クイック スタート:シンプルな Azure CLI コマンド az mysql up (プレビュー) を使用して Azure Database for MySQL を作成するQuickstart: Create an Azure Database for MySQL using a simple Azure CLI command - az mysql up (preview)

重要

az mysql up という Azure CLI コマンドはプレビュー段階です。The az mysql up Azure CLI command is in preview.

Azure Database for MySQL は、高可用性 MySQL データベースをクラウドで実行、管理、および拡張することができる、管理されたサービスです。Azure Database for MySQL is a managed service that enables you to run, manage, and scale highly available MySQL databases in the cloud. Azure CLI は、コマンドラインやスクリプトで Azure リソースを作成および管理するために使用します。The Azure CLI is used to create and manage Azure resources from the command line or in scripts. このクイック スタートでは、az mysql up コマンドを使用し、Azure CLI を使って Azure Database for MySQL サーバーを作成する方法を示します。This quickstart shows you how to use the az mysql up command to create an Azure Database for MySQL server using the Azure CLI. az mysql up コマンドでは、サーバーの作成に加え、サンプル データベース、データベースのルート ユーザーを作成し、Azure サービスのファイアウォールを開き、クライアント コンピューターの既定のファイアウォール規則を作成します。In addition to creating the server, the az mysql up command creates a sample database, a root user in the database, opens the firewall for Azure services, and creates default firewall rules for the client computer. これは開発プロセスを効率よく進めるために役立ちます。This helps to expedite the development process.

前提条件Prerequisites

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

この記事では、Azure CLI バージョン 2.0 以降をローカルで実行している必要があります。This article requires that you're running the Azure CLI version 2.0 or later locally. インストールされているバージョンを確認するには、az --version コマンドを実行します。To see the version installed, run the az --version command. インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。If you need to install or upgrade, see Install Azure CLI.

az login コマンドを使用して、アカウントにログインする必要があります。You'll need to login to your account using the az login command. 対応するサブスクリプション名のコマンド出力で id プロパティを確認します。Note the id property from the command output for the corresponding subscription name.

az login

複数のサブスクリプションをお持ちの場合は、リソースが課金の対象となる適切なサブスクリプションを選択してください。If you have multiple subscriptions, choose the appropriate subscription in which the resource should be billed. az account set コマンドを使用して、アカウントの特定のサブスクリプション ID を選択します。Select the specific subscription ID under your account using az account set command. サブスクリプションの az login 出力の subscription id プロパティで、subscription id プレースホルダーを置き換えます。Substitute the subscription id property from the az login output for your subscription into the subscription id placeholder.

az account set --subscription <subscription id>

Azure Database for MySQL サーバーの作成Create an Azure Database for MySQL server

コマンドを使用するには、db-up 拡張機能をインストールします。To use the commands, install the db-up extension. エラーが返された場合は、最新バージョンの Azure CLI がインストールされていることを確認してください。If an error is returned, ensure you have installed the latest version of the Azure CLI. Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。See Install Azure CLI.

az extension add --name db-up

次のコマンドを使用して、Azure Database for MySQL サーバーを作成します。Create an Azure Database for MySQL server using the following command:

az mysql up

サーバーは以下の既定値で作成されます (これらを手動でオーバーライドしない限り)。The server is created with the following default values (unless you manually override them):

設定Setting 既定値Default value 説明Description
server-nameserver-name システム生成System generated Azure Database for MySQL サーバーを識別する一意の名前。A unique name that identifies your Azure Database for MySQL server.
resource-groupresource-group システム生成System generated 新しい Azure リソース グループ。A new Azure resource group.
sku-namesku-name GP_Gen5_2GP_Gen5_2 SKU の名前。The name of the sku. 省略表現の {価格レベル}_{コンピューティング世代}_{仮想コア} という規則に従います。Follows the convention {pricing tier}_{compute generation}_{vCores} in shorthand. 既定値は、2 個の仮想コアを備えた General Purpose Gen5 サーバーです。The default is a General Purpose Gen5 server with 2 vCores. レベルの詳細については、価格に関するページを参照してください。See our pricing page for more information about the tiers.
backup-retentionbackup-retention 77 バックアップを保持する必要のある時間。How long a backup should be retained. 単位は日数です。Unit is days.
geo-redundant-backupgeo-redundant-backup 無効Disabled このサーバーに対して geo 冗長バックアップを有効にする必要があるかどうかどうか。Whether geo-redundant backups should be enabled for this server or not.
locationlocation westus2westus2 サーバーの Azure の場所。The Azure location for the server.
ssl-enforcementssl-enforcement 無効Disabled このサーバーに対して ssl を有効にする必要があるかどうかどうか。Whether ssl should be enabled or not for this server.
storage-sizestorage-size 51205120 サーバーのストレージ容量 (単位はメガバイト)。The storage capacity of the server (unit is megabytes).
versionversion 5.75.7 MySQL のメジャー バージョン。The MySQL major version.
admin-useradmin-user システム生成System generated 管理者ログインのユーザー名。The username for the administrator login.
admin-passwordadmin-password システム生成System generated 管理者ユーザーのパスワード。The password of the administrator user.

注意

az mysql up コマンドとその追加パラメーターの詳細については、Azure CLI のドキュメントを参照してください。For more information about the az mysql up command and its additional parameters, see the Azure CLI documentation.

サーバーが作成されると、設定は次のようになります。Once your server is created, it comes with the following settings:

  • "devbox" というファイアウォール規則が作成されます。A firewall rule called "devbox" is created. Azure CLI では、az mysql up コマンドの実行元となるマシンの IP アドレスの検出が試行され、その IP アドレスがホワイトリストに登録されます。The Azure CLI attempts to detect the IP address of the machine the az mysql up command is run from and whitelists that IP address.
  • [Azure サービスへのアクセスを許可] が [オン] に設定されます。"Allow access to Azure services" is set to ON. この設定により、サブスクリプションにはないリソースを含む、すべての Azure リソースからの接続を受け入れるようにサーバーのファイアウォールが構成されます。This setting configures the server's firewall to accept connections from all Azure resources, including resources not in your subscription.
  • wait_timeout パラメーターは 8 時間に設定されています。The wait_timeout parameter is set to 8 hours
  • "sampledb" という名前の空のデータベースが作成されますAn empty database named "sampledb" is created
  • "sampledb" に対する特権を持つ "root" という名前の新しいユーザーが作成されますA new user named "root" with privileges to "sampledb" is created

注意

Azure Database for MySQL は、ポート 3306 経由で通信します。Azure Database for MySQL communicates over port 3306. 企業ネットワーク内から接続しようとしても、ポート 3306 での送信トラフィックがネットワークのファイアウォールで禁止されている場合があります。When connecting from within a corporate network, outbound traffic over port 3306 may not be allowed by your network's firewall. サーバーに接続するには、IT 部門にポート 3306 を開放してもらう必要があります。Have your IT department open port 3306 to connect to your server.

接続情報の取得Get the connection information

az mysql up コマンドが完了した後、一般的なプログラミング言語の接続文字列のリストが返されます。After the az mysql up command is completed, a list of connection strings for popular programming languages is returned to you. これらの接続文字列は、新しく作成した Azure Database for MySQL サーバーの特定の属性で事前に構成されています。These connection strings are pre-configured with the specific attributes of your newly created Azure Database for MySQL server.

az mysql show-connection-string コマンドを使用して、これらの接続文字列をもう一度リストすることができます。You can use the az mysql show-connection-string command to list these connection strings again.

リソースのクリーンアップClean up resources

以下のコマンドを使用して、クイック スタートで作成したすべてのリソースをクリーンアップします。Clean up all resources you created in the quickstart using the following command. このコマンドによって、Azure Database for MySQL サーバーとリソース グループが削除されます。This command deletes the Azure Database for MySQL server and the resource group.

az mysql down --delete-group

新しく作成したサーバーを削除するだけの場合は、az mysql down コマンドを実行できます。If you would just like to delete the newly created server, you can run az mysql down command.

az mysql down

次の手順Next steps