PowerShell を使用して Azure VM のレプリケーション時にディスクを除外する

この記事では、Azure VM をレプリケートするときにディスクを除外する方法について説明します。 ディスクを除外すると、消費されるレプリケーションの帯域幅や、それらのディスクで使用されるターゲット側のリソースを最適化できる場合があります。 現在、この機能は、Azure PowerShell を介してのみ使用できます。

注意

この記事では、Azure と対話するために推奨される PowerShell モジュールである Azure Az PowerShell モジュールを使用します。 Az PowerShell モジュールの使用を開始するには、「Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。 Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。

前提条件

開始する前に次の操作を実行してください。

レプリケーションからディスクを除外する理由

次の理由のために、レプリケーションからディスクを除外しなければならない場合があります。

  • お使いの仮想マシンが、データ変化率のレプリケートに対する Azure Site Recovery の制限に達している。

  • 除外対象のディスクに頻繁に変更されるデータが存在するものの重要度が低いか、レプリケートする必要がない。

  • データをレプリケートしないことで、ストレージ リソースとネットワーク リソースを節約したい。

レプリケーションからディスクを除外する方法

この例では、1 つの OS を持つ仮想マシンと米国東部リージョンにある 3 つのデータ ディスクを米国西部 2 リージョンにレプリケートします。 仮想マシンの名前は AzureDemoVM です。 ディスク 1 を除外し、ディスク 2 および 3 は保持します。

レプリケートする仮想マシンの詳細を取得する

# Get details of the virtual machine
$VM = Get-AzVM -ResourceGroupName "A2AdemoRG" -Name "AzureDemoVM"

Write-Output $VM     
ResourceGroupName  : A2AdemoRG
Id                 : /subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/A2AdemoRG/providers/Microsoft.Compute/virtualMachines/AzureDemoVM
VmId               : 1b864902-c7ea-499a-ad0f-65da2930b81b
Name               : AzureDemoVM
Type               : Microsoft.Compute/virtualMachines
Location           : eastus
Tags               : {}
DiagnosticsProfile : {BootDiagnostics}
HardwareProfile    : {VmSize}
NetworkProfile     : {NetworkInterfaces}
OSProfile          : {ComputerName, AdminUsername, WindowsConfiguration, Secrets}
ProvisioningState  : Succeeded
StorageProfile     : {ImageReference, OsDisk, DataDisks}

仮想マシンのディスクの詳細を取得します。 この情報は、後で VM のレプリケーションを開始するときに使用されます。

$OSDiskVhdURI = $VM.StorageProfile.OsDisk.Vhd
$DataDisk1VhdURI = $VM.StorageProfile.DataDisks[0].Vhd

Azure 仮想マシンをレプリケートする

次の例では、キャッシュ ストレージ アカウント、レプリケーション ポリシー、およびマッピングが既に用意されていることを前提としています。 まだの場合は、「Set up disaster recovery for Azure virtual machines using Azure PowerShell (Azure PowerShell を使用して Azure 仮想マシンのディザスター リカバリーをセットアップする)」の手順に従ってください。

"マネージド ディスク" を使用している Azure 仮想マシンをレプリケートします。


#Get the resource group that the virtual machine must be created in when failed over.
$RecoveryRG = Get-AzResourceGroup -Name "a2ademorecoveryrg" -Location "West US 2"

#Specify replication properties for each disk of the VM that is to be replicated (create disk replication configuration).

#OsDisk
$OSdiskId =  $vm.StorageProfile.OsDisk.ManagedDisk.Id
$RecoveryOSDiskAccountType = $vm.StorageProfile.OsDisk.ManagedDisk.StorageAccountType
$RecoveryReplicaDiskAccountType =  $vm.StorageProfile.OsDisk.ManagedDisk.StorageAccountType

$OSDiskReplicationConfig = New-AzRecoveryServicesAsrAzureToAzureDiskReplicationConfig -ManagedDisk -LogStorageAccountId $EastUSCacheStorageAccount.Id `
         -DiskId $OSdiskId -RecoveryResourceGroupId  $RecoveryRG.ResourceId -RecoveryReplicaDiskAccountType  $RecoveryReplicaDiskAccountType `
         -RecoveryTargetDiskAccountType $RecoveryOSDiskAccountType

# Data Disk 1 i.e StorageProfile.DataDisks[0] is excluded, so we will provide it during the time of replication.

# Data disk 2
$datadiskId2  = $vm.StorageProfile.DataDisks[1].ManagedDisk.id
$RecoveryReplicaDiskAccountType =  $vm.StorageProfile.DataDisks[1]. StorageAccountType
$RecoveryTargetDiskAccountType = $vm.StorageProfile.DataDisks[1]. StorageAccountType

$DataDisk2ReplicationConfig  = New-AzRecoveryServicesAsrAzureToAzureDiskReplicationConfig -ManagedDisk -LogStorageAccountId $CacheStorageAccount.Id `
         -DiskId $datadiskId2 -RecoveryResourceGroupId  $RecoveryRG.ResourceId -RecoveryReplicaDiskAccountType  $RecoveryReplicaDiskAccountType `
         -RecoveryTargetDiskAccountType $RecoveryTargetDiskAccountType

# Data Disk 3

$datadiskId3  = $vm.StorageProfile.DataDisks[2].ManagedDisk.id
$RecoveryReplicaDiskAccountType =  $vm.StorageProfile.DataDisks[2]. StorageAccountType
$RecoveryTargetDiskAccountType = $vm.StorageProfile.DataDisks[2]. StorageAccountType

$DataDisk3ReplicationConfig  = New-AzRecoveryServicesAsrAzureToAzureDiskReplicationConfig -ManagedDisk -LogStorageAccountId $CacheStorageAccount.Id `
         -DiskId $datadiskId3 -RecoveryResourceGroupId  $RecoveryRG.ResourceId -RecoveryReplicaDiskAccountType  $RecoveryReplicaDiskAccountType `
         -RecoveryTargetDiskAccountType $RecoveryTargetDiskAccountType

#Create a list of disk replication configuration objects for the disks of the virtual machine that are to be replicated.
$diskconfigs = @()
$diskconfigs += $OSDiskReplicationConfig, $DataDisk2ReplicationConfig, $DataDisk3ReplicationConfig


#Start replication by creating a replication protected item. Using a GUID for the name of the replication protected item to ensure uniqueness of name.
$TempASRJob = New-ASRReplicationProtectedItem -AzureToAzure -AzureVmId $VM.Id -Name (New-Guid).Guid -ProtectionContainerMapping $EusToWusPCMapping -AzureToAzureDiskReplicationConfiguration $diskconfigs -RecoveryResourceGroupId $RecoveryRG.ResourceId

レプリケーションの開始操作が成功すると、VM のデータが復旧リージョンにレプリケートされます。

Azure portal に移動すると、[レプリケートされたアイテム] の下にレプリケートされた VM が表示されます。

レプリケーション プロセスは、復旧リージョン内で仮想マシンのレプリケートする側のディスクのコピーをシード処理することによって始まります。 このフェーズは、初期レプリケーション フェーズと呼ばれます。

初期レプリケーションが完了すると、レプリケーションは差分同期フェーズに移行します。 この時点で、仮想マシンが保護されます。 保護された仮想マシンを選択すると、除外されたディスクがないかを確認できます。

次のステップ

テスト フェールオーバーの実行について学習する。