プライマリ リージョンに対してフェールオーバーされた Azure VM を再保護する

Azure Site Recovery を使用してリージョンから別のリージョンに Azure VM を フェールオーバーすると、VM は 保護されていない 状態でセカンダリ リージョンで起動されます。 VM をプライマリ リージョンにフェールバックする場合、次の操作を行います。

  1. プライマリ リージョンへのレプリケートを開始できるように、セカンダリ リージョンの VM を再保護します。
  2. 再保護が完了して、VM がレプリケートされると、セカンダリからプライマリ リージョンにフェールオーバーすることができます。

前提条件

  • VM のプライマリからセカンダリ リージョンへのフェールオーバーは、コミットされている必要があります。
  • プライマリ ターゲット サイトが使用可能で、そのリージョンでリソースにアクセスしたり、リソースを作成したりできる必要があります。

VM の再保護

  1. [コンテナー] > [レプリケートされたアイテム] で、フェールオーバーされた VM を右クリックし、 [再保護] を選択します。 再保護の方向には、セカンダリからプライマリへの方向が示されています。

    コンテキスト メニューで [再保護] が選択された仮想マシンを示すスクリーンショット。

  2. リソース グループ、ネットワーク、ストレージ、および可用性セットを確認します。 次に、 [OK] をクリックします 新規としてマークされているリソースがある場合は、再保護プロセスの一環として作成されます。

  3. 再保護のジョブにより、最新のデータでターゲット サイトがシード処理されます。 ジョブが完了したら、差分レプリケーションが行われます。 その後、プライマリ サイトへのフェールバックを行うことができます。 カスタマイズ オプションを使用して、再保護中に使用するストレージ アカウントまたはネットワークを選択できます。

    カスタマイズ オプション

再保護設定のカスタマイズ

再保護中にカスタマイズできるのは、ターゲット VM の次のプロパティです。

カスタマイズ

プロパティ Notes
ターゲット リソース グループ VM が作成されるターゲット リソース グループを変更します。 再保護の一環として、ターゲット VM が削除されます。 フェールオーバー後に VM を作成する新しいリソース グループを選ぶことができます。
ターゲット仮想ネットワーク 再保護ジョブの間に、ターゲット ネットワークを変更することはできません。 ネットワークを変更するには、ネットワーク マッピングを再実行します。
ターゲット ストレージ (セカンダリ VM では、マネージド ディスクが使用されません) フェールオーバー後に、VM で使用するストレージ アカウントを変更できます。
レプリカ マネージド ディスク (セカンダリ VM では、マネージド ディスクが使用されます) Site Recovery によりプライマリ リージョンにレプリカ マネージド ディスクが作成され、セカンダリ VM のマネージド ディスクがミラーリングされます。
キャッシュ ストレージ レプリケーション時に使用されるキャッシュ ストレージ アカウントを指定できます。 既定では、存在しない場合は、新しいキャッシュ ストレージ アカウントが作成されます。
可用性セット セカンダリ リージョンの VM が可用性セットの一部である場合は、プライマリ リージョンのターゲット VM に対して可用性セットを選ぶことができます。 既定では、Site Recovery によって、プライマリ リージョンの既存の可用性セットが検索され、使用されます。 カスタマイズするときに、新しい可用性セットを指定できます。

再保護中の動作

既定では、次のように動作します。

  1. フェールオーバーされた VM が実行されているリージョンにキャッシュ ストレージ アカウントが作成されます。
  2. ターゲット ストレージ アカウント (プライマリ リージョンの元のストレージ アカウント) が存在しない場合は、新しいアカウントが作成されます。 割り当てられたストレージ アカウント名は、asr のサフィックスが付けられた、セカンダリ VM によって使用されるストレージ アカウントの名前です。
  3. VM でマネージド ディスクが使用されている場合、レプリカ マネージド ディスクがプライマリ リージョンで作成され、セカンダリ VM のディスクから複製されたデータが保管されます。
  4. ターゲットの可用性セットが存在しない場合は、必要に応じて、新しい可用性セットが再保護ジョブの一環として作成されます。 再保護設定をカスタマイズした場合は、選択したセットが使用されます。

