Microsoft Azure Media Services の一般的なシナリオMicrosoft Azure Media Services common scenarios

Media Services ロゴmedia services logo


注意

Media Services v2 には新機能は追加されません。No new features or functionality are being added to Media Services v2. 最新のバージョンである Media Services v3 をご確認ください。Check out the latest version, Media Services v3. また、v2 から v3 への移行ガイダンスを参照してください。Also, see migration guidance from v2 to v3

Microsoft Azure Media Services (AMS) を使用すると、各種クライアント (テレビ、PC、モバイル デバイスなど) へのオンデマンド ストリーミング配信とライブ ストリーミング配信の両方で、ビデオやオーディオのコンテンツを安全にアップロード、保存、エンコード、パッケージ化できます。Microsoft Azure Media Services (AMS) enables you to securely upload, store, encode, and package video or audio content for both on-demand and live streaming delivery to various clients (for example, TV, PC, and mobile devices).

この記事では、コンテンツのライブ配信またはオンデマンド配信の一般的なシナリオを紹介します。This article shows common scenarios for delivering your content live or on-demand.

概要Overview

前提条件Prerequisites

  • Azure アカウント。An Azure account. アカウントがない場合は、無料試用アカウントを数分で作成することができます。If you don't have an account, you can create a free trial account in just a couple of minutes. 詳細については、「Azure の無料試用版サイト」を参照してください。For details, see Azure Free Trial.

  • Azure Media Services アカウントを作成します。An Azure Media Services account. 詳細については、アカウントの作成に関するページを参照してください。For more information, see Create Account.

  • コンテンツのストリーミング元のストリーミング エンドポイントは、実行中 状態である必要があります。The streaming endpoint from which you want to stream content has to be in the Running state.

    AMS アカウントの作成時に、既定 のストリーミング エンドポイントが自分のアカウントに追加され、停止 状態になっています。When your AMS account is created, a default streaming endpoint is added to your account in the Stopped state. コンテンツのストリーミングを開始し、ダイナミック パッケージと動的暗号化を活用するには、ストリーミング エンドポイントが 実行中 状態である必要があります。To start streaming your content and take advantage of dynamic packaging and dynamic encryption, the streaming endpoint has to be in the Running state.

AMS OData モデルに対する開発時によく使用されるオブジェクトCommonly used objects when developing against the AMS OData model

次の図は、Media Services OData モデルに対する開発時に最もよく使用されるオブジェクトの一部を示しています。The following image shows some of the most commonly used objects when developing against the Media Services OData model.

画像をクリックすると、フル サイズで表示されます。Click the image to view it full size.

Azure Media Services オブジェクト データ モデルに対する開発時に最もよく使用されるオブジェクトの一部を示す図Diagram showing some of the most commonly used objects when developing against the Azure Media Services object data model.

モデル全体は、こちらで確認できます。You can view the whole model here.

ストレージのコンテンツを保護し、ストリーミング メディアを平文 (暗号化されていない) で配信するProtect content in storage and deliver streaming media in the clear (non-encrypted)

VoD ワークフロー

  1. 高品質なメディア ファイルを資産にアップロードします。Upload a high-quality media file into an asset.

    ストレージ暗号化オプションを資産に適用し、アップロード中のコンテンツとストレージ内のコンテンツを保護することをお勧めします。Applying the storage encryption option to your asset in order to protect your content during upload and while at rest in storage is recommended.

  2. アダプティブ ビットレート MP4 ファイルのセットにエンコードする。Encode to a set of adaptive bitrate MP4 files.

    ストレージ暗号化オプションを出力資産に適用し、保存されているコンテンツを保護することをお勧めします。Applying the storage encryption option to the output asset in order to protect your content at rest is recommended.

  3. 資産配信ポリシーを構成します (動的パッケージで使用)。Configure asset delivery policy (used by dynamic packaging).

    アセットがストレージで暗号化されている場合は、アセット配信ポリシーを構成する 必要がありますIf your asset is storage encrypted, you must configure asset delivery policy.

  4. OnDemand ロケーターを作成して資産を発行します。Publish the asset by creating an OnDemand locator.

  5. 公開済みコンテンツをストリーミングします。Stream published content.

