Event Grid イベントの処理Handling Event Grid events

Media Services イベントは、アプリケーションがモダンなサーバーレス アーキテクチャを使用してさまざまなイベント (ジョブ状態変更イベントなど) に対応できるようにします。Media Services events allow applications to react to different events (for example, the job state change event) using modern serverless architectures. 複雑なコードや、高価で非効率的なポーリング サービスは必要ありません。It does so without the need for complicated code or expensive and inefficient polling services. 代わりに、イベントが Azure Event Grid を通してイベント ハンドラー (Azure FunctionsAzure Logic Apps の他にユーザー独自の Webhook も可) にプッシュされるため、支払いは使用した分だけで済みます。Instead, events are pushed through Azure Event Grid to event handlers such as Azure Functions, Azure Logic Apps, or even to your own Webhook, and you only pay for what you use. 価格の詳細については、Event Grid の価格に関する記事をご覧ください。For information about pricing, see Event Grid pricing.

Media Services イベントの可用性は、Event Grid の可用性に関連付けられており、Event Grid の場合と同様に、他のリージョンで使用可能になります。Availability for Media Services events is tied to Event Grid availability and will become available in other regions as Event Grid does.

Media Services のイベントとスキーマMedia Services events and schemas

Event Grid は、イベント サブスクリプションを使って、イベント メッセージをサブスクライバーにルーティングします。Event grid uses event subscriptions to route event messages to subscribers. Media Services イベントには、データの変更に対応するために必要なすべての情報が含まれます。Media Services events contain all the information you need to respond to changes in your data. Media Services イベントは、eventType プロパティが "Microsoft.Media" で始まっていることで識別できます。You can identify a Media Services event because the eventType property starts with "Microsoft.Media.".

詳細については、「Media Services イベントのスキーマ」を参照してください。For more information, see Media Services event schemas.

イベントの使用に関する手法Practices for consuming events

Media Services イベントを処理するアプリケーションは、いくつかの推奨される手法に従う必要があります。Applications that handle Media Services events should follow a few recommended practices:

  • 同じイベント ハンドラーにイベントをルーティングするように複数のサブスクリプションが構成されている可能性があるので、イベントが特定のソースからのものであると思い込まず、メッセージのトピックを調べて、想定しているストレージ アカウントからのものであることを確認することが重要です。As multiple subscriptions can be configured to route events to the same event handler, it is important not to assume events are from a particular source, but to check the topic of the message to ensure that it comes from the storage account you are expecting.
  • 同様に、受信するすべてのイベントが予期した種類のものであると想定してはならず、イベントの種類が処理できるものであることを確認する必要があります。Similarly, check that the eventType is one you are prepared to process, and do not assume that all events you receive will be the types you expect.
  • わからないフィールドは無視します。Ignore fields you don’t understand. この手法に従うと、将来追加されるかもしれない新しい機能に弾力的に対応できます。This practice will help keep you resilient to new features that might be added in the future.
  • イベントを特定のイベントに制限するには、"subject" プレフィックスとサフィックスの一致を使用します。Use the "subject" prefix and suffix matches to limit events to a particular event.

次の手順Next steps

ジョブ状態イベントを取得するGet job state events