutputs 実行時のアクションの出力を返します。Return an action's output at runtime.
parametersparameters ワークフローの定義で記述されているパラメーターの値を返します。Return the value for a parameter that is described in your workflow definition.
resultresult For_eachUntilScope など、指定されたスコープ付きアクション内のすべてのアクションからの入力と出力を返します。Return the inputs and outputs from all the actions inside the specified scoped action, such as For_each, Until, and Scope.
triggertrigger 実行時に、または他の JSON の名前と値のペアから、トリガーの出力を返します。Return a trigger's output at runtime, or from other JSON name-and-value pairs. triggerOutputs および triggerBody もご覧ください。See also triggerOutputs and triggerBody.
triggerBodytriggerBody 実行時にトリガーの body 出力を返します。Return a trigger's body output at runtime. trigger をご覧ください。See trigger.
triggerFormDataValuetriggerFormDataValue form-data または form-encoded トリガー出力のキー名と一致する単一の値を返します。Return a single value matching a key name in form-data or form-encoded trigger outputs.
triggerMultipartBodytriggerMultipartBody トリガーの複数部分からなる出力内の特定の部分の本文を返します。Return the body for a specific part in a trigger's multipart output.
triggerFormDataMultiValuestriggerFormDataMultiValues form-data または form-encoded トリガー出力内のキー名と一致する値を含む配列を作成します。Create an array whose values match a key name in form-data or form-encoded trigger outputs.
triggerOutputstriggerOutputs 実行時のトリガーの出力を返すか、または他の JSON の名前と値のペアの値を返します。Return a trigger's output at runtime, or values from other JSON name-and-value pairs. trigger をご覧ください。See trigger.
variablesvariables 指定した変数の値を返します。Return the value for a specified variable.
workflowworkflow 実行時にワークフロー自体に関するすべての詳細を返します。Return all the details about the workflow itself during run time.

URI 解析関数URI parsing functions

URI (Uniform Resource Identifier) を処理して、URI のさまざまなプロパティ値を取得します。以下の URI 解析関数を使用できます。To work with uniform resource identifiers (URIs) and get various property values for these URIs, you can use these URI parsing functions. 各関数の完全なリファレンスについては、アルファベット順の一覧を参照してください。For the full reference about each function, see the alphabetical list.

URI 解析関数URI parsing function タスクTask
uriHosturiHost URI (Uniform Resource Identifier) の host 値を返します。Return the host value for a uniform resource identifier (URI).
uriPathuriPath URI (Uniform Resource Identifier) の path 値を返します。Return the path value for a uniform resource identifier (URI).
uriPathAndQueryuriPathAndQuery URI (Uniform Resource Identifier) の pathquery の値を返します。Return the path and query values for a uniform resource identifier (URI).
uriPorturiPort URI (Uniform Resource Identifier) の port 値を返します。Return the port value for a uniform resource identifier (URI).
uriQueryuriQuery URI (Uniform Resource Identifier) の query 値を返します。Return the query value for a uniform resource identifier (URI).
uriSchemeuriScheme URI (Uniform Resource Identifier) の scheme 値を返します。Return the scheme value for a uniform resource identifier (URI).

操作関数:JSON と XMLManipulation functions: JSON & XML

JSON オブジェクトと XML ノードを処理するには、以下の操作関数を使用できます。To work with JSON objects and XML nodes, you can use these manipulation functions. 各関数の完全なリファレンスについては、アルファベット順の一覧を参照してください。For the full reference about each function, see the alphabetical list.

操作関数Manipulation function タスクTask
addPropertyaddProperty JSON オブジェクトにプロパティとその値または名前と値のペアを追加し、更新されたオブジェクトを返します。Add a property and its value, or name-value pair, to a JSON object, and return the updated object.
coalescecoalesce 1 つまたは複数のパラメーターから、最初の null 以外の値を返します。Return the first non-null value from one or more parameters.
removePropertyremoveProperty JSON オブジェクトからプロパティを削除し、更新されたオブジェクトを返します。Remove a property from a JSON object and return the updated object.
setPropertysetProperty JSON オブジェクトのプロパティの値を設定し、更新されたオブジェクトを返します。Set the value for a JSON object's property and return the updated object.
xpathxpath XML で XPath (XML Path Language) 式と一致するノードまたは値を調べて、一致するノードまたは値を返します。Check XML for nodes or values that match an XPath (XML Path Language) expression, and return the matching nodes or values.

すべての関数 (アルファベット順)All functions - alphabetical list

このセクションでは、使用可能なすべての関数をアルファベット順に示します。This section lists all the available functions in alphabetical order.

actionaction

実行時の "現在の" アクションの出力を返すか、または式に割り当てることができる他の JSON の名前と値のペアの値を返します。Return the current action's output at runtime, or values from other JSON name-and-value pairs, which you can assign to an expression. 既定では、この関数はアクション オブジェクト全体を参照しますが、必要に応じて値を取得するプロパティを指定することができます。By default, this function references the entire action object, but you can optionally specify a property whose value you want. actions() も参照してください。See also actions().

action() 関数は、次の場所でのみ使うことができます。You can use the action() function only in these places:

  • 元の subscribe 要求の結果にアクセスできるように、webhook アクションの unsubscribe プロパティThe unsubscribe property for a webhook action so you can access the result from the original subscribe request
  • アクションの trackedProperties プロパティThe trackedProperties property for an action
  • アクションの do-until ループ条件The do-until loop condition for an action
action()
action().outputs.body.<property>
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<property><property> いいえNo stringString 値が必要なアクション オブジェクトのプロパティの名前: namestartTimeendTimeinputsoutputsstatuscodetrackingIdclientTrackingIdThe name for the action object's property whose value you want: name, startTime, endTime, inputs, outputs, status, code, trackingId, and clientTrackingId. Azure portal では、特定の実行履歴の詳細を調べることで、これらのプロパティを確認できます。In the Azure portal, you can find these properties by reviewing a specific run history's details. 詳しくは、REST API のワークフロー実行アクションに関するページをご覧ください。For more information, see REST API - Workflow Run Actions.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<action-output><action-output> stringString 現在のアクションまたはプロパティからの出力The output from the current action or property

actionBodyactionBody

実行時のアクションの body 出力を返します。Return an action's body output at runtime. actions('<actionName>').outputs.body の短縮形です。Shorthand for actions('<actionName>').outputs.body. body() および actions() をご覧ください。See body() and actions().

actionBody('<actionName>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<actionName><actionName> はいYes stringString 取得するアクションの body 出力の名前The name for the action's body output that you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<action-body-output><action-body-output> stringString 指定したアクションからの body 出力The body output from the specified action

Example

この例は、Twitter アクション Get user からの body 出力を取得します。This example gets the body output from the Twitter action Get user:

actionBody('Get_user')

返される結果:And returns this result:

"body": {
  "FullName": "Contoso Corporation",
  "Location": "Generic Town, USA",
  "Id": 283541717,
  "UserName": "ContosoInc",
  "FollowersCount": 172,
  "Description": "Leading the way in transforming the digital workplace.",
  "StatusesCount": 93,
  "FriendsCount": 126,
  "FavouritesCount": 46,
  "ProfileImageUrl": "https://pbs.twimg.com/profile_images/908820389907722240/gG9zaHcd_400x400.jpg"
}

actionOutputsactionOutputs

実行時のアクションの出力を返します。Return an action's output at runtime. actions('<actionName>').outputs の短縮形です。and is shorthand for actions('<actionName>').outputs. actions() をご覧ください。See actions(). actionOutputs() 関数はロジック アプリ デザイナーでは outputs() に解決されるため、actionOutputs() ではなく outputs() を使用することを検討してください。The actionOutputs() function resolves to outputs() in the Logic App Designer, so consider using outputs(), rather than actionOutputs(). どちらの関数も機能は同じですが、outputs() をお勧めします。Although both functions work the same way, outputs() is preferred.

actionOutputs('<actionName>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<actionName><actionName> はいYes stringString 取得するアクションの出力の名前The name for the action's output that you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<output><output> stringString 指定したアクションからの出力The output from the specified action

Example

この例は、Twitter アクション Get user からの出力を取得します。This example gets the output from the Twitter action Get user:

actionOutputs('Get_user')

返される結果:And returns this result:

{
  "statusCode": 200,
  "headers": {
    "Pragma": "no-cache",
    "Vary": "Accept-Encoding",
    "x-ms-request-id": "a916ec8f52211265d98159adde2efe0b",
    "X-Content-Type-Options": "nosniff",
    "Timing-Allow-Origin": "*",
    "Cache-Control": "no-cache",
    "Date": "Mon, 09 Apr 2018 18:47:12 GMT",
    "Set-Cookie": "ARRAffinity=b9400932367ab5e3b6802e3d6158afffb12fcde8666715f5a5fbd4142d0f0b7d;Path=/;HttpOnly;Domain=twitter-wus.azconn-wus.p.azurewebsites.net",
    "X-AspNet-Version": "4.0.30319",
    "X-Powered-By": "ASP.NET",
    "Content-Type": "application/json; charset=utf-8",
    "Expires": "-1",
    "Content-Length": "339"
  },
  "body": {
    "FullName": "Contoso Corporation",
    "Location": "Generic Town, USA",
    "Id": 283541717,
    "UserName": "ContosoInc",
    "FollowersCount": 172,
    "Description": "Leading the way in transforming the digital workplace.",
    "StatusesCount": 93,
    "FriendsCount": 126,
    "FavouritesCount": 46,
    "ProfileImageUrl": "https://pbs.twimg.com/profile_images/908820389907722240/gG9zaHcd_400x400.jpg"
  }
}

actionsactions

実行時のアクションの出力を返すか、または式に割り当てることができる他の JSON の名前と値のペアの値を返します。Return an action's output at runtime, or values from other JSON name-and-value pairs, which you can assign to an expression. 既定では、この関数はアクション オブジェクト全体を参照しますが、必要に応じて値を取得するプロパティを指定することができます。By default, the function references the entire action object, but you can optionally specify a property whose value that you want. 短縮バージョンについては、actionBody()actionOutputs()body() をご覧ください。For shorthand versions, see actionBody(), actionOutputs(), and body(). 現在のアクションの場合は、action() をご覧ください。For the current action, see action().

注意

以前は、actions() 関数を使うか、またはアクションが別のアクションからの出力を基にして実行したことを指定する場合は conditions 要素を使いました。Previously, you could use the actions() function or the conditions element when specifying that an action ran based on the output from another action. ただし、現在は、アクション間の依存関係を明示的に宣言するには、依存アクションの runAfter プロパティを使い必要があります。However, to declare explicitly dependencies between actions, you must now use the dependent action's runAfter property. runAfter プロパティについて詳しくは、runAfter プロパティを使ってエラーをキャッチして処理する方法に関するページをご覧ください。To learn more about the runAfter property, see Catch and handle failures with the runAfter property.

actions('<actionName>')
actions('<actionName>').outputs.body.<property>
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<actionName><actionName> はいYes stringString 出力を取得するアクション オブジェクトの名前The name for the action object whose output you want
<property><property> いいえNo stringString 値が必要なアクション オブジェクトのプロパティの名前: namestartTimeendTimeinputsoutputsstatuscodetrackingIdclientTrackingIdThe name for the action object's property whose value you want: name, startTime, endTime, inputs, outputs, status, code, trackingId, and clientTrackingId. Azure portal では、特定の実行履歴の詳細を調べることで、これらのプロパティを確認できます。In the Azure portal, you can find these properties by reviewing a specific run history's details. 詳しくは、REST API のワークフロー実行アクションに関するページをご覧ください。For more information, see REST API - Workflow Run Actions.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<action-output><action-output> stringString 指定したアクションまたはプロパティからの出力The output from the specified action or property

Example

この例は、実行時に Twitter アクション Get user から status プロパティの値を取得します。This example gets the status property value from the Twitter action Get user at runtime:

actions('Get_user').outputs.body.status

返される結果: "Succeeded"And returns this result: "Succeeded"

addadd

2 つの数値を加算した結果を返します。Return the result from adding two numbers.

add(<summand_1>, <summand_2>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<summand_1>、<summand_2><summand_1>, <summand_2> はいYes 整数、浮動小数点数、または混合Integer, Float, or mixed 加算する数値The numbers to add
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<result-sum><result-sum> 整数または浮動小数点数Integer or Float 指定した数値を加算した結果The result from adding the specified numbers

Example

この例は、指定した数値を加算します。This example adds the specified numbers:

add(1, 1.5)

返される結果: 2.5And returns this result: 2.5

addDaysaddDays

タイムスタンプに日数を加算します。Add a number of days to a timestamp.

addDays('<timestamp>', <days>, '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<days><days> はいYes 整数Integer 追加する正または負の日数The positive or negative number of days to add
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString タイムスタンプに指定した日数を加えた値The timestamp plus the specified number of days

例 1Example 1

この例は、指定したタイムスタンプに 10 日を加算します。This example adds 10 days to the specified timestamp:

addDays('2018-03-15T13:00:00Z', 10)

返される結果: "2018-03-25T00:00:0000000Z"And returns this result: "2018-03-25T00:00:0000000Z"

例 2Example 2

この例は、指定したタイムスタンプから 5 日を減算します。This example subtracts five days from the specified timestamp:

addDays('2018-03-15T00:00:00Z', -5)

返される結果: "2018-03-10T00:00:0000000Z"And returns this result: "2018-03-10T00:00:0000000Z"

addHoursaddHours

タイムスタンプに時間数を加算します。Add a number of hours to a timestamp.

addHours('<timestamp>', <hours>, '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<hours><hours> はいYes 整数Integer 追加する正または負の時間数The positive or negative number of hours to add
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString タイムスタンプに指定した時間数を加えた値The timestamp plus the specified number of hours

例 1Example 1

この例は、指定したタイムスタンプに 10 時間を加算します。This example adds 10 hours to the specified timestamp:

addHours('2018-03-15T00:00:00Z', 10)

返される結果: "2018-03-15T10:00:0000000Z"And returns this result: "2018-03-15T10:00:0000000Z"

例 2Example 2

この例は、指定したタイムスタンプから 5 時間を減算します。This example subtracts five hours from the specified timestamp:

addHours('2018-03-15T15:00:00Z', -5)

返される結果: "2018-03-15T10:00:0000000Z"And returns this result: "2018-03-15T10:00:0000000Z"

addMinutesaddMinutes

タイムスタンプに分数を加算します。Add a number of minutes to a timestamp.

addMinutes('<timestamp>', <minutes>, '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<minutes><minutes> はいYes 整数Integer 追加する正または負の分数The positive or negative number of minutes to add
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString タイムスタンプに指定した分数を加えた値The timestamp plus the specified number of minutes

例 1Example 1

この例は、指定したタイムスタンプに 10 分を加算します。This example adds 10 minutes to the specified timestamp:

addMinutes('2018-03-15T00:10:00Z', 10)

返される結果: "2018-03-15T00:20:00.0000000Z"And returns this result: "2018-03-15T00:20:00.0000000Z"

例 2Example 2

この例は、指定したタイムスタンプから 5 分を減算します。This example subtracts five minutes from the specified timestamp:

addMinutes('2018-03-15T00:20:00Z', -5)

返される結果: "2018-03-15T00:15:00.0000000Z"And returns this result: "2018-03-15T00:15:00.0000000Z"

addPropertyaddProperty

JSON オブジェクトにプロパティとその値または名前と値のペアを追加し、更新されたオブジェクトを返します。Add a property and its value, or name-value pair, to a JSON object, and return the updated object. 実行時にプロパティが既に存在する場合、関数は失敗し、エラーをスローします。If the property already exists at runtime, the function fails and throws an error.

addProperty(<object>, '<property>', <value>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<object><object> はいYes ObjectObject プロパティを追加する JSON オブジェクトThe JSON object where you want to add a property
<property><property> はいYes stringString 追加するプロパティの名前The name for the property to add
<value><value> はいYes AnyAny プロパティの値The value for the property
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-object><updated-object> ObjectObject 指定したプロパティを含む更新された JSON オブジェクトThe updated JSON object with the specified property

