クイック スタート:Azure Logic Apps を使用して初めてのワークフローを作成する - Azure portalQuickstart: Create your first workflow by using Azure Logic Apps - Azure portal

このクイックスタートでは、空のロジック アプリの作成、トリガーとアクションの追加、ロジック アプリのテストなど、Azure Logic Apps を使用して、初めてのワークフローを構築する方法を裏付ける基本的な一般概念を紹介します。This quickstart introduces the basic general concepts behind how to build your first workflow by using Azure Logic Apps, such as creating a blank logic app, adding a trigger and an action, and then testing your logic app. このクイックスタートでは、新しい項目のために Web サイトの RSS フィードを定期的にチェックするロジック アプリを構築します。In this quickstart, you build a logic app that regularly checks a website's RSS feed for new items. 新しい項目が存在する場合、ロジック アプリから項目ごとにメールが送信されます。If new items exist, the logic app sends an email for each item. 完成したロジック アプリの大まかなワークフローは、次のようになります。When you're done, your logic app looks like this workflow at a high level:

ロジック アプリの大まかなワークフローの例

このシナリオでは、Office 365 Outlook、Outlook.com、Gmail など、Azure Logic Apps によってサポートされているサービスの電子メール アカウントが必要です。For this scenario, you need an email account from a service that's supported by Azure Logic Apps, such as Office 365 Outlook, Outlook.com, or Gmail. サポートされているその他の電子メール サービスについては、こちらでコネクタの一覧を確認してください。For other supported email services, review the connectors list here. この例のロジック アプリでは、Office 365 Outlook を使用します。In this example, the logic app uses Office 365 Outlook. 別の電子メール サービスを使用する場合、一般的な手順全体は同じですが、ユーザー インターフェイスはやや異なる可能性があります。If you use a different email service, the overall general steps are the same, but your user interface might differ slightly.

また、Azure サブスクリプションがない場合は、無料の Azure アカウントにサインアップしてください。Also, if you don't have an Azure subscription, sign up for a free Azure account.

Azure portal にサインインするSign in to the Azure portal

Azure アカウントの資格情報で Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal with your Azure account credentials.

ロジック アプリを作成するCreate your logic app

  1. Azure ホーム ページから、検索ボックスで [Logic Apps] を検索して選択します。From the Azure home page, in the search box, find and select Logic Apps.

    "Logic Apps" を検索して選択する

  2. [Logic Apps] ページで [追加] を選択します。On the Logic Apps page, select Add.

    新しいロジック アプリを追加する

  3. [Logic App] に、以下に示すようにロジック アプリに関する詳細を入力します。On the Logic App pane, provide details about your logic app as shown below. 完了したら、 [作成] を選択します。After you're done, select Create.

    新しいロジック アプリの詳細を入力する

    プロパティProperty Value 説明Description
    NameName <ロジック アプリ名><logic-app-name> ロジック アプリの名前。文字、数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_)、かっこ (())、およびピリオド (.) のみを含めることができます。Your logic app name, which can contain only letters, numbers, hyphens (-), underscores (_), parentheses ((, )), and periods (.). この例では、"My-First-Logic-App" を使用します。This example uses "My-First-Logic-App".
    サブスクリプションSubscription <Azure サブスクリプション名><Azure-subscription-name> お使いの Azure サブスクリプション名Your Azure subscription name
    リソース グループResource group <Azure-resource-group-name><Azure-resource-group-name> 関連するリソースの整理に使用するAzure リソース グループの名前。The name for the Azure resource group used to organize related resources. この例では、"My-First-LA-RG" を使用します。This example uses "My-First-LA-RG".
    LocationLocation <Azure-region><Azure-region> ロジック アプリの情報の保存先となるリージョン。The region where to store your logic app information. この例では "米国西部" を使用します。This example uses "West US".
    Log AnalyticsLog Analytics オフOff 診断ログの場合は、この設定をオフのままにしてください。Keep the Off setting for diagnostic logging.
  4. Azure によってアプリがデプロイされた後、Azure ツール バーで、対象のデプロイされたロジック アプリに対して、 [通知] > [リソースに移動] の順に選択します。After Azure deploys your app, on the Azure toolbar, select Notifications > Go to resource for your deployed logic app.