ストレージ内のコンテンツを保護し、動的に暗号化されたストリーミング メディアを配信するProtect content in storage, deliver dynamically encrypted streaming media

PlayReady による保護

  1. 高品質なメディア ファイルを資産にアップロードします。Upload a high-quality media file into an asset. ストレージ暗号化オプションを資産に適用します。Apply storage encryption option to the asset.
  2. アダプティブ ビットレート MP4 ファイルのセットにエンコードする。Encode to a set of adaptive bitrate MP4 files. ストレージ暗号化オプションを出力資産に適用します。Apply storage encryption option to the output asset.
  3. 再生中に動的に暗号化する資産の、暗号化コンテンツ キーを作成します。Create encryption content key for the asset you want to be dynamically encrypted during playback.
  4. コンテンツ キー承認ポリシーを構成します。Configure content key authorization policy.
  5. 資産配信ポリシーを構成します (動的パッケージと動的暗号化で使用)。Configure asset delivery policy (used by dynamic packaging and dynamic encryption).
  6. OnDemand ロケーターを作成して資産を発行します。Publish the asset by creating an OnDemand locator.
  7. 公開済みコンテンツをストリーミングします。Stream published content.

プログレッシブ ダウンロードの提供Deliver progressive download

  1. 高品質なメディア ファイルを資産にアップロードします。Upload a high-quality media file into an asset.
  2. 単一 MP4 ファイルにエンコードする。Encode to a single MP4 file.
  3. OnDemand または SAS ロケーターを作成して資産を発行します。Publish the asset by creating an OnDemand or SAS locator. SAS ロケーターを使用する場合、コンテンツは Azure BLOB ストレージからダウンロードされます。If using SAS locator, the content is downloaded from the Azure blob storage. 開始状態のストリーミング エンドポイントは必要ありません。You don't need to have streaming endpoints in started state.
  4. コンテンツを徐々にダウンロードします。Progressively download content.

ライブ ストリーミング イベントの配信Delivering live-streaming events

  1. さまざまなライブ ストリーミング プロトコル (RTMP や Smooth Streaming など) を使用してライブ コンテンツを取り込みます。Ingest live content using various live streaming protocols (for example RTMP or Smooth Streaming).
  2. (省略可) ストリームをアダプティブ ビットレート ストリームにエンコードします。(optionally) Encode your stream into adaptive bitrate stream.
  3. ライブ ストリームをプレビューします。Preview your live stream.
  4. 次を使用して配信します。Deliver the content through:
    1. 一般的なストリーミング プロトコル (MPEG DASH、Smooth、HLS など) を使用して顧客に直接Common streaming protocols (for example, MPEG DASH, Smooth, HLS) directly to your customers,
    2. Content Delivery Network (CDN) に配信し、そこからさらに配信するTo a Content Delivery Network (CDN) for further distribution, or
    3. 後でストリーミングするために、取り込んだコンテンツを記録して保存する (ビデオ オン デマンド)。Record and store the ingested content to be streamed later (Video-on-Demand).

ライブ ストリーミングを実行する際には、次のいずれかのルートを選択できます。When doing live streaming, you can choose one of the following routes:

オンプレミスのエンコーダーからマルチビットレートのライブ ストリームを受信するチャネルを操作する (パススルー)Working with channels that receive multi-bitrate live stream from on-premises encoders (pass-through)

次の図は、 パススルー ワークフローに関連する AMS プラットフォームの主要な部分を示しています。The following diagram shows the major parts of the AMS platform that are involved in the pass-through workflow.

"パススルー" ワークフローに関連する AMS プラットフォームの主要な部分を示す図。

詳細については、 オンプレミスのエンコーダーからマルチビットレートのライブ ストリームを受信するチャネルの操作に関するページを参照してください。For more information, see Working with Channels that Receive Multi-bitrate Live Stream from On-premises Encoders.

Azure Media Services による Live Encoding を実行できるチャネルを操作するWorking with channels that are enabled to perform live encoding with Azure Media Services

次の図は、Media Services による Live Encoding の実行が有効なチャネルのライブ ストリーミング ワークフローに関連する AMS プラットフォームの主要な部分を示しています。The following diagram shows the major parts of the AMS platform that are involved in Live Streaming workflow where a Channel is enabled to do live encoding with Media Services.

ライブ ワークフロー

詳細については、「 Azure Media Services を使用してライブ エンコードの実行が有効なチャネルを操作する」をご覧ください。For more information, see Working with Channels that are Enabled to Perform Live Encoding with Azure Media Services.

コンテンツの使用Consuming content

Azure Media Services には、ほとんどのプラットフォーム (iOS デバイス、Android デバイス、Windows、Windows Phone、Xbox、セットトップ ボックスなど) 向けのリッチで動的なクライアント再生アプリケーションの作成に必要なツールが用意されています。Azure Media Services provides the tools you need to create rich, dynamic client player applications for most platforms including: iOS Devices, Android Devices, Windows, Windows Phone, Xbox, and Set-top boxes.

Azure CDN を有効にするEnabling Azure CDN

Media Services では、Azure CDN との統合をサポートしています。Media Services supports integration with Azure CDN. Azure CDN を有効にする方法については、「 Media Services アカウントでストリーミング エンドポイントを管理する方法」をご覧ください。For information on how to enable Azure CDN, see How to Manage Streaming Endpoints in a Media Services Account.

Media Services アカウントのスケーリングScaling a Media Services account

AMS のお客様は、AMS アカウントのストリーミング エンドポイント、メディア処理、ストレージをスケーリングできます。AMS customers can scale streaming endpoints, media processing, and storage in their AMS accounts.

  • Media Services のお客様は、StandardPremium のいずれかのストリーミング エンドポイントを選択できます。Media Services customers can choose either a Standard streaming endpoint or a Premium streaming endpoint. Standard ストリーミング エンドポイントは、ほとんどのストリーミング ワークロードに適しています。A Standard streaming endpoint is suitable for most streaming workloads. Premium ストリーミング エンドポイントと同じ機能が備わっており、送信帯域幅が自動的にスケーリングされます。It includes the same features as a Premium streaming endpoints and scales outbound bandwidth automatically.

    Premium ストリーミング エンドポイントは専用のスケーラブルな帯域幅の容量を提供するため、高度なワークロードに適しています。Premium streaming endpoints are suitable for advanced workloads, providing dedicated and scalable bandwidth capacity. Premium ストリーミング エンドポイントを持つユーザーは、既定で 1 つのストリーミング ユニット (SU) を取得します。Customers that have a Premium streaming endpoint, by default get one streaming unit (SU). ストリーミング エンドポイントは、SU を追加することで拡張できます。The streaming endpoint can be scaled by adding SUs. 各 SU は、アプリケーションに追加の帯域幅の容量を提供します。Each SU provides additional bandwidth capacity to the application. Premium ストリーミング エンドポイントのスケーリングの詳細については、ストリーミング エンドポイントのスケーリングに関するトピックを参照してください。For more information about scaling Premium streaming endpoints, see the Scaling streaming endpoints topic.

  • Media Services アカウントは、メディア処理タスクを処理する速度を決定する予約ユニットの種類に関連付けられます。A Media Services account is associated with a Reserved Unit Type, which determines the speed with which your media processing tasks are processed. 予約ユニットの種類は、以下から選択できます:S1S2S3You can pick between the following reserved unit types: S1, S2, or S3. たとえば、同じエンコード ジョブの場合に、予約ユニットの種類として S1 よりも S2 を使用する方が、ジョブの実行が高速になります。For example, the same encoding job runs faster when you use the S2 reserved unit type compare to the S1 type.

    予約ユニットの種類を指定するだけでなく、予約ユニット (RU) を使用したアカウントのプロビジョニングを指定することもできます。In addition to specifying the reserved unit type, you can specify to provision your account with Reserved Units (RUs). プロビジョニングされた RU の数によって、所定のアカウントで並列処理できるメディア タスクの数が決まります。The number of provisioned RUs determines the number of media tasks that can be processed concurrently in a given account.

    注意

    RU は、Azure Media Indexer を使用するインデックス作成ジョブを含む、すべてのメディア処理を並列化するために動作します。RUs work for parallelizing all media processing, including indexing jobs using Azure Media Indexer. ただし、エンコードとは異なり、インデックス作成ジョブでは高速予約ユニットを使用した高速処理は行われません。However, unlike encoding, indexing jobs do not get processed faster with faster reserved units.

    詳細については、メディア処理のスケーリングに関するページを参照してください。For more information see, Scale media processing.

  • ストレージ アカウントを追加して、Media Services アカウントの規模を設定することもできます。You can also scale your Media Services account by adding storage accounts to it. 各ストレージ アカウントの上限は 500 TB (テラバイト) です。Each storage account is limited to 500 TB. 詳細については、ストレージ アカウントの管理に関するページを参照してください。For more information, see Manage storage accounts.

次のステップNext steps

Media Services v3 への移行Migrate to Media Services v3

フィードバックの提供Provide feedback

フィードバック フォーラムでは、Azure Media Services の改善方法について、フィードバックの提供や提案を行うことができます。Use the User Voice forum to provide feedback and make suggestions on how to improve Azure Media Services. また、次のカテゴリのいずれかをクリックすると、そのカテゴリのフォーラムに直接アクセスすることもできます。You also can go directly to one of the following categories: