クイック スタート:Azure portal を使用して既存の Azure Spring Cloud アプリケーションを起動するQuickstart: Launch an existing Azure Spring Cloud application using the Azure portal

このクイックスタートでは、既存の Spring Cloud アプリケーションを Azure にデプロイする方法について説明します。This quickstart shows you how to deploy an existing Spring Cloud application to Azure. Azure Spring Cloud では、Spring Cloud ベースのマイクロサービス アプリケーションを Azure で簡単に実行できます。Azure Spring Cloud enables you to easily run Spring Cloud based microservice applications on Azure.

このチュートリアルで使用するサンプル アプリケーション コードについては、GitHub サンプル リポジトリを参照してください。You can find the sample application code used in this tutorial in our GitHub samples repository. 完了すると、準備したサンプル アプリケーションにオンラインでアクセスできるようになり、Azure portal で管理できるようになります。When you're finished, the provided sample application will be accessible online and ready to be managed via the Azure portal.

このクイックスタートでは、次の方法について説明します。Following this quickstart, you will learn how to:

  • サービス インスタンスをプロビジョニングするProvision a service instance
  • インスタンスに構成サーバーを設定するSet a configuration server for an instance
  • マイクロサービス アプリケーションをローカルにビルドするBuild a microservices application locally
  • 各マイクロサービスをデプロイするDeploy each microservice
  • アプリケーションのパブリック エンドポイントを割り当てるAssign public endpoint for your application

前提条件Prerequisites

注意

Azure Spring Cloud は現時点ではパブリック プレビューとして提供されています。Azure Spring Cloud is currently offered as a public preview. パブリック プレビュー オファリングにより、お客様は公式リリースの前に新機能を試すことができます。Public preview offerings allow customers to experiment with new features prior to their official release. パブリック プレビューの機能とサービスは、運用環境での使用を目的としたものではありません。Public preview features and services are not meant for production use. プレビュー期間中のサポートの詳細については、FAQ のページを参照するか、詳細についてサポート リクエストを提出してください。For more information about support during previews, please review our FAQ or file a Support request to learn more.

ヒント

Azure Cloud Shell は無料のインタラクティブ シェルです。この記事の手順は、Azure Cloud Shell を使って実行することができます。The Azure Cloud Shell is a free interactive shell that you can use to run the steps in this article. 最新バージョンの Git、JDK、Maven、Azure CLI など、一般的な Azure ツールがプレインストールされています。It has common Azure tools preinstalled, including the latest versions of Git, JDK, Maven, and the Azure CLI. Azure サブスクリプションにログインしている場合は、shell.azure.com から Azure Cloud Shell を起動します。If you are logged in to your Azure subscription, launch your Azure Cloud Shell from shell.azure.com. Azure Cloud Shell の詳細については、ドキュメントを参照してくださいYou can learn more about Azure Cloud Shell by reading our documentation

このクイック スタートを完了するには、以下が必要です。To complete this quickstart:

  1. Git をインストールするInstall Git
  2. JDK 8 をインストールするInstall JDK 8
  3. Maven 3.0 以上をインストールするInstall Maven 3.0 or above
  4. Azure CLI バージョン 2.0.67 以上をインストールするInstall the Azure CLI version 2.0.67 or higher
  5. Azure サブスクリプションにサインアップするSign up for an Azure subscription

Azure portal でサービス インスタンスをプロビジョニングするProvision a service instance on the Azure portal

  1. 新しいタブで、Azure portal を開きます。In a new tab, open the Azure portal.

  2. 上部の検索ボックスから Azure Spring Cloud を探します。From the top search box, search for Azure Spring Cloud.

  3. その結果から [Azure Spring Cloud] を選択します。Select Azure Spring Cloud from the results.

ASC アイコン

  1. Azure Spring Cloud ページで [+ 追加] をクリックします。On the Azure Spring Cloud page, click + Add.

ASC アイコン

  1. Azure Spring Cloud の [作成] ページで、フォームに入力します。Fill out the form on the Azure Spring Cloud Create page. 次のガイドラインを考慮してください。Consider the following guidelines:

    • サブスクリプション:このリソースに対する課金用のサブスクリプションを選択します。Subscription: Select the subscription you want to be billed for this resource. そのサブスクリプションが Microsoft 側で Azure Spring Cloud の許可リストに追加されていることを確認してください。Ensure that this subscription has been added to our allow-list for Azure Spring Cloud.
    • [リソース グループ] :新しいリソース用に新しいリソース グループを作成することをお勧めします。Resource group: Creating new resource groups for new resources is a best practice.
    • [サービスの詳細/名前] : 自分のサービス インスタンスの名前を指定します。Service Details/Name: Specify the name of your service instance. 名前の長さは 4 文字から 32 文字で、小文字、数字、およびハイフンのみを使用できます。The name must be between 4 and 32 characters long and can contain only lowercase letters, numbers, and hyphens. サービス名の最初の文字は英字でなければならず、最後の文字は英字または数字でなければなりません。The first character of the service name must be a letter and the last character must be either a letter or a number.
    • [場所] :自分のサービス インスタンスの場所を選択します。Location: Select the location for your service instance. 現在サポートされている場所は、米国東部、米国西部 2、西ヨーロッパ、東南アジアです。Currently supported locations include East US, West US 2, West Europe, and Southeast Asia.

    ASC ポータルの起動

  2. [Diagnostic Setting](診断設定) タブをクリックして、次のダイアログを開きます。Click the Diagnostic Setting tab to open the following dialog.

  3. [Enable logs](ログを有効にする) は、実際の要件に応じて [はい] または [いいえ] に設定してください。You can set Enable logs to yes or no according to your requirements.