既存のプロパティに子プロパティを追加するには、次の構文を使用します。To add a child property to an existing property, use this syntax:

addProperty(<object>['<parent-property>'], '<child-property>', <value>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<object><object> はいYes ObjectObject プロパティを追加する JSON オブジェクトThe JSON object where you want to add a property
<parent-property><parent-property> はいYes stringString 子プロパティを追加する親プロパティの名前The name for parent property where you want to add the child property
<child-property><child-property> はいYes stringString 追加する子プロパティの名前The name for the child property to add
<value><value> はいYes AnyAny 指定したプロパティに設定する値The value to set for the specified property
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-object><updated-object> ObjectObject プロパティが設定された更新後の JSON オブジェクトThe updated JSON object whose property you set

例 1Example 1

この例では、JSON() 関数を使用して文字列から JSON に変換される JSON オブジェクトに middleName プロパティを追加します。This example adds the middleName property to a JSON object, which is converted from a string to JSON by using the JSON() function. このオブジェクトには、プロパティ firstNamesurName が既に含まれています。The object already includes the firstName and surName properties. この関数は、指定された値を新しいプロパティに割り当て、更新されたオブジェクトを返します。The function assigns the specified value to the new property and returns the updated object:

addProperty(json('{ "firstName": "Sophia", "lastName": "Owen" }'), 'middleName', 'Anne')

現在の JSON オブジェクトを次に示します。Here's the current JSON object:

{
   "firstName": "Sophia",
   "surName": "Owen"
}

更新された JSON オブジェクトを次に示します。Here's the updated JSON object:

{
   "firstName": "Sophia",
   "middleName": "Anne",
   "surName": "Owen"
}

例 2Example 2

この例では、JSON() 関数を使用して文字列から JSON に変換される JSON オブジェクトの既存の customerName プロパティに middleName 子プロパティを追加します。This example adds the middleName child property to the existing customerName property in a JSON object, which is converted from a string to JSON by using the JSON() function. この関数は、指定された値を新しいプロパティに割り当て、更新されたオブジェクトを返します。The function assigns the specified value to the new property and returns the updated object:

addProperty(json('{ "customerName": { "firstName": "Sophia", "surName": "Owen" } }')['customerName'], 'middleName', 'Anne')

現在の JSON オブジェクトを次に示します。Here's the current JSON object:

{
   "customerName": {
      "firstName": "Sophia",
      "surName": "Owen"
   }
}

更新された JSON オブジェクトを次に示します。Here's the updated JSON object:

{
   "customerName": {
      "firstName": "Sophia",
      "middleName": "Anne",
      "surName": "Owen"
   }
}

addSecondsaddSeconds

タイムスタンプに秒数を加算します。Add a number of seconds to a timestamp.

addSeconds('<timestamp>', <seconds>, '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<seconds><seconds> はいYes 整数Integer 追加する正または負の秒数The positive or negative number of seconds to add
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString タイムスタンプに指定した秒数を加えた値The timestamp plus the specified number of seconds

例 1Example 1

この例は、指定したタイムスタンプに 10 秒を加算します。This example adds 10 seconds to the specified timestamp:

addSeconds('2018-03-15T00:00:00Z', 10)

返される結果: "2018-03-15T00:00:10.0000000Z"And returns this result: "2018-03-15T00:00:10.0000000Z"

例 2Example 2

この例は、指定したタイムスタンプから 5 秒を減算します。This example subtracts five seconds to the specified timestamp:

addSeconds('2018-03-15T00:00:30Z', -5)

返される結果: "2018-03-15T00:00:25.0000000Z"And returns this result: "2018-03-15T00:00:25.0000000Z"

addToTimeaddToTime

タイムスタンプに時間単位数を加算します。Add a number of time units to a timestamp. getFutureTime() もご覧ください。See also getFutureTime().

addToTime('<timestamp>', <interval>, '<timeUnit>', '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<interval><interval> はいYes 整数Integer 追加する指定した時間単位の数The number of specified time units to add
<timeUnit><timeUnit> はいYes stringString 間隔と共に使用する時間単位:"Second"、"Minute"、"Hour"、"Day"、"Week"、"Month"、"Year"The unit of time to use with interval: "Second", "Minute", "Hour", "Day", "Week", "Month", "Year"
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString タイムスタンプに指定した時間単位数を加えた値The timestamp plus the specified number of time units

例 1Example 1

この例は、指定したタイムスタンプに 1 日を加算します。This example adds one day to the specified timestamp:

addToTime('2018-01-01T00:00:00Z', 1, 'Day')

返される結果: "2018-01-02T00:00:00.0000000Z"And returns this result: "2018-01-02T00:00:00.0000000Z"

例 2Example 2

この例は、指定したタイムスタンプに 1 日を加算します。This example adds one day to the specified timestamp:

addToTime('2018-01-01T00:00:00Z', 1, 'Day', 'D')

省略可能な "D" 形式を使用して返される結果: "Tuesday, January 2, 2018"And returns the result using the optional "D" format: "Tuesday, January 2, 2018"

andand

すべての式が true かどうかを調べます。Check whether all expressions are true. すべての式が true の場合は true を返し、少なくとも 1 つの式が false の場合は false を返します。Return true when all expressions are true, or return false when at least one expression is false.

and(<expression1>, <expression2>, ...)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<expression1>, <expression2>, ...<expression1>, <expression2>, ... はいYes BooleanBoolean 調べる式The expressions to check
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean すべての式が true の場合は true を返します。Return true when all expressions are true. 少なくとも 1 つの式が false の場合は false を返します。Return false when at least one expression is false.

例 1Example 1

これらの例は、指定したブール値がすべて true かどうかを調べます。These examples check whether the specified Boolean values are all true:

and(true, true)
and(false, true)
and(false, false)

次の結果を返します。And returns these results:

  • 1 番目の例:両方の式が true なので、true を返します。First example: Both expressions are true, so returns true.
  • 2 番目の例:片方の式が false なので、false を返します。Second example: One expression is false, so returns false.
  • 3 番目の例:両方の式が false なので、false を返します。Third example: Both expressions are false, so returns false.

例 2Example 2

これらの例は、指定した式がすべて true かどうかを調べます。These examples check whether the specified expressions are all true:

and(equals(1, 1), equals(2, 2))
and(equals(1, 1), equals(1, 2))
and(equals(1, 2), equals(1, 3))

次の結果を返します。And returns these results:

  • 1 番目の例:両方の式が true なので、true を返します。First example: Both expressions are true, so returns true.
  • 2 番目の例:片方の式が false なので、false を返します。Second example: One expression is false, so returns false.
  • 3 番目の例:両方の式が false なので、false を返します。Third example: Both expressions are false, so returns false.

arrayarray

指定した 1 つの入力から配列を返します。Return an array from a single specified input. 複数の入力の場合は、createArray() をご覧ください。For multiple inputs, see createArray().

array('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 配列を作成するための文字列The string for creating an array
戻り値Return value 種類Type 説明Description
[<value>][<value>] ArrayArray 指定した 1 つの入力を含む配列An array that contains the single specified input

Example

この例は、"hello" という文字列から配列を作成します。This example creates an array from the "hello" string:

array('hello')

返される結果: ["hello"]And returns this result: ["hello"]

base64base64

文字列の base64 エンコード バージョンを返します。Return the base64-encoded version for a string.

base64('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 入力文字列The input string
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<base64-string><base64-string> stringString 入力文字列の base64 エンコード バージョンThe base64-encoded version for the input string

Example

この例は、"hello" という文字列を base64 エンコード文字列に変換します。This example converts the "hello" string to a base64-encoded string:

base64('hello')

返される結果: "aGVsbG8="And returns this result: "aGVsbG8="

base64ToBinarybase64ToBinary

base64 エンコード文字列のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for a base64-encoded string.

base64ToBinary('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 変換する base64 エンコード文字列The base64-encoded string to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<binary-for-base64-string><binary-for-base64-string> stringString base64 エンコード文字列のバイナリ バージョンThe binary version for the base64-encoded string

Example

この例は、"aGVsbG8=" という base64 エンコード文字列をバイナリ文字列に変換します。This example converts the "aGVsbG8=" base64-encoded string to a binary string:

base64ToBinary('aGVsbG8=')

返される結果:And returns this result:

"0110000101000111010101100111001101100010010001110011100000111101"

base64ToStringbase64ToString

base64 エンコード文字列の文字列バージョンを返し、実質的に base64 の文字列をデコードします。Return the string version for a base64-encoded string, effectively decoding the base64 string. decodeBase64() ではなく、この関数を使用してください。Use this function rather than decodeBase64(). どちらの関数も機能は同じですが、base64ToString() をお勧めします。Although both functions work the same way, base64ToString() is preferred.

base64ToString('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString デコードする base64 エンコード文字列The base64-encoded string to decode
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<decoded-base64-string><decoded-base64-string> stringString base64 エンコード文字列の文字列バージョン。The string version for a base64-encoded string

Example

この例は、"aGVsbG8=" という base64 エンコード文字列を単なる文字列に変換します。This example converts the "aGVsbG8=" base64-encoded string to just a string:

base64ToString('aGVsbG8=')

返される結果: "hello"And returns this result: "hello"

binarybinary

文字列のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for a string.

binary('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 変換する文字列The string to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<binary-for-input-value><binary-for-input-value> stringString 指定した文字列のバイナリ バージョンThe binary version for the specified string

Example

この例は、"hello" という文字列をバイナリ文字列に変換します。This example converts the "hello" string to a binary string:

binary('hello')

返される結果:And returns this result:

"0110100001100101011011000110110001101111"

bodybody

実行時のアクションの body 出力を返します。Return an action's body output at runtime. actions('<actionName>').outputs.body の短縮形です。Shorthand for actions('<actionName>').outputs.body. actionBody() および actions() をご覧ください。See actionBody() and actions().

body('<actionName>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<actionName><actionName> はいYes stringString 取得するアクションの body 出力の名前The name for the action's body output that you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<action-body-output><action-body-output> stringString 指定したアクションからの body 出力The body output from the specified action

Example

この例は、Twitter アクション Get user からの body 出力を取得します。This example gets the body output from the Get user Twitter action:

body('Get_user')

返される結果:And returns this result:

"body": {
    "FullName": "Contoso Corporation",
    "Location": "Generic Town, USA",
    "Id": 283541717,
    "UserName": "ContosoInc",
    "FollowersCount": 172,
    "Description": "Leading the way in transforming the digital workplace.",
    "StatusesCount": 93,
    "FriendsCount": 126,
    "FavouritesCount": 46,
    "ProfileImageUrl": "https://pbs.twimg.com/profile_images/908820389907722240/gG9zaHcd_400x400.jpg"
}

boolbool

値のブール値バージョンを返します。Return the Boolean version for a value.

bool(<value>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes AnyAny 変換する値The value to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 指定した値のブール値バージョンThe Boolean version for the specified value

Example

これらの例は、指定した値をブール値に変換します。These examples convert the specified values to Boolean values:

bool(1)
bool(0)

次の結果を返します。And returns these results:

  • 1 番目の例: trueFirst example: true
  • 2 番目の例: falseSecond example: false

coalescecoalesce

1 つまたは複数のパラメーターから、最初の null 以外の値を返します。Return the first non-null value from one or more parameters. 空の文字列、空の配列、空のオブジェクトは null ではありません。Empty strings, empty arrays, and empty objects are not null.

coalesce(<object_1>, <object_2>, ...)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<object_1>, <object_2>, ...<object_1>, <object_2>, ... はいYes 任意、型が混在してもかまいませんAny, can mix types null かどうか調べる 1 つまたは複数の項目One or more items to check for null
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<first-non-null-item><first-non-null-item> AnyAny null ではない最初の項目または値。The first item or value that is not null. すべてのパラメーターが null の場合、この関数は null を返します。If all parameters are null, this function returns null.

Example

これらの例は、指定した値から最初の null 以外の値を返し、すべての値が null のときは null を返します。These examples return the first non-null value from the specified values, or null when all the values are null:

coalesce(null, true, false)
coalesce(null, 'hello', 'world')
coalesce(null, null, null)

次の結果を返します。And returns these results:

  • 1 番目の例: trueFirst example: true
  • 2 番目の例: "hello"Second example: "hello"
  • 3 番目の例: nullThird example: null

concatconcat

2 つ以上の文字列を結合し、結合された文字列を返します。Combine two or more strings, and return the combined string.

concat('<text1>', '<text2>', ...)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text1>, <text2>, ...<text1>, <text2>, ... はいYes stringString 結合する少なくとも 2 つの文字列At least two strings to combine
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<text1text2... ><text1text2...> stringString 入力文字列を結合して作成された文字列The string created from the combined input strings

Example

この例は、文字列 "Hello" と "World" を結合します。This example combines the strings "Hello" and "World":

concat('Hello', 'World')

返される結果: "HelloWorld"And returns this result: "HelloWorld"

containscontains

コレクションに特定の項目があるかどうかを確認します。Check whether a collection has a specific item. 項目が見つかった場合は true を返し、見つからない場合は false を返します。Return true when the item is found, or return false when not found. この関数は、大文字と小文字を区別します。This function is case-sensitive.

contains('<collection>', '<value>')
contains([<collection>], '<value>')

具体的には、この関数は次のコレクション型で動作します。Specifically, this function works on these collection types:

  • "文字列" からの "部分文字列" の検索A string to find a substring
  • "配列" からの "" の検索An array to find a value
  • "ディクショナリ" からの "キー" の検索A dictionary to find a key
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列、配列、ディクショナリString, Array, or Dictionary 調べるコレクションThe collection to check
<value><value> はいYes それぞれ文字列、配列、ディクショナリString, Array, or Dictionary, respectively 検索する項目The item to find
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 項目が見つかった場合は true を返します。Return true when the item is found. 見つからなかった場合は false を返します。Return false when not found.