    新しく作成したロジック アプリ リソースに移動します。

    または、検索ボックスに名前を入力して、目的のロジック アプリを見つけて選択することもできます。Or, you can find and select your logic app by typing the name in the search box.

    ロジック アプリ デザイナーが開き、紹介ビデオとよく使用されるトリガーが含まれたページが表示されます。The Logic Apps Designer opens and shows a page with an introduction video and commonly used triggers. [テンプレート][空のロジック アプリ] を選択します。Under Templates, select Blank Logic App.

    空のロジック アプリのテンプレートを選択する

次に、新しい RSS フィード項目が発行されたときに起動されるトリガーを追加します。Next, add a trigger that fires when a new RSS feed item appears. すべてのロジック アプリは必ずトリガーから起動され、トリガーは、特定のイベントが発生するか特定の条件が満たされたときに起動されます。Every logic app must start with a trigger, which fires when a specific event happens or when a specific condition is met. トリガーが起動されるたびに、Azure Logic Apps エンジンによって、ワークフローを開始および実行するロジック アプリ インスタンスが作成されます。Each time the trigger fires, the Azure Logic Apps engine creates a logic app instance that starts and runs your workflow.

RSS トリガーを追加するAdd the RSS trigger

  1. ロジック アプリ デザイナーの検索ボックスの下で、 [すべて] を選択します。In the Logic App Designer, under the search box, select All.

  2. 検索ボックスに「rss」と入力して、RSS コネクタを検索します。In the search box, enter rss to find the RSS connector. トリガーの一覧から、 [フィード項目が発行される場合] トリガーを選択します。From the triggers list, select the When a feed item is published trigger.

    [フィード項目が発行される場合] トリガーを選択する

  3. トリガーに関する情報を次のように入力します。Provide this information for your trigger as shown and described here:

    RSS フィード、頻度、および間隔を指定してトリガーを設定する

    プロパティProperty Value 説明Description
    RSS フィードの URLThe RSS feed URL http://feeds.reuters.com/reuters/topNews 監視する RSS フィードのリンクThe link for the RSS feed that you want to monitor
    間隔Interval 11 チェックの間隔 (単位数)The number of intervals to wait between checks
    頻度Frequency Minute チェックの間隔に使う時間の単位The unit of time for each interval between checks

    ロジック アプリのトリガーには、間隔と頻度の組み合わせでそのスケジュールを定義します。Together, the interval and frequency define the schedule for your logic app's trigger. このロジック アプリでは、1 分おきにフィードをチェックします。This logic app checks the feed every minute.

  4. ここでは、トリガーの詳細を非表示にするために、トリガーのタイトル バー内をクリックします。To collapse the trigger details for now, click inside the trigger's title bar.

    ロジック アプリのシェイプを折りたたんで詳細を非表示にする

  5. ロジック アプリを保存します。Save your logic app. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, select Save.

ロジック アプリは現在稼働していますが、RSS フィードをチェックすること以外は何もしていません。Your logic app is now live but doesn't do anything other than check the RSS feed. そこで、トリガーが起動したときに反応するアクションを追加します。So, add an action that responds when the trigger fires.

"電子メールの送信" アクションを追加するAdd the "send email" action

今度は、RSS フィードに新しい項目が発行されたときにメールを送信するアクションを追加します。Now add an action that sends an email when a new item appears in the RSS feed.

  1. [フィード項目が発行される場合] トリガーの下の [新しいステップ] を選択します。Under the When a feed item is published trigger, select New step.

    トリガーで [新しいステップ] を選択する

  2. [アクションを選択してください] と検索ボックスの下の [すべて] を選択します。Under Choose an action and the search box, select All.

  3. 検索ボックスに「send an email」と入力して、このアクションを提供するコネクタを検索します。In the search box, enter send an email to find connectors that offer this action. アクションの一覧から、使用する電子メール サービスに対応する "電子メールの送信" アクションを選択します。From the actions list, select the "send an email" action for the email service that you want to use. この例では、 [電子メールの送信] アクションがある Office 365 Outlook コネクタを使用します。This example uses the Office 365 Outlook connector, which has the Send an email action.

    Office 365 Outlook の "メールの送信" アクションを選択する

    アクション リストを絞り込んで特定のアプリまたはサービスだけが表示されるようにするには、最初にアプリまたはサービスを選択します。To filter the actions list to a specific app or service, you can select that app or service first:

    • Azure の職場または学校アカウントには、Office 365 Outlook を選択します。For Azure work or school accounts, select Office 365 Outlook.
    • 個人用 Microsoft アカウントには、Outlook.com を選択します。For personal Microsoft accounts, select Outlook.com.
  4. 選択した電子メール コネクタによって ID の認証を求められた場合は、その手順を完了して、ロジック アプリと電子メール サービス間の接続を作成します。If your selected email connector prompts you to authenticate your identity, complete that step now to create a connection between your logic app and your email service.

    注意

    今回の例では、手動で ID を認証します。In this specific example, you manually authenticate your identity. ただし、認証を必要とするコネクタは、それらがサポートしている認証の種類によって異なります。However, connectors that require authentication differ in the authentication types that they support. また、認証の処理方法を設定するオプションも用意されています。You also have options to set up the way that you want to handle authentication. たとえば、デプロイに Azure Resource Manager テンプレートを使用する場合、接続情報など、頻繁または簡単に変更される入力をパラメーター化して、セキュリティで保護することができます。For example, when you use Azure Resource Manager templates for deployment, you can parameterize and secure inputs that you want to change often or easily, such as connection information. 詳細については、以下のトピックを参照してください。For more information, see these topics:

  5. [電子メールの送信] アクションで、メールに設定するデータを指定します。In the Send an email action, specify the data that you want the email to include.

    1. [宛先] ボックスに、受信者の電子メール アドレスを入力します。In the To box, enter the recipient's email address. テスト目的のために、ご自身の電子メール アドレスを使用できます。For testing purposes, you can use your email address.

      [動的なコンテンツの追加] リストが表示されますが、ここでは無視してください。For now, ignore the Add dynamic content list that appears. いくつかの編集ボックスは、その内部をクリックすると、このリストが表示され、先行するステップから、ワークフローへの入力として追加できるパラメーターがすべて表示されます。When you click inside some edit boxes, this list appears and shows any available parameters from the previous step that you can include as inputs in your workflow.

    2. [件名] ボックスに「New RSS item:」と入力し、その後ろに空白スペースを追加します。In the Subject box, enter this text with a trailing blank space: New RSS item:

      [件名] プロパティにメールの件名を入力する

    3. [動的なコンテンツの追加] リストから [フィード タイトル] を選択して RSS 項目のタイトルを追加します。From the Add dynamic content list, select Feed title to include the RSS item title.

      動的コンテンツ リストから [フィード タイトル] プロパティを選択する

      操作を終了すると、電子メールの件名は、次の例のようになります。When you're done, the email subject looks like this example:

      追加したフィード タイトルに対する完成したメールの件名の例

      デザイナーに "For each" ループが表示される場合、 [categories-item](カテゴリ-項目) トークンなど、配列のトークンを選択したことが原因です。If a "For each" loop appears on the designer, then you selected a token for an array, for example, the categories-Item token. この種のトークンを参照するアクションの前後には、デザイナーによってこのループが自動的に追加されます。For these kinds of tokens, the designer automatically adds this loop around the action that references that token. そうすることで個々の配列項目に同じアクションが実行されます。That way, your logic app performs the same action on each array item. ループを削除するには、ループのタイトル バーの省略記号 ( ... ) を選択し、 [削除] を選択します。To remove the loop, select the ellipses (...) on the loop's title bar, then select Delete.

    4. [本文] ボックスには、メール本文に使用するテキストを次のように入力し、対応するトークンを選択します。In the Body box, enter this text, and select these tokens for the email body. 編集ボックスで空白行を追加するには、Shift + Enter キーを押します。To add blank lines in an edit box, press Shift + Enter.