    ログの有効化

  4. [トレース] タブをクリックします。Click the Tracing tab.

  5. [トレースを有効にする] は、実際の要件に応じて [はい] または [いいえ] に設定してください。You can set Enable tracing to yes or no according to your requirements. [Enable tracing](トレースを有効にする) を [はい] に設定した場合は、さらに、既存の Application Insights を選択するか、または新たに作成します。If you set Enable tracing to yes, also select an existing application insight, or create a new one. [Application Insights] の指定がないと、検証エラーが発生します。Without the Application Insights specification there will be a validation error.

    トレース

  6. [確認と作成] をクリックします。Click Review and create.

  7. 仕様を確認し、 [作成] をクリックします。Verify your specifications, and click Create.

サービスのデプロイには約 5 分かかります。It takes about 5 minutes for the service to deploy. デプロイされると、サービス インスタンスの [概要] ページが表示されます。Once it is deployed, the Overview page for the service instance will appear.

構成サーバーを設定するSet up your configuration server

  1. サービスの [概要] ページに移動し、 [Config Server](構成サーバー) を選択します。Go to the service Overview page and select Config Server.

  2. [既定のリポジトリ] セクションで [URI] を "https://github.com/Azure-Samples/piggymetrics-config" に設定します。In the Default repository section, set URI to "https://github.com/Azure-Samples/piggymetrics-config".

  3. [適用] を選択して変更を保存します。Select Apply to save your changes.

    ASC ポータルのスクリーンショット

マイクロサービス アプリケーションのビルドとデプロイBuild and deploy microservice applications

  1. Azure Cloud Shell または Azure CLI がインストールされているローカル シェルを開きます。Open an Azure Cloud Shell or your local shell with Azure CLI installed. ここでは、まず、source-code という名前の一時ディレクトリを作成してから、サンプル アプリを複製します。Here, we first create a temporary directory called source-code before cloning the sample app.

    mkdir source-code
    cd source-code
    git clone https://github.com/Azure-Samples/piggymetrics
    
  2. 複製されたパッケージをビルドします。Build the cloned package.

    cd piggymetrics
    mvn clean package -DskipTests
    
  3. 次のコマンドを使用して、Azure CLI 用の Azure Spring Cloud 拡張機能をインストールしますInstall the Azure Spring Cloud extension for the Azure CLI using the following command

    az extension add --name spring-cloud
    
  4. リソース グループとサービスに名前を割り当てます。Assign names to your resource group and your service. 次のプレースホルダーは、このチュートリアルで前にプロビジョニングしたリソース グループ名とサービス名で置き換えます。Be sure to substitute the placeholders below with the resource group name and service name that you provisioned earlier in this tutorial.

    az configure --defaults group=<resource group name>
    az configure --defaults spring-cloud=<service instance name>
    
  5. gateway アプリケーションを作成し、JAR ファイルをデプロイします。Create the gateway application and deploy the JAR file.

    Spring Cloud 拡張機能を使用して、アプリを作成します。Using the Spring Cloud extension, create the app:

    az spring-cloud app create -n gateway
    az spring-cloud app deploy -n gateway --jar-path ./gateway/target/gateway.jar
    
  6. 同じパターンに従い、account-service および auth-service アプリケーションを作成し、JAR ファイルをデプロイします。Following the same pattern, create the account-service and auth-service applications and deploy their JAR files.

    az spring-cloud app create -n account-service
    az spring-cloud app deploy -n account-service --jar-path ./account-service/target/account-service.jar
    az spring-cloud app create -n auth-service
    az spring-cloud app deploy -n auth-service --jar-path ./auth-service/target/auth-service.jar
    
  7. アプリケーションのデプロイが完了するまでに数分かかります。It takes a few minutes to finish deploying the applications. デプロイが完了したことを確認するには、Azure portal で [アプリ] ブレードに移動します。To confirm that they have deployed, go to the Apps blade in the Azure portal. 3 つのアプリケーションのそれぞれに 1 行が表示されます。You should see a line each of the three applications.

ゲートウェイにパブリック エンドポイントを割り当てるAssign a public endpoint to gateway

  1. 左側のメニューの [アプリ] タブをクリックします。Open the Apps tab in the menu on the left.

  2. gateway アプリケーションを選択して、 [概要] ページを表示します。Select the gateway application to show the Overview page.

  3. [Assign Endpoint](エンドポイントの割り当て) を選択して、ゲートウェイにパブリック エンドポイントを割り当てます。Select Assign Endpoint to assign a public endpoint to gateway. これには数分かかることがあります。This can take a few minutes.

    ASC ポータルのスクリーンショット

  4. 実行中のアプリケーションを表示するには、割り当てられたパブリック エンドポイント (URL のラベルが付いています) をブラウザーに入力します。Enter the assigned public endpoint (labeled URL) into your browser to view your running application.

    ASC ポータルのスクリーンショット

次のステップNext steps

このクイック スタートでは、次の方法について説明しました。In this quickstart, you learned how to:

  • サービス インスタンスをプロビジョニングするProvision a service instance
  • インスタンスに構成サーバーを設定するSet a configuration server for an instance
  • マイクロサービス アプリケーションをローカルにビルドするBuild a microservices application locally
  • 各マイクロサービスをデプロイするDeploy each microservice
  • アプリケーション ゲートウェイのパブリック エンドポイントを割り当てるAssign public endpoint for your application gateway

その他のサンプルを GitHub で入手できます (Azure Spring Cloud のサンプル)。More samples are available on GitHub: Azure Spring Cloud Samples.