例 1Example 1

この例は、文字列 "hello world" で部分文字列 "world" を調べて、true を返します。This example checks the string "hello world" for the substring "world" and returns true:

contains('hello world', 'world')

例 2Example 2

この例は、文字列 "hello world" で部分文字列 "universe" を調べて、false を返します。This example checks the string "hello world" for the substring "universe" and returns false:

contains('hello world', 'universe')

convertFromUtcconvertFromUtc

タイムスタンプを協定世界時 (UTC) からターゲット タイム ゾーンに変換します。Convert a timestamp from Universal Time Coordinated (UTC) to the target time zone.

convertFromUtc('<timestamp>', '<destinationTimeZone>', '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<destinationTimeZone><destinationTimeZone> はいYes stringString ターゲット タイム ゾーンの名前。The name for the target time zone. タイム ゾーン名については、「マイクロソフトのタイム ゾーンのインデックス値」を参照してください。ただし、タイム ゾーン名から句読点を削除することが必要な場合があります。For time zone names, see Microsoft Time Zone Index Values, but you might have to remove any punctuation from the time zone name.
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<converted-timestamp><converted-timestamp> stringString ターゲット タイム ゾーンに変換されたタイムスタンプThe timestamp converted to the target time zone

例 1Example 1

この例は、タイムスタンプを指定したタイム ゾーンに変換します。This example converts a timestamp to the specified time zone:

convertFromUtc('2018-01-01T08:00:00.0000000Z', 'Pacific Standard Time')

返される結果: "2018-01-01T00:00:00.0000000"And returns this result: "2018-01-01T00:00:00.0000000"

例 2Example 2

この例は、タイムスタンプを指定したタイム ゾーンに変換して形式を設定します。This example converts a timestamp to the specified time zone and format:

convertFromUtc('2018-01-01T08:00:00.0000000Z', 'Pacific Standard Time', 'D')

返される結果: "Monday, January 1, 2018"And returns this result: "Monday, January 1, 2018"

convertTimeZoneconvertTimeZone

タイムスタンプをソース タイム ゾーンからターゲット タイム ゾーンに変換します。Convert a timestamp from the source time zone to the target time zone.

convertTimeZone('<timestamp>', '<sourceTimeZone>', '<destinationTimeZone>', '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<sourceTimeZone><sourceTimeZone> はいYes stringString ソース タイム ゾーンの名前。The name for the source time zone. タイム ゾーン名については、「マイクロソフトのタイム ゾーンのインデックス値」を参照してください。ただし、タイム ゾーン名から句読点を削除することが必要な場合があります。For time zone names, see Microsoft Time Zone Index Values, but you might have to remove any punctuation from the time zone name.
<destinationTimeZone><destinationTimeZone> はいYes stringString ターゲット タイム ゾーンの名前。The name for the target time zone. タイム ゾーン名については、「マイクロソフトのタイム ゾーンのインデックス値」を参照してください。ただし、タイム ゾーン名から句読点を削除することが必要な場合があります。For time zone names, see Microsoft Time Zone Index Values, but you might have to remove any punctuation from the time zone name.
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<converted-timestamp><converted-timestamp> stringString ターゲット タイム ゾーンに変換されたタイムスタンプThe timestamp converted to the target time zone

例 1Example 1

この例は、ソース タイム ゾーンをターゲット タイム ゾーンに変換します。This example converts the source time zone to the target time zone:

convertTimeZone('2018-01-01T08:00:00.0000000Z', 'UTC', 'Pacific Standard Time')

返される結果: "2018-01-01T00:00:00.0000000"And returns this result: "2018-01-01T00:00:00.0000000"

例 2Example 2

この例は、タイム ゾーンを指定したタイム ゾーンに変換して形式を設定します。This example converts a time zone to the specified time zone and format:

convertTimeZone('2018-01-01T80:00:00.0000000Z', 'UTC', 'Pacific Standard Time', 'D')

返される結果: "Monday, January 1, 2018"And returns this result: "Monday, January 1, 2018"

convertToUtcconvertToUtc

タイムスタンプをソース タイム ゾーンから協定世界時 (UTC) に変換します。Convert a timestamp from the source time zone to Universal Time Coordinated (UTC).

convertToUtc('<timestamp>', '<sourceTimeZone>', '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<sourceTimeZone><sourceTimeZone> はいYes stringString ソース タイム ゾーンの名前。The name for the source time zone. タイム ゾーン名については、「マイクロソフトのタイム ゾーンのインデックス値」を参照してください。ただし、タイム ゾーン名から句読点を削除することが必要な場合があります。For time zone names, see Microsoft Time Zone Index Values, but you might have to remove any punctuation from the time zone name.
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<converted-timestamp><converted-timestamp> stringString UTC に変換されたタイムスタンプThe timestamp converted to UTC

例 1Example 1

この例は、タイムスタンプを UTC に変換します。This example converts a timestamp to UTC:

convertToUtc('01/01/2018 00:00:00', 'Pacific Standard Time')

返される結果: "2018-01-01T08:00:00.0000000Z"And returns this result: "2018-01-01T08:00:00.0000000Z"

例 2Example 2

この例は、タイムスタンプを UTC に変換します。This example converts a timestamp to UTC:

convertToUtc('01/01/2018 00:00:00', 'Pacific Standard Time', 'D')

返される結果: "Monday, January 1, 2018"And returns this result: "Monday, January 1, 2018"

createArraycreateArray

複数の入力から配列を作成して返します。Return an array from multiple inputs. 単一入力の配列については、array() をご覧ください。For single input arrays, see array().

createArray('<object1>', '<object2>', ...)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<object1>, <object2>, ...<object1>, <object2>, ... はいYes 任意、ただし混在していてはなりませんAny, but not mixed 配列を作成する少なくとも 2 つの項目At least two items to create the array
戻り値Return value 種類Type 説明Description
[<object1>, <object2>, ...][<object1>, <object2>, ...] ArrayArray すべての入力項目から作成された配列The array created from all the input items

Example

この例は、以下の入力から配列を作成します。This example creates an array from these inputs:

createArray('h', 'e', 'l', 'l', 'o')

返される結果: ["h", "e", "l", "l", "o"]And returns this result: ["h", "e", "l", "l", "o"]

dataUridataUri

文字列のデータ URI (Uniform Resource Identifier) を返します。Return a data uniform resource identifier (URI) for a string.

dataUri('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 変換する文字列The string to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<data-uri><data-uri> stringString 入力文字列に対するデータ URIThe data URI for the input string

Example

この例は、"hello" という文字列に対する URI を作成します。This example creates a data URI for the "hello" string:

dataUri('hello')

返される結果: "data:text/plain;charset=utf-8;base64,aGVsbG8="And returns this result: "data:text/plain;charset=utf-8;base64,aGVsbG8="

dataUriToBinarydataUriToBinary

データ URI (Uniform Resource Identifier) のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for a data uniform resource identifier (URI). decodeDataUri() ではなく、この関数を使用してください。Use this function rather than decodeDataUri(). どちらの関数も機能は同じですが、dataUriBinary() をお勧めします。Although both functions work the same way, dataUriBinary() is preferred.

dataUriToBinary('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 変換するデータ URIThe data URI to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<binary-for-data-uri><binary-for-data-uri> stringString データ URI のバイナリ バージョンThe binary version for the data URI

Example

この例は、次のデータ URI のバイナリ バージョンを作成します。This example creates a binary version for this data URI:

dataUriToBinary('data:text/plain;charset=utf-8;base64,aGVsbG8=')

返される結果:And returns this result:

"01100100011000010111010001100001001110100111010001100101011110000111010000101111011100000 1101100011000010110100101101110001110110110001101101000011000010111001001110011011001010111 0100001111010111010101110100011001100010110100111000001110110110001001100001011100110110010 10011011000110100001011000110000101000111010101100111001101100010010001110011100000111101"

dataUriToStringdataUriToString

データ URI (Uniform Resource Identifier) の文字列バージョンを返します。Return the string version for a data uniform resource identifier (URI).

dataUriToString('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 変換するデータ URIThe data URI to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<string-for-data-uri><string-for-data-uri> stringString データ URI の文字列バージョンThe string version for the data URI

Example

この例は、次のデータ URI の文字列を作成します。This example creates a string for this data URI:

dataUriToString('data:text/plain;charset=utf-8;base64,aGVsbG8=')

返される結果: "hello"And returns this result: "hello"

dayOfMonthdayOfMonth

タイムスタンプから月の日付を返します。Return the day of the month from a timestamp.

dayOfMonth('<timestamp>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<day-of-month><day-of-month> 整数Integer 指定したタイムスタンプの月の日付The day of the month from the specified timestamp

Example

この例は、次のタイムスタンプから月の日付を返します。This example returns the number for the day of the month from this timestamp:

dayOfMonth('2018-03-15T13:27:36Z')

返される結果: 15And returns this result: 15

dayOfWeekdayOfWeek

タイムスタンプから曜日を返します。Return the day of the week from a timestamp.

dayOfWeek('<timestamp>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<day-of-week><day-of-week> 整数Integer 指定したタイムスタンプの曜日。日曜日は 0、月曜日は 1、などとなります。The day of the week from the specified timestamp where Sunday is 0, Monday is 1, and so on

Example

この例は、次のタイムスタンプから曜日を返します。This example returns the number for the day of the week from this timestamp:

dayOfWeek('2018-03-15T13:27:36Z')

返される結果: 3And returns this result: 3

dayOfYeardayOfYear

タイムスタンプから年の何日目かを返します。Return the day of the year from a timestamp.

dayOfYear('<timestamp>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<day-of-year><day-of-year> 整数Integer 指定したタイムスタンプの年初からの通算日数The day of the year from the specified timestamp

Example

この例は、次のタイムスタンプから年の何日目かを返します。This example returns the number of the day of the year from this timestamp:

dayOfYear('2018-03-15T13:27:36Z')

返される結果: 74And returns this result: 74

decodeBase64decodeBase64

base64 エンコード文字列の文字列バージョンを返し、実質的に base64 の文字列をデコードします。Return the string version for a base64-encoded string, effectively decoding the base64 string. decodeBase64() ではなく、base64ToString() を使うようにしてください。Consider using base64ToString() rather than decodeBase64(). どちらの関数も機能は同じですが、base64ToString() をお勧めします。Although both functions work the same way, base64ToString() is preferred.

decodeBase64('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString デコードする base64 エンコード文字列The base64-encoded string to decode
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<decoded-base64-string><decoded-base64-string> stringString base64 エンコード文字列の文字列バージョン。The string version for a base64-encoded string

Example

この例は、base64 エンコード文字列の文字列を作成します。This example creates a string for a base64-encoded string:

decodeBase64('aGVsbG8=')

返される結果: "hello"And returns this result: "hello"

decodeDataUridecodeDataUri

データ URI (Uniform Resource Identifier) のバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for a data uniform resource identifier (URI). decodeDataUri() ではなく、dataUriToBinary() を使うようにしてください。Consider using dataUriToBinary(), rather than decodeDataUri(). どちらの関数も機能は同じですが、dataUriToBinary() をお勧めします。Although both functions work the same way, dataUriToBinary() is preferred.

decodeDataUri('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString デコードするデータ URI 文字列The data URI string to decode
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<binary-for-data-uri><binary-for-data-uri> stringString データ URI 文字列のバイナリ バージョンThe binary version for a data URI string

Example

この例は、次のデータ URI のバイナリ バージョンを返します。This example returns the binary version for this data URI:

decodeDataUri('data:text/plain;charset=utf-8;base64,aGVsbG8=')

返される結果:And returns this result:

"01100100011000010111010001100001001110100111010001100101011110000111010000101111011100000 1101100011000010110100101101110001110110110001101101000011000010111001001110011011001010111 0100001111010111010101110100011001100010110100111000001110110110001001100001011100110110010 10011011000110100001011000110000101000111010101100111001101100010010001110011100000111101"

decodeUriComponentdecodeUriComponent

エスケープ文字をデコード バージョンに置き換えた文字列を返します。Return a string that replaces escape characters with decoded versions.

decodeUriComponent('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString エスケープ文字をデコードする文字列The string with the escape characters to decode
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<decoded-uri><decoded-uri> stringString エスケープ文字がデコードされた更新後の文字列The updated string with the decoded escape characters

Example

この例は、次の文字列内のエスケープ文字をデコード バージョンに置き換えます。This example replaces the escape characters in this string with decoded versions:

decodeUriComponent('http%3A%2F%2Fcontoso.com')

返される結果: "https://contoso.com"And returns this result: "https://contoso.com"

divdiv

2 つの数値を除算した結果の整数値を返します。Return the integer result from dividing two numbers. 結果の残りの部分を取得するには、mod() をご覧ください。To get the remainder result, see mod().

div(<dividend>, <divisor>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<dividend><dividend> はいYes 整数または浮動小数点数Integer or Float divisor によって除算される値。The number to divide by the divisor
<divisor><divisor> はいYes 整数または浮動小数点数Integer or Float dividend を除算する値。0 にすることはできません。The number that divides the dividend, but cannot be 0
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<quotient-result><quotient-result> 整数Integer 1 番目の数値を 2 番目の数値で除算した結果の整数値The integer result from dividing the first number by the second number

Example

どちらの例も、1 番目の数値を 2 番目の数値で除算します。Both examples divide the first number by the second number:

div(10, 5)
div(11, 5)

返される結果: 2And return this result: 2

encodeUriComponentencodeUriComponent

URL の安全でない文字がエスケープ文字に置き換えられた、文字列の URI (Uniform Resource Identifier) エンコード バージョンを返します。Return a uniform resource identifier (URI) encoded version for a string by replacing URL-unsafe characters with escape characters. encodeUriComponent() ではなく、uriComponent() を使うようにしてください。Consider using uriComponent(), rather than encodeUriComponent(). どちらの関数も機能は同じですが、uriComponent() をお勧めします。Although both functions work the same way, uriComponent() is preferred.

encodeUriComponent('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString URI エンコード形式に変換する文字列The string to convert to URI-encoded format
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<encoded-uri><encoded-uri> stringString エスケープ文字が使われている URI エンコード文字列The URI-encoded string with escape characters

Example

この例は、次の文字列の URI エンコード バージョンを作成します。This example creates a URI-encoded version for this string:

encodeUriComponent('https://contoso.com')

返される結果: "http%3A%2F%2Fcontoso.com"And returns this result: "http%3A%2F%2Fcontoso.com"

emptyempty

コレクションが空かどうかを調べます。Check whether a collection is empty. コレクションが空の場合は true を返し、空でない場合は false を返します。Return true when the collection is empty, or return false when not empty.

empty('<collection>')
empty([<collection>])
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列、配列、オブジェクトString, Array, or Object 調べるコレクションThe collection to check
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean コレクションが空の場合は true を返します。Return true when the collection is empty. 空でない場合は false を返します。Return false when not empty.

Example

これらの例は、指定したコレクションが空かどうかを調べます。These examples check whether the specified collections are empty:

empty('')
empty('abc')

次の結果を返します。And returns these results:

  • 1 番目の例:空の文字列を渡しているので、関数は true を返します。First example: Passes an empty string, so the function returns true.
  • 2 番目の例:文字列 "abc" を渡しているので、関数は false を返します。Second example: Passes the string "abc", so the function returns false.

endsWithendsWith

文字列が特定の部分文字列で終わっているかどうかを調べます。Check whether a string ends with a specific substring. 部分文字列が見つかった場合は true を返し、見つからない場合は false を返します。Return true when the substring is found, or return false when not found. この関数は、大文字と小文字を区別しません。This function is not case-sensitive.

endsWith('<text>', '<searchText>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text><text> はいYes stringString 調べる文字列。The string to check
<searchText><searchText> はいYes stringString 検索する末尾の部分文字列The ending substring to find
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 末尾の部分文字列が見つかった場合は true を返します。Return true when the ending substring is found. 見つからなかった場合は false を返します。Return false when not found.

例 1Example 1

この例は、文字列 "hello world" が文字列 "world" で終わっているかどうかを調べます。This example checks whether the "hello world" string ends with the "world" string:

endsWith('hello world', 'world')

返される結果: trueAnd returns this result: true

例 2Example 2

この例は、文字列 "hello world" が文字列 "universe" で終わっているかどうかを調べます。This example checks whether the "hello world" string ends with the "universe" string:

endsWith('hello world', 'universe')

返される結果: falseAnd returns this result: false

equalsequals

両方の値、式、またはオブジェクトが等しいかどうかを調べます。Check whether both values, expressions, or objects are equivalent. 両方が等しい場合は true を返し、等しくない場合は false を返します。Return true when both are equivalent, or return false when they're not equivalent.

equals('<object1>', '<object2>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<object1>, <object2><object1>, <object2> はいYes 各種Various 比較する値、式、またはオブジェクトThe values, expressions, or objects to compare
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 両方が等しい場合は true を返します。Return true when both are equivalent. 等しくない場合は false を返します。Return false when not equivalent.

Example

これらの例は、指定した入力が等しいかどうかを調べます。These examples check whether the specified inputs are equivalent.

equals(true, 1)
equals('abc', 'abcd')

次の結果を返します。And returns these results:

  • 1 番目の例:両方の値が等しいので、関数は true を返します。First example: Both values are equivalent, so the function returns true.
  • 2 番目の例:両方の値が等しくないので、関数は false を返します。Second example: Both values aren't equivalent, so the function returns false.

firstfirst

文字列または配列から最初の項目を返します。Return the first item from a string or array.

first('<collection>')
first([<collection>])
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列、配列String or Array 最初の項目を検索するコレクションThe collection where to find the first item
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<first-collection-item><first-collection-item> AnyAny コレクション内の最初の項目The first item in the collection

Example

これらの例は、以下のコレクション内の最初の項目を検索します。These examples find the first item in these collections:

first('hello')
first(createArray(0, 1, 2))

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例: "h"First example: "h"
  • 2 番目の例: 0Second example: 0

floatfloat

浮動小数点数の文字列バージョンを実際の浮動小数点数に変換します。Convert a string version for a floating-point number to an actual floating point number. この関数は、ロジック アプリやフローなどのアプリにカスタム パラメーターを渡す場合にのみ使用できます。You can use this function only when passing custom parameters to an app, for example, a logic app or flow.

float('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 変換する有効な浮動小数点数を含む文字列The string that has a valid floating-point number to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<float-value><float-value> FloatFloat 指定した文字列の浮動小数点数The floating-point number for the specified string

Example

この例は、次の浮動小数点数の文字列バージョンを作成します。This example creates a string version for this floating-point number:

float('10.333')

返される結果: 10.333And returns this result: 10.333

formatDateTimeformatDateTime

指定した形式でタイムスタンプを返します。Return a timestamp in the specified format.

formatDateTime('<timestamp>', '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<reformatted-timestamp><reformatted-timestamp> stringString 指定した形式に更新されたタイムスタンプ。The updated timestamp in the specified format

Example

この例は、タイムスタンプを指定した形式に変換します。This example converts a timestamp to the specified format:

formatDateTime('03/15/2018 12:00:00', 'yyyy-MM-ddTHH:mm:ss')

返される結果: "2018-03-15T12:00:00"And returns this result: "2018-03-15T12:00:00"

formDataMultiValuesformDataMultiValues

アクションの form-data 出力または form-encoded 出力内のキー名と一致する値の配列を返します。Return an array with values that match a key name in an action's form-data or form-encoded output.

formDataMultiValues('<actionName>', '<key>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<actionName><actionName> はいYes stringString 出力が指定したキー値であるアクションThe action whose output has the key value you want
<key><key> はいYes stringString 値を指定するキーの名前The name for the key whose value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
[<array-with-key-values>][<array-with-key-values>] ArrayArray 指定したキーと一致するすべての値で構成される配列An array with all the values that match the specified key

Example

この例は、指定したアクションの form-data 出力または form-encoded 出力内の "Subject" キーの値から配列を作成します。This example creates an array from the "Subject" key's value in the specified action's form-data or form-encoded output:

formDataMultiValues('Send_an_email', 'Subject')

配列で件名のテキストを返します (例: ["Hello world"])And returns the subject text in an array, for example: ["Hello world"]

formDataValueformDataValue

アクションの form-data 出力または form-encoded 出力内のキー名と一致する単一の値を返します。Return a single value that matches a key name in an action's form-data or form-encoded output. 複数の一致が見つかった場合、関数はエラーをスローします。If the function finds more than one match, the function throws an error.

formDataValue('<actionName>', '<key>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<actionName><actionName> はいYes stringString 出力が指定したキー値であるアクションThe action whose output has the key value you want
<key><key> はいYes stringString 値を指定するキーの名前The name for the key whose value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<key-value><key-value> stringString 指定したキーの値The value in the specified key

Example

この例は、指定したアクションの form-data 出力または form-encoded 出力内の "Subject" キーの値から文字列を作成します。This example creates a string from the "Subject" key's value in the specified action's form-data or form-encoded output:

formDataValue('Send_an_email', 'Subject')

文字列として件名のテキストを返します (例: "Hello world")And returns the subject text as a string, for example: "Hello world"

getFutureTimegetFutureTime

現在のタイムスタンプに指定した時刻単位を加えて返します。Return the current timestamp plus the specified time units.

getFutureTime(<interval>, <timeUnit>, <format>?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<interval><interval> はいYes 整数Integer 追加する指定した時間単位の数The number of specified time units to add
<timeUnit><timeUnit> はいYes stringString 間隔と共に使用する時間単位:"Second"、"Minute"、"Hour"、"Day"、"Week"、"Month"、"Year"The unit of time to use with interval: "Second", "Minute", "Hour", "Day", "Week", "Month", "Year"
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString 現在のタイムスタンプに指定した時間単位数を加えた値The current timestamp plus the specified number of time units

例 1Example 1

現在のタイムスタンプが "2018-03-01T00:00:00.0000000Z" であるものとします。Suppose the current timestamp is "2018-03-01T00:00:00.0000000Z". この例は、そのタイムスタンプに 5 日を加算します。This example adds five days to that timestamp:

getFutureTime(5, 'Day')

返される結果: "2018-03-06T00:00:00.0000000Z"And returns this result: "2018-03-06T00:00:00.0000000Z"

例 2Example 2

現在のタイムスタンプが "2018-03-01T00:00:00.0000000Z" であるものとします。Suppose the current timestamp is "2018-03-01T00:00:00.0000000Z". この例は、5 日を加算して、結果を "D" 形式に変換します。This example adds five days and converts the result to "D" format:

getFutureTime(5, 'Day', 'D')

返される結果: "Tuesday, March 6, 2018"And returns this result: "Tuesday, March 6, 2018"

getPastTimegetPastTime

現在のタイムスタンプから指定した時刻単位を引いて返します。Return the current timestamp minus the specified time units.

getPastTime(<interval>, <timeUnit>, <format>?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<interval><interval> はいYes 整数Integer 減算する指定した時間単位の数The number of specified time units to subtract
<timeUnit><timeUnit> はいYes stringString 間隔と共に使用する時間単位:"Second"、"Minute"、"Hour"、"Day"、"Week"、"Month"、"Year"The unit of time to use with interval: "Second", "Minute", "Hour", "Day", "Week", "Month", "Year"
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString 現在のタイムスタンプから指定した時間単位数を引いた値The current timestamp minus the specified number of time units

例 1Example 1

現在のタイムスタンプが "2018-02-01T00:00:00.0000000Z" であるものとします。Suppose the current timestamp is "2018-02-01T00:00:00.0000000Z". この例は、そのタイムスタンプから 5 日を減算します。This example subtracts five days from that timestamp:

getPastTime(5, 'Day')

返される結果: "2018-01-27T00:00:00.0000000Z"And returns this result: "2018-01-27T00:00:00.0000000Z"

例 2Example 2

現在のタイムスタンプが "2018-02-01T00:00:00.0000000Z" であるものとします。Suppose the current timestamp is "2018-02-01T00:00:00.0000000Z". この例は、5 日を減算して、結果を "D" 形式に変換します。This example subtracts five days and converts the result to "D" format:

getPastTime(5, 'Day', 'D')

返される結果: "Saturday, January 27, 2018"And returns this result: "Saturday, January 27, 2018"

greatergreater

1 番目の値が 2 番目の値より大きいかどうかを調べます。Check whether the first value is greater than the second value. 1 番目の値の方が大きい場合は true を返し、大きくない場合は false を返します。Return true when the first value is more, or return false when less.

greater(<value>, <compareTo>)
greater('<value>', '<compareTo>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes 整数、浮動小数点数、混合Integer, Float, or String 2 番目の値より大きいかどうかを調べる 1 番目の値The first value to check whether greater than the second value
<compareTo><compareTo> はいYes それぞれ整数、浮動小数点数、混合Integer, Float, or String, respectively 比較する値The comparison value
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 1 番目の値が 2 番目の値より大きい場合は true を返します。Return true when the first value is greater than the second value. 1 番目の値が 2 番目の値以下の場合は false を返します。Return false when the first value is equal to or less than the second value.

Example

これらの例は、1 番目の値が 2 番目の値より大きいかどうかを調べます。These examples check whether the first value is greater than the second value:

greater(10, 5)
greater('apple', 'banana')

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例: trueFirst example: true
  • 2 番目の例: falseSecond example: false

greaterOrEqualsgreaterOrEquals

1 番目の値が 2 番目の値以上かどうかを調べます。Check whether the first value is greater than or equal to the second value. 1 番目の値が大きいか等しい場合は true を返し、小さい場合は false を返します。Return true when the first value is greater or equal, or return false when the first value is less.

greaterOrEquals(<value>, <compareTo>)
greaterOrEquals('<value>', '<compareTo>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes 整数、浮動小数点数、混合Integer, Float, or String 2 番目の値以上かどうかを調べる 1 番目の値。The first value to check whether greater than or equal to the second value
<compareTo><compareTo> はいYes それぞれ整数、浮動小数点数、混合Integer, Float, or String, respectively 比較する値The comparison value
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 1 番目の値が 2 番目の値より大きいか等しい場合は true を返します。Return true when the first value is greater than or equal to the second value. 1 番目の値が 2 番目より小さい場合は false を返します。Return false when the first value is less than the second value.

Example

これらの例は、1 番目の値が 2 番目の値以上かどうかを調べます。These examples check whether the first value is greater or equal than the second value:

greaterOrEquals(5, 5)
greaterOrEquals('apple', 'banana')

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例: trueFirst example: true
  • 2 番目の例: falseSecond example: false

guidguid

グローバル一意識別子 (GUID) を文字列として生成します (例: "c2ecc88d-88c8-4096-912c-d6f2e2b138ce")。Generate a globally unique identifier (GUID) as a string, for example, "c2ecc88d-88c8-4096-912c-d6f2e2b138ce":

guid()

既定の "D" 形式 (ハイフンで区切られた 32 桁) 以外の GUID 形式を指定することもできます。Also, you can specify a different format for the GUID other than the default format, "D", which is 32 digits separated by hyphens.

guid('<format>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<format><format> いいえNo stringString 返される GUID の単一の形式指定子A single format specifier for the returned GUID. 規定の形式は "D" ですが、"N"、"D"、"B"、"P"、"X" も指定できます。By default, the format is "D", but you can use "N", "D", "B", "P", or "X".
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<GUID-value><GUID-value> stringString ランダムに生成された GUIDA randomly generated GUID

Example

この例は同じ GUID を生成しますが、32 桁で、ハイフンによって区切られており、かっこで囲まれています。This example generates the same GUID, but as 32 digits, separated by hyphens, and enclosed in parentheses:

guid('P')

返される結果: "(c2ecc88d-88c8-4096-912c-d6f2e2b138ce)"And returns this result: "(c2ecc88d-88c8-4096-912c-d6f2e2b138ce)"

ifif

式が true か false かを調べます。Check whether an expression is true or false. 結果に基づき、指定された値を返します。Based on the result, return a specified value.

if(<expression>, <valueIfTrue>, <valueIfFalse>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<expression><expression> はいYes BooleanBoolean 調べる式。The expression to check
<valueIfTrue><valueIfTrue> はいYes AnyAny 式が true の場合に返す値The value to return when the expression is true
<valueIfFalse><valueIfFalse> はいYes AnyAny 式が false の場合に返す値The value to return when the expression is false
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<specified-return-value><specified-return-value> AnyAny 式が true か false かに基づいて返すように指定された値The specified value that returns based on whether the expression is true or false

Example

この例は、指定した式が true を返すため "yes" を返します。This example returns "yes" because the specified expression returns true. それ以外の場合、この例は "no" を返します。Otherwise, the example returns "no":

if(equals(1, 1), 'yes', 'no')

indexOfindexOf

部分文字列の開始位置またはインデックス値を返します。Return the starting position or index value for a substring. この関数は大文字と小文字を区別せず、インデックスは値 0 から始まります。This function is not case-sensitive, and indexes start with the number 0.

indexOf('<text>', '<searchText>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text><text> はいYes stringString 検索する部分文字列を含む文字列The string that has the substring to find
<searchText><searchText> はいYes stringString 検索する部分文字列The substring to find
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<index-value><index-value> 整数Integer 指定した部分文字列の開始位置またはインデックス値。The starting position or index value for the specified substring.

文字列が見つからない場合は、値 -1 を返します。If the string is not found, return the number -1.

Example

この例は、文字列 "hello world" 内で部分文字列 "world" の開始インデックス値を検索します。This example finds the starting index value for the "world" substring in the "hello world" string:

indexOf('hello world', 'world')

返される結果: 6And returns this result: 6

intint

文字列の整数バージョンを返します。Return the integer version for a string.

int('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 変換する文字列The string to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<integer-result><integer-result> 整数Integer 指定した文字列の整数バージョンThe integer version for the specified string

Example

この例は、文字列 "10" の整数バージョンを作成します。This example creates an integer version for the string "10":

int('10')

返される結果: 10And returns this result: 10

itemitem

配列に対する繰り返しアクションの内部で使うと、アクションの現在の繰り返しの間に配列の現在の項目を返します。When used inside a repeating action over an array, return the current item in the array during the action's current iteration. その項目のプロパティから値を取得することもできます。You can also get the values from that item's properties.

item()
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<current-array-item><current-array-item> AnyAny アクションの現在の繰り返しに対する配列内の現在の項目The current item in the array for the action's current iteration

Example

この例は、for-each ループの現在の繰り返しの内部で "Send_an_email" アクションに対する現在のメッセージから body 要素を取得します。This example gets the body element from the current message for the "Send_an_email" action inside a for-each loop's current iteration:

item().body

itemsitems

for-each ループの各サイクルから現在の項目を返します。Return the current item from each cycle in a for-each loop. この関数は、for-each ループの内部で使います。Use this function inside the for-each loop.

items('<loopName>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<loopName><loopName> はいYes stringString for-each ループの名前The name for the for-each loop
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<item><item> AnyAny 指定した for-each ループの現在のサイクルからの項目The item from the current cycle in the specified for-each loop

Example

この例は、指定した for-each ループから現在の項目を取得します。This example gets the current item from the specified for-each loop:

items('myForEachLoopName')

iterationIndexesiterationIndexes

Until ループ内の現在の繰り返しのインデックス値を返します。Return the index value for the current iteration inside an Until loop. この関数は、入れ子になった Until ループ内で使用できます。You can use this function inside nested Until loops.

iterationIndexes('<loopName>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<loopName><loopName> はいYes stringString Until ループの名前The name for the Until loop
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<index><index> 整数Integer 指定された Until ループ内の現在の繰り返しのインデックス値The index value for the current iteration inside the specified Until loop

Example

この例では、カウンター変数を作成し、カウンター値が 5 に達するまで、Until ループ内の各繰り返しの間に 1 つずつその変数を増分します。This example creates a counter variable and increments that variable by one during each iteration in an Until loop until the counter value reaches five. また、この例では各繰り返しの現在のインデックスを追跡する変数も作成します。The example also creates a variable that tracks the current index for each iteration. Until ループで、各繰り返しの間にカウンターを増分し、カウンターの値を現在のインデックス値に割り当ててから、カウンターを増分します。In the Until loop, during each iteration, the example increments the counter and then assigns the counter value to the current index value and then increments the counter. いつでも、現在のインデックス値を取得することによって、現在の繰り返しの回数を判別できます。At any time, you can determine the current iteration number by retrieving the current index value.

{
   "actions": {
      "Create_counter_variable": {
         "type": "InitializeVariable",
         "inputs": {
            "variables": [ 
               {
                  "name": "myCounter",
                  "type": "Integer",
                  "value": 0
               }
            ]
         },
         "runAfter": {}
      },
      "Create_current_index_variable": {
         "type": "InitializeVariable",
         "inputs": {
            "variables": [
               {
                  "name": "myCurrentLoopIndex",
                  "type": "Integer",
                  "value": 0
               }
            ]
         },
         "runAfter": {
            "Create_counter_variable": [ "Succeeded" ]
         }
      },
      "Until": {
         "type": "Until",
         "actions": {
            "Assign_current_index_to_counter": {
               "type": "SetVariable",
               "inputs": {
                  "name": "myCurrentLoopIndex",
                  "value": "@variables('myCounter')"
               },
               "runAfter": {
                  "Increment_variable": [ "Succeeded" ]
               }
            },
            "Increment_variable": {
               "type": "IncrementVariable",
               "inputs": {
                  "name": "myCounter",
                  "value": 1
               },
               "runAfter": {}
            }
         },
         "expression": "@equals(variables('myCounter'), 5),
         "limit": {
            "count": 60,
            "timeout": "PT1H"
         },
         "runAfter": {
            "Create_current_index_variable": [ "Succeeded" ]
         }
      }
   }
}

jsonjson

文字列または XML に対する JSON (JavaScript Object Notation) 型の値またはオブジェクトを返します。Return the JavaScript Object Notation (JSON) type value or object for a string or XML.

json('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes 文字列、XMLString or XML 変換する文字列または XMLThe string or XML to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<JSON-result><JSON-result> JSON ネイティブの型またはオブジェクトJSON native type or object 指定した文字列または XML に対する JSON ネイティブの型の値またはオブジェクト。The JSON native type value or object for the specified string or XML. 文字列が null の場合、この関数は空のオブジェクトを返します。If the string is null, the function returns an empty object.

例 1Example 1

この例は、次の文字列を JSON 値に変換します。This example converts this string to the JSON value:

json('[1, 2, 3]')

返される結果: [1, 2, 3]And returns this result: [1, 2, 3]

例 2Example 2

この例は、次の文字列を JSON に変換します。This example converts this string to JSON:

json('{"fullName": "Sophia Owen"}')

返される結果:And returns this result:

{
  "fullName": "Sophia Owen"
}

例 3Example 3

この例は、次の XML を JSON に変換します。This example converts this XML to JSON:

json(xml('<?xml version="1.0"?> <root> <person id='1'> <name>Sophia Owen</name> <occupation>Engineer</occupation> </person> </root>'))

返される結果:And returns this result:

{
   "?xml": { "@version": "1.0" },
   "root": {
      "person": [ {
         "@id": "1",
         "name": "Sophia Owen",
         "occupation": "Engineer"
      } ]
   }
}

intersectionintersection

指定したコレクションすべてに共通する項目 "のみ" を含むコレクションを返します。Return a collection that has only the common items across the specified collections. 結果に含まれるためには、この関数に渡されるすべてのコレクションに項目が含まれる必要があります。To appear in the result, an item must appear in all the collections passed to this function. 1 つまたは複数の項目が同じ名前である場合は、その名前を持つ最後の項目が結果に含まれます。If one or more items have the same name, the last item with that name appears in the result.

intersection([<collection1>], [<collection2>], ...)
intersection('<collection1>', '<collection2>', ...)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<collection1>, <collection2>, ...<collection1>, <collection2>, ... はいYes 配列またはオブジェクト、両方ともは不可Array or Object, but not both 共通項目 "のみ" を抽出するコレクションThe collections from where you want only the common items
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<common-items><common-items> それぞれ、配列またはオブジェクトArray or Object, respectively 指定したコレクションすべてに共通する項目のみを含むコレクションA collection that has only the common items across the specified collections

Example

この例は、次のすべての配列に共通する項目を検索します。This example finds the common items across these arrays:

intersection(createArray(1, 2, 3), createArray(101, 2, 1, 10), createArray(6, 8, 1, 2))

そして、それらの項目 [1, 2] "のみ" を含む配列を返します。And returns an array with only these items: [1, 2]

joinjoin

配列のすべての項目を含み、各文字が "区切り記号" で区切られた文字列を返します。Return a string that has all the items from an array and has each character separated by a delimiter.

join([<collection>], '<delimiter>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<collection><collection> はいYes ArrayArray 結合する項目を含む配列The array that has the items to join
<delimiter><delimiter> はいYes stringString 結果の文字列内の各文字の間に挿入される区切り記号The separator that appears between each character in the resulting string
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<char1><delimiter><char2><delimiter>...<char1><delimiter><char2><delimiter>... stringString 指定した配列内のすべての項目から作成された結果の文字列The resulting string created from all the items in the specified array

Example

この例は、指定した文字で区切られた、次の配列のすべての項目を含む文字列を作成します。This example creates a string from all the items in this array with the specified character as the delimiter:

join(createArray('a', 'b', 'c'), '.')

返される結果: "a.b.c"And returns this result: "a.b.c"

lastlast

コレクションから最後の項目を返します。Return the last item from a collection.

last('<collection>')
last([<collection>])
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列、配列String or Array 最後の項目を検索するコレクションThe collection where to find the last item
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<last-collection-item><last-collection-item> それぞれ文字列、配列String or Array, respectively コレクション内の最後の項目The last item in the collection

Example

これらの例は、以下のコレクション内の最後の項目を検索します。These examples find the last item in these collections:

last('abcd')
last(createArray(0, 1, 2, 3))

次の結果を返します。And returns these results:

  • 1 番目の例: "d"First example: "d"
  • 2 番目の例: 3Second example: 3

lastIndexOflastIndexOf

部分文字列の最後の出現箇所の開始位置またはインデックス値を返します。Return the starting position or index value for the last occurrence of a substring. この関数は大文字と小文字を区別せず、インデックスは値 0 から始まります。This function is not case-sensitive, and indexes start with the number 0.

lastIndexOf('<text>', '<searchText>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text><text> はいYes stringString 検索する部分文字列を含む文字列The string that has the substring to find
<searchText><searchText> はいYes stringString 検索する部分文字列The substring to find
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<ending-index-value><ending-index-value> 整数Integer 指定された部分文字列の最後の出現箇所の開始位置またはインデックス値。The starting position or index value for the last occurrence of the specified substring.

文字列が見つからない場合は、値 -1 を返します。If the string is not found, return the number -1.

Example

この例は、文字列 "hello world" 内の部分文字列 "world" の最後の出現箇所の開始インデックス値を検索します。This example finds the starting index value for the last occurrence of the "world" substring in the "hello world" string:

lastIndexOf('hello world', 'world')

返される結果: 6And returns this result: 6

lengthlength

コレクション内の項目の数を返します。Return the number of items in a collection.

length('<collection>')
length([<collection>])
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列、配列String or Array 項目を数えるコレクションThe collection with the items to count
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<length-or-count><length-or-count> 整数Integer コレクション内の項目数The number of items in the collection

Example

これらの例は、次のコレクション内の項目の数をカウントします。These examples count the number of items in these collections:

length('abcd')
length(createArray(0, 1, 2, 3))

返される結果: 4And return this result: 4

lessless

1 番目の値が 2 番目の値より小さいかどうかを調べます。Check whether the first value is less than the second value. 1 番目の値の方が小さい場合は true を返し、小さくないい場合は false を返します。Return true when the first value is less, or return false when the first value is more.

less(<value>, <compareTo>)
less('<value>', '<compareTo>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes 整数、浮動小数点数、混合Integer, Float, or String 2 番目の値より小さいかどうかを調べる 1 番目の値The first value to check whether less than the second value
<compareTo><compareTo> はいYes それぞれ整数、浮動小数点数、混合Integer, Float, or String, respectively 比較する項目The comparison item
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 1 番目の値の方が 2 番目より小さい場合は true を返します。Return true when the first value is less than the second value. 1 番目の値が 2 番目の値以上の場合は false を返します。Return false when the first value is equal to or greater than the second value.

Example

これらの例は、1 番目の値が 2 番目の値より小さいかどうかを調べます。These examples check whether the first value is less than the second value.

less(5, 10)
less('banana', 'apple')

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例: trueFirst example: true
  • 2 番目の例: falseSecond example: false

lessOrEqualslessOrEquals

1 番目の値が 2 番目の値以下かどうかを調べます。Check whether the first value is less than or equal to the second value. 1 番目の値が小さいか等しい場合は true を返し、大きい場合は false を返します。Return true when the first value is less than or equal, or return false when the first value is more.

lessOrEquals(<value>, <compareTo>)
lessOrEquals('<value>', '<compareTo>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes 整数、浮動小数点数、混合Integer, Float, or String 2 番目の値以下かどうかを調べる 1 番目の値。The first value to check whether less than or equal to the second value
<compareTo><compareTo> はいYes それぞれ整数、浮動小数点数、混合Integer, Float, or String, respectively 比較する項目The comparison item
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 1 番目の値が 2 番目の値より小さいか等しい場合は true を返します。Return true when the first value is less than or equal to the second value. 1 番目の値が 2 番目の値より大きい場合は false を返します。Return false when the first value is greater than the second value.

Example

これらの例は、1 番目の値が 2 番目の値以下かどうかを調べます。These examples check whether the first value is less or equal than the second value.

lessOrEquals(10, 10)
lessOrEquals('apply', 'apple')

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例: trueFirst example: true
  • 2 番目の例: falseSecond example: false

listCallbackUrllistCallbackUrl

トリガーまたはアクションを呼び出す "コールバック URL" を返します。Return the "callback URL" that calls a trigger or action. この関数は、HttpWebhook および ApiConnectionWebhook コネクタ型に対するトリガーとアクションでのみ機能し、ManualRecurrenceHTTP、および APIConnection 型では機能しません。This function works only with triggers and actions for the HttpWebhook and ApiConnectionWebhook connector types, but not the Manual, Recurrence, HTTP, and APIConnection types.

listCallbackUrl()
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<callback-URL><callback-URL> stringString トリガーまたはアクションに対するコールバック URLThe callback URL for a trigger or action

Example

この例は、この関数が返すことのあるコールバック URL の例を示します。This example shows a sample callback URL that this function might return:

"https://prod-01.westus.logic.azure.com:443/workflows/<*workflow-ID*>/triggers/manual/run?api-version=2016-10-01&sp=%2Ftriggers%2Fmanual%2Frun&sv=1.0&sig=<*signature-ID*>"

maxmax

両端を含む数値のリストまたは配列から最大の値を返します。Return the highest value from a list or array with numbers that is inclusive at both ends.

max(<number1>, <number2>, ...)
max([<number1>, <number2>, ...])
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<number1>, <number2>, ...<number1>, <number2>, ... はいYes 整数、浮動小数点数、または両方Integer, Float, or both 最大値を取得する数値のセットThe set of numbers from which you want the highest value
[<number1>, <number2>, ...][<number1>, <number2>, ...] はいYes 配列 - 整数、浮動小数点数、または両方Array - Integer, Float, or both 最大値を取得する数値の配列The array of numbers from which you want the highest value
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<max-value><max-value> 整数または浮動小数点数Integer or Float 指定した配列内または数値セット内で最大の値The highest value in the specified array or set of numbers

Example

これらの例は、数値のセットと配列から最大値を取得します。These examples get the highest value from the set of numbers and the array:

max(1, 2, 3)
max(createArray(1, 2, 3))

返される結果: 3And return this result: 3

minmin

数値のセットまたは配列から最小の値を返します。Return the lowest value from a set of numbers or an array.

min(<number1>, <number2>, ...)
min([<number1>, <number2>, ...])
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<number1>, <number2>, ...<number1>, <number2>, ... はいYes 整数、浮動小数点数、または両方Integer, Float, or both 最小値を取得する数値のセットThe set of numbers from which you want the lowest value
[<number1>, <number2>, ...][<number1>, <number2>, ...] はいYes 配列 - 整数、浮動小数点数、または両方Array - Integer, Float, or both 最小値を取得する数値の配列The array of numbers from which you want the lowest value
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<min-value><min-value> 整数または浮動小数点数Integer or Float 指定した数値セット内または配列内で最小の値The lowest value in the specified set of numbers or specified array

Example

これらの例は、数値のセットと配列で最小の値を取得します。These examples get the lowest value in the set of numbers and the array:

min(1, 2, 3)
min(createArray(1, 2, 3))

返される結果: 1And return this result: 1

modmod

2 つの数値を除算した剰余を返します。Return the remainder from dividing two numbers. 整数の結果を取得するには、div() をご覧ください。To get the integer result, see div().

mod(<dividend>, <divisor>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<dividend><dividend> はいYes 整数または浮動小数点数Integer or Float divisor によって除算される値。The number to divide by the divisor
<divisor><divisor> はいYes 整数または浮動小数点数Integer or Float dividend を除算する値。0 にすることはできません。The number that divides the dividend, but cannot be 0.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<modulo-result><modulo-result> 整数または浮動小数点数Integer or Float 1 番目の数値を 2 番目の数値で除算した剰余The remainder from dividing the first number by the second number

Example

この例は、1 番目の数値を 2 番目の数値で除算します。This example divides the first number by the second number:

mod(3, 2)

返される結果: 1And return this result: 1

mulmul

2 つの数値を乗算した積を返します。Return the product from multiplying two numbers.

mul(<multiplicand1>, <multiplicand2>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<multiplicand1><multiplicand1> はいYes 整数または浮動小数点数Integer or Float multiplicand2 と乗算する値The number to multiply by multiplicand2
<multiplicand2><multiplicand2> はいYes 整数または浮動小数点数Integer or Float multiplicand1 と乗算する値The number that multiples multiplicand1
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<product-result><product-result> 整数または浮動小数点数Integer or Float 1 番目の数値と 2 番目の数値を乗算した積The product from multiplying the first number by the second number

Example

これらの例は、1 番目の数値と 2 番目の数値を乗算します。These examples multiple the first number by the second number:

mul(1, 2)
mul(1.5, 2)

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例: 2First example: 2
  • 2 番目の例: 3Second example 3

multipartBodymultipartBody

複数の部分を持つアクションの出力の特定の部分に対する本文を返します。Return the body for a specific part in an action's output that has multiple parts.

multipartBody('<actionName>', <index>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<actionName><actionName> はいYes stringString 複数の部分を含む出力を持つアクションの名前The name for the action that has output with multiple parts
<index><index> はいYes 整数Integer 取得する部分のインデックス値The index value for the part that you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<body><body> stringString 指定した部分の本文The body for the specified part

notnot

式が false かどうかを調べます。Check whether an expression is false. 式が false の場合は true を返し、true の場合は false を返します。Return true when the expression is false, or return false when true.

not(<expression>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<expression><expression> はいYes BooleanBoolean 調べる式。The expression to check
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 式が false の場合は true を返します。Return true when the expression is false. 式が true の場合は false を返します。Return false when the expression is true.

例 1Example 1

これらの例は、指定した式が false かどうかを調べます。These examples check whether the specified expressions are false:

not(false)
not(true)

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例:式が false なので、関数は true を返します。First example: The expression is false, so the function returns true.
  • 2 番目の例:式が true なので、関数は false を返します。Second example: The expression is true, so the function returns false.

例 2Example 2

これらの例は、指定した式が false かどうかを調べます。These examples check whether the specified expressions are false:

not(equals(1, 2))
not(equals(1, 1))

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例:式が false なので、関数は true を返します。First example: The expression is false, so the function returns true.
  • 2 番目の例:式が true なので、関数は false を返します。Second example: The expression is true, so the function returns false.

oror

少なくとも 1 つの式が true かどうかを調べます。Check whether at least one expression is true. 少なくとも 1 つの式が true の場合は true を返し、すべての式が false の場合は false を返します。Return true when at least one expression is true, or return false when all are false.

or(<expression1>, <expression2>, ...)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<expression1>, <expression2>, ...<expression1>, <expression2>, ... はいYes BooleanBoolean 調べる式The expressions to check
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 少なくとも 1 つの式が true の場合は true を返します。Return true when at least one expression is true. すべての式が false の場合は false を返します。Return false when all expressions are false.

例 1Example 1

これらの例は、少なくとも 1 つの式が true かどうかを調べます。These examples check whether at least one expression is true:

or(true, false)
or(false, false)

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例:少なくとも 1 つの式が true なので、関数は true を返します。First example: At least one expression is true, so the function returns true.
  • 2 番目の例:両方の式が false なので、関数は false を返します。Second example: Both expressions are false, so the function returns false.

例 2Example 2

これらの例は、少なくとも 1 つの式が true かどうかを調べます。These examples check whether at least one expression is true:

or(equals(1, 1), equals(1, 2))
or(equals(1, 2), equals(1, 3))

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例:少なくとも 1 つの式が true なので、関数は true を返します。First example: At least one expression is true, so the function returns true.
  • 2 番目の例:両方の式が false なので、関数は false を返します。Second example: Both expressions are false, so the function returns false.

outputsoutputs

実行時のアクションの出力を返します。Return an action's outputs at runtime. ロジック アプリ デザイナーで outputs() に解決される actionOutputs() ではなく、この関数を使用してください。Use this function, rather than actionOutputs(), which resolves to outputs() in the Logic App Designer. どちらの関数も機能は同じですが、outputs() をお勧めします。Although both functions work the same way, outputs() is preferred.

outputs('<actionName>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<actionName><actionName> はいYes stringString 取得するアクションの出力の名前The name for the action's output that you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<output><output> stringString 指定したアクションからの出力The output from the specified action

Example

この例は、Twitter アクション Get user からの出力を取得します。This example gets the output from the Twitter action Get user:

outputs('Get_user')

返される結果:And returns this result:

{
  "statusCode": 200,
  "headers": {
    "Pragma": "no-cache",
    "Vary": "Accept-Encoding",
    "x-ms-request-id": "a916ec8f52211265d98159adde2efe0b",
    "X-Content-Type-Options": "nosniff",
    "Timing-Allow-Origin": "*",
    "Cache-Control": "no-cache",
    "Date": "Mon, 09 Apr 2018 18:47:12 GMT",
    "Set-Cookie": "ARRAffinity=b9400932367ab5e3b6802e3d6158afffb12fcde8666715f5a5fbd4142d0f0b7d;Path=/;HttpOnly;Domain=twitter-wus.azconn-wus.p.azurewebsites.net",
    "X-AspNet-Version": "4.0.30319",
    "X-Powered-By": "ASP.NET",
    "Content-Type": "application/json; charset=utf-8",
    "Expires": "-1",
    "Content-Length": "339"
  },
  "body": {
    "FullName": "Contoso Corporation",
    "Location": "Generic Town, USA",
    "Id": 283541717,
    "UserName": "ContosoInc",
    "FollowersCount": 172,
    "Description": "Leading the way in transforming the digital workplace.",
    "StatusesCount": 93,
    "FriendsCount": 126,
    "FavouritesCount": 46,
    "ProfileImageUrl": "https://pbs.twimg.com/profile_images/908820389907722240/gG9zaHcd_400x400.jpg"
  }
}

parametersparameters

ワークフローの定義で記述されているパラメーターの値を返します。Return the value for a parameter that is described in your workflow definition.

parameters('<parameterName>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<parameterName><parameterName> はいYes stringString 値を取得するパラメーターの名前。The name for the parameter whose value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<parameter-value><parameter-value> AnyAny 指定したパラメーターの値The value for the specified parameter

Example

次のような JSON 値があるものとします。Suppose that you have this JSON value:

{
  "fullName": "Sophia Owen"
}

この例は、指定したパラメーターの値を取得します。This example gets the value for the specified parameter:

parameters('fullName')

返される結果: "Sophia Owen"And returns this result: "Sophia Owen"

randrand

指定した範囲からランダムな整数を返します。開始側の端のみを含みます。Return a random integer from a specified range, which is inclusive only at the starting end.

rand(<minValue>, <maxValue>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<minValue><minValue> はいYes 整数Integer 範囲に含まれる最小の整数The lowest integer in the range
<maxValue><maxValue> はいYes 整数Integer 関数が返すことのできる範囲内で最も大きい整数の次の整数The integer that follows the highest integer in the range that the function can return
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<random-result><random-result> 整数Integer 指定した範囲から返されるランダムな整数The random integer returned from the specified range

Example

この例は、指定した範囲 (最大値は除きます) からランダムな整数を取得します。This example gets a random integer from the specified range, excluding the maximum value:

rand(1, 5)

結果として次のいずれかの整数が返ります: 1234And returns one of these numbers as the result: 1, 2, 3, or 4

rangerange

指定した整数から始まる整数の配列を返します。Return an integer array that starts from a specified integer.

range(<startIndex>, <count>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<startIndex><startIndex> はいYes 整数Integer 最初の項目として配列を開始する整数値An integer value that starts the array as the first item
<count><count> はいYes 整数Integer 配列内の整数の数The number of integers in the array
戻り値Return value 種類Type 説明Description
[<range-result>][<range-result>] ArrayArray 指定したインデックスから始まる整数の配列The array with integers starting from the specified index

Example

この例は、指定したインデックスから始まり、指定された数の整数を含む、整数の配列を作成します。This example creates an integer array that starts from the specified index and has the specified number of integers:

range(1, 4)

返される結果: [1, 2, 3, 4]And returns this result: [1, 2, 3, 4]

replacereplace

部分文字列を指定した文字列で置換し、結果の文字列を返します。Replace a substring with the specified string, and return the result string. この関数は、大文字と小文字を区別します。This function is case-sensitive.

replace('<text>', '<oldText>', '<newText>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text><text> はいYes stringString 置換する部分文字列を含む文字列The string that has the substring to replace
<oldText><oldText> はいYes stringString 置換前の部分文字列The substring to replace
<newText><newText> はいYes stringString 置換後の文字列The replacement string
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-text><updated-text> stringString 部分文字列を置換した後の更新された文字列The updated string after replacing the substring

部分文字列が見つからない場合は、元の文字列を返します。If the substring is not found, return the original string.

Example

この例は、文字列 "the old string" で部分文字列 "old" を検索し、"old" を "new" に置き換えます。This example finds the "old" substring in "the old string" and replaces "old" with "new":

replace('the old string', 'old', 'new')

返される結果: "the new string"And returns this result: "the new string"

removePropertyremoveProperty

オブジェクトからプロパティを削除し、更新されたオブジェクトを返します。Remove a property from an object and return the updated object. 削除しようとしたプロパティが存在しない場合、この関数は元のオブジェクトを返します。If the property that you try to remove doesn't exist, the function returns the original object.

removeProperty(<object>, '<property>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<object><object> はいYes ObjectObject プロパティを削除する JSON オブジェクトThe JSON object from where you want to remove a property
<property><property> はいYes stringString 削除するプロパティの名前The name for the property to remove
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-object><updated-object> ObjectObject 指定したプロパティを含まない更新された JSON オブジェクトThe updated JSON object without the specified property

既存のプロパティから子プロパティを削除するには、次の構文を使用します。To remove a child property from an existing property, use this syntax:

removeProperty(<object>['<parent-property>'], '<child-property>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<object><object> はいYes ObjectObject プロパティを削除する JSON オブジェクトThe JSON object whose property you want to remove
<parent-property><parent-property> はいYes stringString 子プロパティを削除する親プロパティの名前The name for parent property with the child property that you want to remove
<child-property><child-property> はいYes stringString 削除する子プロパティの名前The name for the child property to remove
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-object><updated-object> ObjectObject 子プロパティが削除された、更新済みの JSON オブジェクトThe updated JSON object whose child property that you removed

例 1Example 1

この例では、JSON() 関数を使用して文字列から JSON に変換される JSON オブジェクトから middleName プロパティを削除し、更新されたオブジェクトを返します。This example removes the middleName property from a JSON object, which is converted from a string to JSON by using the JSON() function, and returns the updated object:

removeProperty(json('{ "firstName": "Sophia", "middleName": "Anne", "surName": "Owen" }'), 'middleName')

現在の JSON オブジェクトを次に示します。Here's the current JSON object:

{
   "firstName": "Sophia",
   "middleName": "Anne",
   "surName": "Owen"
}

更新された JSON オブジェクトを次に示します。Here's the updated JSON object:

{
   "firstName": "Sophia",
   "surName": "Owen"
}

例 2Example 2

この例では、JSON() 関数を使用して文字列から JSON に変換される JSON オブジェクトの customerName 親プロパティから middleName 子プロパティを削除し、更新されたオブジェクトを返します。This example removes the middleName child property from a customerName parent property in a JSON object, which is converted from a string to JSON by using the JSON() function, and returns the updated object:

removeProperty(json('{ "customerName": { "firstName": "Sophia", "middleName": "Anne", "surName": "Owen" } }')['customerName'], 'middleName')

現在の JSON オブジェクトを次に示します。Here's the current JSON object:

{
   "customerName": {
      "firstName": "Sophia",
      "middleName": "Anne",
      "surName": "Owen"
   }
}

更新された JSON オブジェクトを次に示します。Here's the updated JSON object:

{
   "customerName": {
      "firstName": "Sophia",
      "surName": "Owen"
   }
}

resultresult

For_eachUntilScope アクションなど、指定されたスコープ付きアクション内のすべてのアクションからの入力と出力を返します。Return the inputs and outputs from all the actions that are inside the specified scoped action, such as a For_each, Until, or Scope action. この関数は、例外を診断して処理できるように、失敗したアクションの結果を返すため、役立ちます。This function is useful returning the results from a failed action so that you can diagnose and handle exceptions. 詳細については「エラーのコンテキストと結果を取得する」をご覧ください。For more information, see Get context and results for failures.

result('<scopedActionName>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<scopedActionName><scopedActionName> はいYes stringString すべての内部アクションからの入力と出力を返すスコープ付きアクションの名前。The name of the scoped action from which to return the inputs and outputs from all the inner actions
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<array-object><array-object> Array オブジェクトArray object 指定されたスコープ付きアクション内に出現する各アクションからの入力と出力の配列を格納している配列An array that contains arrays of inputs and outputs from each action that appears inside the specified scoped action

Example

この例では、Compose アクションで result() 関数を使用して、For_each ループ内にある HTTP アクションの各繰り返しからの入力と出力を返します。This example returns the inputs and outputs from each iteration of an HTTP action inside that's inside a For_each loop by using the result() function in the Compose action:

{
   "actions": {
      "Compose": {
         "inputs": "@result('For_each')",
         "runAfter": {
            "For_each": [
               "Succeeded"
            ]
         },
         "type": "compose"
      },
      "For_each": {
         "actions": {
            "HTTP": {
               "inputs": {
                  "method": "GET",
                  "uri": "https://httpstat.us/200"
               },
               "runAfter": {},
               "type": "Http"
            }
         },
         "foreach": "@triggerBody()",
         "runAfter": {},
         "type": "Foreach"
      }
   }
}

以下に、返される配列の例を示します。ここで、外側の outputs オブジェクトに、For_each アクション内にあるアクションの各繰り返しからの入力と出力が格納されています。Here's how the example returned array might look where the outer outputs object contains the inputs and outputs from each iteration of the actions inside the For_each action.

[
   {
      "name": "HTTP",
      "outputs": [
         {
            "name": "HTTP",
            "inputs": {
               "uri": "https://httpstat.us/200",
               "method": "GET"
            },
            "outputs": {
               "statusCode": 200,
               "headers": {
                   "X-AspNetMvc-Version": "5.1",
                   "Access-Control-Allow-Origin": "*",
                   "Cache-Control": "private",
                   "Date": "Tue, 20 Aug 2019 22:15:37 GMT",
                   "Set-Cookie": "ARRAffinity=0285cfbea9f2ee7",
                   "Server": "Microsoft-IIS/10.0",
                   "X-AspNet-Version": "4.0.30319",
                   "X-Powered-By": "ASP.NET",
                   "Content-Length": "0"
               },
               "startTime": "2019-08-20T22:15:37.6919631Z",
               "endTime": "2019-08-20T22:15:37.95762Z",
               "trackingId": "6bad3015-0444-4ccd-a971-cbb0c99a7.....",
               "clientTrackingId": "085863526764.....",
               "code": "OK",
               "status": "Succeeded"
            }
         },
         {
            "name": "HTTP",
            "inputs": {
               "uri": "https://httpstat.us/200",
               "method": "GET"
            },
            "outputs": {
            "statusCode": 200,
               "headers": {
                   "X-AspNetMvc-Version": "5.1",
                   "Access-Control-Allow-Origin": "*",
                   "Cache-Control": "private",
                   "Date": "Tue, 20 Aug 2019 22:15:37 GMT",
                   "Set-Cookie": "ARRAffinity=0285cfbea9f2ee7",
                   "Server": "Microsoft-IIS/10.0",
                   "X-AspNet-Version": "4.0.30319",
                   "X-Powered-By": "ASP.NET",
                   "Content-Length": "0"
               },
               "startTime": "2019-08-20T22:15:37.6919631Z",
               "endTime": "2019-08-20T22:15:37.95762Z",
               "trackingId": "9987e889-981b-41c5-aa27-f3e0e59bf69.....",
               "clientTrackingId": "085863526764.....",
               "code": "OK",
               "status": "Succeeded"
            }
         }
      ]
   }
]

setPropertysetProperty

JSON オブジェクトのプロパティの値を設定し、更新されたオブジェクトを返します。Set the value for JSON object's property and return the updated object. 設定しようとしたプロパティが存在しない場合、そのプロパティがオブジェクトに追加されます。If the property that you try to set doesn't exist, the property gets added to the object. 新しいプロパティを追加するには、addProperty() 関数を使用します。To add a new property, use the addProperty() function.

setProperty(<object>, '<property>', <value>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<object><object> はいYes ObjectObject プロパティを設定する JSON オブジェクトThe JSON object whose property you want to set
<property><property> はいYes stringString 設定する既存または新規のプロパティの名前The name for the existing or new property to set
<value><value> はいYes AnyAny 指定したプロパティに設定する値The value to set for the specified property

子オブジェクト内に子プロパティを設定するには、入れ子になった setProperty() 呼び出しを代わりに使用します。To set the child property in a child object, use a nested setProperty() call instead. それ以外の場合、関数は子オブジェクトだけを出力として返します。Otherwise, the function returns only the child object as output.

setProperty(<object>['<parent-property>'], '<parent-property>', setProperty(<object>['parentProperty'], '<child-property>', <value>))
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<object><object> はいYes ObjectObject プロパティを設定する JSON オブジェクトThe JSON object whose property you want to set
<parent-property><parent-property> はいYes stringString 子プロパティを設定する親プロパティの名前The name for parent property with the child property that you want to set
<child-property><child-property> はいYes stringString 設定する子プロパティの名前The name for the child property to set
<value><value> はいYes AnyAny 指定したプロパティに設定する値The value to set for the specified property
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-object><updated-object> ObjectObject プロパティが設定された更新後の JSON オブジェクトThe updated JSON object whose property you set

例 1Example 1

この例では JSON() 関数を使用して文字列から JSON に変換される JSON オブジェクトに surName プロパティを設定します。This example sets the surName property in a JSON object, which is converted from a string to JSON by using the JSON() function. この関数は、指定された値をこのプロパティに割り当て、更新されたオブジェクトを返します。The function assigns the specified value to the property and returns the updated object:

setProperty(json('{ "firstName": "Sophia", "surName": "Owen" }'), 'surName', 'Hartnett')

現在の JSON オブジェクトを次に示します。Here's the current JSON object:

{
   "firstName": "Sophia",
   "surName": "Owen"
}

更新された JSON オブジェクトを次に示します。Here's the updated JSON object:

{
   "firstName": "Sophia",
   "surName": "Hartnett"
}

例 2Example 2

この例では、JSON() 関数を使用して文字列から JSON に変換される JSON オブジェクトの customerName 親プロパティに surName 子プロパティを設定します。This example sets the surName child property for the customerName parent property in a JSON object, which is converted from a string to JSON by using the JSON() function. この関数は、指定された値をこのプロパティに割り当て、更新されたオブジェクトを返します。The function assigns the specified value to the property and returns the updated object:

setProperty(json('{ "customerName": { "firstName": "Sophia", "surName": "Owen" } }'), 'customerName', setProperty(json('{ "customerName": { "firstName": "Sophia", "surName": "Owen" } }')['customerName'], 'surName', 'Hartnett'))

現在の JSON オブジェクトを次に示します。Here's the current JSON object:

{
   "customerName": {
      "firstName": "Sophie",
      "surName": "Owen"
   }
}

更新された JSON オブジェクトを次に示します。Here's the updated JSON object:

{
   "customerName": {
      "firstName": "Sophie",
      "surName": "Hartnett"
   }
}

skipskip

コレクションの先頭から項目を削除し、"他のすべて" の項目を返します。Remove items from the front of a collection, and return all the other items.

skip([<collection>], <count>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<collection><collection> はいYes ArrayArray 項目を削除するコレクションThe collection whose items you want to remove
<count><count> はいYes 整数Integer 先頭から削除する項目の数を示す正の整数A positive integer for the number of items to remove at the front
戻り値Return value 種類Type 説明Description
[<updated-collection>][<updated-collection>] ArrayArray 指定した項目を削除した後の更新されたコレクションThe updated collection after removing the specified items

Example

この例は、指定した配列の先頭から 1 つの項目 (番号 0) を削除します。This example removes one item, the number 0, from the front of the specified array:

skip(createArray(0, 1, 2, 3), 1)

そして、残りの項目を含む配列 [1,2,3] を返します。And returns this array with the remaining items: [1,2,3]

splitsplit

元の文字列で指定された区切り文字に基づいて、コンマで区切られた部分文字列を含む配列を返します。Return an array that contains substrings, separated by commas, based on the specified delimiter character in the original string.