      メール本文の内容のプロパティを選択する

      プロパティProperty 説明Description
      フィード タイトルFeed title 項目のタイトルThe item's title
      フィードの公開日付Feed published on 項目の公開日時The item's publishing date and time
      プライマリ フィード リンクPrimary feed link 項目の URLThe URL for the item
  6. ロジック アプリを保存します。Save your logic app.

ロジック アプリのテストに進みます。Next, test your logic app.

ロジック アプリを実行するRun your logic app

ロジック アプリを手動で開始するには、デザイナーのツール バーの [実行] を選択します。To manually start your logic app, on the designer toolbar bar, select Run. または、指定したスケジュール (1 分おき) に従ってロジック アプリが RSS フィードをチェックするのを待ちます。Or, wait for your logic app to check the RSS feed based on your specified schedule (every minute). RSS フィードに新しい項目がある場合、ロジック アプリは新しい項目ごとに電子メールを送信します。If the RSS feed has new items, your logic app sends an email for each new item. それ以外の場合、ロジック アプリは、次の機会を待ってからもう一度チェックします。Otherwise, your logic app waits until the next interval before checking again. 電子メールが届かない場合は、迷惑メール フォルダーを確認してください。If you don't get any emails, check your junk email folder.

このロジック アプリからは、次のようなメールが送信されます。For example, here is a sample email that this logic app sends.

新しい RSS フィード項目があるときに送信されるメールの例

技術的には、トリガーによって RSS フィードがチェックされて新しい項目が見つかると、トリガーが起動され、ワークフローのアクションを実行するロジック アプリ ワークフローのインスタンスが Azure Logic Apps エンジンによって作成されます。Technically, when the trigger checks the RSS feed and finds new items, the trigger fires, and the Azure Logic Apps engine creates an instance of your logic app workflow that runs the actions in the workflow. トリガーで新しい項目が見つからなかった場合、トリガーは起動せず、ワークフローのインスタンス作成は "スキップ" されます。If the trigger doesn't find new items, the trigger doesn't fire and "skips" instantiating the workflow.

お疲れさまでした。初めてのロジック アプリを Azure portal で正しく作成し、実行することができました。Congratulations, you've now successfully built and run your first logic app with the Azure portal.

リソースのクリーンアップClean up resources

このサンプルの必要がなくなったら、ロジック アプリと関連リソースが含まれるリソース グループを削除しましょう。When you no longer need this sample, delete the resource group that contains your logic app and related resources.

  1. Azure のメイン メニューの [リソース グループ] を選択し、対象のロジック アプリのリソース グループを選択します。On the main Azure menu, select Resource groups, and then select your logic app's resource group. [概要] ウィンドウで、 [リソース グループの削除] を選択します。On the Overview pane, select Delete resource group.

    リソース グループを見つけて選択し、削除する

  2. 確認ウィンドウが表示されたら、リソース グループ名を入力して、 [削除] を選択します。When the confirmation pane appears, enter the resource group name, and select Delete.

    削除を確定するために [削除] を選択する

注意

ロジック アプリを削除にすると、新しい実行は開始されなくなります。When you delete a logic app, no new runs are instantiated. すべての進行中および保留中の実行は取り消されます。All in-progress and pending runs are canceled. 何千もの実行がある場合、取り消しが完了するまでかなりの時間がかかる場合があります。If you have thousands of runs, cancellation might take significant time to complete.

次の手順Next steps

このクイックスタートでは、初めてのロジック アプリを作成しました。作成したロジック アプリは、指定したスケジュール (1 分おき) で RSS の更新をチェックし、更新があったときはアクション (メール送信) を実行するものです。In this quickstart, you created your first logic app that checks for RSS updates based your specified schedule (every minute), and takes action (sends email) when updates exist. さらに理解を深めるために、より高度なスケジュール ベースのワークフローを作成するチュートリアルに取り組みましょう。To learn more, continue with this tutorial that creates more advanced schedule-based workflows: