VMware ディザスター リカバリーのレプリケーション ポリシーの構成と管理Configure and manage replication policies for VMware disaster recovery

この記事では、Azure Site Recovery を使用して VMware VM を Azure に レプリケートする場合の、レプリケーション ポリシーの構成方法について説明します。This article describes how to configure a replication policy when you're replicate VMware VMs to Azure, using Azure Site Recovery.

ポリシーの作成Create a policy

  1. [管理] > [Site Recovery インフラストラクチャ] を選択します。Select Manage > Site Recovery Infrastructure.
  2. [For VMware and Physical machines (VMware と物理マシン用)] で、 [レプリケーション ポリシー] を選択します。In For VMware and Physical machines, select Replication policies.
  3. [+ レプリケーション ポリシー] をクリックし、ポリシー名を指定します。Click +Replication policy, and specify the policy name.
  4. [RPO しきい値] で、RPO の制限を指定します。In RPO threshold, specify the RPO limit. 継続的なレプリケーションがこの制限を超えると、アラートが生成されます。Alerts are generated when continuous replication exceeds this limit.
  5. [復旧ポイントのリテンション期間] で、各復旧ポイントのリテンション期間の長さ (時間単位) を指定します。In Recovery point retention, specify (in hours) the duration of the retention window for each recovery point. 保護されたマシンは、このリテンション期間内のどのポイントにでも復旧できます。Protected machines can be recovered to any point within a retention window. Premium Storage にレプリケートされたマシンでは、最大 24 時間のリテンション期間がサポートされます。Up to 24 hours of retention is supported for machines replicated to premium storage. Standard Storage については、最大 72 時間がサポートされます。Up to 72 hours is supported for standard storage.
  6. [アプリ整合性スナップショットの頻度] で、アプリケーション整合性スナップショットを含む復旧ポイントの作成頻度 (時間単位) をドロップダウンから選択します。In App-consistent snapshot frequency, choose from the dropdown how often (in hours) recovery points that contain application-consistent snapshots should be created. アプリケーション整合性ポイントの生成をオフにするには、ドロップダウンで "Off" 値を選択します。If you wish to turn off generation of application consistency points, choose "Off" value in the dropdown.
  7. Click OK.Click OK. 30 ~ 60 秒でポリシーが作成されます。The policy should be created in 30 to 60 seconds.

レプリケーション ポリシーを作成すると、対応するフェールバック ポリシーが自動的に作成され、サフィックス "failback" が付けられます。When you create a replication policy, a matching failback replication policy is automatically created, with the suffix "failback". ポリシーを作成した後は、そのポリシーを選択し、 [設定の編集] を選択することで、ポリシーを編集できます。After creating the policy, you can edit it by selecting it > Edit Settings.

構成サーバーを関連付けるAssociate a configuration server

レプリケーション ポリシーをオンプレミスの構成サーバーに関連付けます。Associate the replication policy with your on-premises configuration server.

  1. [関連付け] をクリックし、構成サーバーを選択します。Click Associate, and select the configuration server.

    構成サーバーの関連付け

  2. Click OK.Click OK. 1 ~ 2 分で構成サーバーが関連付けられます。The configuration server should be associated in one to two minutes.

    構成サーバーの関連付け

ポリシーを編集するEdit a policy

レプリケーション ポリシーは、作成後に変更できます。You can modify a replication policy after creating it.

  • ポリシーの変更は、そのポリシーを使用するすべてのマシンに適用されます。Changes in the policy are applied to all machines using the policy.
  • レプリケートされたマシンを別のレプリケーション ポリシーに関連付ける場合は、関連するマシンの保護を無効にしてから、再度有効にする必要があります。If you want to associate replicated machines with a different replication policy, you need to disable and reenable protection for the relevant machines.

次のようにポリシーを編集します。Edit a policy as follows:

  1. [管理] > [Site Recovery インフラストラクチャ] > [レプリケーション ポリシー] を選択します。Select Manage > Site Recovery Infrastructure > Replication Policies.
  2. 変更するレプリケーション ポリシーを選択します。Select the replication policy you wish to modify.
  3. [設定の編集] をクリックし、必要に応じて RPO しきい値/復旧ポイントのリテンション時間/アプリ整合性スナップショットの頻度の各フィールドを更新します。Click Edit settings, and update the RPO threshold/recovery point retention hours/app-consistent snapshot frequency fields as required.
  4. アプリケーション整合性ポイントの生成をオフにするには、 [アプリ整合性スナップショットの頻度] フィールドのドロップダウンで "Off" 値を選択します。If you wish to turn off generation of application consistency points, choose "Off" value in the dropdown of the field App-consistent snapshot frequency.
  5. [Save] をクリックします。Click Save. 30 ~ 60 秒でポリシーが更新されます。The policy should be updated in 30 to 60 seconds.

レプリケーション ポリシーの関連付け解除と削除Disassociate or delete a replication policy

  1. レプリケーション ポリシーを選択します。Choose the replication policy. a.a. 構成サーバーからポリシーの関連付けを解除するには、まずレプリケートされたマシンでそのポリシーが使用されていないことを確認します。To dissociate the policy from the configuration server, make sure that no replicated machines are using the policy. その後、 [関連付けの解除] をクリックします。Then, click Dissociate. b.b. ポリシーを削除するには、まずそのポリシーが構成サーバーに関連付けられていないことを確認します。To delete the policy, make sure it's not associated with a configuration server. その後、 [削除] をクリックします。Then, click Delete. 削除には 30 ~ 60 秒かかります。It should take 30-60 seconds to delete.
  2. Click OK.Click OK.