Azure Portal を使用して Service Bus 名前空間を作成するCreate a Service Bus namespace using the Azure portal

名前空間は、すべてのメッセージング コンポーネントのスコープ コンテナーです。A namespace is a scoping container for all messaging components. 複数のキューとトピックを 1 つの名前空間に格納できます。多くの場合、名前空間はアプリケーション コンテナーとして機能します。Multiple queues and topics can reside within a single namespace, and namespaces often serve as application containers. この記事では、Azure portal で名前空間を作成する手順を説明します。This article provides instructions for creating a namespace in the Azure portal.

Azure Portal での名前空間の作成Create a namespace in the Azure portal

Azure の Service Bus メッセージング エンティティを使用するには、Azure 全体で一意となる名前を備えた名前空間を最初に作成しておく必要があります。To begin using Service Bus messaging entities in Azure, you must first create a namespace with a name that is unique across Azure. 名前空間は、アプリケーション内で Service Bus リソースをアドレス指定するためのスコープ コンテナーを提供します。A namespace provides a scoping container for addressing Service Bus resources within your application.

名前空間を作成するには:To create a namespace:

  1. Azure ポータルSign in to the Azure portal

  2. ポータルの左側のナビゲーション ウィンドウで、 [+ リソースの作成][統合][Service Bus] の順に選択します。In the left navigation pane of the portal, select + Create a resource, select Integration, and then select Service Bus.

    [リソースの作成] -> [統合] -> [Service Bus]

  3. [名前空間の作成] ダイアログで、次の手順を実行します。In the Create namespace dialog, do the following steps:

    1. 名前空間の名前を入力します。Enter a name for the namespace. その名前が使用できるかどうかがすぐに自動で確認されます。The system immediately checks to see if the name is available. 名前空間の名前付け規則の一覧については、名前空間の作成の REST API に関する記事を参照してください。For a list of rules for naming namespaces, see Create Namespace REST API.

    2. 名前空間の価格レベル (Basic、Standard、Premium) を選択します。Select the pricing tier (Basic, Standard, or Premium) for the namespace. トピックとサブスクリプションを使用する場合は、Standard または Premium を選択してください。If you want to use topics and subscriptions, choose either Standard or Premium. Basic 価格レベルでは、トピック/サブスクリプションはサポートされていません。Topics/subscriptions are not supported in the Basic pricing tier.

    3. Premium 価格レベルを選択した場合は、次の手順を実行します。If you selected the Premium pricing tier, follow these steps:

      1. メッセージング ユニットの数を指定します。Specify the number of messaging units. Premium レベルでは、各ワークロードが分離した状態で実行されるように、CPU とメモリのレベルでリソースが分離されます。The premium tier provides resource isolation at the CPU and memory level so that each workload runs in isolation. このリソースのコンテナーをメッセージング ユニットと呼びます。This resource container is called a messaging unit. Premium 名前空間には、少なくとも 1 つのメッセージング ユニットがあります。A premium namespace has least one messaging unit. Service Bus の Premium 名前空間ごとに、1 個、2 個、または 4 個のメッセージング ユニットを選択できます。You can select 1, 2, or 4 messaging units for each Service Bus Premium namespace. 詳細については、Service Bus の Premium メッセージングに関するページをご覧ください。For more information, see Service Bus Premium Messaging.
      2. 名前空間をゾーン冗長にするかどうかを指定します。Specify whether you want to make the namespace zone redundant. ゾーン冗長により、追加コストなしで 1 つのリージョン内の可用性ゾーンをまたいでレプリカを配置することで、可用性を高めることができます。The zone redundancy provides enhanced availability by spreading replicas across availability zones within one region at no additional cost. 詳細については、Azure の Availability Zones に関するページをご覧ください。For more information, see Availability zones in Azure.
    4. [サブスクリプション] で、名前空間を作成する Azure サブスクリプションを選択します。For Subscription, choose an Azure subscription in which to create the namespace.

    5. [リソース グループ] で、名前空間を追加する既存のリソース グループを選択するか、新しいリソース グループを作成します。For Resource group, choose an existing resource group in which the namespace will live, or create a new one.

    6. [場所] で、名前空間をホストするリージョンを選択します。For Location, choose the region in which your namespace should be hosted.

    7. 作成 を選択します。Select Create. これで、システムによってサービス名前空間が作成され、有効になります。The system now creates your namespace and enables it. システムがアカウントのリソースを準備し 終わるまでに、数分間かかる場合があります。You might have to wait several minutes as the system provisions resources for your account.

      [名前空間の作成]

  4. Service Bus 名前空間が正常にデプロイされていることを確認します。Confirm that the service bus namespace is deployed successfully. 通知を確認するには、ツール バーのベルのアイコン (アラート) を選択します。To see the notifications, select the bell icon (Alerts) on the toolbar. 次の図に示すように、通知内のリソース グループの名前を選択します。Select the name of the resource group in the notification as shown in the image. Service Bus 名前空間を含むリソース グループが表示されます。You see the resource group that contains the service bus namespace.

    デプロイのアラート

  5. このリソース グループの [リソース グループ] ページで、Service Bus 名前空間を選択します。On the Resource group page for your resource group, select your service bus namespace.

    [リソース グループ] ページ - Service Bus 名前空間を選択する

  6. Service Bus 名前空間のホーム ページが表示されます。You see the home page for your service bus namespace.

    Service Bus 名前空間のホーム ページ

接続文字列を取得するGet the connection string

新しい名前空間を作成すると、Shared Access Signature (SAS) の初期規則が自動的に生成され、あらゆる角度から名前空間を完全に制御することを可能にするプライマリ キーとセカンダリ キーのペアが関連付けられます。Creating a new namespace automatically generates an initial Shared Access Signature (SAS) rule with an associated pair of primary and secondary keys that each grant full control over all aspects of the namespace. 通常の送信者と受信者を対象に、より権限を制限した規則を作成する方法については、「Service Bus の認証と承認」をご覧ください。See Service Bus authentication and authorization for information about how to create rules with more constrained rights for regular senders and receivers. 名前空間のプライマリ キーとセカンダリ キーをコピーするには、次の手順を実行します。To copy the primary and secondary keys for your namespace, follow these steps:

  1. [すべてのリソース] で、新しく作成した名前空間の名前をクリックします。Click All resources, then click the newly created namespace name.

  2. 名前空間ウィンドウで、 [共有アクセス ポリシー] をクリックします。In the namespace window, click Shared access policies.

  3. [共有アクセス ポリシー] 画面で、 [RootManageSharedAccessKey] をクリックします。In the Shared access policies screen, click RootManageSharedAccessKey.

    connection-info

  4. [ポリシー:RootManageSharedAccessKey] ウィンドウで、 [プライマリ接続文字列] の横にあるコピー ボタンをクリックし、後で使用するために接続文字列をクリップボードにコピーします。In the Policy: RootManageSharedAccessKey window, click the copy button next to Primary Connection String, to copy the connection string to your clipboard for later use. この値をメモ帳などに一時的に貼り付けます。Paste this value into Notepad or some other temporary location.

    connection-string

  5. 前の手順を繰り返し、 [プライマリ キー] の値をコピーして、後で使用するために一時的な場所に貼り付けます。Repeat the previous step, copying and pasting the value of Primary key to a temporary location for later use.

お疲れさまでした。Congratulations! これで、Service Bus メッセージング名前空間が作成されました。You have now created a Service Bus Messaging namespace.

次の手順Next steps

Service Bus メッセージングのさらに高度な機能を紹介するサンプルについては、Service Bus GitHub サンプルを参照してください。Check out the Service Bus GitHub samples, which show some of the more advanced features of Service Bus messaging.