split('<text>', '<delimiter>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text><text> はいYes stringString 元の文字列で指定された区切り記号に基づいて部分文字列に分割する文字列The string to separate into substrings based on the specified delimiter in the original string
<delimiter><delimiter> はいYes stringString 区切り記号として使用する、元の文字列内の文字The character in the original string to use as the delimiter
戻り値Return value 種類Type 説明Description
[<substring1>,<substring2>,...][<substring1>,<substring2>,...] ArrayArray コンマで区切られた、元の文字列からの部分文字列を含む配列An array that contains substrings from the original string, separated by commas

Example

この例では、区切り記号として指定した文字に基づいて指定された文字列からの部分文字列を含む配列を作成します。This example creates an array with substrings from the specified string based on the specified character as the delimiter:

split('a_b_c', '_')

返される配列の結果: ["a","b","c"]And returns this array as the result: ["a","b","c"]

startOfDaystartOfDay

タイムスタンプの日の開始日時を返します。Return the start of the day for a timestamp.

startOfDay('<timestamp>', '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString 指定したタイムスタンプの日の午前 0 時を表す日時文字列The specified timestamp but starting at the zero-hour mark for the day

Example

この例は、次のタイムスタンプの日の開始を取得します。This example finds the start of the day for this timestamp:

startOfDay('2018-03-15T13:30:30Z')

返される結果: "2018-03-15T00:00:00.0000000Z"And returns this result: "2018-03-15T00:00:00.0000000Z"

startOfHourstartOfHour

タイムスタンプの時刻の開始を返します。Return the start of the hour for a timestamp.

startOfHour('<timestamp>', '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString 指定したタイムスタンプの時刻の 0 分を表す日時文字列The specified timestamp but starting at the zero-minute mark for the hour

Example

この例は、次のタイムスタンプの時刻の開始を取得します。This example finds the start of the hour for this timestamp:

startOfHour('2018-03-15T13:30:30Z')

返される結果: "2018-03-15T13:00:00.0000000Z"And returns this result: "2018-03-15T13:00:00.0000000Z"

startOfMonthstartOfMonth

タイムスタンプの月の開始を返します。Return the start of the month for a timestamp.

startOfMonth('<timestamp>', '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString 指定したタイムスタンプの月の開始日の午前 0 時を表す文字列The specified timestamp but starting on the first day of the month at the zero-hour mark

Example

この例は、次のタイムスタンプの月の開始を返します。This example returns the start of the month for this timestamp:

startOfMonth('2018-03-15T13:30:30Z')

返される結果: "2018-03-01T00:00:00.0000000Z"And returns this result: "2018-03-01T00:00:00.0000000Z"

startsWithstartsWith

文字列が特定の部分文字列で始まっているかどうかを調べます。Check whether a string starts with a specific substring. 部分文字列が見つかった場合は true を返し、見つからない場合は false を返します。Return true when the substring is found, or return false when not found. この関数は、大文字と小文字を区別しません。This function is not case-sensitive.

startsWith('<text>', '<searchText>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text><text> はいYes stringString 調べる文字列。The string to check
<searchText><searchText> はいYes stringString 検索する開始文字列The starting string to find
戻り値Return value 種類Type 説明Description
true または falsetrue or false BooleanBoolean 先頭の部分文字列が見つかった場合は true を返します。Return true when the starting substring is found. 見つからなかった場合は false を返します。Return false when not found.

例 1Example 1

この例は、文字列 "hello world" が部分文字列 "hello" で始まっているかどうかを調べます。This example checks whether the "hello world" string starts with the "hello" substring:

startsWith('hello world', 'hello')

返される結果: trueAnd returns this result: true

例 2Example 2

この例は、文字列 "hello world" が部分文字列 "greetings" で始まっているかどうかを調べます。This example checks whether the "hello world" string starts with the "greetings" substring:

startsWith('hello world', 'greetings')

返される結果: falseAnd returns this result: false

stringstring

値の文字列バージョンを返します。Return the string version for a value.

string(<value>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes AnyAny 変換する値The value to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<string-value><string-value> stringString 指定した値の文字列バージョンThe string version for the specified value

例 1Example 1

この例は、次の数値の文字列バージョンを作成します。This example creates the string version for this number:

string(10)

返される結果: "10"And returns this result: "10"

例 2Example 2

この例は、指定した JSON オブジェクトの文字列を作成します。二重引用符 (") のエスケープ文字として、バックスラッシュ文字 (\) を使います。This example creates a string for the specified JSON object and uses the backslash character (\) as an escape character for the double-quotation mark (").

string( { "name": "Sophie Owen" } )

返される結果: "{ \\"name\\": \\"Sophie Owen\\" }"And returns this result: "{ \\"name\\": \\"Sophie Owen\\" }"

subsub

1 番目の数値から 2 番目の数値を減算して、結果を返します。Return the result from subtracting the second number from the first number.

sub(<minuend>, <subtrahend>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<minuend><minuend> はいYes 整数または浮動小数点数Integer or Float subtrahend を引く数値The number from which to subtract the subtrahend
<subtrahend><subtrahend> はいYes 整数または浮動小数点数Integer or Float minuend から引く数値The number to subtract from the minuend
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<result><result> 整数または浮動小数点数Integer or Float 1 番目の数値から 2 番目の数値を減算した結果The result from subtracting the second number from the first number

Example

この例は、1 番目の数値から 2 番目の数値を減算します。This example subtracts the second number from the first number:

sub(10.3, .3)

返される結果: 10And returns this result: 10

substringsubstring

文字列から、指定された位置またはインデックスから始まる文字を返します。Return characters from a string, starting from the specified position, or index. インデックス値は 0 から始まります。Index values start with the number 0.

substring('<text>', <startIndex>, <length>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text><text> はいYes stringString 文字を取得する文字列The string whose characters you want
<startIndex><startIndex> はいYes 整数Integer 開始位置またはインデックスの値として使用する 0 以上の正の数A positive number equal to or greater than 0 that you want to use as the starting position or index value
<length><length> はいYes 整数Integer 取得する部分文字列の文字数を示す正の値A positive number of characters that you want in the substring
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<substring-result><substring-result> stringString ソース文字列の指定したインデックス位置から始まる、指定した文字数を含む部分文字列A substring with the specified number of characters, starting at the specified index position in the source string

Example

この例は、指定した文字列のインデックス値 6 から始まる 5 文字を含む部分文字列を作成します。This example creates a five-character substring from the specified string, starting from the index value 6:

substring('hello world', 6, 5)

返される結果: "world"And returns this result: "world"

subtractFromTimesubtractFromTime

タイムスタンプから時間単位数を減算します。Subtract a number of time units from a timestamp. getPastTime もご覧ください。See also getPastTime.

subtractFromTime('<timestamp>', <interval>, '<timeUnit>', '<format>'?)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプを含む文字列。The string that contains the timestamp
<interval><interval> はいYes 整数Integer 減算する指定した時間単位の数The number of specified time units to subtract
<timeUnit><timeUnit> はいYes stringString 間隔と共に使用する時間単位:"Second"、"Minute"、"Hour"、"Day"、"Week"、"Month"、"Year"The unit of time to use with interval: "Second", "Minute", "Hour", "Day", "Week", "Month", "Year"
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updated-timestamp><updated-timestamp> stringString タイムスタンプから指定した時間単位数を引いた値The timestamp minus the specified number of time units

例 1Example 1

この例は、次のタイムスタンプから 1 日を減算します。This example subtracts one day from this timestamp:

subtractFromTime('2018-01-02T00:00:00Z', 1, 'Day')

返される結果: "2018-01-01T00:00:00:0000000Z"And returns this result: "2018-01-01T00:00:00:0000000Z"

例 2Example 2

この例は、次のタイムスタンプから 1 日を減算します。This example subtracts one day from this timestamp:

subtractFromTime('2018-01-02T00:00:00Z', 1, 'Day', 'D')

省略可能な "D" 形式を使用して返される結果: "Monday, January, 1, 2018"And returns this result using the optional "D" format: "Monday, January, 1, 2018"

taketake

コレクションの先頭から項目を返します。Return items from the front of a collection.

take('<collection>', <count>)
take([<collection>], <count>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<collection><collection> はいYes 文字列、配列String or Array 項目を取得するコレクションThe collection whose items you want
<count><count> はいYes 整数Integer 先頭から取得する項目の数を示す正の整数A positive integer for the number of items that you want from the front
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<subset> または [<subset>]<subset> or [<subset>] それぞれ文字列、配列String or Array, respectively 元のコレクションの先頭から取得された指定個数の項目を含む文字列または配列A string or array that has the specified number of items taken from the front of the original collection

Example

これらの例は、次のコレクションの先頭から指定した数の項目を取得します。These examples get the specified number of items from the front of these collections:

take('abcde', 3)
take(createArray(0, 1, 2, 3, 4), 3)

次の結果を返します。And return these results:

  • 1 番目の例: "abc"First example: "abc"
  • 2 番目の例: [0, 1, 2]Second example: [0, 1, 2]

ticksticks

指定したタイムスタンプの ticks プロパティの値を返します。Return the ticks property value for a specified timestamp. "ティック" は 100 ナノ秒の間隔です。A tick is a 100-nanosecond interval.

ticks('<timestamp>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<timestamp><timestamp> はいYes stringString タイムスタンプの文字列The string for a timestamp
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<ticks-number><ticks-number> 整数Integer 指定したタイムスタンプからのティック数The number of ticks since the specified timestamp

toLowertoLower

小文字の形式で文字列を返します。Return a string in lowercase format. 文字列内の文字に小文字バージョンがない場合、その文字は返される文字列に変更されないまま残ります。If a character in the string doesn't have a lowercase version, that character stays unchanged in the returned string.

toLower('<text>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text><text> はいYes stringString 小文字形式で返される文字列The string to return in lowercase format
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<lowercase-text><lowercase-text> stringString 元の文字列の小文字形式The original string in lowercase format

Example

この例は、次の文字列を小文字に変換します。This example converts this string to lowercase:

toLower('Hello World')

返される結果: "hello world"And returns this result: "hello world"

toUppertoUpper

大文字の形式で文字列を返します。Return a string in uppercase format. 文字列内の文字に大文字バージョンがない場合、その文字は返される文字列に変更されないまま残ります。If a character in the string doesn't have an uppercase version, that character stays unchanged in the returned string.

toUpper('<text>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text><text> はいYes stringString 大文字形式で返される文字列The string to return in uppercase format
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<uppercase-text><uppercase-text> stringString 元の文字列の大文字形式The original string in uppercase format

Example

この例は、次の文字列を大文字に変換します。This example converts this string to uppercase:

toUpper('Hello World')

返される結果: "HELLO WORLD"And returns this result: "HELLO WORLD"

triggertrigger

実行時のトリガーの出力を返すか、または式に割り当てることができる他の JSON の名前と値のペアの値を返します。Return a trigger's output at runtime, or values from other JSON name-and-value pairs, which you can assign to an expression.

  • トリガーの入力の内部では、この関数は前の実行からの出力を返します。Inside a trigger's inputs, this function returns the output from the previous execution.

  • トリガーの条件の内部では、この関数は現在の実行からの出力を返します。Inside a trigger's condition, this function returns the output from the current execution.

既定では、この関数はトリガー オブジェクト全体を参照しますが、必要に応じて値を取得するプロパティを指定することができます。By default, the function references the entire trigger object, but you can optionally specify a property whose value that you want. この関数には短縮バージョンがあります。triggerOutputs() および triggerBody() をご覧ください。Also, this function has shorthand versions available, see triggerOutputs() and triggerBody().

trigger()
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<trigger-output><trigger-output> stringString 実行時のトリガーからの出力The output from a trigger at runtime

triggerBodytriggerBody

実行時にトリガーの body 出力を返します。Return a trigger's body output at runtime. trigger().outputs.body の短縮形です。Shorthand for trigger().outputs.body. trigger() をご覧ください。See trigger().

triggerBody()
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<trigger-body-output><trigger-body-output> stringString トリガーからの body 出力The body output from the trigger

triggerFormDataMultiValuestriggerFormDataMultiValues

トリガーの form-data 出力または form-encoded 出力内のキー名と一致する値の配列を返します。Return an array with values that match a key name in a trigger's form-data or form-encoded output.

triggerFormDataMultiValues('<key>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<key><key> はいYes stringString 値を指定するキーの名前The name for the key whose value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
[<array-with-key-values>][<array-with-key-values>] ArrayArray 指定したキーと一致するすべての値で構成される配列An array with all the values that match the specified key

Example

この例は、RSS トリガーの form-data 出力または form-encoded 出力内の "feedUrl" キーの値から配列を作成します。This example creates an array from the "feedUrl" key value in an RSS trigger's form-data or form-encoded output:

triggerFormDataMultiValues('feedUrl')

例の結果として返される配列: ["http://feeds.reuters.com/reuters/topNews"]And returns this array as an example result: ["http://feeds.reuters.com/reuters/topNews"]

triggerFormDataValuetriggerFormDataValue

トリガーの form-data 出力または form-encoded 出力内のキー名と一致する単一の値の文字列を返します。Return a string with a single value that matches a key name in a trigger's form-data or form-encoded output. 複数の一致が見つかった場合、関数はエラーをスローします。If the function finds more than one match, the function throws an error.

triggerFormDataValue('<key>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<key><key> はいYes stringString 値を指定するキーの名前The name for the key whose value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<key-value><key-value> stringString 指定したキーの値The value in the specified key

Example

この例は、RSS トリガーの form-data 出力または form-encoded 出力内の "feedUrl" キーの値から文字列を作成します。This example creates a string from the "feedUrl" key value in an RSS trigger's form-data or form-encoded output:

triggerFormDataValue('feedUrl')

例の結果として返される文字列: "http://feeds.reuters.com/reuters/topNews"And returns this string as an example result: "http://feeds.reuters.com/reuters/topNews"

triggerMultipartBodytriggerMultipartBody

複数の部分を持つトリガーの出力の特定の部分に対する本文を返します。Return the body for a specific part in a trigger's output that has multiple parts.

triggerMultipartBody(<index>)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<index><index> はいYes 整数Integer 取得する部分のインデックス値The index value for the part that you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<body><body> stringString トリガーの複数の部分からなる出力内の指定した部分の本文The body for the specified part in a trigger's multipart output

triggerOutputstriggerOutputs

実行時のトリガーの出力を返すか、または他の JSON の名前と値のペアの値を返します。Return a trigger's output at runtime, or values from other JSON name-and-value pairs. trigger().outputs の短縮形です。Shorthand for trigger().outputs. trigger() をご覧ください。See trigger().

triggerOutputs()
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<trigger-output><trigger-output> stringString 実行時のトリガーからの出力The output from a trigger at runtime

trimtrim

文字列から先頭と末尾の空白を削除し、更新された文字列を返します。Remove leading and trailing whitespace from a string, and return the updated string.

trim('<text>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<text><text> はいYes stringString 先頭と末尾に削除する空白を含む文字列The string that has the leading and trailing whitespace to remove
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updatedText><updatedText> stringString 先頭または末尾の空白が削除された、元の文字列の更新バージョンAn updated version for the original string without leading or trailing whitespace

Example

この例は、文字列 " Hello World " から先頭と末尾の空白を削除します。This example removes the leading and trailing whitespace from the string " Hello World ":

trim(' Hello World  ')

返される結果: "Hello World"And returns this result: "Hello World"

unionunion

指定した複数のコレクションの "すべての" 項目を含む 1 つのコレクションを返します。Return a collection that has all the items from the specified collections. この関数に渡されるいずれかのコレクションに含まれる項目は、結果にも含まれます。To appear in the result, an item can appear in any collection passed to this function. 1 つまたは複数の項目が同じ名前である場合は、その名前を持つ最後の項目が結果に含まれます。If one or more items have the same name, the last item with that name appears in the result.

union('<collection1>', '<collection2>', ...)
union([<collection1>], [<collection2>], ...)
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<collection1>, <collection2>, ...<collection1>, <collection2>, ... はいYes 配列またはオブジェクト、両方ともは不可Array or Object, but not both "すべての" 項目を取得するコレクションThe collections from where you want all the items
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<updatedCollection><updatedCollection> それぞれ、配列またはオブジェクトArray or Object, respectively 指定したコレクションのすべての項目を含むコレクション。重複はありません。A collection with all the items from the specified collections - no duplicates

Example

この例は、以下のコレクションから "すべての" 項目を取得します。This example gets all the items from these collections:

union(createArray(1, 2, 3), createArray(1, 2, 10, 101))

返される結果: [1, 2, 3, 10, 101]And returns this result: [1, 2, 3, 10, 101]

uriComponenturiComponent

URL の安全でない文字がエスケープ文字に置き換えられた、文字列の URI (Uniform Resource Identifier) エンコード バージョンを返します。Return a uniform resource identifier (URI) encoded version for a string by replacing URL-unsafe characters with escape characters. encodeUriComponent() ではなく、この関数を使用してください。Use this function rather than encodeUriComponent(). どちらの関数も機能は同じですが、uriComponent() をお勧めします。Although both functions work the same way, uriComponent() is preferred.

uriComponent('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString URI エンコード形式に変換する文字列The string to convert to URI-encoded format
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<encoded-uri><encoded-uri> stringString エスケープ文字が使われている URI エンコード文字列The URI-encoded string with escape characters

Example

この例は、次の文字列の URI エンコード バージョンを作成します。This example creates a URI-encoded version for this string:

uriComponent('https://contoso.com')

返される結果: "http%3A%2F%2Fcontoso.com"And returns this result: "http%3A%2F%2Fcontoso.com"

uriComponentToBinaryuriComponentToBinary

URI (Uniform Resource Identifier) コンポーネントのバイナリ バージョンを返します。Return the binary version for a uniform resource identifier (URI) component.

uriComponentToBinary('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 変換する URI エンコード文字列The URI-encoded string to convert
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<binary-for-encoded-uri><binary-for-encoded-uri> stringString URI エンコード文字列のバイナリ バージョンThe binary version for the URI-encoded string. バイナリ コンテンツは base64 でエンコードされ、$content によって表されます。The binary content is base64-encoded and represented by $content.

Example

この例は、次の URI エンコード文字列のバイナリ バージョンを作成します。This example creates the binary version for this URI-encoded string:

uriComponentToBinary('http%3A%2F%2Fcontoso.com')

返される結果:And returns this result:

"001000100110100001110100011101000111000000100101001100 11010000010010010100110010010001100010010100110010010001 10011000110110111101101110011101000110111101110011011011 110010111001100011011011110110110100100010"

uriComponentToStringuriComponentToString

URI (Uniform Resource Identifier) エンコード文字列の文字列バージョンを返します。実質的に、URI エンコード文字列をデコードします。Return the string version for a uniform resource identifier (URI) encoded string, effectively decoding the URI-encoded string.

uriComponentToString('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString デコードする URI エンコード文字列The URI-encoded string to decode
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<decoded-uri><decoded-uri> stringString URI エンコード文字列のデコード バージョンThe decoded version for the URI-encoded string

Example

この例は、次の URI エンコード文字列のデコードされた文字列バージョンを作成します。This example creates the decoded string version for this URI-encoded string:

uriComponentToString('http%3A%2F%2Fcontoso.com')

返される結果: "https://contoso.com"And returns this result: "https://contoso.com"

uriHosturiHost

URI (Uniform Resource Identifier) の host 値を返します。Return the host value for a uniform resource identifier (URI).

uriHost('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<uri><uri> はいYes stringString host 値を取得する URIThe URI whose host value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<host-value><host-value> stringString 指定した URI の hostThe host value for the specified URI

Example

この例は、次の URI の host 値を検索します。This example finds the host value for this URI:

uriHost('https://www.localhost.com:8080')

返される結果: "www.localhost.com"And returns this result: "www.localhost.com"

uriPathuriPath

URI (Uniform Resource Identifier) の path 値を返します。Return the path value for a uniform resource identifier (URI).

uriPath('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<uri><uri> はいYes stringString path 値を取得する URIThe URI whose path value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<path-value><path-value> stringString 指定した URI の pathThe path value for the specified URI. path に値がない場合は、"/" 文字を返します。If path doesn't have a value, return the "/" character.

Example

この例は、次の URI の path 値を検索します。This example finds the path value for this URI:

uriPath('http://www.contoso.com/catalog/shownew.htm?date=today')

返される結果: "/catalog/shownew.htm"And returns this result: "/catalog/shownew.htm"

uriPathAndQueryuriPathAndQuery

URI (Uniform Resource Identifier) の pathquery の値を返します。Return the path and query values for a uniform resource identifier (URI).

uriPathAndQuery('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<uri><uri> はいYes stringString pathquery の値を取得する URIThe URI whose path and query values you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<path-query-value><path-query-value> stringString 指定した URI の pathquery の値。The path and query values for the specified URI. path の値が指定されていない場合は、"/" 文字を返します。If path doesn't specify a value, return the "/" character.

Example

この例は、次の URI の pathquery の値を検索します。This example finds the path and query values for this URI:

uriPathAndQuery('http://www.contoso.com/catalog/shownew.htm?date=today')

返される結果: "/catalog/shownew.htm?date=today"And returns this result: "/catalog/shownew.htm?date=today"

uriPorturiPort

URI (Uniform Resource Identifier) の port 値を返します。Return the port value for a uniform resource identifier (URI).

uriPort('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<uri><uri> はいYes stringString port 値を取得する URIThe URI whose port value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<port-value><port-value> 整数Integer 指定した URI の portThe port value for the specified URI. port の値が指定されていない場合は、プロトコルの既定のポートを返します。If port doesn't specify a value, return the default port for the protocol.

Example

この例は、次の URI の port 値を返します。This example returns the port value for this URI:

uriPort('http://www.localhost:8080')

返される結果: 8080And returns this result: 8080

uriQueryuriQuery

URI (Uniform Resource Identifier) の query 値を返します。Return the query value for a uniform resource identifier (URI).

uriQuery('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<uri><uri> はいYes stringString query 値を取得する URIThe URI whose query value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<query-value><query-value> stringString 指定した URI の queryThe query value for the specified URI

Example

この例は、次の URI の query 値を返します。This example returns the query value for this URI:

uriQuery('http://www.contoso.com/catalog/shownew.htm?date=today')

返される結果: "?date=today"And returns this result: "?date=today"

uriSchemeuriScheme

URI (Uniform Resource Identifier) の scheme 値を返します。Return the scheme value for a uniform resource identifier (URI).

uriScheme('<uri>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<uri><uri> はいYes stringString scheme 値を取得する URIThe URI whose scheme value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<scheme-value><scheme-value> stringString 指定した URI の schemeThe scheme value for the specified URI

Example

この例は、次の URI の scheme 値を返します。This example returns the scheme value for this URI:

uriScheme('http://www.contoso.com/catalog/shownew.htm?date=today')

返される結果: "http"And returns this result: "http"

utcNowutcNow

現在のタイムスタンプを返します。Return the current timestamp.

utcNow('<format>')

必要に応じて、<format> パラメーターで異なる形式を指定できます。Optionally, you can specify a different format with the <format> parameter.

パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<format><format> いいえNo stringString 単一の書式指定子またはカスタム書式パターンEither a single format specifier or a custom format pattern. timestamp の既定の形式は "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK) です。これは、ISO 8601 に準拠し、タイム ゾーン情報を保持します。The default format for the timestamp is "o" (yyyy-MM-ddTHH:mm:ss:fffffffK), which complies with ISO 8601 and preserves time zone information.
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<current-timestamp><current-timestamp> stringString 現在の日付と時刻The current date and time

例 1Example 1

現在の日時が 2018 年 4 月 15 日午後 1 時 0 分 0 秒であるものとします。Suppose today is April 15, 2018 at 1:00:00 PM. この例は、現在のタイムスタンプを取得します。This example gets the current timestamp:

utcNow()

返される結果: "2018-04-15T13:00:00.0000000Z"And returns this result: "2018-04-15T13:00:00.0000000Z"

例 2Example 2

現在の日時が 2018 年 4 月 15 日午後 1 時 0 分 0 秒であるものとします。Suppose today is April 15, 2018 at 1:00:00 PM. この例は、オプションの "D" 形式を使って現在のタイムスタンプを取得します。This example gets the current timestamp using the optional "D" format:

utcNow('D')

返される結果: "Sunday, April 15, 2018"And returns this result: "Sunday, April 15, 2018"

variablesvariables

指定した変数の値を返します。Return the value for a specified variable.

variables('<variableName>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<variableName><variableName> はいYes stringString 値を取得する変数の名前The name for the variable whose value you want
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<variable-value><variable-value> AnyAny 指定した変数の値The value for the specified variable

Example

"numItems" 変数の現在の値が 20 であるものとします。Suppose the current value for a "numItems" variable is 20. この例は、この変数の整数値を取得します。This example gets the integer value for this variable:

variables('numItems')

返される結果: 20And returns this result: 20

workflowworkflow

実行時にワークフロー自体に関するすべての詳細を返します。Return all the details about the workflow itself during run time.

workflow().<property>
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<property><property> いいえNo stringString 値を取得するワークフロー プロパティの名前The name for the workflow property whose value you want

ワークフロー オブジェクトのプロパティ: nametypeidlocationrunA workflow object has these properties: name, type, id, location, and run. run プロパティの値は、次のプロパティを持つオブジェクトでもあります: nametypeidThe run property value is also an object that has these properties: name, type, and id.

Example

この例は、ワークフローの現在の実行の名前を返します。This example returns the name for a workflow's current run:

workflow().run.name

xmlxml

JSON オブジェクトを含む文字列の XML バージョンを返します。Return the XML version for a string that contains a JSON object.

xml('<value>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<value><value> はいYes stringString 変換する JSON オブジェクトを含む文字列The string with the JSON object to convert

JSON オブジェクトのルート プロパティは 1 つに限る必要があり、配列にはできません。The JSON object must have only one root property, which can't be an array.
二重引用符 (") のエスケープ文字としてはバックスラッシュ文字 (\) を使います。Use the backslash character (\) as an escape character for the double quotation mark (").

戻り値Return value 種類Type 説明Description
<xml-version><xml-version> ObjectObject 指定した文字列または JSON オブジェクトのエンコードされた XMLThe encoded XML for the specified string or JSON object

例 1Example 1

この例は、JSON オブジェクトを含む次の文字列の XML バージョンを作成します。This example creates the XML version for this string, which contains a JSON object:

xml(json('{ \"name\": \"Sophia Owen\" }'))

返される結果の XML:And returns this result XML:

<name>Sophia Owen</name>

例 2Example 2

次のような JSON オブジェクトがあるものとします。Suppose you have this JSON object:

{
  "person": {
    "name": "Sophia Owen",
    "city": "Seattle"
  }
}

この例は、この JSON オブジェクトを含む文字列の XML を作成します。This example creates XML for a string that contains this JSON object:

xml(json('{\"person\": {\"name\": \"Sophia Owen\", \"city\": \"Seattle\"}}'))

返される結果の XML:And returns this result XML:

<person>
  <name>Sophia Owen</name>
  <city>Seattle</city>
<person>

xpathxpath

XML で XPath (XML Path Language) 式と一致するノードまたは値を調べて、一致するノードまたは値を返します。Check XML for nodes or values that match an XPath (XML Path Language) expression, and return the matching nodes or values. XPath 式または単に "XPath" は、XML コンテンツ内のノードまたは計算値を選択できるように、XML ドキュメント構造内の移動を補助します。An XPath expression, or just "XPath", helps you navigate an XML document structure so that you can select nodes or compute values in the XML content.

xpath('<xml>', '<xpath>')
パラメーターParameter 必須Required 種類Type 説明Description
<xml><xml> はいYes AnyAny XPath 式の値に一致するノードまたは値を検索する XML 文字列The XML string to search for nodes or values that match an XPath expression value
<xpath><xpath> はいYes AnyAny 一致する XML ノードまたは値の検索に使用する XPath 式The XPath expression used to find matching XML nodes or values
戻り値Return value 種類Type 説明Description
<xml-node><xml-node> XMLXML 1 つのノードだけが指定した XPath 式と一致するときの XML ノードAn XML node when only a single node matches the specified XPath expression
<value><value> AnyAny 1 つの値だけが指定した XPath 式と一致するときの XML ノードの値The value from an XML node when only a single value matches the specified XPath expression
[<xml-node1>, <xml-node2>, ...][<xml-node1>, <xml-node2>, ...]
または-or-
[<value1>, <value2>, ...][<value1>, <value2>, ...]
ArrayArray 指定した XPath 式と一致する XML ノードまたは値の配列An array with XML nodes or values that match the specified XPath expression

例 1Example 1

この例は、指定した引数内の <name></name> ノードと一致するノードを検索し、一致するノードの値の配列を返します。This example finds nodes that match the <name></name> node in the specified arguments, and returns an array with those node values:

xpath(xml(parameters('items')), '/produce/item/name')

引数は次のとおりです。Here are the arguments:

  • この XML を含んでいる "items" の文字列:The "items" string, which contains this XML:

    "<?xml version="1.0"?> <produce> <item> <name>Gala</name> <type>apple</type> <count>20</count> </item> <item> <name>Honeycrisp</name> <type>apple</type> <count>10</count> </item> </produce>"

    この例は、parameters() 関数を使って "items" 引数から XML 文字列を取得しますが、xml() 関数を使って文字列を XML 形式に変換する必要もあります。The example uses the parameters() function to get the XML string from the "items" argument, but must also convert the string to XML format by using the xml() function.

  • この XPath 式は、文字列として渡されます。This XPath expression, which is passed as a string:

    "/produce/item/name"

次に示すのは、<name></name と一致するノードを含む結果の配列です。Here is the result array with the nodes that match <name></name:

[ <name>Gala</name>, <name>Honeycrisp</name> ]

例 2Example 2

例 1 に続き、この例では <count></count> ノードと一致するノードを検索し、sum() 関数でそれらのノードの値を追加します。Following on Example 1, this example finds nodes that match the <count></count> node and adds those node values with the sum() function:

xpath(xml(parameters('items')), 'sum(/produce/item/count)')

返される結果: 30And returns this result: 30

例 3Example 3

この例の式はどちらも、名前空間を含む XML が格納されている指定した引数で、<location></location> ノードと一致するノードを検索します。For this example, both expressions find nodes that match the <location></location> node, in the specified arguments, which include XML with a namespace. 式では、二重引用符 (") のエスケープ文字としてバックスラッシュ文字 (\) を使います。The expressions use the backslash character (\) as an escape character for the double quotation mark (").

  • 式 1Expression 1

    xpath(xml(body('Http')), '/*[name()=\"file\"]/*[name()=\"location\"]')

  • 式 2Expression 2

    xpath(xml(body('Http')), '/*[local-name()=\"file\" and namespace-uri()=\"http://contoso.com\"]/*[local-name()=\"location\"]')

引数は次のとおりです。Here are the arguments:

  • XML ドキュメントの名前空間 xmlns="http://contoso.com" を含む次の XML:This XML, which includes the XML document namespace, xmlns="http://contoso.com":

    <?xml version="1.0"?> <file xmlns="http://contoso.com"> <location>Paris</location> </file>
    
  • どちらかの XPath 式:Either XPath expression here:

    • /*[name()=\"file\"]/*[name()=\"location\"]

    • /*[local-name()=\"file\" and namespace-uri()=\"http://contoso.com\"]/*[local-name()=\"location\"]

<location></location> ノードと一致する結果のノード:Here is the result node that matches the <location></location> node:

<location xmlns="https://contoso.com">Paris</location>

例 4Example 4

例 3 に続き、この例では <location></location> ノードの値を検索します。Following on Example 3, this example finds the value in the <location></location> node:

xpath(xml(body('Http')), 'string(/*[name()=\"file\"]/*[name()=\"location\"])')

返される結果: "Paris"And returns this result: "Paris"

次の手順Next steps

ワークフロー定義言語について学習してくださいLearn about the Workflow Definition Language