再保護ジョブをトリガーして、ターゲット VM が存在する場合は、次のように動作します。

  1. ターゲット側の VM が実行されている場合は、オフにされます。
  2. VM がマネージド ディスクを使用している場合、元ディスクのコピーが -ASRReplica サフィックスを使用して作成されます。 元のディスクは削除されます。 -ASRReplica のコピーはレプリケーションに使用されます。
  3. VM が非管理対象のディスクを使用している場合、ターゲット VM のデータ ディスクはデタッチされてレプリケーションに使用されます。 OS ディスクのコピーが作成されて、VM にアタッチされます。 元の OS ディスクはデタッチされて、レプリケーションに使用されます。
  4. ソース ディスクとターゲット ディスクの間の変更のみが同期されます。 両方のディスクを比較することによって差分が計算され、転送されます。 以下で、再保護を完了するための推定所要時間を確認してください。
  5. 同期が完了した後、差分レプリケーションが始まり、再保護ポリシーに従って復旧ポイントが作成されます。

再保護ジョブをトリガーして、ターゲット VM およびディスクが存在しない場合は、次のように動作します。

  1. VM がマネージド ディスクを使用している場合、レプリカ ディスクが -ASRReplica サフィックスを使用して作成されます。 -ASRReplica のコピーはレプリケーションに使用されます。
  2. VM が非管理対象ディスクを使用している場合、レプリカ ディスクがターゲット ストレージ アカウントに作成されます。
  3. ディスク全体が、フェールオーバーされたリージョンから新しいターゲット リージョンにコピーされます。
  4. 同期が完了した後、差分レプリケーションが始まり、再保護ポリシーに従って復旧ポイントが作成されます。

再保護を行うための推定時間

ほとんどの場合、Azure Site Recovery では、完全なデータがソース リージョンにレプリケートされることはありません。 次の条件によって、レプリケートされるデータの量が決まります。

  1. リソース グループの変更や削除など、何らかの理由で、ソース VM のデータが削除されたり、破損していたり、アクセス不可の場合、使用するソース リージョンに利用できるデータがないため、再保護中に完全な初期レプリケーションが発生します。
  2. ソース VM のデータにアクセスできる場合は、両方のディスクを比較することによって差分のみが計算され、転送されます。 以下の表で推定時間を確認してください。
状況の例 再保護にかかる時間
ソース リージョンには 1 TB の Standard ディスクを使った 1 つの VM がある。
127 GB のデータのみが使用され、残りのディスクは空である。
ディスクの種類は 60 MBps スループットの Standard。
フェールオーバー後にデータは変更されない。
おおよその時間:60 分から 90 分。
再保護中、Site Recovery によってデータ全体のチェックサムが生成される。 これは 45 MBps で動作するため、合計所要時間は 127 GB/45 MBps で、約 45 分。
Site Recovery で自動スケールを行うために、およそ 20 から 30 分のオーバーヘッド時間が必要。
ソース リージョンには 1 TB の Standard ディスクを使った 1 つの VM がある。
127 GB のデータのみが使用され、残りのディスクは空である。
ディスクの種類は 60 MBps スループットの Standard。
フェールオーバー後に 45 GB のデータが変更される。
おおよその時間:2.5 時間から 3 時間。
再保護中、Site Recovery によってデータ全体のチェックサムが生成される。 これは 45 MBps で動作するため、合計所要時間は 127 GB/45 MBps で、約 45 分。
転送速度は、スループットの約 16% (9.6 MBps)。 そのため、45 GB の変更を適用する転送時間は 45 GB/9.6 MBps で、およそ 80 分。
Site Recovery で自動スケールを行うために、およそ 20 から 30 分のオーバーヘッド時間が必要。
ソース リージョンには 1 TB の Standard ディスクを使った 1 つの VM がある。
20 GB のデータのみが使用され、残りのディスクは空である。
ディスクの種類は 60 MBps スループットの Standard。
フェールオーバー直後のディスクの初期データは 15 GB。 フェールオーバー後には、5 GB のデータ変更があった。 そのため、入力されたデータの合計は 20 GB。
おおよその時間:1 時間から 1.5 時間。
ディスクに入力されたデータはディスクのサイズの 10% 未満であるため、完全な初期レプリケーションを実行する。
転送速度は、スループットの約 16% (9.6 MBps)。 そのため、20 GB の変更を適用する転送時間は 20 GB/9.6 MBps で、およそ 36 分。
Site Recovery で自動スケールを行うために、およそ 20 から 30 分のオーバーヘッド時間が必要。
ソース リージョンには 1 TB の Premium ディスクを使った 1 つの VM がある。
127 GB のデータのみが使用され、残りのディスクは空である。
ディスクの種類は 200 MBps スループットの Premium。
フェールオーバー後にデータは変更されない。
おおよその時間:2 時間。
再保護中、Site Recovery によってデータ全体のチェックサムが生成される。 これは 25 MBps (ディスク スループットの最大 16%) で動作するため、合計所要時間は 127 GB/25 MBps で、約 87 分。
Site Recovery で自動スケールを行うために、およそ 20 から 30 分のオーバーヘッド時間が必要。
ソース リージョンには 1 TB の Premium ディスクを使った 1 つの VM がある。
127 GB のデータのみが使用され、残りのディスクは空である。
ディスクの種類は 200 MBps スループットの Premium。
フェールオーバー後に 45 GB のデータが変更される。
おおよその時間:2.5 時間から 3 時間。
再保護中、Site Recovery によってデータ全体のチェックサムが生成される。 これは 25 MBps (ディスク スループットの最大 16%) で動作するため、合計所要時間は 127 GB/25 MBps で、約 87 分。
転送速度は、スループットの約 16% (32 MBps)。 そのため、45 GB の変更を適用する転送時間は 45 GB/32 MBps で、およそ 24 分。
Site Recovery で自動スケールを行うために、およそ 20 から 30 分のオーバーヘッド時間が必要。
ソース リージョンには 1 TB の Premium ディスクを使った 1 つの VM がある。
20 GB のデータのみが使用され、残りのディスクは空である。
ディスクの種類は 200 MBps スループットの Premium。
フェールオーバー直後のディスクの初期データは 15 GB。 フェールオーバー後には、5 GB のデータ変更があった。 そのため、入力されたデータの合計は 20 GB
おおよその時間:30 分から 45 分。
ディスクに入力されたデータはディスクのサイズの 10% 未満であるため、完全な初期レプリケーションを実行する。
転送速度は、スループットの約 16% (32 MBps)。 そのため、20 GB の変更を適用する転送時間は 20 GB/32 MBps で、およそ 11 分。
Site Recovery で自動スケールを行うために、およそ 20 分から 30 分のオーバーヘッド時間が必要

プライマリ リージョンにフェールバックした後に VM が再保護された場合 (つまり、VM がプライマリ リージョンから DR リージョンに再保護された場合)、ターゲット VM および関連 NIC は削除されます。

VM が DR リージョンからプライマリ リージョンに再保護された場合、以前のプライマリ VM および関連 NIC は削除されません。

次のステップ

VM が保護されたら、フェールオーバーを開始できます。 フェールオーバーでは、セカンダリ リージョンの VM をシャットダウンし、プライマリ リージョンに VM を作成して起動します。このプロセス中に短いダウンタイムが発生します。 プライマリ サイトへの完全なフェールオーバーを開始する前に、この処理に対する適切な時間を選択し、テスト フェールオーバーを実行することをお勧めします。 Azure Site Recovery フェールオーバーの詳細を確認してください